プロが教えるわが家の防犯対策術!

トラックの荷台の作業灯に使われている電球を外して見たところ、「12V10W」となっています。

かねがね暗いなあと思っていたものでLED化を思いたち、既に3Wと1WのパワーLEDと、それに対応する650mAと350mAの定電流ドライバモジュールを手に入れました。

LEDは自宅のバッテリーで点灯を確認しました。直視できないほど明るいです。

ふと、電球には何アンペアの電流が流れてるんだろうと思い、調べてみたのですが調べ方が悪いのかわかりませんでした。

10÷12=0.833・・で、830mA これで計算は合っているのでしょうか?

A 回答 (4件)

電球が12V 10Wの定格なら、12Vでの点灯時は約830mAで合っています。



車のバッテリー電圧は、エンジンがかかっている時には14V前後、エンジン停止時は12V強になります。
電源電圧が12V以上にあがると定格以上の電流となりますが、フィラメント温度の上昇により抵抗値が増しますので、単純にオームの法則だけでは計算できません。

LEDの駆動の場合、白色LEDで3V強でしょうから、定電流ドライバー側では9~11Vの電圧降下となり単純なドロッパ回路ですとLED消費電力の3~4倍の電力消費になります。
スイッチング回路によるDC-DC変換ですと、消費電流は出力電流より少なく、効率は悪くないでしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

定電流方式ハイパワーLEDドライバモジュール(3W1個用)は「OSMR16-W1213」という型番の製品です。
  スイッチング方式で低発熱・高効率
 抵抗で電流を落とす方法に比べ
 電気を無駄にしません!
と、書いてありますので大丈夫そうですね。

LEDについては突然興味を持ち始めてしまい、勉強中ですのでまだまだわからない事が多いのが実情です。

放熱の方法についても思案中です。

「単純なドロッパ回路」というのは抵抗を繋ぐだけ、もしくは定電流ダイオードを繋ぐだけと理解してよいのでしょうか。

お礼日時:2012/09/25 23:53

暇だったので、測定してみました。



12V10Wのウエッジ球で
クリップ式電流計を使いケーブルを10回コイルにして計りました。
(10回コイルなので10分の一にしましたけど・・・)

エンジン停止時(キーOff)で760mA
アイドリング時で820mA

配線を適当につないだので接触抵抗があるかも・・・です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

わざわざ実測していただいてありがとうございます。

接触抵抗とかケーブルの長さの損失とかがあるんでしょうね。

当たり前なんでしょうけど、だいたい計算値通りの数値になっているんですね。

お礼日時:2012/09/27 03:57

エンジンがかかっているときの


12V車の規定値は(各社0.2V程度の違いはありますが)

『14.2V』

ですので
これで計算して頂くと良いでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そう言えば、エンジンがかかっているときは少し明るく感じていたのは電圧が上がっていたんですね。

参考になりました。

御回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/09/25 22:50

トラックに荷台と云う事なので、DCバッテリー駆動で12Vが安定に供給されているなら、



理論上

>10÷12=0.833・・で、830mA これで計算は合っているのでしょうか?

と考えて問題ありません。


ただし、真値を求めたいなら、電流計(テスタ等)で測定するか、電球の内部抵抗を測定した方がより正確な値が求められます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

テスターは300mAまで計れるものしか持っていないために実測できませんでした。

おおまかな値でもわかったのですっきりしました。

早速の御回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/09/25 22:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1アンペアは何ミリアンペアですか?

今理科の勉強をしていたんですけど、1アンペアは何ミリアンペアかど忘れしてしまいました。
どなたか教えて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

ミリは1000分の1。

この際、ついでに、こんなのを勉強しちゃえ。(笑)
http://ja.wikipedia.org/wiki/SI%E6%8E%A5%E9%A0%AD%E8%BE%9E
ギガからナノまでは、暗記しておいて損はありませんよ。
(ただし、デカとデシは覚えなくてもよいと思います。)

ギガは、携帯電話や無線LANの電波の周波数(ギガヘルツ)で使われますね。
また、今、「ナノテクノロジー」という言葉が流行っていますが、
その「ナノ」は、ナノメートルのことです。

ちなみに、私は仕事で、テラからフェムトまで出会ったことがあります。


下記は長さ、すなわち、なんちゃらメートルの大きさを、例を挙げて紹介しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%B0%E9%87%8F%E3%81%AE%E6%AF%94%E8%BC%83_%28%E9%95%B7%E3%81%95%29

Qヒューズから電源を取ってはいけない理由

ヒューズから電源を取ってはいけない理由
最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=20
こんなのです。

私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。

上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。

ここの質問。回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」という回答をよく見ます。
私がETCの電源の取り方で質問をした時もそういう回答がありましたし。
他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。

確かにディーラーに頼むとオーディオから分岐させるのが一般的なようです。(ETC程度の電源取り出しの場合)
しかしながら、3AのヒューズがついているようなETCなどの電源を取るのに15AのACCヒューズから分岐させていけない理由がわかりません。

もちろん理想を言えばということはあるのでしょうが、なぜヒューズからは取らないでというのかその回答が欲しいと思います。
大変失礼な質問とは思いますが、よろしくお願いします。

ヒューズから電源を取ってはいけない理由
最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=20
こんなのです。

私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。

上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。

ここの質問。回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」...続きを読む

Aベストアンサー

>他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。
私は元整備士ですが、そんなことはないですね。自分の車も家族の車も4台全てヒューズボックスから電源をとってETCを取り付けました。全く問題ありませんし、なんの故障もありません。ヒューズが飛んだという方もおられたようですが、それはそれなりの原因があったものと思います。しかしこれらの言われには一定の理解が出来ます。万人がヒューズボックスか電源を取る様になったら、万人なりのやり方が出てくるでしょうし、当然それによるトラブルも表面化してくる事でしょう。でもそれはその工事のやり方であったり、アンペアに対する使用電流の量であったり、さまざまなケースが出てくる事が考えられますので、当然メーカーとしては「やらないで下さい」と規制する事になるでしょう。十分理解している方が、それなりのきちんとした配線で工事するなら全く問題のない話だと思います。

Q電装品の線の太さ

最近、電装品をいろいろ付けようかと思案中です。
それで線の太さがカーショップに行くと、たくさんあります。(0.5、0.75、1.25・・・)
車を見ると、結構細い線が多いです。
それで、既設の車の線に繋ぐ場合、細い線で無ければいけないのでしょうか?(例えは、0.5の線に、1.25のギボシ加工で繋げるととか・・・)
また、線の太さは既設の物より太ければ、基本的に問題無しでしょうか?
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

重要な部分ですが、あまりに難しく考えないで下さい。

線は「太い」「細い」と考えるのではなく「何アンペアまで耐えられるか?」なんです。

まあ、一般的には、太ければ太い程、耐えられるアンペア数は高くなります。

線の太さはボルトとアンペアの話になってくるんですけど、細かく書くと書ききれませんので、車でDC12Vについての話として書きます。

<車を見ると、結構細い線が多いです。>
これはコストを削減するためにギリギリの太さの線を使ってるだけです。
「その部分」が必要とするアンペア数ギリギリで耐えられる線を使ってるだけです。
つまり余裕が無いんです。
この余裕の無いトコから分岐させるのは危険です。

そして、車種によっては細い線のくせに、特殊な素材の線を使用して、細いのに高いアンペアを流してる場合もあります。
(特殊っぽい感じは被覆が透明で線の色が銀色だったりします)
(普通の線より硬い感じだったりもしてます)
(つまり一概に細いからって「低いアンペアが流れてる」とは限らないんです。。。)

線って、アンペアとボルトとワットの関係の話になっちゃうけど、御存じなければ、覚えちゃってください。
(ちょっとややこしい説明になるけど、読んでください)
(なかなか簡潔に書けないけどご容赦程を)
(覚えておけばとても便利)
(家電の話なんかでも使える内容なので)

カーショップなどで売られている線に「DC12V-200w以下」とか表示されているでしょ?

例えば、この線なら「DC12Vなら200W以下まで大丈夫だよ」って事です。

ボルト(V)xアンペア(A)=ワット(W)です。

ここから。。。

ワット(W)÷ボルト(V)=アンペア(A)ですよね?

つまり、この「例えばの線」は。。。
200(W)÷12(V)=16.666...(A)って事から。。。

16.666...アンペアまでOKって事です。
(まあ、16アンペアまでとしておきましょうか。。。)

この「16アンペアまでOK」のケーブルであれば、この線には「16アンペア」までの「負荷」を「使用出来ますよ」って事なんです。
「負荷」ってのは「取り付ける何某か」です。
例えばカーステやライトなどの電装品だと、解釈してください。

これらを踏まえて。。。

質問者さんがご覧になった、線で0.5や0.75って表示の後に「使用可能電力」とか書いてあって「DC12V-○○W」とかって記載があるでしょ?
(この記載が無いモノなんかバッタもんです、買わないで下さい)

このボルト数(V)とワット数(W)の記載があれば、上記の計算式でアンペア数(A)を求められますので、そのアンペア数値以下で使用します。

ボルト、アンペア、ワットのうち、どれか二つの数値が分かれば、残りの数値は計算式に当てはめれば弾き出せますよね?

車に「何か」を取付ける場合には新たに線を敷設した方がいいです。
(ホントはどっかを流用したほうがカッコいいんだけどね)

電装品を付ける場合には、その電装品の「必要アンペア数値」を確認して、そのアンペア以上に耐えられる線を使ってください。
(以上であればOK)
(言うところの太い分にはOKです)

「ぶっとい線」を一本、バッテリーや発電機のプラス側から車内へ引き込み、この「ぶっとい線」から分岐させて各種の電装品を取り付ければ、それなりにスマートな配線となります。
(電装品毎に線を車内に引き込むよりは、、、)

ですが、これとて、各種電装品の「合計アンペア数」に耐えられる「ぶっとい線」である事が条件となります。

各電装品の必要アンペア数が表示されてなくても、ワット数さえ分かれば、上記計算式からアンペアは求められますよね?

各種電装品のメーカーに「何アンペアなの?」って問い合わせてもいいけど。。。

そして必要アンペアが分かれば、それに対応した耐えられる線を使います。
ヒューズもその数値のモノを入れます。

<既設の車の線に繋ぐ場合、細い線で無ければいけないのでしょうか?>

「細い線で無ければいけない」とかじゃなくて、既設の線に流れてるアンペア数より、高いか?低いか?です。

低いアンペアしか流れてないトコから、より高いアンペアを求めるは出来ません。
出来ないと言うより危険です。
やっちゃダメです。

また、特殊な線っぽかったらちょっかいは掛けない方がいいです。
(分岐やギボシでは加工不可能な場合もあるし)

太いとこから細いのを取る=アンペア高いトコから低いモノを取るは出来ます。
(ヒューズボックス内から分岐させるはこれにあたります)
(所謂、パクって来るってヤツです)
(20Aのトコから10%くらいのアンペア=2アンペア程度を拝借するくらいなら問題は無いですけど、、、)
出来ますが、あまりお薦めはしません。

<線の太さは既設の物より太ければ、基本的に問題無しでしょうか?

これは、線を「入れ替える」とかですか?
でしたら、太い分には問題ないです。
(ちょっと無駄だけどね)

特殊な線っぽいのが使われてたら、流れてるアンペア数を調べて、その数値以上の線ならOKです。
流れてるアンペアが不明なら入れ替えとかはしない方が無難です。


車の電装品取付けには電源は出来るだけ、バッテリーや発電機から取ってください。
そして、あまりに多くの電装品を「取付ける」はしないで下さい。

あまりに多いとバッテリーや発電機の負担が大きくなり過ぎて、消耗の時期を早めたり、需要と供給のバランスが崩れて、エンジンが掛からないとか、渋滞中にエンストしてウンともスンともってなってしまう場合があります。

程度問題ですが、あまりゴテゴテ着けない方がいいですよ。

重要な部分ですが、あまりに難しく考えないで下さい。

線は「太い」「細い」と考えるのではなく「何アンペアまで耐えられるか?」なんです。

まあ、一般的には、太ければ太い程、耐えられるアンペア数は高くなります。

線の太さはボルトとアンペアの話になってくるんですけど、細かく書くと書ききれませんので、車でDC12Vについての話として書きます。

<車を見ると、結構細い線が多いです。>
これはコストを削減するためにギリギリの太さの線を使ってるだけです。
「その部分」が必要とする...続きを読む

Qバッテリーの使用可能時間を計算する方法

バッテリーの使用可能時間を計算する方法を教えて下さい。

例えば、蓄電容量80Ahのバッテリーフル充電時に消費電力100Wの電化製品を使用した場合、何時間使用可能かを出す計算式です。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

> 蓄電容量80Ahのバッテリー

バッテリの定格電圧が不明だと、そこから何ワットの電力が取り出せるかは解りません。定格1.2Vのエネループと、24Vの車用バッテリーとでは、同じ1000mAhでも取り出せる電力は20倍も違います。と言うことを踏まえて考え方を。

1)バッテリから取り出せる電力量[Wh]=バッテリーの定格電圧[V]×畜電容量[Ah]

2)機器の消費電力量[Wh]=機器の消費電力[W]×3600 ※電流は1秒あたりの量なので

3)機器の動作時間[h]=バッテリから取り出せる電力量[Wh]÷機器の消費電力量[Wh]

余談)機器の消費電力[W]=電源電圧[V]×消費電流[A]
∴100V用の機器ならば、消費電力÷100=消費電流となる。800Wの電子レンジの消費電流は8A

実際には一般家電製品は交流100Vですから、直流のバッテリから供給するためには、インバータなどによる変換が必要となります。ここでの変換損失が10%程度見込まれるので、バッテリの実力値そのままというわけにはいきません。

Aベストアンサー

デイライト 本来は、事故の多発に頭を悩ませた運送会社が始めたモノです。
当初はヘッドライトの点灯でした。
おかげで、衝突事故は激減したそうです。

で、ヘッドライトではないデイライト
どのようなランプを使うかです。

前照灯、すれ違い用前照灯、方向指示器、車幅灯、前部霧灯、前部上側端灯、駐車灯、300カンデラ以下のその他の灯火
車両前方で認められている灯火はこんなモノかな。
その他トラックや乗合自動車(バスやタクシーなど)用の灯火もありますけど割愛

前照灯(ハイビーム)、すれ違い用前照灯(ロービーム)は、それぞれ一対だけです。
車幅灯 マーカーとかスモールライトとか言われていますね。
前部霧灯 つまりはフォグランプです。使用時には1個又は一対です。それ以上の同時点灯はできません。
前部上側端灯 パネルバンの上に付いているオレンジや黄色のランプです。
駐車灯 車幅灯と同じユニットに組まれていますがワットは小さいです。現在はほとんどありません。

夜間に消さなければならない理由は、上記の認められている灯火に含まれないからです。
夜間というのは正しくないな。 本来はヘッドライトの変わりだから、ヘッドライトが点灯したら。と考えて良いのかな。

と、言うわけで。300カンデラ以上の明るさを持つランプを点灯させる事は制限があります。
意味が無いわけじゃないのよ。
それに、300カンデラ以下のその他の灯火はONに繋いでOKって書いてたでしょ。

>ON電源とは?
キーをオンにしたときに通電する電源ラインのことです。
OFF ACC ON IGN とキーは動きます。
ACCで通電するもの、ONで通電するものがあると思いますが、デイライトとして使うのならONが適当なんじゃないかな。

デイライト 本来は、事故の多発に頭を悩ませた運送会社が始めたモノです。
当初はヘッドライトの点灯でした。
おかげで、衝突事故は激減したそうです。

で、ヘッドライトではないデイライト
どのようなランプを使うかです。

前照灯、すれ違い用前照灯、方向指示器、車幅灯、前部霧灯、前部上側端灯、駐車灯、300カンデラ以下のその他の灯火
車両前方で認められている灯火はこんなモノかな。
その他トラックや乗合自動車(バスやタクシーなど)用の灯火もありますけど割愛

前照灯(ハイビーム)、すれ違い用...続きを読む

QA(アンペア)の出し方。

蛍光灯に使おうと電線を買ってきたのですが5A用でした。
20w4本の蛍光灯に使って大丈夫ですよね?(家庭用100V)
(A(アンペア)を割り出す式をご存知でしたら教えて下さい)
その他アドバイス、豆知識よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論から申し上げますと、
「大丈夫です。でも、買ったところにもう一度行って『これこれこういう事情で○○しようとしていますが大丈夫ですか』と聞きに行ってください。」
がアドバイスです。
おそらくあなたも5【A】という非常に大きな電流が流れるとは、計算するまでもなく、ないとお考えなのだと思います。
でも心配なのですよね。
もっとも電流が流れると考えても
電力(ワット)=電圧(V)×電流(A)なので、
電流(A)=電力(ワット)÷電圧(V)ですのでもんだいありません。

むしろ、心配してしまうのは、この計算をしらないあなたが電気工事をしようとしていることです。
できたら、街の電気屋さん(電気工事士)をよんだほうがいいかも。

参考にしてください。

Q20Aは何W使用できる?

ほんと簡単な質問だと思うんですが、件名の質問を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

♯3の補足の件ですが、
普通、低圧で建物に入ってくる電気は電灯と呼ばれる、単相3線式100/200v・・・電線3本で100Vと200Vが使える物と、動力といわれる3相3線式200Vが有ります。動力の方は3本線で、たとえば3本の線にA,B,Cと付けるとAとB,BとC,AとCの各電線の電圧を測るとどれも200Vになり、各々の相(サインカーブ)が、1/3周期ずれています。電灯の場合は同じように3本ですが、A-B.B-Cは100VでA-Cは200Vとなるようになっています。イメージとしては乾電池を2本直列にしているような感じ。
工場などの大きいモーターなどはほとんどが動力になっています。また、町工場などでもたくさん電気を使うところは6600Vで工場内へ引き込んで、工場内のトランスが有ります。大規模な工場などは22000Vで引き込んで、工場内に変電所が有ったりします。この場合も動力と同じ3相3線式になります。

Qフォグランプの電源をとる場所はスモールからでOKですか?

フォグランプの電源をとる場所はスモールからでOKですか?
社外品のフォグランプを購入し。取り付けはなんとか終えたのですが電源をとる場所が・・・。
ディーラーに聞いたところ電流は12vだから一緒。スモールランプにかませればOKと教えてもらったのですが、スモールランプの線は細く何か頼りなさそうな気がしてなりません。フォグランプのw数は35wです。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

エーモンのリレー図で説明します。図の青線のスイッチはスモールの配線とお考え下さい。
リレーにも用途に応じて種類があります。この場合は4極リレーを使います。


青線をスモールライトの+に配線に割り込ませる。
黒 アース
赤 バッテリーの+に
黄の配線を室内まで延長しスイッチを付ける→→→→フォグの+に

スモールライトをONにすると青線に電気が流れ、リレーがONの状態になります。ONになった状態は赤のバッテリに繋いだ12Vがリレーを通り黄色の配線に流れます。
このま直にフォグに繋ぐと、スモールライトを点灯するとフォグまで一緒に点灯しますから、それを防止するために黄色の配線とフォグの間にスイッチを設置します。

この様に配線することで、フォグのスイッチがONの状態ままでもスモールをOFFにすれば一緒にフォグも消えますし、スモールを点灯していない状態ではフォグも点灯しません。フォグの消し忘れ防止にもなります。


      リレー側 --赤--ーヒューズーー12V バッテリ+
           --黒ーーーアース
           --青ーーースモール線+
           --黄ーースイッチーーー+側フォグ -側 アース
      
スイッチは2極のものは入る出るです。
LED等でON状態が分る物は3極の物がありますが、その場合は1極はアースです。くれぐれもアースの接続を間違わないように。

室内に取り込む配線はエンジンルームから室内に純正の配線を取り込んでいる所があります。通常運転席助手席足元辺りにあります。
そこのゴムパッキンの横からでも通してやれば良いでしょう。

では、がんばって取り付けて下さい。

エーモンのリレー図で説明します。図の青線のスイッチはスモールの配線とお考え下さい。
リレーにも用途に応じて種類があります。この場合は4極リレーを使います。


青線をスモールライトの+に配線に割り込ませる。
黒 アース
赤 バッテリーの+に
黄の配線を室内まで延長しスイッチを付ける→→→→フォグの+に

スモールライトをONにすると青線に電気が流れ、リレーがONの状態になります。ONになった状態は赤のバッテリに繋いだ12Vがリレーを通り黄色の配線に流れます。
このま直にフォグに繋ぐと、スモール...続きを読む

QLEDウインカーの不具合

最近LEDウインカーをつけました。
ICリレーもいれました。
しかし、左・右と出してもハザードみたいに全部が光るんです。
これは配線ミスですか??
それとも、ウインカー自体の問題ですか??

めちゃめちゃ困ってるんで回答お願いします。

Aベストアンサー

車種が不明のため一般論になりますが…、

ウインカーをLEDに変えて発生する点滅状況の不具合(車種により症状は多少違いがありますが)の場合で多いのは、No.1回答者様の言われる電球とLEDの消費電力の違いによる純正リレーの動作不具合があります。しかし今回の場合は既にICリレーに換えているという点で『抵抗を入れて消費電力を電球と同等に上げる』必要は無いと思います。
(恐らく質問者様も事前の情報収集で、この問題を知っていたからICリレーに換えられたのでは?それに抵抗を入れると消費電力は電球と変わりませんからねぇ…)

ただしICリレーに交換してもまだ不具合が出る場合の多くは、NO.2・3回答者様の言われるようにウインカーインジケータが悪さをしている事が多いです。

一つ確認なのですが、メーターについているウインカーのインジケータ(ウインカー付けると同時に点滅する黄色いランプ)は一つですか?

車種によりウインカーインジケータが右用・左用と左右独立して二つ付いている車種では、この不具合は出難いのですが、インジケータが一つで左右どちらにウインカーを出しても一つのインジケータが点滅する車種の場合は、ウインカーがハザード状態になったり、四灯同時に付いたりと不具合が出る事があります。

ただしウインカーが一灯でも、既にLEDに変更されている場合は、この不具合は無いと思います。(純正でLEDのインジケータの車種があるのかは知りませんが…)

電球が点灯するためには、+側から電気が流れて電球を通り-に出ていく事で点灯するのは御存知ですよねぇ?
回路上ではインジケータにも二極線(電気の入る線と、出る線の二つが繋がっているはずです)が入っているのですが、ウインカーを出した時にはこのインジケータに流れる電気は、右を出した場合と左を出した場合で、+の電気が流れてくる方向が逆になります。(二極線の一方が+にもなれば、逆にウインカーを出した場合には-になるんです)

つまりインジケータが電球の場合には、左右の回路がインジケータの電球を通して繋がっている状態となってしまい、ハザード状態等の不具合が出ます。

これを回避するためには、インジケータへの二極線をそれぞれ+線として動作させ、且つ逆流しないために線それぞれにダイオードを入れて結線し、-線を追加してアースに逃すか、隣のインジケータの-に結線するといった細工が必要になります。

>電気に関してはまったく素人なので・・・・

との書き込みから、上記の作業が難しければ、社外品で参考URLの一番下にあるような専用の配線が売られています。

これを使い自分で挑戦されるか、この商品の取り付けも自信が無ければ御友人か、気兼ね無く相談できるバイク屋さんがあれば御願いしてみてはいかがでしょう?

以上で解決しなければ、リレーの不具合とか結線ミスとかも考えられますが、とりあえず上記の件を確認してみてください。では頑張って!

参考URL:http://www.tk-kijima.co.jp/prokiji219_win_ledl.htm

車種が不明のため一般論になりますが…、

ウインカーをLEDに変えて発生する点滅状況の不具合(車種により症状は多少違いがありますが)の場合で多いのは、No.1回答者様の言われる電球とLEDの消費電力の違いによる純正リレーの動作不具合があります。しかし今回の場合は既にICリレーに換えているという点で『抵抗を入れて消費電力を電球と同等に上げる』必要は無いと思います。
(恐らく質問者様も事前の情報収集で、この問題を知っていたからICリレーに換えられたのでは?それに抵抗を入れると消費電力は電球と...続きを読む

QLEDにしたのにヒューズが飛ぶのは?

フォレスターSG5にのっているのですが、先日 ポジションランプ、テールランプ、ブレーキランプをLED化し、テールランプを1つ増設し、テールを4灯化するとともに、フロントにイカリング、LEDテープを増設しました。

昨日までは、問題なくついていたのですが、運転中に急に切れたようで、フロントポジションランプ等がすべてつかなくなり、またテールランプもつかなくなりました。ブレーキを踏めばブレーキランプは点灯します。

ヒューズ切れかと思い、確認したところテールクリアランスのヒューズが切れていました。新しいものに変えてみてライトをつけてみると、すぐにヒューズが飛んでしまいました。

LEDに変更したため、以前ほど電源も必要ないと思うのですが、ヒューズが飛ぶ理由がわからず困っています。何か原因として考えられるものがありましたら教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

切れたヒューズを確認してみてください。
ヒューズの中ほどが細くなって溶けたように切れていれば過電流による切れ方ですが、切れた部分がはっきりと1mm~2mm程度開いていたり、切れた部分の周辺が黒く変色しているようであれば、消費電流が多少オーバーしたとか言う問題ではなく、明らかなショートです。ショートの原因はほとんどの場合、不適切な配線によるものです。配線の固定方法が不適切でボディーと摺れてショートしていないか、取り付ける際にどこかのパーツに噛み込んでいないか、作業を行った部分すべてを点検する必用があるでしょう。LEDが破損する場合は先ず間違いなくオープン状態になりますので、LED破損によるショートは先ず考えられません。

アマチュアの方の配線というのはプロの目から見ると、良くこれで今まで動いたいたもんだと思わせるものがかなりあります。金属部分(特にエッジの部分)と擦れる部分は必ず配線を保護する。配線がブラブラしないように確実に固定する。十分な間隙のないところに無理に通さない。配線の接続部は確実に絶縁し十分に保護する。接続部に無理な力が掛からないように必ず適度な遊びを持たせる。ヘッドランプなどの高温になる部分に通すときは必ず熱対策をする。最低限でもこのくらいは守れないといつ壊れても何の不思議もありません。

切れたヒューズを確認してみてください。
ヒューズの中ほどが細くなって溶けたように切れていれば過電流による切れ方ですが、切れた部分がはっきりと1mm~2mm程度開いていたり、切れた部分の周辺が黒く変色しているようであれば、消費電流が多少オーバーしたとか言う問題ではなく、明らかなショートです。ショートの原因はほとんどの場合、不適切な配線によるものです。配線の固定方法が不適切でボディーと摺れてショートしていないか、取り付ける際にどこかのパーツに噛み込んでいないか、作業を行った部分す...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング