大谷翔平投手はメジャー行くと思いますよね。

高卒でメジャー行って散々な結果で戻って来た場合
球界、ファン、世間の声はどうなるんでしょうか?

3A止まり
下手したら怪我で離脱、日本送りも考えられますよね

「ほら見ろ」「さぁ楽天、横浜の出番」的名な言い方をされるのでしょうか?
中には日本でしっかり育てて球界を代表するピッチャーにって考えも載ってました。

日本で成績残してAFなんかで行った先輩方でもダメで
日本球界復帰なんか言うと散々な言われた方じゃないですか・・・

大谷投手の先輩も6球団による1位指名で球界に居ますが未だ
日本で大活躍とは行ってないですよね。

やっぱり成績残して来ないと
ヒドイ目に合うんですかね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

彼は「高校入学時からメジャーリーグ行きを目指していた」と言っていたが、高校3年間でアメリカへ行くための準備や勉強をして来たのだろうか?


外国へ行けば、言葉・習慣・文化・食べ物等は違うし、日本の常識は通用しない。
その中でアメリカで一人で生活していけるのか?
野球だけやっていればいいと思ったら大間違いだ。
準備や勉強をしないでアメリカへ行くのは無謀だ。
“挑戦”と“無謀”は全然違う。
    • good
    • 0

戻ってくるまで4年、5年と経てば


そのときは誰も覚えてないですよ。

15歳で阪神がドラフト獲得した投手が
結局20歳で戦力外になってメジャー挑戦したのを何人が知ってるか

有望選手は毎年現れます。
活躍して日々紙面を賑わして話題になってれば人気も出るけど
結果が出ず日本に帰国しても『誰?』っとなります。
    • good
    • 0

大谷選手はメジャーに行くわけではないでしょう。


最初からメジャー契約なんて無いと思いますし・・・・。

マイナー契約でスタートってことでしょうね。

非常に厳しい環境ですが頑張って欲しいですね。


だた気になっているのが

「出席者によると、将来的に大谷が帰国した場合は1位指名した日本ハムに優先交渉権を与えては、との意見や数年後に戻ったときに日本球界に入れなくていいのか、といった問題提起もあったという。広島の鈴木清明球団本部長は「3年(の申し合わせ)をやめようじゃなく、別のいいものがあればそうしていけばいいということ」と話した。」

という報道があったことでしょうか?

ルールを形骸化するのはどうかと・・・・・
    • good
    • 0

>高卒でメジャー行って散々な結果で戻って来た場合


>球界、ファン、世間の声はどうなるんでしょうか?

別にどうもならないと思います。
今は世間の注目を浴びているからあれこれ言う人がいますが、世間の関心が薄れればそういう人はいなくなります。
アマチュアからメジャーに行けば例外なくマイナーリーグの下積みから開始ですから、渡米後は日本での露出が一気に減りますし、成功するにしろ失敗するにしろ、何らかの結果が出る頃には一部の野球ファンだけが注目する存在になるでしょう。
たとえ帰ってきて日本球界への参加を希望しても、帰国後3年間はドラフト指名停止ですから、そこでまた世論の冷却期間ができますし……。

却って日本球界を選択した方が、下世話な夕刊紙に定期的にあれこれ書かれて悪い印象が広がってしまうかもしれません。ちょうど西武の菊池投手がそうなったように。
    • good
    • 0

 たとえば、モーツァルトとワーグナーを同じベースで判断することと同じで、最初からメジャー指向は早すぎるとの意見には、僕はそれが本当に確定している事実なのかとの疑問を感じます。


 同じ花巻東高の出身ピッチャーと彼を比較すること自体がそもそも根拠に欠けるといっても過言ではないでしょう。大谷選手と件のピッチャーが実力的にも身体能力的にもそして海外生活に適応できるかどうかの問題に関して同じであるとは限らず、日本では常に「段階を踏んでから」との老人的な発想が何の根拠もなく一人歩きしている感じが否めません。
 メジャーとはいえ資源としての選手の枯渇には頭を悩ませていることも事実で、そのために中米のプエルトリコとやらキューバそしてオーストラリアやアジア地域に「将来の可能性」を求めて早い段階からアプローチしてもいます。
 1位指名された件のピッチャーを例にとるならば、まさに「千里の馬と伯楽の関係」といったところでしょうね。ロッテの監督に就任した人物を強引な形で球団職員にしてドラフトしたほどのルール破りを平然と行っている体質ですから、選手を育成する能力には疑問符がついて当然ともいえます。また北海道のチームも甲子園のスターを4年待って獲得しましたが、育成には失敗しています。日本にはコーチングの発想そのものがないのでしょう。
    • good
    • 0

結果だけがものをいう大リーグで通用せず、挫折して戻ってきたとしても、それはそれで彼の人生です。

彼が決めたことなので、誰もどうだこうだと言う筋合いではないでしょう。現状、日本球界で物足りなくなった「才能のある」選手たちはこぞって大リーグに行き、それぞれの人生を歩んでいますが、いかんせんピークアウトしてから、それに気づかず挑戦しているので正直難しいところがあります。逆に花巻東のK先輩も、鳴り物入りで西武に入団しながらも、未だに芳しい結果を残せていません。しかし日本のプロ野球は大リーグのようにいきなり切り捨てずに育てて成長させてくれる土壌があります。その辺りを総合的に彼自身がどう考えるかですね。一般論でいえば、ただ球速が速いだけなら、速球に慣れている大リーガーたちに簡単に打たれると思います。ダルが今のところ通用しているのは、速球よりも癖のある多彩な変化球があるからで、彼が成功するか否かは、そういった技を身につけられるかどうかにかかっていると思います。
    • good
    • 0

かつてマック鈴木が日本球界経由せずマイナー契約スタートでメジャー昇格まで4年掛かりましたが、大谷クンみたいな注目選手は昇格までどのくらい時間を要するか?注目です!



仮に向こうで芽がでなくて、3年ペナルティーでも大卒より1年早くドラフト候補になれる訳だから、ムダな時間にはならない筈! ~言葉、食生活、気候、移動距離…より過酷な環境で鍛えられるわけだから!
    • good
    • 0

比較じゃないですが


ダルビッツシュの球種は日本球界も厄介と認めたピッチャー
大谷君は高校生相手で実力は未知数

菊池投手も出されてますが
当時は大谷君以上に期待されてましたが現実問題メジャーなんて
とんでもないですよね

これが住み慣れた日本での状況、プロの厳しさ
アメリカはトレーニングも練習の球数も環境も違う

18や19で適応できるとは思えないです

先発でメジャーの舞台に立つことは難しいですよ。

構造外やトレードで回されない事を期待します。


先駆者で失敗しても成功しても見本ですよ。
    • good
    • 0

やはり、日本でプレーした方がいいと思います。

だってダルビッシュも日本からメジャーでしょ。
アメリカで成功して結果オーライってのもちょっといただけないと思います。
    • good
    • 0

向こうでダメで帰国しても3年間日本のプロ野球ではプレイできない、ってペナルティがあるんですよね。



私はいきなりアメリカ行くのは心配ですし、日本でプレイしているのを観たいと思いますが、本人がしたいことなんですから、無責任なファンやマスコミがあれこれ言うのはどうかなと思います。

また、仮に上手くいかなくて帰ってきてもザマアミロみたいな気持ちにはなりませんね。

まあおそらくは批判や揶揄の大合唱にはならないと思いますが
一定数はいいると思いますよ。失敗したら非難したり蔑んだりする人するは。
成功しても同じようなことをするひとはいるでしょうしね。
イチローでさえ腐す人、いるんですから。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大谷翔平VS東海道新幹線足の速さでは、どっちが勝ちますか?よろしくお願いします。

大谷翔平VS東海道新幹線足の速さでは、どっちが勝ちますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

え?何か特別な根拠を新たに発見せよ、との設問でしょうか?人間百メートルを十秒=時速36KM
と概算でいつも考えていたから、私の頭では比較のしようが無い・・・で終りですが。

冗談が判ってないぞ、と言われるのは嫌だから、再度考えたけれど何も浮かばない。

Q大谷投手が米球界へ…ドラフトで日ハムが横やり

大谷はメジャーに行くと言ってるのに何故ハムは大谷の指名を強行するのでしょうか?
去年の菅野の場合は巨人の独占だとドラフト制度の云々…というのがあったのでハムの指名は評価できました
しかし今年は本人も日本でやるつもりは無いと言ってるにもかかわらずの指名です

本当に交渉権獲得して入団させる自信なんかあるんでしょうか?
ハムの話題作りな気もします

それなら別の良い選手をたとえ競合でも行くべきと思うのですが…

Aベストアンサー

ルール上は、日ハムが大谷君を強行指名するのは全く問題ありません。
大谷君がプロ志望届けを提出しているので、日米の球団が指名可能です。

ダルビッシュと言う、大リーグでも充分に通用する大投手を育てた実績と、実際にピッチャーを育成する環境では申し分ない物を保有している球団ですので、そこをアピールポイントにするのでしょう。
地元の北海道に定着して、地元のファンからも愛されている球団でもあります。

また今後も高校野球界から直接大リーグに飛ぶ事に対する、日本プロ野球界からの牽制にもなります。

現状戦力で充分にペナントを戦える状態ですので、バクチもしやすいし、無いとは思いますがドラフト当日に、大谷君を指名しない大どんでん返しがある可能性もあります。

日ハムの戦法は、「横やり」と言うよりも、「これぞ本来のドラフト!!」との表現の方が正しいと思いますよ。

明日の25日が当日ではありますが、もう既にそれぞれの球団の駆け引きは始まっているんですね。

Q大谷翔平投手が日本野球界に残る可能性は何%???

ドラフト会議前に「メジャー希望」を宣言していた大谷翔平投手を1位指名してしまった日本ハムファイターズ・・・。
『その年の一番の人材を指名する』と言う観点からの指名だが、日ハムファンとしては「また勝負に出た~(T_T)」と言う気持ちも本音。

ところが一部報道によると「大谷翔平投手の日本残留の可能性が0%から1%に・・・」なんて報道が???
まぁ、1%ですから体勢には影響なしなんだけど、紳士協定の御陰もあって大リーグ側は日本ハムの交渉が終わってからと言う事も追い風の様です(^_^)

はてさて・・・大谷翔平投手が日ハムに入団するか否かは別として、実際に日本野球界に残る可能性は何%まで上がると思われますか?

あくまでも大谷選手の希望が第一優先なので、偏見の無い意見を期待します(*^_^*)

Aベストアンサー

私の予想では

50:50

ですね。

まぁ、本人はメジャーへの憧れを捨てきれないようですが、そんなに甘くありません。
日本は彼ほどのスーパールーキーなら、間違いなく春のキャンプで1軍帯同したり、上手く運べば開幕1軍なんて事もありますが、アメリカでは「絶対に」それはありません。

どんなスーパールーキーでも「必ず」マイナーからのスタート。

これは過去の例を見ても明らか。
大学や高校で大活躍し、ドラフトで上位指名されたとしてもです。

なのでどんなに好意的に見ても最低3~4年はマイナーでしょう。

それに適応できるか?

また、日本では藤波と双璧の選手ですが、アメリカには彼くらいの選手はゴロゴロいます。
その中で何か「光る物」を見せないことにはメジャーには上がれません。

これらの現実をどこまで本人が理解しているか。。。

なので、私は去年の菅野よりはハムに入団する可能性は全然あると思います。
それでも50%と見ますがね。

あと、指名されたのが日ハムというのもミソです。

この球団、何故か実態に比べイメージが飛び抜けて良い球団です。
まぁ、監督始め選手の殆どが「暗黒面」の無い素晴らしい球団ですが、その「現場」の輝きが強烈な為に「影」の部分が見えなくなっていますよね。

ファンサービスや、地元への還元という部分(営業部門)はとても優秀な人材を抱えていますが、前述のように肝心の編成・強化があまりにもお粗末。

今シーズンも一見「優勝したから万々歳」となっていますが、ドラフトは2年連続で1位枠を無駄(菅野、ハンカチ)に使っていますし、今年も今のところ全くの先行き不透明です。

そして先日の吉井コーチを筆頭に「優勝チームの主要コーチ」の大量離脱。
その理由が「監督との確執」ですから。

同じ事が他の球団(巨人・阪神・福岡)で起こったら、それこそファン・マスコミを巻き込んで結構な騒ぎになるところですが、日ハムはそれ程ではありません。

まぁ、ヒルマンから梨田、そして今年の栗山と「さわやか路線」を徹底的にファン、マスコミに印象付けてきた「営業部門」の勝利でしょう。

それらも全てひっくるめて大谷君がどう判断するか。。。
彼には失礼ですが、こりゃ「見物」ですね。3月までは。

私の予想では

50:50

ですね。

まぁ、本人はメジャーへの憧れを捨てきれないようですが、そんなに甘くありません。
日本は彼ほどのスーパールーキーなら、間違いなく春のキャンプで1軍帯同したり、上手く運べば開幕1軍なんて事もありますが、アメリカでは「絶対に」それはありません。

どんなスーパールーキーでも「必ず」マイナーからのスタート。

これは過去の例を見ても明らか。
大学や高校で大活躍し、ドラフトで上位指名されたとしてもです。

なのでどんなに好意的に見ても最低3~4年はマイナ...続きを読む

Q大谷くんはメジャーに行かなくて良かった?

今日の日本ハムVS西武で 大谷投手がプロ初完投初完封だそうです。

鳴り物入りでのメジャー挑戦を一度諦めてまで日本に残って、
結果的によかったと思いますか?

Aベストアンサー

こんにちは。 #11の再入場です。

大谷選手が大リーグ入りを表明した時、日本の球団は尻込みしました。 しかし、日本ハムはドラフトで彼を指名し、交渉しました。 その時、彼と彼のお父さんを説得する材料として、韓国選手が高校を卒業して外国のトップリーグへ出掛けて失敗した例を調べ上げて膨大な資料を作り上げています。

そうなんです。 韓国のスポーツ選手は高校を卒業し、いきなり海外へ出掛けて失敗して来たのです。 それもたくさん。  

これは野球とサッカーでたくさんの実例があるのです。 特にサッカーでは顕著です。 韓国はこれまでサッカーのユース世代ではアジアでは突出して優れた成績を残して来ました。 アジアユース選手権で11回も優勝しています。 因みに日本は一度もこの世代では頂点に立った経験がありません。  十代の選手の育成に関しては世界でもトップクラスの実績があります。 ところが韓国はユース世代のワールドカップで成績を残すと彼らをいきなりヨーロッパの一流のクラブへ送り込むのです。 まだ十代の選手がいきなりやって来て試合には出して貰えない。 そのうち、腐ってやる気をなくす。 これを繰り返して来ました。 

しかし、ひとりだけ例外があります。 パク・チスン(朴智星)という選手でイングランドマンチェスターUでプレーした選手です。 彼は高校を卒業すると、Jリーグの二部京都サンガと契約、ここで基本をもう一度練り直し、2002年のワールドカップで活躍。 これが認められ、オランダへ渡り成功し、イングランドへ。 要するに身の丈にあったチームで成功し、ステップアップする。  堅実なやり方です。 

彼は韓国選手としては例外的にヨーロッパで成功しています。  他の選手が十代でトップチームと契約してもベンチにも入れず、腐って行ったのと対照的です。 

韓国の野球選手で大リーグで成功したのは朴賛浩投手が有名です。 彼は大学を卒業してから大リーグと契約、マイナーを二年でクリアーしてドジャースに昇格し、大活躍しました。 高校を卒業していきなりではありません。 韓国には18才で大リーグと契約しながら、マイナーリーグで終った選手はたくさんいるのです。 

韓国人は激しやすく冷めやすいと言われます。 しかし、これらの多くの失敗例から学び始めています。 彼らも少しは賢くなったのでしょうか。

こんにちは。 #11の再入場です。

大谷選手が大リーグ入りを表明した時、日本の球団は尻込みしました。 しかし、日本ハムはドラフトで彼を指名し、交渉しました。 その時、彼と彼のお父さんを説得する材料として、韓国選手が高校を卒業して外国のトップリーグへ出掛けて失敗した例を調べ上げて膨大な資料を作り上げています。

そうなんです。 韓国のスポーツ選手は高校を卒業し、いきなり海外へ出掛けて失敗して来たのです。 それもたくさん。  

これは野球とサッカーでたくさんの実例があるのです。...続きを読む

Q大谷翔平の二刀流

大谷翔平は二刀流で、投手と打者を兼ねているということですが、
これは普通のことではないのでしょうか?
投手の打順で、DHの選手が打つのが普通なのでしょうか?

Aベストアンサー

セ・リーグはDH無し
パ・リーグはDH制
---------------------

投打の二刀流は、
日米プロの世界では、唯一無二の存在です!
前例が無いので、起用法にも賛否両論で、大リーグでも注目されています。

普通?、何言ってるんですか?
まさに野球アニメでも想像できない、夢のヒーローです!

普通、投手は投球に専念するので打撃練習はほとんどせず、
セ・リーグでも登板日にやもう得ず、9番打者になります。
打率も悪いし、投球に専念する(疲れない様)ので、わざと三振する事も多々あります。
これでは野球が面白くないので、
パ・リーグはDH制で、投手の代役として、DHの打者が普通です。というかDHが当然です。

しかし、大谷翔平の才能は、投打共に一流です。
 ・日本最速164km
 ・3割超、ホームラン20本超、足も早い

さすがに登板日は、打者を回避する事も多いですが、登板日と休養日以外は、打者としても出場しています。しかも、現在3番打者です。
--------------------

本日9/21・明日22日、
ソフトバンク .vs 日本ハム
優勝をかけた最後の直接対決!
そして、予告先発は、その大谷翔平

野球ファン大注目の一戦です。

セ・リーグはDH無し
パ・リーグはDH制
---------------------

投打の二刀流は、
日米プロの世界では、唯一無二の存在です!
前例が無いので、起用法にも賛否両論で、大リーグでも注目されています。

普通?、何言ってるんですか?
まさに野球アニメでも想像できない、夢のヒーローです!

普通、投手は投球に専念するので打撃練習はほとんどせず、
セ・リーグでも登板日にやもう得ず、9番打者になります。
打率も悪いし、投球に専念する(疲れない様)ので、わざと三振する事も多々あります。
これでは野球が面...続きを読む

Qハム大谷は投手にすべき

私は大谷は投手1本で行くべきと思うんです
これだけ本格的に調整出来ていないにも関わらず 前回の登板では157キロを投げました
しかもそこそこ良い内容だったし…

打者としては未だにホームランが無い…
打球が上がらないですね

投手やってたって打撃練習しとけばそこそこ打てるだろうし
どこぞの勘違い王子より素質はあるんだから 

どう思います?
あとは もし大谷がドラフトを蹴ってメジャーに行ってたら今頃どうなっていたでしょうか?

Aベストアンサー

投手優先、そう思います。

同じく高校時代投手で打棒も目についた同僚の中田翔でさえ、一軍で打撃が使い物になるのに5年かかりました。野手・打撃のみでもこのくらいかかるのがむしろ普通です。国民栄誉賞受賞の松井秀喜氏もまる2年(さらに2年の低迷期有り)、衣笠祥雄氏は打撃に限れば10年、世界の王貞治氏でさえ最初3年は鳴かず飛ばず、一本足打法を使ってさらに2年です。

ただ、投手をやってる合間の打撃練習が打棒に影響するかと言われれば、それは「まったくない」といえます。それはこれまでに「野手→投手」への転向例がよほど限定的であるとともに「投手→野手」の転向例もあるとはいっても現実的に見て数が多いとは言い切れないことです。正直なところ、まともに投手から野手に転向して「成功しました!」と言い切れるのは、打撃の神様川上哲治氏と元横浜・広島の石井琢朗くらいでしょう。成功するなら2000本は最低ラインです。同様に野手から投手への転向も200勝・200セーブ前後は成功例として欲しい。いませんね。

打者にとってホームランが必要なのはかなり限定的です。ホームランバッターでない打者の方が圧倒的に多いのですから。打球が上がらないのは大した問題ではありません。ただ、現状大谷翔平”選手”は打撃も守備も一線級とは言い切れないものがあります。要するに投手と野手の2人を1軍に上げるコスト面の優遇で大谷を2人分と考えているとしか自分は見てません。こうすればもう1枚投手か野手を上げられますから。

どちらか一方もいいですが、1・2軍の入替えで最初から1人で2役3役こなせる選手が現実的に登場してしまうと、それは球団としても監督コーチとしても重用するのは無理ないことです。ただ問題は、球団が投手も野手も超一流を目指して育成するつもりなら、やめた方がいいということです。不可能です。仮にMLBでランディ・ジョンソン並の長身で豪腕、バリー・ボンズ並の巨漢&豪打を1人の選手が持ち合わせたとして(どうでしょうか、姿形で言うなら元横綱の曙が160キロオーバーのストレートと高速スライダーを投げ、ホームランは常に場外へ…こんな選手と思っていただければ)、ではシーズン20勝以上でHR70本3割後半の打率、可能でしょうか。不可能です。時間という最大の敵は避けようがありません。

もしある程度の数字的成績を上げたいなら、むしろ打撃優先。投手が打席に立つのが珍しいパ・リーグでも、野手が登板するのは決して珍しくはありませんし。今や都合がいいことに中継ぎでも登板して自責点で逆転されなければ「ホールド」などというポイントまでいただけて、表彰対象になっています。最優秀中継ぎ投手&首位打者&ホームラン王&打点王なら、誰でも狙える四冠ではあります。もっとも選手として現実的でないと思いますが。

ただ現状を見る限り、投手専業にしてあげた方がいいとは思います。どうせ数年経てばMLB行きでしょうし、ここで小賢しく策を考える必要もない選手であることは間違いないのですが。なまじ投打が有能であるが故の話ですね。

投手優先、そう思います。

同じく高校時代投手で打棒も目についた同僚の中田翔でさえ、一軍で打撃が使い物になるのに5年かかりました。野手・打撃のみでもこのくらいかかるのがむしろ普通です。国民栄誉賞受賞の松井秀喜氏もまる2年(さらに2年の低迷期有り)、衣笠祥雄氏は打撃に限れば10年、世界の王貞治氏でさえ最初3年は鳴かず飛ばず、一本足打法を使ってさらに2年です。

ただ、投手をやってる合間の打撃練習が打棒に影響するかと言われれば、それは「まったくない」といえます。それはこれまでに「...続きを読む

Q大谷翔平は、三刀流(投手、捕手、打者)出来ますか?よろしくお願いします。

大谷翔平は、三刀流(投手、捕手、打者)出来ますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

勿論出来ますよ。
だけど、どんな良い捕手でも、投手が打たれては、喧嘩に成りません。
もし、大谷が捕手一本の方がホームランは、沢山出るでしょう。
嘗てのヨギ、ベラの様に、座ったまま、盗塁を、阻止出来る事、確実です。

Q日本ハム球団の大谷翔平を4番でエース、何か違和感が

本日から日本プロ野球各球団の実動が始まりましたが、日本ハム・ファイターズのドラフト1位、大谷翔平くんのことですが、エースで4番、まるで高校野球のようなキャッチフレーズ…、ピッチャーとバッターの、いわゆる二刀流、この方針で日ハム球団は動くとのことですが、これ、この球団、本当に真剣にマジに、大谷翔平という一人の人間の人生を慮った上で、やっているのですか?、それとも、米メジャー行きを覆す為のサプライズ戦術の為の一環として発言してしまったが故に、そして今のところでは、取り敢えずの、マスコミ受けも想定しながらの、話題作り且つ宣伝効果狙い、で、本音のところは、もうちょっと先々には、投手に絞って、または、バッターに絞って、か、いずれにしても一本化…?

これ、こんなことで折り込み済み…?

真相は、どうなんですか?

もしこれ、その内すぐにどちらか一本化が真実だとしたら、大谷翔平は、日本ハムのダシに使われた、ピエロそのもの?、少なくとも、現時点では?

本当の真実のところを知りたく、教えてください。
こう思う、こう想像できる、等々でも結構です。

あっ、それと、現在のプロの野球で、エースで4番、これって、マジで可能なのですか?

もし可能性はあるとしても、その本人にかかる負荷、これは、如何ほどのものなのでしょうか?我々一般人には想像もできず、想像を絶する理不尽なことに、ならざるを得ないことに…、と思ってしまった次第です。

大谷翔平くん、何か見てて、かわいそうな気が、ふと、感じられてしまったもので…。

本日から日本プロ野球各球団の実動が始まりましたが、日本ハム・ファイターズのドラフト1位、大谷翔平くんのことですが、エースで4番、まるで高校野球のようなキャッチフレーズ…、ピッチャーとバッターの、いわゆる二刀流、この方針で日ハム球団は動くとのことですが、これ、この球団、本当に真剣にマジに、大谷翔平という一人の人間の人生を慮った上で、やっているのですか?、それとも、米メジャー行きを覆す為のサプライズ戦術の為の一環として発言してしまったが故に、そして今のところでは、取り敢えずの、マ...続きを読む

Aベストアンサー

今日のキャンプ初日、そして年明けからの自主トレの様子。

もし仮に報道の通りの動向だとすれば、申し訳ないですが今季1軍で活躍は投打ともに見込み薄な印象です。

もちろん、まだキャンプ初日です。本人もコーチ人も「明日から本気出す」な方針ならいいのですが、すでに二刀流とはいえ投手野手双方への練習登録がされ、本来片方を1日こなしてようやく1日の練習量だというのを、はたして日本ハムはどうするつもりなのでしょうか。

プロ野球でエースで4番、理屈では可能です。ただ、シーズンを通じてという言葉が前につくと、俄然実現性が薄くなります。

主砲であるなら、基本的に毎試合出場は当たり前です。打撃は才能とよく言われますが、いくら投手が通年で打席に立って3割30本HRの打棒があるとしても、登板日以外を別の守備またはDHで出場するというのは現実的には無理があります。それに主砲で投手、その選手の都合で違う試合は別の主砲を用意…そんなに並び立つほどバッターがいるなら、そもそもエースで4番なんて非効率的な打線は組みません。

例えばWBCではありませんが、毎日登板で球数は5回まで45球まで(出来れば30球まで)、勝ち負け関係なく6回の守備からベンチに引き上げ、または守備機会の少ないポジションとの交代という制限付きなら…それでも投手の負担を考えると現実的ではないと思います。

それでもあえて可能性を見出すとすれば、むしろ野手出身者の投手転向なら投手→野手より可能性は高いかもしれません。元々球数を投げずに済む球種1種類だけを投げ続ける、というテクがあるからです。何かと言われれば、「ナックルボール」。要するに打ち損じのみ想定の緩い変化球(軌道が分かっては困るので現実問題ナックルくらいしかない)を真ん中に投げてゴロやフライで打ち取る、このくらいしか可能性はないと思います。何しろ肘を痛めても年を取ってもまともに投げられさえすれば勝負出来るボールです。逆に言えばスライダーやフォークと快速球を駆使するタイプの投手では、どちらにしても体力気力とも持つわけがない、といえるかもしれません。

大谷も日ハムも二刀流挑戦はいいですが、仕上がる迄に倍時間がかかるようでは…という懸念がどうやら現実になりそうで、下手すると数年後には某ハンカチ君と2人揃って「あの人は今」になりはしないかと。

今日のキャンプ初日、そして年明けからの自主トレの様子。

もし仮に報道の通りの動向だとすれば、申し訳ないですが今季1軍で活躍は投打ともに見込み薄な印象です。

もちろん、まだキャンプ初日です。本人もコーチ人も「明日から本気出す」な方針ならいいのですが、すでに二刀流とはいえ投手野手双方への練習登録がされ、本来片方を1日こなしてようやく1日の練習量だというのを、はたして日本ハムはどうするつもりなのでしょうか。

プロ野球でエースで4番、理屈では可能です。ただ、シーズンを通じてという...続きを読む

Q大谷翔平をエースで4番、日ハム球団の狙いの真相?

今日からプロ野球各球団の実動が始まりましたが、日本ハム・ファイターズのドラフト1位、大谷翔平ですが、エースで4番、まるで高校野球のような語彙の響き…、ピッチャーとバッターの、いわゆる二刀流、この方針で日ハム球団は動いているようですが、これ、この球団、本当に真剣にマジに、そうしようとしてやっているのですか?、それとも、米メジャー行きを覆す為のサプライズ戦術の為であったがばかりに、そして今のところでは、取り敢えずの、マスコミ受けも想定しながらの、話題作り且つ宣伝効果狙い、で、本音のところは、もうちょっと先々には、投手に絞って…一本化?、または、バッターに絞って…?
これ、こんなことが折り込み済み…?
さて、真相はどうなんですか?
もしこれ、その内すぐにどちらか一本化が真実としたら、大谷翔平は、日本ハムの出汁に使われた、ピエロ?、少なくとも、現時点では?
本当の真実のところを知りたく、教えてください。
こう思う、こう想像できる、でも結構です。
あっ、それと、現在のプロの野球で、エースで4番、これって、可能なのですか?
可能だとしても、その本人にかかる負荷、これは、如何ほどのものなのでしょうか?
大谷翔平くん、何か見てて、かわいそうな気が、ふと、感じられてしまったもので…。

今日からプロ野球各球団の実動が始まりましたが、日本ハム・ファイターズのドラフト1位、大谷翔平ですが、エースで4番、まるで高校野球のような語彙の響き…、ピッチャーとバッターの、いわゆる二刀流、この方針で日ハム球団は動いているようですが、これ、この球団、本当に真剣にマジに、そうしようとしてやっているのですか?、それとも、米メジャー行きを覆す為のサプライズ戦術の為であったがばかりに、そして今のところでは、取り敢えずの、マスコミ受けも想定しながらの、話題作り且つ宣伝効果狙い、で、本音...続きを読む

Aベストアンサー

まず、投手が4番打者になること。
これは全く問題ありません。セリーグであれば、先発出場の打順で4番に投手を置けば何の問題もありませんし、パリーグでも「指名打者を使わない」ということは可能です。プレーオフ制が始まる前には、優勝したチームが、日本シリーズに備えて、投手を打席に立たせる、ということはしばしばありました。


大谷選手の二刀流ですが、これは、首脳陣もどちらに適正があるのか図りかねている、というこではないかと思います。
投手として、150キロ台の球を投げることが出来た。これは、それだけで、物凄い才能です。
ただ、一方で、高校通算56本塁打、というのは打者としての資質も高いことを示しています。
恐らく、数年後にはどちらかに一本化となると思いますが、最初から可能性の芽を摘まない、というのが狙いなのでしょう。

日本の少年野球の場合、最も体力がある選手を投手に、ということが一般的で、現在、野手として活躍している人も元々は投手ということが少なくありません。
普通は、プロ入団時に投手か野手か、を決めてしまいますが、例えば、横浜などで活躍した石井琢郎選手のように当初は投手として登録されながら、野手に転じて好成績をあげた人もいます。
アマチュア時代に投手だけど、プロでは野手というのは、それこそ、山のようにいます。イチロー選手だって、高校時代は投手だった人です。


本人の負荷は、当然、物凄いと思います。
ただ、首脳陣とすれば、どちらも捨てるには惜しいだけの資質がある、ということの裏返しではないかと思います。

まず、投手が4番打者になること。
これは全く問題ありません。セリーグであれば、先発出場の打順で4番に投手を置けば何の問題もありませんし、パリーグでも「指名打者を使わない」ということは可能です。プレーオフ制が始まる前には、優勝したチームが、日本シリーズに備えて、投手を打席に立たせる、ということはしばしばありました。


大谷選手の二刀流ですが、これは、首脳陣もどちらに適正があるのか図りかねている、というこではないかと思います。
投手として、150キロ台の球を投げることが出来た。こ...続きを読む

Q大谷翔平が日ハム入団?あの大口叩いて大リーグは何?

花巻東高の大谷翔平が、日本プロ野球の日本ハムファイターズの入団を決めたとのことですが、そもそもこの男、ドラフト会議前に、米国メジャーリーグへの入団を目指すので、日本のプロ野球球団に指名されても100%絶対に入団することはありません、だから指名しないでと宣っていたはずですが、結局はこのザマ?
この男、人としての余りにもの軽さ、意志薄弱さ、あの自信満々の大リーグ宣言、これ何だったのですか?
それとも、ひょっとして日ハムとの出来レースのシナリオ通り?
そのどちらにしても、こんなことが何の問題にもならずに、罷り通ってよいものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 確かに、大谷君の当初の発言からは日ハムも2年続けて1位指名を没にして…と、無謀さを感じました。
反面、日ハムの果敢さにも舌を巻くほどの勇気にも感心しました。

あなたが憤慨するのも分かります。
私も、てっきりメジャー1本と思っていた一人でしたからね。
私もまだまだ若ければ、あなたのようにボロクソに非難していたかも知れません。

でも、私のような還暦を超えた者には、やはり高卒でアメリカに渡っても9割以上が挫折していることを考えると、やはり育ってきた環境で実力を示し、ネームバリューを上げることが正解ではないかと思われます。

何と言っても、まだ18歳の野球バカ少年です。
きっと小さな頃から、野球一筋の人生を送ってきているはずです。
その狭い人生観からではそんな夢を追い求めるのも仕方のないことではないでしょうか。

野球解説者のほとんども、いきなり異境での挑戦を危惧した発言をしていました。
今夜のTVでも、日ハムの山田代表が色んな(スポーツ全般)資料を作成して丁寧に説明した結果だったと報じておりました。

本人も始終強気な言動をしていましたが、いくら野球バカ少年と言っても本心は揺れ動いていたはずです。
それを大人としての立場から、色んなデーターや科学的論理や人生的見地で諭し、納得させてあげられたのだと思います。

そりゃ条件には、ダルビッシュや松坂のような移籍項目も含まれてはいたのでしょうが、取り敢えずは野球ファンの一人として、
有能な選手の流出を防げたのと、活躍を観れるのに喜んでいます。

 確かに、大谷君の当初の発言からは日ハムも2年続けて1位指名を没にして…と、無謀さを感じました。
反面、日ハムの果敢さにも舌を巻くほどの勇気にも感心しました。

あなたが憤慨するのも分かります。
私も、てっきりメジャー1本と思っていた一人でしたからね。
私もまだまだ若ければ、あなたのようにボロクソに非難していたかも知れません。

でも、私のような還暦を超えた者には、やはり高卒でアメリカに渡っても9割以上が挫折していることを考えると、やはり育ってきた環境で実力を示し、ネームバリュー...続きを読む


人気Q&Aランキング