ラマン分光でどこにピークが出たらどういう物質だというのが
一覧でわかるものを探しています。
(本でもホームページでも)
知ってる方いらっしゃいませんか。

具体的に知りたいのは1140 cm-1のピークは何を示すかということです。

A 回答 (2件)

直接的な回答ではありませんが、以下の成書は参考になりますでしょうか?


====================================
ラマン分光を中心とした材料評価の最前線/日本分光学会/〔1999〕 
ラマン分光法/尾崎幸洋/アイピーシー/1998.6 
最新のラマン分光測定法/日本分光学会/〔1997〕 
赤外ラマン分光法講習会/平成5年度…/日本分光学会/〔1993〕 
赤外ラマン分光法講習会/日本分光学会/〔1991〕 
赤外・ラマン・顕微分光法講習会/日本分光学会/〔1991〕 
表面赤外およびラマン分光/末高洽/アイピーシー/1990.11 
ラマン・FT-IR分光法講習会テキスト/日本分光学会/1989 
FT・IR・ラマン分光法講習会テキスト/日本分光学会/1988 
ラマン分光学入門/北川禎三,Antho…/化学同人/1988.11 
ラマン分光法/浜口宏夫,平川暁子/学会出版センター/1988.12 
レーザラマン分光法による半導体の評価/河東田隆/東京大学出版会/1988.4 
ラマン分光学/キャリー[他]/共立出版/1984.9
===========================================
ご参考まで。

この回答への補足

参考書をいろいろあげていただいてありがとうございます。

ラマンのことは日本分光学会に聞けばわかりそうですね。

補足日時:2001/05/21 22:28
    • good
    • 0

ラマン分光では「どこにピークが出たらどういう物質だ」という対応は付かなかったと思いますが。

分かるのは,どういう振動の吸収かといった事だったと思います。

参考になるかどうか分かりませんが,ラマン分光に関する成書をあげておきます。図書館ででも探して見て下さい。

「ラマン分光学入門」北川禎三 他,化学同人,1988年

「ラマン分光学~基礎と生化学への応用~」P・R・ケアリ-/伊藤紘一,共立出版,1984年

「ラマン分光法 叢書名:日本分光学会測定法シリ-ズ」浜口宏夫/平川暁子,学会出版センタ-,1988年

「実用分光法シリ-ズ ラマン分光法」尾崎幸洋,アイピ-シ-,1998年
 http://ipcj.com/book/chemistry/776.htm

この回答への補足

参考書をいろいろあげていただいて、ありがとうございます。

僕が何でこんな質問をしたかというと
今ラマン分光の勉強をしていて、それによると
1332cm-1(カイザー)にピークを持つと立方晶ダイヤモンド、
1150cm-1にピークを持つと微結晶ダイヤモンドを示すということだったので
1140cm-1はなんだろうと思ったんですけど。

補足日時:2001/05/21 22:25
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラマン分光計測における蛍光障害

大学でレーザーラマン分光による物質の解析をおこなっています。
対象にレーザーを照射すると蛍光が発生して測定を阻害すると知ったのですが、そもそも蛍光の厳密な定義とはなんで、そして蛍光を起こさないためにはどのような工夫が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

「蛍光」という言葉自身は極めて広い発光現象を表す言葉ですので、
厳密な定義のもとに使われるテクニカルタームでは無いと思います。

ラマン効果との違いという意味では、
蛍光は一般的に入射光エネルギーにより物質が何らかの励起状態に遷移
そこから基底状態に遷移する際に発せられる2次的な発光を言います。

ラマン効果は入射光が物質に非弾性散乱したものです。

つまり蛍光は入射したフォトンが一回吸収、再放出という過程を
とりますが、
ラマンは一回の散乱です。

Qラマン分光法と赤外分光法の相違点と共通点

タイトルのとおり、

ラマン分光法と赤外分光法の

共通点と相違点について、教えてください。

よろしくお願いいたします♪

Aベストアンサー

共通点:どっちも、分子内部の振動を見ます。結合の伸び縮みとかそういうの。
相違点:原理が全く違う。
赤外分光法:赤外光を当てて、その吸収を見る
ラマン分光法:光を当てると、通常の散乱(当てた光と出た光は同じ波長)の他に、強度は弱いが、波長がずれた光が出てくることがある。これがラマン散乱。強度を増すためにレーザーで励起する。

分子・振動の対称性によって、赤外は出ないけど、ラマンなら観察できる、とかいろいろあるが、そこらへんは勉強してください。

ラマンといえばこの研究室が思い浮かんでしまう・・・
細胞内部の生命過程をラマン分光法で見ています。
他にも、溶液中の分光学ではかなりいろいろやっている。

参考URL:http://utsc2.chem.s.u-tokyo.ac.jp/~struct/research/index.html

Qオージェ電子分光のピーク

いろんな元素や化合物のオージェピークのピーク位置を知りたいと思っています。
たくさんデータのあるホームページをご存知の方がいたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

UK Surface Analysis Forumのサイト(http://www.uksaf.org)のOn-line databases(http://www.uksaf.org/data.html)が有用ではないでしょうか。

参考URL:http://www.uksaf.org/data.html

Qピークピーク値から実効値への変換

LCR直列回路で、L、C、R各素子の両端電圧を測ったのですが、その際、測定装置(ディジタルマルチメータ)の設定を誤って、実効値指示にするべきところをピークピーク値で測定してしまいました。
これらの測定結果を後から計算で実効値に変換することは可能でしょうか。
電源は、ファンクションジェネレータからの正弦波なので、単に測定値を0.5倍してから√2で割ればよいのでしょうか。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

理屈としてはそれでいいはずですね。

Q「示強、示量」の読み方は?

タイトルの通りですが、「示強」と「示量」の読み方を教えてください。
読み方ですのでカテゴリーが違うかもしれませんが、普段使われている方のほうがよくご存知だと思い、こちらに質問させていただきました。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

「じきょう」「じりょう」だそうです。
http://www002.tokai.or.jp/hiramatu/onyak/butu-sa.htm

参考URL:http://www002.tokai.or.jp/hiramatu/onyak/butu-sa.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報