ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

中東のニュースを聞いていると、いつもイスラエルが約束を破って
攻撃しているように感じます。国連の言うことも聞かないようだし、
USAが味方しているということで、核兵器まで開発するなど、
とんでもない国だと思えます。

イスラエルをおとなしくさせる方法はないのでしょうか?

A 回答 (9件)

全ては時代遅れの宗教に起因しています。

宗教の誤りを訂正すべきであり、徐々に宗教を禁止すべきですね。宗教に依存してはいけません。非常に危険です。
    • good
    • 1

現在のパレスチナ問題では確かにパレスチナ人の人権がないがしろにされているという


問題はあると思います。

が、それを考えてもなお、ユダヤ人にはユダヤ人の国家が必要だと思います。
彼らは、近代で唯一、民族ごと滅ぼされそうになった民族です。
彼らは、生き残るために手段を選んではいけないこと、自分の身は自分で守るしかないことを骨の髄まで
知っています。

彼らのほとんどは、「もしかしたらこの世に生まれることができなかった人」です。
親や祖父が強制収容所の生き残りの子孫である人が大多数です。

彼らの国は国境から首都まで30数キロしかありません。もしも先制攻撃を首都に受けたら
即滅亡でしょう。

もし、開戦の前に事前通告が必要だという国際法を遵守したならば、彼らは確実に滅びます。
(国際法では事前通告は攻撃の直前でもいいことになっています。というより事前通告の
期限を定めた規則はありません。そのような状況では先制攻撃を避けられないでしょう)

だから、諜報機関を極限まで磨きぬき、攻撃の予兆があれば躊躇なく事前通告なしに先制攻撃します。

すべては「生き残る」ためです。

核兵器は抑止力として現在の世界ではイスラエルには不可避の武器でしょう。
首都に空爆を受けたら国の存亡自体が危うい国において、やったらやられるという恐怖心を
植えつけずにおいて、国を生き延びさせるのは不可能でしょう。

そして、その「国の存亡」は、「民族の存亡」と不可分です。
彼らは、国を持たないがゆえに、滅亡の危機に陥ったことをよく知っています。
今でこそアメリカでは裕福に暮らしている人が多いですが、何かあれば真っ先に
迫害されてもおかしくないことはよく知っています。アメリカを利用してはいますが
信頼というのとは少し違います。
彼らには、彼らの国が必要だと思います。

よく、2000年以上もまえの領土など現在主張するのはおかしいというものを見ますが、
彼らは2000年以上も民族のアイデンティティを失わずに生きてきたのです。
古代には、国を失った民族はたくさんいます。が、その人たちの血は耐えることがありませんでしたが、
民族のアイデンティティを失って、ある国に同化してしまったのがほとんどです。
日本人でも、たとえばアメリカに3代暮らすともう、自分を日本人とは思いません。
アメリカ人と考えるものです。

2000年以上もアイデンティティを失わなかった民族であれば、そこが自分たちの領土
だと主張すること自体は別におかしいことではないと思います。


このような状況をかんがみると、私は、彼らにはエルサレムを含めた一定の広さの領土
を与えた、「ユダヤ人国家」を与えるべきで、それがなければこの問題は解決しないと思います。

かといって、パレスチナ人に対する弾圧が正当化されるべきではありません。
イスラエルと同じように、彼らにも国が必要なのです。

解決策を提案できないのが無責任ですが、一方的にイスラエルが悪とは言えないと思います。
    • good
    • 0

私は塩野さんの「十字軍」シリーズものを読んだのですが、今のイスラエルは昔の十字軍の続きをやっているのだなと思います。



今から900年前に、バチカンが声をかけて欧州各国の王や騎士(団)がパレスチナ地域の奪回を目指して今の地中海沿いのレバノンやイスラエルやエジプトに向かいました。別段欧州に地権があったなどということではなく、キリスト教徒の義務としてバチカンの指示(キリスト教徒の血でエルサレムを取り戻せ)に従ったわけです。交渉でエルサレムを得るのではなく、異教徒であるイスラム教徒を戦って殺してエルサレムを得ることをバチカンは十字軍に求めました。その結果一時は大きな成果を収めましたが、200年後に欧州(キリスト教)勢力は再び海に追い出されました。

20世紀世界大戦後に再びキリスト教勢力の十字軍がイスラエルに結集したわけです。表向きは英仏や米国、イスラエルやハマスの動きが報道されますが、現代版「十字軍」とすれば(日本人が分かるような理屈を超えた)キリスト教対イスラム教の抜きがたい対決と見ることが出来ます。外から何を言っても無駄という気もします。イランやシンパのイスラム諸国が頑張れば再びキリスト教徒は追い出されます。米国とイスラエルが踏ん張れば現代の十字軍も当分は持ちこたえるでしょう。
    • good
    • 0

九条の会の人をパレスチナ政府の顧問にすりゃいいじゃね。


同じ系列の岡本氏はパレスチナの英雄だし。
    • good
    • 0

中東地域に政治的不安定をもたらした国は


アメリカではありません
イギリスとフランスです
この二カ国 特にフランスがこの地域に外交的に進出してこなければ
アラブもイスラエルも共存出来ていたと言う事実を良く考察するべきでしょう
今だけを見ていては外交の背後関係は全く見えません
    • good
    • 0

そのイスラエルを悪人に仕立て上げてるのは 他ならぬアメリカ合衆国ですけどね♪


アメリカが滅びない限り イスラエルはおとなしくなりません
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2012/11/18 07:04

通常の感覚で言えば、悪いのはイスラエルです。


そもそも、住んでいる人を、ここは2000年前に
俺たちが住んでいたんだ、ということで追い出して
造った国です。
追い出された数百万のパレスチナ人はホームレス
です。
これでは怒るのは当然です。

ただ、悪党もここまで行くと見事としか言いようが
ありません。
「我々は、世界から賞賛されて滅びるよりも
 非難されて生き残る方を選ぶ」

米国の金玉を握り、戦争やれば連戦連勝。
敵だらけの中で、孤軍奮闘している姿は日本にも
見習うべきところがあるのではないでしょうか。

日本は、中国、北朝鮮、韓国と反日国家に囲まれて
います。中国北朝鮮などは核武装国です。
そんな中で、日本ほど危機意識の少ない国はありません。
防衛費を減らし、核武装問題は相変わらずタブーです。
少しはイスラエルを見習うべきだと思います。


”核兵器まで開発するなど、
とんでもない国だと思えます。”
    ↑
イスラエルは、公式には核武装している、とは言っていません。
「持っていないとは言わない」
というのが公式見解です。


”イスラエルをおとなしくさせる方法はないのでしょうか? ”
     ↑
米国がバックについている以上無理だと思います。
米国ユダヤ人は人口の1,7%しかいませんが、
米国を牛耳っています。
米国大富豪上位百人の中の30人はユダヤ人です。
ユダヤ人に逆らった政治家は選挙に落とされます。
世界の名だたるマスコミにはユダヤ資本が入っています。
オピニオンリーダーにはユダヤ人が目白押しです。
ノーベル賞の40%はユダヤ人が受賞しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

日本もアメリカを味方にしないとだめなんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/18 07:05

それ以上の悪玉はそれを影で操って、兵器産業でボロ儲けをしているアメリカです・・・



神よ、アメリカに鉄槌を・・・・・・・・・・・・

アメリカに天誅を・・・wwwwwwwwww
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/18 07:06

根本的にイスラエルが原因です。


それに、イスラエルの古くから住んでいる人は
今やっていることは、ナチスとやっている事と同じだと
TVの特集で見たことがあります。

イスラエルを味方するする国がなくなればいいのですが、宗教関係で無理でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宗教は困ったものですね。ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/18 05:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Qイスラエル人ってユダヤ人なの?

タイトルのとおりです。中東問題の番組をみてて気が付いたんですが、イスラエル国民について教えて下さい。

1.イスラエル国民=全員ユダヤ人ですか。
2.人種的には白人ですか、アラブ系ですか、基本的に。
3.宗教的には全員ユダヤ教の信者ですか。 イスラム教や仏教を信仰するイスラエル人っているんでしょうか。
4.ユダヤ人のために建国した国がどうしてユダヤって言葉を国名に使用しなかったでしょうか。
5.パレスチナ人って全員イスラム信者でしょうか。
6.よくパレスチナ難民っていいますが、彼らのパスポート発行はどこが行なっているんでしょうか。
7.パレスチナ人は、例えば漢民族とかクルド族とか一緒で、民族性でいえば全員同じ民族なんでしょうか。

HPをみても難しいので、簡単にご回答願えれば幸いです。

Aベストアンサー

一般に、民族とは文化的背景、特に言語を共有する集団を指します。共通の言語は共通の生活領域を前提とすることが多いので、結果的に、民族は同一人種から構成されることになります。しかし、ユダヤ人は例外です。
ユダヤ人は2000年前に国家を失ってから世界各地に離散していたので、言語や肌の色に共通点はありません。ユダヤ人とは、原則的には「ユダヤ教徒」からなる宗教的集団なのです。
※それでは「ユダヤ教徒」とは何かということが問題になりますが、複雑過ぎてここでは深入りできませんので、ユダヤ教徒を自認する集団でも、その奉ずる教義によってはイスラエル当局からスンナリとイスラエル国籍を付与されない場合があることだけを指摘しておきます。イスラエル当局のいう「ユダヤ教」とは、端的にいえば、神殿時代(以降)のユダヤ教を指しています。

現在、イスラエルは、ユダヤ教徒およびユダヤ人の母親から生まれた子供をユダヤ人と認め、国籍を付与しています。後者がユダヤ人とされる理由は、ユダヤ人女性は自分が生んだ子供をユダヤ教徒として養育する宗教的義務を負っていることにあります。よって、日本人も、ユダヤ教に改宗すればユダヤ人になることができます(教義や歴史に関する難しい試験や、宗教指導者による面接などがありますが)。

イスラエルには、ユダヤ人=ユダヤ教徒以外にも、キリスト教徒やイスラム教徒である国民が存在します。なぜなら、現在イスラエルの領土となっている土地には、古くからユダヤ教徒・キリスト教徒・イスラム教徒が混住していたからです。しかし、現在では、ユダヤ人=ユダヤ教徒が圧倒的多数を占めていることは確かです。

人種構成はさまざまです。ユダヤ人=白人というイメージとは裏腹に、アフリカ系(黒人)やアジア系(黄色人種)のユダヤ人も存在します。なお、言語についても、公用語であるヘブライ語を解さず、出身地の言語しか話せないユダヤ人も多数存在します(特に、旧ソ連崩壊後に入国したロシア系ユダヤ人)。

イスラエルという国号についてはすでに回答されています。宗教的な意味のある国号です。

パレスチナ人とは、パレスチナ地方の住民を指す言葉です。すでに指摘したとおり、パレスチナ地方にはもともとユダヤ教徒・キリスト教徒・イスラム教徒が混住していました。民族的には、アラブ人(アラビア語)、ユダヤ人(アラビア語・ヘブライ語)及びキリスト教系少数民族が存在しました。しかし、ユダヤ教徒であるパレスチナ人はイスラエルに迎え入れられたので、現在のパレスチナ人は多数のアラブ人とキリスト教系少数民族からなっています。

パレスチナ地方は、その大部分がイスラエルに、一部がヨルダンに併合させました。ヨルダンが併合したのは、ヨルダン川東岸といわれる地域です。この地域に住んでいたパレスチナ人は、幸か不幸か、ヨルダン人としてヨルダンの旅券を所持することができます。

参考URL:http://homepage.mac.com/ceramic_tsuka/rekisipage.html

一般に、民族とは文化的背景、特に言語を共有する集団を指します。共通の言語は共通の生活領域を前提とすることが多いので、結果的に、民族は同一人種から構成されることになります。しかし、ユダヤ人は例外です。
ユダヤ人は2000年前に国家を失ってから世界各地に離散していたので、言語や肌の色に共通点はありません。ユダヤ人とは、原則的には「ユダヤ教徒」からなる宗教的集団なのです。
※それでは「ユダヤ教徒」とは何かということが問題になりますが、複雑過ぎてここでは深入りできませんので、ユダヤ教徒...続きを読む

Q精神障害者手帳2級とはどのレベルのなのでしょうか

最近身内になった方が、精神障害者手帳2級を持っていることを知りました。

普通に遊んでいますし、喋れます。料理もしているし、ゲームもしています。
普通の生活はできていると思います。

仕事はできないそうです。
たまに頭が痛くなるとか。

なぜこのような質問をしているかと申しますと
子作りをしていると聞いたからです。

薬を飲んでいないなら妊娠してもいいと書いてあるサイトは見ましたが、子育ってって楽じゃないですよね。
私にも子供がいますが、やはり大変でした。
普通の人でも精神的に不安定になると思います。
ことあるごとに「鬱だから」と言ってひきこもる彼女が、このタイミングで子供を作っていいのか疑問なのです。
友人だったら応援するかもしれません。
しかし、身内となると、そうは言っていられません。
何かあった時に産まれてきた子供がかわいそうです。

※鬱病の方を批判しているわけではありません。

中立なご意見をお願いします。

Aベストアンサー

あなたの身内がどんな精神障害かは解らないですが薬で症状が和らぎ普通に生活できる人もいます。
理解あるパートナーが本人の調子の悪い時に100%面倒(家事、子育てなど)を見てくれるならまだ良いですがなかなかそういう訳にもいかないのが結婚生活だと思います。
そんな状況下で育てられたこどもは不安ですよね

2級ともなると年金が支給されるほどのかなりの重度なので一人では生活できない程度です。
自己の判断もできない状況が多々あると思われます。
そんな人が子育てはちょっと無理かな、子育てが出来るなら仕事もできるんじゃない?と思うのは当然ですよね。
私もそんな状況で子育てには賛成できません

ですががやはり決めるのは本人です
あなた自身がいろいろと調べた結果それを踏まえてアドバイスするのは良いでしょうがそこまでにしておいた方が良いのかもしれません。
強要すると症状が悪化するかもしれないのでなるべくその方の両親を通した方が良いかもしれない。

Qエルサレムに、なぜ3宗教の聖地が在るのですか?

エルサレムでは、紛争が延々続いていますね。
あんなに狭い所に、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という3宗教が聖地を持っているから、トラブルが起きるのは当たり前だとは、とは思います。その3つの宗教は、ユダヤ教、それから発生したキリスト教、そしてそれらと影響のあるイスラム教、という関連のある宗教ですね。
世俗的には、エレサレムの街自体は、たとえば交通の要所とかではなく、たいして重要な街とは思えません。
それなのに、、なぜ3宗教は、エルサレムに聖地を持っているのですか?
たまたまエルサレムに3聖地が混在するだけなのですか? あるいは、歴史上や宗教上で、何か慨依性を持っているのですか?

Aベストアンサー

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ(イスラエル)の地にやってきて、神様は「よーしお前ら、ここをお前たちに与える」と畏れ多くもありがたくおっしゃいました。しかしそこは当然先住民がおりまして、「なんか、先に住んでる人がいますけどこれはどうすればいいですか?」と伺いましたところ、「お前たちに与えたから殺しちゃってオッケーよ」とおっしゃいました(本当)。かくして彼らはそこにユダヤ人国家を作りました。ユダヤ人がイスラエルを「約束の地」と呼ぶのはそういうことです。
そんなこんなの経緯は旧約聖書に書かれています。

さて、ユダヤ教徒はエルサレムに神様を祭る壮大な神殿を作りました。その頃がユダヤ教とユダヤ王国の絶頂だったといえるでしょう。その後神殿は破壊されてしまい、その一部が残るのみとなりました。その遺跡が「嘆きの壁」と呼ばれるところで、そこでは常に敬虔なユダヤ教徒が祈りをささげていますが、そのお祈りの内容は、「神様、あの栄光の日々がまた訪れますように」というものです。その「また訪れてほしい栄光の日々」とは3000年くらい前の話なんですけどね。

ユダヤ人の国は、あんなこんながイロイロとありまして分裂したりして、やがてローマ帝国の属州となりました。ローマ帝国ってところは実は非常に寛大な帝国で、帝国に従うなら信教の自由も認められていました。日本人レベルでいえば、「それならいいじゃん」というものですが、「この世で神様とお呼びしていいのはおひとりだけ」と信じる彼らにとって異教徒がウロウロしているのが非常に気に障って障ってしょうがないのです。イスラエルでは、ローマ帝国に対するテロ活動が盛んでした。
ユダヤ教徒の歴史では、そういう「ユダヤ人受難のとき」にはエリヤとか神様の言葉を預かる「預言者」が登場して人々を導きました。ユダヤ教徒たちは、そういう「救世主」が出てくることを待ち望んでいたのです。

そういったタイミングに登場したのが、ナザレ生まれのイエスでした。イエスはユダヤ教史上、というか宗教史上において革命的な言葉を発しました。「ベイベー、愛だぜ」と。彼は、あの神様のことを「父ちゃん(アバ)」と呼びました。後になんだかんだでイエスは神の子となりました。マリア様が処女のまま神の子を受胎したお話はご存知でしょ?
それがどれだけ革命的であったのはまた別の機会に譲るとして、「憎みあうより、愛し合おうぜ」と言い出したイエスは人々からローマ帝国を排除する指導者となることを熱望されましたが、「だから俺は憎みあうのは嫌なんだよ。愛し合おうぜ」といって人々を失望させ、エルサレムからすぐ外に出たところのゴルゴタの丘で十字架にかけられてしまいました。
その後、実は一度もイエスと会ったことがないパウロが「イエスは救世主(キリスト)だったー!」と言い出してキリスト教が誕生します。なお、旧約聖書では「救世主はベツレヘムに生まれるよ」と書いてあったので、イエスはベツレヘムで生まれたことになりました。
当然のことながら、キリスト教にとってエルサレムは「イエスが十字架にかけられた場所」ですので極めて重要な聖地であります。

そのイエスが十字架にかけられて50年くらい経ったとき、「もう我慢ならねえ、ローマ人は出ていけ!」とユダヤ人は反乱を起こしました。それ以上にブチ切れたのはローマ人です。「人が下手にでてりゃあ属州のくせにでけえ態度をしやがって。ローマ帝国の恐ろしさを骨の髄まで教えたるわ」と本気で怒り、反乱を鎮めただけではなく、何かとややこしい神殿を破壊し、「ややこしい神を信じてるお前らはこの辺りに住むんじゃねえ」とユダヤ人をパレスチナから追放しました。
これがディアスポラです。以来約2000年、ユダヤ人はイスラエルの地に再びユダヤ人の国を再興することを願いながら世界中でお金を稼ぐこととなります。

時代はずーっと下りまして、メッカの洞窟で、青年ムハンマド(マホメット)の前に大天使ガブリエルが現れて「君が預言者だよーん」と告げました。イスラム教の誕生です。ムハンマドの元にガブリエルを派遣したのはあの、例の、何かとややこしい「神様」でいらっしゃいます。そういや、マリア様の前に「あなたは神様の子を宿したよ。おめでとう」と告げに来たのもガブリエルでした。ガブリエルさんはどうもややこしいお仕事を何度もされているようです。
ムハンマドのあまりに偉大な足跡に関していちゃもんをつけると冗談抜きでアルカイダから死刑宣告されてしまいますので、それについては割愛します。
イスラム教にとって最も重要な聖地は、ムハンマドが神の啓示をうけたメッカです。しかしムハンマドは一神教教徒なわけですから、「死ぬまでに偉大な神殿があったエルサレムで死にたいなあ」と当然といえば当然で、ややっこしくなることを願います。
そして、そのエルサレムの地で天に旅立ってしまったのです。エルサレムはイスラム教にとっても「教祖様が入滅された場所」となってしまったのです。

かくして、エルサレムの地はユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒が俺の場所だ、いいや俺の場所だと大変にややこしい場所となってしまいました。

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ...続きを読む


人気Q&Aランキング