はじめまして,教えていただきたい事があって書きこみさせて頂きます。プリンターの購入を考えているところなんですが全くの初心者で何が何やら全然分かりません。
 (1)どう言う方式があるの?
 (2)それぞれ長所、短所
 (3)ネットのオークションなどで手に入るお得、おすすめは?
 (4)気をつける点は?
 
以上なんですが困っているのでみなさんよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>全然お金がないんでやっぱりオークションに頼る事になると思うんですが、掃除してあるか、仕事などで激しい使い方をしてないかなどを質問してからだったらいけるんでしょうか?



オークションで安く買えそうなプリンタといえば僕のと同じような機種になると思います。2.3年前にバカ売れしたインクジェットプリンタです。当時¥35000ほどで買いましたが、これまでに修理代が¥20000ほどかかっています。マニュアルどうりに定期的に掃除もしていたし、家で趣味程度に使っていただけですが壊れました。みなさんがおっしゃるとおり、プリンタって思いのほか精密なようで、中古ってどうだろう、と思いますよ。もちろん、必ず壊れるというわけではないですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さん詳しい回答ありがとうございました。教えていただいた事を参考にして慎重に選びたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/22 05:40

先程、記載しましたが、ちょっと補足を、、、



中古のプリンタはだめだと言っているわけではありません。
要はどのように使用されてきたかということです。
特に長期間、掃除せずにインクやトナーカートリッジを
本体に入れっぱなしにしていたプリンターの場合、
目詰まりやムラが生じやすいので、本体は安く購入したけど、
消耗品を買い換えることになる場合があります。
その場合、新品を購入した方が結果的に安上がりになります。

一番の懸念はそういうことです。
言葉足らずで、申し訳ありませんでした。m(_._)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん丁寧な回答ありがとうございます。とても助かります。今回はじめて利用させてもらってさっき気がついたんですが,回答者に上げるポイントって全員に上げられるわけではなかったんですね。回答してもらったのにポイントを上げる人を選ぶのはどうかと思うんですがどうでしょうか?全員無しの方がいいのでしょうか?
あと僕全然お金がないんでやっぱりオークションに頼る事になると思うんですが、掃除してあるか、仕事などで激しい使い方をしてないかなどを質問してからだったらいけるんでしょうか?

お礼日時:2001/05/19 21:37

入力している間に、sesameさんとgarouzさんに回答されて


しまいました。ははは。

オークションの件ですが、私もお奨めはしません。
プリンターって、構造そのものは一見簡単ですが、
部品精度は非常にシビアな装置です。

中古を手に入れた場合、ややもすると
・消耗品が既に生産中止か手に入り難い
・汚れや機構の磨耗などにより、印字品位が落ちる
などが考えられます。

オークション=中古なんて言うと反論が来そうですが、
プリンターを設計していた立場から敢えて書きました。
    • good
    • 0

(1)と(2)をまとめて。



●インクジェット
最も一般的で、普及機のほとんどはこれ。本体も安いし、ランニングコストも安い。
欠点は、シャープさに欠け(といっても実用的には全く問題なし)、インクが水濡れに弱いこと。

●レーザー
早い話がコピー機のプリンタ版。インクジェットに比べ大型。値段も高い。
仕上がりはシャープで、とくにモノクロに強い。カラーはいまいち。
印刷速度がものすごく速いのも特長(コピー機なみ)

●ドットインパクト
動作音がうるさい。解像度も低い。しかしランニングコストは激安。
現在では、業務用の複写伝票の打ち出しなどで活躍中。個人用ではあまりないかも。

●昇華式
昇華型プリンタ  
インクフィルムを直接気化して紙に蒸着させるプリンタ。
専用紙じゃないと使えないのでランニングコストは高い。本体も高い。
しかも仕上がりは微妙にボケ気味。
しかし粒子が目立たないので、写真や自然画の印刷では絶大な効果を発揮する。
要するにそういう用途のプロ仕様なプリンタ。

●熱転写
インクリボンを熱で転写する、ワープロ専用機などでも使われていた昔ながらのプリンタ。
この技術を極限まで高めたマイクロドライ方式という高精細熱転写プリンタがアルプス社から出ている(ここ1社のみ)。
仕上がりがシャープでにじみボケがないのが特長だが、リボンが使い捨てなのでランニングコストは高い。

(3)特定用途での使用を考えていないなら、インクジェット以外は無視していいのではないかと思います。

(4)プリンタは可動部品が多いので消耗がはげしく、壊れやすい商品なので、できればオークションはおすすめしません。
    • good
    • 0

私は2種類しか経験していませんので,たいしたことは言えませんが,



1)インクジェット方式・マイクロドライ方式(昇華型)・ドットインパクト方式
 大きくはこんな感じでしょうか?

2)イ式はなんといってもプリント速度がはやいですね.インクのドット(点)も
最近のものは細かくなっており,粒状感もあまりありません.短所はしいて言えば
インクジェット専用の用紙でないと印刷できない(できてもきたない)ということ
でしょうか.
 マ式はいろいろな用紙に印刷できます.やりかたによっては粒状感も小さくでき
ます.
 ド式は,業務用のプリンタ(しかも過去のもの)がほとんどなので,省略します.

3)よくわかりませんので,ほかの方,お願いします.

4)イ式は経験から言いますと,放置しておいた場合の「目詰まり」です.私は
これで一台つぶしました.それと,若干「水」に弱いですね.
 マ式はコストパフォーマンスが悪いですね.それと「余白(印刷できない部
分)」が結構あります.インクリボンみたいなもので印刷しますので,微妙に
横線が入ります(よく見ないとわからないレベルですが).

頻繁に使うようなことでなければ,マイクロドライ方式をお勧めします(私的に).
いろいろなものに印刷できますし(アイロンプリントやOHPシート),見た目が
インクジェットのものと違いますので,ちょっと目立ちます.昇華型キットを
取り付けて昇華印刷すると写真品質でプリントすることもできますよ.コスト
パフォーマンスがさらに悪くなりますが….

インクジェットの説明はほかの方にお任せします.
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q免疫力の上げ方の話。

免疫力の上げ方の話。

免疫力の上げ方の話を質問しました。

すると、基礎体温を上げれば良いと回答を受けました。

しかし、良く考えて見ると女性に平熱が低体温の人とかいますが、特に表立って免疫力が弱いように見えません。喘息もアトピーも低体温症だからなるわけでもないようです。

免疫力の上げ方=基礎体温を上げれば良いっておかしくないですか?

Aベストアンサー

>免疫力の上げ方=基礎体温を上げれば良いっておかしくないですか?

 おかしいですよ、いや、デタラメといっていいです。しかし、その前に質問者様が別に仰ったことについて、多少懸念がありますので、そちらを先に。

>平熱が低体温の人とかいますが、特に表立って免疫力が弱いように見えません。

 これは、そういう個人がいるからといって、平均的・代表値的なこととは必ずしも一致しないという点で、適切な判断とはいえません。お示しのデタラメの言説も、平均的な話だとしていたり、逆に特定の個人の経験を元に言っていると思われます。

>喘息もアトピーも低体温症だからなるわけでもないようです。

 喘息やアトピーは免疫力の高低ではなく、免疫系の誤作動の問題になります。もし免疫力がゼロの人がいたとすると(※現実にはいませんが仮定として)、喘息やアトピーは起こりません(さらに、リウマチなども)。これらは、免疫系が間違って正常な組織を攻撃してしまうことにより起こります。ある意味、その免疫力が高いほど、症状は重症になるおそれがあります。

 些細なことにあれこれ申して、すみません。基礎体温説に戻ります。おそらくですが、それが根拠とするのは、

・風邪のときなどはウイルスに抵抗するために体温が上がる→体温が高いほうが免疫が働いているのだ!
・体温が上がると体にいい熱ショック性タンパク質が出る→体温高いほうがいいじゃん
・低体温は代謝が低い→免疫だって代謝でしょ、だから(略)

といったことかと思います(もっと列挙しようと思ったけど、馬鹿らしくなってやめた)。

 体温が高ければいいのなら、いつも風邪気味で微熱が出ていればいいでしょうか? もちろん、そんなことはありません。風邪は万病の元、は経験的に確かな事実ですし、風邪はウイルスですから抗生物質は効きませんが、医師の処方で他の感染症防止などで抗生物質が出されることがあります。

 低体温といっても、いろいろな要因、原因があります。持久系アスリートの中には、安静時に低体温になる人がいます。除脈もあったりします。毎日の長時間の有酸素運動のため、運動に身体が代謝的に最適化され、安静時に代謝が下がり過ぎてしまうのです。だからといって、風邪をひきやすいといったことはありません。免疫機能まで低下しているわけではないからです(免疫の働きは運動中かどうかに無関係なため)。

 一方、疾病による低体温があります。よく知られているのは甲状腺機能低下です。これは全身の代謝低下が起こります。免疫系も含めて低下することがあり、その場合は免疫力は下がります。

 基礎代謝(≒基礎体温)が下がるほど運動する人はまれで、疾病による基礎代謝低下は比較的よくあります。ですので、基礎体温が低い人全体でみれば、適度な体温の人全体と比べれば、免疫力が低めの人多く含まれ、それゆえ感染症にかかりやすいということはあるでしょう。もっと大枠で考えれば、疾病を持っていれば体が弱りやすく、余病を招きがち、というのは当たり前のこととして、誰でも知っています。

 体温が普通の人の1%(仮の数字)が感染症にかかり、低体温の人が2%だとしたら、発症率は低体温の人は2倍になります。しかし、100人中1人か2人かと考ええば、大した差ではないともいえます。なお、体温高め、つまり微熱の人はほとんどが風邪でしょうから、発症率ほぼ100%、おののくべき免疫力の低さ、ということになります(こう考えるのも馬鹿げた話ではありますが)。

 免疫力を上げるなら基礎体温を、というのは、ある意味、原因と結果を取り違えているのです。何らかの身体的問題を抱えている結果、基礎体温が問題となるほど低下(または異常な上昇)が起こるのであって、基礎体温が身体的問題を作り出しているのではありません。体温上昇するほど、常に体を温めても問題は解決しません(むしろ、普通は悪化する)。

 あるいは、相関関係でしかないものを、あたかも因果関係のようにすり替えている、という見方もできます。疫学調査などでは厳に戒められることです。免疫力について気にするなら、免疫系の働き具合をみればいいし、そこに具合の悪さがあれば、それの改善を考えればい。周辺を粗探ししても何も益しません。

 低体温なら、一度、医師の診察を受けてみましょう。適切なアドバイスがあるとすれば、それだけです。

P.S.

 似たような有害な言説に、7時間睡眠最適説があります。睡眠時間を7時間睡眠の人が最も長寿で健康度も高かった。だから、睡眠時間を無理にでも7時間にしなさい。そういう説です。睡眠時間以外の要素はどうなんだ、ということは敢えて措いておくとしても、7時間睡眠というのは結果です。健康だから7時間がちょうど良かったというに過ぎません。

 忙しすぎて睡眠時間を削っている人には酷い説です。もっと長く眠れ、と言う前に、睡眠時間を削らざるを得ない状況を何とかする方法を考え、提案するのが筋です。逆に体力的にきつい仕事とか、毎日激しいトレーニングをするアスリートは7時間では睡眠が足りません。8時間とか、もっと寝ないと体力が回復しません。そういう人に睡眠時間を無理に7時間にさせたら、体を壊します。

 さらに昔、牛乳発ガン物質説がありました。ガン患者数の上昇と、牛乳消費の上昇が一致したからで(これは事実)、だから牛乳を飲むとガンになる、と。ガンが増えたのは栄養事情の改善(と医療の普及、高度化)により、平均寿命が延びたからです。ガンが高齢で多いというのは、衆知の事実です。

 牛乳の消費が増えたのは、栄養事情の改善の一端として現れた数字であって、よいことだったわけです。もし、牛乳悪者説に忠実に従うなら「ガンが増えて困るから、平均寿命を短くしよう」ということになります。

>免疫力の上げ方=基礎体温を上げれば良いっておかしくないですか?

 おかしいですよ、いや、デタラメといっていいです。しかし、その前に質問者様が別に仰ったことについて、多少懸念がありますので、そちらを先に。

>平熱が低体温の人とかいますが、特に表立って免疫力が弱いように見えません。

 これは、そういう個人がいるからといって、平均的・代表値的なこととは必ずしも一致しないという点で、適切な判断とはいえません。お示しのデタラメの言説も、平均的な話だとしていたり、逆に特定の個人の経験を...続きを読む

Qインクジェット方式のプリンターと昇華型のプリンターの違い

近くに、キャノンのコンパクトフォトプリンターを買おうと思いますが、DS700はインクジェット方式インクはイエロー、マゼンタ、シアンの一体型インクでCP330は昇華型です。この2つのプリンターを比べてインクジェット方式と昇華型のプリンターは印刷したときにどちらの方がきれいに見えるのですか?

Aベストアンサー

両者では昇華型の方がきれいです。

解像度の表記は紛らわしいんですよ。
インクジェットプリンタはドットによって階調を表していますが
昇華型はピクセルによって階調表現をしています。
ドットは一つの点で色があるかないかの2階調しかもてませんが
ピクセルは一つの点で様々な階調を出すことが可能で
1ppiは16dpiに相当します。

昇華型のCP300は正確に言うと300×300ppiで
dpiに換算すると4800×4800dpi相当の解像度を持っていることになるんです。

昇華型が1粒で256階調出せるところをインクジェットでは16×16の粒が必要となるので
粒状感を出さないためにライトマゼンダなど中間色を採用して6色や7色使うことでその欠点を補っています。

6色以上のインクを採用している機種では昇華型との画質の差はあまり分からなくなってきていますが
4色機のインクジェットでは昇華型とは差ははっきりと分かると思います。
まして3色のDS700ではとても昇華型にはかなわないでしょう。

コストはインクジェットの方が安いと思いますがは
高いプロフォトペーパーでのプリントが前提になるでしょうし
インクも一体型でインクのコストもすごく安くはないような気もします。

両者では昇華型の方がきれいです。

解像度の表記は紛らわしいんですよ。
インクジェットプリンタはドットによって階調を表していますが
昇華型はピクセルによって階調表現をしています。
ドットは一つの点で色があるかないかの2階調しかもてませんが
ピクセルは一つの点で様々な階調を出すことが可能で
1ppiは16dpiに相当します。

昇華型のCP300は正確に言うと300×300ppiで
dpiに換算すると4800×4800dpi相当の解像度を持っていることになるんです。

昇華型...続きを読む

Q動きがない相場での利益の上げ方 どうのようにされてますか

上げも下げもしない
出来高もさほどない
動きがない相場での利益の上げ方
どのようにされてますか?

Aベストアンサー

株や先物では難しいですが、オプションでは可能です。
たとえば、ショートストラングル(権利行使価格の高いコールと低いプットを売る)やロングバタフライ(権利行使価格の高いオプションと低いオプションを買って、中間値のオプションを2単位売る)という手法で利益を上げることは可能です。
ただし、予想に反して上昇または下降した場合、ショートストラングルでは破産するくらい大損する可能性があります。ロングバタフライは、理論上損失は限定されます。
このロングバタフライという手法を先物・オプション口座を開かなくても買えるようにしたものが、ゴールドマン・サックスのニアピンeワラントです。ニアピンeワラントの値動きを決めるのは原資産の値動き(日経平均、または米ドル/円為替レート)だけではありませんので、利益を上げるには、株や先物とは異なった見方が必要です。
なお、相場が動かないときに利益をあげる方法の例として、オプションのショートストラングルとロングバタフライ、およびニアピンeワラントを挙げているだけで、お勧めしているわけではないので、ご了承ください。

参考URL:http://www.findai.com/kouza/4007opt.html,http://www.gs.com/japan/ewarrant/nearpin.html

株や先物では難しいですが、オプションでは可能です。
たとえば、ショートストラングル(権利行使価格の高いコールと低いプットを売る)やロングバタフライ(権利行使価格の高いオプションと低いオプションを買って、中間値のオプションを2単位売る)という手法で利益を上げることは可能です。
ただし、予想に反して上昇または下降した場合、ショートストラングルでは破産するくらい大損する可能性があります。ロングバタフライは、理論上損失は限定されます。
このロングバタフライという手法を先物・オプション...続きを読む

Qネットワークの共有化の長所、短所は?

状況

2階建ての一軒家

1階
ディスクトップPC
プリンター
ルーター
ともに有線でつながっています

2階
ノートブックのPC
ルータにより、無線ランでインターネットができます。

質問
2階にあるPCから無線で1階のプリンターを動かす方法で、ネットワークの共有化があると、この質問で教わったのですが、PCどうしを共有化するには、どう設定すればいいのでしょうか。

長所は2台のPCで1台のプリンターを共有できることがあげられますが、それ以外にどういう長所がありますか。

又それに反して共有化したことによって、どういうデメリットがあげられますか。

心配しているのは、共有化したことによって、外部からウィルスまたはハッカーが侵入しやすくなる。
またウィルスに感染した場合、2台全てがかんせんしてしまうなど、そんな心配をしています。

無知なもので、ぜひとも情報教えて下さい。

Aベストアンサー

少しイメージできないところがありますので、違っているところがあるかもしれません。

プリンターがデスクトップPCに接続されている状態で、共有でノートPCからプリンターを使用する場合は、デスクトップPCが機動している必要があります。
この場合は、使い勝手も悪いと思われます。
15000円程度かかるかもしれませんが、無線対応のプリンターサーバを導入してはどうでしょうか。
主にプリンターを使用する場所によって、プリンターの設置場所を変えられるメリットがあると思います。
デメリットとして、通信速度が落ちる場合があると思います。

ウィルス対策について。
ルータを使用のようですが、わたし自身もそのような環境ですがメールでウィルスメールが来ますし、メディア(CD・MO・FD等)でウィルスがきました。(対策ソフトのおかげで観戦しませんでした)
そのような経験から申し上げますと、
ウィルス感染時に、周りに対応してくれる方が身近にいればよいのですが、ウィルス駆除の繁雑等を考えると、ウィルス対策についてはそれなりの出費をしたほうがよいと思います。
二台のPCがあるようなので、初期投資(メーカによって呼び方が違いますが2ユーザズパックで一万円弱)がかかりますが、投資して損はないと思います。

少しイメージできないところがありますので、違っているところがあるかもしれません。

プリンターがデスクトップPCに接続されている状態で、共有でノートPCからプリンターを使用する場合は、デスクトップPCが機動している必要があります。
この場合は、使い勝手も悪いと思われます。
15000円程度かかるかもしれませんが、無線対応のプリンターサーバを導入してはどうでしょうか。
主にプリンターを使用する場所によって、プリンターの設置場所を変えられるメリットがあると思います。
デメリットとし...続きを読む

Qメイプルストーリー弓育成スキル:ブースターの上げ方

昨日のソウルアローのスキルの上げ方はわかったのですが、肝心のブースターのスキルの上げ方がわかりません・・・。
どのスキルの一定レベルが必要なんでしょうか??
レベも46になったというのにまだ矢所持でたたかっております;;
よろしかったらどなたか教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

めいぽ同盟みるといいねー。

ここに育成法のってるよー。

めいぽ同盟:http://yui.s55.xrea.com/

プログレス5→ブースター5→ソウルアロー

でようやくソウルアローが使えるようになるよ。

大変だけど、がんばれー!!!!!

参考URL:http://yui.s55.xrea.com/

Qタンデム方式とトナージェット方式

LBPでの印刷方式だと思うのですが、タンデム方式(1パス方式とも言う事があるようです)とか
トナージェット方式とか聞いたことがあるのですが、各違いについてご存知の方いらっしゃいませんか?。

Aベストアンサー

通常カラー画像を作像する場合転写ベルトといわれるベルト上に一旦YMCKすべての色を載せてから紙に転写させるのですが、この時ベルト及びドラムは4回転します。
従ってカラー画像をプリント時にはモノクロ出力の1/4のスピードしか出ません。
対してタンデム方式はドラムを4本用いて一度の工程でYMCK4色の現像及び紙への転写を一度に行う方式です。
メーカーによって細かい仕様は異なりますが大まかには上記のように認識されてもいいかと思います。
また、トナージェット方式ですが、私はカラープリンタで採用されている機種を知らないのですが、以下のページにトナージェットに関することが載っていました。

参考URL:http://www.wedg.co.jp/nf_gijyutsu-den.html

Q勉強のモチベーションの上げ方を教えてください

勉強のモチベーションの上げ方を教えてください

Aベストアンサー

基本は競争です。

他者に負けるのが嫌だ、耐えられない、という意識が
モチベーションになるのです。

Qインクジェット方式、昇華型熱転写方式

現在、プリンターはエプソンのPM-830Cを使用しています。
デジタルカメラで撮った写真を手元で現像したく、キャノンのSELPHY DS810(インクジェット方式)とCP710(昇華型熱転写方式)を検討しています。

インクジェット方式と昇華型熱転写方式とはどのようなものですか?
また、これらの利点と欠点はなんでしょうか?

その他、おすすめのプリンターがありましたら教えてください。
基本的な質問ですみません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

出力センターに勤務してます。
以前は弊社も昇華型プリンタA3サイズを使用してサービスを行ってましたが、現在はインクジェトのみです。10年前はインクジェットは使い物になりませんでしたが現在はインクジェットプリンターのdpiも相当高くなりそうとも言えません。基本的に昇華型はCMYKのインクリボンを使用します。それに対してインクジェットは6色インク等の色の薄いインクまで使用して淡い色まで再現してくれます。虫眼鏡で作品を見れば昇華型の方がきれいですが最近のインクジェットプリンターでも肉眼では点々がみえませんよねー?
また、昇華型はほこりや指紋に弱いので紙の保管等は相当気を使ってました。後、べた面が広いとヘッドの経年劣化で結構ムラが出て来てました。
また、個人で使用する場合にはランニングコストもご検討されたほうが良いと思います。昇華型はどんなに小さい画像でもインクリボンワンセット(CMYK)無くなります。たとえば赤1色の画像でも使用しないCやKも無くなります。また熱に弱いですからパウチラミネート加工等熱を加える加工ができません。耐光性インクのであればインクジェットがお勧めです。絶対写真サイズしかプリントしないのであれば写真専用のプリンターも場所をとらないので良いかもしれませんが、A4サイズ等も使用する可能性があれば普通のインクジェットプリンターをお勧めします。

出力センターに勤務してます。
以前は弊社も昇華型プリンタA3サイズを使用してサービスを行ってましたが、現在はインクジェトのみです。10年前はインクジェットは使い物になりませんでしたが現在はインクジェットプリンターのdpiも相当高くなりそうとも言えません。基本的に昇華型はCMYKのインクリボンを使用します。それに対してインクジェットは6色インク等の色の薄いインクまで使用して淡い色まで再現してくれます。虫眼鏡で作品を見れば昇華型の方がきれいですが最近のインクジェットプリンターでも肉眼では...続きを読む

Q皆さんの勉強のモチベーションの上げ方は?

皆さんの勉強のモチベーションの上げ方は?

Aベストアンサー

ゲーム感覚で勉強をする、です。
そして、その後に何か楽しみを作っておく。
勉強が終わったら、出来るぞ!と、わくわくします。

Q1ドラム方式とタンデム方式のインクの減り

http://www.color-lp.com/principle/

タンデム方式は、CMYK各色ごとに独立した印刷ユニットを持つ方式。4色分の印刷をほぼ同時に行えるため、4サイクル方式に比べて高速の印字が可能となり、モノクロもカラーも同じ速度で印刷することができる。この方式の課題は、用紙の違う個所で色が重なるため、色ズレや色ムラが発生しやすいこと。

1ドラム方式は、CMYKの4色が一体となった印刷ユニットを利用し、各色の印刷ユニットを回転させてカラー印刷を行う方式。1ドラム方式のカラー印刷は、回転の作業を伴うため、モノクロ印刷との大きな速度差が生じる。従って、モノクロ印刷速度はとても速いが、それに比べてカラー印刷は遅い。1回に1色、計4回の印刷工程を繰り返すので、カラー印刷はモノクロ印刷の約4倍の時間がかかる。色ズレや色ムラが発生しにくく、高画質が得られやすい。

1.どの程度の色ズレや色ムラが発生するのですか?
2.両方式のインクの減りはどちらが激しいですか?

Aベストアンサー

会社で両方の方式のプリンターを使っています。

1.ほとんど問題ないです。同じ画像を印刷しても違いは分かりにくいです。まあ、印字品質から言えばインクジェットにはかないませんので、画質を気にするならインクジェットの方が良いです。
また、タンデムと1ドラムでも、高いタンデムと安い1ドラムを比べたら高いタンデムの方が高画質です(笑)

2.印刷方式が一緒ですからほとんど変わりません。というか、論理的にって、ドラムの形式での消費量の差は無いはずです。プリンター自体の設計の差で違いますから何とも言えませんよ。ちなみにレーザープリンターは印刷自体はカラーコピーと同じ原理で発色はインクではなくトナー(粉)ですが。

参考までに。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報