新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

主屋に建て増しした勉強部屋ですが下から湿気があがり畳にカビが出たり根田がギーギー言います
床下換気扇とか言いますが、いっそコンクリートしてしまえば湿気は上がらなくなりますか?
8畳押入れ付き平屋安物木造です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

床を剥がして、土の部分を均して、土に直接防湿シートを敷いて土間コンを50mm流してシートを押さえて下さい。

これで湿気は止まるでしょう。
土間コンを押さえた後は二日ぐらい乾かして(出来れば一週間くらいコンクリから湿気を抜いて下さい)
床下換気口さえあれば、換気扇などはあえて必要ありません。

床板をはがした際は、大引、根太、土台などの腐朽の状態を専門家に見てもらい、必要なら交換して下さい。放っておくと床が腐り、抜けます。
    • good
    • 6

コンクリートは有効ですが、工事が大変なので、防湿シートを敷きつめられたらどうでしょうか?ご自分でも出来ますよ。

    • good
    • 5

専門家紹介

山田哲雄

職業:住宅アドバイザー

一人で工務店を営み、25年になります。
現在はリフォームを中心に活動しています。

良心的価格と誠実さがモットーです。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

0790-63-0860

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

床下をコンクリートにしても、畳の下にカビは生えます。


根太がギーギー音がするのは根太が乾燥して、細くなり大引きとの閒に隙間が生じるからです。
(別の原因の場合もあります)
心配なら、床下換気扇がよいです、
1日8時間ぐらい稼働です。電気代は気にする必要はありません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

参考になりました
ありがとうございました
床下換気扇考えてみます

お礼日時:2012/12/07 11:36

どの地域にお住まいなのか?にもよりますが、


床下の全面に「コンクリート」を打つのならば
一度床全体を剥がす必要性があります。
(こうしないと人が入れません!)

「湿気」が、酷い状況の様ですから”防湿シート”を
”二重貼り(縦・横方向に直交に敷込みます)”にした上から
「土間のコンクリート」を施工してください。

ここまで(根太が傷むほど)湿気が多いのならば
「床下換気扇」が必要かも知れません。

価格で言えば、こんな感じです。
「土間のコンクリート」が4,000~5,000円/m2当たり
「床下換気の本体価格(購入金額)」が7.0~8.0万/セットで

床自体の補修費用は、現場の状況によって異なります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

具体的にありがとうございます。
京都府南部で高台、昔は茶畑だったと思います。
特に湿地帯ではありません。
築20年以上なので当然かも知れません。
>ここまで(根太が傷むほど)湿気が多いのならば
そんなにすごくないと思いますが、確認してないのですが床がところどころヘコむので根田というのか畳の下の板も一部腐っているかもしれないのです。

一度畳を上げてみたらカビが生えていました。
床下が土との距離が50cm程度なので湿気が上がってくるのだと思います。
家具をどかして畳を全て上げて悪いところだけやり直したらいいでしょうか?
離れの一軒家なので掃出窓側の畳を上げれば生コンは流し込めそうですがそれではダメそうですね。
床下換気扇って 常時運転とかなんか怖い気がします

回答本当に参考になりました ありがとうございます

お礼日時:2012/12/06 13:19

コンクリートはそれ自体水を吸うので、じめじめしたところだとなかなか湿気は取れないかもしれません。


(表面のが乾いても、地面にせっしているところから吸い上げ、また湿気をおびるんじゃないかと)

ビフォーアフターでも防水シートを敷いてからコンクリートでベタ基礎作っています。
ただコンクリートを流し込んだだけでは駄目じゃないかと思いますよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

一昔前は基礎にコンクリートしませんでしたよね。
普通に土の上に床を組んでいましたよね
今はコンクリートしているのを見かけるので最近の工法は湿気対策なのかなと思いました
ありがとうございました

お礼日時:2012/12/06 13:07

そこまで湿気が凄いってことは、近くに水路か田畑でもあるんでしょうか?


ないなら床下の配管が水漏れしてる可能性もあります。
床や壁紙にカビが生えると面倒だし、衛生や健康面で不安ですんで早急に対応した方がいいと思います。

蜘蛛ムカデカマドウマ白蟻などの温床になっていると思います。

コンクリにして床下側からスタイロフォームをつけるといいかもです。
自分でも施工できます。
床下換気扇も効果ありますよ。
北の点検口を閉じて、西から排気するようにつけます。
動力はソーラーなので、晴れの日の渇いた空気だけを取り込みます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>そこまで湿気が凄いってことは
異常に湿気がすごいと言うのではなく、普通に湿気があるということです。
因みに隣接する主屋は床が高いので地面は土ですが湿気はありません。

多分主屋との取り合いで床を低くしたので畳を上げるとカビがあるのでしょう。
床もところどころ凹むのでやられてるのかな? と 思います。

業者に依頼するときの参考にさせて頂きます
ありがとうございました

お礼日時:2012/12/06 13:05

防湿シートを敷きこんだ上に土間コンクリート打てば湿気はあがらなくなりますよ。



土間コンよりも、防湿シートの施工精度が鍵です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

防湿シートですか 判りました。
昔は床に下は土でしたよね 今は防湿シートですか

回答ありがとうございました

お礼日時:2012/12/06 13:00

テレビのビフォーアフターでそういう物件がありました。


あれに出てくる匠(たくみ)は大体が一級建築士だと思います。
物件はべた基礎ではなかったです。水溜りが出来るようなジトジトした地質でした。
匠は水の流れ道を作り、コンクリートのベタ基礎をする前に、その下に防水?防湿?のシートをひいてました。
こんな方法もあるのだなぁーと思いました。
又、寒冷地で底冷えのする別の物件では、匠はベタ基礎のしたに断熱材をひいていました。
色々な工夫の仕方があるものだなぁと関心しました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

京都南部の高台で特にものすごい湿気というのではありません。
防湿シートですか 参考になりました

お礼日時:2012/12/06 12:59

コンクリートは蓄熱しますから、 貴方の床下が 夏いつも以上に暖かく 冬凍りつくほどいつまでも涼しい 


部屋になるだけです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

お礼日時:2012/12/06 12:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qできるだけ安く、かつ効果的な床下の湿気対策を教えて下さい!

ゆるい傾斜地に家が建っているためか、床下の湿気に悩まされています。
ちょっとでも油断すると、押入れでも畳でもカビが繁殖してしまい、大変困っています。
できるだけ安く、かつ効果的な床下の除湿方法を教えて頂けませんでしょうか。ホームセンターや家電量販店が近くにあるので、できれば自分でできる方法だと助かります。
自分で考えついたのは、何かを敷くこと(ゼオライト?という物が良いと、知り合いからは聞きました)、安価な換気扇(扇風機でも代用できるでしょうか?)で湿気を追い出すこと、市販の適当な扇風機を一台・または複数台置き、床下の空気をかき回すこと…などです。いかがでしょうか…?
ちなみに、自宅は木造(プレハブ方式ではなく、大工が作りました)、壁は土壁、建築年は昭和42年か43年です。

どうか知恵をお貸し下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ゼオライトは、多孔質での「石」で、木炭同様、湿気を吸着します。
昔は、袋で持ちこんで、袋を切り開いてそのままシャベルで広げていました。
これは、重い(石だから)ので手間がかかります。

さいきんは、袋入りの木炭や、発泡黒曜石など、軽い材料のものが出ています。ホームセンターで買えば、軽トラックを貸してくれるので、必要枚数もって帰って、子供に小遣いやって、床下で「バケツリレー」すれば安くつきます。

下に敷くシートもいっしょに買えます。(農業用のシートで十分でしょう)

家の外から空気を入れるためには、そこそこのパワーのあるファンが必要になります。扇風機は風をふきつけることはできますが、淀んだ空気を排気する力は期待できないでしょう。
換気扇も、台所にあるようなやつは、口径が大きくないと床下通気口にあわない。

(参考URLのBBSで関係者のアドバイス聞けます。)


なお、#5で紹介されてる業者、業界では胡散臭がられていますよ。
ソーラーファンを40万円とか、ぼったくりだと思うな。
施工会社のくせにHPで価格を書いていないのが大体…。

参考URL:http://www.geocities.jp/hitogots/

ゼオライトは、多孔質での「石」で、木炭同様、湿気を吸着します。
昔は、袋で持ちこんで、袋を切り開いてそのままシャベルで広げていました。
これは、重い(石だから)ので手間がかかります。

さいきんは、袋入りの木炭や、発泡黒曜石など、軽い材料のものが出ています。ホームセンターで買えば、軽トラックを貸してくれるので、必要枚数もって帰って、子供に小遣いやって、床下で「バケツリレー」すれば安くつきます。

下に敷くシートもいっしょに買えます。(農業用のシートで十分でしょう)

家の...続きを読む

Q床下の防湿コンクリート施工の相場を教えてください。

 私の家は、湿気の多い低い土地で、床下はすぐ土です。先日こちらでご相談して、防湿シートを敷いた上に防湿コンクリートを打つ事と致しました。さっそく業者に見積もりして貰ったところ、一坪あたり10万円という事でした。
 そこで質問ですが、こういった施工の相場はわかりづらいので、もしご存知の方がいらっしゃいましたら、参考までにお教え頂けないでしょうか?(なお、ミキサー車が入れない場所の為、手で捏ねるぶん割高という事でした。)

Aベストアンサー

 尋常ではない工事になりそうですね。工事も大変でしょうが、家具の移設等もありそうですね。
 さて、一般的なミキサー車を使用するコンクリート打設費は、打設費が2万円弱(材工共)で諸経費を入れると3万円/m3程度になります。これを土間コン厚10cmとした場合は、1万円/坪となります。
 これで考えれば10倍ほどの単価になっているようですね。見積が妥当なのかは解りませんが、現場で手練ということなので品質に問題を及ぼす可能性があります。ご存知のとおり通常生コンはプラントにて品質を確保された状態で出荷されますので、安定した強度を保つことが出来るわけです。
 ご質問の件ですが、コンクリート打設ではなく、周囲に堀や暗渠等を敷設することはできませんか?これができれば、湿気はかなり解消できると思いますが。施工も道具はスコップ、材料は有孔塩ビ管などの安価な材料で済みます。

Qコンクリート下地の床の湿気対策

築28年ほどの鉄筋コンクリートの家なのですが、1階の床面の湿気に悩んでいます。ひどい時には、履いたばかりの靴下が濡れて気持ち悪いくらいです。
現状は絨毯と部分的にコルクタイルを張っているのですが、湿気の為かめくれかけているので、フローリング(できれば床暖房)にリフォームしたいと考えています。

建設屋さんに設計図も見せて相談すると、「敷地が斜面だから雨水の影響を受けやすい上に、直接土の上にコンクリートを打ってその上に直接仕上げをしている(多分防湿シート等も入っていない)から土からの湿気が上がってきているのだろう。ゆえにいったん床をを撤去し、土を掘り下げてコンクリートを打ち、床下に空間を作ってやれば湿気も収まり、フローリングも長持ちするでしょう。」と言った趣旨の答えが返ってきました。

まだ見積り中なので分かりませんが、かなり大掛かりなリフォームになりそうなのですが、もっと簡単な(費用を抑えた)方法はないでしょうか?

ちなみに費用を抑えるなら、防水剤を塗って接着剤でフローリングを貼ると言う手段もあるが、防湿効果を保証できないし、すぐにはがれるおそれがあると言われました。

建設屋さんの言うとおりなのでしょうか?
どなたかいいアドバイスはないでしょうか?

よろしくお願いします。

築28年ほどの鉄筋コンクリートの家なのですが、1階の床面の湿気に悩んでいます。ひどい時には、履いたばかりの靴下が濡れて気持ち悪いくらいです。
現状は絨毯と部分的にコルクタイルを張っているのですが、湿気の為かめくれかけているので、フローリング(できれば床暖房)にリフォームしたいと考えています。

建設屋さんに設計図も見せて相談すると、「敷地が斜面だから雨水の影響を受けやすい上に、直接土の上にコンクリートを打ってその上に直接仕上げをしている(多分防湿シート等も入っていない)か...続きを読む

Aベストアンサー

再びお答えしますが床下に空間を作るのは古い固定概念の考えで、空気層を作ってはいけません。作る場合は少なくとも50センチ以上は上げて換気口を取らなくてはいけませんが、床下に冷たい空気が入れば床は冷たいですし、又結露の可能性が出ます。
私は既に30年以上も前から設計する建物の床は土の上に砕石を敷き断熱材と防水シートを敷いてコンクリートを打ち、その上に直に板を張ったり畳を敷いたり、カーペットを敷いたりの工法でやっていますが、一軒もクレームもありませんし、床の張りかえでめくった場合もコンクリートの表面はカラッとして綺麗ものです。
しかも冬でも裸足で歩いてもそれほど冷たくありません。
床と外部の差は高くて30センチ、低いと10センチで設計しますが水さえ入らなければ問題ありません。
この工法にすることにより玄関などのスロープが短くてすむ、テラス等へ出入りがしやすいなど高齢者にも子供にも優しい設計になります。
更に木で床組みをしないので床鳴りはない、ピアノなど重い物を何処に置いても平気、木が無いので腐ったりシロアリの心配も似なく、更に工費も安上がりです。

工事人さんにスタイロフォーム厚30とビニールシート厚0.15だけで空間無しで仕上げるように言ってください。

再びお答えしますが床下に空間を作るのは古い固定概念の考えで、空気層を作ってはいけません。作る場合は少なくとも50センチ以上は上げて換気口を取らなくてはいけませんが、床下に冷たい空気が入れば床は冷たいですし、又結露の可能性が出ます。
私は既に30年以上も前から設計する建物の床は土の上に砕石を敷き断熱材と防水シートを敷いてコンクリートを打ち、その上に直に板を張ったり畳を敷いたり、カーペットを敷いたりの工法でやっていますが、一軒もクレームもありませんし、床の張りかえでめくった場...続きを読む

Qベタ基礎だけど防水シートなし コンクリートは湿気を吸って強度を増す?

家を新築しようと思って色々な建設会社から話を聞いています。
建築には全くの素人です。
大半の建設会社でベタ基礎を勧められます。
素人感覚なのですが、
ベタ基礎だと、
地面からの湿気が蒸発されず、水が溜まって、長い年月経つと、
住宅に影響が出ないか心配です。
建設会社の回答では、
●防水シートで湿気は遮断
●基礎パッキンで通風可能  とも言われますが、
何十年後、防水シートが破れたりして
基礎の下は水溜りになりはしないのか…
と考えてしまいます。

ある建設会社では、ベタ基礎で防水シートはなしといわれました。
(通風孔は数箇所あり)
そこでは、
●湿気があがって、その水分をコンクリートが吸収して
  コンクリートが強くなる
と言われました。

これを聞いてびっくりしました。
本当なんでしょうか?
何かコンクリートについて参考になる
情報があれば教えていただきたいです。

Aベストアンサー

コンクリートの強度のことですが、圧縮強度というのが決まっていて、その強度が出るまで乾燥させるのは好ましくありません。

コンクリートの圧縮強度を確認する試験をするためにテストピースというのをつくるのですが、水中養生といって水のなかで保管するのもあります。
外壁をモルタル仕上げをしたあとむしろを水で湿らせて乾燥させないようにしたり、コンクリートを乾燥させないように散水したりするところもあります。

防水シートについては、地面の上にじかにコンクリートを打ってそこを床とする場合、湿気をあげたくないときに敷きます。(アパートの一階床など)よって一般住宅の場合基礎の立ち上がりがあるので必要ないかもしれませんね。
(調湿のため?炭なんかを敷きこんでいる方もいるようですが) 
 
換気口は、建築基準法で決められています。

水が溜まるかもってことですが、雨が降って水はけが悪いですか?もし悪ければその対策(盛土をするとか)はしなければならないと思いますが、そうでなければ大丈夫だと思います。

Q床下換気扇の効果は?

床下がカビ臭いので床下換気扇を取付けようかと考えています。

取り付け自体は、知人が電気屋をやっておりますので、
機械はこちらで購入して取り付けだけ頼もうかと考えていますが、
効果の程は分からないとのことです。

そこで、取り付けされた経験がある方に、
効果を教えて頂きたいのです。

私は、今までは他人事だったので、
高い床下換気扇を取り付けさせられたなと思うくらいの人間でしたが、
建物も古くなってくると、対策をせざるを得ません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.3です。
先ほどはモバイルから要点のみの書き込みなので、補足内容を付け加えさせていただきます。

床下換気扇は悪徳リフォームの専売特許のような印象の商品ですが、実際はこれほど有用な製品はないと云えるほどに優れたものです。
とにかく、付けてみたら必ず効果が得られる製品です。
特に、床下が湿気てる建物に取り付けたら、間違いなく湿度は下がります。
それも南側の乾いた空気を北側に抜かすことで、確実に湿度は下がります。

製品には二つの種類があり、床下で空気を攪拌するものと南側の空気を北側に抜くものと二つのタイプがあります。
前者は空気を動かすもので流れを作るものではなく、後者は空気の流れを作って湿度を下げます。
この時期、室内にいる時に扇風機を動かすだけで、体感の湿度が変わるのはご存知と思います。
床下も同様の理屈で、空気を動かすだけで湿度は下がります。
今回の製品はそれを応用したもので、効果は必ず得られます。
ただ、床下にある基礎によっては結果が変わることを念頭に置かれますように。。。。

Q床下乾燥剤はどういうものがいいのでしょうか?

築後27年の和風中古住宅です。床下が周囲の地面よりやや低いようで、しかも以前は田んぼだったらしく、湿気が多くて困っています。おまけに、外に通じる換気口の大きさも小さく、風通しも悪いようです。長い間締め切っているとかび臭くなります。
5年前にシロアリ駆除した時は、(5年間借家だったものを最近購入しました)湿度が高く、通気性が悪いのが原因のようで、臭いが半年間以上も消えなくて引っ越しすら考えました。(そんな家をなぜ購入したかと聞かれるかと思いますが、滅多にない和風の良い材料を使った住宅です・・・)
で、現在は床下に、段ボールに木炭をたくさん入れたものを、各間の床下に置いています。でも、これでは焼け石に水のような気がして、本格的な床下乾燥剤を蒔こうかと思います。やはり木炭の粉末、あるいは砂、石灰などを考えましたが、もっと本格的なものも売られていると思いますが、家屋が広いのであまり高価なものだと大変です。何かいい乾燥材料はないでしょうか?どんなものが一番良いとされているのでしょうか?
ご教授願えませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

■1つの点だけを行わないと他の方法では何の解決にもなりません。

1)家周囲の地面を家を囲むように幅1m程度に床下の高さまで掘り下げ、ドライエリアを作ります。布基礎の場合はもちろん、ベタ基礎でもコンクリートは湿気を通しますのでこの作業を行わないと、換気扇を付けても実際にはほとんど効果がありません。地面から出てくる湿気の量が膨大だからです。逆にこのようなドライエリアを設けることで、防湿効果は格段に上がります。これが大切です。

2)補助的な方法として換気を行う。この方法は下の方々にあるように換気扇を付ければ強制換気となり効率はよいものです。

おっしゃるような立地では調湿剤や乾燥剤は全く意味がありません。お金の無駄ですので施工してはいけません。

■繰り返し申しますが「周囲の地面より床下が低い」というのが決定的なのです。家の周囲を下げて、それで水が出てくるようなら、排水経路を設けて排水します。地面高を下げるのは家の周囲だけでよいです。湿気の元を絶たなければ、少なくとも下の方々だけの方法(換気・調湿剤・ビニールシート)では効果がありません。お金の無駄です。

■まず、床下が地面よりどのくらい下がっているのかを確認し、DIYでよいですのでその高さの家の周りの土をどかします。その更に周りが高くなっていてもそれは構いません。これができない状態では解決は望み薄です。床下全体を防湿・防水とすることは今からでは不可能ですし、きちんと施工することはまず無理だからです。

■1つの点だけを行わないと他の方法では何の解決にもなりません。

1)家周囲の地面を家を囲むように幅1m程度に床下の高さまで掘り下げ、ドライエリアを作ります。布基礎の場合はもちろん、ベタ基礎でもコンクリートは湿気を通しますのでこの作業を行わないと、換気扇を付けても実際にはほとんど効果がありません。地面から出てくる湿気の量が膨大だからです。逆にこのようなドライエリアを設けることで、防湿効果は格段に上がります。これが大切です。

2)補助的な方法として換気を行う。この方法は下の...続きを読む

Q床下換気扇と防湿シート、どちらがおすすめ?

こんにちは。素人質問で恐縮ですが、アドバイスいただければ幸いです。

キッチンや押入れなどにチャタテムシが大量発生したため、大工さんに見てもらいました。床下収納庫をはずして床下も見てもらい、自分も見たのですが、そのとき大工さんに言われた事は、布基礎の換気口付近の土は乾いて白いが、キッチンの床下の土は、しっとりしていてこげ茶に近く、床下に湿気が溜まっているね、と言う事でした。

確かに、フローリングや窓枠、壁などにカビが大量発生しているので、カビを餌にしているチャタテムシが大量発生するのも納得です。

大工さんには湿気対策として、床下換気扇をすすめられました。それで、ここのサイトで床下の湿気対策について色々と検索してみたところ、防湿シートという手もあるみたいですよね。手ごろな価格で、効果のある湿気対策としては、床下換気扇と防湿シート、どちらが良いのでしょうか?

ちなみに、家は平屋78平米の木造軸組工法、築20年です。床下の高さは、大工さんに見てもらったところ、高いので大丈夫、と言う事でした。基礎は布基礎です。換気口は外から見える部分には10箇所ありますが、今手元に基礎図面がないので、家の内部の基礎の状態がどうなっているのかは不明です。基礎の内側の土は、大き目の砂利と土が敷き詰められているようです。近くに池や川はありません。家を建てる前は、大きめの砂利が敷き詰められた、道路より40センチくらい高い駐車場でした。

以上ですが、説明が足りないようでしたら補足いたしますので、ご助言いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

こんにちは。素人質問で恐縮ですが、アドバイスいただければ幸いです。

キッチンや押入れなどにチャタテムシが大量発生したため、大工さんに見てもらいました。床下収納庫をはずして床下も見てもらい、自分も見たのですが、そのとき大工さんに言われた事は、布基礎の換気口付近の土は乾いて白いが、キッチンの床下の土は、しっとりしていてこげ茶に近く、床下に湿気が溜まっているね、と言う事でした。

確かに、フローリングや窓枠、壁などにカビが大量発生しているので、カビを餌にしているチャタテムシが...続きを読む

Aベストアンサー

最も手軽で効果的と思われるのは【床下乾燥機】です。

松下電器製で、外気の湿度が、70%を超えると自動運転をして通風孔
から乾燥した空気を送り込みます。

取り付けは工事というほどのものでなく、価格も11万円位で換気扇より
安くつくと思います。大きさもそれほど大きくありません。

参考URL:http://ctlg.national.jp/product/infor.do?pg=04&hb=DS-K3

Q床下換気扇の値段について

床下が土の為床下換気扇を湿気対策に付けようと思っています。一応業者には頼んであるのですが、ホームセンターで,4万円ぐらいからあったのでびっくりしてしまいました。機能に差がだいぶあるのでしょうか。何十万もするものもあるのに…幾らくらいが妥当なのでしょう…

Aベストアンサー

機能については、「太陽電池」のやつは、はっきりいって、パワー不足です。
(太陽が照っている間だけまわる、という発想は面白いけれど)
あの程度の換気で十分だ、という家であれば、無理に換気しなくても大丈夫だと思います。(なくても問題ないような家に売りこむために作っているんじゃないか?と思います)

パワーは「シロッコファン」(円筒形の回転しているやつ。地下鉄のエアコンの吹出し口にある)方式ですね。細長い換気口を効果的に使えるから。(プロペラのやつは、限られた口径の中心をモーターがふさいでいるので、パワーとしては落ちる)

床下に潜って、動き回った時に、作業着が「土」でなくて「泥」で汚れるぐらいの家でなければ、わざわざ買う必要はないと思います。(ウチの実家は、まさに「泥」でしたからつけました。)

「配線」の必要な電気製品は、素人がやっちゃいけないので、業者に頼む方がおすすめですが・・・。「炭」ぐらいなら、「袋いり」をホームセンターで買ってきて(大きいものなら軽トラ貸してくれるし)、休みの日に家族総出で(業者は1人がいちいち袋を持って移動するけど、家族で「リレー」すればもっと早い)

ステンレス製のシロッコファン3台つけて、工事費込み14万ぐらい(生協でも、「通販生活」でもそのあたりでしたから、「相場」じゃないですかね。メーカーは同じで)。
「1台4万」を3台つけて、本体だけで12万するなら、業者に14万でやってもらいますね。「5年保証書」がついていれば、故障しても、もぐって直してもらえるけど、自分でつけたやつが故障したら、自分ではずして修理を依頼しなくちゃいけないでしょ。

参考URL:http://www.geocities.jp/hitogots/sikke.html

機能については、「太陽電池」のやつは、はっきりいって、パワー不足です。
(太陽が照っている間だけまわる、という発想は面白いけれど)
あの程度の換気で十分だ、という家であれば、無理に換気しなくても大丈夫だと思います。(なくても問題ないような家に売りこむために作っているんじゃないか?と思います)

パワーは「シロッコファン」(円筒形の回転しているやつ。地下鉄のエアコンの吹出し口にある)方式ですね。細長い換気口を効果的に使えるから。(プロペラのやつは、限られた口径の中心をモーター...続きを読む

Q床下の防湿シートについて教えてください。

布基礎で建築中です。床は床下収納2ヶ所以外は貼ってあります。
その2ヶ所から床下を見たら、防湿シートが「貼り付けてある」
のではなく、ただ「置いてある」状態なのですが・・・。
四隅を見ると基礎コンクリートに沿って、5cm程度土が
完全に出ています。
現場監督は、問題ありませんと言っていますが・・・。
防湿シートは隅々とか重ね合わす部分に、
ピン、テープ等でしっかりとめないのでしょうか?
床下収納部分からみた2ヶ所がこの状態なので、
床下全部ではないかと不安です。
もし手抜きであれば、床を貼ってあっても
やり直しさせることができるのでしょうか?
HMはミ○○ホームです。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず確認して頂きたいのが設計図書と相違が無いか。

矩計図、又は断面詳細図と言う詳細な断面図を見て下さい。
防湿コンクリート打ち(「土間コン」表記かもしれません)、か、砂敷き(「盛土」表記かもしれません)のどちらかは書いてあるはずです。
(仮に設計図書に「防湿シート表し」とあれば、ミスではなくなりますがミ○○ホームですよね、無いでしょう。)

まずどちらかのはず、その上で「見積り書」とも相違が無いか確認する。
施工ミスですから一応根拠を軽くであれ頭に入れた上で、少なくとも先の方の様な砂敷き等代替案を考えてもらう。
上手く話が進まなければ上司に連絡して下さい。

まず「設計図書通りにして欲しい」と言うだけ言う、HMもかなり負い目を感じるでしょう、善処せざるを得なくなるでしょう。

設計図書が砂敷きでしたら、シート4隅補修の上やり直せるでしょう。
コンクリートの場合・・・・工期絡め相談して下さい。・・・・

・・・ちなみに布基礎の場合、仮に設計図書上床下がコンクリートであっても構造上の理由での選択では無くあくまでも防湿を徹底させる上での選択です、ベタ基礎(構造体として一体になった基礎)とは違いますのでほんのちょっとであれ安心されてください。
・・・そんな言い方では無責任ですね。

ところで束(床下地材、根太や大引きと言いますが、を支える木、鉄、プラスチック等の棒)はシートにどう言う状況で載っているのでしょう。
直に置いてるのでしょうか、破れる可能性高いですねえ、ここも不安な所です。

ちょっと歯切れ悪く恐縮ですが、相違点を明確にした上で例えばコンクリート打ちをどうしてもやれないなら妥協するにせよ相当の補償を要求して下さい。
相応以上の値引きや防蟻補償の徹底等。

若輩です、訂正補足等、他の方に委ねます。

まず確認して頂きたいのが設計図書と相違が無いか。

矩計図、又は断面詳細図と言う詳細な断面図を見て下さい。
防湿コンクリート打ち(「土間コン」表記かもしれません)、か、砂敷き(「盛土」表記かもしれません)のどちらかは書いてあるはずです。
(仮に設計図書に「防湿シート表し」とあれば、ミスではなくなりますがミ○○ホームですよね、無いでしょう。)

まずどちらかのはず、その上で「見積り書」とも相違が無いか確認する。
施工ミスですから一応根拠を軽くであれ頭に入れた上で、少なくとも先...続きを読む

Q家の基礎にある通気口や床下換気口を塞ぐことの幣害

家の基礎部分に通気口がありますが、本来これは床下内の換気口とされていると思います。

特に夏場の湿気などを逃がす役割をもっていると思いますが、冬場は何かの役割があるのでしょうか。

想像するにこの通気によって、床面下から冷気が入り込んで、せっかくの暖房も少しながら無駄になっているように感じます。

そこでこの通気口を寒い冬場だけ塞ぐことによって、少しは家中を保温しておくことは有効なのでしょうか。

何か幣害はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

まったくお見込みの通りです。
床下換気は湿気の多い夏場は必要ですが、乾燥して寒い冬に開けっ放しは床下を冷やすだけで何のメリットもありません。(太平洋側気候の場合)
世の中にはスライド式で冬場には閉めることが可能な換気口もあるのですが、なぜか普及しませんね。
開閉しないものより二倍ほど高いからでしょうが、暖房効率を考えればすぐに元が取れる程度なのですが・・・。
http://www.uk-usami.co.jp/page/yukasita/detail_yuka_yk.html#Anchor-41648

下記のように自動で開閉できるものさえあります。
http://www.imcompany.com/kan/auto_yukashita_kan.html

換気口を取り替えるのも大変ですから、とりあえず冬場はダンボールなどでふさいでしまいましょう。もちろん夏に向かって外すのを忘れないように。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング