出産前後の痔にはご注意!

ドライフルーツに使われている漂白剤の「亜硫酸塩」についてです。

水溶性とのことですが、食べる前に表面を水で洗う事で、
ほぼ完全に洗い流してしまう事ができますか?
それとも、内部に浸透してしまっていて、
洗い流すことは出来ないのでしょうか?

教えて下さい。宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

 漂白剤としての亜硫酸塩は基本的には表面処理用ですので、洗えばそれなりに流れ落ちるかとは思いますが、そもそも問題になるほど残留していることは少ないんじゃないですかね。

少なくとも残留基準値(2.0g/kg)を超えたケースってあんまりないですし、重い喘息持ちの方ならともかく危害性にはあんまり心配はいらないと思いますけれど。
 ワインとか冷凍の生カニには普通に使われていますが、どうされていますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

ワインはあまり飲みませんが、飲む時は添加物のないものを選んでいます。
カニはほとんど食べません。

参考にさせて頂きます。

お礼日時:2013/01/07 23:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食物に含まれる亜硫酸塩について

食物に含まれる亜硫酸塩について教えて下さい。
ドライジンジャーが好きでよく食べるのですが、よくよく成分を見ると、「漂白剤(亜硫酸塩)」と書かれていました。
化学の「化」の字も触れないほどの化学オンチなので、「漂白剤」って見て体に悪いものでは・・・と不安になりました。(食べ物で売られている時点で安全なもんとは分かっていますが・・・)

一体、どのような役目をしているのか(防腐剤?)体内に影響はないのか、教えてください。

Aベストアンサー

ドライジンジャー、ドライフルーツ等の場合、亜硫酸塩は「漂白剤」として使用されます。
亜硫酸塩を入れないと、加工(主に乾燥工程)の段階で茶色くなってしまうからです。
よく見かけるクリーム色のほうが、茶色よりきれいでおいしそうでしょ?
お菓子に使うときも色がきれいな方がいいし。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/shokuten/hyohakuzai.html
の説明が分かりやすいと思います。
乾燥果実の亜硫酸塩の基準値は、2.0g/kgでかなり高く、ワインより高濃度ですが、そもそも一度に1kgも食べたりしないので、心配することはありません。
まれに亜硫酸塩でアレルギー症状が出る人もいるそうですが、質問者様はそのようなこともなさそうですし・・・。

Qドライフルーツ

先日スーパーでドライフルーツが綺麗にパックされて並んでいました。パインやりんご、パパイヤ キーウィなどなど***果物だからビタミン豊富だしレーズンなどは栄養豊富と聞いたこともあるし…と手に取ったのですが砂糖がフルーツをがっちりコーティングしてるんです。元のところに戻したのですが 生のフルーツ時代にはない栄養等があるんだろうか?だったらお湯に浸けて砂糖抜いてみようかなぁ となんとなく頭のすみっこにあの砂糖がちがちフルーツが存在をアピールしているのです^^;ドライフルーツならではの栄養ってあるのですかね またそのままいただくよりこうしたら?というアイディアありましたらよろしくお願いします クッキーやケーキに混ぜてというのは知ってるのですが当方お菓子作りは不得意科目です^^;道具やキッチンが思いのほか汚れるのですもの 手間かけずOKがベストです~ 

Aベストアンサー

 ほとんどのケースでは、ドライフルーツの表面の砂糖は、本体から染み出してきたものです。
 ですが中にはあとからまぶしてあるものもありますので、「原材料」の項を見て判断してください。

 ドライフルーツならではの栄養というのは考えにくいですが、フルーツの種類によっては、乾燥時の化学反応で新しい養分が生まれたりすることもあるかもしれませんね。

 ちなみに、モノにもよりますが単に焼くだけでも風味が増して美味しくなりますよ。


人気Q&Aランキング