火山灰土壌って栄養分(陽イオン類)が容脱しやすいってほんとですか。
ほんとうなら、なぜか理由も教えて下さい。
あと、火山灰土壌では土の団粒構造は発達しているのかどうか
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

本当です。


普通の土壌に含まれている粘土鉱物は、電気的にマイナスとなっています(一定負荷電)。これによって、栄養分(陽イオン類)を保持しています。しかし、火山灰土壌に含まれる粘土鉱物にはpHによって変化する変異荷電が大部分で,pHが下がると、マイナス荷電が著しく減少します。従って栄養分(陽イオン類)が溶脱しやすくなります。
土壌が安定した耐水性団粒を持つかどうかは、土壌中の生物の働き,有機物含量,粘土鉱物,無機物質の種類と含量などによります。火山灰土壌の団粒構造が発達しているかどうかは、一概には言えないと思います。
    • good
    • 1

少しは土壌学に手を出したことのある人間です。

chibi-chanさんが陽イオン類について詳しく書いておられるので、僕は団粒構造のほうを。
まず、火山灰というのは岩石に比べ表面積が大きいため風化を受けやすく反応性の高い活性アルミニウムが多く生成します。火山灰土壌では、そのアルミニウムや鉄と、腐植の複合体が多量に形成されるので、結果として、団粒構造が発達することになります。こんな説明でいいのかなー?・・・参考文献:土壌の事典、朝倉書店(2000年)、p104、黒ボク土の項
    • good
    • 0

土壌は専門ではないのです.


火山灰土壌
とは.どのようなものをさすのか.教えていたただけませんか。

火山灰には.
シラスに代表される砂で.石英やアミミノシリカを主成分のもの
関東地方の鹿沼軽石層に代表される.軽石を主成分とするもの
モンモリロナイトを主成分とするロームが知られています。

白土は.火山灰に含まれるのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/05/24 11:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアイスランドの火山が大噴火によって発生した火山灰の環境への影響は?

アイスランドの火山が大噴火によって発生した火山灰の環境への影響は?

今、火山灰が話題になっていますが、火山灰は環境に悪影響を与えるのでしょうか?

水を汚すなど

Aベストアンサー

噴火の規模が大きいと大気中の火山灰の量も増え、環境への影響も大きくなります。
オゾン層を破壊したり、地球の平均気温を下げたりします。

平均気温が下がるというのは、地球の大半で変化がないが
一部で大きく下がる…という事を意味します。
コンマ何度の低下でも平均気温の変化が与える影響は大きい。

火山は同時に大量の二酸化炭素を出しているハズだが
短期的に見るとCO2の温室効果より、エアロゾルの日照低下による気温低下の方が上回るようです。

今回のアイスランドの火山(難解名称山らしいw)の噴火による火山灰の影響が
そこまであるかどうかは不明ですが。

Q土壌の酸性化には、なぜ陽イオンの流出が必須条件なのですか?

土壌の酸性化について質問させて頂きたいです。

土壌にHNO3が添加されると、H+とNO3-に分かれます。
ここで、H+は、土壌において陽イオン交換がおこり、
H+が土壌に吸着され、Ca2+やK+などのイオンが放出される、
という現象がおきると思います。

ここで、「土壌の酸性化が起きるタイミング」について伺いたいのです。
・土壌にH+が添加された時点では、酸性化がおきない。
・NO3-がCa2+やK+などの陽イオンと一緒に流出するときに、はじめて酸性化がおこる。
そう聞いたのですが、なぜそうなるのか理解できません。
土壌にH+が添加された時に「酸性化」がおきる、と思っていたのですが。
なぜ陽イオンの流出が酸性化の必須条件なのか、伺いたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ということなのでしょうか?
ちょっと違います。Ca粘土と考えると
MO-Ca + 2H → MO-H + Ca
とカルシウム粘土からカルシウムが放出されます。MOは巨大分子ですので、空洞部分からCaが放出され、代わりにH+が入りこむことになります。
放出された Ca2+ と水との化学平衡が
Ca + H2O → CaOH + H → CaOH2 + H
とHが放出されますが、このHは、MO内部又はMO近傍での反応ですから、すぐにMOと反応して外部に出てきません。
骨格が珪酸ですから SiO2 で示される組成式でありながら、格子表面(空洞部分の面)は
Si-OH
の形で、OH部分に吸着又ははいいし、Si-OH2 の形状になりますので。
濃度は、CaにしてもHにしても数ppm程度であり、珪酸の反応可能OH部分はこれ以上あります。
空洞部分から出てくるときには、カルシウムは CaOHやCaOH2 の形になります。
粘土の緩衝能力です。

Q電磁波の人体への影響について

私の住んでいるマンションの正面に、某携帯会社の電波塔が立っています。なんだか、電磁波の人体への影響が怖いです。 まぁ、それをいえば電化製品などの電磁波も怖くなるのですが(笑)

そこで、電磁波を防ぐシートやそのたぐいの製品が売られてますよね?ああいいったのを使うことで、少しは効果が見込めるのでしょうか?
ちなみに私は、電磁波過敏症という病気もあるように、電磁波の人体への影響はあると考えています。

Aベストアンサー

電磁波が人体にどの程度影響が有るかはともかく、電磁波を避けるという意味では金属繊維で覆うというのは、ある程度は効果があると思います。

ただ、人体への影響を避けるためと言うことであれば、頭のてっぺんからつま先まで(もちろん目も口も)隙間無く全て覆わなければ意味が無いですよね。
病気なら仕方ないですが、普段の生活にはそれなりに不自由になると思います。

もちろん、携帯電話の基地局だけじゃ無く、携帯電話本体からも、普通に基地局まで届く程度の電波が常に出ているわけですから、電源の入っている携帯電話そのものを身体近くに置いておくとか、頭の近くに近づけるとかというのはもってのほかです。

Q火山灰土壌のの緑化

以前、テレビか何かで、火山灰土壌の地帯に『種子・肥料・土壌』など植物が成育するのに必要な物全てを入れた袋やシートを散布する緑化方法というのを観ました。この方法の名称をご存知の方いませんか?

Aベストアンサー

 「航空緑化」と検索すればいくつかヒットします。今では種子+肥料+土壌+有用微生物が一般的でしょうか。土のうにすることで種子からの乾燥を防ぐことができ、発芽・生育の可能性が高まる一方で、施工量は減ってしまいます。
 No.1さんのものは、種子+肥料+土壌+有用微生物(菌根菌)による緑化工法です。たぶん、質問者の方はこの工法についての番組をご覧になったのだと思います。雲仙普賢岳の緑化で使用されました。ですので、細かい指摘で申し訳ありませんが、質問内容も「火山灰土壌の」ではなく、「人が立ち入ることができない火山性荒廃地の」が正解です。日本緑化工学会などで発表されています。

参考URL:http://www.oji-ryokka.co.jp/works/14-01.html

Q火山が噴火したら、火山灰対策は?

関東地方に住んでいます。
もし、富士山が噴火したら、関東にも火山灰が降ってくると言われています。
今の内に揃えておくべきものはなんですか?
地震対策で水や食料などは想像つくのですが、火山灰はよくわかりません。
1.まず、買っておくとよいと思うのはマスクとゴーグルです。使い捨てとか?どんなものがどのぐらい必要でしょうか?
2.うちは戸建てです。屋根やカーポート屋根はどうすればいいのでしょう?
3.ベランダはタイルが敷かれているのですが、隙間に入りそうなので降り積もる前にシートとか敷いておいた方がいいのでしょうか?
4.火山灰はどうやって捨てるのでさょうか?ゴミ袋?土嚢袋?

Aベストアンサー

50キロほど離れたところの火山爆発で火山灰が降ってきることなんか何回も経験していますが、精々、車に灰が少し(数ミリ)積もるくらいです。水洗いすると、灰が水分すって泥になり、下水を詰まらせることに。量が少なければゴミ袋、ヨイショで持ち上げる重さなら土嚢。
マスクもゴーグルも使用したことなしです。富士山の姿がすっかり変わるくらいの爆発であれば、もう、何をやっても効き目なし。皆さん1週間ほどでお亡くなりなので、その程度の量の水や食料。家の屋根だって、火山灰の重さでぺちゃんこになるし。でも、それくらいの備蓄はどこの家にでもあるし。宝永山(?)程度がオマケで出てくるくらいなら、心配することなしです。

Q陽イオン交換容量と塩基置換容量って

おなじ意味でしょうか?

Aベストアンサー

同じらしいです。

参考URL:http://www.pref.tochigi.jp/gijutu/sonota/sehi/4_1.html

Q火山灰

春から鹿児島の大学に通いたいと思ってます。


ですが、火山灰の影響を心配しています。

火山灰によってどんなデメリットがありますか?
具体的にたくさん教えてください。

また、火山灰が降る地域でコンタクトを使用している方、火山灰は大変ですか?
どんなことが大変か、もたくさん教えてください。

Aベストアンサー

http://lovefrog0917.chesuto.jp/e259614.html
夏場はひどい硫黄臭
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0208/224190.htm
西鹿児島駅に降り立った途端、コンタクト使用の目が開けられなくなり
http://www.hot-kagoshima.com/tokusyu/tokusyu5.html
.晴れていても傘は必要
2.布団を干したまま外出しない
3.窓を開けっ放しにしない
5.白い服は着ない。そして黒い服も着ない

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141146914
ハードコンタクトレンズは死ぬ思いをしますよ。

いずれもサイトを抜粋しましたが、火山灰が生活に及ぼす実態が分かりやすいです。

QpFと土壌溶液内のイオン濃度の関係って?

土壌科学を勉強しております。

土壌には、水分の保持している力の強さを測る尺度である
「pF」。pFが高いと、土壌溶液がより植物などによって利用が難しかったりします。

ここで伺いたいのですが、
土壌溶液のイオン濃度と、pFに関係性はあるのでしょうか?

植物にとって利用が難しいくらいのpFの土壌溶液も
そこに住む微生物にとっては住みかとなる場所であり、
その分内部循環が起こって、たとえば硝酸イオンの濃度が低くなったり、
安定同位体比が高くなったり、とか起こる気がしてます。

そういう研究をした論文はありますでしょうか?
よろしければ教えてください!

Aベストアンサー

pFと土壌溶液の濃度に関係性があるか とのご質問に一言でお答えすると、「ある」ということになりますが、関係の内容は結構微妙な話になってしまうので、ここで十分深く答えることは到底できません。
それよりも私が気になるのは、質問の中で「その分内部循環が起こって、たとえば硝酸イオンの濃度が低くなったり、安定同位体比が高くなったり」という文がありますが、この辺りの表現から推測すると、journey-iさんに、この問題を考える上で基礎になる土壌科学の知識が十分にあるのか、失礼ながら、ちょっと心配です。
この関係を扱った論文はありますが、それよりもやや専門的な教科書レベル(物理化学と土壌学)で勉強するのが良いのでは無いかと思います。

Q電磁波の周波数と人体への影響について

まず、いろいろ調べてみて普段身の回りでどのぐらいの電磁波が出ているのかはわかっています。電圧、電流、距離に反比例します。

・http://www.mukugi.com/kinomi39.htm
・http://okwave.jp/qa4181421.html

問題は同じ出力の電磁波でも周波数によって違うそうです。docomoのHPを見ると携帯電話は周波数的に人体への影響は無いと説明されています。

具体的に同じ強さの電磁波(2mガウス)であったとして、何ヘルツの電磁波が人体に一番まずいのでしょうか?
周波数によって人体への影響はどのぐらい差があるのでしょうか?
或いは周波数別に人体に対する影響をグラフ化したものはありますでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まだ検討中の段階
たしかに人体に影響はあります

一般に周波数が高くなるほど水分子の振動が大きく成ります
電子レンジの周波数は2.45GHz帯

電子レンジが身近で一番危険ってことです
遮蔽されているので大丈夫とされている

グラフは見たこと無いです

http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/ele/body/protect/index.htm
http://www.arib-emf.org/research/modules/tinyd3/index.php?id=9
http://www.niph.go.jp/soshiki/seikatsu/seiri/html/WHO/No193rvs.pdf

Q土壌溶液中のカルシウムイオン濃度

塩化カルシウムを添加した場合と水酸化カルシウムを添加した場合とで、土壌溶液中のカルシウムイオン濃度は同じか、それとも違うか? 違うとすればその理由は?

この問題がわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

本当は、土壌条件により、あるいは添加量によって、答えがちがってくる可能性があると思いますが、
ご質問に書いてある条件だけで比較して答えを出すとしたら、
「水酸化カルシウムを添加した場合のほうがカルシウム濃度は低くなる」が答えでしょう。
理由は「塩化カルシウムの場合は中性塩なのでpHがほとんど変化せず、土壌の塩基吸着能もあまり変化しないが、水酸化カルシウムの場合はアルカリなので土壌―溶液系のpHが高まり、それにともなって土壌の塩基吸着能が大きくなり、カルシウムを含む塩基類の土壌への吸着が多くなって、土壌溶液のカルシウム濃度が低くなる」です。
でもこの問題は結構難しい問題だと思います。
ちなみに、「塩化カルシウムでは塩素イオンが添加された量が全部 溶液中に残るが、水酸化カルシウムの場合は土壌の緩衝力によって水酸化イオン濃度が低下するため 溶液の濃度が低くなる」という答えも可能だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報