前、ここにʃ, ʒが円唇か非円唇かと質問したら非円唇といくつも回答をいただきました。
調べたら子音の円唇化には[ʷ](上付きw)が必要です。そしてウィキペディアに
”英語などでは、音素/ʃ/, /ʒ/ が常に[ʃʷ], [ʒʷ]として発音される。”と書いてありました。

参考書では[ʃ]ですが、正しくは[ʃʷ]です。
他にも[r]は正しくは[ɹ]。[ər]も正しくは[ɚ]。

自分が見つけたのはこれだけですが他にもありますか?
正しい発音記号一覧はどこかに掲載されていますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

前の回答でわかりやすく書いたつもりですけどねー


この話しはこれで最後にします

[ʃ]はもともと比較的唇をまるめた発音をします
だからといって[ʷ]をつける必要はないです
「円唇」というのと「円唇化」というのがごちゃになっています

音声学で世界的に権威のあるPeter Ladefogedという人が書いた本の"secondary" articulationの部分にはこう書いています
Labialization = the "addition" of lip rounding

他にもsecondary articulation について、Beverly Collins and Inger M. Meesという人らが書いた本にはこう載っています
Labialization = "Addition" of lip-rounding
Palatalization = Addition of front tongue raising to hard palate
Velarization = Addition of back tongue raising to velum
Nasalization = Addition of nasality

※secondary articulation = added vowel-like articulations (Ladefogedより)

おわかりのとおり「つけ加える」のであって、もともと唇をまるめて発音するものには(これらの本では)[ʷ]をつけて表記はしてません

たとえばsweet
[s]はもともと唇をまるめません でも次の[w]の影響されて[sʷ]になるでしょう
ですからこの場合、詳しく表記するためには[ʷ]をつけるべきでしょう

でもwikiにあったというred [ɹʷɛd]
これは上記に紹介した定義からすると、[ɹ]をlabializedしたものになります どういう音なんでしょう?
逆に、もしこの[ɹʷ]が/r/に対する正しい表記だとして、[ɹʷ]から[ʷ]をとった[ɹ]というのはどういう音なんでしょう?  同じですか? だったら[ʷ]はいらないのでは

さらにこれは音韻的におかしい
[ɹ]の次の母音[ɛ]には直前の子音をlabializeさせる要素が何一つ含まれていない、どちらかというとopenな非円唇母音です
これが[u]とか[o]だったらまだ可能性はあります
でもやってみればわかりますが、[u]や[o]が後に来たとしても/r/の発音においてさらに口を丸めることはありません もとから丸まっているからです
だから、additionalではないですし、音の響きも変わりません

あと付け加えで説明ですが、子音はlabializeされたとしても単語の意味は変わりません
でも、母音はlabializeされると意味が変わってしまいます(フランス語など)
ですから子音においての[ʷ]は、それこそsecondaryなのであって、そんな重要なことではないです
音の「質」「響き」は違いますよね、という程度のものです

wikiは参照しない方がいいと思います
どこから引用してるのかわかりませんが、質問の方も指摘されてるとおり、表現や大事なところでやや理解できないことを書いています(「へも」という表現など、非常に大事なところでミスしています)

ですから、質問の方には前にもご提案しましたが、専門書を読んで勉強することをお勧めします
できれば英語のものがいいです
日本語訳した言葉で理解すると、今回のように話しがごちゃごちゃになる可能性があります
そうすると以前私がこだわった「~させる」という表現ではなくて、「~になった」という表現が適切だというのが少しはわかってくれると思います

※音韻論も音声学も、基本的には「結果として発話された現象」を分析するものです ルールありきではありません 

この回答への補足

>>[ɹʷ]から[ʷ]をとった[ɹ]というのはどういう音なんでしょう?  同じですか? だったら[ʷ]はいらないので

[ʷ]が円唇化なので非円唇になると思いました。

>>ですから子音においての[ʷ]は、それこそsecondaryなのであって、そんな重要なことではないです
音の「質」「響き」は違いますよね、という程度のものです

でもそのsecondaryでも[s]は円唇じゃなかったり、[w]は円唇だったり、
個々の円唇、非円唇は母音だけでなく事実上単体で発音される子音に存在するとしたら、
何かで定義づけられていないのでしょうか。

子音は円唇、非円唇気にせず全部自然な口の形で、後ろの母音に左右されるというわけではなく、
washの単体のエッシュは丸めますし、個々の定義はないのでしょうか。

>>wikiは参照しない方がいいと思います

たしかにそう思います。同じく教えてgooや参考書もです。

英語の専門書ですか・・・悩みますね・・・

補足日時:2013/03/08 07:28
    • good
    • 0

[ʷ]は次の音が[w]で始まる音だと、その直前の子音がその唇の形に影響されて本来と違う響きを持った音を、表記上正確に表すものです(例えば、twice[tʷwaIs], quick[kʷwIk])



ただこれは、[ʷ]がつかないと正しくないというものではなく、異音扱いですから通常は表記しません
そして、あとに/w/が来るからその前の子音は必ず[ʷ]を伴うかと言えば、「そうでない人もいる」ので必要な都度表記するという程度で、正しいとか常にというものではありません

ほかに
[ər]も正しくは[ɚ]という解釈ではなくて、roticityがある場合はという条件づきの[ɚ]だという理解をしないとおかしくなります
earは[Iər]もしくは[Ir]であって、[Iɚ]でありません
母音のあとに[r]が来る場合、r-colored vowelの位置づけとして[ɚ][ɝ]が設定されているだけです(IPAでは[a]にも髭つきの記号が記載されていますが、私は発音に関する本でその記号を使っているのを見たことがありません carこの母音もroticityのある音ですが[kɑr]と表記するのが多く、[a]の髭つきは見たことがありません)

[ʃ]はやや唇のまるみのある発音だからといって,[ʃʷ]と表記するのには疑問があります
前述しましたが、こういうdiacriticsは異音などを文字だけでも理解できるよう付け加えるものであって、もとから唇がやや丸みを帯びた発音の仕方をする[ʃ]にまで[ʷ]をつけてしまったら、もとの[ʃ]という音はどんな音かわからなくなってしまいます

その意味でいくと/r/はもともと唇に丸みを帯びた発音の仕方をします これにも[ʷ]をつけるんでしょうか
発音のビデオでは[ʃ]を発音の際に、唇の形(まるみ)に注意するよう教えているのが多いですが、これイコール「円唇」といってしまったら、大変なことになります 
定義の仕方にもよりますが、「円唇化」というのは、通常の音が他の音の発音方法に影響されて起こるものだと思います
他の音よりも唇を丸めたような発音の仕方をするのを「円唇」とか「円唇化」というように表現されると混乱が起きますし、以前私も/ʃ/を非円唇と答えているのはそのためです
/ʃ/は他の音の発音方法よりも「やや」唇を丸めた形にはなりますが、「円唇化」などの表現に使われる「円唇」と区別しないと理解がごちゃまぜになってしまいます

専門書であっても、音の細かい分析・比較をする場合などの必要がある場合意外はdiacriticsはつけません
お気づきだと思いますが、私は英語の/r/を[r]で表記しています スペイン語の話しをしているわけでもないですし、[r]で理解はできるはずだからです IPAでは[ɹ]が英語の/r/だというのも当然知っています
でも私が持っている何冊かの専門書で[ɹ]で表記しているのはあまりありません
スペイン語の話者が英語を学んでいて、その人の英語の/r/の発音を表す場合は[ɹ]が必要になるでしょうね

IPAは世界の言語に使用される音を各々記号で表しているものですが、実際の音に合致していないものもあります(例えば、[ʌ]はIPAではback vowelになっていますが、これはどの専門書でもmid vowelで分類しています 母音の表は各々の著者で作っているようで、IPAのものをそのまま載せているのは見たことがありません)

この回答への補足

>>私は英語の/r/を[r]で表記しています スペイン語の話しをしているわけでもないですし、[r]で理解はできるはずだからです

でも[r]と[ɹ]は違います。[r]は歯茎ふるえ音なので、接近音である[ɹ]を使うべきかと思うのですが。
参考書なんかでも[ɹ]を使えばいいのに、なぜ使わないのでしょうか?
音声学の本は使っているのでしょうか?

母音には円唇母音、非円唇母音とありますが、子音はそのようなものがないのでしょうか?
でも[w]は円唇じゃないのですか?ウィキペディアには”唇は丸みを帯び”としか書いてありませんが、
円唇一歩手前ということでしょうか?

さらに

国際音声記号では、子音については補助記号[ʷ]がつけられ[tʷ]や[dʷ]といったように表記される。母音については円唇母音の記号が用意されており、補助記号によって円唇の強弱が表記可能である。
日本語ではかつて合拗音として「くゎ」「ぐゎ」が存在したが、近世には消滅し、「か」「が」に合一し、一部の方言には残存するのみとなった。
英語などでは、音素/ʃ/, /ʒ/ が常に[ʃʷ], [ʒʷ]として発音される。

”常に”とありますけど、回答者さんは[w]の前といっておりますが、
もちろん子音なので母音に影響は受けます。[u]があとに続いても円唇になりますけど。

でも単体でも常に[ʃʷ], [ʒʷ]として発音されるのではないのですか?
自分の持っているいくつかの参考書にもそう載っていますし、washのshをまるめろということなのでは・・・

補足日時:2013/03/07 20:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

更に補足

>>その意味でいくと/r/はもともと唇に丸みを帯びた発音の仕方をします これにも[ʷ]をつけるんでしょうか

ウィキペディアより
英語 - red [ɹʷɛd]です。[r]は知りませんが[ɹ]にはつけます。

しかも[r]は丸みを帯びるのですか?

お礼日時:2013/03/07 21:56

    下記に出ています。


    http://www.langsci.ucl.ac.uk/ipa/diacritics.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円に内接する多角形の面積の公式

円に内接する多角形の面積の公式
円に内接する多角形の面積の公式

円に内接する三角形、四角形の面積を求める公式はありますが、(それぞれヘロン、ブラーマグプタの公式)
円に内接する多角形の面積を求める公式はあるのでしょうか。

あるとすれば、その公式の名前、あるいはその公式が載っているURLを教えてください。
ないとすれば、なぜないのか(つくることの不可能性)を知っていれば教えてください。
取り合えず、あるかないかだけでも教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

5角形以上でも各辺の長さが既知なら、外接円は決まると思いますよ。

外接円の半径が決まれば当然面積が決まります。

多角形の各辺の長さをa1,a2,・・・,an、
外接円の半径をr、
各辺に対応する中心角をθ1,θ2,・・・,θnとすると、
θ1+θ2+・・・+θn=2π
sin(θk/2)=(ak/2)/r、cos(θk/2)=√(r^2-(ak/2)^2)/r (k=1,2,・・・,n)
面積Sは、
S=Σ[k=1~n]ak*r*cos(θk/2)/2
=Σ[k=1~n]ak*√(r^2-(ak/2)^2)/2

問題は、rが求められるかどうかですが、
sin(θ1/2+θ2/2+・・・+θn/2)=0
を加法定理で分解し、
sin(θk/2)=(ak/2)/r、cos(θk/2)=√(r^2-(ak/2)^2)/r
を代入して、rに関する方程式にして解けばいいはずです。
でも5角形以上で解けるかどうかは難しいでしょうね。
数値解析で求めるなら可能ですが。

Q子音の聞こえと子音配列 子音「C」

今、英語の音の構造について勉強しています。
タイトルの通り、子音について調べているのですが、1つだけ、どうしても分からないことがあったので質問させていただきました。
子音の聞こえ度には7つの段階;1、無声閉鎖音 2、有声閉鎖音 3、無声摩擦音 4、有声摩擦音
5、鼻音 6、流音 7、渡り音
が、ありますが子音「C」はこれらのどこに当てはまるのでしょうか?1の無声閉鎖音か、3の無声摩擦音だとはおもうのですが、はっきりしません。。
分かる方がいれば、回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

「1.無声閉鎖音」だと思います。

IPAチャート(http://www.arts.gla.ac.uk/IPA/pulmonic.html)で、真ん中やや右の列(口蓋音)の最上行(閉鎖音)の枠の左側(無声音)にあります。

Q円の面積について

ひもを使って円を作り、その面積を測るとします

1cmのひもを使って円を作るのと
2cmのひもを使って円を作るのと
・・・

このような形で紐の長さを1cmずつ長くしていくと
円の面積は一定で増えていくんですか

それとも100cm→101cmの紐の場合は

1cm→2cmの紐の時と比べて
面積が多めに増えるんですか

Aベストアンサー

円周は、2×円の半径×円周率
円周の長さをL、円の半径をr、円周率をπと書いて、
L=2πr
→r=L/(2π)

円の面積は、円の半径×円の半径×円周率
円の面積S=r×r×π=L^2/(4π)
となる。

LをL+1と長くすると、L^2と(L+1)^2=L^2+2L+1だから、
面積の差は(2L+1)/(4π)となって、元の円周の長さが大きいほど面積が大きく変化します。

Q発音記号と発音問題

発音記号を知らなくては発音問題はできない、と思っている者です。

発音記号が読めなくても発音問題が8割以上取れる人はいますか。
記号が読めなければ、hard, heard, hurt, heartなどの区別は難しいと思いますが、どうでしょうか。

Aベストアンサー

No.1の方がおっしゃるように、発音記号を知っていたほうが断然有利だと思います。例えばセンター試験の英語レベルでは、問われる発音が限られるため大した差はないかもしれませんが、その後も英語を勉強し、流暢に話したいと思うのであれば、正確な発音の習得はとても重要です。きれいな発音ができれば、自然と英語を話したくなります。

英語圏に留学できる人は、日常生活の中で発音を習得できると思われますが、日本で英語を勉強するならば、発音記号をマスターし、単語を何度も聞いたり発音したりすることが、英語耳を作るために大切だと思います。辞書で単語を引いた時、発音記号をマスターしていれば、その場で自分でネイティブ並みの発音を再現できます。英語の勉強において、これは大きいですよ。
少し話が広がりましたが、発音問題にとどまらず、将来を見据えて発音記号をマスターしておいたほうがよいと思います。

Q円の面積について

直径80cmの円面積があるとして、円の下から8割の高さの面積を出すにはどうすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

計算面倒くさいので他の回答者さんにお任せしますが、たぶん円の8割の高さ(64cm)で真横に線を引いた時の下側の面積という意味だと思いましたので、その内容で回答します。

解き方としては、中心から円周まで40cm(半径)と高さが24cmの直角三角形の面積。
ピタゴラスの定理で上の三角形の1辺の長さを求めて直角三角形の角度を三角関数から算出
高さ64cmのところに引ける中心からの扇形の面積が求められるはずなので、扇形の面積から三角形(×2)の面積を引けば2割の高さの部分の面積が求められるので円の面積から引けば計算終了

Q発音記号が e の逆さまの場合の発音について

こんにちは
わたしは今、英検2級を目指していて
ロングマン英英辞典を買おうと思っているのですが、
発音記号がわかりません
とくに e の逆さまになっている発音記号を
よくみるのですが、
ア、イ、ウ、エ、オのすべての音を使いわけるよで、
その法則がまったくわかりません
どなたか知っているかたは
よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

こんにちは

私の持っている古い辞典、
旺文社『サンライズ英和辞典』1988年版の口蓋図つき「発音解説」のページによりますと、

e,er(eは逆さま)

口の開きも、舌の高さも、唇も自然にして「ア」と弱くいう。
アクセントのない音節では母音はすべてこの音になる傾向があり、米音では特にそうである。
別名自然音とかあいまい母音といわれる。
口はたてより横に開く感じ。
つづり字にrがあっても英音では【r】を響かせない。

例:doctor about album orphan


となっています。いかがでしょうか?
私はたまたま買った辞典に載っていたこの解説ページに、中学だか高校時代にお世話になりました。
私はこの解説ページで発音練習をしました。

他にも発音解説が出ている辞書やテキストがあるのだろうと思います。
こういう解説は英語以外でもやります。
(私が見たことがあるのはフランス語テキスト)

日本語の音と比較するのは良いですが、日本語の音を基準にしてそれに当てはめたらどの音か、とは考えないほうがいいです。
日本語とは違う音だと思って、耳も使って真似したほうが分かりやすい。

実は自分で使ったことはないのですが、音を聴けるサイトを探したことがあります。
  ↓

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2010723

こんにちは

私の持っている古い辞典、
旺文社『サンライズ英和辞典』1988年版の口蓋図つき「発音解説」のページによりますと、

e,er(eは逆さま)

口の開きも、舌の高さも、唇も自然にして「ア」と弱くいう。
アクセントのない音節では母音はすべてこの音になる傾向があり、米音では特にそうである。
別名自然音とかあいまい母音といわれる。
口はたてより横に開く感じ。
つづり字にrがあっても英音では【r】を響かせない。

例:doctor about album orphan


となっています。い...続きを読む

Q円の面積の重なり

円の面積について質問です。
得意なかた、ぜひ教えて下さい。

円を半径の1/6の距離、移動させます。
元の円と、移動後の円は、どれだけの面積が重なっていますか?

Aベストアンサー

もとの円を
x^2+y^2=r^2...(1)
とします。また中心を(1/6)rずらした円を
(x-r/6)^2+y^2=r^2...(2)
とします。(1),(2)を連立させた式で二円の交点が出ます。容易に判るように(1)-(2)から
x=r/12...(3)
半径の1/6をずらしたことからこれは自明です。重なり部分は交点を通るx=r/12の線に対して線対象の弧で囲まれた部分です。動かす前の円についてのx=r/12からx=rまでの面積の2倍と考えればよいことがわかります。
従って
I=2∫(r^2-x^2)^(1/2)dx...(4)
をだして、これを2倍すればよいと判ります。積分に2がかかっているのはx軸に対して上下の面積を合計するからです。
x=rsinθ...(5)
とすると
dx=rcosθdθ...(6)
であり、x=r/12→rに対してθ=arcsin1/12→arcsin1です。(4)の積分は、
I=2*r^2∫cos^2θdθ...(4)'
となり、cos^2θ=(cosθ+1)/2を使えば
I=r^2[(1/2)sin2θ+θ](θ=arcsin1/12→arcsin1)
=1.4043r^2...(4)''
これを2倍すれば求める面積ですから2.8086r^2となります。元の円の面積3.1416r^2の89.4%となります。

もとの円を
x^2+y^2=r^2...(1)
とします。また中心を(1/6)rずらした円を
(x-r/6)^2+y^2=r^2...(2)
とします。(1),(2)を連立させた式で二円の交点が出ます。容易に判るように(1)-(2)から
x=r/12...(3)
半径の1/6をずらしたことからこれは自明です。重なり部分は交点を通るx=r/12の線に対して線対象の弧で囲まれた部分です。動かす前の円についてのx=r/12からx=rまでの面積の2倍と考えればよいことがわかります。
従って
I=2∫(r^2-x^2)^(1/2)dx...(4)
をだして、これを2倍すればよいと判ります。積分に2...続きを読む

Q発音記号と放送の発音がちがいます

NHKの基礎英語1をやっています。
先日、高校用英文法チャート式も始めました。
辞書はニューホライズン ビーコン コズミカ を使ってます。

発音で悩んでいます。
例えば different は発音記号では(すみません発音記号の入力できないのでカタカナでかきます。)ディファラントとなっているのに
NHK基礎英語ではどう聞いてもディファレントと発音しています。

ホライズンでもカタカナでディファレントと書いてあります。

ディファレントのほうがローマ字読み発音でスペルを覚えるのに便利なのでローマ字読みしています。

でも放送などで確かめられない単語だと、もう高校用辞書では発音記号しか使っていません。

発音記号に従うよりもローマ字読みのほうが便利なのですが、
それでは入試の発音問題で困りそうです。

例えば activity は発音記号では アクティヴァティ となっていますが、アクティヴィティ とローマ字読みに読んだほうがスペルの間違いもなくて便利なのですが、
consider も 発音記号では カンスィダー ですが 放送ではコンスィダーにしか聞こえません。
variety はさきに 発音記号で バライアティ と覚えたために
書くとき時々とまどいます。
development も発音記号は デぃベラプマント なので自分でディヴェラップメント
と覚えています
何でもローマ字よみだと間違いな場合もあるし・・・

発音記号をどうやって身に付けたらよいですか?

お願い致します。

NHKの基礎英語1をやっています。
先日、高校用英文法チャート式も始めました。
辞書はニューホライズン ビーコン コズミカ を使ってます。

発音で悩んでいます。
例えば different は発音記号では(すみません発音記号の入力できないのでカタカナでかきます。)ディファラントとなっているのに
NHK基礎英語ではどう聞いてもディファレントと発音しています。

ホライズンでもカタカナでディファレントと書いてあります。

ディファレントのほうがローマ字読み発音でスペルを覚えるのに便利なので...続きを読む

Aベストアンサー

こんちは。

私もかって同じ疑問を、持ったことがありますのでお役に立てばと思います。
まず発音記号のアイマイ母音のschwa「ア」の定義に関して説明します。
研究社の新英和大辞典(1963版)の岩崎民平氏によりますと、

“いかなる母音も、アクセントがなくて弱く発音されると、schwaの「ア」に近づくか、またはschwaの「ア」となる。”
質問者さんの場合は、schwaの「ア」となると言うことだけに注意されて、‘schwaの「ア」に近づく’いうことに気づかれていないと推察します。
このことは、schwaの「ア」は単語のスペルのアルファベットの母音でアクセントの来ない a, i, u, e, o が完全に「ア」とならずに、ローマ字式のアイウエオの読み方に多少近づくこともあることを意味してます。

従ってschwaの「ア」の発音は必ずしも無理に「ア」だけではないと言うことに、注意する必要があります。このことをふんまええて、あなたの質問にお答えすると次のようになります。

*例えば different は発音記号ではディファラントとなっているのにNHK基礎英語ではどう聞いてもディファレントと発音しています。<<

そのとおりなのです。しかしカタカナではディファレントと聞こえても実際の発音は少し「ラント」よりなので、私たち日本人には「レント」に近く聞こえるということです。

*例えば activity は発音記号では アクティヴァティ となっていますが、アクティヴィティ とローマ字読みに読んだほうがスペルの間違いもなくて便利なのですが<<<

私の研究社,三省堂の辞書では発音記号ではアクティヴィティになっています。
発音記号は辞書により多少ことなるので、出来ればDaniel Jones式の発音を使用している研究社,三省堂の辞書をお勧めします。

*consider も 発音記号では カンスィダー ですが 放送ではコンスィダーにしか聞こえません。<<

これも完全にカンスィダーとならずにコンスィダーに近づくということです。

*variety はさきに 発音記号で バライアティ と覚えたために
書くとき時々とまどいます。<<

これはあなたの発音のバライアティ が正しい訳ですから、時々とまどってもこの発音をキープされるほうが、将来社会へ出てから役にたちます。

*development も発音記号は ディベラプマント なので自分でディヴェラップメント
と覚えています<<

この場合もディヴェラップメントに発音が近くて正しいわけです。いずれネイティブのように早くしゃべるようになると”~ment” の “e”も発音されずに脱落しますから・・・

*発音記号をどうやって身に付けたらよいですか?<<

現在あなたが発音記号で問題になっているのは、アイマイ母音のschwa「ア」だけですから、他の発音記号は辞書どおりで殆ど問題ないとおもいます。
私はアメリカ英語専門ですが、少々面倒くさくても単語のスペルと発音記号をしっかり、身につけるとネイティブなみの発音に大変近づきやすくなります。従って入試の問題もありますが今のまま頑張ってください。将来っず役にたちますから・・・

以上ご参考まで! Good Luck!

追記: 下記のウエブサイトの音声付の辞書がフリーで使えます。非常に正確です。
www.m-w.com (Merium-Webster)

こんちは。

私もかって同じ疑問を、持ったことがありますのでお役に立てばと思います。
まず発音記号のアイマイ母音のschwa「ア」の定義に関して説明します。
研究社の新英和大辞典(1963版)の岩崎民平氏によりますと、

“いかなる母音も、アクセントがなくて弱く発音されると、schwaの「ア」に近づくか、またはschwaの「ア」となる。”
質問者さんの場合は、schwaの「ア」となると言うことだけに注意されて、‘schwaの「ア」に近づく’いうことに気づかれていないと推察します。
このことは、schwaの...続きを読む

Q円の面積 小学校で、どう教わりましたか?

昭和40年代に小学校へ入学して卒業した世代の者です

小学校で円の面積は次のように教わった記憶があります。

・円を中心から細かく分割する
・半径に添って切って、扇形のギザギザ状態にする
・それを二分割して、ギザギザを合わせてくっつける
・ギザギザを物凄く細かく細かくすると、長方形になる
・長方形の高さは、円の半径
・長方形の底辺は、円周の半分なので、直径×円周率(3.14)÷2
・円を長方形化したので、長方形の面積が円の面積
・長方形の面積は、底辺×高さなので、半径×直径×円周率(3.14)÷2
・直径÷2=半径なので、式を整理すると
※ 円の面積=半径×半径×円周率(3.14)

以上、こんな感じでした

小学生時代は何だかインチキ臭いなぁ(笑)と思いましたが、正確な数学的な円の面積は、高校生になって積分を教わるまで知りませんでしたが…

皆さんは、小学生時代に、どう教わりましたか?
年代も一緒に教えて頂けると幸いです

また、現代はどう教えているのかも別途お願いします

Aベストアンサー

 いわゆる「詰め込み世代」なんですが、円の求積公式自体は「ともかく覚えとけ」でしたね。

 その上で、いろいろ説明があったように記憶しています。以下、算数を超える用語も使います。

1.πr^2は、その円に外接する正方形の面積を考えると4r^2で、4より小さいπが正方形よりどれだけ面積が小さいかを表している。

2.お示しのような長方形への変形。

3.次のような三角形への変形。
 ・円を細かい同心円に分割する(○→◎みたいな感じ)。
 ・円に真上から中心まで、スパッと切り込みを入れる。
 ・切込みから同心円を真っ直ぐに伸ばしていくと三角形ができる(○→◎→△)。
 ・三角形は、底辺2πr、高さrだから、面積は(1/2)×2πr×r=πr^2。

>また、現代はどう教えているのかも別途お願いします

 教科書出版社の一つ、啓林館のサイト(「算数用語集」内のもの)では、以下のように解説しています。

http://www.shinko-keirin.co.jp/keirinkan/sansu/WebHelp/06/page6_15.html

 正方形と円の比較から入って、仰るような円を長方形に変えてみる手法が用いられていますね。

 いわゆる「詰め込み世代」なんですが、円の求積公式自体は「ともかく覚えとけ」でしたね。

 その上で、いろいろ説明があったように記憶しています。以下、算数を超える用語も使います。

1.πr^2は、その円に外接する正方形の面積を考えると4r^2で、4より小さいπが正方形よりどれだけ面積が小さいかを表している。

2.お示しのような長方形への変形。

3.次のような三角形への変形。
 ・円を細かい同心円に分割する(○→◎みたいな感じ)。
 ・円に真上から中心まで、スパッと切り込みを入れる。
 ・切...続きを読む

Q発音記号の発音が聴けるサイト

英語の発音記号の発音を聴きたいのですが、
聴けるサイトは無いでしょうか?
出来れば無料で…。辞書に付いてる発音の解説だけでは
いまいち分からないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

英英辞典ですが、発音もついています。
単語を検索してスピーカーマークをクリックすれば、聞けます。
熟語もありますが、こちらには発音がついてないのでご注意。
検索しると、その文字を含む単語および熟語の一覧がでてくるので、その中からみたい言葉を選んでクリックして下さい。

参考URL:http://www.bartleby.com/61/


人気Q&Aランキング