今度の名古屋マラソンで、日本人選手が大阪マラソンの優勝タイム(調べたら「2時間25分29秒」でした)を上回るタイムで優勝したら、そっちの方が「優先的に」オリンピック代表に選出されると僕は素人的に思ってるんですが、このまえ、たとえ優勝したとしても高橋尚子選手の持つ名古屋コース記録(調べたら「2時間22分19秒」)を上回らなければオリンピック代表選出は無理、とか書かれてる記事を見ました。
今回の選考レースとは関係ない「過去の大会の記録」を引き出すのはナンセンスな気がするんですが…
大阪の優勝タイムだってコース記録(調べたら「2時間21分18秒」)を大幅に下回ってるのに…東京は高温、大阪は低温の影響で記録が低調に終わったらしいですが、名古屋のレースも「毎年高温で強風」と何かの記事で見た記憶があります。
これには是が非でも高橋選手をオリンピックに行かせようとする「策略」みたいなものが存在してるということなんでしょうか?(それ以前に名古屋よりも大阪の方が「条件が甘い」のが理解できない…どの記事を見ても大阪の優勝者については「オリンピック当確」と書かれてたし)
そこらへんのところがよく分からないんで、この僕の疑問について「…だと思う」といった回答でもいいんで教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

マラソンの選考方法については、書き始めれば、選考会の話しに限らず、マラソンについてとか、更にはオリンピックについてとか、もっと言えば国民性についてとか、際限無く長くなってしまいそうですし、まとめる自信も無いので、名古屋の高橋選手の記録についてだけ触れます。



まず、何故こんな複雑な代表選考方法を取るのか。
それは、オリンピックに「出る選手」を選ぶのでは無く、オリンピックで「通用する選手」を選ぶ、のが目的だからだと思います。
この事の是非については、冒頭の理由により省略し、こういうものとして先へ進めます。

通用する為の1つの目安が、4年前の高橋選手のレベル(それを測る物差しとして記録)となるのだと思います。
もしそのレベルの選手が現れなかったのなら、どっちみち本番では通用しないので、それなら(東京は調整ミスだったといわれる)高橋選手の潜在能力に賭けてみた方が、本番で通用する可能性が高い、という理屈ではないでしょうか。
もちろん、厳密に1秒でも上回ればOKで、1秒足りなければダメ、ってものでは無く、レース内容を考慮してではあると思いますが。

他の2選手(坂本、野口)が、確定を取ったといわれる、大阪や昨夏の世界陸上との比較は、出場選手の顔ぶれをはじめ、状況の違い、というしか無いでしょうね。

この回答への補足

なかなか的をえた回答ですね

補足日時:2004/03/16 11:09
    • good
    • 0

 パリ世界陸上の野口選手は内定で、残りの2人はタイムの良い順に2人選ぶのではなく、3つのレースの上位者のうち、オリンピックでメダル獲得又は入賞が期待できる人を2人選ぶのです。

高橋選手以外にアテネで金メダルを取れそうな選手がいるでしょうか。高橋選手は代表になって当然です。
 日本の選考は不公平だという意見もあるでしょうが、一度だけの選考レースですべてを決めてしまうと選ばれるべき人が選ばれないという事態も起こりえます。そのほうがかえって不公平です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2004/03/16 11:08

まず、その記事はあくまで「予測」であって、実際にそうなるかどうかはわからないと思います。



大阪国際優勝で坂本直子選手が当確視される理由は、タイムだけではありません。昨年の大阪国際で初マラソンベストを出し、世界選手権でも4位、今年の大阪国際は、日本の並みいる有力選手を大きく引き離して優勝。以前、ぎりぎりで2回負けた千葉真子選手にも、圧倒的な強さで勝ちました。実績もあり、「伸び盛り」という言葉がピッタリです。どんどん伸びてきているのだから、「8月のアテネではさらに伸びるのでは?」という期待が感じられるのですね。

名古屋国際が軽視されているのは、大阪国際に比べて、有力選手が少ないからです。ここでアピールするには、すごいタイムを出すしかないということですね。

マラソンを一発選考にするのは、私は公平だとは思いません。マラソンは長い時間走るし、調整や作戦のちょっとした失敗で、通常勝てる選手が勝てないことがあります。たまたま勝った選手が、オリンピックに行って、また勝てるとは限りません。いままで10回走って、9回勝って、たまたま選考会で1回負けた選手と、2回負けて選考会の1回だけ勝った選手とでは、次に勝つ確率は…ということになります。

実際、世界選手権で4位だった坂本直子選手の成長ぶりを見ると、1回の選考では心許ないですね。

それから、アテネでは、尋常ではないアップダウンの多さや暑さが予想されるため、これまでの実績で暑さややアップダウンに強い高橋尚子選手は、有力視されます。ただ、記録を出したとか、過去に優勝したというだけの理由で選ぶわけではないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2004/03/16 11:09

関連論文を紹介します


http://www.yorozubp.com/0402/040228.htm 「論議さえされないマラソンの五輪代表「一発選考」
http://www.yorozubp.com/0402/040229.htm 「メディアに不利益をもたらす五輪代表「一発選考」
基本的に「金・利権のため」という論調は各位様と同様です。

私も一発選考以上に透明公平な方法はないと考えます。
いつぞやの女子水泳みたいに、選手が陸連を訴えてでも、公平性を確保すべきです。
    • good
    • 0

 大阪で優勝した坂本さんが「当確」だと言われる理由ですが、確かにタイムは平凡でしたが、大阪には千葉、渋井、弘山さんなどなど、有力選手が多数出場しました。

その中で「勝った」ということが評価されているのでしょう。
 マラソンの場合「強い」ことは、必ずしも「速い」ことではありません。大阪の場合、皆が牽制しあって、好記録は出ませんでしたが、坂本さんはその遅いペースの中で、自分のレースを作り上げ、最後は独走でテープを切りました。これは文句なしに「当確」だとわたしは思います。

 しかし、名古屋で「たとえ優勝したとしても高橋尚子選手の持つ名古屋コース記録を上回らなければオリンピック代表選出は無理」というのには、わたしも疑問を感じています。コース記録は目安にはなるでしょうけど、気象条件も4年前高橋さんが走ったときとは違うのですから、単純に比較はできないと思います。

 もし名古屋の優勝タイムが2時間23分くらいだったら、そのひとは「選考レースの中でもっともいいタイムを出して、しかも優勝」なのだから、それをさしおいて「過去の実績」で高橋さんを選ぶのはどうかなあ‥‥と感じています。
 ま、わたしがこんなことを感じても、選ぶのは陸連の人間なのだから、意味はないわけですが。



 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2004/03/10 02:29

>「…だと思う」といった回答


です。

ずばり金がらみです。

男子、女子とも選考レース3レース(世界選手権は除く)には大手マスコミがスポンサーについています。

マスコミは「後援者」として、冠大会を大々的に支援する。その後ろには自動車メーカーやコンピューター会社もついている。

彼らの既得権(オリンピック選考レースの後援者であること)を奪おうとすると金銭的支援を失い、さらには事あるごとにたたかれるおそれもあります。

その結果、選手には気の毒ですが「4レースで3人を選ぶ」という現状になっているものと考えています。

(不透明との批判はあっても、金も入り選考につきフリーハンドの高い今の方法は陸連にとって居心地が良いのでしょう)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2004/03/10 02:29

アメリカみたいに過去の栄光は選考基準とせず、


1つだけのレースの国内選考会で勝った選手が3人代表となるのが正しいと思うが、
マラソンは様々な面で奥の深い競技故、それが出来ないのだと思う。
日本的な選考方法といってしまえば、それまでだが・・・。
マラソンは有望種目故、実際に過去の実績選考だけでメダルを獲った選手もいたしな・・。
だが選手の気持ちを考えれば、勝負に勝ったものが代表となり、
負けたらあきらめるというのが、スッキリしててオレは好きだが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2004/03/10 02:28

結論から言えば、一部の、特待の人間が選考して決める事だからです。



「最近1回だけの記録」よりも、「過去の記録の積み重ね」を重視する連中が選考委員だからだと思います。

どちらがオリンピックで好成績を出すかは、その時になってみないと分かりませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2004/03/10 02:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何故に?オリンピック女子マラソン選考で…

今度の名古屋マラソンで、日本人選手が大阪マラソンの優勝タイム(調べたら「2時間25分29秒」でした)を上回るタイムで優勝したら、そっちの方が「優先的に」オリンピック代表に選出されると僕は素人的に思ってるんですが、このまえ、たとえ優勝したとしても高橋尚子選手の持つ名古屋コース記録(調べたら「2時間22分19秒」)を上回らなければオリンピック代表選出は無理、とか書かれてる記事を見ました。
今回の選考レースとは関係ない「過去の大会の記録」を引き出すのはナンセンスな気がするんですが…
大阪の優勝タイムだってコース記録(調べたら「2時間21分18秒」)を大幅に下回ってるのに…東京は高温、大阪は低温の影響で記録が低調に終わったらしいですが、名古屋のレースも「毎年高温で強風」と何かの記事で見た記憶があります。
これには是が非でも高橋選手をオリンピックに行かせようとする「策略」みたいなものが存在してるということなんでしょうか?(それ以前に名古屋よりも大阪の方が「条件が甘い」のが理解できない…どの記事を見ても大阪の優勝者については「オリンピック当確」と書かれてたし)
そこらへんのところがよく分からないんで、この僕の疑問について「…だと思う」といった回答でもいいんで教えて下さい。

今度の名古屋マラソンで、日本人選手が大阪マラソンの優勝タイム(調べたら「2時間25分29秒」でした)を上回るタイムで優勝したら、そっちの方が「優先的に」オリンピック代表に選出されると僕は素人的に思ってるんですが、このまえ、たとえ優勝したとしても高橋尚子選手の持つ名古屋コース記録(調べたら「2時間22分19秒」)を上回らなければオリンピック代表選出は無理、とか書かれてる記事を見ました。
今回の選考レースとは関係ない「過去の大会の記録」を引き出すのはナンセンスな気がするんですが…
大阪の...続きを読む

Aベストアンサー

マラソンの選考方法については、書き始めれば、選考会の話しに限らず、マラソンについてとか、更にはオリンピックについてとか、もっと言えば国民性についてとか、際限無く長くなってしまいそうですし、まとめる自信も無いので、名古屋の高橋選手の記録についてだけ触れます。

まず、何故こんな複雑な代表選考方法を取るのか。
それは、オリンピックに「出る選手」を選ぶのでは無く、オリンピックで「通用する選手」を選ぶ、のが目的だからだと思います。
この事の是非については、冒頭の理由により省略し、こういうものとして先へ進めます。

通用する為の1つの目安が、4年前の高橋選手のレベル(それを測る物差しとして記録)となるのだと思います。
もしそのレベルの選手が現れなかったのなら、どっちみち本番では通用しないので、それなら(東京は調整ミスだったといわれる)高橋選手の潜在能力に賭けてみた方が、本番で通用する可能性が高い、という理屈ではないでしょうか。
もちろん、厳密に1秒でも上回ればOKで、1秒足りなければダメ、ってものでは無く、レース内容を考慮してではあると思いますが。

他の2選手(坂本、野口)が、確定を取ったといわれる、大阪や昨夏の世界陸上との比較は、出場選手の顔ぶれをはじめ、状況の違い、というしか無いでしょうね。

マラソンの選考方法については、書き始めれば、選考会の話しに限らず、マラソンについてとか、更にはオリンピックについてとか、もっと言えば国民性についてとか、際限無く長くなってしまいそうですし、まとめる自信も無いので、名古屋の高橋選手の記録についてだけ触れます。

まず、何故こんな複雑な代表選考方法を取るのか。
それは、オリンピックに「出る選手」を選ぶのでは無く、オリンピックで「通用する選手」を選ぶ、のが目的だからだと思います。
この事の是非については、冒頭の理由により省略し、...続きを読む

Q東京オリンピックではなぜ公式記録は10分の1秒単位なのですか

1964年の東京オリンピックでは、陸上競技などでは(他の競技でもそうかも知れませんが)、自動電子計時で100分の1秒単位までタイムを測っていたのに、なぜ公式記録は10分の1秒単位なのですか。

Aベストアンサー

 公式記録の計時には、さらに一桁上の計時性能が必要に
なるからです。つまり100分の1秒単位で記録を残すには、
1000分の1秒単位での計時が必要になります。

 たとえば 10 秒を切るかどうかという瀬戸際の記録なら、
9.996 秒なら四捨五入して 10.00 秒になりますが、9.994 秒
なら 9.99 秒になるわけです。この差が重要なんですね。

 東京五輪当時は、やっと電子計時が実用化されたばかりで、
その限界が 100分の1秒単位でした。そのため、記録はあく
まで10分の1秒単位でしか取れなかったのです。

 また、東京五輪はセイコーの電子計時が公式認定された
ことで知られていますが、他の競技会ではまだ手動計時を
行なっていました。10分の1秒ストップウォッチを利用し、
最低3人が計時することで、記録を認定していたのです。

 なお、スキー長距離などでは現在でも記録は10分の1秒
単位です。技術的にはもちろん1000分の1秒も可能ですが、
競技の性質上、そこまで厳密な着順差を求めないようです。

Qオリンピック 女子マラソン

野口選手の欠場。
土佐選手の棄権。

皆さんにはどう映りましたか。

私は、野口選手の欠場は仕方なかったと思いますが、代替選手が用意できなかった連盟には反省材料が残ったように思います。
土佐選手もまともに走れないことが、当人には事前に分かってように映りました。野口選手の件もあり、今更欠場できなかったのではと思ってしまいます。

こういうこともあるのですから、4年後を見据えた補欠選手を走られて経験付けをして欲しかったというのが、外野の勝手な意見です。

皆さんはどう思いましたか。

Aベストアンサー

 
陸連は反省すべきでしょうね
土佐選手の外反母趾は以前から判ってた事、だから専用の靴の開発までしてた。
事故で参加できない選手がでる可能性は有るのに用意してなかったから野口選手の代わりが居なかった。
中村選手は参加できた事が嬉しくて結果は問題にしてなかった。

参加する事に意義があり、有名選手を出させるだけなら初めから明言すべき。

 

Q法華津選手またオリンピック選手!

3月にフランス大会で優勝されて、オリンピック選手に選ばれるなんてほんとにすばらしいですね。
なんかうれしいです。

馬場馬術でオリンピック選手になるのに練習量はどれぐらい必要ですか?
やっぱ月2回じゃ全然足りないですか。
毎日練習できない環境の場合はどうしたらいいでしょうか。

Aベストアンサー

真面目な質問とは思えないんですがね。

JRAの大障害大会で優勝した人のサイトがありますが、この人の父親は早稲田の馬術部で活躍したらしいのですが、ある程度練習して国体に出場してもその上のクラスの大会で上位になるには、馬の質が問題だと書いていました。
それで、トヨタを辞めた後、自分で牧場を作り、馬術競技用の馬の繁殖や育成を始めたとのことです。

法華津選手もドイツで練習をしていると新聞には書いていました。
前回のオリンピックで出場した高齢の女性も、確かず~っとドイツで練習していたはずです。

最近の「馬レター」に書いてあった牧場主も、18歳からフランスで馬術留学をしてオリンピックに出場したそうです。

オリンピックに出場するには、他の競技でもそうですが、国際大会での成績がポイントになります。
あなたがどんなに優れた技術を持っていても、国体で優勝しても、オリンピックの出場枠がありますからね。

Q女子マラソン金メダリストの野口みずきさんについて

が、かけいた下から柄が出ているサングラス、アレはどこのブランドのものでしょうか?
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

逆さ"にかけてるように見えるサングラスなんだけど、野口選手がメダル獲ったってことで問い合わせは続々らしい。こういうところでも金メダルってすごいんだなと思いつつ、湿度の低い乾燥しやすいこれからの季節には、都合がよさそうなサングラスだけど発売は未定。

http://www.zakzak.co.jp/top/2004_08/t2004082802.html

・スワンズのメーカー「山本化学」
http://www.swans.co.jp/

・・・とありました。

Q100m走タイムについて、世界のトップ選手の場合(タイム10秒以下)、最初の50mと後の50mとではどちらが速いのでしょうか。

100m走タイムについて、世界のトップ選手の場合(タイム10秒以下)、最初の50mと後の50mとではどちらが速いのでしょうか。この質問をするきっかけがWikipediaの100メートル走の項目にかいてあった「一般的には30m~40mの間にトップスピードに達する。そしてそのスピードを何とか維持しながらも速度はだんだんと落ちていく。このときトップスピードに達するのが早ければ早いほどゴールでは失速する。」という記述なんですね。私はトップスピードを維持したままゴールするもんだと思っていたので、目からうろこでした。で、とある場で、掲題の件が議論になりまして。

Aベストアンサー

確かにトップスピードは30~40m付近かも知れませんね
あなたの質問を厳密に捉えるとすると、最初の50mと後半の50mの速さと言う事になりますよね
当然、スタートを含む最初の50mは、速度ゼロから加速して30~40m付近でようやくトップスピードになる訳です
後半の50mはトップスピードから落ちている可能性はありますが、それに近い速さで50mを走ります
平均速度として見た場合、後半の方が速い事になりますよね

ちなみに、200mの世界記録は100mの世界記録×2よりも時間が短いんですよ
100mには先ほど言った加速の時間が含まれるので、記録が伸びないんです
世界レベルの選手は100mどころか200mでも速度をあまり落とさず走れると言えるでしょう

Qなぜ日本の女子マラソンは強いのですか?

今回の北京オリンピックは、残念ながら日本はメダルを取れませんでしたが、過去を振り返ってみると、何人もメダリストがいます。
他の陸上競技種目にはメダリストがまったくといって良いほどいないのですが、なぜ日本の女子マラソンは何年も前から強いのでしょう!?
マラソンは強いのに、同じ長距離の1万メートルは弱いのが、私は不思議です。

私なりに考えると、
・マラソンは伝統的に強いため、選手たちはメダルを狙いやすいと思って競い合い、競争意識が高くなって強い時代が続いている。
・マラソンは長時間テレビに映るので、企業の宣伝効果を考えると選手強化費が得やすいため、選手強化が容易。
だと思うのですが・・・。
どうなんでしょうね!?

Aベストアンサー

今朝のTV番組で日本選手は後半に強いということの検証を放送していましたよ。

体力の消耗には汗の蒸発による体温変化が関係しているとのこと。
陸上長距離選手に汗が蒸発しないスーツで走らせたところ、汗をかいて体温が上昇して疲労により400Mでギブアップしてました。
そこでいろんな国の選手の汗のかき方を調べてみると、日本選手は見た目にはそんなに汗をかいてないように見えたが、
実は1番多く汗をかいていたというのがわかった。
実は他の国の人は大粒の汗をかいており、それに比べて日本人は小粒の汗をかきやすいとわかった。
(これは日本での四季による温度変化に対応する能力らしい。)
そして小粒の汗は大粒のものより蒸発しやすいのでそのため体温の上昇を抑えられるのである。
よって日本人選手は汗を大量に、しかも小粒で蒸発しやすいようにかくことで体温の上昇を抑えて体力消耗しにくい。
そのため後半にも体力が残っているのでスパートしやすいとのことです。

以上すべて某番組の放送内容ですのでご理解を・・・

Q中学生男女と、高校生男女の『50メートル走』の平均タイムと最高タイムの記録を教えて下さいm(>_<)m

中学生男女と、高校生男女の『50メートル走』の平均タイムと最高タイムの記録を教えて下さいm(>_<)m

ウィキペディア等を回って色々調べたのですが見つからなくて・・・(泣)

宜しくお願いします!

Aベストアンサー

平均タイムのみですが、こちらにデータがあります。

中学生男女
http://www.city.matsudo.chiba.jp/cgi-bin/odb-get.exe/tyuutairyoku18.pdf?wit_oid=pk3w2eJ7x2sF6tfYEiH4Hh2yXRmuPa&wit_ctype=application/pdf&wit_jasminecharset=SHIFTJIS

高校生男女
http://www.center.ibk.ed.jp/kenkyu/data/030s/ko-keeka.htm

最高タイムは見つけられませんでした。ごめんなさい。

Q横浜国際女子マラソンは中止?延期?

昨年、以前行われていた、東京国際女子マラソンと横浜国際女子駅伝が統合し、
確か、国内の女子マラソンでは初めて、周回コースが採用された横浜国際女子マラソンが
11月に行われましたが、今年はAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の開催により
中止になったんでしょうか?市民ランナーが参加する横浜マラソンは来月5日に行われますが

Aベストアンサー

公式サイトに来年の2月と案内が出てますよ。

参考URL:http://www.yokohamawomensmarathon.com/mention.html

Q高橋尚子さんの優勝インタビュー

昨日の東京マラソンでの復活、素晴らしかったですね。
その優勝インタビューの中で、「今暗闇にいる人も、1日の3年後の目標を持って・・・小学生も20代、30代、中高年の人たちも・・・もう二度と来ない今日を大切に夢を持って・・」と感動のコメントを残されました。
この部分の全部をもう一度聞いて(見て)みたいのですが、各新聞社のページにも全体をまとめたものしか載っていないようなのです。
どうか、ご存知の方、おられましたら教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

2チャンネルの中にありました。

「陸上関係なく、今暗闇にいる人や悩んでいる人、本当に一日だけの目標でも3年後の目標でも、
何でも目標を持つことで、すごく一歩一歩一日が充実すると思います。
どうか夢を持って、あの一日を過ごして欲しいと思います。

そして、あのー、小学校中学校の子ももちろんなんですけど、(私高橋と同じ)30代そして中高年の皆さん方も
24時間という時間は皆さんホントに、平等に与えられたチャンスの時間です。
もう二度と来ないこの時間の一日の時間を精一杯、そして充実した楽しい日にして下さい。

今日は皆さんのおかげで、あたしはとてもいい日になりました」

私も感動しました。

参考URL:http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1132465299/


人気Q&Aランキング