ハイドロボールとセラミスは観葉植物を育てるうえで、
なにか、違いは出てくるのでしょうか??

A 回答 (1件)

両方ともハイドロカルチャーでの使用に変わりありませんが、一番大きな違いはハイドロボールは容器の下に水が溜まりますが、セラミスは自身が吸水するので器の底に水を溜めません。


ハイドロボールは原則的にハイドロ用の苗か観葉植物などの土を洗い落としてから使いますが、セラミスはセラミス植えといって軽く土をほぐした苗などをそのまま埋め込んで育てることも可能でその辺も違います。
セラミスの方が根ぐされの心配がないようです。
なお、下記参考URLのサイトにハイドロカルチャーに関する私の回答が乗っていますので合わせてご覧下さい。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=786940
    • good
    • 2
この回答へのお礼

拝見が遅れて申し訳ありません。
回答ありがとうございました。
ぜひ、参考にさせていただきます。

お礼日時:2004/03/13 22:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土植えからハイドロカルチャーにする時

 ホームセンターで売っている土植えの観葉植物(パキラやテーブルヤシ等)をハイドロカルチャーにしたいのですが、具体的にどのような手順で行えばいいのでしょうか?本には、洗った後に根ぐされ防止剤をしいて、レカトンと植物を入れると書いてあり、それはわかります。でも土からはずした後、二週間位は水だけで育てるというのもありました。この二つはだいぶ違うと思うので確かめたいです。
観葉植物は始めたばかりなので植物が枯れてしまうこともこれから当然あると思います。その時、原因を特定しやすいように曖昧な方法はなるべく避けるようにしているので確かな方法をお願いします。
 もう一つ、イオン交換樹脂栄養剤とゼオライトはどう違うのでしょうか?一緒に入れるのですか?

Aベストアンサー

#1です。
ハイドロカルチャーは基本的に室内でやりますので、屋外の一般の植物飼育とは一寸異なります。
というのは植物は光合成の為の光と水分と空気と栄養そしてその植物に適する温度があれば何時でも何処でも生育します。
勿論その植物本来の休眠期がありますので一概には言えませんが、本来冬眠するはずの動物も暖かいところで育てれば冬眠しないそうです。
ですからお住まいがどちらか解りませんがそれらの条件が揃えば基本的に種類や大きさに関係なく何時やっても大丈夫です。
ゼオライト+イオン交換樹脂栄養剤はゼオライト+液肥でも代替できますが、ゼオライトだけでは肥料分が無いので生育が遅くなります。
その場合は時々ハイポネックス等の液肥を規定量添加すれば大丈夫ですが入れ過ぎは禁物です。
また、イオン交換樹脂栄養剤は汚れた水をきれいにする作用もあるでその植物が生育しているときは常に入れておく必要があります。
生育しているかどうかは根の伸張具合や新芽の動きで見ることが出来ると思います。
書籍には、挿し木の時期は何時・植え替えは何時と色々書いてありますが、あくまでもそれは基本でその時期であれば誰がやっても大丈夫ということで書かれていると思いまが、私は前記の条件が揃えば何時でもやっています。
植物は生き物ですのでその植物の様子を常に観察しそして愛情を掛ければ掛けただけ答えてくれます。
そうすると何をして欲しいと言っているかが段々わかってくると思います。
綺麗に咲いた花には綺麗だよと言ってやると聞こえていてより綺麗な花が咲くといわれています。女性と同じかな?
可愛がってあげてより良いハイドロカルチャー生活をお楽しみ下さい。

#1です。
ハイドロカルチャーは基本的に室内でやりますので、屋外の一般の植物飼育とは一寸異なります。
というのは植物は光合成の為の光と水分と空気と栄養そしてその植物に適する温度があれば何時でも何処でも生育します。
勿論その植物本来の休眠期がありますので一概には言えませんが、本来冬眠するはずの動物も暖かいところで育てれば冬眠しないそうです。
ですからお住まいがどちらか解りませんがそれらの条件が揃えば基本的に種類や大きさに関係なく何時やっても大丈夫です。
ゼオライト+イオン交換...続きを読む

Qセラミスでの育て方について教えてください。

お世話になります。先ほど違う質問でも質問させていただていますが、
又お聞きしたいことがありますので宜しくお願いします^^;
名前もわからず使っていたのですが私がハイドロカルチャー?と読んでいた物がセラミスというものだったのがわかりました。
そこで
ワイヤープランツ、ポトス、などをセラミスで育てたいのですが今までポトスを育てていた際にはセラミスしかいれていませんでした。
が、ネットで見てみると根腐れ防止(ミリオン?)を底にしいてからその上に植物をのせて又上からセラミスをかけるという簡単な説明がのっていました。
これを機会に元気がなくなったポトスと頂いたワイヤープランツと正体不明の観葉植物^^;達を1つ1つセラミスに植え替えしたいのですがセラミスだけでなく根腐れ防止剤も入れた方がいいのでしょうか?又水位計も今まで使用していませんでしたが使ったほうがいいですか??
どうやってセラミスに植え替えした方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

セラミスとハイドロボールはよく似ていますが、メーカー側からの使い方説明では、使用方法が少々違いますね。
セラミスは根玉をつけたまま植え込むので、ハイドロボールのみよりも、広範囲の植物を植え込むことができます。また、ハイドロボールと同じような使い方も出来ます。

ご質問がいくつかに分かれていますが、お手持ちの4種の植物だとハイドロボール植えは可能だと思います。セラミス植えはもちろん可能です。最も根ぐされしやすいのがワイヤープランツだと思いますが、水遣りの仕方次第です。

ただ、現時点での(土を落としての)植え替えは、通常のお宅ならキツいと思います。観葉植物は全般的に熱帯のものが多いのでよく成長する暖かい時期に植え替えするのが良いのです。室温が最低気温で15度くらいを保てるなら問題ないでしょう。

ハイドロカルチャーの場合、水位計は使ってみてもいいでしょうが、ベンジャミンなど乾燥ぎみのほうが管理しやすいものには、あまり意味がありませんでした(^_^;;;
それより透明な容器に植える方がラクです。
セラミスで育てたことがないので、根玉に差し込むインジケーターの効用はわかりません。

土のない植え込みをご希望の場合、植物は土によって違う根を作ることがあり、土植えからだと水挿しなどで新たに苗を作ってからハイドロカルチャー仕立てにするほうがうまく行きます。(特にポトス、ワイヤープランツ)

どのような植え替えをお考えなのか分かりませんので、これくらいしか回答できませんが、、、

土植えの場合のままでも、有機肥料は絶対使わない、セラミス、赤玉土のようなもので表土を被い(マルチング)、水遣りに気を使うと随分と違います(^_^)

セラミスとハイドロボールはよく似ていますが、メーカー側からの使い方説明では、使用方法が少々違いますね。
セラミスは根玉をつけたまま植え込むので、ハイドロボールのみよりも、広範囲の植物を植え込むことができます。また、ハイドロボールと同じような使い方も出来ます。

ご質問がいくつかに分かれていますが、お手持ちの4種の植物だとハイドロボール植えは可能だと思います。セラミス植えはもちろん可能です。最も根ぐされしやすいのがワイヤープランツだと思いますが、水遣りの仕方次第です。

ただ...続きを読む

Q室内栽培用の土

最近雑貨屋さんで、“キッチンで育てられる野菜”の類の
食べられる野菜の栽培セットを購入しました。

室内で栽培するときに私が気になる点としては、
部屋の中に虫がわいてしまうことです。ベランダに出すことはないので、外から虫がつくようなことはないと思うのですが、
もともと土の中に虫がいて、それがわいてしまうと・・・困ってしまいます。
(園芸に虫はつきものだとわかってはいますが、室内でホッコリと楽しみたくて^^;)

その点では、室内用の栽培セットは土から虫がわくようなことはないし、
ベランダに出さなくても窓際で育てられる野菜を売っているしで、
室内栽培で気になる点をクリアしているように思います。

そこでふと、
「室内で栽培するときって、こういうセットじゃないと駄目なのかな?」と、
疑問がわきました。
【質問】土の中から虫がわかない、室内栽培用の土ってどんな種類ですか?

バーミキュライトとかパーライトとかピートモスとか・・・
ちょっと調べて名前は出てきたんですが、あっているのか何なのかわかりません。
何かと混ぜなくても、単体で使える?であっている??

それから、思いっきり商品名に「室内園芸用の土」とかついているのもありますが、
あれって何が入っているのか?
無菌とかなんとか書いてあるものがあるけど、イコール虫がいない?なのか??
。。。調べれば調べるほどわからなくなりました。

近くにひょこっと行けるホームセンターがなくて、
100均で売っているものでいいものないかな?と見てみたりはするのですが、100均だと思うようなものが見つからないし、虫がわきそうで不安・・・;;

詳しい方、アドバイスをお願いできませんか。
よろしくお願いします。

最近雑貨屋さんで、“キッチンで育てられる野菜”の類の
食べられる野菜の栽培セットを購入しました。

室内で栽培するときに私が気になる点としては、
部屋の中に虫がわいてしまうことです。ベランダに出すことはないので、外から虫がつくようなことはないと思うのですが、
もともと土の中に虫がいて、それがわいてしまうと・・・困ってしまいます。
(園芸に虫はつきものだとわかってはいますが、室内でホッコリと楽しみたくて^^;)

その点では、室内用の栽培セットは土から虫がわくようなことはない...続きを読む

Aベストアンサー

まず一つ押さえておきたいのは、室内園芸に発生する虫は、実は土から発生するものは少ないということです。ハダニやアブラムシは網戸の目より小さく、簡単に室内に侵入して知らないうちに大発生します。人の体や服に付着して室内に侵入することもあります。

販売品の土で「室内用」となっているものは、良心的なものなら殺菌消毒されたものもありますが、そうでないものも多数あります。室内用の重点が商品によって「軽量化」であったり、「ごみとして捨てられる」であったりまちまちだからです。

さて、虫がわかないということを主眼におくと、人工用土の「バーミキュライト」「パーライト」と、深い地層から採取される赤玉土、ピートモスを組み合わせた用土を、自作するのが一番安全ということになります。また、有機肥料は使用せず、かならず化成肥料を与えるようにします。
やむをえず市販の土を購入する場合は、原材料の表示のあるもので、「腐葉土」「堆肥」「有機肥料」の配合されていないものにしましょう。買ってきた後、未開封のまま直射日光の当たる場所で1週間ほど晒すのも、消毒法として有効です。

Q室内での植物の「土」、オススメはありますか?

観葉植物が好きで、室内にたくさんあります。
なるべく、カビや菌の繁殖を防ぎ、清潔な状態で育てたいのですが、
オススメの「土」何かありますか?

ちなみに、私の失敗談です↓
ホームセンターで「室内用観葉植物の土」のようなものを買って使っていたのですが、長く使っていると、
・表面が白くかびてくる
・鉢に顔を近づけると、カビ臭がする
という状況になり、とても不快です。
水をあげすぎではないと思うのですが、やっぱりかびてきます。

あまりに嫌だったため、室内全ての観葉植物を水耕栽培とハイドロカルチャーにして現在は過ごしているのですが、
特に水耕栽培は長らく続けることが難しいし、植物が弱ってくるような印象があります。

ハイドロカルチャーはとても好きなのですが、
鉢底に穴が開いているとこの方法は無理なため、
鉢の制限と、あまり大きな植物には使いにくいということで、
何かいい土(あるいは土のようなもの)があればベストだと、現在探しています。

アドバイス、お待ちしております。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「セラミス・グラニュー(以下セラミス)」というハイドロコーンよりも多孔質のハイドロカルチャー用の用土(というかこれも煉石ですが)があります。
ちょっとお値段高めですがホームセンターなどで手に入るとおもいます。
ある程度根鉢を付けた(根を傷つけず取れるところまでは取ってください)状態でもこのセラミスに移植できます。
また鉢底穴があいた鉢でも植えられます。
むしろそのほうが植物もイキイキと育つと言う見解もあります。
筆者宅にもいくつかありますが、夏場は外に出して冬場は室内保管で3年越しのものもあります。

ハイドロカルチャー(ハイドロコーン)は水位で管理するので、小鉢の場合だとどうしても水温が変わりやすく根が弱りやすいです。
一日中、できるだけ一定の気温が保たれるかまたは気温差が少ないところがベストです。

セラミスの水やりですが、普通の用土と変わらず表面が乾いた(セラミスは濡れると表面の色が濃くなりますから色が薄くなったらやり時です)ら水やりをすればいいです。
夏・冬と一定でかまいません。
多孔質のために空気がいつでも十分あるため普通の用土のように水のやり過ぎによる根腐れの心配もありません。

鉢底穴のない鉢でも同じよに植え替えができますが、水やりの管理がちょっとちがいます。
セラミスの水気(湿気といっても良いかもしれません)を検知するインジケーターが純正で用意されていますのでそれをつかっての管理となります。詳しくはHPをみてください。

筆者のおすすめは鉢底穴がある鉢のほうが管理がラクだとおもいます。

普通の用土でしたらアイリスオーヤマから出ているゴールデン培養土(こっちもちょっとお高いですが)が良いです。

参考URL:http://www.seramis.jp/

「セラミス・グラニュー(以下セラミス)」というハイドロコーンよりも多孔質のハイドロカルチャー用の用土(というかこれも煉石ですが)があります。
ちょっとお値段高めですがホームセンターなどで手に入るとおもいます。
ある程度根鉢を付けた(根を傷つけず取れるところまでは取ってください)状態でもこのセラミスに移植できます。
また鉢底穴があいた鉢でも植えられます。
むしろそのほうが植物もイキイキと育つと言う見解もあります。
筆者宅にもいくつかありますが、夏場は外に出して冬場は室内保管...続きを読む

Q【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体

【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体的にどうするのでしょうか?

初歩的な質問ですみません。お付き合いくださりありがとうございます。

家の郵便受けの足元(土です)に30センチ位空きがあるので、そこに動物のテラコッタを置くつもりです。

で、中にお花を入れたいのですが、私29歳にして園芸というかお花の知識がほぼないのです。
お教えください。

●花屋で売ってるポリポットに入ったものは苗なんですか?花なんですか?あのポットは仮の物なんですか?
あのポットのまま庭に飾ってる人なんていないんですか?

●花屋でポリポット入りの花?を買ったら、家に持ち帰ってズボッと中身を抜いてテラコッタへ移せば完了ですか?
そもそも花屋で買った物は必ず鉢やポットに移し変えるのが常識なんですか?

●栄養のある土(培養土?)ってよく売ってますが、アレってポットやテラコッタを使う人には必要ないですかね?
それとも土をポットなどに敷き詰めてそこへ買ってきた花?を植えるんですか?

以上、宜しくお願いします。

【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体的にどうするのでしょうか?

初歩的な質問ですみません。お付き合いくださりありがとうございます。

家の郵便受けの足元(土です)に30センチ位空きがあるので、そこに動物のテラコッタを置くつもりです。

で、中にお花を入れたいのですが、私29歳にして園芸というかお花の知識がほぼないのです。
お教えください。

●花屋で売ってるポリポットに入ったものは苗なんですか?花なんですか?あのポットは仮の物なんですか?...続きを読む

Aベストアンサー

まずポリポットと言うのは黒いビニールポットの事だろうと思います。
これは種蒔きの際に使用したり、樹木の苗の土を移植まで落とさないよ
うにする時に、一時的に使用する仮の鉢と思って下さい。
鉢に植えたままの方が購入者は管理がしやすいのですが、生産者側から
すると鉢(焼き物鉢やプラ鉢など)に植えてから出荷すると、コスト面
で採算が合わなくなってしまいます。苗の価格が高くなると購入する人
も少なくなるので、少しでも安くなるように生産者が考えた方法です。
畑に種蒔きをしてポットに入れるより、最初からポットに土を入れた方
が作業がはかどり、人件費も少なくなり価格を上乗せする必要も無くな
ります。家庭でも農家でも、最近ではポットに種蒔きをする人が増えて
いるようです。

ポットに入っている物ですが、花の苗であったり野菜の苗だったりしま
す。ほとんどのポットにはラベルが付けられているので、この苗が何の
植物なのかはラベルを見れば分かります。
樹木の苗に使用されている時は、ラベルは幹に付けられています。

先程に説明しましたが、ポットは一時的に使用する仮の鉢なので、この
まま鉢として使うのは出来ません。素材が黒いため太陽光線で得た熱で
鉢内が蒸れて根を痛めてしまうからです。また植物は生長と共に根を張
らせますから、ポットが破けたりして栽培が出来なくなります。

移植する時にはポットを外し、花壇や土が入った鉢に植えれば作業完了
になります。植物の種類によっては土を少し崩してから植え付ける物も
ありますが、普通はポットを外した状態で移植をします。

培養土とは栄養がある土ではありません。培養土の中に最初から肥料が
混ぜられてあれば、その培養土には養分が含まれている事になります。
そうでなければ、培養土に含まれている栄養は微量ですから、肥料を与
える時期には新たに肥料を施さなければいけません。植物を栽培する時
に、栽培する植物に適応するように作られた土と思って下さい。

テラコッタとはイタリア語で、素焼きの土器と言う意味があります。
1000℃から1300℃の温度で焼かれた焼き物の鉢ですから、通常
は培養土を入れて植物を栽培します。ポットに使用されている土の量と
テラコッタの空間を見比べて下さい。ポットの土の量だけで足りると思
いますか。足りませんよね。

ガーデニングには色んな作業があります。超初心者の方に全てを説明す
るのは難しいので、書店に売られている「はじめての」と書いてある本
を購入して、少しづつ勉強されて下さい。始めは難しいかも知れません
が、慣れてくれば楽しくなります。

まずポリポットと言うのは黒いビニールポットの事だろうと思います。
これは種蒔きの際に使用したり、樹木の苗の土を移植まで落とさないよ
うにする時に、一時的に使用する仮の鉢と思って下さい。
鉢に植えたままの方が購入者は管理がしやすいのですが、生産者側から
すると鉢(焼き物鉢やプラ鉢など)に植えてから出荷すると、コスト面
で採算が合わなくなってしまいます。苗の価格が高くなると購入する人
も少なくなるので、少しでも安くなるように生産者が考えた方法です。
畑に種蒔きをしてポットに入...続きを読む

Q観葉植物の葉がの先だけが茶色く枯れる

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない私にはどうして葉っぱの先だけが枯れてしまうのかわかりません。
別の同僚は「枯れてまっとるがや」と言いますが、植物自体は別段しおれている感じではないのです。

葉っぱは全部で20枚以上あると思いますが、外側のひとまわりの先っぽが茶色い色に変色しています。新しく出てきている葉は、とてもきれいなグリーンで元気です。

どのようなことが原因で葉の先が茶色くなるのでしょうか?

また、枯れかけた見栄えの悪い葉は茎からもぎとった方がいいと言われたのですが、まだしっかりと繋がっているものをもぐ勇気がありません。
しかし、やはり枯れた葉があまり見栄えがよくないのも確かです。
ちゃんと水やりなど、気を配っているのに、ちっとも面倒を見ていないように言われるのも悔しいです。
茎から黄色に変色してもろくなった葉は軽く引っ張るだけで抜けたりするので取ってしまうこともありますが、まだ元気ではあるものの先が茶色くなりかけた葉っぱももぎ取った方がよいものなのでしょうか?

説明が不足している点があるかと思いますが、アドバイスよろしくお願いします。

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない...続きを読む

Aベストアンサー

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている花は小さなまま何とか咲いた花が1つだけです。
元気にしてあげたいのですが、どうしたらいいのでしょうか?
[2002.10.10]
A 「スパティフィラム」の葉先の枯れは、根つまりですから植え替え、鉢を一回り大きくしたことは正解です。
悪い腐った根は取り除きましたか。
用土は半分くらい取り替えましたか。
その時にミリオンを入れて根腐れ防止対策は行いましたか。
またマガンプKなどの固形肥料を入れて置きましたか。
植替え後は日陰で管理しましたか。
水は乾いたら上げるようにしましたか。
葉先の枯れた葉は復活はしませんので、その部分を切ってください。
そうすれば,やがて必ず新しい葉が成長してくるはずです。
これからの時期は、少しカーテン越しの日光に当ててもいいです。あんまり日陰に置くと,花つきが悪くなります。
用土になじむのに2週間はかかります。
これはどの植物も同じです。
ときおり液体肥料をあげます。
葉を増やしたいなら、観葉植物用の市販の液体肥料でいいですが、花を目的とするなら、リンサン分の多い液体肥料を2週間に1回水遣り代わりに上げるといいです。
スパティは根がすぐに増える植物です。したがって,すぐに鉢の中が根が一杯になります。
年に1回あるいは2年に1回は植え替えするくらいです。また株わけも必要になってきます。
以上の注意点をもう一度考えてみてください

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~rinmodan/k-drtohei03q_list.html

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている...続きを読む

Q鉢底穴をふさぐ方法は?(ハイドロカルチャー)

観葉植物をセラミスやハイドロボールで植え替えようと思っています。
気に入った鉢があるのですが、鉢底穴が開いていてハイドロカルチャーには不適です。

この穴を塞ぎたいのですがよい方法(簡単な)を教えてください。
受け皿もあるのですが部屋の中に置きたいので水漏れは極力避けたいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

焼き物鉢は鉢底部分を塞いでも鉢の表面から水が浸み出すので、駄温鉢
や素焼き鉢、朱温鉢は使用されない方が無難です。ただし陶磁器製の鉢
は鉢の表面から水が浸み出ないので、鉢底だけを水漏れしないように塞
げば使用が出来るはずです。

鉢底穴を塞ぐ事を考えないで、鉢の中にガラスコップやプラスチック等
の透明容器を入れられた方が簡単だと思いますよ。
鉢に入れられると鉢土の表面だけしか分かりませんが、透明な容器を入
れると取り出して内部が観察する事が出来ます。
要は鉢を鉢として使用せずに、鉢カバーの代わりとして使ったらどうか
と言う事です。

Q観葉植物の土→木炭orハイドロカルチャーに変更

質問させていただきます。
現在、室内にいくつかの大小さまざまな観葉植物を置いていますが、
虫や見た目の問題から、現在の土ではなく別のもので生育させたいと
思っています。

具体的には空気を浄化する機能もある、木炭を砕いたものが第1希望で
次にハイドロカルチャーです。

植え替えの際には、単純に土を取り除き、木炭やハイドロカルチャーで
埋め尽くし、そこに植え替えるという方法でよいのでしょうか。
枯れたりしないものでしょうか。
育て始めてから間もないため、まだ鉢に根はあまりはっていません。

ちなみに、育てているものは以下です。
・モンステラ
・パキラ
・シュガーパイン
・アイビー

Aベストアンサー

育てていらっしゃるもの全部ハイドロボールで育てたことがあります。

丈夫な植物ですので土からハイドロにするのはそれほど難しくはないと思います。
ですが丈夫だからと言って必ず枯れないことはないです。
今のような寒い季節に植物に負担がかかるようなことはしない方がいいです。
もっと暖かくなって成長が活発になってからが安心です。


まず苗はよく洗って土を落とします。
容器は穴の開いていない透明がおすすめ。
透明なら水の残量がわかりますし、根の状態も観察できます。
(透明でなければ水位計も必要)
根腐れ防止剤をいれハイドロボールを少しいれ苗を入れて高さを調節し
周りをハイドロボールで埋めます。
根の細さによって粒の大きさを変えるのもポイントです。
簡単に書きましたが詳しくは検索するとたくさん出てきますので参考にしてみてください。

炭がいいなら炭ボールというハイドロ用のものが売っていますよ。

参考URL:http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=G515670F

Qポトスの葉っぱが茶色くなってきました!

部屋の中で育てているポトスの葉っぱが茶色くなってきました。
これはどういうことなのでしょうか?
水は3日に一回くらいあげています。

元のようにきれいな葉っぱにしてあげるにはどうしたらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

ポトスは条件が良ければぐんぐん育ちますが、空調の風、低温、直射日光、乾燥などに弱いです。
部屋の中でということですので、冷害はないと思いますが、夜間冷え込む場合などは少し注意が必要です。
特に原因が思い当たらなければ、土が乾燥しやすいのかもしれませんので、お水を1~2日に1回くらいに増やしてみて下さい。もし、根付きが悪そうであれば、しばらく水耕栽培に切り替えてみて下さい。
ちなみに、一度葉が茶色くなってしまうと、その葉が元の緑色に復活する事はありません。(もちろん、ツタの先頭は以後も育ちます)

Qセラミスにカビが発生して困ってます・・・

セラミスを使って室内で観葉植物を育てています。(小さなガラスの鉢に一つづつ植えてます)晴れた日は窓を開けて窓辺に置いて日に当ててますが、2日位雨がつづくと土の表面に白いカビが出てきます。一度全部土を変えたのですが、またカビが出てきました・・・どうしてでしょうか??

Aベストアンサー

 セラミスは使ったことがないのですが、ハイドロは使っています。生きている物を植えるわけですから、カビが出ることはあります。土を変えても植物や容器に菌が残っていればまた出てきても不思議はありません。水を入れすぎず、風通しをよくし、容器や土は熱湯消毒するのが良いかと思います。

参考URL:http://www2k.biglobe.ne.jp/~koyamaen/bbs4/744178445850597.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報