柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

家族はなぜ大事なのかを伺いたいです。

なお、ここでは

家族: 自分の両親・兄弟姉妹および親族
家庭: 自分の配偶者・子供

と区別して考えます。
ちなみに、私には家族も家庭もいません。

家庭が大事というのは理解できます。配偶者は自分の愛する(愛した)人ですし、子供は愛する人との間にできた人ですから。
相手が自分に愛情を持ってくれているかどうかは別として、自分が築きあげた家庭に愛情がわくのは当然です。

ただ、家族についてはどうでしょうか。
家族は自分が築きあげたものではなく、生まれたときから存在していたものなので、それ自体に愛情がわくかどうかは怪しいと思います。

両親や親族は必ずしも趣味や価値観が一致するわけではないでしょうし、必ずしも話があうわけでもないでしょう。
これって、一般的には「仲のよくない関係」だと思います。

つまり、家族は「血がつながっている」という一点のみで繋がっているのであって、それを除けば赤の他人と変わらないのでは? というのが私の疑問です。

家族が大事と考えうる理由として

・過ごしてきた時間が長いから
→小学生にもなれば学校に行くため、家族と過ごす時間は少なくなります。
思春期にもなれば部活をやったりして、家族と過ごす時間よりも友人と過ごす時間のほうが長くなるはずです。

・幼少期の家族の影響が大きいから
→人生観や価値観の形成においては、家族よりも友人や先生との関係のほうが大きく左右するのではないかと思います。
確かに「虐待家庭であったのでネガティブな子供に育った」などはあるかもしれませんが、それは特殊な例だと思います。

以上を踏まえて、なぜ家族が大事とされているのかを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

30代女性。


面白い質問ですね。
私も家族がなぜ大事だとかということ自体疑問に思ったことはありません。

言葉にしたことがなかったので言葉にしてみます。

1)相互の価値の認証体であること
質問文にもあるように、親は子供に愛情を持っています。
人間は、愛情を与えられるとそれを返そうとします。
それを返すことによって、自分も満足し、相手が満足するからです。
自分のことを大切に思っている人間には幸せになってほしいです。

2)自分のオリジナリティを共有する原初の所属体であること
オリンピックで日本人を応援するように、所属グループが同じなら好意を持ちます。
また所属グループ内での独自ルールが世間ルールより正しいです。

ある家庭Aでは「洗濯物は下着は分ける」Bでは「一緒に洗濯」
Aの人がB家にいって「ありえない!」と叫んでも
B家がAのルールに変更する必要はありません。
でもこのAの人が家に帰れば、Aの家族には愚痴を聞いてもらえますよね。
ここで大切なのはどちらが正しいかを決めることではなく
「そのルールも正しい」と思う人にグチを聞いてもらえることです。
こうやって精神が安定するのです。

3)限定されたグループ内で持つ問題を共有する相手だから。
「おばあちゃん最近ボケてね」と友達と会話。。。してもそれで終わり。
友達は介護問題をなんら解決してくれないし、負担をかけたくないものです。
しかし家族なら、1人が24時間介護していたら今晩は私が交代するねとか
3人で集まって「悲しいけどやっぱり施設にお世話になろう」「お金は分担して」とか
「本当に具体的に困っている重たい問題」を「解決に向けて」相談できます。
もちろん、友達には特に「同じ年齢」で悩むことなどたくさん相談するとしてね。

4)生活を共有する相手だから
「ああ、月がきれいだね」「ほんとだ、大きいね」なんて、
友達にメールするようなことでもないほんのちょっと。
を、積み重ねたのが家族ではないでしょうか。
相手がいなければ「月がきれい」と思ったで終わりなのですが、
「会話しながら一緒に歩いた」ということ
それって人生そのものではないかな。人生の共有ではないだろうか。


大体こんな感じかな?感情って言葉では全部表せないことも多いし、
感じたことない人には伝わらないことも多いでしょうね。

結構内容がかぶっていてそれぞれ別の書き方をしただけかも。

人間が生きることって何でしょう?
人生ってどうしたら楽しくなるんだろう、と考えたとき。

誰かに自分の努力について「大変だったね」とか「がんばったね」とか
「おまえが誇らしいよ」と認められることって、すごく大事なんだよね。

恋人(配偶者)がすごく強くそれをやってくれる
または、会社の業績になったり、社会に認められたりする
人間の幸福ってすごく他者依存なんだけど、
それの基本的な最初の受け皿が、家族なんだろうね。
だから大事なんだろうなと思います。

いずれあなたの配偶者が自分の親の介護問題について相談してくると思いますので
その際は少し、困るかもしれませんね。
「あなたが老人になったときに、子供達が自分の処遇について
相談していること」だと思って
相談にのってあげれば、理解しやすいかもしれないです。

あなたの人生が幸福になるようにお祈りします。長文失礼しました。
    • good
    • 13

えっ思い出があるからでしょ。


家族や家庭、親友、悪友が大事なのって自分の中に彼らとのたくさんの思い出があるからです。楽しいこと、たまには喧嘩したりとか、色々ね。それがあるから大事に思える。
    • good
    • 4

育ち方の問題で、そう感じるのではないでしょうか。



私もそうですが、幼少期あまり両親に愛されて育ったと思っていませんでした。
また性格の厄介な祖父や叔母がいて、この人たちは苦手でした。

自分が年を取り、中年になってきて、今まで見えなかったあらゆるものが見えてきました。
両親は決して愛情がなかったわけではなく、その表現方法が不器用で下手なので、幼少期の自分には
伝わらなかったこと。
厄介な祖父や叔母と同居していたので、母が散々苦労していたこと。

色々分かってくると、自然に両親に対して見方が変わり、愛情を感じることができ、
そうなると、大事な人たちと思えてくるようになります。
叔母はそう思えないので、絶縁してます。祖父は亡くなりましたが苦手意識しか残っていません。
皆さん仰っておられるように、血の繋がりというより、愛情を感じてきたか、だと思います。

「家族が大事とされている」という世間の概念より、「自分がどう感じるか」を優先していいと思いますよ。
それに一番大事なのは、やはり私は家庭ですしね。(特に娘は一番かけがえのないものです)
    • good
    • 1

家庭は、家族でできている小さな人間社会だ。


家族が大事に思えないなら、その家庭は壊れる。
    • good
    • 3

結論からいうと私は家族は大事だと思っていません。


私は家族を自ら捨てた身です。
私にとって家族は柵に過ぎず、母親を軸とした連合組織に属することをよしとしませんでした。
そんな私が結婚した人は成人した娘が二人いる男性でした。
まだ自立していなかった下の義娘から私は「家族じゃない人」と呼ばれてました。
あまりに「家族」を連発するので、彼女の気持ちを考えてみたのです。
庇護される立場の人にとって、家族はいわば基地。
そこへ部外者が入り込むと、自分は危機にさらされることになります。
既に成人しているといっても、彼女はニートでした。
毎月父からもらうお小遣いも減らされてしまうだろうし、なにより将来手にするはずだった父親の財産が2分の1から4分の1に減ってしまう。
父親の世話をするという名目で今まで働かなかった彼女にとって、これは死活問題だったのです。
このように「家族」という言葉の裏には、損得勘定が根強くあるということです。
私が実家を捨てた理由もそこにありました。
殊更「家族」に重きを置く人は、そこにしがみ付くしか生きる術がないと思い込んでいると私は判断しています。
    • good
    • 4

私は6歳で戦災孤児になりました。

父の顔も知りません.いつも親がいたら:兄弟がいたらとと家族の事かんがえていました。
家族の大切さは身にしみています。
    • good
    • 3

そういう理論で行くと「仲のよくない、血が繋がっているだけの、赤の他人と変わらない」家族に育ったと言える私です。



いろいろあって両親は熟年離婚してますし、家族への愛着は薄いと認識しています。
でも、どう言ったら良いのか、そんな私でも幼い頃の家族の思い出は大切に思います。

幼い頃に両親がケンカし、夜に母が家を出て行ったことがありました。
と言ってもしばらく時間を潰して帰ってきたんですが。
その時の、まさか母が自分達を捨ててどこかへ行くはずがない、という気持ちと
本当にこのまま母が帰ってこなかったらどうなるんだろう、という不安のせめぎ合い。
説明はできない感情です。その時に体験した感情を今も覚えているのです。
幼いながらに自分が存在し生きて行くうえでどれだけ家族を必要としているかという事を知る出来事でした。

子供にとって家族や家は言ってみれば基地のような存在です。
最初は家のなかだけで過ごし、幼稚園小学校と外に出る機会が増えて行き様々な体験をする。
つらいことや困ったことがあって動揺しても、とりあえず家に帰ろうと思う。
家に帰れば安心する。家には平和な生活がある。
母の手料理を食べて温かい布団で寝てまた明日を迎えるという当たり前の日常がある。
これがどんなに大切でありがたいことか、もちろん子供に自覚はないのだけど、家族は絶対的な存在です。
血の繋がらない親子であってもそれは同じだと思いますが、自分を産んでくれた人が目の前にいるとう生活はさらなる大きな安心を保障してくれます。
幼い子供にとって安心できる安定した家庭環境がどれほど大事か。
それを築くのにはやはり実の親子が一番適していて理想的です。

<→小学生にもなれば学校に行くため、家族と過ごす時間は少なくなります。

その通りですが、三つ子の魂、百まで、という言葉が表すのは小学校以前の幼少期の影響がどれほど強いかという事です。

<→人生観や価値観の形成においては、家族よりも友人や先生との関係のほうが大きく左右するのではないかと思います。

それはどうでしょうか。少なくとも私の経験上、最後は親の価値観に左右される人が多いと感じます。
親に従う場合も逆らう場合も、意識してのことでも無意識のことでも、です。
友人や先生という家族とは違う立場の価値観に触れて成長する。
それはベースに家族によって形成された価値観があるからこその事では。

今では家族と希薄な関係になってしまった私ですが、幼い頃には父と母と兄弟がいて笑って過ごした時間があった、その事はかけがえのない思い出であり自分の基盤になっていると感じます。
家族の存在が大きな意味を為すのはおもに思春期以前の家族や家庭環境です。
血の繋がった赤の他人…、言いようによってはそれに相違ないのですが、単純な話、顔かたちが似てる、同じクセがある、そういった事も安心材料なのは確かです。
自分と同じ血が流れてる人が傍にいる安心です。やはり説明は難しいですね。

結局は「説明できない」ところに家族の価値があるんじゃないでしょうか。
    • good
    • 3

家族が大事だと思える人はすなわち家族から大事にされた、愛情を受けた人です。

きっと。
血のつながりとかはあまり関係ない。養子だって、義理の親だって自分を大事にしてくれる人には愛情を返したくなる。逆にいくら血がつながってたって愛情を与えてくれなかった家族には冷めた感情しか持てない。
    • good
    • 1

こちらの質問者さんの問いかけは、


一般的な人にとっては当たり前の事過ぎて、なぜ疑問に思うのかすら理解しにくい事柄でしょうけど、
質問者さんは、家族も家庭もないとのことなので、
この家族のあり方と言うものに対する純粋な探求や興味や、理解したい欲求から来ているのだろうと推察します。
決して軽い気持ちではないのであろう・・・と。

見当違いでしたら御容赦くださいね。

ということで、我々家庭も家族も持つモノとしては、
その感情の所作と言うものを説明申し上げるしかないのではないかと思います。

子であり父である身として、子や家族に対してどのように思うのか。
つまり、【何があっても最終的には味方であるという鉄則のような感じ方があるという事についてです。】

もちろん例外はあるでしょう。
親殺し子殺しなどですね。
しかし普通は血縁というものは、「コイツに何かあったら、何かしたヤツを殺してでも復讐するし、そうならないように守る!」と
自然に考えてしまうものです。

そして「それらはなぜ?」という疑問すら出てこないくらい「自然な欲求」によって発露します。

人を好きになるのに理由が要らないのと同じように、
人を大切にしたいと思うのにも理由は要らないのでしょう。

もっと端的に言うと、
「感情に理由は要らない」と言うことです。

ですから血縁がない義理の親子であっても、親子という縁で結ばれたコミュニティであれば、
同様の感情を抱く事になるでしょう。


このコミュニティというものが、人が生存していく上で必要な安全保障機構と考えるならば、
自分を守ってくれない、相手を守る必要のないコミュニティであれば、そんなもの不要だ!と思うでしょう。
それは、生きていくうえで大切だとは認識できないでしょう。
つまり、そんな風に自分を絶対的に守ってくれるコミュニティとしての家族を持たない人には
家族は理解できないものなのかもしれません。
しかし、こうして育ったと言う事は、家族に代替する何らかのコミュニティがあるのではないかと推測します。
それは、家族と同等の存在と言えるのではないだろうか。
それは人なのか組織なのか概念なのかはわかりません。
ただ、受容を知らない人間だけが一人ぽつんと存在できるほどには、この社会は寛容ではないと思います。
この社会に適応できるだけの常識や価値観をはぐくんでくれた存在があるはずなので、
それを家族と同等と認識する事は可能かもしれません。

見当違いでしたら御容赦くださいね。
    • good
    • 1

 答えが出てるような気がしますが。



 夫婦とその子は「愛した人」「愛した人との間に出来た子」なので大切という事で、「親にとって」家族はかけがいのないモノなので大切という事です。

 愛情は多くの場合、基本的に親から子供への一方通行で、子供が親を大切に思うかは、育った環境次第という所でしょうか。

 で、血の繋がりというのは不思議なモノで、甥や姪も可愛いのです。
 親の兄弟からしたら、甥や姪に当たる自分も可愛がられている事が多いです。

 ----------
 …というのがベースにあるのですが、ネグレストやDV、親との確執などで、親子(特に大人になってから)は中々うまくいかないのが現状かと。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあなたにとって一番大切なものは何ですか?

こんにちは☆
私は大学生の女です。

えーと、タイトルの通り、あなたにとって一番大切なものを教えてください!!

例えば、、恋人、子供、親、お金、趣味のもの、いろいろあると思います。

あと、出来ればあなたの家族関係(?)もおしえていただけると嬉しいです。
つまり、「彼女がいるけど、お金が一番大事」とかそういうことが知りたいので。

ちなみに、私は大学生、1人暮らしで彼氏がいます。
一番大切なものは彼氏です。

たくさんのご意見お聞かせくださいm(__)m

Aベストアンサー

彼女です。
たとえれば何があっても彼女が人殺しをしようとも味方でいますし親とどっちか選べって言われても親は好きですし感謝してます、ですが申し訳ないですが迷わず彼女を選びます。

Q家族と友達どっちが大切ですか?

皆様は、家族と友達どちらが大切でしょうか?
理由もつけてもらえれば、幸いです。

Aベストアンサー

考える間もなく「家族」です。

もっとも、どちらも大切なのは言うまでもないですが(当たり前だから)、敢えて理由を挙げるとすれば、一番苦楽を共にしている仲間だから、といったところでしょうか。
結局、自分が一番困っている時に親身になってくれるのは家族ですし、もちろん自分もそのようにするでしょう。

友達が困っている時も助けになりたいと思いますが、どこまで踏み込んで良いのか難しい面もあります。もちろん、とても大切な人なら、がんがん力になりたいところですが、その行動がどこまで責任が持てるかは不明ですので。
家族の場合は、結局何があっても一緒にいるので、言わば自分の人生にも家族の人生にも責任をもつということになるのかな・・・?
少なくとも自分はそう考えていますが。

歳をとったからそう思うようになったのかもしれませんね。
自分が中学校のときは友達のことで頭がいっぱいでしたから。

Q家族を大切にするって、どういう事でしょうか?

家族を大切にしていますか?の問いにピンと来ませんでした。何の事を言ってるのか分からないです。大切にするって、仲良くするみたいな意味でしょうか?

家族を大切に出来る人になりたいのですが、どのようにすればいいのでしょうか?

また、家族というのはどこまでの範囲を指しているんでしょう?結婚して配偶者が居ますが配偶者の事でしょうか?実家の両親、兄弟の事でしょうか?夫の実家も入るのでしょうか?

私の自己紹介としては、実家の両親、兄弟を好きではありません。母とは先日わだかまりが解けたのですが、父や兄弟とはダメです。母の事も好きになったとは違います。将来的に好きになるとかあるかもしれませんが、わだかまりが解けて直ぐに好きになるとかはありません。最近よく喋るようになったくらいです。

家族を大切にしていますか?って、その質問した人が聞きたいことが何か分からないくらいピンと来ません。教えて下さい。

Aベストアンサー

思い想われての関係ですからね。好きになって御結婚された配偶者様をあなたらしさで愛しお子さんがいるなら次にお子さんを大切にし配偶者様の御家族はま、いい関係でいればいいのかな?広く浅いお付き合いがいいかもしれません。ご実家は挨拶程度出来ていればいいのかな⁉無理に好きになることはないし無理をすると心に負担が来てしまいます。自分を中心にどれくらい好きかそうでないか書いて見ると案外分かりやすくなります。理由も書いておくと更に分かりやすくなります。ありのままでいいのですから。安心してください。

Q親を大事に思う子、思わない子の違い

親を大事に思う子と、思わない子の違いはどこから生まれるのでしょうか。
大事に思う思わないというとちょっと違うかもしれませんが・・・。
私は、結婚して家を出ても、両親のことが大事で、いつも両親のために何かしてあげたいと思っています。
自然とそういう気持ちがわいてきます。
しかし夫は自分の両親に対してそういう気持ちがわかないんだそうです。
父の日、母の日、誕生日さえも祝ったこともなく、お正月にも実家に帰るのが面倒と言っていました。
息子を合わせてあげるために連れて行こうとも言いません。
今年の父の日には、私から、たまには連れて行ったほうがいいんじゃない?と言っても、結局行かなくていいと行きませんでした。

親に対するこの気持ちの違いってなんなのでしょうか。
私がなんとなく思いついたのは、
1.男女の違い
2.長男長女、それ以外の違い
3.親の育て方、親の振舞い方の違い
4.性格
です。

でも1については、男性でも父の日、母の日、誕生日を祝う方もいらっしゃると思いますし、逆に女性でもしない方もいらっしゃるように思います。
2については、私は長女で、夫は長男ではありません。
私の中では、長女だからいろいろしてあげなくてはという気持ちはまったくないのですが、自分の気づかないところでそういうこともあるのかなと思ったり・・・。
3については、私の両親は、自分のことはいつも後回しで、子供を第一に考える人です。
また子供がやりたいと思う子とは、禁止せずにやらせてくれ、見守ってくれるほうでした。
また、祖父母に対して、旅行に連れて行ってあげたり、お食事に連れて行ってあげたりといつも親孝行的なことをしているのを見てきました。
そういう姿を見て、今まで自分のためにいろいろしてきてくれた両親に対して孝行したいと思うし、祖父母を大事にしていたように私も大事にしたいと思うのです。
夫の父親は、単身赴任で離れていたことがあったり、母親は、自分のやりたいことに夢中で外に出ていることが多く(仕事はしてなかったそうです)、まだ小さい頃なのに、夕食作りは子供たち(全員男性)がローテーションでやらなくてはいけなかったそうです。
ゲームもテレビも禁止されていたので、親がいないときにこっそりテレビをみたり、友達の家に入り浸ってゲームをさせてもらっていたらしいのです。
祖父母は離れて住んでいることもあり、祖父母と旅行に行ったりお食事したりしたこともないそうです。
こういうところから、自分たちがいろいろ親にしてもらったという気持ちが薄れてしまっていたり、親が自分の親に孝行的なことをしていなかったので、そういう考え自体が浮かばないのかなと思いました。
4に関しては、夫はかなりの面倒くさがりなので、自分が楽しければいいらしいので、親がどうであろうといいのかなと思ったり・・・。

将来自分の息子に親孝行して欲しい、とまでは言うわけではありませんが、夫が言っているように、どうでもいいとまで思われるのは少々寂しいです。
性格ということなら仕方ないのかもしれませんが、育て方や親への振る舞いが関係するのであれば、気をつけないといけないなと思いまして(笑)

皆さんのこのような例を聞かせていただけると嬉しいです。
親に関して無関心だけど、こんなふうに育ったらしいとか、そのようなことを。
2や4についても教えてくださると嬉しいです。
すべてが当てはまるとは思っていませんが、たくさんのご意見を聞いてみたくて質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

親を大事に思う子と、思わない子の違いはどこから生まれるのでしょうか。
大事に思う思わないというとちょっと違うかもしれませんが・・・。
私は、結婚して家を出ても、両親のことが大事で、いつも両親のために何かしてあげたいと思っています。
自然とそういう気持ちがわいてきます。
しかし夫は自分の両親に対してそういう気持ちがわかないんだそうです。
父の日、母の日、誕生日さえも祝ったこともなく、お正月にも実家に帰るのが面倒と言っていました。
息子を合わせてあげるために連れて行こうとも言...続きを読む

Aベストアンサー

基本的には、3しか理由はないと思います。

1.
イベントをまめにする人が本当に大事に思っているとは限らないです。
私のように、世間体を気にして行っている人間もいるはずです。

2.
何かの本で、長女は親孝行するタイプと読んだ気がしますが、
出生順序で決まるとはとても思えません・・・。
跡継ぎとして重きを置かれた時代の長男というならわかりますが。
ちなみに、モンゴルでは跡継ぎは末子なんだそうです。
最後まで家に残っているのが末子だからだそうです。
合理的で感心しました~

4.
性格の問題はあるでしょう!
何の理由もなく親にも感謝できないほど傲慢に育ってしまったとなれば、
当然大事になんかしませんよね。
タカリまくって、一生スネ齧っておしまい。

3.
親の子への接し方・育て方、親の生き方、これは絶対影響すると思います。
虐待の被害者である子供が親を大事にしようなどど思えた時は、
ついに狂気に落ちたか、もくは解脱してしまったに違いないです。
残念ながら、まだどちらの境地に至ることができません。

>自分のことはいつも後回しで、子供を第一に考える人です。
親自身の人生の意味を考えられるような客観性が持てる年齢になると
この態度は少し重荷に感じてしまうでしょうが、
幼い頃ならパーフェクトな親御さんだと思います。
>また子供がやりたいと思う子とは、禁止せずにやらせてくれ、見守ってくれるほうでした。
これも素晴らしいですね。
それだけの自制心はなかなかもてないものです。
>親孝行的なことをしているのを見てきました。
全くもって素晴らしいご両親です。
やはり、子は親の鑑なのですね、
ですから質問者さんもご両親を大事に思われるのでしょう。

質問者さんがご自分のご両親を見習うことができ、
また普段から旦那様と互いを尊敬しあう姿をお子さんに示すことができれば、
きっと親孝行な人に育ってくれると思います。

基本的には、3しか理由はないと思います。

1.
イベントをまめにする人が本当に大事に思っているとは限らないです。
私のように、世間体を気にして行っている人間もいるはずです。

2.
何かの本で、長女は親孝行するタイプと読んだ気がしますが、
出生順序で決まるとはとても思えません・・・。
跡継ぎとして重きを置かれた時代の長男というならわかりますが。
ちなみに、モンゴルでは跡継ぎは末子なんだそうです。
最後まで家に残っているのが末子だからだそうです。
合理的で感心しました~

4.
...続きを読む

Q皆様にとって家族とはどのようなものですか?

初めましてm(__)m

最近家族というものに疑問がわくことがあります。
そこで皆様に質問なんです。

かなり大雑把な話ですが、うちの親は「一緒にいる時間が一番長く、一緒に食事をして、自宅で寝る」のが家族だというんです。

私はこいった形式を満たしているだけよりも、信頼関係などが強いのが家族だとおもうんです。


極端な話、仕事後はまっすぐ帰宅して、ご飯も家族と食べ、12時前には自分の布団で寝る。でも、会話もろく似なく、一緒に食事をしても味気ない、信頼関係もない。相談なんて絶対したくない。



仕事後は遊びに出かけて、食事は外食、夜は遅くなれば2、3時に帰ってくる(時々外泊)、でもたまに家族そろったときは会話も弾み、尊敬しあえて、信頼関係も十分にある。相談もしやすい。

どちらがいいのでしょうか?形式だけの家族?信頼関係の家族?

また、
皆様にとってどのような状態(条件)が家族でしょうか?
理想の家族ってきいたほうがいいのでしょうか…?
それとも家族内での価値観ときいたほうがいいのでしょうか…?


皆様の思い思いの考えで回答してくださってかまいませんので、よろしくお願いします。


*↑とかいてますが、戸籍が一緒だから家族とか、血がつながってるから家族というようなのはのぞいてください。

初めましてm(__)m

最近家族というものに疑問がわくことがあります。
そこで皆様に質問なんです。

かなり大雑把な話ですが、うちの親は「一緒にいる時間が一番長く、一緒に食事をして、自宅で寝る」のが家族だというんです。

私はこいった形式を満たしているだけよりも、信頼関係などが強いのが家族だとおもうんです。


極端な話、仕事後はまっすぐ帰宅して、ご飯も家族と食べ、12時前には自分の布団で寝る。でも、会話もろく似なく、一緒に食事をしても味気ない、信頼関係もない。相談なんて絶...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。
う~ん、父、母、祖父、祖母、叔父、叔母。皆厳しかったですが、反面たとえ私が人を殺そうが破産しようが最終的には絶対的保護を与えてくれる人たちだと感じることができました。幸いなことに確認する機会はありませんでしたが(笑)。
今私は40を過ぎ、ここに至るまでに絶対的保護を与えてくれるはずだった人々は一人また一人と旅立って行きます。そしてその過程を経て、私の中には寂しさが募る一方で強さが育って来ます。
ですから私は子供達には絶対的保護を与えていますし、彼らも大人になれば理解して、彼らの子供にそうするでしょう。
私にとっての家族とはそう言うもので、産まれた時からそこにありましたから、それ以外のものは分かりませんしどうでも良いです。家族で殺し合うケースも珍しくないのは知っていますが、理解することはできませんし私の家族観が変わることはありません。望んだとしても他の家族を得ることはできませんから考えるだけ無意味なのです。
ですから、こう言っては失礼なのかな、このご質問の様に他の人の意見を聞くことにもあまり意味があるとは思いません。

あ、最後に念のためですが、私の友人や知り合いの全ては私が家族を大切にしないドライな人間だと思っています。家族にベタベタすることを世間様に見せるのは格好悪いという考えの持ち主ですので(笑)。

#1です。
う~ん、父、母、祖父、祖母、叔父、叔母。皆厳しかったですが、反面たとえ私が人を殺そうが破産しようが最終的には絶対的保護を与えてくれる人たちだと感じることができました。幸いなことに確認する機会はありませんでしたが(笑)。
今私は40を過ぎ、ここに至るまでに絶対的保護を与えてくれるはずだった人々は一人また一人と旅立って行きます。そしてその過程を経て、私の中には寂しさが募る一方で強さが育って来ます。
ですから私は子供達には絶対的保護を与えていますし、彼らも大人になれ...続きを読む

Q作文の添削をお願いします。

作文の添削をお願いします。
題は、「自分にとって大切なこと」です。

これの3分の2程度も短くしなければならなくて困っています。

内容も、誰かを説得するような変な文章になってしまったので、直したほうがいい表現などありましたら、引用の上文章を訂正して、知恵を貸して頂けたら嬉しいです。


================
自分の生き方を持つことです。
成り行きまかせの人生ではなく、自分が幸せになる生き方を考えて、行動することがいちばん大切な事だと思います。自分がこれでいいと確信できる生き方を持って生きている人は幸せな人です。「自分の生き方はこれだ」と胸を張って言えるよう、何となくの生き方ではなく、自分で決めた生き方をしたいと思います
人に気を使うことや人を意識することは、悪いことではありません。また、人間関係の中でイヤな思いをしてしまうのも、ある程度はしかたがないと思います。でも、人に左右されすぎて幸せに暮らせないのは問題です。人よりも自分、自分の幸せが大切だと思います。自分にとって大事なことは何かを考えてみます。
自分はこの人生の中で何をしたいかを考えて、自分にとって大切なことは何か、大切な人が誰かを考え、そのために、一生のうちに何度かは自分の生き方を真剣に考えたいと思います。そのための時間を生活の中に作り出すことは、難しいことかもしれません。
忙しいからと言って、ズルズルと過ごしては一生の損です。もし、まとまった時間が作れないのなら、一日に少しずつの時間でもいいから自分の生き方を考える時間を持ちたいと思います。自分が一番理想な「趣味を通して考える、これからの新しい生き方」は厳格に考え過ぎてもだめだと思います。自分の生き方は途中で変わってもかまいません。その時々に自分が納得した生き方をして、楽しいと思えれば些細な幸せにつながります。
後から考えて問題があっても、その時々に自分が信じた生き方をすれば、後悔はしません。
自分の生き方を「幸せになる方法」の1つとして、自分なりの幸せな生き方を明確な言葉にすると、「人生をおもいっきり楽しむ」や「いい人生だったと言えるように生きる」や「夢を持ち続ける」や「人や社会に貢献する」や「幸せに暮らす」など、何でもいいのです。こういう生き方が自分の幸せになる方法だと、これから言えるようになりたいです。
 自分の生き方がはっきりしたら、それを信じて生きていこうと思います。信じようと思えば必ず信じられます。信じて実践した結果が良ければ、信じる度合いは徐々に強くなります。迷って立ち止まっていないで、まず、信じて行動を始めてみたいと思います。
今以上に自分の生き方を実践する努力をしてみたいです。
信じたら安心して終りでなく、信じた次の瞬間に力強く行動することです。明日の幸せを信じて、幸せになる生き方を実践することが重要です。自分の生き方を持つということは、自主的に生きるということです。自主的に生きることが幸せを感じられる生き方の基本だと思います。自分らしく、幸せに生きるためには、ひとりの時間を大切にして、自分のことをよく考えてみるのがいいと思います。
不幸になる考え方をしやすい人は、ひとりで考えることを無意識に避けてしまうような気がします。
大切なもの(事・人・物)ともっとうまく関わって楽しめる方法はないかと考えれば、「どうしたら自分がやりたいことができるか」「どうしたら夢や目標を実現できるか」「どうしたら自分がほしいものを手にいれることができるか」などと考えてみればいいと思います。すぐにいい答えは見つからないかもしれませんが、それを繰り返し考えるうちにきっと何か答えが出てくるのではないかと思います。

作文の添削をお願いします。
題は、「自分にとって大切なこと」です。

これの3分の2程度も短くしなければならなくて困っています。

内容も、誰かを説得するような変な文章になってしまったので、直したほうがいい表現などありましたら、引用の上文章を訂正して、知恵を貸して頂けたら嬉しいです。


================
自分の生き方を持つことです。
成り行きまかせの人生ではなく、自分が幸せになる生き方を考えて、行動することがいちばん大切な事だと思います。自分がこれでいいと確信できる...続きを読む

Aベストアンサー

文が全部で32個ありますね。
グループ分けしてみましょう。

【題目】
1自分の生き方を持つことです。

第1章【自分が持つ「生き方」の定義】
26明日の幸せを信じて、幸せになる生き方を実践することが重要です。
27自分の生き方を持つということは、自主的に生きるということです。
28自主的に生きることが幸せを感じられる生き方の基本だと思います。

第2章【「生き方」の具体例】
14自分が一番理想な「趣味を通して考える、これからの新しい生き方」は厳格に考え過ぎてもだめだと思います18自分の生き方を「幸せになる方法」の1つとして、自分なりの幸せな生き方を明確な言葉にすると、「人生をおもいっきり楽しむ」や「いい人生だったと言えるように生きる」や「夢を持ち続ける」や「人や社会に貢献する」や「幸せに暮らす」など、何でもいいのです。

第3章【生き方を考えること、考える時間を作ることが大切だ】
2成り行きまかせの人生ではなく、自分が幸せになる生き方を考えて、行動することがいちばん大切な事だと思います。
4「自分の生き方はこれだ」と胸を張って言えるよう、何となくの生き方ではなく、自分で決めた生き方をしたいと思います
9自分にとって大事なことは何かを考えてみます。
11そのための時間を生活の中に作り出すことは、難しいことかもしれません。
12忙しいからと言って、ズルズルと過ごしては一生の損です。
13もし、まとまった時間が作れないのなら、一日に少しずつの時間でもいいから自分の生き方を考える時間を持ちたいと思います。
29自分らしく、幸せに生きるためには、ひとりの時間を大切にして、自分のことをよく考えてみるのがいいと思います。

第5章【大切なことだけでなく大切な人が誰かを考えることも必要だ】
10自分はこの人生の中で何をしたいかを考えて、自分にとって大切なことは何か、大切な人が誰かを考え、そのために、一生のうちに何度かは自分の生き方を真剣に考えたいと思います。

第6章【他人に左右される行き方では駄目だ】
5人に気を使うことや人を意識することは、悪いことではありません。
6また、人間関係の中でイヤな思いをしてしまうのも、ある程度はしかたがないと思います。
7でも、人に左右されすぎて幸せに暮らせないのは問題です。
8人よりも自分、自分の幸せが大切だと思います。

第7章【他人についての事実を伴わない分析や批判】
3自分がこれでいいと確信できる生き方を持って生きている人は幸せな人です。
30不幸になる考え方をしやすい人は、ひとりで考えることを無意識に避けてしまうような気がします。
31大切なもの(事・人・物)ともっとうまく関わって楽しめる方法はないかと考えれば、「どうしたら自分がやりたいことができるか」「どうしたら夢や目標を実現できるか」「どうしたら自分がほしいものを手にいれることができるか」などと考えてみればいいと思います。
32すぐにいい答えは見つからないかもしれませんが、それを繰り返し考えるうちにきっと何か答えが出てくるのではないかと思います。

第8章【「生き方」はその都度柔軟に(コロコロと)変えてもよい】
15自分の生き方は途中で変わってもかまいません。
16その時々に自分が納得した生き方をして、楽しいと思えれば些細な幸せにつながります。

第9章【現在の自分の考え方に対する(根拠のない)自信と誓いの言葉】
17後から考えて問題があっても、その時々に自分が信じた生き方をすれば、後悔はしません。
20自分の生き方がはっきりしたら、それを信じて生きていこうと思います。
19こういう生き方が自分の幸せになる方法だと、これから言えるようになりたいです。
21信じようと思えば必ず信じられます。
22信じて実践した結果が良ければ、信じる度合いは徐々に強くなります。
24今以上に自分の生き方を実践する努力をしてみたいです。
25信じたら安心して終りでなく、信じた次の瞬間に力強く行動することです。
23迷って立ち止まっていないで、まず、信じて行動を始めてみたいと思います。

こうしてみると、同じ事があちらこちらに何度も書かれています。
たとえば、第3章なんかは7つも文がありますけど、1つか2つに集約できますね。
ばっさりと短くできます。
むしろ、足りない文がたくさんあります。それは、たとえば、あなたが尊敬する1人ないしは複数の人物を挙げ、その生き方のどのような点に共感できるかを分析とともに述べることです。

文が全部で32個ありますね。
グループ分けしてみましょう。

【題目】
1自分の生き方を持つことです。

第1章【自分が持つ「生き方」の定義】
26明日の幸せを信じて、幸せになる生き方を実践することが重要です。
27自分の生き方を持つということは、自主的に生きるということです。
28自主的に生きることが幸せを感じられる生き方の基本だと思います。

第2章【「生き方」の具体例】
14自分が一番理想な「趣味を通して考える、これからの新しい生き方」は厳格に考え過ぎてもだめだと思います18自分の生き方を「...続きを読む

Q小論文テーマ 私の家族

小論文を書いた事がなく基礎から独学で勉強しています。どなたか御指摘おねがいいたします。

テーマ「私の家族」

私は10年前に結婚し、一男一女をもうけた。誰しも、家族とはかけがえのない存在であり宝であるはずだ。
私が中学生の時、人はなぜ結婚し家庭を築くのかと疑問に感じていた。
私にとって、「家族とはいかに大切な存在であるか」ということをここで述べていきたいと思う。
10年前の3月に結婚し、その年の8月に長男を出産した。慣れない育児に初めはとまどいながらも自分が親になったのだということを日々実感していった。百日に初節句と息子の成長を家族で祝った。
長男誕生から4年後に長女を出産した。その頃には育児にも慣れ、息子の成長と共に娘の成長を毎日側で感じる事ができ、幸せに思う。
今、こうして家族があるのは主人と出逢えたからこそであり、家庭を築くという事は子孫繁栄にとても重要な事であると私は考える。同じ屋根の下で過ごし、時にはぶつかり合う事もあるが共に笑い合い、協力しながら生きているからこそ私は一人ではないと感じる事ができる。
以上が私の家族に対しての思いである。


以上になります。

小論文を書いた事がなく基礎から独学で勉強しています。どなたか御指摘おねがいいたします。

テーマ「私の家族」

私は10年前に結婚し、一男一女をもうけた。誰しも、家族とはかけがえのない存在であり宝であるはずだ。
私が中学生の時、人はなぜ結婚し家庭を築くのかと疑問に感じていた。
私にとって、「家族とはいかに大切な存在であるか」ということをここで述べていきたいと思う。
10年前の3月に結婚し、その年の8月に長男を出産した。慣れない育児に初めはとまどいながらも自分が親になったのだと...続きを読む

Aベストアンサー

 
 小論文といっても「何のための小論文」なのかによって多少書き方が異なると思います。たとえば、受験とか志望理由など付随する小論文の場合字数がかなり限られているので、相手が評価したいことは多分「小論文」としての体裁がキチンとそなわっているのか?ということが主たるものになります。なぜかというと、短時間に限られた情報の中から限られた字数でそんなに高度な議論をすることは基本的には無理だからです。はっきりいえば、小論文で課題になるような問題、課題というのは世の中で賛否両論や色々な視点があるものが多いですが、それらに対する最もな答えを出すことを小論文で求めるのは不可能なのです。よく勘違いされる、「意外な視点を考えるとか相手をうならせるような発想の展開が必要だ」という視点は全くといっていいほどないと思います。というか下手なことをした場合限られた状態で突拍子もないことを述べるので無理が生じて結果的に支離滅裂になる場合があるのです。重要なのは、(1)自分の立ち位置を明確にする、賛否のある課題なら賛成か反対か、今回のような曖昧なテーマならそこからどのようなことを言いたいのかより具体論に落とし込んで結論をズバリ表現する、(2)そしてその根拠となるできるだけ具体的な内容を入れる、(3)最後に結論への終着とまああるなら少し発展性のある展望でも述べる、といった様な形式的なものがどちらかというと重要かと思います。あとは細かい表現とか主張のニュアンスが文章で表現しきれているかとかが重要です。

下の方がご指摘している「です、ます」口調に関しては小論文の主旨にもよりますが、一般的にはそれを使う方がまどろっこしくなるので少ないとおもいます。例で上げているのに関して述べますと、気になった点は「そもそも結論がない」のと、「家族とはかけがえのない存在であり宝であるはずだ」という主張ならそれがなぜそうなのかがわかる話に絞る必要がある(色々な話を詰め込みすぎ)、「思い=感想」「と考察する(考える)=主張」の違いをもう少し気にすると良いと思います。とは言っても、そもそもテーマが少し感想文に近い部分もあるので(”私の”とくる場合そもそも論文といえるのか疑問)何とも言えませんが。600字くらいなら具体例はよっぽど余計な情報を削ぎ落としてわかりやすくする必要がありますし、ある程度長くてもいいなら一般概念に対して自分の家族というモノに対する考えのようなものをきちんと定義する、そしてその根拠を述べる、といった構成でもいいでしょう。いずれにせよ、「家族」ではなくて「私の家族」と言っている時点で主観的なものになりますね。「私の家族=私の家族観」という意味なのかもしれません。


逆に、大学や大学院等での課題はそういう形式はともかくある課題に対して最もらしい答えを必要とする。つまり、どういう情報を駆使してもいいので納得させるための裏付けが求められていると言えるでしょう。だから、時間をかけてきちんと背景を考えた後、自分の主張を展開する必要があるわけで独りよがりでなく、かつ面白い展開をしているかどうかということが評価される基準の重要なポイントにもなってくるのです。


とりあえず大学推薦入試等のコーナーにある小論文の本で型を学んで(小論文レベルなら難しく起承転結とか考える必要は本当はありません序論、本文(理由)、結論と展望みたいな三段構成でもいいとお思いますが)参考書の解答例を読んでみるのがいいと思います。まあ、イメージとしてはどちらかとうと何かの課題に対する一般的なある視点に立った主張の要約の方が近い気もしますが。といってもわかりにくいでしょうか。

 
 小論文といっても「何のための小論文」なのかによって多少書き方が異なると思います。たとえば、受験とか志望理由など付随する小論文の場合字数がかなり限られているので、相手が評価したいことは多分「小論文」としての体裁がキチンとそなわっているのか?ということが主たるものになります。なぜかというと、短時間に限られた情報の中から限られた字数でそんなに高度な議論をすることは基本的には無理だからです。はっきりいえば、小論文で課題になるような問題、課題というのは世の中で賛否両論や色々な視...続きを読む

Qいとこ同士の子供は無事生まれるか?

私は今、妊娠5週目です。相手は自分の父親の姉の子供。いわゆるいとこです。血が近い為、体の異常や色々な問題と一緒に生まれてきてしまわないか、心配です。自分もいとことの子供を産んだ方、または出産に詳しい方、教えてください。できれば健康で元気な子供でいてほしいです。

Aベストアンサー

法律的に言えば、確か3親等未満の結婚を禁止しているはずです。 ですから、従兄弟同士は4親等に当たるため、結婚・出産はOKとなりますが。
遺伝子学的には、両父が兄弟の場合は止めた方が賢明です。両母が姉妹とか片母と片父が兄弟ならあまり問題は発生しないようです。(父の遺伝子はかなり強く引き継ぐらしいです)
mimika1985さんについていえば、旦那?の母と自分の父が姉弟ということで、それほど心配はいらないと思いますが・・・質問文には、お腹の子供の父親と婚姻関係にある記述がないので、そちらの方が心配です。

Q既婚者です。妻以外に恋をしました。自分が制御できません。

30後半の既婚男性です。妻と2人の子供がいます。
不謹慎な相談なのは重々承知なのですが、
既婚でありながら会社の女性に恋をしてしまいました。
自分が制御できなくて大変困っています、、

妻は専業主婦なのですが、家事をあまりせず、
子供の朝の世話とかを私がやって、子供を学校に送り出したりすることもしばしばです。
家の整理も苦手のようで家は荒れ放題になってしまっています。
正直、気持ちが離れてしまっているのも事実です。

家庭がうまくいっていない事を理由にしてはいけないのでしょうが、
私の仕事も比較的激務に属する方で、一緒に働いたり悩みを相談できる会社の部下に、心が動いてしまいました。

完全に恋に落ちてしまった状態で、寝ても覚めても彼女の事を考えてしまいます。仕事にも身が入りません。このような状態が2年近く続いています。
何とか彼女への気持ちを紛らわせようと、本を読んだり音楽を聴いたり新しい趣味を初めて見たりいろいろするのですが、だめなのです。
どうしても、彼女の顔が頭から離れなくて、かといって、素直に恋をするわけにはいかなくて。ものすごく苦しいのです。

誰しも聖人君子ではないでしょうから、既婚者でこういった悩みを感じるかたは、それなりにいらっしゃるかと思います。
どうやってこのような状態を乗り越えていくべきか、良い知恵があればご教示いただきけないでしょうか。よろしくお願いします。

30後半の既婚男性です。妻と2人の子供がいます。
不謹慎な相談なのは重々承知なのですが、
既婚でありながら会社の女性に恋をしてしまいました。
自分が制御できなくて大変困っています、、

妻は専業主婦なのですが、家事をあまりせず、
子供の朝の世話とかを私がやって、子供を学校に送り出したりすることもしばしばです。
家の整理も苦手のようで家は荒れ放題になってしまっています。
正直、気持ちが離れてしまっているのも事実です。

家庭がうまくいっていない事を理由にしてはいけないのでし...続きを読む

Aベストアンサー

うちの旦那が投稿したのかと思いました・・・
我が家も旦那が朝の支度、子供の朝ごはんまでしてました。
部屋はそんなに汚くないですが・・・
当時の夫婦仲はよくなく、私も旦那が行く頃を見計らっておきていましたし、夜も先に子供と寝るようにして、あまり二人の時間を
あえて作らないようにしていました。
正直、会話になっておらず、挨拶やおかえりもなしでした。
もちろんセックスレス。

変化があったのは、あなた同様、会社の年下の女の子と
メールのやりとり、会社帰りに送ってあげるなど、
旦那が恋しているのを私が気付いてからでした。
私は衝撃を受けました。そして夫婦としてどうだったか、
何度も話し合いました。
私の正して欲しい点もあげてもらい、それに対して努力しました。
それから私なりに色々考えて努力して、
会話も増え、夫婦関係もよくなっていましたが、
旦那の気持ちは彼女に対してトキメキを持ったままでした。
メールのやりとりも何度もいいましたが続けていました。
抑えられなかったんだと思います。
会社の行けばいますからね。(その度に私は泣きました。)
これは気持ちの問題ですから、
私としてはそこまで束縛できませんし諦めていましたが、
義理姉に相談したところ、一喝してくれました。

今は辛いかもしれない。癒しの場所(彼女)かもしれないからね。
でも、今ここで改心して気持ちを切り捨てる努力をしてごらん。
子供が大きくなって一緒にお酒を飲んだり、
楽しく過ごす事ができるけど、それもないんだよ。って、
子供に恥ずかしくない生き方、行動をしてごらん。と
話してくれました。
その場で、彼女にメールをして、家族を傷つけてしまって後悔している。もうメールなど一切しない。ということを書いてました。
彼女もそれを理解してくれました。

あなたが気持ちがその子に向いていることも
相手はきづいているかもしれないですが、
そうなるとその子の人生にも大きく関わってくるし、
相手も良い人とめぐり合えるチャンスをつぶしてしまいます。
大変でしょうが、離婚するつもりが全くないのであれば、
絶対に発展するような言動、行動は、何が何でも止めておいてください。

しばらくして、旦那に結果的に、私がメールをさせてしまったことになったけれど、これでよかったのか・・・と言いました。
すると、
「これでよかったんだと思う。」と言ってくれました。
自分でもいけないと思うと思いつつ、
踏ん切りがつかなかったかもしれないです。
とはいえ、会社に行けばいるので、気持ちはあるかもしれないですが、そこまでは縛れないので・・・
今は夫婦間、会話も増えレスも解消しています。
旦那もこの状態をとても気に入ってるように見えます。
私は旦那の事を再び好きになったような気分です。

夫婦関係が改善できれば、あなたもこれでよかったと思うはずです。
ですから、逃げないで!
奥さんもこの状態を良く思っていないはずです。
夫婦上手く言ってないと他に向きやすくなるのは自然な事。
断ち切るためにもそこからですよ。頑張って、あなたなら出来ると思う。

うちの旦那が投稿したのかと思いました・・・
我が家も旦那が朝の支度、子供の朝ごはんまでしてました。
部屋はそんなに汚くないですが・・・
当時の夫婦仲はよくなく、私も旦那が行く頃を見計らっておきていましたし、夜も先に子供と寝るようにして、あまり二人の時間を
あえて作らないようにしていました。
正直、会話になっておらず、挨拶やおかえりもなしでした。
もちろんセックスレス。

変化があったのは、あなた同様、会社の年下の女の子と
メールのやりとり、会社帰りに送ってあげるなど、
旦...続きを読む

Q夫が私の実母にキレました。感想だけでも結構ですので

9月に双子を出産し、9月から12月末まで里帰りをしていました。

夫は里帰り中、土日に実家に来ていました。その時は夫と私の母は普通に接しているようでしたが、


(1)私の母がよく「~したら、いいんちゃう?」と、私たちの生活についてや、子どものことについて、雑談程度に話すことがありました。(本気でそうしろと言っているわけではなく、提案みたいな感じです)

(2)また、里帰り中は双子で寝かしつけや、夜中に起きたときにおむつ交換をするのが大変ということで、私が子どもたちと寝るときには母にも隣でいっしょに寝てもらっていました。なので、今も、私たちが実家に帰り、子どもたちが寝た後に私たちがリビングでくつろいでいると、母は「私があやしてくるから、ゆっくりしとき」と言って、あやしに行ってくれることがありました。(いつも子どもたちが寝ている部屋はリビングの横の和室で、私たち夫婦も寝るときはその部屋で寝ます。

(3)また、母はかなりの節約家で「トイレットペーパー200円!」とか、「~が得した」とか、「ガソリンスタンドで~をもらえる」とか、「○○スーパーいつも土曜日に20円引きをしてるから、土曜日に買い物するのがいい」、(私は育休中なのですが、)「育休中に手当がもらえるなんていいね~」など、人よりお金の話題が多いです。

そこで、今回も家族一家で私の実家に行っていたのですが、そこで、子どもたちが寝た後、私たちがリビングでご飯を食べているときに子どもが泣きだし、私が行こうとすると。母が「私が行くからご飯食べときといって代わりに行ってくれました。私はたまにのことだし甘えようとおもって「お願い」といって母に任せました。その後、ご飯を食べ終わったので、和室へ行き、ありがとうと声をかけると「こっちも泣き出したよ~((笑))」と少し大きめの声で言っていました。その後、私たち夫婦もすこし和室におり、3人で話をしていました。私が依然冗談で、「男の子やから、坊主かわいいよね」という話をしていたのもあって、母が、「この子達大きくなったら坊主にするの?」ということを言い、私は「坊主にしたいな~」という話をしていたのですが、そこで夫が「坊主はあかん~!髪質が変わるから」と笑いながらいっていました。そこで私が母に「坊主かわいいやんな~?髪質変わるなんて聞いたことある?」というやりとりをしたいたところ、旦那が「いい加減にしろ!!」と切れてしまいました。うちの母が、

「そんなに怒らんと、気に入らんことを言ってしまったんやったら、ごめん。家に帰らんでもいいやん。子どももないてるよ。落ち着いてよ~」と必死に止めてくれましたが、母を振り払って出ていき、私も説得しましたが、「俺は今までもお母さんのこと、合わないって言ってたよ?その一言で気付や!」といわれ、子どもを寝かしつけるのに私の母に行ってもらったことや母が「寝ない~」と言って少し大きい声で言っていたことを「子どもを、おもちゃにしか思っていない」と怒ってって、車をのドアを開けるときにもわざと壁にぶつけながら出ていき、そして、「明日の朝10時に迎えにきますんで」といって、一人で車で家に帰っていきました。
次の日10時に迎えにきたのですが、私の実家には上がらず、子どもを連れて出てきてとメールで連絡し、母にも父にも合わずに帰ることになりました。私もどうしたらいいかわからず、母と父には落ち着いたら連絡するとだけ言いました。

夫は上記の(1)~(3)のことでうちの実家に嫌気がさしていたとのことでした。私は他家は他家で嫌なところはあっても親戚なんだから、そんなに拒否することもないのではないかといったのですが、公共の場以外ではもう私の家族とは会いたくないそうです。もちろん一連の騒動についても謝る気はないとのこと。
私も旦那の実家に対して多少は嫌なところもあるけど、せっかく親戚になったのだからと、嫌なところには注目せずに仲良くしようと思っていましたが、どうして私ばかりが頑張らないといけないのかと、つらくなり、夫がうちの家族と公共の場でしか合わないというなら私もそうさせてもらうことを伝え、現在は話がまとまりました。
しかし、実家の父母にどのようにこのことを伝えればいいのか、私の対応が間違っているのか、どうすればいいのか、本当にわかりません。

この文章をよんで感想だけでも結構なので、ご意見ください。お願いします。

9月に双子を出産し、9月から12月末まで里帰りをしていました。

夫は里帰り中、土日に実家に来ていました。その時は夫と私の母は普通に接しているようでしたが、


(1)私の母がよく「~したら、いいんちゃう?」と、私たちの生活についてや、子どものことについて、雑談程度に話すことがありました。(本気でそうしろと言っているわけではなく、提案みたいな感じです)

(2)また、里帰り中は双子で寝かしつけや、夜中に起きたときにおむつ交換をするのが大変ということで、私が子どもたちと寝るときには母にも隣...続きを読む

Aベストアンサー

【この文章をよんで感想だけでも結構なので、ご意見ください。お願いします。 】

二人子育てしました。
すでに成人ですが。

双子・・・というのは大変だろうと思いますので、ご実家の援護を受けるというのもわかりやすいですが、
私は、実家での出産というのをしてませんので、実家という便利さ・ありがたさを体験したら「抜けだせない」トラブル
を回避できました。

問題は、双子は大変ですが、あなたが実家を頼りすぎたということの姿勢だとおもう。

どこかで父親の家庭内での働きを一本立ちさせなくちゃいけない。
それは未経験ですから、あなたの実母様にかなうわけは無い、でも、父親として子育てに参加する気持ちがあるなら
まかせてくれる時を待っているのではないかとおもう。

二人ベビーがいるんだから、ママが何も手早く全部をすることなく、一人はパパでもいいわけだし。
ママが、悲鳴をあげて、パパ助けてとね。

それに、土日休みに来ているということは、パパの休みは義母と一緒の育児訓練、説教の週末だという言うこと、
思い至ったほうがいいかもしれない。

だから、(1)の提案的、ばばさまの発言も、何も手出ししてないできない、やらせてもらえないパパは
最初はともかく、3ヶ月ただの土日のお泊りだけなら、ベビーをいじりたい欲求不満がたまるでしょう。

(2)の寝かしつけだって、ご夫婦の語らいのためにばばさまの配慮だとはわかる。
でもね、新米ママとパパがやりなさいと私がばばちゃんならするでしょう。
気遣いは気遣いとして、なるべく新米を一人前にするためには自分たちで何とかしなさいというのも必要です。

(3)のお金に関しては、面白おかしく話として聞ければいいですが、そういう節約パターンをみみっちいとして
嫌うこともありです。 
 かなり方向性は違うが、「馬鹿との」を面白いと思うか、嫌いと思うかとか、
大食い選手権を面白く見られるか、なんてことを・・・とおもうかとか、価値観の相違です。

だから、これを得意顔して毎週末に聞かされるパパとしては、「なんだこの、貧乏くさい話は、ドコがおもしろいんだ」と
考えて、我慢していたとしてもおかしくないです。
ましてや、新米ママにそれをすりこむようなことだと、「俺の嫁もこうなるのか?」とね。

いえ、別にあなたの実母様を否定するわけではないです。
年齢的にも私は実母さまに肩入れしますが、ただ、できることをするのではだめなんです。
責任者は【親】だから。

任せるべきは「パパ」であって、援護するなら、直接的なベビーの世話をじじ・ばばが手出ししちゃだめだと思う。

双子で大変だとはおもう、でも、どこかで、その大変さを二人して、二人だけで乗り越えて、
大変だったねといえるために「ばば」の手を切らないと、あなたが楽するだけのこと。
そして、「パパ」の一本立ちの妨げです。

あなたの体調が悪いとはドコにも書いてないです。
ならば、必死にあなたが、育児すれば、「パパ助けて」と言えばいいだけのこと。

ばばさまは自分が楽しい、そして、それを誇れる、そして、教えるという責務だとおもっておぼれている。
坊主の件は、昔はいい髪の毛を生やすためには一度、剃ってまで坊主にしたということもありますが、
「パパ」は自分の子供なのに、なにも自分の意見が通らないことに悲観したんです。
誇るばばさまの前には無力な自分でしかないと。
表明する「演技態度?」にはいかがなものかということはありますが。
そこまで「坊主」には切羽詰った象徴的なものを見たのでしょう。

だって、かわいいベビーそれも、自分の嫌いな坊主をずっと見せ付けられるのかと・・・・想像してみてください。
あなたの大嫌い(・・だと想定して)などピンクのシャツでも厄除けだからとでもいう理由で、
あなたの義母様がベビーに毎日着せることを強制したらとでもイメージしたらわかりやすいですか?

年齢が近いだけに、私には自戒すべきことと思える。
もちろん、我が家の娘なら、「もっと面倒見てよね」と思うかもしれないが、体が許す限り自分ですることは
【自分たち】でするほうが育児戦争としての戦友としても、「パパ」を見直す好機を失うことになるでしょう。

もっと、親戚は仲良く・・・とか、どうでもいいことを考える前に、
もっと、もっと、お二人の子育て、二人で必死になってやってみたら?
あなたが体調不良で倒れたりしたら、初めて、実母様に登場してもらって、起きられるようになったら
すぐに「ママ活動」開始です、もちろん、実母様にはありがとうです。

育児、生活とはそういう、ものです。

【この文章をよんで感想だけでも結構なので、ご意見ください。お願いします。 】

二人子育てしました。
すでに成人ですが。

双子・・・というのは大変だろうと思いますので、ご実家の援護を受けるというのもわかりやすいですが、
私は、実家での出産というのをしてませんので、実家という便利さ・ありがたさを体験したら「抜けだせない」トラブル
を回避できました。

問題は、双子は大変ですが、あなたが実家を頼りすぎたということの姿勢だとおもう。

どこかで父親の家庭内での働きを一本立ちさせなくちゃい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報