ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

ご存知の方、教えていただければ幸いです。
大工の鉋は、大きさによって”寸六” ”寸八”
などといいますが、実際の刃幅は,
 寸六鉋=65mm  
 寸八鉋=70mm  
刃幅65mmなら二寸一分だと思います。
なぜこのように呼ばれるようになったのか、
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

添付図は、私のお宝の三代目千代鶴是国の三水 寸八鉋ですが、


  今は手に入りません。
刃幅 70mm
押金 64mm
になっています。寸八と言えば計算上は54mm(30×1.8)ですから、どこにも寸八のサイズはありません。
 この寸八は仕上げのサイズです。--出てくる木屑の幅と言ったらよいかな。
 寸八の材料までは、一発で仕上げられると考えても良いです。
 元々は刃先の幅(押金)の幅と同じだったのですが、少しずつ広くなってしまった。

 歴史的には、丸鋸のサイズと似た部分がありますね。呼び寸7インチの丸鋸の直径は、190mmあったりします。
※添付画像が削除されました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
すごいお宝をお持ちですね。
おっしゃるように、丸のこの大きさも190mmなのに
7インチですもんね。
インチ25.4X7=177.8mm
昔の丸のこは確かに180mmでした。
現在はどんどん大きくなって、190mmですね。
そう考えると、鉋も以前は寸八サイズだったのかも・・
ありがとうございました。

お礼日時:2013/05/29 18:36

大鉋と小鉋では大きさの規格が違うそうです。



詳しくは、下記リンクを参考に!




http://www.mo-ku.jp/1003.html

参考URL:http://www.mo-ku.jp/1003.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうがざいます。
大鉋と小鉋で大きさの規格が違うというのは知らなかったです。
でも、なぜ違うようになったか知りたいですね。

お礼日時:2013/05/28 19:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉋の裏押しの際の「ひょうたん裏」について

鉋の裏押しを従来通りの「金盤」でやると、どうしても裏が貼付写真のように「ひょうたん裏」に
なってしまいます、説明は省略しますが、このひょうたん裏、とても「嫌」なんですよね

ところが、下記のある道具店で説明されているのですが・・・・・・・

「裏押しをする際、ダイヤモンド砥石を使い、尚且つ“蝋”を使えば、ひょうたん裏にはならない」との事
これは実に素晴らしい!!!まだやってはいませんが、きっと出来る事でしょう

ですが、素人ですし、高価なダイヤモンド砥石(1丁 2万円弱」を何本も購入するのも気が引けます
何と言っても普段、殆ど使いませんから・・・・


尚、貼付写真のひょうたん裏は“酷い例”を出したまでの事で、ここまでではなく通常の状態に仕上げる
事が出来ます




「大工道具の曼荼羅屋」

「イボタ」と呼ばれる蝋を砥石の端上下に塗る事で、ひょうたん裏にならない説明がされています

http://www2.odn.ne.jp/mandaraya/ibota.html






さて、ここで「質問」です

「先述の如く、従来通りの“金盤”を使い、尚且つ“何らかの方法で”上記の如く“ひょうたん裏に
しない”方法はないのでしょうか?金盤では無理でしょうか?」

詮索してみましたが、見当たりません、ただ、何せ、検索が苦手なものですから、見付けられない
だけかも・・・

説明しているサイトの御紹介だけでも結構です、御存知の方はどうぞ宜しくお願いしますm(__)m

鉋の裏押しを従来通りの「金盤」でやると、どうしても裏が貼付写真のように「ひょうたん裏」に
なってしまいます、説明は省略しますが、このひょうたん裏、とても「嫌」なんですよね

ところが、下記のある道具店で説明されているのですが・・・・・・・

「裏押しをする際、ダイヤモンド砥石を使い、尚且つ“蝋”を使えば、ひょうたん裏にはならない」との事
これは実に素晴らしい!!!まだやってはいませんが、きっと出来る事でしょう

ですが、素人ですし、高価なダイヤモンド砥石(1丁 2万円弱」を何本...続きを読む

Aベストアンサー

裏押し、裏だしと区別したことないですが・・・(^^)
 これらはセットでの作業になりますから、一方だけで解決する問題ではないです。
 ゆとり教育が始まる前は、中学校の技術家庭科で鋸や鉋の仕組みや調整、使い方は学校で習ってました。鋸・鑿・鉋・指矩などみんなワンセット買わされたものです。
 裏だしが必要なのは押金と完全に密着させるためですが、その部分が共に完全に平面でないと密着しないとならないためです。

 あなたの鉋がそのような形になるのは、金槌でたたく時に金床に当てる角度や位置が違うからです。刃先をお辞儀させるのが目的です。
 私は刃先から1cm程度のところを30~45度傾けて金床にしっかり当てて、アサリ槌( https://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%AA%E6%A7%8C&tbm=isch&gws_rd=cr&ei=0LCAVZiBM8PHmwW0yoyoCA )で地金部分を叩きます。--私は三木技研の超硬つき( http://www.miki-giken.co.jp/hammar210.htm )
 ひょうたんとははじめて聞きました(^^)、そんな形になるわけないので。
 金床に鉋刃を平らに置いているために、お辞儀させるつもりが、ふんぞり返ってしまう。

 作業自体は手元が狂って刃金を割らないように気をつける程度で難しい作業ではないです。

 今はダイヤモンド砥石で裏を研げると思いますが、金剛砂と金盤でも良いでしょう。

裏押し、裏だしと区別したことないですが・・・(^^)
 これらはセットでの作業になりますから、一方だけで解決する問題ではないです。
 ゆとり教育が始まる前は、中学校の技術家庭科で鋸や鉋の仕組みや調整、使い方は学校で習ってました。鋸・鑿・鉋・指矩などみんなワンセット買わされたものです。
 裏だしが必要なのは押金と完全に密着させるためですが、その部分が共に完全に平面でないと密着しないとならないためです。

 あなたの鉋がそのような形になるのは、金槌でたたく時に金床に当てる角度や位置が違...続きを読む

Qエビ印 純白超仕上砥石の面直し砥石について

質問がございます。当方で小刀などの研ぎに使う砥石
として、天然砥は当たり外れがあり、業務の一環として
「ナニワ研磨 エビ印 純白超仕上砥石 #8000」を使う予定。

そこで、砥面の修正に「ナニワ研磨 赤エビ印 GC角 金剛砥石
一丁掛 細目 #220 荒研用」を使うか、「エビ印 面直し砥石 ミニ」
を使うか迷っています。

GC角 金剛砥石で間違いはないですが、専用の
が良いならそちらを選びたいです。

純白超仕上砥石 #8000には、面直し砥石の荒目(#24)中目(#60)極細目(#220)
のどれがいいですか?それから金剛砂 ポリ容器入りは何番を
選択すればいいですか?

http://www.naniwa-kenma.co.jp/sharpening_stone/flattening/

Aベストアンサー

面直し砥石で重要視する要件は

1.平面維持力
2.研削力
3.砥面の広さ
です。

質問の砥石はどれも使ったことがないのでわかりません。
GCの荒砥で大変柔かい物を持っています。これは面直し用には全く使えないと思います。何に使えるのかよくわからない嫌いな砥石なのですが。
エビ印GC#220の荒砥は結合材が硬ければそっちがいいと思います。メーカーに確認してみてください。

面直し砥石は私は超仕上砥には使っていません。
荒砥石(あらとくん#220/オリベスト#120/アトマエコノミーなど)の裏を使っています。
はじめに砥石の裏表を決めて印をつけておいて、通常用途では表しか使わず、裏は超仕上砥の面直しなど特定の用途にだけ使います。

面直し砥石も水平君などいくつか持っていますが、超仕上げ砥は減りすぎると勿体無いので荒砥の裏を使っています。

金剛砂はシャプトンの”なおる”を使うとき使用しますが、それが面倒なので”なおる”はほとんど使わなくなりました。
もし使うなら細目かなと思いますが、最終的には使ってみて判断するしかないと思います。シャプトンなおるの細目修正パウダーは細かすぎて心もとないです。細目だけじゃないけどちょっと磨いたらぜんぶ溝の間に脱落してしまう。
けっきょく、金盤使って鉋の裏研ぎをするとき以外使いません。砥石の修正じゃなくて平面出しに使ってるだけということです。

仕上げ砥にしても中砥にしても面直しせずに使い続けるなんてありえません。
ゴリゴリ面直ししています。
刃物で減るより面直しで減る方がずっと多いです。

面直し砥石で重要視する要件は

1.平面維持力
2.研削力
3.砥面の広さ
です。

質問の砥石はどれも使ったことがないのでわかりません。
GCの荒砥で大変柔かい物を持っています。これは面直し用には全く使えないと思います。何に使えるのかよくわからない嫌いな砥石なのですが。
エビ印GC#220の荒砥は結合材が硬ければそっちがいいと思います。メーカーに確認してみてください。

面直し砥石は私は超仕上砥には使っていません。
荒砥石(あらとくん#220/オリベスト#120/アトマエコノミーなど...続きを読む

Qコンパネt12mmと構造用合板t12mmどっちが強度がありますか

 日曜大工で物置を作っています。コンパネは白くてきれいですが、構造用合板

 のほうが安いんです。このカテゴリー 金属関係と屋根関係については、

 回答者になれるんですが、木工は良く解らないので、ご指導よろしくおねがいします。

 

Aベストアンサー

構造用合板には強度の区分がありますが、コンパネは表面の粗さの規定しかありません。
よって強度は構造用合板の方が安定していると申し上げられます。
参考までに、
構造用合板1級では、曲げ、圧縮強度、曲げヤング係数が規定されています。
針葉樹が多い2級では曲げヤング係数だけが規定されています。
枠組み壁工法では壁倍率によって使い分けられています。

コンパネは完全耐水合板とも呼ばれるように湿潤状態に強く出来ています。
しかし構造用合板はコンパネと同等(1類)もしくはワンランク上(特類)の耐水性能を有しています。
これは主に接着剤の分類から来る特性です。
詳しくは検索サイトから情報収集してください。

ただし、建築対象が『物置』ならばどちらでも大差はありません。
板表面のきれいさを取るなら「コンパネ」、コストと強度を取るなら「構造用合板」と考えてください。
ちなみに、私が営業で物置を作る場合の材料の選択要素は「安い方」です。
オマケですが、両者は微妙に大きさが違うことはご存知ですね。
コンパネは1800×900、構造用合板は1820×910です。

構造用合板には強度の区分がありますが、コンパネは表面の粗さの規定しかありません。
よって強度は構造用合板の方が安定していると申し上げられます。
参考までに、
構造用合板1級では、曲げ、圧縮強度、曲げヤング係数が規定されています。
針葉樹が多い2級では曲げヤング係数だけが規定されています。
枠組み壁工法では壁倍率によって使い分けられています。

コンパネは完全耐水合板とも呼ばれるように湿潤状態に強く出来ています。
しかし構造用合板はコンパネと同等(1類)もしくはワンランク上...続きを読む

Q大工刃物に付いて質問です

見習い大工のマサルと申します。
大工暦5年の若輩者ですがお答え頂ければと思っております。
ずばりお勧めの手鉋、鑿は何ですか?
私の周りには余り大工刃物にこだわりを持っている人が居ないので
是非とも参考にお聞きしたいと思っております。
ちなみに私は、助弘という寸8鉋と国慶という追入れ鑿を
使っております。どちらも安値な割に良く切れる方ではないかと
思って使っております。今後また刃物を購入する際に参考にさせて
頂ける様なご意見をお待ちしております。
本当なら親方に聞け!!と言われそうな所では有りますが
私の親方は鉋1丁、鑿8分1本という余り
刃物は使わないタイプの親方ですので
貴重なご意見何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

最近の大工道具は銘に拘る必要はないようです。
切れ味は価格に比例するように製作技術の向上を遂げたようです。
材質に対応は、鉋については調整(台仕込みの角度、口の一定を維持する方法、研ぎの技術など)がポイントです。
職人道具の領域では「切れるがあたりまい」良否は切れの持続が良否の基準なる。

Q東京の大工道具店でおすすめの所、教えてください!

友人が大工で、今度、東京で道具を見たいとのことで、いいところを探しています。

東京に滞在するのが2日間で効率よく観光がてら買い物をしたいので、いいところがあれば教えてください。
お店の希望としては安さより、品揃え。そこそこよいものが見たいそうです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www5e.biglobe.ne.jp/~ttoishi/sub4.htm
↑ご参考までに
私は電気屋ですが、父と弟が機械屋で母方の祖父が「宮大工の棟梁」でした。
母の兄3人(伯父)も、大工の棟梁でしたが、今は従兄弟達に代替わりしてます。
そのような家系なので、私も大工道具類は職人並みに揃ってます。

ところで、東京には大工道具専門店はないと思います。
私は電気屋なので、秋葉原の電気街で電気関係の道具類は殆んど揃えましたが、東京と言う「立地条件」で広い売り場面積が必要な大工道具専門店では、顧客層を考えても採算が合わないのは明らかです。
私自身も東京に住んでましたが、大工道具専門店を聞いた事がありません。
参考URLの専門店は、上野駅から高崎線で「熊谷駅」下車、バス(犬塚行き)又は秩父鉄道で「行田(ぎょうだ)駅」からタクシー利用になりますが、職人なら一見の価値はあると思います。

Q仕上げ鉋で値段のわりに切れるやつを探しています。何か無いでしょうか?ち

仕上げ鉋で値段のわりに切れるやつを探しています。何か無いでしょうか?ちなみに大きさは、寸8分です。

Aベストアンサー

ちょっと答えにくいのですが、条件をあげながら回答してみたいと思います。

素人の方なのでしょうか?

まず、研ぎが出来るか?(裏だしが出来るのか?) 台の調整が出来るか? ということがありますが、それが出来る前提で、お話します。 この二つができたときに、鉋は切れます。どちらか一方が駄目なら、それこそ、どんなに高い鉋でも切れません。

値段の比較的安い品物(現役の鍛冶屋製造)だと、常三郎ということになると思います。 もちろん、高い品物もありますが、寸八でも、それなりの価格の商品があります。 常三郎の五十年という鉋は、評判(仲間内)が良かったです。

予算はいくら位でしょうか? それなりのものをお求めなら、最低2万円以上はします。

近くに大工道具屋あれば、今の時代ですから、アドバイスと伴に、安く譲ってもらえることもあります。 オークションで探すのも良いかもしれません。

鉋は、刃研ぎができればOKという訳にはいかないのが、難しいところです。もう少し条件を提示されれば、他のみなさんもアドバイスしやすいと思います。


人気Q&Aランキング