【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

自分は喉締めで今まで歌ってきていました。

最近それに気がついて直そうと思ったのですが、感覚がわかりません。
いろいろ、ネットで調べたところ喉仏を下げるイメージや、脱力することが大切だとわかりました。

しかし、その状態では高音がでません。

喉締めの最高音がmid2Gなのですが、力を抜いて歌うと裏声の弱いのがでてしまいます。
力を抜いた状態ではmid2C、Dまでしか表声ででません。
それ以上出そうとすると裏声か喉締めに...という流れです。

このままさっき書いたイメージでやっていけば、いずれ喉を締めなくてもmid2G辺りまででますか?

また、これからどのような練習をしていけばいいでしょうか?

将来的には喉締め直してミドルボイスなど出したいです。

ファルセットはまあまあ得意で米良美一さん(もののけ姫の人)のような声は出せます。

質問をまとめます。
(1)喉仏を下げる感じで喉を開いた状態で歌っていけば、いずれ慣れて喉締めのときと同じくらいの音までだせますか?

(2)喉締めを直すにはどんな練習が効果的ですか?

(3)ファルセットを練習することは効果が有りますか?

また、他にも助言などあればお願いします。

A 回答 (2件)

(1)出せるようになると思います。



(2)練習方法
言葉:ア~オ~ア~
音程:ド~ソ~ド~
という要領で、低めの音程から半音ずつ上げて行きます。
ドレミファソファミレドと、音階を踏むのではなく、サイレンのようになめらかに音程を変化させます。
こうした声の出し方を、ポルタメントと言います。
低めの音程の場合は、喉の力を抜いてこれができると思いますが、ある音程の所から急に喉に力を入れたくなると思います。
それを我慢して、力を抜いたまま声を出して見ましょう。
ドレミファソファミレドと段階的に声を出すと、どうしても声の出し方が断続的になり、喚声点で声の出し方を無意識的に切り替えてしまい、裏声や、喉締めになってしまいます。
ところが、ポルタメントで声を出すと、喚声点で裏声になろうとするのを、だましだまし、そのままの声の出し方で出せるようになります。
低めの音程から始めるのが大切です。
低めの音程で、喉の力を抜いた声の出し方を体に覚えさせ、その感覚を高い音程にも適用するためです。

舌先は、常に下あごの前歯の裏側に付けておきます。
高い声になればなるほど、舌の両側面を、下あごの歯の内側に付けるようにします。
鏡を見て、舌がなるべく平たくなっているように気をつけましょう。
舌が盛り上がっていると、どこかに力が入っています。

もうひとつ。
脱力の感覚をつかむためのヒントです。
割り箸を2膳用意します。
幅の広い方を縦にして口に入れ、両奥歯で、軽く噛みます。
その状態で、高い声を出してみましょう。
恐らくすんなりと高い声が出るはずです。
その感覚をよく覚えておき、割り箸がなくても脱力状態が再現できれば、OKです。

(3)ファルセットを出すのは、非常に有効な方法です。
高い声を出すための筋肉が鍛えられます。

ギターの弦を強く張ると高い音が出るように、声帯を伸ばしてやると、高い声が出やすくなります。
のど仏を下げるのは、声帯を伸ばすという意味もあります。

声帯を伸ばす筋肉のトレーニング方法として、下記を試して見ましょう。
口を大きく開けて、舌を思いっきり口の外に突き出します。
同時に軟口蓋(喉ちんこの付近)を思いっきり上げます。
鏡で軟口蓋が上がっているかどうか、確認しましょう。
その状態で、できる限り高音の裏声を出します。
言葉:あ~あ~あ
音程:ド~シ~ミ(という要領で)
音程は自分の出せる最高音で、短く叫ぶように声を出します。
これをやると、首筋の筋肉が疲れると思います。
そうなれば正解です。

その他
高い声を出すには、喉を脱力すると同時に、腹式呼吸の支えが必要になります。
    • good
    • 29
この回答へのお礼

詳しい説明と練習方法ありがとうございます。

サイレンのようにですか!
わかりやすくて助かりました。

頑張ってみます。

お礼日時:2013/09/17 14:18

私もずっと喉絞めで歌っていました。

。^^;
レッスンを受けるまで、
自分が喉締めだってことも知りませんでした・・・

質問者さんは、早く気づいて良かったですね~♪

今はまったく喉締めせずに歌えるようになりましたが
思ったことは、、、
根本的に、まーーったく別の声の出し方だということ!

(1)私の場合ですが・・・
喉を開いて歌えるようになったら、音域はかなり伸びました。
でも練習のしはじめはすごく狭くなって落ち込みました。。

ゼロから発声を作っていったので、
最初は狭い音域しか出せなかったのですが、
少しずつ広がっていき、以前よりも広くなったのです。

要するに、、喉を締めで出している音域は、
まったく参考にならないということ。
だって歌のための発声ではないのですから。

(2)私の場合は、先生に習っていたのですが、
喉締めの癖が、かなり強くついてしまっていたので
喉に少しでも力が入ったり、
締ってきたら、そこでストップ!
ということを繰り返しました。
これがとっても難しく・・
なかなかできなくて大変でした^^;;

(3)効果あると思います!
ファルセットは、喉締め克服というよりも、
喉締めが直ってから、
高音域を伸ばすのに役立ちますよ!

高音を出すには、
声帯の筋力を強くしないといけませんが
そのためのとても良い練習です。
私もたくさんやらされました。

以上、参考にしてもらえたら幸いです(*^_^*)
    • good
    • 17
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

歌い方は喉締めとは全く違うんですか。
参考になりました!

頑張って練習していきます。

お礼日時:2013/09/20 03:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング