人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

「くさかんむり」を行書で書くと、「ソ→一」と、楷書とは筆順が変わる書き方を中学で習います。なぜこのように筆順が変わるのでしょうか?もちろん、「楷書」と同じ筆順で書く書き方もあります。筆順が変わる理由を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

放送大学でやっていた話だと


・速く書くため隷書をくずしたのが草書
・草書をちょっと丁寧にしたのが行書
・草書や行書を隷書, 篆書に従って規範化したのが楷書
で, 草書は秦~漢代に作られ, 楷書が完成したのは唐代だそうです>#4.

よ~するに目的が違うわけだから筆順が同じである必然性はない.
    • good
    • 2

「筆順が変わる理由」を端的に言えば、目指す字のカタチが違うからです。


「書」という字なんかも、行書では先に横棒と「日」までをくるくるくるくる一気に書いて
最後に縦棒、という流儀の人が多いですね。

書き順というものにもともと正解はない(言い換えると正解はたくさんある)のですが、
いや、どれでもいいなんて言われても困るから唯一の正解をお上に決めてもらいたい、
と考えるタイプの日本人が多い(教師も生徒も生徒の親も)ので、たまに戸惑うのだと思います。

No.3の方のリンク先「いわゆる『正しい筆順』の幻想」はむっちゃ勉強になりました。
江戸期までは正式な漢字と言えば行書だったのに、明治以降とつぜん
楷書主流に切り替わった、とか、目からウロコ。
http://home.hiroshima-u.ac.jp/forum/29-2/hitujyu …
    • good
    • 2

楷書から行書、そして草書というふうに、


今は学習するのでしょうが、

楷書・行書・草書の完成された順では
一番最後に楷書であったと聞いています。

隷書や篆書の影響もあるでしょうから、楷書の書き順が正しくてそれ以外のは間違いだとは
一概に言えないのではないでしょうか。
    • good
    • 2

簡単に言うと文字の要素の方を重視して、筆順の方はわりとどうでも良いという考えが漢字の基本にあるからです。



学校ではやたら書き順をうるさく教えられてきたのに、書道ではそれと違う筆順を教えられるから戸惑うのでしょうが、過去の現実はそうだったのです。
今学校で習う書き順というのは1958年に文部省が決めた物で、その中にはこれ以外の筆順を間違いとする物ではないと書いてあるのですがいつのまにかこれが絶対の物だという教えかたをする人も多くなっています。

書き順・筆順というのは字を書きやすくするためのガイドであって筆順が違っていても字が違ってしまうわけではありません。ですから同じ字でも何通りもの筆順が実際にはあります。
その時にお手本となっているのは過去の有名な書家が書いた字で、今のように先に楷書をおぼえるのではなくて、最初から行書や草書を手本にしておぼえたので今の楷書の書き順のような物にはこだわっていないのです。
書きやすさが優先とは言ってもやはり先例の無い字はあまりにも読みにくいので避けられてもいます。昔は一つの字でいろいろある筆順のパターンを全ておぼえていたのですが、今は統一するように教えられています。
実際には筆順には何種類かあるということになり、昔の人はそれをだいたい全部おぼえていたのです。
行書だからといって現代書家が見かけ優先で勝手に考えて創作したというわけでもないのです。

先生が居るのですからわからないことは書道の先生に聞いてみるべきです。

実際いろいろあったという例をリンクしておきます。
(と書きましたが今メンテナンス中でつながりません)
http://r-jiten.nabunken.go.jp/
ここに草冠の字を入れて検索するといくつかのパターンが出てきます。あとで試してください。

https://www.facebook.com/permalink.php?id=366070 …

実際の学校の書写・書道の先生の説明。
http://home.hiroshima-u.ac.jp/forum/29-2/hitujyu …
立場上表現を工夫しているようですので考えて読んでください。
    • good
    • 1

速さと美しさの観点から書家が考えだしたものです。

書道で書く文字は美術品だと考えられます。どこから書くのかの流儀にこだわらない人なら、自由に筆順を決めています。楷書の筆順はともかく、行書や草書には個人差が出てきます。

書体の間にも明確な境界線がある訳ではありません。手本で示されている筆順もそのうちの一つだと考えるといいと思います。学校で習う段階なら、最も広まっている筆順が紹介されているはずです。
    • good
    • 0

    楷書>行書>草書 と順序に「くずして」あるいは「関連して」出来た物ではなく、三体それぞれ、さらにその当時の書家の書体で、出来た物だからです。



    「第」(左)と「弟」の草書を比較すれば、「たけかんむり」がどうなった、などと言う次元ではない事がお分かりかと思います。
「草かんむりを行書で書くと筆順が変わるのは」の回答画像1
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qくさかんむり(4画)の書き順

くさかんむりを4画で書く場合の書き順をご存知の方、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

書き順って意味がありませんが
縦横横縦も横縦縦横もあります
江守賢治さんの『字体辞典』

参考URL:http://64.233.179.104/search?q=cache:eZOm_xd-Be8J:academy4.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1087132921/l50+%E8%8D%89%E5%86%A0

Q書道を習ってますが、草書体で悩んでます。

楷書から行書はまだしも、草書への変化が謎だらけです。

楷行草のお手本をいただくのですが、草書はまったく元の字と似ても似つかない字もたくさんあり、練習中、何書いてるのかわからない気分になるのがすごく嫌です。
先生におたずねしても「なれだから」とおっしゃるだけで、学習法も教えてもらえません。

字典を参考にしたり、ハウツー本も見ましたけど大変だってのがわかっただけでした。
書道の先生はすべてくずし方を覚えてらっしゃるのですよね、すごいです。

とにかく少しでも前進したいので、学習法、おすすめの参考書、経験談、心構え、とっかかり ・・
なんでもいいのでアドバイスお願いします。
できれば「いつかは」とか「いずれは」でなく攻めの勉強法が知りたいです。もちろん「そんなのない」というお答えもいただきたいです。

Aベストアンサー

私も草書を勉強中です。
草書というのは隷書篆書から作った筆記体なので、行書のさらに描き崩れたものと考えても見当が付かなくてもあたりまえなのです。(ただし中には後年の楷書や行書からできた物もあるようです)

ですので草書をおぼえる場合は楷書をおぼえた時と同じようにと同じように○○はこういう字だと、書きながらおぼえるしかないようです。
でも草書は同じ字でも何種類もある字がありますよね。これは楷書と同じように例えば糸偏はこう書く・頁はこう書くと言うような法則がありますから、漢字の構成要素の草書体での書き方のパターンがある程度わかってくると段々わかってきます。草書では構成要素が優先で書き順は前や次に来る字などのつごうで変えるからいろいろの字体があるように見えるわけです。(頁とか月とかは独特の形になりますからおぼえると楽しいです)
江戸時代には草書をまず習ったので一般の人は楷書の読み書きができない人もいたようです。

まずは千字文などをならって、仮名を習って、というわけで子供の時に習っていれば苦労はしなかったのでしょうが大人になってからは時間が掛かるのはしかたないようです。でも六十の手習い(四十の手習い)というぐらいですから珍しい事でもなかったのかもしれません。

とりあえず、東京堂の「くずし字用例辞典」は持ってらっしゃるかと思いますが、私はこれを見ながら毎日ひとつの字でも書いてみるようにしています。

草書行書を調べるサイト
http://r-jiten.nabunken.go.jp/
↓篆書・隷書・楷書・草書が調べられます。
http://sf.zdic.net/

私も草書を勉強中です。
草書というのは隷書篆書から作った筆記体なので、行書のさらに描き崩れたものと考えても見当が付かなくてもあたりまえなのです。(ただし中には後年の楷書や行書からできた物もあるようです)

ですので草書をおぼえる場合は楷書をおぼえた時と同じようにと同じように○○はこういう字だと、書きながらおぼえるしかないようです。
でも草書は同じ字でも何種類もある字がありますよね。これは楷書と同じように例えば糸偏はこう書く・頁はこう書くと言うような法則がありますから、漢字の構成...続きを読む

Q楷書の字を行書や草書でどう書くか調べたいのですが。

楷書の字を行書や草書でどう書くか調べたいのですが、インターネットのサイトで検索できるようなものはないでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

下記のサイトなどいかがでしょうか。
教育漢字1006文字と平仮名46文字が掲載されています。
http://www013.upp.so-net.ne.jp/santai/santai.htm

Q篆書体が見れるサイト

学校の美術で、ハンコを作るのですが、篆書体の字がどんなものだかわかりません。
篆書体が調べられるサイト、またはフリー配布をしているフォントなどありましたら教えてください。

Aベストアンサー

篆書体チェック
http://www.is-hanko.co.jp/shachi/tensho_check.html

和文フォント大図鑑 [篆書体]
http://ohkadesign.cool.ne.jp/wabunfont/category/tensho.html

Q行書での書き順を教えて下さい

書道で楷書の場合と行書の場合では書き順が違いますが、「地」は土ヘンの後はどう書くのですか?

Aベストアンサー

(外国語と在りましたので一瞬、中国語の方かなと)

ネットでは[書道の筆順]検索は無理です、学校の[教科書体の筆順]等はOKです。
図書館で調べて参りました、[地]に就いては楷・行・草書の筆順は同じ、画数は其々順に6・4・2画。
(一般的には楷・行で書き順が違う漢字が在りますが、地に就いては同じです)

地の行書
1画目:土偏部分一気に纏めて一つ
2画目:乛
3画目:ノ
4画目:╰
出典:「楷行草 筆順・字体字典 第二版」三省堂 江守賢治編

[地]の三書体、
http://www013.upp.so-net.ne.jp/santai/jpg/0666.jpg
( http://www013.upp.so-net.ne.jp/santai/santai.htm )
右側の少し大きい書体が行書体です。

最後、余談ですが先日http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7379215.html で回答してました。

Q漢字の書き順 今昔

漢字の書き順でここ20年以内で変更されたものがないか調べています。
漢字の書き順が変更されたものをご存じであれば教えて下さい。
ここのサイトみればわかる。ってのがあれば合わせて教えて下さい。

Aベストアンサー

昭和三十三年に文部省が教育漢字(小学校で教える字)について標準的な筆順を決めましたが、それ以降誰かが筆順を新しく決めたことはないと思います。
ただ、この文部省が決めた筆順はそれ以前の筆順と違っているものがあり、「上」などはその例です。
店、点などの「上」と同じような部分の筆順も変更されています。ちなみに以前は横縦横でしたが、文部省では縦横横の順です。
また、無の筆順も変わっています。以前は中央の短い縦線四本は横棒を三本書いた後でしたが、文部省の筆順では四本の縦線を引いてから下の横棒を引くようになっています。
もっとも文部省では決めた以外の筆順でも間違いとはいえないと言っているので、昔からの筆順でもよいということです。

最近間違えて書かれることが多い筆順といえば「書」などでしょうか。日の直前に縦棒を引くのが正しいのですが、縦棒を引いてから横線を二本引く人が結構います。なお、奈良時代のもので筆跡が判明できる文字では日の後に縦棒を引いているものがあるそうですが、現在ではこの筆順で書く人はほとんどいません。

筆順を知らない漢字は自分流に書いている人が多いだろうと思います。たとえば凸とか凹とか卍とか筆順を知っている人のほうが少ないのではないでしょうか。

昭和三十三年に文部省が教育漢字(小学校で教える字)について標準的な筆順を決めましたが、それ以降誰かが筆順を新しく決めたことはないと思います。
ただ、この文部省が決めた筆順はそれ以前の筆順と違っているものがあり、「上」などはその例です。
店、点などの「上」と同じような部分の筆順も変更されています。ちなみに以前は横縦横でしたが、文部省では縦横横の順です。
また、無の筆順も変わっています。以前は中央の短い縦線四本は横棒を三本書いた後でしたが、文部省の筆順では四本の縦線を引いてか...続きを読む

Q続け字の書き方を身に付けるには

お世話になります。
続け字(崩し字)に興味があります。
莫大な分章を書く訳でもなく、年配の人達がすらすらと書くように、
基本の書き方を身に付けたいと思います。
例えば、駅、松、野、市、御、国、の字です。
役立つサイトか、本を教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

下記のサイトが参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.nisk.jp/shodokisochishiki/soushonohayaoboeho.html

Q書道。お稽古以外にどのように練習していますか?その他

小学生の頃親に習字を習わせてもらったのですが、先生になぜか級を取っている子と同じお手本を書くことを何度も拒否され(たぶん親が級を受けることを断っていた??)それでひねくれ挫折、30代になってから心機一転、子供と一緒に再び習字のお稽古を始めましたが、先生が女性(私も女性です)で気分にとてもむらのある方で、精神的に疲れてしまい挫折。

今回はとてもノンビリした優しいおじいさん先生で、先生ともとても気が合い、ペン習字、実用書道から入りましたが、書道をこれからの生涯学習としてずっと続けて行きたいと思うようになりました。

今までは仕事や他の資格試験の学習に忙しく、週に1度のお稽古に2時間集中して書くだけだったのですが、やはりそれではあまり上達はしないと思います。先生曰く、ある昔の偉人が中国にわたったときに、たった一年の間にものすごく上達したということ。その人は暇さえあれば筆を手に何か書いていたのじゃないか?と想像します。私に同じことはできませんが、何でも極めようと思ったら始終それに時間を費やし集中する時期が必要だと思います。

書道をかなり真剣にされている方は、週のお稽古以外に、どのように練習をされているのかとても興味があります。普段家でどのくらい練習をするか、いろいろな方からのやり方を教えていただきたいです。

上手になるために必要なことも、合わせて教えてください。

宜しくお願い致します。

小学生の頃親に習字を習わせてもらったのですが、先生になぜか級を取っている子と同じお手本を書くことを何度も拒否され(たぶん親が級を受けることを断っていた??)それでひねくれ挫折、30代になってから心機一転、子供と一緒に再び習字のお稽古を始めましたが、先生が女性(私も女性です)で気分にとてもむらのある方で、精神的に疲れてしまい挫折。

今回はとてもノンビリした優しいおじいさん先生で、先生ともとても気が合い、ペン習字、実用書道から入りましたが、書道をこれからの生涯学習としてずっ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。ふたたび書き込ませていただきます。
NO.2では何やら偉そうなことを言ってすみませんでした・・・。
「級や段を取ることに意味は無い」ようなニュアンスで書いてしまいましたが、
決して意味のないことではありません。
ただ、「位が上がったこと」と「自分の腕が上がったということ」を混同してしまうと、
本当に書を極めるということはできないだろうなということを言いたかったのです。
そのことをよく師匠に言い聞かせられていましたので^^;
私も今現在進行形でがむしゃらになっているところです。


私が書道を始めたのは小学3年生のころでしたが、
無理やり親に習わされたのもあり、いやいや通っていました。
上手く書くことができなくて泣いたり、怒られたり・・・
でもどんどん続けていくうちに筆で書くということが楽しくなっていました。
それから10年ぐらい続けていくあいだ、同じ頃に通った子たちはみんなやめていきました。

私は24歳ですが、現在も同じ師に教わっています。
これまでどうして私は書道をやめなかったかと考えると、
やっぱり好きだという気持ちが強いからだと思うんです。
好きだからこそ、学ぶことに貪欲になっていきます。
でもこの気持ちはもちろん最初からあったわけではなく、
ずっと続けていくうちに芽生えてきたものです。
minnnanouta33さんもこれから書き続けていく中で、どんどんそういう気持ちが強くなって
書に対する意識も変わっていくと思います。
だから今から無理に気負ったりせずに、せっかく気の合う先生に出会えたんですから、
「書く」ということを夢中になって楽しんだらいいと思いますよ!



さて、長くなりましたがご質問にあった「好きな句や短歌などを書く」についてですが、
これは誰かが書いたものを真似るということではなく、活字印刷されたものを自分の字で書くということです。
書店などに普通の小説などと一緒に文庫でよく置いてありますよ。
例えば石川啄木や北原白秋など。なんでもいいんです。
自分の好きな言葉や好きなセリフだっていいですし。

それを手本も何も見ずに、真っ白な紙の上に書き出すことはやってみると結構難しいんですよー。
普段は先生の書いたお手本というものがあるので、字の形や配置、バランスなどがわかりやすいのですが、
自分で一から書くとなると綺麗に書くことはなかなか困難です。
でもとても勉強になるし、楽しいと思うのでぜひ試してみてくださいね。

こんばんは。ふたたび書き込ませていただきます。
NO.2では何やら偉そうなことを言ってすみませんでした・・・。
「級や段を取ることに意味は無い」ようなニュアンスで書いてしまいましたが、
決して意味のないことではありません。
ただ、「位が上がったこと」と「自分の腕が上がったということ」を混同してしまうと、
本当に書を極めるということはできないだろうなということを言いたかったのです。
そのことをよく師匠に言い聞かせられていましたので^^;
私も今現在進行形でがむしゃらになって...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q大人の書道教室とはこんなものなのでしょうか?

私は字が下手なので、書道教室へ入会しました。
先日初めて通ったのですが、指導をほとんど教えてくれません。いや、既に通っている方には、それこそ、アドバイスひとつしていません。初日だから少しは(本当に少しだけです)教えてくれたのかな?などと思っております。
私の書道経験は、小学生のときに習った、僅か2年弱の期間だけです。ですから、筆遣いは多少知っておりますが、あくまでも多少です。それでほどんど指導も受けず、何十枚と書いているだけです。
入学前の見学の際、楷書をしっかりと書けるようになってから草書に移りたいのです、と念を押して聞いたにも係わらず、1、2ヶ月で草書をやらされそうです。
特定される可能性があるので詳細が書けないのですが、大人の書道教室とは、どこもこんな感じなのでしょうか?うまい人が更に腕に磨きをかけるための場であって、私のように字を書くことにコンプレックスを持っている者が通うべき場所ではないのでしょうか?
すみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かに、自分のところにびっちりとついて、手取り足取り教えてくれるような書道教室はまずないとは思います。
だいたいは何枚か書いていいのが書けたら先生のところに持って行って指導をしてもらう、というようなスタイルが多いのではないかと思います。
また、先生の方が助言しながら巡回したり、生徒が巡回している先生に声をかけて見ていただく、というような教室もあります。

指導も受けずに何十枚書いても、初心者の場合はそれで上手くなるはずがありません。
また、やはり楷書からしっかりと学ぶべきでしょうね。上達するにつれて、行書に移り、そして草書や隷書なども取り組んでいくという流れが多いと思いますが、楷書は、どの段階の学習をする時にも常に並行して練習すべきものだと思っています。
確かに、行書や草書などは、実力の低い者が書いても、「何となく」かっこよく見えるものです。だから、日本人の学習者には、行書や草書が好き、けど楷書は苦手、という人が意外と多いのですよ。楷書はごまかしが効きませんし、素人が見ても善し悪しがわかってしまうからです。

あくまで楷書メインで練習しつつ、行書や草書にも挑戦していく、というのはいいと思いますが、ロクに書けないうちに草書メインで書かされるのは問題ではないかと思います。それでは、いつまでたっても、普段書くような字が上達したという実感は湧かないのではないかと思います。

私は楷書をしっかりと書けない、そして指導できない先生のもとで学びたいとは思いません。上級者やお気に入りの生徒だけをひいきするような先生のところにも行きたいとは思いません。いい先生とは、基本をしっかり教えてくれて、人柄が尊敬できるような先生だと思っています。

質問者様が書道教室へ入会したのは、それなりの決意を持って入会されたのだと思います。ある程度の期間も覚悟されていることと思います。それならば、今後数年習う先生として、自分には向いていないと思ったら、違う先生を探した方がいいのではないでしょうか。

質問の答えとしては、書道教室によって色々だ、ということでしょうね。
書道の大家で、弟子がたくさんいるような人だと、新規入会者はほとんど相手にされないかも知れません。私の通っている教室では、大人から子供まで、それぞれのレベルに合わせて指導をしてくれますし、毎週目の前で手本を書いてくれます。助言を求めたら喜んで応じてくれます。 色々な先生がいますので、大手や大家にこだわらず、探してみてはいかがでしょうか。お金と時間とやる気を無駄にしないためにも。

良い先生と巡り会えるよう祈っております。

確かに、自分のところにびっちりとついて、手取り足取り教えてくれるような書道教室はまずないとは思います。
だいたいは何枚か書いていいのが書けたら先生のところに持って行って指導をしてもらう、というようなスタイルが多いのではないかと思います。
また、先生の方が助言しながら巡回したり、生徒が巡回している先生に声をかけて見ていただく、というような教室もあります。

指導も受けずに何十枚書いても、初心者の場合はそれで上手くなるはずがありません。
また、やはり楷書からしっかりと学ぶべきでしょ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報