富士通製ノートパソコンのBIBLO-NC313のクロックアップを考えています。166MHzの設定法はネットで見つけたのですが、200MHzや233MHzの設定法がわかりません。どなたかご存じの方がいらしたら、お教え願えないでしょうか。またクロックアップした場合に、使用中の安定度なども知りたいのですが。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

こんにちは。


mnabeさんのおっしゃるとおり、速度アップや快適動作を求めてのクロックアップはやめたほうがよいでしょう。オーバー1GHzの時代に、166のノートパソコンを少しでも使えるようにできないだろうか?捨てるのはもったいないし。と言うことだとおもいます。
無理なクロックアップは、HDDを損傷したり、CPUからの熱でCPU自身だけでなく他の部品を損傷する可能があります。(デスクトップなら熱対策は簡単ですが、ノートでは非常にむずかいいですからね。)
私の友人がやはり富士通製ノートパソコン(100MHz!)を持っていましたが、あまりの遅さにメールチェックぐらいにしか使っていませんでした。そこで、HDDを1GB→6GHz、メモリを48MB→80MB、モデムを内蔵33K→PCカード56Kにしたところ、体感速度が以前の10倍程度(ちょっとオーバー?)になり、いまでも現役で使われています。
ということで、快適性を求めるなら、HDDやメモリの増強をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。とりあえず無難なHDD交換とメモリ増設を行うことにします。用途がメールチェックだけなので,今のままでも十分なのですが,少しでも快適になればと思っての質問でした。CPUとかが壊れたりしたら元も子もありませんので,クロックアップはやめとくことにします。どうもありがとうございました。今後もお知恵拝借よろしくお願いします。

お礼日時:2001/05/31 17:14

 クロックアップしての安定度はなくなります。


 興味でクロックアップをするのなら良いのですが、速度アップや快適動作を求めて、やるのなら止めた方が無難でしょう。

 また、私が調べた所、BIBLO-NC313では、166がMAXの様です。もしかしたら、回路切断は抵抗の変更で可能かもしれませんが、わかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。NC313には前期バージョンの製品と後期バージョンの製品があり、後期の製品でCPUモジュールが新タイプのものは233MHzまで可能というようなことを、改造専門ショップの『アイ・ツー』のHPで見かけたものですから、お聞きした次第です。安定度なしですか~。それでもチャレンジする価値はあるかな?

お礼日時:2001/05/29 19:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFMV  NC313 クロックアップ

こんにちは。
今富士通のFMVBIBLONC13使っています。
遅すぎるのクロックアップを考えています。PCも好きですし、勉強にもなるのでどなたかクロックアップの仕方が分かるかた、詳しく書いてあるホームページをご存知の方回答お願いします。

Aベストアンサー

検索で出てきた物
http://www.geocities.jp/welcome_to_bobs_room/BOBTOPframepage.html
http://www1.dum.jp/notepc/fujitsu_nc13_d_clock.htm

半田付けするしかないようですね。
さすがに古い機種の為、改造のHP消されていたりで情報少ないですね。

Qメモリの667MHzと800MHzとどう違うのですか?

VAIOのVGN-BX4KANBという機種を使っていています。
http://www.vaio.sony.co.jp/Products/BX2/spec_retail1.html

そこでメモリの増設を考えています。
今、1GBのメモリが2枚刺さっていますが、
2GBのメモリを2枚購入して4GBにしたいと考えています。

http://buffalo.jp/search/pc/detail.php?id=57891
↑のバッファローのメモリの対応表では、
D2/N667-2G(667MHzの2GBのメモリ)も
D2/N800-2G(800MHzの2GBのメモリ)の
どちらにも対応しているようなのですが、
メモリの667MHzと800MHzとどう違うのですか?

単純に800MHzの方のメモリの方が速いと言うことなのでしょうか?
667MHzと800MHzの4GBではだいぶ違うでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

前回の質問と兼ねて回答しますが、結論から言うと32bitバーションのOSを搭載している以上、4GBものメモリを積んでも約1GB程認識できないので意味はありません。
OSが認識できない領域=意味の無い領域のためにお金を捨てることになります。
その前に質問者さんの使い方で、4GBものメモリ量が必要かどうかの問題がありますけどね。
多くの人が勘違いしていますが、メモリの容量を増やすほどPCの動作速度が上がるわけではありません。
搭載している物理メモリの量に対して、実際に使用しているPF量が少なければ、メモリを増設しても何の意味もありません。
限りなく使用する機会のない保険に無駄な金を払うのと同じです。
まぁ、そういった現実的なことよりも、スペック的にジコマンに浸りたい、人に自慢したいと言う世俗的な欲を満たしたいなら話は別ですが。

667Mhzと800Mhzの違いは単純にメモリの動作周波数の違いです。
このモデルような場合はどちらの周波数を選択しても違いはありません。
800Mhzのメモリを入れてもどうせ667Mhzでしか動作しませんから。
一般的に、上位クロックのメモリは下位互換性がありますから、どちらを選んでも同じことです。

前回の質問と兼ねて回答しますが、結論から言うと32bitバーションのOSを搭載している以上、4GBものメモリを積んでも約1GB程認識できないので意味はありません。
OSが認識できない領域=意味の無い領域のためにお金を捨てることになります。
その前に質問者さんの使い方で、4GBものメモリ量が必要かどうかの問題がありますけどね。
多くの人が勘違いしていますが、メモリの容量を増やすほどPCの動作速度が上がるわけではありません。
搭載している物理メモリの量に対して、実際に使用しているPF量が少なければ...続きを読む

QNC313(富士通B5)のHDD換装について

20GのHDDに換装しようと思っています。
以前調べたら、8.4Gの壁があり、単純な乗せ換えではそれ以上のものは乗らないようです。

20Gを他のPCで8G以下でパーティション分けし、(7,7,6など)、フォーマット後換装しセットアップすれば
乗せることはできるのでしょうか。

2.5インチが使えるUSB接続の外付けHDDユニットとデスクトップPCはあります。
また、換装の物理的な作業手順は理解しています。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

そのものズバリを知らないので一般的な話ですが、BIOSが対応していないのであれば、BIOS上の認識で20GBと認識される以上、動作はしないと考えられます。

BIOSのUPDATEが可能かどうかメーカーに問い合わせるのも手ですが・・・。

QPentium4-M/2.2GHzとCeleron/2.8GHzだとどちらが速いでしょうか

現在、ノートパソコンの購入を考えています。
さて、ショップでMobile Pentium4-M/2.2GhzとCeleron/2.8GHzが似たような価格で売られていて、どちらにするか迷っているのですが、どちらのほうが、速く動作するのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、Pentium4-Mの2,2GHzはPentium Mではありませんのでご注意を・・・

Pentium4-MはPentium4に省電力機能として、Geyserville-2を実装しています。これは、バッテリモード時に電圧を引き下げて消費電力を抑える機能と、CPUを使わないときにはCPU電力の消費を抑えるように機能します。SpeedStepとDeeperSleepと呼ばれます。
後の能力はPentium4と同等。Pentium4は浮動小数点演算が高速であるため動画像処理に強いのが特徴。

Celeronは、Pentium4の廉価版。モバイルの名称が付けばSleep機能のみ搭載します。SpeedStepは装備しませんので、常にバッテリモード時もフルスピードで動作します。バッテリ利用が前提だったり、発熱を気にする場合には避けた方が良いかも・・・
ちなみに、性能はPentium4の廉価版となるため、セカンドキャッシュがPen4の半分になっています。とにかく、安くて早いプロセッサならCeleron。
この周波数差ならほとんどの処理でCeleronが上回るはずですが・・・消費電力や発熱も周波数が高いほど大きくなるので・・・ノート場合は速ければ必ずしも快適かどうかどうか?


皆さんが回答されているPentium Mはこれらとは異なる技術ベースのPentiumです。ベースはPentium3と呼ばれたPentium4より一世代前のPentiumが元でそれを拡張したのがPentium M。同じ周波数ならPentium Mの方が4より高速に動作する設計。得意処理は整数演算でオフィス処理などは極めて高速です。
また、モバイル専用設計で、Pentium4-MのGeyserville2を拡張したGeyserville-3を実装し、負荷に合わせより細かく周波数と電圧を調節できるようになっています。
最高周波数は2GHz。ちなみに、1,5GHzのPentiumMでもオフィス処理ならPentium4の2GHz~2,4GHz並に処理することもある。

この廉価版Celeron Mは、Celeronと同じで電力管理機能を削減。キャッシュ半減となるが、Mの能力は健在。

まず、Pentium4-Mの2,2GHzはPentium Mではありませんのでご注意を・・・

Pentium4-MはPentium4に省電力機能として、Geyserville-2を実装しています。これは、バッテリモード時に電圧を引き下げて消費電力を抑える機能と、CPUを使わないときにはCPU電力の消費を抑えるように機能します。SpeedStepとDeeperSleepと呼ばれます。
後の能力はPentium4と同等。Pentium4は浮動小数点演算が高速であるため動画像処理に強いのが特徴。

Celeronは、Pentium4の廉価版。モバイルの名称が付けばSleep機能のみ搭載します...続きを読む

Qモバイルペン4(3GHz)とペンティアムM725(1.6gHz) どちらが早い

モバイル ペンティアム4 3.06GHz(メモリー1GB)搭載のノートパソコンとペンティアムM725 1.6GHz(メモリー512MB)のノートパソコン どちらが早い?
使用アプリケーションは、一太郎,ワード〔共に画像の貼り付けあり)、エクセル,ロータス123(大きさは、120×150セル),パワーポイント,インターネットです

Aベストアンサー

 絶対性能で言えばモバイルペン4 3.06GHzでしょう。
 但しおっしゃるようなソフトでは、その差は体感できません。ワープロソフトや表計算、インターネットなどは軽い動作ですからどちらでも問題なく快適に動作するでしょう。
 但しモバイルP4は熱の問題があります。安定性や、バッテリーでの駆動を考えるなら私はペンティアムMをお勧めします。
 逆に、パソコンの性能をフルに使う3Dゲームなどに使いたいならモバイルペン4になりますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報