昔、アメリカで電子レンジで猫を温めたら死んだという出来事が
ありましたが、その直接の死因はなんだったのでしょうか?
電子レンジは水分子の振動で温めると聞いたことがありますが、
猫の直接の死因は電磁波による障害なのでしょうか?やけどなのでしょうか?
その他、猫が死んだ要因、過程などが説明できる方、ぜひ教えてほしいのです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 酷い話だねぇ…。

とりあえずアドバイスです。

 電子レンジというのは、要は高周波で水の分子(電子だっけ)を振動させて発熱させるらしいですね。で、想像ですが猫の死因は、血液などの体液の沸騰によるショック死でしょうね。
 状況としては、まず猫の体液の温度が上がり、膨張します。この時点で、ショックで死んでいる可能性は高いですが、もし生きていた場合は体液が存在するすべての部分でやけどが発生します。さらに体液は逃げ場がないので、加熱時の気化によって猫が膨張、そして最後には破裂します。

 …と、実験したわけじゃないので想像ですが、こんな感じでどうでしょうか?
    • good
    • 8

電子レンジの作用については既に出ている皆さんの回答に譲ることとして,この話そのものはおそらくフィクション(というかジョークというか)だと思われます。


いわゆる都市伝説をたくさん集めたページの中に,ペットを電子レンジで過熱する話について詳細な考察がなされています。(参考URL)
それによると,初出は1976年。ただ,それ以前から言われている同類のエピソードが母体になっていると思われる。
ペットの種類は猫だったり犬だったりバラエティがあるが,中にいれてしまう人物はほとんど例外なくオバサン。…だそうです。
トップページは http://128.242.205.65/ です。

参考URL:http://128.242.205.65/horrors/techno/micropet.htm
    • good
    • 3

この話は私も聞いたことがありますが,本当かどうかは知りません.


私が聞いた話では,猫は爆発したことになっていました.
PL法を皮肉ったお話という説も聞いたことがあります.
電子レンジのマニュアルに猫を入れてはいけないと書かないとダメだ.
犬を入れるやつもいるかも知れない.
小鳥も書かなくちゃ,馬も,牛も,象も...そんなに大きな電子レンジはないか.

WizAsura さんや stomachman さんが書かれているようなことと私も思いますが,
直接の死因はちょっと?です.

爆発はありそうです.
殻をむいたゆで卵を電子レンジであたためると,爆発します.
殻があれば生卵でもゆで卵でも爆発しそうなのは想像できますがね.
どうやら,黄身の方が白身より膨張率大きいらしく,
半分に切ってから電子レンジであたためると.切り口で黄身が盛り上がっています.
膨張率の違いにより内側の圧力が高くなり,外側が耐えきれなくなった時点で,
bang! というわけでしょう.

> 電子レンジはおさっしのとおり電子を無理矢理通すんです
電子じゃなくて,マイクロ波です.
英語では microwave oven です.
電子レンジ用のマイクロ波の周波数は国際的に2450MHz(波長約12cm)
が割り当てられています.
    • good
    • 0

# 確か注意書きがなかったから賠償しろという裁判になっていましたね(^^;



少なくとも
>電子レンジはおさっしのとおり電子を無理矢理通すんです。
これは間違いですね。。。

134さんも書かれていましたが、たんぱく質の分解が直接原因になると思います。
目の水晶体は最初にやられて白濁すると聞いたことがあります。
本人(猫)の意識がある状態でこのようなたんぱく質の変質が始まるようです。

ほかに脳やなどは電解変化に対して強いのかなぁ?
心臓などは電気が大切なはたらきをしますが、
このあたりはどうなるんでしょうね。。。なんか私も質問になってしまっています(^^;
    • good
    • 1

電子レンジの猫は、米国でまことしやかに流布した「都市伝説」ではないかと言われているようですが....


それはさておき、電子を通す訳じゃありませんぜ。電磁波を浴びせて、水の分子を揺さぶり、内部から加温するのが電子レンジです。高磁場MRI装置も同じ事をやりますし、強いマイクロ波を出すパラボラアンテナの前に立つのも同じ目にあう。近頃は携帯電話が出す電磁波で脳の温度が僅かながら上昇するという研究もありますね。
 死因はやけど以前。単に煮えたんです。火傷は生体反応ですけど、この場合は蛋白の熱変成による脳神経の機能障害、血液中の気泡の発生による肺塞栓(呼吸ショック)・脳の塞栓、どれが最初なのかはよくわかりませんね。

 乾いたものには電子レンジは無力。ですから、猫を安全に電子レンジに入れるためには、まず乾かさなくては。勿論内蔵や目玉が煮えたぎることの無いように、よく陰干ししてすっかりミイラ化する必要がある。
    • good
    • 1

あったりまえでしょ。



動物を暖めるには暖気をしなくちゃだめでしょ。

電子レンジはおさっしのとおり電子を無理矢理通すんです。
べつに暖めるのもでは無くて、その副作用で熱をもつだけです。

死にます。
    • good
    • 0

シュレディンガーの猫 という たとえ話はあるけれど、本当に、そういうことをするとは ーー;)



 えと、電子レンジで発生させる電磁波は、電気のプラスとマイナスを短い周期で入れ替える場を作ります。

 その中で、水のようにプラスとマイナスがアンバランスに存在する分子(こういうのを「極性がある」といいます)を入れると、分子そのものが 激しく振動して発熱するわけです。

 で、動物を入れた場合ですが、水分は、沸騰してしまいすが、タンパク質なども極性があるものなので、硬化したり、分解したりします。(ちょうど、卵の白身がゆで卵の状態のように固まり、さらに熱が上がって分解するというような…)

 このため、電子レンジでドライアイスを溶かすことはできないはずです。

 過程…というと、これらが同時に起こるので、何とも言えませんが…
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電子レンジを使って夏休みの宿題をしています。電子レンジで水を200cc

電子レンジを使って夏休みの宿題をしています。電子レンジで水を200cc温めた時、ぶくぶくと沸騰しているように見えますが、温度を測ってみると100度ではありません。(実際90度程度)100度付近にならないのはなぜですか?
また、沸騰している状態を続けたとき(沸騰しているような状態になっても加熱し続けたとき)しばらくすると沸騰状態(ぶくぶくしている状態)がおさまり、平穏となったのですが、なぜでしょうか?
中学生で理解できる程度でかまいませんので、教えてください。

Aベストアンサー

水は不思議な液体で、現在もよく解らないことが多いのです。

例えば、なぜ水は4℃のときに一番重いのかとか。

沸騰している時が100度とは限りません。また、100度でも沸騰しない時があります。突沸とういうこともあります。

特に電子レンジを使ったときは少しの刺激で水が突然爆発しますので非常に危険です。ご注意下さい。

答えになっていませんが、電子レンジで水を温めた時、ぶくぶくと沸騰しているように見えるには、水の分子が均一になるように激しく動いているからでしょう。

加熱し続けたときしばらくすると沸騰状態がおさまり平穏となったのは、水が水蒸気になる前の不思議な現象で、水の分子の状態が一時的に均一になったからでしょう。

このあと、少しの刺激で水が突然爆発することがありますので、決して近づかないで下さい。

電子レンジによるこのような実験は非常に危険です。

Q電子が加速運動をすると、なぜ電磁波を放射するのでしょうか?

電子が加速運動をすると、なぜ電磁波を放射するのでしょうか?
また、放射された電磁波のエネルギーはなぜ電子の加速度の2乗に比例するのでしょうか。
Maxwell方程式から導出できるけれども、物理的なイメージが分かりません。
キンクモデル以外の方法でどなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

 補足、承りました。
 まずはお礼とお詫びを。Larmorの公式をうっかりしていました(私が勉強した本の中では、たとえば「物理テキストシリーズ 電磁気学 砂川重信」の最後のほうにちゃんとありました)。
 思い出すと、私も加速度の2乗を不思議に思ったような気がします(^^;。確か、「それでも式の指し示す通り」と無理やり納得したような。間違った思い込みを正すことができまして、ありがとうございます。
 というわけで、先の「速度の2乗」は撤回してお詫びします。大変申し訳ありません。また、これは私では何か目に見えるようなモデルにすることはできません。これも申し訳ありません。

>電荷に外力が加われば、そのエネルギーをどこかに放出しなければエネルギーが保存されないことになります。それが周囲の電磁場に放出されて広がると考えればよいのでしょうか。

 近接作用による電磁波の式の導出を追う限り、そうだとしか言えないですね。
 遠隔作用説では電磁波は説明できませんが、こいつの決定的欠陥は、電磁場の運動量や運動エネルギーが実際より低くなってしまい、その不足分を説明できないことです。近接作用説は、その不足分は電磁場のものだ、と明言してくれるわけですが。
 ここで、近接作用説に軍配が上がり、それを式で追っていくと電荷の加速度運動でどうしても媒質に波ができる、つまり電磁波が出てこざるを得ない、といったとことでしょうか。式で考えたことはありませんが、もし遠隔作用説で電荷の加速度運動を考えたら、外力のエネルギーは全部、電荷の質量だけに帰着してしまったりするのではないかと(で、また何か不足が出たりして)。

 補足、承りました。
 まずはお礼とお詫びを。Larmorの公式をうっかりしていました(私が勉強した本の中では、たとえば「物理テキストシリーズ 電磁気学 砂川重信」の最後のほうにちゃんとありました)。
 思い出すと、私も加速度の2乗を不思議に思ったような気がします(^^;。確か、「それでも式の指し示す通り」と無理やり納得したような。間違った思い込みを正すことができまして、ありがとうございます。
 というわけで、先の「速度の2乗」は撤回してお詫びします。大変申し訳ありません。また、これは私...続きを読む

Q定積過程と定圧過程の熱量

定積過程ではQ=nCv△T、定圧過程ではQ=nCp△Tとなりますよね?(Cv、Cpは定積比熱と定圧比熱)
結論は分かるのですが、途中の計算過程が探してもなかなか見つかりません。解説をお願いします(>_<)

Aベストアンサー

>定積過程ではQ=nCv△T、定圧過程ではQ=nCp△Tとなります

これは定積比熱、定圧比熱の定義式です。計算の結果そうなるというものではなく定義。つまりCv,Cpとはこういうものですという約束事なのです。定義なので証明しようがありません。

例えば
nCv=(∂U/∂T)_v (Uは内部エネルギー)
という式のは定積過程において
(∂U/∂T)_v=(∂Q/∂T)_v=lim[⊿T→0](nCv⊿T/⊿T)_v=nCv
とすることが得られます。つまり、Q=nCv△T が先にありきの式なのです。

Q電子レンジでアルミ箔が食品中に溶け出す?

どちらのカテゴリに質問させていただくべきか悩みましたが、
皆様にお願いしようと思い、こちらに参りました。

タイトルのとおりなのですが、昔(アルツハイマーとアルミの関連性が取りざたされ始めたころ)に、
「アルミなべなどからは相当量のアルミが鍋の内容物に溶け出している。」とか、
「アルミ箔に包んだ食品をレンジでチンすると大量に食品中にアルミが溶け出す。」
といったことが噂として流れたことがあります。
今はその噂も下火になっているようですが、今日はそのことで質問させていただきました。

自分で考えたところでは、
「アルミのような酸化されやすい金属は表面に薄い酸化皮膜を構成しているので、よほどの高温や、酸、塩基等の特殊環境でない限りそれほどアルミ成分が溶け出すことはない。」
位は見当がつくのですが、電子レンジ中にアルミ箔でくるんだ食品を入れたらどうなるのかが、少し気になっています。

アルミ箔が薄く、放電が起こるほどであれば、発生した火花中の、あるいは高温によって気化した極微量のアルミが食品に付着することはありそうですが、十分分厚いアルミ箔の場合はどうなるのでしょうか。
もしかして発生した誘導電位等によってアルミ箔がイオンとなって食品中に溶け出すことはあるのでしょうか。そうならばそれはどのくらいの量でしょうか。すこし心配で、困っています。

どうぞ、ご回答いただける方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

どちらのカテゴリに質問させていただくべきか悩みましたが、
皆様にお願いしようと思い、こちらに参りました。

タイトルのとおりなのですが、昔(アルツハイマーとアルミの関連性が取りざたされ始めたころ)に、
「アルミなべなどからは相当量のアルミが鍋の内容物に溶け出している。」とか、
「アルミ箔に包んだ食品をレンジでチンすると大量に食品中にアルミが溶け出す。」
といったことが噂として流れたことがあります。
今はその噂も下火になっているようですが、今日はそのことで質問させていただきま...続きを読む

Aベストアンサー

アルミホイルに食品を包んでレンジでチーンという危険なことは
して居られない事と思います。

アルミホイルからイオンが溶け出すためには、ホイルと液体が
接触していなければなりません。(食品の水分等。)
しかし、アルミホイルの表面には酸化アルミの不動態膜が形成されて
いるために、アルミイオンが短時間にこの膜を越えて液体中に
溶出することは有りません。

アルミホイルの不動態膜は薄く不完全なために、酸に犯されることが
有ります。<アルミニウム板とレモンで電池を作ったときのように。>
はその一例です。

したがって、アルミ製品にはかなり厚い不動態化処理(アルマイト処理)
がしてあり、食品や薬剤の包装に使われるアルミフィルムにも耐酸性の
樹脂コーティングがしてあります。アルミ缶もコーティングしてあります。

アルミとアルツハイマーの噂は下火になりました。調べて見たらより
高い濃度のアルミが検出されましたが、昔からそうだったかも
しれないし、疫学的な因果関係が認められないからです。

しかし、いつまでも噂が絶えないのは次の例で明らかです。
ある主婦:冷蔵庫に入れた味噌のアルミ蓋が溶けた。教えてgooで聞こう!
回答者1:とんでも回答        主婦:溶けるんですね
回答者2:事実を説明+悪い冗談、      やはり溶けるんですね
回答者3:ちょっと捕捉+うんちく      味噌は悪いから息子にはNG
回答者4:うんちく+あおり         良回答20点、締め切り。
この奥様は、いまごろアルミ箔蓋の味噌は男の子に悪い、食べない様に
と近所に触れ回っていると思います。

ひょっとすると、隣の奥様からこの話を聞かれて気になりだしたのでは。
ちなみに、回答者No.2は小生で、実験結果は2週間経ってもアルミホイル
に変化無しでした。下記URLをご参照ください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4796606.html

アルミホイルに食品を包んでレンジでチーンという危険なことは
して居られない事と思います。

アルミホイルからイオンが溶け出すためには、ホイルと液体が
接触していなければなりません。(食品の水分等。)
しかし、アルミホイルの表面には酸化アルミの不動態膜が形成されて
いるために、アルミイオンが短時間にこの膜を越えて液体中に
溶出することは有りません。

アルミホイルの不動態膜は薄く不完全なために、酸に犯されることが
有ります。<アルミニウム板とレモンで電池を作ったときのように...続きを読む

Qどうして電子が運動すると電磁波を出すのですか?

何故電子は運動(円運動?)すると電磁波を放射してエネルギーを失うのですか?電磁波もエネルギーなので電磁波を出せばその分の電子の持つエネルギーが減るのは分かりますが、何故電子は運動すると電磁波を出すのかが分かりません。電子に負の仕事をしている物でもあるのでしょうか。本にもエネルギー準位が下がると電子は電磁波(光)を出すとしか書いてなくて、何によってエネルギーを奪われたのかが分かりません。電磁波を出したからその分のエネルギーを失ったのか、エネルギーを何かによって奪われたために摩擦熱のように奪われた分のエネルギーが電磁波という形に変わって外へ逃げたのか、どちらなのかも分かりません。ネットで調べても見つかりませんでした。

かなり初歩的な事ですみませんが、どなたか教えてもらえませんか。

Aベストアンサー

>何故かURLが開けません。

開けませんか。これではどうでしょう?
http://hyropom.web.fc2.com/phys/electrod.pdf

こういうページもあるんですけど、

点電荷が発する電磁波
http://homepage2.nifty.com/eman/electromag/accel_radiation.html

やっぱりなぜか、ということを噛み砕いて書いてくれてはいないのですね。
突き詰めていけば電磁誘導ということで、磁場と電場が時間変化すれば電磁波が発生するということなのですが、
でもそれだと、等速で運動する電子でも磁場と電場が時間変化するのでこれだけじゃ説明不足です。
やっぱりちゃんと計算して、加速度に依存して放射がおこり、速度一定では放射しないということを示さないとダメという事で、それはとてつもなく難しい計算になります。
その計算を読み解くことができればもう少し噛み砕いた説明ができるのでしょうけど、あいにく私には無理です。

円運動について、ボーアのモデルを出してしまったので少し混乱させてしまったのかもしれませんが、
ANo.2は実際に原子の中で電子が円運動をすると言っているわけではなくて、
ラザフォードのモデルのままでは古典物理と矛盾するという問題点のほうを書いたつもりだったんですけどね。

実際に電子が円運動をして電磁波を放出する例としては、シンクロトロン放射とかサイクロトロン放射があります。

>何故かURLが開けません。

開けませんか。これではどうでしょう?
http://hyropom.web.fc2.com/phys/electrod.pdf

こういうページもあるんですけど、

点電荷が発する電磁波
http://homepage2.nifty.com/eman/electromag/accel_radiation.html

やっぱりなぜか、ということを噛み砕いて書いてくれてはいないのですね。
突き詰めていけば電磁誘導ということで、磁場と電場が時間変化すれば電磁波が発生するということなのですが、
でもそれだと、等速で運動する電子でも磁場と電場が時間変化するのでこれだけじ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報