何かとても優しい文体で書かれている参考書か何かをご存じないでしょうか?
センター試験用に漢文を勉強したいんですが・・・・
満点を狙えるような物はないですかね・・・・?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

遅くなりまして、すみません。


漢文の方は、7(本の上のほうに記されている通しナンバー?)1日1題30日完成 漢文 高校初級用 291円+税
古文のほうは、1 1日1題完成 古文 高校初級用 291円+税
です。
頑張って満点とってくださいね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

いえいえありがとうございます、
出版社はどこでしょうか?

お礼日時:2001/06/11 23:19

それでは少し情報を追加しましょう。


まず,句法というのは英語でいう構文のようなものと思えばよいでしょうか。
漢文は「こういうときはこう読む」という訓読の仕方が決まっているものがあります。
例えば「為A所B」とあったら,「AのBする所となる」と読む(意味は受け身,「AにBされる」)といった類です。
これらを少しずつ,しっかり頭に入れていきましょう。

うすっぺらい問題集というのは,日栄社ではないでしょうか。漢文だけでなく,国語全般にわたって数多くの問題集を出しています。
日栄社のは全般的に,「基本事項の解説などは他の参考書に譲る」という方針で編集してあるので,その分薄く,安くなっているわけです。
逆に,基本事項のまとめも一緒に載っているほうがよいというのであれば,たとえば,
シグマベスト「大学入試を30時間で総チェック」シリーズ 標準レベル 国語・5「新課程 漢文句法」 (文英堂,466円)A5判64ページ
同じくシグマベスト「これだけトレーニング30回」シリーズ 高校初級漢文 谷本文男編著(文英堂,700円)B5判64ページ
あたりをおすすめしましょう。紙面も読みやすく,説明も丁寧です。

多久弘一さんというのは代ゼミの名物漢文講師ですね。たまたま手元にある実況中継は飯塚さんのしかなかったのですが,以前書店で読んで「これもいいかもしれない」と思った記憶があります。
    • good
    • 0

再回答が遅くなってすいません。


どれでもいいかもしれませんが、
肝心な出版社名を忘れてしまったもので、
このような書き方になってしまいました。
2~300円だとコピるよか安いから、
使い捨てのドリル代わりにもなりますね。
自分がやった時には、
あってるとこは丸つけてそのままにして、間違ったとこだけ消して、
を2~3回繰り返した後、
次に問題集(同じ物の新しいヤツ)に
間違いつづけてるものをチェックマーカーいれてまたやってました。
ポイントが項目別(この場合、漢文の文法に相当する句法)で、
その練習問題とセットのものがいいですよ。
同じ漢字を使ってても、句法によって意味が全然違ってくるし。
具体的な参考書名(出版社名)が必要でしたら、
また調べて、回答致しますが、
いかがいたしましょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>具体的な参考書名(出版社名)が必要でしたら、
また調べて、回答致しますが、
いかがいたしましょう?
では・・・・お言葉に甘えてお願いいたしますm(__)m
何べんも回答ありがとうございます
みなさんの回答を見てるだけで漢文の
成績がアップして・・・・るわけないですね

お礼日時:2001/06/01 21:32

浪人生に漢文を教えて,センター試験の漢文問題で満点をとらせた経験のある者です。

単にその生徒が優秀だっただけという説も有力なんですが…(^^;)。

「優しい文体」ということでしたら,これはいかがでしょう。
語学春秋社 実況中継シリーズ
飯塚漢文入門講義の実況中継 (上,下) 飯塚敏夫著

実際の予備校の授業を採録したものです(もちろん議事録ではないので,一字一句話した通りではなく,読みやすいように手は加えてあります)。
話しかけるような文体で書かれていますので,親しみやすいのではないかと思います。
同じシリーズで「大学入試センタ-試験漢文『国語I・II』」というのも出ているようです(実物は未見)。

あとは,以前高校2年生向けに漢文勉強法のプリントを書いたことがあるので,その中からいくつか紹介しておきましょう。

7) 宮下典男(代々木ゼミナール講師)著 宮下の漢文ダイジェスト(学燈社、806円)
8) 谷本文男著 入試頻出漢文のルール(駸々堂、930円)
9) 谷本文男著 本番で勝つ!漢文句法(文英堂、1240円)
いずれも句法を中心にまとめた点では共通しており、第一グループ(注。「総まとめ」的なタイプの本)から問題数を減らしたようなものといえよう。同類の本は多数出ているが、この三冊は説明に英文との比較を用いたり、なぜそうなるのかという理由まで掘り下げて考察したり、なかなか個性的である。私の望み(野望かも)は、これらの三冊を足して十をかけたような本を書くことだ、といったらちょっと欲張りすぎか。野望ではなく無謀だという批判が出るかもしれない。
大きさはいずれもA5判で、ページ数は順に158、188、287。
7)は砕けた口調で書かれており、実際に講義を受けているようだ。天の巻で基本的な構文、地の巻ではさまざまな句法を学び、人の巻で入試問題に挑戦する。
8)は句法だけでなく、「漢詩編」「語彙編」がついているところがユニーク。語彙編では、漢文で頻出する語句をまとめて簡潔に説明してある。このようなものはありそうでなかなかない。
9)はページ数が多いぶん解説が詳しい。ただ語彙編はない。

ちなみに,センター試験は最近では名前を聞いたこともないようなマイナーな出典のこともあります。(漢文の先生が「よくこんなものを見つけた」と驚くくらいです。)
しかし問題は平易ですので,今から始めれば満点も十分狙えると思います。
句法が大事というのは皆さんおっしゃる通りです。ご健闘を祈ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とってもくわしい回答ありがとうございます
なるほど、実況中継シリーズですか
知ってますよ、何冊かもっています
確かに読みやすいですね、漢文のそれも
さっそく明日の学校の帰りにでもかってきます!
あの・・・今本棚を見たら多久弘一という方の
漢文の実況中継があったんですが、これはどうなんで
しょう?御存知ないですかね?

お礼日時:2001/05/31 22:25

 漢文の基礎ですか…


 学習方法はいろいろとありますが、まずは漢文の句法をマスターすることです。
 これしか、ありませんね…
 句法の場合、必ず例文がのっていますので、それを覚えてしまば、句法はだいたいわかるようになります。
 だいたいにして、漢文は句法さえわかっていれば、たとえ白文(レ点や置き字などのない漢文)もだいたい読めるようになります。
 また、センターなどの試験問題に使われる漢文は孔子や孟子などのある程度有名な漢文を出していますので、彼らの出典や思想なども把握しておくとよいでしょう。
 一番、よいのは国語便覧をみるべきです。
 また、もう5年以上前になってしまうのであるか、どうか不明ですが、学研の「漢文ヤマのヤマ」がおすすめです。まる暗記するくらい覚えておけばあとは過去問などをやりこなせばよいでしょう。
 あとは模試などを行って試験慣れすることです。やはり、覚えていても本番のプレッシャーで頭が混乱するからです。
 僕の場合、プレッシャー負けして白文の書き下しをせっかく正解だったのに消して不正解のほうを書いた経験があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!あの・・・句法ってなんなんでしょうか?
すいません、まったくしらないもんで・・・

お礼日時:2001/05/31 22:27

こんにちは。


相当お困りのようですね。
ちょっと遠回りかもしれませんが、
自分がそれで満点近く(現国で1問こけたのみ・2年連続(^^;)とれたので、
それでよろしければ、と、いうことで。
スタート時には、中学レベルの現国文法力すらなかったことを
告白しておきます。
とりあえず、現代文・古文の文法を完璧にしてください。
現代文→古文の順がいいかも。
現代文の文法の元になってるのが古文で、
古文で読み仮名をつけたのが漢文です。
そのうえで、それをひつこく(重要!!!!)
完璧に暗記しちゃったり、流れとしてわかるようになったりするまで、
一点集中でやりつづけると、
頭の中から参考書が離れなくなって、
歩きながらでも問題と回答を繰り返す(笑)
危ない状態になります。
で、ある日、突然、あ~あれがこうだからそうなのね、
と一気にわかる日が必ず来ます(自分の場合は現国4ヶ月、
古文2ヶ月、漢文1ヶ月半でした・英語も並行して9ヶ月やった)。
同時に小論文もやると、半年くらいで速読も、
全国模試でトップレベルにもなれるから。
問題集は、名前は覚えてないけど、
現代国語・漢文・古文しか出してなくて、
1冊200~300円台のうすっぺらい、B5サイズよか一回り小さいくらいの、
参考書売り場で結構スペース取ってるヤツの基礎レベルのもので充分。
はっきりいって、自分はそれ以外やらなかったし、
出来る余裕も無かった。
でも点は取れたよ。
頑張って!
なんかあったら、補足要求してくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!なるほど、二ノ宮金次郎になれという
ことですね(違いますか?多分違いますね)
>問題集は、名前は覚えてないけど、
現代国語・漢文・古文しか出してなくて、
1冊200~300円台のうすっぺらい、B5サイズよか一回り小さいくらいの、
参考書売り場で結構スペース取ってるヤツの基礎レベルのもので充分。
っていうのはこういうタイプのものならなんでもOKということですか?

お礼日時:2001/05/31 22:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢文の単語集をすべきか

こんちは。
過去に受験を終えた者です。
訳あって、受験生に教えています。

センターの漢文のために漢文の単語集を
やったほうがいいのでしょうか?
あまり漢文の単語集なんて聞いたことない
のですが。
それともやらなくてもいいのでしょうか?

もし漢文の単語集でいいものが
あったら教えて下さい。
勉強法もアドバイスください。

Aベストアンサー

こんにちは,puni2です。
以前,別の質問(「漢文を基礎の基礎の基礎から学びたいのですが」←参考URL)でも回答したものです。よろしかったらそちらもご覧いただければと思います。

さて,確かにおっしゃる通り,漢文の単語集というのは聞きませんね。それは,漢文の読解においてはあまり語彙力が問われていないからだと思います。

例えば,日本語の文章では「白」と書いて「もうす」と読むことはあまりしません(昔はもっと多かったと思いますが)。しかし,もし漢文で「白」の文字が,「しろ,ホワイト」ではなく「もうす」の意味で使われていたとしても,おそらく「もうス」とカナが振ってあるだろうし,かりに「白ス」と送りがなだけだったとしても,「告白」「自白」などの熟語から推測がつきます。(こういった,日常なにげなく使っている熟語から漢字の隠れた意味をあてる練習も,日ごろからしておくといいですね。正しい意味は漢和辞典を見れば分かります。)
かりに全く推測がつかないような単語が出ていれば,問題に注が付いています。特にセンター試験の注はとてもていねいです。仮に知らない語に注がなかったとしても,それはどうせ他の受験生も分からないだろうと思って,気にしないことです。

というわけで,私も皆さん同様,まずは文法(句法)をしっかり固めるのがよいと思います。

そうはいっても,漢文独自の頻出単語というものも確かにあるわけです。そこで,前回の回答でとりあげた参考書の中から,単語も学べるものを1冊紹介しておきます。
◆谷本文男著 入試頻出漢文のルール(駸々堂、930円)
この本は句法の学習だけでなく,後半には「漢詩編」「語彙編」がついています。語彙編では,漢文で頻出する語句をまとめて簡潔に説明しています。文法と単語,そして漢詩のルールまでまとめて学べるので便利です。

他の参考書などについては,前回の回答が参考になれば幸いです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=83032

こんにちは,puni2です。
以前,別の質問(「漢文を基礎の基礎の基礎から学びたいのですが」←参考URL)でも回答したものです。よろしかったらそちらもご覧いただければと思います。

さて,確かにおっしゃる通り,漢文の単語集というのは聞きませんね。それは,漢文の読解においてはあまり語彙力が問われていないからだと思います。

例えば,日本語の文章では「白」と書いて「もうす」と読むことはあまりしません(昔はもっと多かったと思いますが)。しかし,もし漢文で「白」の文字が,「しろ,ホワイト」...続きを読む

Q漢文は単語を覚える必要はないのでしょうか?

古文は単語帳がありますが、漢文はありませんよね。
句形の暗記を終えたらセンターの過去問に入って下さいと書いてあったのですが、単語を覚える必要はないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。
漢文の単語や意味のわからない漢字ですか?
たぶん単語帳はほとんどないでしょうし。
以下の対策で、大学入試2次試験までなら乗り切れると思いますよ。

1)句法とそれに出てくる漢字と読みは覚えておく(必須)
  (当然、句法の意味と使われ方についても理解しておく)

2)漢字そのものの意味から推測、
  あるいは、漢字を用いて熟語を作ることで意味を推測

メインの回答になるのですが、たとえ漢文の単語を知らなくても、あるいは古語における読みを知らなくても、漢字そのもののもつ意味から、その文章における意味が推測できることも多いです。特に漢詩の場合、少ない文字数で豊かな表現をしなければいけないので、漢字のもつ意味というのが重要になってくるのです。あるいは、動詞や形容詞などの漢字に使用できるのですが、たとえば、仮に「遣ル」の読みと意味がわからなかった場合でも、「派遣」と熟語をつくることで、意味を推測するという方法があります。
こういう意味推測には、受験者個人個人の漢字能力・言語能力が必要になってきます。逆を言えば、漢字をちゃんと理解していれば、漢文の単語をたくさん覚える必要はないってことです。頻繁に出てくる動詞や形容詞はけっこう決まっている、そして受験勉強の段階からこういう訓練をしておけば、本番での知らない文章でも対応できるかと。

3)頻出の、読みのわからない漢字は調べておく

漢字からの意味推測や熟語形成ができないような言葉でも、頻出する用語(「凡そ」とか)を日頃からチェックしておけば問題ないかと。2次試験までは有名な文章の問題もけっこう解くと思いますので、その時にチェックしておくことが重要です。

4)漢文や古代中国の常識の用語を知っておくと、理解が早い

単に「河」というと「黄河」、単に「江」と書いてあると「長江」をさすとかは、漢詩をはじめとして必須でしょうし。漢字の有名な固有名詞的な使い方はいくつかあったと思います。
そういうものは、問題集の解説部分で説明されているはず。むしろそういうことが書かれていない問題集はどうかと思う。解答の現代誤訳のところに「長江が・・・」なんてさらっと書いてあるだけ、「江」の字の説明無しですか?! という問題集も多くて(苦笑) ちゃんと文章の一文字一文字や文章の背景知識まで説明されている参考書や問題集を選んで下さい。
それ以外の常識は、文章を読んで出てきたものを気にとめておく、ぐらいでいいと思います。

そんなところで。

こんばんは。
漢文の単語や意味のわからない漢字ですか?
たぶん単語帳はほとんどないでしょうし。
以下の対策で、大学入試2次試験までなら乗り切れると思いますよ。

1)句法とそれに出てくる漢字と読みは覚えておく(必須)
  (当然、句法の意味と使われ方についても理解しておく)

2)漢字そのものの意味から推測、
  あるいは、漢字を用いて熟語を作ることで意味を推測

メインの回答になるのですが、たとえ漢文の単語を知らなくても、あるいは古語における読みを知らなくても、漢字そのも...続きを読む

Q白文を書き下し文に(漢文)

漢文の白文を書き下し文にするにはどうしたらよいのですか?
訓点や送り仮名が付いていれば簡単にできるのですが、ただ単に漢字だけが並んだ文を直したいのです。
さらに欲を出せば、その文を訳せるようにもなりたいと思っています。
どうすればよいのですか?教えてください。

Aベストアンサー

ごきげんよう。

漢文を白文の状態から書き下し文直しや現代語訳するにはどうしたらよいか?
う~ん、これができないとどう困るのかがよくわかりませんが、
とりあえず、
質問者さんの漢文関係の知識が高校レベルだと仮定して回答します。


漢字の横につけられている返り点や送り仮名というのは、
もともと白文であったものが読みやすくなるように、
後世の人間や研究者によって(勝手に)つけられたものです。
返り点をつけたのは五山の僧たちでしたかしら?

高校までの漢文の授業では習いませんが、
英語や古文と同様に、漢文(古代中国語)にも文法(漢文法)があります。
その文法や単語を理解すれば、
漢文そのものから現代語訳をすることも十分に可能になります。

文構造・語順としてはわりと英語に近くて、
 [主語][述語]
 [主語][動詞][目的語]
 [主語][動詞][目的語1][目的語2]
 [主語][動詞][目的語][前置詞][目的語]
 [主語][否定語(「不」など)][動詞][目的語][前置詞(「於」など)][場所を表わす名詞]

これらは文構造の単純な例ですが、こういう感じで漢字が並んでいて、
この構造がわかっていると返り点がなくても読む語順がわかります。

この構造に加えて、単語(動詞や名詞や副詞などの漢字)の意味がわかり、
固有の文法(高校で「句法」として習うもの+α)を理解すれば、
白文を見ただけでもおおまかな意味はつかめるのです。
それを洗練させていくと、適切な現代語訳ができるようになっていくでしょう。
(ここでは簡単に言ってますが、実際にやろうとするとけっこう手ごわい)


ただ、「書き下し文にする」のは現代語訳よりも厄介ですね。

現代日本語を読み書きしている私達が書き下し文を読めばわかるように、
ほぼ日本の古文調なのです。
これは、古代~近世の人間が漢文を日本語に直す時に、
「漢文の訓読」「自分の文法に沿った送り仮名のつけ足し」
を行なってきたためです。

したがって、
 ○漢字をどのように訓読して送り仮名をつけるか
 ○日本の古文の助動詞・助詞をどう補うか
というのが、私達現代人には非常に難しいレベルかな、と思います。

> どうすればよいのですか?教えてください。
う~ん、書き下し文にする場合、古代から現代までの日本語と中国語の両方に精通してください、としか。他の方の意見待ちかも。

日本における古文や漢文を専門に研究している研究者なら
送り仮名を含めた書き下しに慣れていて可能な人もいるかもしれませんが、
かなり特殊なスキルであることは間違いないでしょう。

漢文 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E6%96%87
返り点 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%94%E3%82%8A%E7%82%B9

追加や訂正などがありましたら、また。

ごきげんよう。

漢文を白文の状態から書き下し文直しや現代語訳するにはどうしたらよいか?
う~ん、これができないとどう困るのかがよくわかりませんが、
とりあえず、
質問者さんの漢文関係の知識が高校レベルだと仮定して回答します。


漢字の横につけられている返り点や送り仮名というのは、
もともと白文であったものが読みやすくなるように、
後世の人間や研究者によって(勝手に)つけられたものです。
返り点をつけたのは五山の僧たちでしたかしら?

高校までの漢文の授業では習いません...続きを読む

Q大学受験 参考書を購入したいです 完全な独学です

高校を中退した17歳男子です
高校に通っていれば3年生の代になります
通っていた高校は偏差値64の進学校だったのですが、入ってすぐに辞めてしまいました
去年高認を取得致しました

元々は、専門学校に進学する予定だったのですが、大学進学に軌道修正することにしました
群馬大学工学部 応用化学・生物化学科を目指します
http://jyukensapuri.jp/SC000023/00000000000131169/00000000000131177...

ただ、僕は高校に入学して半年程で退学、その後も勉強を全くしてこなかったので、高校の勉強が全く分からない状態です
英語に関しては中学レベルから危ういかもしれないです
こんな状態の僕ですが、やるからには現役で合格したいです
つまり、今年のセンター試験まで残り約9ヶ月、それまでになんとか大学合格レベルまで持っていきたいのです

予備校に通うことも考えたのですが、僕のうちは母子家庭で非常に苦しく、予備校に通っても授業についていけないとの意見もあり、独学することにしました

非常に難しいのは理解しているつもりです
しかし、なんとしても現役で合格したいです

明日にでも参考書を見に行く気ですが、参考書というものを今まで買ったことがないのでどのようなものが自分に適しているのか分かりません
そこで、僕におすすめの参考書を教えていただきたいのです
いろいろ意見を見て回ったところ「はじめからわかるシリーズ」が人気ということらしいのですが・・
基礎の基礎も分からず、時間の猶予もない、こんな僕でも合っているのでしょうか?
もしくは、それ以外の参考書でおすすめのものはありますか?

受験科目は
センター試験
国・数(IA,IIB)・英・理(生物and化学)・社(地歴or公民)

二次試験は
数(IA,IIB,III)・理(生物II or 化学II)
です

センターの社会、二次試験の理科については、それぞれどちらの科目を取るかまだ決めていません><

出来れば科目ごとに教えていただけるとありがたいです
是非回答よろしくお願い致します

長文&乱文失礼致しました

高校を中退した17歳男子です
高校に通っていれば3年生の代になります
通っていた高校は偏差値64の進学校だったのですが、入ってすぐに辞めてしまいました
去年高認を取得致しました

元々は、専門学校に進学する予定だったのですが、大学進学に軌道修正することにしました
群馬大学工学部 応用化学・生物化学科を目指します
http://jyukensapuri.jp/SC000023/00000000000131169/00000000000131177...

ただ、僕は高校に入学して半年程で退学、その後も勉強を全くしてこなかったので、高校の勉強が全く分からない状...続きを読む

Aベストアンサー

高校受験と違って大学入試というのは教材ごとにクオリティが全然違うので注意して下さい。

「自分に合ったものを」
その為には
「中身を見て」

なんて言う人は沢山いるのですが、そんなモンやってみなければ判らないんですよ。
そもそもその教科について詳しくないから参考書や問題集を買うのに、なぜ中身を見て判断出来るのですか。
結局最初は定番中の定番を選ぶのが良いです。
ある程度その教科について詳しくなって判断力が付いたら自分で探しても良いです。
でもまあ、立読み程度ではその教科に詳しくても中々判定は難しいですが。

まず英語。
中学レヴェルとのことなのですが、中学の学習は文法をやれば十分です。
英文解釈は「解釈」という次元まで中学ではやりません。
中学では英文法と英文解釈がまだ一体化してるので。

一応中学レベルから復習したいのなら、売れていて評価が高い定番は

くもんの中学英文法―中学1~3年 基礎から受験まで(くもん出版)
Mr. Evineの中学英文法を修了するドリル(アルク)
完全マスター中学英文法―くもんのスーパードリル 中学1~3年

高校の文法は結局は中学文法を内包して、その範囲を大幅に拡大したものに過ぎません。
しかも不定詞等は中学ですと「~のために」が副詞的用法とか言って、その副詞的というのは一体どういう事なのかの説明がありません。悪い意味での丸暗記です。
そういうふうに覚えてしまうと寧ろ英語が解らなくなる場合もあります。
高校だと理論的包括的な説明になってくるので、逆に真っ白の方がすんなり頭に入る可能性があります。

だから高校英文法から始めても良いでしょう。
ご存知かもしれませんが、高校英文法なら定番でかつ実際に良い参考書として

総合英語Forest(桐原書店)

これはかなり理論的で、特に理系の人なら非常に英語というモノを理解させてくれる参考書です。
詳しく解説されている分難しいという人も多いのですが、この程度独学で理解出来ないようでは、ある程度名前のある大学に入学しても授業には全然ついていけないのではないでしょうか。

上記とセットで

Forest 解いてトレーニング(桐原書店)

というのがあります。
セットで勉強されると良いと思います。
あとForestでも本当に細かい事は載ってない場合があるので、そういうのでも敢えて知りたい場合はロイヤル英文法とかマスター英文法(中原道喜)で調べると良いです。

次に単語集。
これも腐る程出ていてどう選んで良いのか分りませんよね。
教材ごとに色々なアプローチがあり、どれも有用そうです。
ただやめた方が良いのは「ターゲット」シリーズかな(ただ中学用ターゲットは確認に良いけど)。
今はもっと色々覚えやすいものが出てます。

今まで指導等で色々使ってきて、一番早く大量に覚えられるのは

DUO 3.0(ICP)

という単語熟語集でしょうね。
なぜ覚えやすいかの説明は申し訳ないけど割愛します。
それだけで他書との比較も含めてになる訳だから膨大な量になってしまうので。
これをCDとセットで学習すると更に効率が上がります。

文法と単熟語が揃えば後は長文読解が出来そうに思えますが、実はあまり効率的ではないんです。
長い英文というのは複数の文法事項や熟語を組合わせて構成されているのですが、下手すると主語さえ見つけられない文章とかも出てきます。
後から説明されれば文法が解っていれば理解出来るのですが、「自力でどう読んでくか」のコツはまた別なんです。
それを学ぶのが英文解釈です。
だから文法が完成しても、いきなり長文に行く前に英文解釈本を咬ました方が絶対に良いと思います。

基礎英文解釈の技術100(桐原書店)

というのがやはり定番で解りやすいです。
他にも定番はありますが、ポレポレの基礎は簡単過ぎるし(アレはただの文法書です)、ポレポレは英語苦手な人にはちょっと難し過ぎます。
上記の本(~の技術100)ですと群馬大学なら十分以上でしょう。
もっと難しいのなら上記のポレポレや英文解釈の技術100(桐原書店)があります。

それから長文読解となりますが、以下が定番です。

やっておきたい英語長文(河合塾SERIES)シリーズ

上記の問題集は長文の長さ別に問題集となっています。
長文の長さによってやはり解法が違ってくるからでしょう。
つまり速読なのか、短いけど難易度の高い英文をじっくり読んでいかなければならないのか等。
私立大の場合難易度の比較的高い大学はかなりの長文が出題されるので、とにかく英語のしっかりした知識だとかよりも読むスピードが問われます。
一方国立大学の二次試験は通常それとは傾向が全く逆なので、別々の勉強が必要でしょう。

個人的には「中原道喜」というこの道の第一人者の長文問題が好きです。
本当に上質で英語としてだけでなく、文章として優れた長文読解問題を厳選しています。
当然英語の学習なのですが、読んでいて楽しい。
全て入試問題からチョイスしてるのですが、国立大学が多かったり、私立大学でも結構古い問題だったりで、少々傾向に偏りがあるかもしれません。
入試に受かりたいだけならば、やはり上記の河合塾のが良いでしょう。
河合塾は長文の長さ別でしたが、レベル別ですと以下が定番です。
定番ということは理解しやすく入試にも役立つということになります。

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル1、2、3(桐原)
英語長文レベル別問題集1~6(東進ブックス)

あと長文問題を解くレベルまで行けたのなら、志望校の赤本で鍛えるのも手です。
まずコレをやって何が必要なのかを認識する方が先かもです。

大学入試ではやはり総合力が必要な長文読解がメインだと思いますが、文法や語法や熟語等細かい部分で点を拾うのもとても大切です。
ここで差は付きませんが、皆やってくるのでこちらもやってないと凄く不利になります。
というか受からない。

定番はNext Stage 英文法・語法問題でしょうか。
あと「アップグレード UPGRADE英文法・語法問題」というのも有名です。
上記で学習しても良いのですが、最近もっと良いものが出ました。
マイナーなのですが

英文法・語法Vintage(いいずな書店)

という本です。
確かに定番ではありませんが上記のNext Stageの著者が書いてるので内容的には定番そのものです。
ただ最近の出版の為、最新の入試の傾向に合致してるのと、解説がNext Stageよりも大分詳しいのが特徴です。
特に解説が詳しいのは大きいと思います。まあ、これは比べてみないと分りませんが。

たったこれだけの参考書ですが、しっかりこなせば相当力が付きます。
これ以外には一切学習する必要はありません。
これだけでもかなりのオーバーワークですから。
ただししっかりこなせばですが。

他の教科についても実は詳しいのですが、ご要望があればお教えします。

高校受験と違って大学入試というのは教材ごとにクオリティが全然違うので注意して下さい。

「自分に合ったものを」
その為には
「中身を見て」

なんて言う人は沢山いるのですが、そんなモンやってみなければ判らないんですよ。
そもそもその教科について詳しくないから参考書や問題集を買うのに、なぜ中身を見て判断出来るのですか。
結局最初は定番中の定番を選ぶのが良いです。
ある程度その教科について詳しくなって判断力が付いたら自分で探しても良いです。
でもまあ、立読み程度ではその教科に詳しくても...続きを読む


人気Q&Aランキング