【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

NH3やOH-のように、アルファベットの順序が逆になる理由を教えてください!


例えば、化学式は基本的にはAgClのように、陽イオンを先に、陰イオンを後に書きます。
組成式では、C6H12O6のように、元素をアルファベット順に並べます。
NaOHも、IUPACでの組成式はHNaOですよね。

どのような決まりでNH3やOH-などは逆になるのでしょうか?どなたか知っていますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私は「専門家」じゃないです>#3. ただの外野の人.



で外野の目から見ると, 確かに IUPAC は及び腰に見えるところです... が, それは「歴史」のある学問なんである程度しょうがないんじゃないですかね. 逆に, 大幅に変えてしまうと混乱を招きかねませんし (一応, ちょこっとは動いてますけど). 物理でも, いまさら「電子の流れる方向を『電流の向き』とする」ってわけにはいかないし, 数学方面では「有理数」って謎の表現が残っちゃってますし (「無尽数」よりはまし, か?).

名称については IUPAC と CAS のそれぞれで考え方がある (ということになっている) んで, それでいいんじゃないかなと思う.

さらに余談ですが, 成分のアルファベット順を考えるときに「NH4」は全体で 1文字扱いにすることもよくあります.
    • good
    • 1

ご質問者もかなり学ばれているようですし、


#1様は専門家ですので、
私が口を出すべきではないと思ったのですが:

化学という分野は「古くて」「既に亡くなられた偉い先生方が自分流を貫き」「他の分野同様に国家間の力関係に翻弄されてきて」「もうそろそろ消えて無くなろうとしている」分野ですので、

いくらIUPAC(部分的には物理分野のIUPAPの影響もある)が、論理学的に「正則」な表記法を作ろうとしても、「もう、手遅れ」で「手を付けるとかえって混乱と誤解を増やす」とIUPAC自体が及び腰だと思えてなりません。

化合物命名法ではありませんが、「標準状態」の定義もIUPACは、273.15K、1.00×10^5Paと決めたものの、標準状態の圧力はみんな1.013×10^5Paしか使いません。

化合物名はもっと悲劇的で、
1.官能基、イオン名を優先する。
2.骨格を優先する。あるいは最もよく知られた構造の修飾として表す。
3.歴史を優先する。

など、最終的には「誤った構造にならない限り禁止しない」
という「常識?」がまかり通っています。

この回答への補足

ありがとうございます。組成式…すみません^^;
歴史、と言われると、1860年に表記等を決めたりしたのでしょうか…。
もしくは、有機化学分野で(CH3OHなどはCH3HOと書くと混乱を招くため)、OHの順で書く慣習がついてしまったのでしょうか…?

補足日時:2013/10/31 15:00
    • good
    • 2

あ, しまった. 「組成式」と「実験式」を混同してた. #1 の「組成式は~」のところは, 「組成式」をすべて「実験式」で読み替えてください (最後の「ちなみに」の文章は無意味になっちゃいますが).



あと, 一般的に「塩」とみなせる化合物では「陽性な成分が前, 陰性な成分が後ろ」(それぞれの中ではアルファベット順) とか, 錯体の配位子では配位している元素を前に書いた方がいい (酸素で配位するアクア配位子なら H2O よりも OH2 の方がよい) とか, ものによっていくつかの決まりがあります.
    • good
    • 1

この辺はいわゆる「レッドブック」の管轄かな.



組成式は原子間のつながりに関する情報がないときに使うもので, 「どう並べていいかわからない」ので元素記号のアルファベット順 (ただし有機物では「炭素→水素→その他」の順) に並べています. 構造に関する情報が得られているなら, 化学式においてもその構造を反映させることが望ましいとされています. ちなみに組成式は「原子数の最も簡単な整数比」を使うので C6H12O6 ではなく CH2O ね.

で, 2種類の元素からなる化学種については一般的に「電気的に陽性の元素が前, 陰性の元素が後ろ」, つまり前から順に
18族→1族→2族→…→14族→15族→H→16族→17族
(同じ族の中では原子量の大きいものが前) です. ただし 2005年勧告以前では O についてのみ例外的に Cl と F の間となっています. この原則に従うと水酸化物イオンは HO^- と書くべきですが, これは慣例として OH^- と書くのが普通です.
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学反応式の化学式の並びの順序

問題集を解いていて疑問に思ったのですが、
自分で作った化学反応式と解答を照らし合わせてみると、
化学式の並びが異なっていることがよくあります。

例えば、自分で作ったものが、
CaF2+H2SO4→CaSO4+2HF
で解答が、
CaF2+H2SO4→2HF+CaSO4
となっている場合です。

解答に書かれている反応式を、
持っている参考書等で調べてみると、
まったく同じ反応式が書かれていました。

化学式の並びが異なっても、誤りではないのでしょうか?
また、何らかの規則があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

間違いではないと思いますが
主生成物を前に、副生成物を後ろに持ってくるのが一般的だと思います。

Q元素と原子の違いを教えてください

元素と原子の違いをわかりやすく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しい話は、抜きにして説明します。“原子”とは、構造上の説明に使われ、例えば原子番号、性質、原子質量などを説明する際に使われます。それに対して“元素”というのは、説明した“原子”が単純で明確にどう表記出来るのか??とした時に、考えるのです。ですから、“元素”というのは、単に名前と記号なのです。もう一つ+αで説明すると、“分子”とは、“原子”が結合したもので、これには、化学的な性質を伴います。ですから、分子は、何から出来ている??と問うた時に、“原子”から出来ていると説明出来るのです。長くなりましたが、化学的or物理的な性質が絡むものを“原子”、“分子”とし、“元素”とは、単純に記号や名前で表記する際に使われます。

Q分子結晶と共有結合の結晶の違いは?

分子結晶と共有結合の結晶の違いはなんでしょうか?
参考書を見たところ、共有結合の結晶は原子で出来ている
と書いてあったのですが、二酸化ケイ素も共有結合の
結晶ではないのですか?

Aベストアンサー

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素SiO2の場合も
Si原子とO原子が共有結合し、この結合が立体的に繰り返されて
共有結合の物質というものをつくっているのです。
参考書の表現が少しまずかったのですね。
tomasinoさんの言うとおり、二酸化ケイ素も共有結合の結晶の1つです。

下に共有結合の結晶として有名なものを挙げておきます。

●ダイヤモンドC
C原子の4個の価電子が次々に4個の他のC原子と共有結合して
正四面体状に次々と結合した立体構造を持つのです。
●黒鉛C
C原子の4個の価電子のうち3個が次々に他のC原子と共有結合して
正六角形の網目状平面構造をつくり、それが重なり合っています。
共有結合に使われていない残りの価電子は結晶内を動くことが可能なため、
黒鉛は電気伝導性があります。
(多分この2つは教科書にも載っているでしょう。)
●ケイ素Si
●炭化ケイ素SiC
●二酸化ケイ素SiO2

私の先生曰く、これだけ覚えていればいいそうです。
共有結合の結晶は特徴と例を覚えておけば大丈夫ですよ。
頑張って下さいね♪

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素Si...続きを読む

Q酢酸の化学式がわかりません

酢酸の化学式を調べてみると、
CH3COOHと出ていましたが、なんでCとOとHを分けて表記しているのでしょうか?
例えばC2H4O2のほうがすっきりしている気がするのですが、これだと何故ダメなのでしょうか?

あと、酢酸って酢の主成分という認識でよろしいのでしょうか?

回答お願いします。

Aベストアンサー

C2H4O2は「組成式」と呼ばれます。元素の数だけを表していますので「構造」は分かりません。
一方CH3COOHはメチル基とカルボニル基とヒドロキシル基がつながっています。これでは構造がはっきり決まっています。構造を考慮した上の分子式ということになります。
同じ組成式で異なる物質があります。それが「異性体」です。例えば酢酸の場合異性体として「蟻酸メチル」があります。
蟻酸メチルはH-CO-O-CH3で同じC2H4O2で表されますが、性質は酢酸と全く違います。

酢酸は食酢の主成分です。食酢には食用可能な他の酸もいくらか含まれているようです。

Q高校化学 電気陰性度と電子親和力の違い

電気陰性度と電子親和力の違いが、何を読んでも理解できません。。。
はっきりとした違いがあるはずなのですが、的確に説明してもらえると嬉しいです

Aベストアンサー

電気陰性度は「電子を引き付ける強さ」
電子親和力は「電子を1つ付加したときに出るエネルギー」です。
電子親和力が大きいと、エネルギーがたくさん放出されるので安定になります。
それだけ電子を付加しやすい(=取り込みやすい)のですから、
電子親和力が大きければ電気陰性度も高くなります。

Q分子を作る 作らない <中2理科です>

分子を作る作らないの違いとはなんですか?

なにを見ればわかりますか?

ネットで調べて、塩化ナトリウムはNaClなので1:1なので分子を作らないとわかったのですが、酸化鉄はFe2O3なのになぜ分子を作らないのですか?

数字が大きいから関係ないのですか?

大きい数字はなんですか?(普通は右下にある気が・・・)

あと、単体の方の分子を作る作らないの違いとはなんですか?

教えてください

しつもんが多くてすみません・・・。

Aベストアンサー

詳しい理由は高校の化学で習いますが中学レベルで考えるなら

分子を作らないものは「金属や金属の化合物、炭素や硫黄」
分子は作るものはそれ以外ぐらいに考えておけばいいです。

ナトリウムと鉄は金属なので分子を作りません。

数字は原子の数です。酸化鉄Fe2O3は鉄原子2個に酸素原子3個がくっついて出来てると
いう意味です。この辺は高校の化学でやります。

参考URL:http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/genshi2.html

Q重曹+クエン酸→二酸化炭素 の化学反応式

自由研究に書きたいのですが、調べてもなかなか出てきません。知ってる方お願いします。
また、「3」と「₃」などの区別もしていただけると助かります。

また、期日が迫っているので、なるべく早くお願いします。

自分でろくに調べないくせに、催促するなんて、とんだゆとりだと思われているかもしれません。ごめんなさい。しかしこれに頼らざるを得ない環境を作ってしまいました。反省しています。来年はできる限り自力で頑張ります。ごめんなさい。

Aベストアンサー

先ず質問者さんがどこまで化学を知っているのか?というところが分からないので,知っているであろうと思われる内容を含めて回答します.


重層とは炭酸水素ナトリウム(NaHCO₃)で炭酸イオン(CO₃2-:2-は上付き文字で2価の陰イオン)とナトリウムイオン(Na+ 1価の陽イオン),水素イオン(H+ 1価の陽イオン)から成るイオン性化合物です.

一方クエン酸はIUPAC命名法においては2-ヒドロキシプロパン-1,2,3-トリカルボン酸(HOOC-CH2-CH(OH)(COOH)-CH2-COOH 式中の2は下付き文字)という3価のカルボン酸です.
カルボン酸というのは有機物の酸と考えて下さい.

反応式はクエン酸中のカルボン酸1つと炭酸水素ナトリウム中のナトリウムが反応して,クエン酸ナトリウムと水,二酸化炭素が生成します.

反応式(式中の数字は全て下付き文字 クエン酸中の-は結合の手を示しています.)
HOOC-CH2-CH(OH)(COOH)-CH2-COOH + NaHCO3 →HOOC-CH2-CH(OH)(COOH)-CH2-COONa + H2O + CO2↑

式中の数字について,今回の反応式では全て下付き文字ですが,数字の書き方のルールとして分子中に含まれる元素の個数は下付き文字で書きます.書く場所もその元素の右下です.例えば組成式ではクエン酸はC6H8O7と書き,その数字は全て下付きです.
一方mol数を書くときはその分子より前で普通の大きさの数字を入れます.
例えば硫酸に水酸化ナトリウムを反応させて,硫酸ナトリウムと水が生成する場合では

H2SO4 + 2NaOH → Na2SO4 + 2H2O

と書きます.元素の個数で考えれば2H2Oの場合,H2Oが2つ有る意味になるのでHは4,Oは2つ有る事になります.

参考URL:http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/kagakukiso/archive/resume030.html

先ず質問者さんがどこまで化学を知っているのか?というところが分からないので,知っているであろうと思われる内容を含めて回答します.


重層とは炭酸水素ナトリウム(NaHCO₃)で炭酸イオン(CO₃2-:2-は上付き文字で2価の陰イオン)とナトリウムイオン(Na+ 1価の陽イオン),水素イオン(H+ 1価の陽イオン)から成るイオン性化合物です.

一方クエン酸はIUPAC命名法においては2-ヒドロキシプロパン-1,2,3-トリカルボン酸(HOOC-CH2-CH(OH)(COOH)-CH2-COOH 式中の2は下付き文字)という3価のカルボン酸です....続きを読む

Qヨウ素溶液の作り方について

実験で0.05mol/lのヨウ素溶液を作りたいのですが、
ヨウ素溶液→ヨウ化カリウム溶液にヨウ素を加える
ことらしいですが、その場合、どのように作ったら
よいのでしょうか?(どっちが0.05mol?)

また、デンプン試薬を指示薬で、とあるのですが、
これはデンプンを水に溶かすだけでいいんですよね?

Aベストアンサー

 0.05は、I2の濃度です。
 I2単体では水に殆ど溶けないので、#1さんの言われる理由でKIを加えますが、I2に比べて大過剰な量比にするのが一般的です。多くても不都合は有りません。
 澱粉溶液ですが、普通の澱粉では、溶かす手間が掛かったり、溶液の粘度が上がったりする場合があるので、通常は試薬の「可溶性澱粉」を使います。普通の澱粉ではダマになってうまく行きませんが、可溶性澱粉だと、お湯に直接入れても、簡単に溶けます。
 作業標準的な溶解操作は、「澱粉に少量の水を加えてスラリー状にし、別容器のお湯に少しずつ加える」です。

Q共有結合について教えてください。

どうして水素と塩素の共有結合はClHと書かないのでしょうか?
メタンはCH4なのにです。
思うに共有結合のとき、分子を書く順番がIUPACかなんかで決められていてC→H→O→その他(ハロゲン)の順に書けとかという決まりがあるのでしょうか?

だとしたら、HClOの書き方とCH3Clの書き方に矛盾が生じます。
どのように考えればよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

#3 です. 念の為:
まず 18族がくるので Rn, Xe, Kr, Ar, Ne, He, 次に 1族の Fr, Cs, Rb, K, Na, Li, 2族の Ra, Ba, Sr, Ca, Mg, Be, 3族アクチノイド (Lr→Ac), ランタノイド (Lu→La), Y, Sc, ... という順です. 最後は非金属だけだと Sb, Ar, P, N, H, Te, Se, S, At, I, Br, Cl, O, F の順, 金属もまじると O が S と At の間.
NH3 はこの順にそのまま従ってますし, HClO は「水素イオンとして遊離する H」が先にきてあとは Cl, O の順.

Q金属元素は分子を作らない?

「金属元素は分子を作らない」と聞いたのですが、すべての金属にいえることでしょうか。
また、最も気になるのがなぜそうなのでしょうか。金属結合だから、なんていわれても分かりません。。。

どうか、教えてください。

Aベストアンサー

分子とは複数個の原子が強固に結合した物質です。この強固な結合を共有結合といいます。言い換えれば、共有結合でいくつかの原子が離れるにはなれないひとかたまりになった物が分子です。

一般に金属と呼ばれる物は常温常圧で(つまり生活環境で)金属結合をする物質のことですから、常温常圧においては分子を作りません。原子何個かが離れるにはなれない結合を作るのではなく、すべての原子でやや弱く結合しているのです。

なお、自然界という物は1か0かの世界ではありません。やや非金属性を持った物質などもあるわけで、その代表が#2さんのおっしゃるようなスズです。
「全く分子を作らない」のではなく「めったに分子を作ることはなく、その程度に大きな差がある」のです。


人気Q&Aランキング