「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

バレーボールは女のスポーツってイメージが強いのは自分だけですか?


男子バレーボールも古い時代からクラブチームがあったり国別代表チームも結成されて世界大会も頻繁に行われてはいますが…

バレーボールは女のスポーツと言うイメージが強い原因を個人的に考えてみました↓


1:男子バレーボールはメディアであまり取り上げられず、男子バレーボールはマイナーであり選手の知名度も低い


2:バレーボールと言えば女子バレーボールを描いた漫画のアタックナンバーワンのイメージが強い


3:小学校、中学校、高校と部活動や地域の草バレーボールチームに参加する男の子をあまり見掛けない



バレーボールは女のスポーツと言うイメージがあるのは自分だけではない筈です。たぶん。


どうでしょうか?


個人的なイメージですが他に男がやってるのに違和感を感じるスポーツと言えばソフトボール、テニス、新体操、シンクロナイズスイミングがあります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 一つ言えば、東京オリンピックとやらの時(僕には明確な記憶などありませんが)に女子バレーボールは金メダルを獲得しました(事実です)。


 その一方で男子バレーボールも銅メダルを獲得していました(これも事実です)が、マスメディアでの扱いが女子に比べて小さかったとの理由もあるでしょうね。とかく日本のメディアは「金メダル至上主義」ですから。
 その後はご存知かとも思いますが、72年のミュンヘン大会では金メダルを獲得し、マスメディアへの露出度も高まっていきます。この背景には、東京大会後に監督に就任した松平康隆氏の営業的手腕もあります。テレビ中継の際に会場の観客の数が少なかった場合には、観客をセンターカメラ付近に集めさせて満員のように見せかけたりしたり、今で言うイケメン選手がコート上で華麗なプレーをするシーンを積極的に紹介するなどの形で集客力を高めるとの手法を用いもしました。これは何も72年の結果が全てということではありません。68年のメキシコ大会の後、松平監督は「次の大会で必ず金メダルを獲る」と宣言し、そのための用意周到な戦略とシミュレーションを立てて臨んだ必然的な結果でした。
 男のスポーツのイメージにはそぐわないとのご感想ですが、60年代後半から70年代後半辺りの時期の状況を覧ますと、確かにアメリカでは盛んではなかったともいえます。むしろ旧東ヨーロッパのチームの特色だった「高くて強い壁とスパイク」が世界を席巻した時代ともいえます(アメリカなんかは見向きもされなかった時代です)。こうした時代のスタイルでも大きくて強い男達の競技として認知されていました。
 「テニス」も同様です。決しておちゃらけたタイプには真似のできないハードな競技ともいえます。
 今では「女子ラグビー」もある時代ですから、スポーツ競技に性別を持ち込む方が時代錯誤ともいえると僕は考えますが如何でしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

1964年の東京五輪後も男子バレーボールはそれなりの戦術を駆使して容姿の良い選手やマスコミを使って人気を獲得していたんですね。

半ば強引に。

いつしか男子バレーボールが目立たなくなりましたね。

これも結果を出さないからなのでしょうか?

お礼日時:2013/11/25 23:38

 更に追記


「時間差攻撃」のシステムを完成させたのは女子バレーではなく、松平康隆氏の男子バレーです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

女子バレーで伝説になった時間差攻撃は松平氏の男子バレーが最初だったんですね。

お礼日時:2013/11/25 23:46

 追記、そのミュンヘン大会の時の戦術はA・B・C・Dといったコートの横幅にスピードの速さを利用した「クイック攻撃」や「一人時間差」そして「ドライブサーブ」であり、それがモントリオールの女子バレーを率いた山田監督にも踏襲されています。


 その後は「前後のクイック」などといったわけの分からない小手先に拘った結果、世界の趨勢から取り残される形となりました。絶対的なエースが不在であることが何よりも致命的です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。

絶対的なエース、やはり男子バレーボール選手は皆、選手自身が世界に通用する訳が無いと考えているんじゃないのでしょうか?

それがグラチャンバレーの負けっぷりでよく現れてますよ。

これじゃぁエースが出る訳がありません。

戦術も一昔前は画期的な戦術を編みだしていたのにいつから訳の分からない方向に行ったんでしょうね?情けない…

お礼日時:2013/11/25 23:44

確かに女性のイメージが強いですね。


東京オリンピックの「東洋の魔女」の印象が強いからかもしれません。

それに日本女子バレーは凄いと思います。これまでに新しい技、例えば回転レシーブや天井サーブ、時間差攻撃を世界で初めて編み出し、それに今回の戦術。体格的なハンディを補う工夫と努力が素晴らしいと思います。

それに比べて男子はどうかと言えば、相変わらず全くの無策です。
いつも世界の壁は高かった、通用しなかったとのコメントばかり。
本当に学習能力がないのか、何か策を考えている途上なのか、本気で何か変えようとしているのか、一時期の男子サッカーと同じように見えます。期待しても応援しても結局裏切られる、よく似ています。

体格・体力のハンディを何で補い、何が強みなのか、何を強化していくのか、そしてそれらを把握した上で戦術をどう駆使していくのか全く見えませんし、これ以上日本が負ける試合を見たくありません。そういう心境になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ご回答者様もそう言うイメージをお持ちなんですね。

1960年代~70年代の女子バレーボール日本代表の躍進がそう言うイメージを作り上げたのかもしれませんね。

男子バレーボールは何処か光と華が見当たらないですよね。

敗因がストレートな言い訳では何も変わりません。

お礼日時:2013/11/24 10:39

追加:



4. バレーボールは、子供と女性の為のレクリエーションスポーツとして考案されたのが起源ですから、未だにその雰囲気を漂わせているのでしょう。

5. ママさんバレーのイメージ、男性の大会もあるが、「ママさん」という言葉のイメージが強すぎた。「パパさんバレー」とか「おじさんバレー」と言う言葉がそもそもない
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ママさんバレーもありましたね。

色んな要因があるから女のスポーツって言うイメージがあるんですね。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/11/24 00:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q敗戦国イタリアは,なぜ非難されないの?

第二次世界大戦の敗戦国である日本やドイツは,
戦後70年たっても,いまだに非難されています。

イタリアに関しては,そういった非難を聞かないのはなぜでしょうか?

また,敗戦国が被害を与えた国に対して謝り続けなければいけないのは
あと何年くらいですか?

戦争の当事者が皆いなくなっても,続きますか?

Aベストアンサー

1:>イタリアに関しては,そういった非難を聞かないのはなぜでしょうか?
2:>また,敗戦国が被害を与えた国に対して謝り続けなければいけないのはあと何年くらいですか?
3:戦争の当事者が皆いなくなっても,続きますか?


回答1:最初に降伏して、連合国側についた為と思われます。
(あまりの弱さに敵として認識されていなかったのかもしれません)

イタリアですが、戦争中にクーデターが起って南北に分裂し、その後南王国は連合国に加盟しています。

1:南部の南王国(国王・パドリオ政権)
2:北部のイタリア社会共和国(RSI・ムッソリーニ)


回答2:もともとそのような義務はありません。
回答3:回答2と同じ。更に戦争は国家の行為であり、元々個人としての「当事者」など存在しません。(理由は後述)

謝罪を執拗に要求するのは、日本の周囲の特定の国々だけです。
また、「敗戦国」という理由で謝罪の必要が発生するなら、勝ちさえすれば何をしても良い事になります。
それでは「国際法」の意味などありません。

質問者様は、「戦争」という行為について誤解しているように思います。
無知な人は、戦争=悪→謝罪 と思い込みますが、
戦争とは、国際法で認められている交戦権の行使であり、相手国に自国の要求を武力で承認させる行為です。
外交とは手段が異なりますが、同じ国益を追求する為の行為であり、政治の一手段に過ぎません。

これも誤解されていますが、主権の存在により、国家には自分より上位の法的権限を持つ存在はありません。
戦争が国家の行為である以上、裁判の対象にすることはできず、戦争指導者であっても、個人に責任は発生しません。(動画も参照)
(国連は、憲章に合意した加盟国間の調停機関に過ぎません)

これもよく誤解されていますが、軍事裁判は「戦時に行われた国際法違反の行為」である「戦争犯罪」を裁くものに過ぎず、「戦争そのもの」は対象にできません。
そして、戦争犯罪は戦勝国や敗戦国の区別なく裁かれます。(少なくともWW1までは)



「戦争そのもの」の処理についてですが、
まともな国家間での戦後処理は、何らかの条約(多くは講和条約)を結ぶことで戦争状態は解消され、国交締結へと続きます。

そして、「条約」とは国家間の契約や義務を定めるもので、相手の非を晒し上げたり、責任を押し付けあうものではなく、終戦時の力関係で払うものを払って手打ちにするという約束です。

国家が裁けない以上、この方法以外での終戦と戦後処理はできません。

責任や謝罪という、片方が納得しなければ永遠に認められない曖昧な抽象概念を、終戦や講和の条件に含めた場合、両国の関係や国民間で怨恨が残り、その後に悪影響が出ます。
少なくとも、日本の周囲の特定の隣国以外はそう思っています。

実際、ドイツは戦争については、国家の権利という見解から謝罪はしていません。
よく、無知か故意に誤解を広めたい一部の人達は「謝罪したドイツを見習うべきだ」という主張をしています。
しかし、ドイツが謝罪したのはユダヤ人へのホロコーストのみです。
それも「ナチス」という党の行為であり、国家としてのドイツの責任ではないという見解です。


日本の戦後処理については、各国と講和条約を結んでいるので終了しています。
実は、多くのアジア諸国は「アレは侵略ではないので賠償はいらない」と連合国が認めた賠償請求権を放棄してくれています。
(タイなどは、更に日本が戦費として借りたものまでタダ同然にしてくれています。)
日本はそれらの国に対しても「準賠償」という名目で経済援助をしています。

【日本が支払った戦争賠償金】
http://www.youtube.com/watch?v=euNuLLDSWTI


あの隣国達についですが、
韓国については、終戦まで日本の一部であり、戦場になったこともなく被害もなかった為に連合国は戦勝国とは認めていません。
そして、国交を結ぶ時の条約で、「過去の問題はすべて解決済みとする」という合意ができているので、謝罪する必要はありません。
併合時の統治も謝罪や賠償が必要なことはしていません。
北の方については、条約の締結時に、南が「自分達が半島の唯一の正統な国家である」と主張しているので、彼等の問題になります。


中国についてですが、
今の政権はサンフランシスコ平和条約の調印国ではありません。
日本との国交回復は、1972年に締結された日中平和友好条約によるものです。
中国はそのとき、【中国は日本に対する戦争賠償の請求を放棄する】ことを宣言しています。
これについては、以下のような事情があります。

終戦時に、日本は満州国に膨大な資産とインフラを残しており、これに対する中国への補償請求の権利は戦争と関係なく残っています。
それらを金額的に両者を比較すると、

【日本が残した資産への補償】>>【中国の戦争賠償の請求額】

となり、うっかり請求すると薮蛇になってしまうので、中国側は、請求権の放棄と言う「寛大な配慮」を装って誤魔化しているだけです。
(インフラについては韓国や台湾も同様でしたが、連合国の意向に拠って日本は請求権を放棄させられています)

謝罪については、
以前、旧社会党が訪中し「日本は戦争により中国に多大な迷惑をおかけしました」と謝ったことがありました。
これに対して、毛沢東は「なにも謝ることはない。日本軍は我々に大きな利益をもたらした。日本軍のおかげで中国共産党は中国を手に入れることができた」
と応えています。

http://www.youtube.com/watch?v=sDTJVZheUwo

1:>イタリアに関しては,そういった非難を聞かないのはなぜでしょうか?
2:>また,敗戦国が被害を与えた国に対して謝り続けなければいけないのはあと何年くらいですか?
3:戦争の当事者が皆いなくなっても,続きますか?


回答1:最初に降伏して、連合国側についた為と思われます。
(あまりの弱さに敵として認識されていなかったのかもしれません)

イタリアですが、戦争中にクーデターが起って南北に分裂し、その後南王国は連合国に加盟しています。

1:南部の南王国(国王・パドリオ政権)
2:北...続きを読む


人気Q&Aランキング