よくスポーツカーでマフラーから
ポン!という音と共に火を噴いてるのありますが、
あの原理を教えてください。
友人に聞いても自信がなさそうなのです。
彼は自称カーマニアですので、
彼を助けたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

普通、街中で見かける現象は皆さんが回答されているとおり、燃焼されなかった生ガス(気化したガソリン)が、それ以降の管の熱によって燃焼(小爆発)するときのものです。



ターボ車において、ターボラグ(アクセルをOFFにして再度ONにするときの加給がかかるまでのタイムラグ)をなくす為にわざと発生させる場合があります。WRC(世界ラリー選手権)の競技車両はほとんどこの機能がついています。いわゆる「ミスファイアリングシステム」って呼ばれているやつです。この仕組みは、エキマニにもインジェクター(燃料噴射装置)が付いていて、ある条件でアクセルがOFFになった場合に、そのインジェクターから燃料を噴射し、エキマニ内で(エキマニの熱によって)燃焼させ、ターボの加給がかかっている状態を作り出しています。

F1でも似たようなシステムを使っていますが、もちろんF1のエンジンはターボはついていないので(昔は付いてたんだけどね。)、トラクションコントロールを目的に使っていたみたいです。
ホンダがマクラーレンにエンジン供給していた時の話ですが、このシステムを採用したところゲルハルト・ベルガーが「ダメだこのエンジン、コーナーでミスファイア起こしちゃってるよ」って言ったのは有名な話ですね。(←誰も知らん?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんだかエンジンの外で爆発っていうのに
違和感を感じます。
危険なにおいがぷんぷんしますね!
それをねらってやる人も多いはずです。
ヤンキーの方々等。

ちなみに私は根っからのラリーファンですが、
そのような深いお話ありがとうございました。
デルタs4が好きでした。
トイボネーン!

すいません…。
ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00


レーシングカーで使用されるミスファイアリングシステムでしょう。
排気管にインジェクタを取り付けて燃料

を吹くのもありますが、
大抵、「点火間引き」や、「点火時期大幅遅延」等で行います。

点火間引きは、例えば4気筒エンジンだと、4気筒中の2気筒だけ点火せずにわざと
ミスファイヤさせます。
この方式の利点は、エンジン出力が出ない(勝手に回転上昇しない)事ですが、これ
をやると燃焼室で燃焼が行われないため、スパークプラグが燃料で濡れてしまい、点
火困難(いわゆるカブるっていう奴です。)となってしまいますので、4気筒交互に
行います。そして、エキゾーストマニホールド(タービン前でないと意味がありませ
ん)の熱で発火させるため、点火が確実ではありません。

点火時期遅延は、点火はするのですが、その点火タイミングを排気バルブが開く直前
に行い、エンジンの出力を抑えつつ排気ガスを出します。
この利点は燃料に確実に点火できる事ですが、(エンジンの種類やその仕様により程
度差はありますが)ピストンに爆発圧力が加わるため、エンジン出力が出てしまいま
す。勝手に回転上昇(加速)してしまいます。

ミスファイヤリングシステムは、ラリー車やGTカー等では、コーナー立ち上がり等で
事前に加給をかけるために使用します。
ゼロヨンでは、スタート前に加給をかけるために使用します。

ちなみに普通のクルマでもあれを意図的にやる事はできます。
MOTECというフルコン(エンジン制御用コンピュータ)を使うと、いとも簡単に出来
ます。

街中で見かけるのは大抵スパークプラグの点火ミスによる排気管内での爆発です。
ただ、マフラーの低抵抗化よりも、空燃比(空気と燃料の量の比)が適正でない事に
よって起こる事が多い様です。
だからブローオフバルブを取り付けると発生する可能性が大きいです。そしてブロー
オフバルブの作動した後で空燃比が設計値でなくなりやすい、アクセル踏み込み時に
起こります。
しかし、これは、偶然起こるもので、(ヤンキーが)狙ってやるというのは不可能に
近いです。
裏技?として、エンジン高回転中に”一瞬”キーをONからIGNにして、点火を止める
事で起こす事もできます。
でもインジェクタの信号等も止まってしまう(燃料が薄くなったりしてエンジンブ
ローの可能性もある)ので薦めません。

-------------------------------------

すみません、実は回答者みなさんバックファイヤだと口をそろえて言ってるので、ミ
スファイヤリングシステムについて誰も触れていないと思ってのメールだったのです
が、よく読んでみるとJSMさんが触れてはありました。
本当に申し訳ありません。
ただ、ミスファイヤリングシステムは必ずエキマニにインジェクタが付いていると誤
解されそうな点もありますし、せっかくですから、meganeさんへ回答お願いします。


それでは、失礼しました。

sr-silvia
    • good
    • 0

 皆さん的確な回答でしたので、補足をひとつ。


 4サイクルエンジンにおけるバックファイアという現象は、大体、アクセルをオフからフルスロットルにした時に起こります。エンジンのその時点での回転より大量の燃料がインレットに送り込まれたときに起こる現象だからです。
 ただ、JSMさんの言っていたシステムの場合は、急激なシフトダウン時等に回転より少量の燃料が燃焼室に送られているので、エンブレによる回転数低下が追いつかず、エンジンを傷め易いために考案されたもののようです。シリンダー内からの生ガスの燃焼をバックファイアというのですから、物理現象としては別物です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんだか車というものは奥が深いなーと思いました。
皆さんのおかげで私の友人も
何とかプライドを保てそうです。
ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

あれは速く走る為にロケットエンジンを仕込んであるのです!


・・・って、もちろん嘘ですから信じないで下さいね(^^;
あれはバックファイヤーと言って、エンジンで燃焼しきれなかった
ガソリン(正確には気化したガソリンと空気の混合気)が
排出された際に、排気管の熱で点火したものです。
通常、普通のメーカーのマフラーを着けていると、未燃焼ガス(以下『生ガス』)は
触媒で再燃焼されて、そのまま出て来る事ってあまり無いんですけど、
走り屋の車の多くは排気効率を上げる為にマフラーもスポーツ用に
交換してたりしますよね? ひどいものになると、触媒がなかったり、
サイレンサーがなかったりするものもあります。
すると、生ガスが簡単に出て来ちゃうんですよ。
htokitaさんの書き込みだと、ブローオフバルブって事で、
ターボ車にしか起こらない様にも受け取れますが、
NA(ノンターボ)でももちろん起こります。
ですので、F1なんかだと、完全にストレート(触媒・サイレンサー無し)の
排気管を使っていますから、コーナー入り口でシフトダウンする時など、結構バンバン火ィ吹いてますよ。テレビだとあまり後ろから映さないから見えないけど。

古くてポンコツエンジンで排気バルブの調子悪くても
出るんじゃないかな?
スクーターとか、2サイクルエンジンだと生ガスバリバリ出しますから、
たまにバックファイヤー状態になりますよ。
ただ、吹き出すガスの量が少なくて、排気熱も小さいので、
ほとんど燃えないまま出ちゃうし、燃えても『ポンッ』
って言うくらいで火までは出ないですけど。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やっぱりロケットエンジンだったのか…。(笑)
それにしてもあんなにボンボン爆発してて
車も一緒に爆発しないんですかね。
マイ・カリーナでやってみます。(マニュアル)
ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

 あんまりこういうのは詳しくないんですが、面白そうなので仮説を立ててみました(^_^;



 あれは別にわざと火を噴かせているのではなく、エンジンの出力が高すぎるのでマフラーの方まで火が来てしまってるんじゃないかと思います。
 ジェットエンジンじゃないんですから、後ろから火を噴いても何の意味もありませんしね(笑)

 通常、4サイクルエンジンの場合、排気サイクルで排気バルブを開き、灰になった気化ガスを外に排出しますが、このときエンジンの回転数が高いとガスが燃え切る前に外に排出されてしまうことがあるんじゃないかと思います(このとき「パン!」と音が出るのは、ガス自体がまだ爆破過程にあるからだと考えることができます)。
 どっちかっつーとロータリーの方がバルブの開閉がない分、バックファイヤーは起こりやすいんじゃないかと思うんですけどどうでしょうね>知ってる方
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は、改造車に多いのでてっきり
ジェットエンジンかと思いましたよ。(笑)
すごい派手だなーとは思ってました。
ありがとうございました!

お礼日時:-0001/11/30 00:00

バックファイヤーと一般的には言っています。


バックファイヤー(正確にアフターファイヤー)は、エンジンのシリンダー内の未燃焼ガスがマフラーに溜まり、それがエンジンから引火してマフラー内で爆発する現象です。

そういう車の大半は、ブローオフバルブを付けて、ブーストを高めにセッティングしてあり、ギアチェンジ後のアクセル踏み込みで起こります。

htokitaでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ということは、家のへっぽこカリーナでも
起こりうると言うわけですね?
でも爆発ですからダメになりそうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパンパンパン!という破裂音のような排気音の車。

最近家の前の通りを、「パンッ、パンパン」というような、何かが破裂しているような
排気音を出して走る車が通るようになりました。
夜間などはびっくりしますし、なによりその音自体が低く乾いて響く「パァン」という音で
とっても不快なのです!!
あの音は車の排気系統のどこかが壊れていてする音なのでしょうか?
それとも改造等をして故意に鳴らせているものなのでしょうか?
車に詳しい方で分かる方いらっしゃいましたら、教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

単に、直管なだけだと思われ。。(か、それに準ずる状態)

詳しい説明は省きますが、これだけで十分にパンパン言う可能性はあります
とりあえず直管(orもどき)にするとアクセルオフのたびにパンパカ言う車になりやすいです
また、鳴らすのは確率は低いもののある程度までは故意に行なう事も可能ですが通常は何もしなくても勝手に鳴ります(むしろ止めろって言う方が難しい)
ちなみにこう言う車がエンブレ状態で坂を下ったりするとボコボコボコッ…とこれまた独特な音が出たりします
つーか、ひょっとしたらRE系(ロータリー)かなぁ?
四六時中パンパン言わせながら走っているRE車って何故かたまーにいるから(笑

もし仮にミスファイアリングやレブリミッターが付いていたとしても99.9%作動していないでしょう
なぜならこれらの部品は基本的に全開走行時しか作動しないシステムだからです
ちなみにミスファイヤが作動するとパン…パパッ。。程度じゃ済みません。ブオーン(←エンジン音)…ババババッ!!!!!(←アクセルオフでミスファイヤ作動)…ブオーン(←再びアクセルオン)な感じになります
もっと解り易く言えばマシンガンをぶっ放したのと同じくらい連続で爆発音がでます(笑

単に、直管なだけだと思われ。。(か、それに準ずる状態)

詳しい説明は省きますが、これだけで十分にパンパン言う可能性はあります
とりあえず直管(orもどき)にするとアクセルオフのたびにパンパカ言う車になりやすいです
また、鳴らすのは確率は低いもののある程度までは故意に行なう事も可能ですが通常は何もしなくても勝手に鳴ります(むしろ止めろって言う方が難しい)
ちなみにこう言う車がエンブレ状態で坂を下ったりするとボコボコボコッ…とこれまた独特な音が出たりします
つーか、ひょっとしたらRE系...続きを読む

Qマフラーから火花を出す方法

マフラーから火花を出すのには、どうしたらよろしいのですか?
スカイラインGT-RR34などで

Aベストアンサー

火花の場合
車高を下げて、路面とすれやすい所に金属片とかサンダーの砥石を加工して貼り付ければ出ます。F1も昔はスキッドパッド(アンダーボディーの保護材)がこすれて派手に火花を出していましたが、それがレギュレーション違反ということになって、見られなくなりました。昔一般道でもやっている馬鹿がいましたが、F1でそうならなくなってから最近は見ませんね。

瞬間爆発の炎の場合
一部のランエボやインプみたいにしたいんでしょう。F1でも一時期ありました。
ミスファイアリングシステムでトラクションコントロールすれば見事に出ます。ECUいじれるショップに相談して下さい。
うるさいとか環境にやさしくないとかの批判が強いのは他の回答者の方のおっしゃる通りです。

Qインナーサイレンサーってエンジンに負荷がかかってよろしくないと聞きますが、実際にブローした方いらっしゃいますか?

タイトルの通りなんですが、インナーサイレンサーをつけるとエンジンに負荷がかかって回転をあげるとよくないと聞きますが、実際にタービンまたはエンジンブローしたやそういった経験を周りがした方いらっしゃいましたら、教えていただけますでしょうか?乗っているのはNAなのでタービンブローの心配はないのですが・・・ もちろん、インナーサイレンサーの絞り具合や構造によっても負荷の具合は変わると思うので一概には言えませんが、その時の状況(ブローしたときの回転数など)も教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、その原理を利用したのがディーゼルの排気ブレーキです、もちろんエンジンに影響はありません

以上を考慮するとエンジンの負荷は全くありません、マフラーの抜けという排気干渉の度合いはあるかもしれませんが一般公道レベルでは問題無いでしょう

しかしながらマフラーに負荷はかかると思います
ノーマルと比べ軽く、素材も鉄やステン等の薄い素材を使っていますから、溶接部分やプレス部分には負荷はかかるでしょう
インナーサイレンサーも取り付け部分が緩んでいたり、腐食するとミサイルのごとく飛んで行きますから点検が必要ですね

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、そ...続きを読む

Qアフターファイアーが出る原理

純正ターボ車でマフラー交換だけのクルマはエンジンを回さなくてもシフトアップの度にアフターファイアーが出るのを良く見かけます。
自分のクルマはAE86のボルトオンターボでECUはパワーFCで制御しているのですが、高回転まで回した後、エンブレを掛けた時に「ボッ!」っと出る程度です。
この違いはなんなのでしょうか?
昔キャブ車のクルマでイグニッションを切ってスロットルをしばらく少し開けてまたONにすると「パン!」とアフターファイアーが出ますが、あれは生ガスに熱い排気ガスが引火して出るというのは原理的に理解出来ました。
でも純正ターボ車は故意にイグニッションを切ったりはしてないのに頻繁にアフターファイアーが出ます。
いったいシリンダー内でどのような現象が起きているのか不思議に思います。
後、GTマシンなどを見てるとシフトアップ時に音もなく一瞬だけ火が出てますが、あれはなぜ出るのでしょうか?
エンジンがどの様な状況の時に火が出やすいのかを知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アフターファイヤーは、マフラー内の排気温度が高い事と不燃焼ガスが有る程度多くなった場合に起こり安いといえます。純正ターボ車は触媒によりかなり高い温度が維持されてますし低.中回転にタービンの風量が多くなるものを使っていますのでそれに伴い燃調も濃く設定されてることもあり発生しやすい状況といえます。ボルトンターボ車やハイチューンターボ車は、中.高回転重視型のため条件が高回転時に意向しやすいといえます。また、スポーツ触媒などの低抵抗触媒ですので排気温も純正ほど上がらないので起きにくくなってます。直管なんてのも以前は多かったですのでどうしても高回転時のアクセルOFF時に多くなってしまいますね。簡単にいえば圧縮空気がスロットルバルブで絞られて一瞬、エンジン内の空燃費が瞬間的に濃くなり不燃焼ガスが多く排出され、マフラー内の高温により出口付近で酸素を得て再燃焼爆発を起こしてる現象がアフターファイヤーの正体です。また、エンジン部で強制的にミスファイアリングを起こしてエンジン負荷が無い時でもブースト圧を掛けれるシステムもあります。

Q触媒ストレート

こんにちは。
今、触媒ストレートにしようと少し考えています。
で、質問なんですが、今はHKSのハイパワーマフラーをつけています。このマフラーで触媒ストレートにしても問題ないのでしょうか?もっと言えば純正のマフラーで触媒ストレートにした場合何か問題はでてくるのですか?競技用のマフラーじゃないと触媒ストレートにできないのですか?
あと、触媒ストレートにすることによってでてくるメリット、デメリットなどを教えて下さい。
質問が多くてすいません。
お願いします。

Aベストアンサー

***当然のことかもしれないですけど、競技用のまふらーと、純正のマフラーとでは、触媒ストレートにしたときの音量は、競技用のほうが大きいですよね?***

そりゃそうです。純正は触媒で消音、タイコで消音です。

***ハイパワーマフラーで触媒ストレートだとどれくらいの音量になりそうですか?***

ハイパーマフラーで触媒レスですと巷のショップオリジナルスッポンポン爆音マフラーくらいじゃないでしょうか?

***あと、触媒ストレートだと音質はどんな感じになりますか?***

いっぺんに下品になります。

***触媒ストレートにするとブーストが止めどなくあがるって聞いたことがあるのですが本当ですか?***

そんなことは初耳です。逆に下のトルクがスカスカになり気味です。ですのでクリヌキ具合を加減するのです。

Q『トラクションをかける』とはどういう意味ですか

大変に幼稚な質問で恐縮なのですが、
運転しているときに、『トラクションをかける』とはどういう意味なのでしょうか?
「コーナーではトラクションをかけて・・・」 等とよく読むのですが、運転について全く無知なので、意味がわかりません。
どういう意味で、運転中にどういう作業をするのでしょうか。

わたしは全くの素人ですので、やさしくご説明していただけると幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

●以前、車の開発実験耐久に携わっていた者です。

●運転しているときに、『トラクションをかける』とはどういう意味なのでしょうか?

→結論から申しますと、『トラクションをかける』=『アクセルを踏み込む』です。

自動車の場合、『トラクション』とは、主に『駆動力』を意味します。

●『駆動力』とは?

これは、人間で例えると分かりやすいです。
人間が歩いたり走ったりする時、路面を足の裏で蹴り出すのを繰り返しますよね。
この蹴りだす行為を車に置き換えると・・・
『タイヤ(足の裏)で路面を蹴り出す事』
=『タイヤを回転させる事』
=『アクセルを踏み込む事』
=『駆動力』なのです。

車の駆動力を上げるには、アクセルを深く踏み込めばいいのです。
人間が走る時も、速く走ろうとすればする程、路面をより強く蹴り出すと思います。

*この時に路面との摩擦が無い場合は、いくら駆動力を大きくしてもそれは路面には伝わりません。(タイヤが空転する、又はスリップする)
人間が氷の上で走ろうとしても、足の裏との摩擦が無いと、いくら足の裏で蹴り出しても走れないのと同じです。

●「コーナーではトラクションをかけて・・・」 等とよく読むのですが、運転について全く無知なので、意味がわかりません。どういう意味で、運転中にどういう作業をするのでしょうか?

→これは、『カーブの方向へハンドルを切り、前輪タイヤを曲がる方向へ向けて、アクセルを踏み込みながら(駆動力を掛けながら)曲がる事』です。

これも人間で例えると理解しやすいと思います。
あなたが走って交差点を曲がる時、足の裏で曲がる方向とは反対の方向へ蹴り出すはずです。

●以前、車の開発実験耐久に携わっていた者です。

●運転しているときに、『トラクションをかける』とはどういう意味なのでしょうか?

→結論から申しますと、『トラクションをかける』=『アクセルを踏み込む』です。

自動車の場合、『トラクション』とは、主に『駆動力』を意味します。

●『駆動力』とは?

これは、人間で例えると分かりやすいです。
人間が歩いたり走ったりする時、路面を足の裏で蹴り出すのを繰り返しますよね。
この蹴りだす行為を車に置き換えると・・・
『タイヤ(足の裏)...続きを読む

Qマフラーの音を静かにする方法

変な質問で申し訳ないんですが、先日愛車のホンダラグレイトにマフラーをつけたのですが、いい音はするのですけど、室内にその音が入ってきてしまってかみさんに「この音どうにかなんないの?」と言われてしまいました。そこで、この音を車内に入れない方法又はマフラーの音そのものを小さくする方法って無いでしょうか?「純正に戻せば」って言われそうですが、このマフラーの形が気に入っているので出来れば戻したくないです。良い方法ありましたら教えて下さい。
ちなみにマフラーは、ヴァルドの最近出た左右に二本づつ出してある奴です。(正式名称分からないです。すみません)

Aベストアンサー

方法はいっぱいあるよ

ちょっとお金が掛かるけど一番確実な方法は中間にタイコ(サイレンサー)を一個入れて貰うこと
作業は溶接とかが必要になってくるのでショップさんで…
サイレンサーは一個1~2万円くらい+工賃
マフラーに詳しいショップさんならばついでに音質をセッティングしてもらうのもかなり有効

簡単な方法では出口にインナーサイレンサーを挿すこと
サイレンサーと言っても用はただの蓋。サイズさえ合えば汎用品や他製品用でも可。自分で作ってもよい。
言っていることの意味が分からなければエンジンが掛かっているときにマフラーの出口を塞いでみれば音量が落ちるので意味が判る
欠点はテールに挿すのだから見た目が若干悪化する事とマフラーの抜けがかなり悪化するので全開で走ることは好ましくない
また何も4本全部ふさぐ必要はない。様子をみて1~4個まで必要な数だけいれれば良い

それじゃあ見た目が…と言うのならば中間フランジに挟むタイプのものを入れるとよい
これは上のサイレンサーがテールから中間フランジ部分に移動しただけ。もちろん見えない部分だからルックスの低下はない
極簡単に済ませるのであればマフラー内径よりも穴の大きさが小さいガスケットを挟む事でも代用可

変わった方法ではAPEXさんのECVを入れるなんて方法もある
これはマフラー内にスロットルバルブのようなバタフライを追加しこのバタフライを開閉させることにより室内から音量を大~極小にまで調節させる事のできる部品
ただし基本的にはAPEXさんのマフラー用に設計されているので他社製品につける場合は加工が必要かもしれない。もしくは付けることが不能の場合もあり

方法はいっぱいあるよ

ちょっとお金が掛かるけど一番確実な方法は中間にタイコ(サイレンサー)を一個入れて貰うこと
作業は溶接とかが必要になってくるのでショップさんで…
サイレンサーは一個1~2万円くらい+工賃
マフラーに詳しいショップさんならばついでに音質をセッティングしてもらうのもかなり有効

簡単な方法では出口にインナーサイレンサーを挿すこと
サイレンサーと言っても用はただの蓋。サイズさえ合えば汎用品や他製品用でも可。自分で作ってもよい。
言っていることの意味が分からなけ...続きを読む

Qバックファイアキット。(スポコン)

バックファイアキットを探しています。(ミスファイアリングシステムじゃなくて)
ニュートロンと言う海外ブランドで出ているようなのですが何処か詳しい情報が載っているような場所、もしくは取り扱いのあるお店など知っていらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 NOSに関することなら、NOS取扱店に問いかけてみるのもいいのではないでしょうか?
 NOSではないのですが、電装系に関する質問を丁寧に回答していただいたことがある京都のBLASTさまのURLを載せております。

参考URL:http://blast-shot.com/

Qタイヤの文字を塗りたいです。

タイヤの文字をカラーリングしたいのですが、
市販のタイヤマーカーでは高価ですし、内容量も少量なのでとてもお金と手間がかかってしまいます。
なので、ホームセンターで扱っている塗料にて文字をカラーリングしようかと思っているのですが、溶剤の割合が高いとタイヤ自体に害が有るような気がしますし、なにか推奨できる成分の塗料や「これは使用してはいけない」等が判る方いませんでしょうか?

Aベストアンサー

知り合いが白色の油性マーカーで塗ってました。
安いので汚れてもすぐ塗り直せて、手間はかかるけど、マメに手入れする人向きではないのでしょうか。
タイヤに対する害はわかりませんので自己責任でして下さい。特に問題になってませんでしたが。

Qマフラーから爆発音がだせる

最近友達が発見して、僕のバイク(原付)でもやってみたのですが、
アクセルを前回にして、キーでエンジンをオフにすると、ドゥドゥドゥドゥドゥ・・・といって徐々にとまるんですが、そのとまる直前にアクセルを戻して、キーでエンジンをオンにしてもう一度アクセルを前回にすると、マフラーが、ぼっ!っていうんです。
うまくいけば(っていったらおかしいですが)拳銃を発砲したような音が鳴り響きます。
他の友達に聞くとビックスクーターでもできて、その場合、青い火柱が噴出すのが見えるらしいんですが、
これはいったいなんなんでしょう?
やってもバイクに支障はないんでしょうか?
それとなるメカニズムなど知ってる人がいれば教えてください。推測でもいいです。
原付の構造は一応わかりますので。

Aベストアンサー

アフターファイヤーと(バックファイヤー?)と呼ばれているものと同じとおもいます。
仕組みまではわかりませんが、バイク全てでできると思いますが、エンジンにはあまりよくないと思われるのでやめたほうがいいです。

確かに火が出たりと見た目カッコイイかもしれませんが・・・・

素人なのでこれ以上は説明できませんm(。。)m

ちなみに原付以外でのバイクでのやり方は、
走行中にキルスイッチでエンジンストップ、その後(何mか進み)切るスイッチをONで「パン!」拳銃発砲の音によくにた爆発音が出ます

素人の推測
キーでエンジンオフ(キルスイッチでオフ)→プラグの火花が飛ばずエンジストール→その状態でもエンジン内部は動いているのでガソリンなどが少量噴出→ガソリンがそのままマフラーの方まで行く(気化するかも)→そこでキーをオン(キルスイッチオン)でプラグが火花を出す→
マフラーの方に行っているガソリンに引火→爆発

あくまでも推測ですが・・・他の方間違っていたり補足があればお願いします


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報