腐るモトとなるものには好気性と嫌気性があると聞きました。
嫌気性は酸素がなくても増殖するらしいですが、
もしも超高真空に保ったままの箱(宇宙でもいいです)
に料理を入れるとこれはどうなるのでしょうか?
変な質問ですがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

嫌気性菌は酸素を嫌うという意味であって、空気がない真空状態で生きるというものではありません。


調理済のものであっても、調理前の食材であっても、完全に近い真空状態に置くと、速やかに水分が消失します。これは食材や料理に付着している菌に含まれる水分も同じ事であり、腐敗は起こらなくなります。
パスツールが行なった有名な実験があります。
首の部分が非常に長いフラスコの中にスープを入れて煮沸し、首の部分を閉じておいたのです。そうすると普通のフラスコで煮沸して口を閉じなかったスープが速やかに腐敗したのに対し、首を閉じた方は腐らなかったという実験がありました。このことにより、腐敗は空気中にある菌が増殖した結果ということを証明したのですネ。
ご質問のパターンはこれに似たものであると言えるでしょうネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

 超高真空と言うからには、料理という『物』は存在してはいけない事になるので超高真空に料理を入れるというのは無理な話かと思います。



 なぜなら料理を入れた途端にその周りは気化(と言うのか?)した物質で覆われ超高真空ではなくなる..... そして恐ろしく長い時間が過ぎると跡形も無く消えるでしょう。


 蛇足ですが、真空を空気が無いこと(世間ではそう考えるらしいが...)としても食品の真空パックなるものはとても真空とはいえません。気泡が入っていたりするんで............(~_~)
    • good
    • 0

「超高真空」ということなので、一言。


超高真空というからには、その空間の圧力が非常に低い→気体の分子数が非常に少ない or 温度が非常に低い(固体になってる)ということですね。他の方が書いておられるように、このような空間に食べられるような料理としての物質が存在できるか疑問ですが、腐敗を含めた化学反応が起こるとは、考えにくいですねえ。
ちなみに、超高真空と言われる空間で飛び交っている気体分子が互いに衝突する確立は非常に低く、大変大雑把ですが、数十キロメートル以上分子が互いにぶつからずに飛ぶという空間を想像してみてください。
    • good
    • 0

空気が無くても食べ物は腐ります。


空気が無くても生きていける微生物は存在します。
・・・が、どのような「真空」を作り出すかです。
完全に空気を抜いた真空だけなら、腐ります。
詳しくは忘れましたが、からしレンコンの真空パックで食中毒が発生した事件があったような気がします。
開放形で真空にする・・・つまり、宇宙空間に放り投げる・・・と言うような状態なら、腐らないと思います。
水などの揮発性成分は全て蒸発するはずです。
・・・が、これではもう食べられませんね(^-^;
熱で殺菌後に真空に入れれば大丈夫なはずです。
これはkawakawaさんの仰るパスツールの実験と同様です。
    • good
    • 0

inakenさんの言うように、料理に含まれる水分が沸騰して、蒸発し乾燥してカラカラに干からびてしまうでしょう。

また、嫌気性の細菌といっても真空を好むわけではなく、空気のないところを好む(水中とか)ということですので、真空状態にすることとは直接関係ないような気がします。一般に嫌気性の細菌は空気中の酸素を嫌う性質があるものをさすようです。

ちなみにフリーズドライという製法は、加工するものを冷凍した後に減圧タンクの中で乾燥させて作ります。
    • good
    • 0

水は気圧が低いほど気化しやすくなります。


高山でお湯を沸騰させると、地上よりも低い温度で沸騰が始まります。

それと同じ理屈で、料理を真空状態のところに入れると、水分が全部飛んで
しまい、カラッカラの状態になってしまいます。

そういった意味では「料理が腐りにくくなる」とは言えるかもしれませんね。
    • good
    • 0

腐るより沸騰した後変形してカラカラに乾燥してしまうのではないでしょうか。


要は真空乾燥ですね。
    • good
    • 0

バクハツするんじゃないですか?

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化合物半導体の電子親和力

金属-化合物半導体接触のショットキー障壁を見積もるため金属の仕事関数(フェルミ準位と真空準位との差)と化合物半導体の電子親和力(伝導体底と真空準位との差)を調べています。
金属の仕事関数は文献で調べられたのですが、化合物半導体の電子親和力はどうしても見つけることができません。適切な文献やサイトをご存知の方がいらしたら教えてください。また、計算により求めることができるのであれば、その方法についても知りたいです。
尚、対象としている化合物半導体は、GaN、SiC、GaAsなどのワイバンドギャップ半導体です。

Aベストアンサー

コンタクトの問題は、ドーピング状態などもからんできますから、やはり論文を
あたられたほうがいいかもしれません。

主要な論文の検索サイトを下にまとめておきます。

1) Physical Review, Applied Physics Letters, JJAP等の物理系論文検索
http://scitation.aip.org/
上記検索でSPINも含まれるように、BOTHを指定して検索すれば、
Nature等も含まれるようになる。
ただし、SPINは検索にもIDが必要。

2) Journal of Crystal Growth, Thin solid Films等の
Elsevier出版の論文検索
http://www.sciencedirect.com/

3) Electron Device Letters等のIEEE論文検索
http://ieeexplore.ieee.org/Xplore/dynhome.jsp

4) 電子情報通信学会誌(和文)
http://search.ieice.org/

5) 電気学会誌含む日本の論文誌検索(和文あり)
http://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja

6) Japanese Journal of Applied Physics検索
http://www.ipap.jp/jjap/online/index.htm
※たしかScitation&SPINではJJAPの検索はできても
本文はダウンロードできない。こちらのサイトからなら
ダウンロードも可能

※SPINを除く多くのサイトは、検索、アブストラクトの
閲覧までは無料でできます。また、大学によっては各
サイトと包括契約を結んでいるので、学内からアクセス
すると本文をpdfでダウンロードできる場合があります。
(私は、もう長らく冊子体の論文誌をコピーしていません)

※日本応用物理学会の英文論文誌であるJJAPを個人購読
すると、SPINのアクセス権が得られます。
http://www.jsap.or.jp/join/spin.html

コンタクトの問題は、ドーピング状態などもからんできますから、やはり論文を
あたられたほうがいいかもしれません。

主要な論文の検索サイトを下にまとめておきます。

1) Physical Review, Applied Physics Letters, JJAP等の物理系論文検索
http://scitation.aip.org/
上記検索でSPINも含まれるように、BOTHを指定して検索すれば、
Nature等も含まれるようになる。
ただし、SPINは検索にもIDが必要。

2) Journal of Crystal Growth, Thin solid Films等の
Elsevier出版の論文検索
http://www.sc...続きを読む

Q筑波宇宙センターと調布航空宇宙センター

春休みに関東方面の旅行の際に
中学生の息子から宇宙センターに行ってみたいというリクエストが
ありました。
本人からは筑波宇宙センターという名前が挙がっていましたが
調布航空宇宙センターもあるようです。
HPで見てみたのですが、一般人が見学するに当たっての
具体的な差がイメージできません。
両方行かれた方がいらしゃったら感想をお聞かせください。
どちらがおススメですか?
どちらかだけの感想でも結構です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

調布は、どちらかというと航空機の基礎研究が中心なので、中学生の「宇宙」と言うイメージに沿うのは筑波のほうかと思います。ただ、もし息子さんが、将来、工学系の技術者や研究者を目指していらっしゃるのでしたら、一般公開の日に調布へ行くこともあわせてお勧めいたします。

Q【半導体製造】身近に使っている電化製品について考えたことはありますか?

【半導体】身近に使っている恩恵を受けている
電化製品の半導体の知識や半導体について
考えたことはありますか?

(参考)
半導体製造プロセス
http://www.screen.co.jp/spe/technical/process.html
初心者のための半導体入門
http://www.screen.co.jp/spe/technical/guide/index.html
真空ポンプの基礎知識 > メカニカルブースターポンプ
http://www.shinku-pump.com/vacuumpump/mechanical/
http://www.shinku-pump.com/vacuumpump/
http://www.shinku-pump.com/





1)ある 2)ない 3)その他

Aベストアンサー

1)
その業界の人間なんで、考えてないと(金稼いで)生きていけない。

#
真空ポンプなんかより「露光装置」とか「ステッパー」の方が重要だと思うけど、なぜそのURLはないの?
「半導体」っていっても一言ではすませられないくらい材質等もあるわけで、要素技術も色々だけど、それらのURLも提示すべきじゃないかな?

Q宇宙には果てがない、しかし、宇宙は有限だ。とは?

「宇宙の果てのその先に何かがある?」
「よく考えると、その質問自身がおかしい」
というやりとりが、55プラス、サイエンスカフェを始めよう1(朝日新聞20130621)に出ていました。
どうしておかしいのでしょうか?

そして、宇宙には果てがない、しかし、宇宙は有限だ。とは、
どういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

 この宇宙は3次元空間ですが、考えやすいよう2次元空間にしてみましょうか。

 球面を考えます。地球儀の表面と思えばいいでしょう。面積は有限です。球面上を真っ直ぐ進んでも、元の場所に帰ってはきますが、行き止まりはありません。それが「果てがない」です。何度も元いた場所を通過しつつ、無限大の距離を進んでも、球面の外には出ません。それが「果ての先は無意味」ということです。

 そういうことが3次元空間で起これば、同様になります。真っ直ぐ行ったつもりが、いずれは元の場所に帰りつきます。それをいくら繰り返しても、この宇宙の外については何も知りようがありません。この宇宙の中にいて、しかも境界線すら見つからないのですから、果ても外も観測しようがないわけです。

 物理学では観測できないものを『無い』とします。

 しかし、それの外がないということにはなりません。球面であれば、それに垂直な方向を知る方法があれば、その球面の外に世界があることを知ることができます。今のところ、この宇宙について、そうする方法は見つかっていませんが、可能性がないとはなりません。ですので、そこまで考えるのなら、本当に意味が無いかどうかは、ちょっと疑問とはなります。

 なお、この宇宙は球面のようではなく、端のない平面のようだとする説の方が有力なようです。端のない平面の面積は無限大です。この宇宙も体積は無限大であるようです。もちろん、普通に考えるような『果て』はありません。

 この宇宙は3次元空間ですが、考えやすいよう2次元空間にしてみましょうか。

 球面を考えます。地球儀の表面と思えばいいでしょう。面積は有限です。球面上を真っ直ぐ進んでも、元の場所に帰ってはきますが、行き止まりはありません。それが「果てがない」です。何度も元いた場所を通過しつつ、無限大の距離を進んでも、球面の外には出ません。それが「果ての先は無意味」ということです。

 そういうことが3次元空間で起これば、同様になります。真っ直ぐ行ったつもりが、いずれは元の場所に帰りつきます。そ...続きを読む

Q真空電子デバイス

真空中は電子の移動抵抗が低くなる事に着目した考えのようで、半導体などへの応用が研究されているようです。

これは実際にデバイスのある部分に真空構造を造り込むという事なのですか?そんな事できるのですか?題記のデバイスの意味がよくわからず困っています。非常に初歩的な質問で恐縮ですが、ご存知の方は是非教えてください。

Aベストアンサー

ここのHPを覗いてください。
判りやすく解説していますよ。

http://device.eng.toyama-u.ac.jp/microd/ouyou.html

参考URL:http://device.eng.toyama-u.ac.jp/microd/ouyou.html

Q宇宙に行ってみたい。宇宙を何処までも突き進むとどうなってるの?

科学者でも金持ちでもありません。
でも宇宙に行ってみたいです。
色んな星に降り立ってみたいです。
スタートレックと言う海外ドラマ「Q」という登場人物が
エンタープライズを地球からもの凄く遠い所へ
飛ばしてしまうシーンがありました。
宇宙ってあんな感じなんですか?

宇宙の向こう側ってどうなってるんですか?

宇宙空間は何も無いって言ってたけど何も無いところにどうして星とかが存在するんですか?
何も無いのに物が存在出来るってどういう事ですか?

Aベストアンサー

現在、書店に並んでいるnewtonと言う科学雑誌を読むといいです。
丁度、「宇宙論」を取り上げています。

> 宇宙の向こう側ってどうなってるんですか?
結論から申しますと、
私達は光(電磁波)で観測している為、観測できるのは、観測者の位置から計って宇宙の推定年齢172億年(172億光年)の範囲までであり、宇宙に果てがあるのかは今の所わかっていません。
その為、宇宙の向こう側という概念は仮説の上に立つ空想みたいなものなのです。誰も正解を知りません。
新スタートレックやスタートレックボイジャーに出てくる「Q」だったら知っているのかもしれません。

Q半導体工学

p型半導体、n型半導体のそれぞれの場合において、ショットキー接触の場合、金属と半導体のどちら側に正電圧を印加すれば順バイアス状態となりますか??

Aベストアンサー

ショットキー障壁ができるのは、n型半導体では、図1のように、金属の仕事関数 φm が半導体の仕事関数 φs より大きい場合で、電子に対して障壁ができるような状況です。p型半導体では、図2のように、φm < φs の場合で、正孔に対して障壁ができるような状況です。

           金属   n型半導体
  真空準位  ┬   ┬
          |   φs
          φm   ↓
          |     \ ← 電子に対する障壁
 フェルミ準位 ↓___  \ - - - ← 電子
                    ̄ ̄ 伝導帯下端
               \
                 \__ 価電子帯下端

【図1 n型半導体でショットキー接触となる場合】

           金属    p型半導体
   真空準位 ┬    ┬
          |    |   / ̄ ̄ 伝導帯下端
          φm    φs /
 フェルミ準位 ↓___|    __ 価電子帯下端
                |  / ++++ ← 正孔
               ↓/← 正孔に対する障壁

【図2 p型半導体でショットキー接触となる場合】

これらに対して、順バイアスとなるのは、障壁が小さくなる方向にバイアスした場合です。金属-n型半導体系だと、半導体側のエネルギーを上に持ち上げる方向になります(バンド図の上側というは、電子エネルギーを増加させる方向なので、-の電圧を増やす方向)。つまり、金属側に+の電圧を加えるのが順バイアスになります。

金属-p型半導体系はその逆で、半導体側のエネルギーを下に押し下げる、つまり+の電圧を半導体側に加える方向になります。

ショットキー障壁ができるのは、n型半導体では、図1のように、金属の仕事関数 φm が半導体の仕事関数 φs より大きい場合で、電子に対して障壁ができるような状況です。p型半導体では、図2のように、φm < φs の場合で、正孔に対して障壁ができるような状況です。

           金属   n型半導体
  真空準位  ┬   ┬
          |   φs
          φm   ↓
          |     \ ← 電子に対する障壁
 フェルミ準位 ↓___  \ - - - ← 電子
   ...続きを読む

Q高速増殖炉について

こんにちは、
すいません。高速増殖炉の基本的なことを教えて下さい。
1.高速増殖炉はU238に炉内の速中性子をぶつけてPu239に変換させ、更に炉内の速中性子をPu239ぶつけて核分裂させて、エネルギーを取り出すのでしたか?
2.なぜ燃料(U238)の約1.2倍の燃料(Pu239)になるのでしたか?


高速増殖炉は、発電しながら消費した以上の燃料を生み出すことのできる原子炉です。「もんじゅ」の場合は消費した燃料の約1.2倍の燃料(プルトニウム)を新たに作ることができます。


http://www.fepc.or.jp/nuclear/cycle/kousoku/sw_index_01/index.html

Aベストアンサー

 補足、承りました。#5他です。

>それぞれの燃料の構成の図(下記のような図)はないでしょうか?

 昔読んだ教科書の記憶だけで(まとまった図はなかった)、現在どのようなものがあるかは調べたことがありません。お役に立てず、申し訳ありません。

>理論上、個数は算出できないでしょうか?

 設計次第でしょうね。まずプルトニウムの反応ということで、その辺りをググってみると、以下のようなページが手始めとして参考になるかもしれません。

http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=04-09-01-09

 ウラン235の核分裂によりウラン238からプルトニウム239を作るのは、まだプルトニウムが燃料に適するほどの量がない場合で、軽水炉でも発生して来るプルトニウム239が溜まって来れば、プルトニウム239の核分裂により、ウラン238をプルトニウム239に転換します。

 その工程も原子炉であるわけなので、核分裂としては反応率を1に保った臨界を維持しながら、余剰の中性子を利用してプルトニウム239を作り続けるのは、非常に難しいとは言えます。高速増殖炉や新型転換炉が、なかなかうまく行かないというのは、仕方ないかもしれません。

 補足、承りました。#5他です。

>それぞれの燃料の構成の図(下記のような図)はないでしょうか?

 昔読んだ教科書の記憶だけで(まとまった図はなかった)、現在どのようなものがあるかは調べたことがありません。お役に立てず、申し訳ありません。

>理論上、個数は算出できないでしょうか?

 設計次第でしょうね。まずプルトニウムの反応ということで、その辺りをググってみると、以下のようなページが手始めとして参考になるかもしれません。

http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title...続きを読む

Q半導体部品、半導体製造装置とは

半導体製造装置とは、半導体部品(トランジスタなど)又は半導体装置の製造装置のことですよね。

だとしたら、なぜ、「半導体部品(又は半導体装置)製造装置」といわないで、
「半導体製造装置」と言っているのでしょうか?

Aベストアンサー

シリコンウェーハなどの材料基板上に半導体素子(デバイス)を形成する機械が「半導体製造装置」であり、切り出してパッケージングして「部品」にする機械とは違うと思いますよ。
パッケージングまで一気にしてしまう設備もあるかと思いますが、それは各装置の集合体であって、工程によって呼び名は変わるものかと思います。

Q真空断熱

二重構造の真空断熱層を持った水筒などは、冷めにくく保温効果が
高いのですが、二重壁の真空層の厚みは、断熱効果に比例するのでしょうか?
そもそも、完全な真空の空間は、熱伝導率はゼロなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

>>>そもそも、完全な真空の空間は、熱伝導率はゼロなのでしょうか?

はい。ゼロです。


>>>二重壁の真空層の厚みは、断熱効果に比例するのでしょうか?

熱伝導率は真空層の厚みによらず、ゼロです。
つまり、熱伝導率は「ゼロで一定」なので、比例はしません。


#1様がおっしゃっている通り、放射(光と同じです)によって熱が逃げますから、
魔法瓶の内部の壁は、鏡になっています。
反射することにより、熱放射(この場合は赤外線)されたものが、戻ってきます。

ちなみに、
ストーブで鏡が使われているのがありますが、
あれは、熱放射を反射することによって、無駄な方向に向かう熱放射を
前面方向(室内の方向)に向かわせ、効率的な暖房効果が得られる、
ということです。


以上、ご参考になりましたら。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報