『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

中1です。
筋トレ歴5ヶ月くらいです。
腹直筋の筋トレは毎日しています。上体を丸めながら起こすクランチと、レッグレイズ、名前は分かりませんが、背すじを伸ばしながら上体を起こす腹直筋下部に効くクランチのようなものをやっています。(腹斜筋のメニューはここでは控えます)
しかし、下腹(腹直筋下部)がポッコリしています。ですので、腹筋が4つにしか割れません。僕は、6つに割りたいので、下腹のポッコリした感じを治したいです。
下腹がポッコリしているのは、子供特有の体型で仕方がないのでしょうか?
治す方法はありますか?
教えてください。
(便秘ではないです。ウ〇コは毎日出ます。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

野球の守備姿勢、バスケットのガード姿勢、バレーのレシーブ姿勢など「パワーポジション」を覚えると、下腹は引っ込む。

その証拠に、中学生レベルでも、部活でのレギュラークラスの人たちの体型を観察すれば分かる。この種の競技の選手で下腹の出ている人はいない。「パワーポジション」とは、スクワットでの沈み込み姿勢だが、単に、筋トレとしてのスクワットではなく、実際に競技プレーの実益に供する動きを体得しないと難しい。まずは、スクワットでの骨盤前傾の意味を理解するところから始めるべき。

腹筋運動で下腹は引っ込まない。腹筋運動ではなく、時々、フルボトムスクワットを取り入れて、腹圧のかけ方を体得すれば、クランチなど無駄であることが分かる。クランチなど毎日何百回やっていても、ちょっとした負荷でフルボトムのフロントスクワットをやれば、翌日、腹筋がものすごい筋肉痛に襲われる。そういう時、クランチがいかに子供騙しかが分かる。

下腹を引っ込める秘訣は、腹筋運動ではなくして、スクワット。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
スクワットで腹圧のかけ方を体得すれば下腹は引っ込むんですね。
確かに、スクワットで正しい姿勢を維持するのは難しいですもんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/02/08 08:53

まだ無理でしょう。



中学生の時期は筋肉が付きにくい年頃です。

しかも、過度な筋トレは伸長を阻害します。

将来、後悔しても知りませんよ。

公共の体育館のトレーニング室が中学生以下、立入禁止なのはこのためです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/02/07 21:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング