今、高校2年で、生物の授業を取っています。
今、浸透圧の所をやっているのですが、細胞が死ぬと細胞膜は全透性になってしまうと習いました。
どうして全透性になってしまうのですか?
死ぬと酸素が届かなくなるから?
でも、酸素が無くても細胞膜のたんぱく質とリン脂質の性質は変らないんじゃ・・・?
そもそも細胞が死ぬってなに?

先生に何故全透性になってしまうのか質問した所、
「細胞が死んだら細胞が物質を選んで取り入れたり出したりする必要がなくなるからだよ。」
と言われました。でも、ちょっと私の質問した意図と違う回答です。

後もう少し。
グルコースとフルクト-ス、化学式は同じなのになんで人間が感じる甘さが違うんですか?化学式が一緒だからって性質が同じとは限らないのは分かっているのですが何となく不思議です。
デオキシリボースとリボースは同じ糖なのに何でエネルギーにならないんですか?
これらの二つって人間が口にしたら甘いんですか?

なんだか沢山になってしまいましたが少しでもご存知の方がいらっしゃいましたら
とても疑問に思っているので教えて下さい。宜しくお願いします。

A 回答 (2件)

分かる範囲でお答えしたいと思います。


まず、細胞膜は「選択透過性」という性質を持っています。細胞膜には各種の物質の「受容体」と呼ばれるたんぱく質があり、細胞の外側にある受容体が目的の物質とくっつくと、ATPを消費して細胞内にその物質を取り込みます。ゆえに細胞が死んでしまうとATPを供給できないため細胞膜の選択透過性も失われてしまうのです。「全透性」という言葉があるかどうかは不勉強のため知りませんが、恐らくこの選択透過性が失われることをさしているんだと思います。
>そもそも細胞が死ぬってなに?
「死」の説明は難しいのですが・・・酸素や栄養の供給が停止し、細胞が活動できない状態になり、その結果として自己消化酵素により分解されてしまうことでしょうか。
次に糖について説明します。グルコースとフルクトースは化学式は同じですが分子構造が異なります。構造が違うため、舌の味蕾にある受容体にくっついたとき、味蕾の神経から脳に送られる信号も異なります。物質と受容体の結合はジグソーパズルみたいなもので、同じ重さのピースでも形が違えば必ずしもきちんと結合するわけではないからです。信号が異なるため、感じる甘さの度合いも違うというわけです。
また、デオキシリボースやリボースがエネルギーにならないのは生物の体内にこれらの物質からエネルギーを取り出す反応を行うための酵素がないからです。これらの糖が甘いのかどうかまではさすがに分かりません。なめたこともないし(笑)
以上で大体よろしいでしょうか?分からないことがあればまた聞いてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

選択透過性という性質を発揮するためにATPが必要だったんですね!
納得です。謎が解けたっ!て感じです。有り難うございました。
細胞のあんなに小さい中で色んな反応が起きているなんてすごいです。
「全透性」についてですが、実教出版の「生物(1)B」に「半透性」と一緒に載っています。
これって教科書に載ってるだけで使わない知識なんですかねぇ。

糖の甘さについても納得しました。
では、人間じゃない動物でだったらフルクトースよりグルコースの方が甘く感じることもあるってことですよね。(違う?)

やっぱりデオキシリボースとリボースが甘いかどうかは分からないですか・・・。
お店で売ってればなめてみるのに。(笑)

生物って面白いですね!
本当に有り難うございました。

お礼日時:2001/06/03 20:47

以下の参考URLサイトには「全透性」に関しての説明がありますが、参考になりますでしょうか?



ところで、この質問は植物細胞あるいは動物細胞に関してでしょうか?
いずれにしても、「細胞膜」についての質問でしょうが・・・?

さらに
http://www.fujijuku.net/biollec/3.HTML
(浸透圧って何?)
このページで「細胞膜」の記載がありますが、物質の膜輸送に関連して、そのエネルギー源としてATPが関与してます。ATPはミトコンドリア内にあるのですが、「細胞死」によって呼吸が出来なくなり、細胞膜での「半透性」のコンントロールが出来なくなるためではないでしょうか・・?

「甘さ」に関しては、
http://www2.freeweb.ne.jp/~maoda/sita.html
(味覚について)
「甘味」は舌の先端の味蕾の味覚細胞によって感じます。
「甘味料とレセプター」に関してはhebikeraさんの回答がありますが、ご存知でしょうが、温度によっても甘味は変化します(味覚)。

ご参考まで。

参考URL:http://www.gin.or.jp/users/seiken/jishusho/jisho …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。
リンク、とっても参考になりました。

質問は動物細胞、植物細胞両方についてです。
細胞膜はどちらにもありますよね?
味覚については人間の味覚についてです。

選択透過性の性質が発揮されるのにATPが使われることを知らなかったので
わかんなくなってました。
死んだら酸素が無いからATPは作れないですもんね。
(嫌気呼吸したりするのかな?)
でも、詳しいことを考えているとわけがわけがわかんなくなってきますが・・・。

本当に有り難うございました。

お礼日時:2001/06/04 17:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生まれ変わるならシリーズ

もし生まれ変わるなら、どんな生き物が良いですか?
もし生まれ変わるなら、誰の子供になりたいですか?
もし生まれ変わるなら、どんな草木花になりたいですか?

回答お待ちしています。

Aベストアンサー

>生き物→鷹、(飛べるから)
>同じ親で良いけど、もう少し羽振りが良かったらなーと思う。しかし、貧乏でも幸せならば良いか⁉
>草木、桜、コスモス、ひまわり、ススキ。

Q小腸の上皮吸収細胞 基底膜 側底膜 基底側膜

小腸の上皮吸収細胞において、タンパク質の消化について勉強しているのですが、
基底膜、側底膜、基底側膜という言葉が出てくるのですが、違いがわかりません。
ご存知の方、教えてください!
宜しくお願いします!><

Aベストアンサー

基底膜は基底膜と呼ばれている膜です。細胞膜のことでありません。
その膜の上にくっついて(管の内腔に向かって)、上皮細胞が並んでいます。

細胞は細胞膜に囲われています。
側底膜は側底側細胞膜のことです。基底膜側(側底側)の細胞膜です。

・管腔側(粘膜側)⇔基底膜側

・頂端側⇔側底側

頂端側細胞膜が頂端膜。側底側細胞膜が側底膜。

基底膜側細胞膜、に対して同じような省略をすると、基底膜膜になります。これを基底膜に省略してしまうと何の膜だかわからなくなります。
ですから基底側膜。
管腔側膜⇔基底側膜。

Q猫は本当に9回も生まれ変わるのですか?

どこかで猫は9回生まれ変わると聞きましたが、それは単なる何かの例えとしての言葉か、あるいは本当に生まれ変わるのか、実際はどうなんでしょう??

Aベストアンサー

変な話、それは猫にしかわからないでしょうね…。
あるいは、猫にもわからないと思いますね。
でもわたしは、猫にかぎらず、人間も生まれ変わると思いますよw
まあ、それぞれの人の考えですよ。

Q細胞分裂時における、細胞膜の挙動について

通常の二次元の培養方法で、細胞分裂時の細胞膜の挙動を光学顕微鏡で観察すると、ボコボコと細かな突起を突き出すのがみられます。繊維芽細胞であってもガン細胞であっても同様な現象がみられるのですが、この突起の意義や生じる仕組みが非常に気になります。

Aベストアンサー

専門外ですが、興味があるので補足お願いします。

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「Cellular Interaction Rheumatoid Arthriti」
この解説では「滑膜細胞」の樹枝状突起による「情報伝達」でしょうか?
PGE2がInducerとして作用して・・・。

脳の「グリア細胞」は樹枝状細胞だと思いますが、培養は出来るのでしょうか?
この細胞ではシグナル伝達物質(ケミカルメディエーター)が放出されるのですよね?

実験では、培養で特殊な薬剤は添加されていないのでしょうか?

その細胞は「スフェロイド」は形成しないのでしょうか?

「生じる仕組み」とは平滑な(?)細胞膜から樹枝状な突起状態になる「ドライビングフォース」が何かをお知りになりたいということでしょうか?

参考URL:http://yonepro.dot.ne.jp/works.html#work_08

Q生まれ変わるなら、何に生まれ変わりたいですか?

もし自分が生まれ変わることができるなら、誰みたいにに生まれ変わりたいですか?(タレント、王様、政治家、スポーツ選手等)。人ではなくて動物なら何に生まれ変わりたいですか。

Aベストアンサー

くまむし

Qオーキシン(インドール酢酸)に関して。 植物の細胞膜(pH6)では電離しておらず その状態で膜を通る

オーキシン(インドール酢酸)に関して。
植物の細胞膜(pH6)では電離しておらず
その状態で膜を通ることができる、
また細胞内(中性)では電離しており膜を通れないと
ありました。

なぜ電離していないと通れて、
していると通れなくなるんですか?

Aベストアンサー

あなたは大学生でしょうか?真核性生物は脂質二重膜で出来ています。石鹸でたとえると、脂肪鎖が二枚重なり、間に親水性の層がある。全部これ。疎水性で無いと膜から中に入れない、中の親水性の部分はいい加減で隙間もある。だから強親水性の物質は細胞へ入れない。

Q昔に生まれ変わるなら何時代が良い?

もし近代(大正時代)以前に生まれ変わるとしたら、何時代に生まれたいですか?

条件は、
1 今とほぼ同じ家庭環境に産まれます。
  同じ父母に生まれ、同じ兄弟と共に育ちます

2 職業は今とほぼ同じに生まれ変わることとします。
  営業マンなら商人、学校の先生なら寺子屋の師匠、大学教授なら藩校の教授、国家公務員なら政府(幕府・朝廷)の役人・官吏などなど。
  昔はなかった職業の場合(IT企業従業員・専業主婦・弁護士・ニートなど)は全て農民に生まれ変わることとします。

Aベストアンサー

縄文時代ですね。できれば前期の三内丸山(遺跡)の時代。

というのも縄文時代は半狩猟・半農耕でとても平和な時代だったそうで、つまらない身分格差や争いはなかった(個人的には原始民主主義の時代と呼んでいます)といわれています。事実弥生時代の貝塚からは首や腕のない人間の遺骨が数多く発見されますが縄文時代の貝塚からは人間の骨自体が発見されない(貝塚はゴミ捨て場だから人間を捨てる事自体不自然)、人間の墓のそばには必ず犬の墓が発見される(狩猟犬として人間同様の扱いをしていた)、漆器や装飾品などの副葬品がある(豊かで高度な文化の証明)、酒を作った形跡があるなど等…

調べれば調べるほど縄文時代は冬は狩猟・春~秋は農耕(焼畑農耕)に従事するうえ村長などの代表という立場はあったようだが身分格差はなかったし狩猟民族は完全実力主義で完全平等分配主義なので(現在の猟師の価値観から推測…猟友会なんてケチなモンじゃないですよ、猟で生計を立てている猟師の事)絶対に今より暮らしやすかったはず。

という事で農民ではなくみんな猟師ということになりますが、個人的にはむしろ今でも猟師になりたいくらいなので問題ありません。

縄文時代ですね。できれば前期の三内丸山(遺跡)の時代。

というのも縄文時代は半狩猟・半農耕でとても平和な時代だったそうで、つまらない身分格差や争いはなかった(個人的には原始民主主義の時代と呼んでいます)といわれています。事実弥生時代の貝塚からは首や腕のない人間の遺骨が数多く発見されますが縄文時代の貝塚からは人間の骨自体が発見されない(貝塚はゴミ捨て場だから人間を捨てる事自体不自然)、人間の墓のそばには必ず犬の墓が発見される(狩猟犬として人間同様の扱いをしていた)、漆器や...続きを読む

Q生体膜と膜タンパク質は同じものなのですか。

学校でもらった資料で、「生体膜の構造と機能」というタイトルのところに、膜タンパク質の役割(輸送体や受容体、酵素としての役割)が書かれてありましたが、URLのWikipediaのサイトでは、これらの役割は生体膜の役割として書かれてありました。膜タンパク質と生体膜は同じものなのでしょうか。

Aベストアンサー

同じものではないと思います。

生体膜というのはおそらく細胞膜のことを指していると思います。細胞膜は細胞の周りを囲んでいる膜のことですが、膜タンパク質はその細胞膜上にあります。

イメージとしては、海の上に浮かんでいるたくさんの小さな島を思い浮かべていただければ分りやすいと思います。海面が細胞膜で島が膜タンパクです。それか、イボイボの付いた健康サンダルかな。イボイボが膜タンパクで、そうじゃないところが細胞膜。あんなに規則的に並んではいませんが。

膜タンパクは、細胞膜を貫通している場合と、細胞膜表面だけの場合とがあります。その機能については概ね質問のところに書かれているとおりです。

Q生まれ変わるなら男希望?それとも女希望?

万が一生まれ変わることができるとしたら、次は男がいいですか、それとも女がいいですか?

Aベストアンサー

女です!生まれ変わるなら・・・男です!!
女の方が何かと損しているような気がします・・・

Q生きている細胞と死んでいる細胞の違い?

たとえばたった今、ある細胞が寿命で死んだとします。
ではその瞬間の3秒前と死んでから3秒後では、その細胞は何が違うのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

科学が進めば進むほど、さまざまな現象の境界が不明瞭になってきます。
細胞の死の瞬間が定義されていなければ回答できないと思います。
参考URLの「細胞の誕生と死」の「死」にいくらか経過が示してありますが、その終わりに「関連するサイトとリンク-細胞の生死を制御する」ではアポトーシスについて詳しく述べてあります。

細胞の生死を決定する因子がくる

受容体に結合する

情報伝達物質が仲介←調節タンパク質

カスパーゼが細胞を破壊

細胞死

カスパーゼはタンパク質分解酵素ですが、アポトーシスの場合この酵素の活性が指示され細胞内のタンパク質が分解される過程のどこで細胞が死んだのかが問題なのかもしれません。
細胞内の場所によって酵素反応の進行には偏りがあるでしょうから。

しかし個人的にはそこまで厳密に死の瞬間を定義する必要性があるのか疑問です。

参考URL:http://www.tmd.ac.jp/artsci/biol/textbook/celltop.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報