上司(仮名吉田さんとします)に
「○月1日は出ようと思えば出れます。ただ人が多いのなら無理に出勤させてもらわなくてもいいです。
吉田さんの良いように決めてください」

という内容の手紙を書こうとする時、

上記の内容そのままではあまりに稚拙すぎるので((汗)
もっとまとまりがあり、うまい言い回しや熟語などを使ったビジネス文書のような文体にするには
どのように直したらいいでしょうか。

「バカみたいなやつだな」
と思われると嫌なので・・・

是非ビジネス文書に長けている方、アドバイスよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>1 丁寧に書く


>2 もっとまとまりがあり、うまい言い回しや熟語などを使っ
>3 ビジネス文書のような文体

すべてを満足させるのは困難です。それぞれ相反した意味を含んでおり、矛盾が生じます。

ビジネス文書ならすでにいい答えが出ています。簡潔で、要は意味が十全に伝わればいいというのがビジネス文書です。

ビジネス文書の様に意味がしっかり伝わって、しかも相手を傷つけずにこちらの人間性もよく見せたいということなら、やはり 1、や 2 の配慮も必要だろうと思います。

例 1

「○月1日の出勤の件ですが、吉田様のご要請なら私も都合をつけますので、お応えできると思います。人手が足りないときはひとことお声をかけてください。」

あまりうまい言い回しではないかもですが。
    • good
    • 0

○月1日に出社する件ですが、人手が足りないのであれば出勤を致します。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
ありがとうございました。
特に最後の一文は私が伝えたいニュアンスに近かったです。

お礼日時:2014/03/20 09:04

出勤は可能ですが他の方とのシフトに問題があるようでしたら○月○日の出勤にはこだわりませんので吉田さんにお任せいたします。



くらいでも良いかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「こだわりません」というのはいい言い回しですね!
参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/20 09:06

 


ビジネス文書なら

○月1日の出勤は可能ですが、家事の都合がありできれば休みたいと思っております

これだけでよい

出勤者を決めるのは吉田さん(上司)の業務です
部下が上司の仕事を指図するのは失礼です
だから「吉田さんの良いように決めてください」に関連する言葉は書いてはいけない
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

指図するつもりではなく、采配は吉田さんに任せます
という旨を伝えたいという意味でしたが、
アドバイスは参考になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/20 09:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメールでの敬語の使い方

 企業の方へメールを送る際ですが、敬語の使い方に自信がありません。
こちらから企業へ、質問やセミナー申込みのメールを送る際ですが、
件名に"○○に関するご質問"、"会社説明会のお申込み"という敬語の使い方は、正しいのでしょうか。
 それとも、この場合は「ご」や「お」を使用しなくてよいのでしょうか。  
 また、「返信」を丁寧語にする場合は、ご返信とお返信のどちらが正しいのでしょうか。。
 お恥ずかしいのですが、このように、敬語の使い方に自信がありません。 どなたか、ご指導よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

自分がする行為には丁寧語にしないのはお分かりになったと思います.

ご参考までに,
件名の"○○に関する質問"、は,「○○について(質問)"とやります.最近はタイトルに,~の件とはしなく,~についてが通常となりました.そして後ろに括弧書きで内容が分かるように記載します.

返信の事ですが,質問すれば返事来ますので,ご返信をお願い致しますは要らないと思います.(督促がましいですね.)
(お願い致します より,お願い申し上げます の方が目上の方にはいいと思います.)

Q高校生ってどのくらい勉強するんですか?よければ、高1○時間、高2○時間、高3○時間のように勉強時間を

高校生ってどのくらい勉強するんですか?よければ、高1○時間、高2○時間、高3○時間のように勉強時間を教えてほしいです。お願いいたします。

Aベストアンサー

人それぞれでっしゃろ。

世の中の基本で言うならば

バカは人の2倍
大バカは 3倍
アホは  4倍

それ以下だと思えば寝るとき以外やることですよ。

人と同じで、平均点
が普通の人。

人と同じで、頑張って、上位に食い込むのは
頭のいい人

人と同じ以下で、頑張って平均点の人は
バカ

人と同じ以下で、頑張って平均点以上は普通

人と平均点以下で、頑張って上位に食い込むのは
頭のいい人


みんな、勉強しなきゃ
わからないのは、当たり前。
スタートは一緒。

だから、
勉強というのは、
ただ、頭がいい。

と言うわけではない(天才、秀才は別)

勉強頑張るのでさえ、
継続の力、努力の力、

それも、頑張れないのに
部活だ、なんだ、
何があってもやめません!がんばります!

なんて、
馬鹿げてると思いますよ。


なんで、質問の答えとして

高校① 4時間
高校② 5時間
高校③ 6時間


まぁ、ここまで書いといて
あれですけど、

ぶっちゃけ5分でも
いいと思います。

わかっちゃえば。

この解るまでの時間が、
人によって違うだけのことですから。

塾とかでも

さまざまな解き方を教えてるだけで、

あなたの頭を鍛えてるわけではないです。

10✖1=?

これが、とけるか、とけないか、
です。

意味がわかってるからこそ、
ふざけてんのか?

って、言うかもしれませんが、
小学生に言ってわかります?

もし、独学で努力してるならわかりますね。
そういう人が、上に行けるだけです。

努力しても、わからない人がいるのも確かですが、

わからない

だけですから。
解けないわけでは、ないですよね。



高校の問題でもなんでも、

頭がいい人は、そう思ってますよ。

人それぞれでっしゃろ。

世の中の基本で言うならば

バカは人の2倍
大バカは 3倍
アホは  4倍

それ以下だと思えば寝るとき以外やることですよ。

人と同じで、平均点
が普通の人。

人と同じで、頑張って、上位に食い込むのは
頭のいい人

人と同じ以下で、頑張って平均点の人は
バカ

人と同じ以下で、頑張って平均点以上は普通

人と平均点以下で、頑張って上位に食い込むのは
頭のいい人


みんな、勉強しなきゃ
わからないのは、当たり前。
スタートは一緒。

だから、
勉強というのは、
ただ、頭がい...続きを読む

Q敬語の使い方に自信はありますか?

皆さんは自分の言葉使いに自信はありますか?

例えば敬語です。
世間では本当に間違った敬語の使い方をしてる人が多いですよね。
一流企業の受付ですらそうです。
そういう私も敬語はあまり分かりません。
皆さんはいかがでしょうか?

Aベストアンサー

無い。
極力丁寧に使おうとはしているが文法的にも変かもしれない。

Q「○眞が出る」 ←ウかんむりにレンガ

いつもお世話になっています。

とある男性(80代のお年寄り)が書いた文章を急いでパソコンで清書しなければいけないのですが、旧字体やつなげ字が多すぎて苦労しています。

中でも、次の文章の中の文字はさっぱりわかりませんのでご協力をお願いします。

前後の関係から「写真」ではないか・・・と思うのですが、いかがでしょうか?旧字体ではこういうふうになりますか??

または、「これじゃないかな?」というのがありましたら教えてください。

問題の文章
「新聞に○眞が出ました。」

○部分
漢字1文字
ウかんむり
まん中には「旧」のような字がみられる
下側にれんがのような部首がみられる

Aベストアンサー

「寫」でしょうか。
これでしたら「写真」の旧字体であってます。

Q敬語の使い方についてお尋ねです。

敬語の使い方についてお尋ねです。
相手からなされる行為での「ご案内」「ご依頼」・・・には敬語として「ご」をつけますが、自分からの行為は「ご」をつけるのは間違いでしょうか?
相手に対して「ご案内いたします」と普通に使われます。では、相手に何か依頼する文書を発送する場合、「ご依頼です」という使い方は間違いでしょうか?
「お願いします」の「お」も自分からなす敬語だと思いますし。

ご教授願います。

Aベストアンサー

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なのですが、現代では許容範囲とされています。)

もとの語は「案内」(名詞)“を”「する」(動詞)となります。
相手に対して敬意を示す意味での敬語(尊敬語もしくは謙譲語)としては
動詞を変化させます。
この文の主語は「私」ですので「する」は謙譲語として「いたす」もしくは「させていただく」と変化します。
一方、名詞は相手に敬意を示す為にそのものの形を変化させることはありません。
あくまでも丁寧さと美しさをあらわす意として「案内」を「ご案内」と美化しています。
つまり「案内をする」の正しい敬語表現は
「(私が)ご案内をいたします」「(私が)ご案内をさせていただきます」となります。

これをふまえて。
「(これはあなたへの)依頼です。」を敬語に変えるならば、
「依頼」は名詞ですので、美しく「ご依頼」に出来ます。
(しなくてもOKです。)
大切なのは動詞「です」を変化させ「でございます」にすることです。
すなわち「(ご)依頼でございます。」が正解です。
※主語が人ではなく物ですので、尊敬・謙譲はありません。
ただ、「これはあなたへの依頼です」というのは
ビジネス的にはあまり使わない言い回しではあります。
「(私はあなたに)ご依頼をさせていただきます。」
あたりが良いのではないでしょうか。

おまけですが、「お願いします」も先の例にならい
「(私はあなたに)お願い(名詞)“を”する(動詞)」の
「を」が省略された形です。
この文の主語は「私」ですので、謙譲語の表現としては
「お願いをいたします」「お願いをさせていただきます」が適切です。

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なので...続きを読む

Q旧仮名遣い

旧仮名遣いで文章を書こうと思っています。
「どうなさっていらしたの」という女性の言葉を旧仮名遣いで書くとどうなるんでしょう?
「どうなさつていらしたの」か「どうなさつてゐらしたの」か迷っています。

Aベストアンサー

「いらしてください」は「来る」の尊敬語で、「どうなさっていらしたの」の「いる」は「居る」の尊敬語。
旧カナで、前者なら「いる」を用い、後者なら「ゐる」となるということではないでしょうか。

Q敬語の語源や由来、間違った使い方などを教えてください。

社会人になって改めて敬語の難しさを思い知ったのですが、その反面敬語について色々と知りたくなりました。

「敬語」は言葉の通り、敬う時に使う言葉だと思うのですが、そもそもいつ頃から使われるように
なったのでしょうか。また、語源や由来などのエピソードをご存知の方教えてください。

そして、本当は間違っている使い方なのに、現代では正しい表現、使い方と定着してしまった敬語はありますか?

どんな情報でもいいのでよろしければ教えてください。

Aベストアンサー

歯医者さんの接客マナーのサイトに次の様な問いが載ってました。
 問 『どうぞ、お座りください。』は正しい表現方法でしょうか?

http://www.dentalsupport.co.jp/archives/08web/?s=top 接遇マナーセミナー008【敬語、間違いやすい敬語表現】

正解は『どうぞ、お掛けください。』だそうです。【お座り】は犬に命令する時につかう言葉の印象が強いため、人に対しては使えないそうです。
 その他には、【あちらで伺ってください。】【お申し出ください。】が載ってます。

 私個人としては、過去形で話されるのが気になります。喩えとして『○○さんのお母さんってお優しい方だったんですね』って『勝手に殺すするなって、まだ生きてるよ』って言いたくなります。

Q仮名文学の歴史的概要について

仮名文学の歴史、概要などを調べているのですが、
頭も資料も足りず全く理解できません。
どなたか詳しい方がいらっしゃったら教えて下さい!!
参考になる資料やHPがあったらそれも教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

まず、仮名ですが、カタカナは、男性が漢文を読む(学習する)ときのふり仮名に使うため、ひらがなは、主に女性が文章を書くため、平安中期頃に成立したということを踏まえて。

仮名文学のまず発端を切ったというべき作品が、
紀貫之の「土佐日記」でしょう。
紀貫之は、わざと女に扮して「土佐日記」を書いています。
これは、当時、ひらがなは男性が使うべきものではなく、女性が使うもの
という「常識」があったためで、紀貫之はあえて、その常識に挑戦をいどんだ
といえるでしょう。

「土佐日記」については、下記URLを見てください。

参考URL:http://www.ffortune.net/social/seso/nihon-heian/tosanikki.htm

Q敬語の使い方

あまりにも初歩的な質問で恥ずかしいのですが、
動詞に「ご-」「お-」をつけて敬語とする場合は、
相手の動作に対して使うべきでしょうか、
自分の動作に対して使うべきでしょうか?

例えば、
(1)Aさん、私に有能な弁護士をご紹介下さい。
(2)Aさん、私が有能な弁護士をご紹介します。

どちらが正しい敬語の使い方でしょうか?
(敬語の使い方を分りやすく紹介しているサイトが
ありましたら教えていただければ助かります。)

Aベストアンサー

>初歩的な質問
ではないと思います。
間違って使われている例が多いと思います。

「御」をつけるときを下記の通り分けることが出来ます。

【一】他人の行為に対して、尊敬の意をあらわす。
【二】自分の行為が他人に及ぶ場合、その他人を敬い、自分の行為をへりくだっていう。

(1)の場合、【一】に相当します。
(2)の場合、【二】に相当します。

なので、(1)も(2)も合っていると思います。

Q原稿用紙で読み仮名をつける

レポートや小説を原稿用紙に書く場合ですが、読み仮名はその漢字の横の細い線(?)の部分に書いていいのでしょうか?
それとも、その漢字を書いた後に括弧をつけて書いたがいいのでしょうか?(例えば 日本(にほん) という感じです)
すいませんが、どなたか回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ルビ(ふりがな)は漢字の右側につけます。
マスの外です。
その「細い線」は別名「ルビ罫」ともいいます。
ルビをそこに振るためです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報