AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

Canon EOS70Dを使用しています。
カメラ初心者のため、あまり詳しいことはわからないのですが、
室内撮影時などに、ブレを減らすためにISO感度を上げることでシャッタースピードを早めています。
このISO感度の値はどの程度まであげて(さげて?)も問題ないのでしょうか?

25600にすると、さすがにパソコンの画面で確認した際には荒く見える感じがします。
個々によって本人が満足する程度が変わってくると言われればそれまでなので、
皆さんはISO感度どのくらいまでなら許せるのか、教えていただけると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

70Dの高感度での画質ですが、撮影対象・鑑賞方法・見る人の感覚によって変わります。


個人的には、何も写らない、写せない、ブレて何が写ってるかわからないとなるくらいなら、とにかくISO感度は限界まで上げます。
ただ、画質を気にする場面ではまず、800次に1600で区切りこれより上は少しでも低く設定します。
1600くらいでは、PCで拡大したりA4程度なら問題ないと思います(これも個人的感想です)。

2L版程度までのプリントなら3200まで。

先日は6400のテストを兼ねて撮影してみました。
添付の写真は6400です。

仕事で使う時のことを考えて、オートISOでの上限は6400に設定しています。
明るい屋外から暗い室内まで撮影こなさなくてはならないので、この設定にしています。
それでも、屋外は状況に応じISO400前後、室内でストロボ使用しているとは言え1000~1600辺りになっています。

仕事撮影ではまだテストしただけなので、最終的に同セッティングするかはまだ決めていませんが。
「Canon EOS70DのISO感度につ」の回答画像7
    • good
    • 1

何度も失礼



誤)No3の回答は、EOS7D使用経験での回答です。
正)No3の回答は、EOS70D使用経験での回答です。

※EOS7Dから70Dでは、1段分高感度ノイズ耐性が向上していると感じています。
ISO1600ぐらいまでは、7Dも70Dも変わりませんが、7Dの方は、そこから感度を上げるとノイジーになるのが早いですが、70Dは、そこから先、結構粘ると思います。
    • good
    • 1

あ、書き忘れ。


No3の回答は、EOS7D使用経験での回答です。
EOS 5D Mark III とかになれば、話は違ってきます。
    • good
    • 2

ISO感度を上げたことによるノイズがどの辺りから目立ち始めるかは、機種によって異なります。


もちろん使う人の許容範囲でも異なります。
ですから使用者が「このカメラはこの辺まで」と判断した感度内で通常は賄うことになります。
状況に迫られて自分の基準より感度を上げるかどうかもその人次第です。
クオリティが下がっても撮れることを優先とするか、クオリティが下がるくらいなら潔くあきらめるか…
私は感度を上げれば撮れる確信があるなら、撮れることのほうを優先にします。

個人的なISO感度の許容範囲基準の考え方は、その機種の常用感度から1段下げたところでどうかというものです。
70Dは常用感度がISO12800(ISO25600は拡張感度)なので、私ならISO6400がどうだろうか、ということを考えます。
もちろん実験もします。
結果によって「ISO3200までで考えるか…」となるか、「ISO12800もいけるかも…」となるか、「ISO6400が正解だな…」となるか…こんな感じで決めていきます。

私の場合もう一つ“無問題感度”、つまり「ノイズで悔やむことはほぼないだろう」という上限を自分の中で決めています。
私のKiss X4で申しますと、許容感度はISO3200までですが“無問題感度”はISO800までという基準にしています。
ISO1600やISO3200を使う前に「何か別の手段が採れないだろうか…」と少し考えてみるように心がけて撮影しています。
    • good
    • 1

>皆さんはISO感度どのくらいまでなら許せるのか、教えていただけると嬉しいです。



私の場合、ISOオートは、低限100、上限12400に設定です。
ISOオートに設定しておくと、Tv優先では、絞り開放に達した後は、ISO追従自動露光。
Av優先では、ISOオート低速限界をオートに設定した場合、SS=1/(焦点距離×0.8)か1/25sを低限に、ISO追従自動露光になります。

実用ISO感度の上限は、それこそ人それぞれだと思います。
私の場合、ちょっと厳し過ぎるかとは思いますが、JPEG・ノイズ低減「標準」・四つ切Wプリント前提で、ISO3200。
RWAはDPP現像前提で2000辺りでしょうか。(DPPの高解像度現像を犠牲にしない為)

とは言え、ノイジーになっても必要と有らば、手振れ被写体ブレで撮れないより撮れる方がマシですから、構わずISO感度は上げます。
そう言う意味でも、ISOオートは、非常に便利な機能だと思います。

ちなみに、夜景などは、可能な限り三脚使用の低ISOで、スローシャッターを基本としています。
    • good
    • 1

> 25600にすると、さすがにパソコンの画面で確認した際には荒く見える感じがします



星空を撮影するにもそこまで上げませんよ。(笑)
まっ、星空と動く被写体とでは条件は違いますが、室内撮影の場合は上げても1600ぐらいまでですね。
場合によっては3200まで上げる事もありましたが。
今のレンズは手ブレ補正が付いていますが、それでも大きくブレると言う事はホールディングが甘いのでしょう。
だから体がブレてそのブレがカメラに伝わったときに更に大きくブレてしまう。
室内撮影ならストロボを考えてみたなら如何ですか?
ストロボ不可ならば、補助としてモノポッドを使ってホールディングを安定させた方が良いかも知れませんね。
ところで25600まで上げるってレンズの明るさはどのぐらいでシャッタースピードは何処まで速くしていますか?
    • good
    • 0

ニコンD7000使用です


400までなら躊躇わずに上げます。
それ以上は抵抗があります。

因みに
こんなアンケートがありますよ
http://blog.with2.net/vote/v/?m=va&id=106189&bm=
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキャノン Lレンズと通常のレンズの違い・・・

キャノンの『EF24~70 F2,8L USM』と『EF-S17~55 F2,8 IS USM』どちらも同じF2、8ですが例えばこのLレンズとEFSレンズを50mmに合わせ、全く同じ構図で写真を撮ったら明らかな写りの違いみたいな物は感じられますか?
それとも、私はキャノン30Dを使っているのですが、その程度のカメラでは違いは分からないとか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『EF24~70 F2,8L USM』と『EF-S17~55 F2,8 IS USM』
とでは、おそらく普通に使う分にはほぼ違いはわからないでしょうね。
ただ、色収差とか画角の四隅周辺には違いがあるはずです。
拡大して大きな画像で見れば違いがわかるかもしれません。
しかし、これもf8かf13くらいまで絞り込めば同じ条件で写せば、それもわからなくなるほど
差は小さくなるといわれています。
レンズの絞りが開放値で撮影するときように、クリエイティブな領域になってくると
画質の違いがわかってくることも多いかと思います。
画質以外では、操作性(AFの焦点速度など)がよいとか、機械の信頼性が高いとか
そういうことになると思います。

また、『EF24~70 F2,8L USM』はプロが標準で選択すると言われるレンズです。
明らかに『EF-S17~55 F2,8 IS USM』とは位置づけも価格も大きく違います。
プロが撮影するものは、大きく伸ばしたりプリントしたり、雑誌の見開き一面や
ポスターなどで大きく印刷されることを前提にしている部分もありますので
それに耐えうるだけの性能と描写力を持っているということがいえると思います。

『EF24~70 F2,8L USM』と『EF-S17~55 F2,8 IS USM』
とでは、おそらく普通に使う分にはほぼ違いはわからないでしょうね。
ただ、色収差とか画角の四隅周辺には違いがあるはずです。
拡大して大きな画像で見れば違いがわかるかもしれません。
しかし、これもf8かf13くらいまで絞り込めば同じ条件で写せば、それもわからなくなるほど
差は小さくなるといわれています。
レンズの絞りが開放値で撮影するときように、クリエイティブな領域になってくると
画質の違いがわかってくることも多い...続きを読む

Q測光方式はどう使い分ければ?

キャノンイオスKissデジタルXを使っています。測光方式が三つありますが、どう使い分ければいいでしょうか。

Aベストアンサー

測光方式の違いは、ファインダー内で測光するエリアが違うだけです。評価測光ではフレーム全体の平均から算出された露出になりますし、中央部重点では中央の被写体が適正露出になるように、またスポット測光(部分測光)ではより狭く周りがどんなに明るかったり暗かったりしても、中央にあるもののみで露出が決定されます。それぞれ長所と短所があります。

評価測光は全体的に無難な露出になりますが、やはり限界があります。暗いものや黒いものを画面いっぱいに撮影する場合、暗すぎると破断して勝手に露光量を多くして明るい写真にしてしまいます。画面が明るいときや白いものを撮影するときはその逆で暗くなります。逆光で人物などが真っ黒になるのは、周りの光に影響されてカメラが明るすぎると判断するからです。(ちゃんとプラスに露出補正するクセなどをつければ、逆光のほうがいい写真撮れる事も多いです)

スポット測光(部分測光)は中央以外の明るさに影響されませんから、厳密に露出を決めたいときに重宝します。例えばスポット測光をで人物を測光した場合、被写体の背景が真っ暗だろうと逆光だろうと、測光した被写体が適正露出になります。風景などでも、全体の明るさに影響されずにある一部分を厳密に測光したいことが多いので多用されます。
真ん中に人物がいる場合などは逆光でも露出補正せずとも被写体が真っ黒になったりはしません。しかし基準にしたい被写体がフレームの中央にいるとは限りませんから、まず基準となる部分を測光し、AEロックしてからフレーミングを決めてシャッターを切るというプロセスが必要です。
また、黒い服を着ている人を測光するか白い服を着ている人を測光するか、あるいはアップで、測光する場所が頬か唇か、瞳かでまったく露出がかわります。
頬を測光するのが一般的ですが、それだけでは色白な人でも色黒な人でも、出来上がる写真は同じ肌の明るさになってしまいますから、当然撮る人が表現したい明るさに露出補正して撮影します。

最後に中央部重点測光ですが、これは中途半端でどう使えばいいのかわかりません。昔のカメラは全て中央部重点測光しかありませんでしたので、その方式になれている人も多いので、その配慮で残してあるモードだと思います。

とりあえずなにも考えなくても無難に写るのが評価測光です。特にデジタルの場合はヒストグラムに収まるというのが一番大切で、ヒストグラムに収まってさえいれば撮影後にどうにでも調整可能なので評価測光が楽でしょう。
単に無難な明るさでは満足できず、被写体によってしっかり露出を決めたい場合はスポット測光と露出補正で練習するのもいいと思います。慣れてしまえば、評価測光よりも仕上がりが確実に予想できるようになります。
どの測光方式で撮るにしてもカメラの個性を把握して、その都度露出補正が必要かどうか考えるクセをつけましょう。

測光方式の違いは、ファインダー内で測光するエリアが違うだけです。評価測光ではフレーム全体の平均から算出された露出になりますし、中央部重点では中央の被写体が適正露出になるように、またスポット測光(部分測光)ではより狭く周りがどんなに明るかったり暗かったりしても、中央にあるもののみで露出が決定されます。それぞれ長所と短所があります。

評価測光は全体的に無難な露出になりますが、やはり限界があります。暗いものや黒いものを画面いっぱいに撮影する場合、暗すぎると破断して勝手に露光量...続きを読む

QNikonの肌色再現はそんなにも酷いのですか?

質問失礼します。
以下のまとめサイトを見ていてこれはステマなんじゃ?と思ったのですが、(最終的にキャノンの宣伝だし)Nikonの肌色再現は本当にこんなにもひどいものですか?http://matome.naver.jp/m/odai/2137490225443752601

レンズや設定は同じもので撮り比べていないし、これはあまりにも酷く感じたのですが...

Nikonでもポートレートを撮られている写真家さんなどはいませんでしょうか?

Aベストアンサー

カメラマンというほどプロの仕事をしているわけではありませんが、趣味の延長と言う感じや、必要に迫られてという感じで写真をよく撮ることがあります。

使っているのはNikonです。たまにCanonも使います。

使ってみての、個人的な感想としては、
Nikonは「うんうん、ちゃんと撮れた(色が忠実)」
Canonは「思ったよりもきれいに撮れた(色補正されてるな)」
・・・という感じ。


質問者さまの挙げられたリンクの内容も、よくよく読んでみると、色の再現性が実物に忠実なNikonに対し、肌色の補正がかなり入るCanon、ということですね。
実物より肌が綺麗に写るCanonの方が、撮られた人の側にしてみれば嬉しいのかもしれません。
ただ、それは「忠実に再現された色」というわけではないので、綺麗に撮れることを良し、とするか、忠実であることを良し、とするか、どちらが良いかは個人差あるでしょう。

まあ、例えば、人物を(実物以上に)より綺麗に撮りたいのであればCanon。
これは、広告やファッションなどの現場でのモデル撮影に向いているってことかもしれません。
Nikonの場合は、実物に対して忠実な再現力が高いと言うことなので、Nikonの場合はよりナチュラルで素朴な印象のポートレートになるかもしれません。
言い換えれば、Nikonはかなり、良くも悪くも「素人っぽく」見えるポートレート、Canonは良くも悪くもプロのカメラマンが撮ったみたいな「小綺麗に」見えるポートレート。
さらにもっと下衆っぽく例えると、Nikonは忠実な証明写真機、Canonは超高性能な画像補正が自動で行われるプリクラ、という感じ。

このNikonとCanonの違いは、どちらが優れているか、ということではなく、そもそも両社のカメラに対してユーザーが求めているものが異なるので、同じ土俵にあるようでいて、実はまったく同じ土俵では比べられないでしょうね。
ですので、Canonのような一見してナチュラルに見えるが実は高度に肌色を補正されている印象を好む写真家もいれば、画像補正を嫌う、または自分の手ですべて補正を行いたいからカメラは忠実な再現力があれば良い、と考える写真家はNikonを好む・・・という感じのように、撮りたい対象に合わせて、また撮りたい雰囲気(要するにカメラマンにおける「作風」)によって、異なるのです。

Nikonは、再現性を追い求め可能な限り現実に近づこうと苦心していますが、Canonは、現実とは異なったとしても人の目が見る理想を具現化しようと苦心しているのです。
Nikonの映す現実も、Canonの映す理想も、しかしどちらも、実際の現実とは異なり、写真は必ず嘘をつきます。

カメラマンというほどプロの仕事をしているわけではありませんが、趣味の延長と言う感じや、必要に迫られてという感じで写真をよく撮ることがあります。

使っているのはNikonです。たまにCanonも使います。

使ってみての、個人的な感想としては、
Nikonは「うんうん、ちゃんと撮れた(色が忠実)」
Canonは「思ったよりもきれいに撮れた(色補正されてるな)」
・・・という感じ。


質問者さまの挙げられたリンクの内容も、よくよく読んでみると、色の再現性が実物に忠実なNikonに対し、肌色の補正がかなり入る...続きを読む

Qピントをシャープにしたい

キャノンEOS kiss Digitalを使って撮影していますが、
どうもピントがあまい感じです。もっとシャープに撮りたいと思って、色々と、絞りや、シャッタースピードを変えたりして見ても、他の人の写真と比べると、ピントに差がついて残念な気持ちです。
高価なレンズに変えたら、シャープな映像が撮れるのでしょうか?

Aベストアンサー

ピントをシャープにってことですが 他の皆さんのかかれた方法でも駄目な場合

まず RAWにて撮影してみてください。(それで現像すれば画素数的には最大に勝手になります。)
そして、DPPのソフトで (でも、できればキャノンさんのHPで最新版にバージョンUPしてから) 現像してみましょう。 そこにシャープを どれくらいかけるっていう 操作があります。そこを真中から 最大の間くらいでいじってみてください。 すこしは 違う画像になったと 思います。

RAWで撮影といいましたが JPGでもカメラ側の操作でシャープをいれれます。 そうすることによって シャープに写るかもしません。

しかし gg3さんがそういう操作 カメラを撮影する操作等かなり出来ているようであれば カメラとレンズのピントの合うとこがずれている可能性もあります。
また いいレンズに変えるとよりよくなる可能性もありますし、フィルターをつけているようでしたら はずしても すこしは変わるかもしれません。
あ、シャープに ってのは 写真にしてですか?それとも モニター上で? 写真にしてだったら 出力は何? 写真屋さんのプリントにすると またかわった感じで 出力されるかもしれませんよ。

高価なレンズもいいのですが、短焦点の 50mm(kissはX1.6ぐらいになるので 実質80mm相当)とかも安くて いい描写してくれて面白いですよ。

最後に一眼デジタルは いままで写真屋がしていた 色を作る、画質を作る、そういった作業を 一般の皆さんがすることになります。フイルム時代に比べ いろいろ出来るが それもお客さんがやらなくては いけません 大変でしょうが がんばってくださいね。

ピントをシャープにってことですが 他の皆さんのかかれた方法でも駄目な場合

まず RAWにて撮影してみてください。(それで現像すれば画素数的には最大に勝手になります。)
そして、DPPのソフトで (でも、できればキャノンさんのHPで最新版にバージョンUPしてから) 現像してみましょう。 そこにシャープを どれくらいかけるっていう 操作があります。そこを真中から 最大の間くらいでいじってみてください。 すこしは 違う画像になったと 思います。

RAWで撮影といいましたが JPGでもカメラ...続きを読む

Q手振れ補正、レンズ側とボディ側どっちが良い?

キャノン製デジカメ愛用者です。

 昨今のデジイチの手振れ補正はキヤノン、ニコンはレンズに、ペンタックス、ソニーは本体についていますが、実のところこれはどちらが良いのでしょうか?
また高級レンズ(ボディ)ほど補正効果は高いのでしょうか?

 補正効果、信頼性、使い勝手が同じならレンズを多くそろえると高くついてしまうキヤノン、ニコンはNGとなり、
早めにボディ側手振れ補正のメーカーに乗り換えたくなります。

少なくとも私は以下の点が気になります。
レンズ側:1、本来あるべき光軸が若干だがずれる。
      2、多くのレンズにIS(VR)をつけると価格がべらぼうに高くなる。
ボディ側:1、重いCCDを動かすことは慣性質量が高く動きの早い手振れには追従が難しい。つまり補正効果は低い。
      2、ファインダーではぶれ補正加減が見えないので、効果が低い。

詳しくご存知の方にそれぞれの長所短所を詳しく教えていただきたいのですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ボディ内手ブレ補正の長所
 ・レンズ毎に補正光学系が不要のため、システムとして安価である
 ・光学系が不要のため一般に小型・軽量化しやすい
 ・光学系による画質劣化がない

レンズ内手ブレ補正の長所
 ・レンズ毎に適切な補正光学系を内蔵出来る
 ・ファインダーで手ブレ補正状態を確認でき、それに伴いAFも安定する

短所はお互いに逆になります。
Genzaburoさんのご理解で概ね宜しいのではないでしょうか。

特に重要なのは、ボディ内手ブレ補正は、ブレが大きく高速な追従を必要とする望遠ほど補正効果が
弱くなります。また本体内にブレ検出ジャイロを搭載するため、大きなレンズほど理想的な重心位置
からズレが生じるためブレ検出精度の面で不利に働きます。

一方、レンズ内手ブレ補正はレンズ内スペースの問題から広角レンズほど補正光学系を搭載しにくい
特性があります。
望遠に関してはレンズ内の理想的な重心位置にジャイロを搭載でき、偏芯敏感係数の高い部分に
補正光学系を搭載出来るため、動作量は意外に小さいんだそうです。

つまりボディ内手ブレ補正は広角に強く、レンズ内手ブレ補正は望遠に強いんです。
一般に望遠ほど手ブレ補正を要求されますから、そう言う意味ではボディ内手ブレ補正は逆の
特性となり、レンズ内手ブレ補正の方が圧倒的に有利となります。

原理的にはレンズ内手ブレ補正機の方が有利なのですが、大きさ・重さ、特にコストダウンが急務です。
どの程度コストダウン出来るかが、レンズ内手ブレ補正機の運命を握っているといって良いでしょう。

レンズ内に搭載する手ブレ補正ユニットの価格が無視出来るほど安価になれば、レンズ内手ブレ補正
の方が有利になるかと思います。

ただ理想は両方を搭載し、適材適所に使用することかもしれません。
以下のBBSのスレも参考になるかもしれません。
# http://www.nikon-d-slr.net/cgi-bin/forum/wforum.cgi?list=tree&no=22922&pastlog=0046&act=past&mode=allread

ボディ内手ブレ補正の長所
 ・レンズ毎に補正光学系が不要のため、システムとして安価である
 ・光学系が不要のため一般に小型・軽量化しやすい
 ・光学系による画質劣化がない

レンズ内手ブレ補正の長所
 ・レンズ毎に適切な補正光学系を内蔵出来る
 ・ファインダーで手ブレ補正状態を確認でき、それに伴いAFも安定する

短所はお互いに逆になります。
Genzaburoさんのご理解で概ね宜しいのではないでしょうか。

特に重要なのは、ボディ内手ブレ補正は、ブレが大きく高速な追従を必要とする...続きを読む

Q街で普通にデジタル一眼レフを持ち歩くことについてどう思いますか?

デジタル一眼レフがとても欲しいのですが、どうもあの重いカメラを持ち歩くことに抵抗があります。カメラ雑誌とかkakaku.comの掲示板とかを読むと、「絶対コンデジよりデジ一の方がいい写真が撮れる!!」という論調ですし、そう言われると欲しくなるのが人情なのですが、実際普通の街でデジ一を持ち歩いている人を見かけると何かマニアっぽい感じがしてイヤなのです。

特に自分が女性であることもあり、「女でデジ一って…」っていう目で見られたらどうしようとか思います。今はコンパクトデジカメで、持ち歩きのときはバッグに入れておき、撮るときだけ取り出して「カシャッ」とできますが、ただでさえ荷物が多い方なので、デジ一なんて買った日には荷物がどれだけ重くなるのかと…。

でも、どうせ買うなら旅行のときとかだけじゃなくて近所の公園とかでも活用したいです。こういう場合ってコンデジのままで行くのがいいか、人目なんか気にせずに買っちゃって持ち歩くのがいいかご意見いただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

再度のアドバイス ANO.2です。
お礼文などを読ませて頂きました、露出補正を掛け測光方式まで変更
 しながらの撮影・・・。
良く勉強されています、技術的には十分過ぎる程で一眼レフを使われて
 何にも問題はないでしょう。
技量に合った持ち物を使うと言う事に、えらく気にしてらっしゃいます
 が、世間はそんな事は殆んどの人は気にしません、ポルシェやフェ
 ラーリに乗ってる人が皆、卓越したテクニックを持っているでしょう
 か??ですね。
大多数の、その様な方達がいらっしゃるから私達は安価にカメラや諸々
 の製品を享受出来るので、ありがたい事と思います。
あと、そこまでのデジ一への思い入れが、おありなのですから一度
 お買いになって所有して使って見て下さい、合わなければ辞めれば
 良いのです、別に何処からも苦情が来たりはしませんから安心して
 下さい。

Q単焦点レンズ F1.2って、どんな撮影や被写体に使うものなんですか?

単焦点レンズについて勉強中で、自分では30mmか50mm辺りのF1.4を購入したいのですが、ふと、難しいと言われてるF1.2の撮影ってどんな時に性能を発揮するのかな?と素朴な疑問です。

昔、CanonのEF50mmF1.2L USM のサンプル写真を見た時、赤ちゃんの肌が、とても綺麗で・・・・まあ、熟練のプロがライティング機材を揃えて最高の状態で撮ってる・・・・何て言われてしまうと身も蓋も無い回答だと思うのですが、撮影初心者の私には、書物や、先輩からの解説が全て。
触った事も、覗いた事も有りません。
と言う前に、Nikonユーザーです。
Nikonの単焦点にも、F1.2有りますが、明るいレンズに勝るもの無しと教えて貰っていたので、気に成ります。

F1.2ってどんな撮影に威力を発揮するんですか?

Aベストアンサー

No.4のyamameです

他の質問で単焦点の購入について問い合わせしていたので
翁心(老婆心と書くと差別用語になるし・・・男ですが翁の歳ではありませんよw)ながらネガティブコメントを書いてしまいました
他の方もネガティブな内容ばかりなでのポジティブな内容を少し書きましょう

>F1.2なんて、私如き素人が手にする物では無いと思いつつ、つい、好奇心が。
プロなら増感現像や覆い焼きなどの救済措置を持っているけれど、特に昔のアマの場合は、フィルム感度かレンズ位しか選択肢が無いのでどちらかと言うとアマ向けのレンズと言えるかも知れません。

舞台撮影にF1.2は、有り難いですね。当然演者が動いている時は、写すのは困難なので動きの間を撮る訳ですが、人間て止まっているようで結構動いているのでシャッター速度一段だけでも落としたくなります。
また、動き始めたら全てがパーですから極僅かな時間短縮が成否を決めたりします。こんな時に威力を発揮しますよ。

でも、今のデジなら高感度撮影が可能なのでもう過去の話でしょうかね・・・
それに最近は、撮影禁止が多い様なので主催者からの要望が無い限り55mmによる近距離撮影なんて困難なのであまり現実的な被写体ではないかもしれません。

P.S. 昔は、クリスマスにクリスチャンからシュトーレンを戴いて食べていました。良く焼いたシュトーレンは、日持ちするのでクリスマスに半分、年明けに半分頂いておりました。最近は、売ってるんですね。

No.4のyamameです

他の質問で単焦点の購入について問い合わせしていたので
翁心(老婆心と書くと差別用語になるし・・・男ですが翁の歳ではありませんよw)ながらネガティブコメントを書いてしまいました
他の方もネガティブな内容ばかりなでのポジティブな内容を少し書きましょう

>F1.2なんて、私如き素人が手にする物では無いと思いつつ、つい、好奇心が。
プロなら増感現像や覆い焼きなどの救済措置を持っているけれど、特に昔のアマの場合は、フィルム感度かレンズ位しか選択肢が無いのでどちらか...続きを読む

QMFでピントが合わせられない

AFまかせにすると自分の好きなところにピントが合わせられないのでMFを使います。
でもファインダーを覗いてピントを合わせようとしてよく見えず撮ってみても若干ピント合っていません。
ライブビューで拡大してピントを合わせればちゃんとピントが合うのですが、、、、
私の視力は眼鏡で1.5あるので視力が悪いわけではありません。
MFを使っててもパシパシ写真を撮る人はどのようにしてファインダー内のピントを決めているのでしょうか?

Aベストアンサー

No.18です。
お礼の方を読ませて頂きました。

AFがMFの補助というのは、ニコンが初期のAF一眼レフで掲げたコンセプトです。
双方に長所と短所がありますので、それを補いながら使用するのが良いのですが、
近代ではAFが進化し、現実的にはAFが主体という場面が多くなっています。

そのため、撮影対象やその撮影スタイルにもよりますが、MFが補助的な使用も少なく
ありません。報道やスポーツではAFが主流ですものね。

単純に「腕の差」と思いこまず、機材と技術の双方からの合わせ込みを考えていく
方が効率が良いでしょう。また、機材に対する適切な知識も腕のひとつと言えるかも
しれません。

大元のご質問はピントの合わせ方というプリミティブな要素です。
前回紹介させて頂いた"Ef-S"スクリーンは明るいレンズで非常にピント山が掴みやすく
なります。有名なEOSデジタルの掲示板管理人によるレビューを紹介させてください。
# http://www.eos-d-slr.net/contents_new/13.html

静的ピント合わせと動的ピント合わせについて説明させて頂きましたが、後に練習
などされたでしょうか。練習中に両者で歩留まりの違いや広角と望遠で感触が大きく
異なることなどに気付かれたと思います。

こうした感触の違いというのは言葉で表現しにくいせいか、ネット上ではあまり書か
れていないようです。実践や練習で得る知識というのもありますので、頭でっかちに
ならないようぜひ色々とトライしてみてください。

No.18です。
お礼の方を読ませて頂きました。

AFがMFの補助というのは、ニコンが初期のAF一眼レフで掲げたコンセプトです。
双方に長所と短所がありますので、それを補いながら使用するのが良いのですが、
近代ではAFが進化し、現実的にはAFが主体という場面が多くなっています。

そのため、撮影対象やその撮影スタイルにもよりますが、MFが補助的な使用も少なく
ありません。報道やスポーツではAFが主流ですものね。

単純に「腕の差」と思いこまず、機材と技術の双方からの合わせ込みを考えていく
...続きを読む

Qノイズリダクションについて質問します。

ノイズリダクションについて質問します。
オンオフの設定がカメラにありますが、何の為にあるのでしょうか?
素人考えではノイズはない方がいいと思うのですが、オフにするメリットはあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ノイズリダクションには、長時間ノイズに対するものと高感度ノイズに対する物があります。
長時間ノイズとはカメラの機種やメーカーにより異なることがありますが、だいたい1秒を超えるシャッターを切った時点で発生するノイズ(特に夜景や星空などを撮影した時)を軽減するためにあります。
この場合、シャッターを切ったのと同じ時間かけてカメラがノイズの発生位置を確認し処理するので時間がかかり、終了するまで次のシャッターが切れなくなります。
また、夜景のごく小さな灯りや星空の小さな星がノイズと判断され消されることもあるようです。
そのため、すぐに次のシャッターを切りたい場合や小さな灯りや星を確実にとらえたい場合等はノイズリダクションをOFFにします。

高感度ノイズリダクションについては、撮像センサーで受けた信号を映像エンジンでデジタル信号へ変換する時に、信号を増幅する際一緒に増幅されてしまったノイズに対し働く物ですが、このノイズを軽減しようとすると、元の情報に対しても処理がかかってしまい、輪郭などが汚くなったり、少しぼやけたようなすっきりしない画像になることがありますので、多少のノイズより被写体のディテールを優先する場合等はOFFにします。

ノイズリダクションには、長時間ノイズに対するものと高感度ノイズに対する物があります。
長時間ノイズとはカメラの機種やメーカーにより異なることがありますが、だいたい1秒を超えるシャッターを切った時点で発生するノイズ(特に夜景や星空などを撮影した時)を軽減するためにあります。
この場合、シャッターを切ったのと同じ時間かけてカメラがノイズの発生位置を確認し処理するので時間がかかり、終了するまで次のシャッターが切れなくなります。
また、夜景のごく小さな灯りや星空の小さな星がノイズと判...続きを読む

Q外れのLレンズってありますか?

EOS40Dを入手しました。このクラスならLレンズも価値があるような・・・

そこで質問です。

買ってはいけないLレンズがあればお教えください。

また、こんな中古レンズに手を出すな!があればそれもお願いします

Aベストアンサー

Lレンズを買うのなら

色々なネット店も含めて発売時期を見て買いましょう。

他の方の正式型番は分かりませんが
EF100~400mmISレンズは新製品が発表されたら、新しい方が良いに決まってます。

EF24~70mmと新型EF24~70mmIIなら新しい方が良いに決まってます。
 
EF70-200mm IS F2.8
EF70-200mmII IS F2.8
この2本を比べても
何が違うのか?と言われたら写真だけでは分かりませんが・・・
ファインダーをのぞいた時の見やすさや
写真をパソコンで拡大した時のピントがピッタリ合っていると人のまゆ毛一本一本が鮮明に出ていたりしてます。

レンズの場合
約10年周期なので
新製品発売から1~2年後までの製品なら外れもありませんし、次の新製品発売後の下取りも前の製品の方が期待が出来ます。


人気Q&Aランキング