出産前後の痔にはご注意!

アナログのビンテージ物のFMチューナーの修理を受けていただける方を
探しています。
メーカーに修理をお願いしましたが、部品が無いということで修理が出来ませんでした。
また独断で改造などされても嫌なのでちゃんとしたところを探しています。


お勧めのお店を知っていらしゃる方、おられませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

L1 L30-0375-05 C16 4700PFをパラ接続


L30はIFTの部品番号のようですね、コンデンサーが内蔵されていても回路表記が無いかもしれませんが
コイルのみなら線の接触不良が考えられますね。メーカが部品メーカーに指定して作っていると思いますよ。
昔は、内職でコイルを巻いているかもしれないので?

CTVなどでは最初各社ばらばらの回路図での部品の番号を打っていたのですがわかりづらいので色回路は500番台とか共通してつけられるようになりました。オーディオでも各社共通の回路の番号を付けたかは不明です。注文時のパーツナンバーとは違い回路図での番号です。

ttp://nice.kaze.com/l-03t.html
KENWOOD L-03T をゲット!
ttp://nice.kaze.com/av.html
AV機器
最初のヒットが03だったので03で書いていますが詳しく書いていらっしゃるので不明な点はたずねてみるのが良いのでは
調整機器はリースバックの校正済み品をしようされているようです。
このサイトが一番参考になるのでは。
コンポ全盛期をビンテージと言われると寂しい感じですがそう言われてもしょうがない年代、時代になってしまいましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます

英語のサービスマニュアルの
指定調整器には

(1)オシロスコープ
(2)FM信号発生器
(3)Audio generater
(4)交流電源
(5)FM multiples generatar
(6)フリーケンシーカウンター
(7)直流電圧計
(8)Distrortion meter

が要ると書いてありますが
時代の変化もありますし、代用できるものも
あるかもしれません、ね
取り敢えず絶対に必要なオシロスコープ
だけは考えておきたいのですが
難しいですね。実はテクトロニクスの営業

話しまして各チャンネルのアイソレーションを
取れるタイプを勧められたばかりです。
(高いですが、安心ですよね)


メーカーが内職で巻いてるコイルが多いと

修理を受けていただくのは難しそうですね
今のところ 当ってみた会社は全滅です


「KENWOOD L-03Tをゲット」の記事を
書かれている方のページを読み直して
みます。
L-02Tとマニュアルなどをよく比較して
それでも判らなかったら
少し教えていただけないか尋ねてみようと思います。


JVCケンウッドさんですが
ビクターさんにしろ
kennwoodさんにしろ
合わせた時に高級オーディオ部門を
1つだけでも残しておけばよかったのに
全く作っていないのでは
もしも いい時代が戻っても
復旧は難しいでしょうね
(人は城ですから)

本当にさみしい時代ですね

お礼日時:2014/05/19 11:11

サイトにL-02TもありますよL-02TProは書いてないようですが?


TOPの方から全部見てあげてくださいかなりの資料の量ですが。
自分の欲しいところだけ話題にしても話がかみ合わないかも知れないでしょうし。
調整機器も校正無いと格安でヤフオクなどで購入可能かもしれませんが
中古でも20万円だとメーカーサービスでも拠点にしか置いていないかも
または工場のみとか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

サイトの方、機器の手に入れ方から詳しく書かれてますね。

ヤオフクで動作しないオシロスコープを直してらっしたり
凄い方ですね



さて最近
同じ型 のチューナーをヤオフクでよく見るのは
メーカーが修理できないからでしょうね、

アキュフェーズさんが出しているFMチューナー
の売値がこのチューナーの定価ですので、5年の保障があるアキュフェーズさん
への乗り換えって安心を買うというのも?
考えてもいいのでは、と思い始めました。

僕の使っているもので、
自社および他社で修理、オーバーホールの見込み
がないのは今のところ
チューナーだけなので
{真空管アンプ(プリアンプ、パワーアンプ)、
カセットデッキ、
ヘッドホン
とほとんどのメーカーは対応してくれるので}
オシロスコープも本来は不用なのです

もう少し修理できる会社を探してみて
無かったら調整機材の購入と機種変更
(その前にアキュフェーズさんのチューナーの
音を聞いてきますが)

メリットデメリット併せて
再検討してみます


有難うございました

お礼日時:2014/05/22 23:17

ttp://radiokobo.web.fc2.com/siryou/sokuteiki/Q-160B.html


Q メーターの使い方
IFTの共振コンデンサー容量の測定方法

IFTのコンデンサーが不良になった場合、455KHzで共振するにはどの程度の容量が必要か測定したい場合があります。
まず不良のIFTのコンデンサーを取り除き、ケースに入れた状態でQメーターに接続します。
(10.7MHz)
___

「(何処かで手に入れる方法は御座いませんか)」
昔、ソニーでサービスマニュアルを貰う時に自己での修理実績が無いと貰えないような感じでしたので
自分で修理をする電気やさんを経由しての請求が基本でしょうね。
しかし、そのような電気やさんが残っているか?
___
ttp://kasugamusen.com/cat14/
マーカージェネレーター
__
スイープジェネレーター
ttp://homepage3.nifty.com/act-ele/toukou/sg038/sweepgen1.htm
10.7MHz用IFT二つを小容量コンデンサでスタガ結合(復同調)】した特性を見てみました。

昔だとソニーテクトロや岩崎シンクロースコープ トリオのポータブルなどでしたが現在は液晶でストレージタイプがあります。
測定器は
自作キットでも簡単にできるものもあるようです。プログラムできるマイコンチップが出てきてから大幅に変わってきているようにも思います。
まず、最初に製品の詳細を載せた「HP」ウエブサイトを作れば困っている人や同士の意見が集約できるのでは?それ以降機材などを揃えてもよいように思います。
いまはICで基本動作も違うでしょうからそこから調べないといけないでしょうが測定機材は新しいものがよいと。

ttp://akizukidenshi.com/catalog/c/coscillo/
秋月電子 オシロスコープ
信越時代は家族総出で安く売っていた感じがあります。
現在はネットで安く売っているところも他に多くあります。

テクトロニクスの100MHz 2ch の安いの1台と(デジタルだと昔の拡大掃引と違うようで)
信号発生器
フリーケンシーカウンター(オシロで表示してくれる?)
LCRメーター(テスター分類でもある程度は)
    • good
    • 1

今はブロック修理(ブラックボックス)が主流ですから早めに保守調整してくれる店(技術者)を見つけておかないと100%の機能発揮は無理になっていくかもしれません。



サービスマニュアルがあれば調整法などが細かく書いてあるし、調整用の機器も昔に比べ入手し易くなっていると思うので。

部品番号は廃番になったり変更になったりしていきますが、統合されるようなメーカーでは修理関連費用を極力減らしているでしょう。(日本メーカーの悪循環)

超高級機では修理費も一桁違う 中古販売価格≒修理費 ぐらいのつもりがよいかも。

車を買う時に5000円ぐらい出してサービスマニュアル買いましたが
高級機種をワンオーナーで持っているつもりだと最初にサービスマニュアルを入手するべきだったのでしょうね?
「FMチューナーの修理を請け負っている方知」の回答画像5
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お察しのとうりの装置です。

正規の日本語のサービスマニュアルと
回路図が欲しいのですが
見つかりません(何処かで手に入れる方法は御座いませんか)

悪循環は本当に そのとうりと思います。
オーディオが売れなくなるからって
先にその部門を縮小して
人を減らしちゃったら
出来る人が先にいなくなって
再生不能ですよね。

噂では、ビクターはMCカートリッジのラインを
再度 立ち上げしたそうですが、
既に人材がおらず、歩留まりが悪くって諦めたとか
聞いています。



機材ですが修理するのに必要なオシロなどを使う仕事を
しているわけではないので
修理機材を購入するかどうか悩み中です
(回路設計をしていた時はあるので、適切な
測定器とサービスマニュアルが修理は出来ると思います)

テクトロニクスの100MHz 2ch の安いの1台と
信号発生器
フリーケンシーカウンター
LCRメーター
は 要りますよね?
(あと何かこれがあったらいいという機材が
有ったら教えていただけますか?)

プレーヤーのオーバーホールも追々
考えなくちゃならないので
この際 測定器の購入もいいかもしれません
悩みどころです

有難うございました

お礼日時:2014/05/17 12:43

トリオ製品?


中古製品販売しているところに出してもかなりの金額かかりそうですね。

オリジナルに戻すような修理を前提に出すとメーカー修理は無理なのでしょうね。
性能が出ていれば代替部品でかまわないとかだと違ったかもしれないですが。
トリオで、ず~と修理工場なら良いですがビクターが入って変わってきていると無理な部分も増えているのかも?
サービスマンが個人として在庫しているものがあったかも?

回路図など入手が出来るようならお願いしておいた方が
メーカー外の修理でも回路図などあった方が。
調整順番などもありますから。

昔のものだと調整箇所が多いので料金は高くなると。(本来の性能を出すには、部品替えだけで済まない、オーバーホールと同等の費用が必要の高級機種?)

取説も取れるものはネットで取っておいた方がよいですよ。

アンテナ設置も機能を最大限にするにはオシロが必要のようですね。

型番入れると基板なども見られるのでは
ICなどのデーターシートに回路が載っている場合も
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです、トリオ製品です。

オリジナルに戻すどころか
昔は 自社で用意できなかった部品を此方が支給すれば使って直してくれたようですが
今は、会社で管理している部品しか修理に使えないそうです。

明らかに外形上から見て悪いICなどもあり、
此方で部品は用意したんですが、
ほっぽかされています。


トリオ、ケンウッド時代は出していた回路図も
今は出せないとか 言われましたが
昔の雑誌に掲載された回路図が
あったのでその雑誌を借りてきました。

海外製品で少し内容が変わっていますがサービス・マニュアルも
手に入れました。

取説もちゃんとしまってあります。


有難うございます。



すみませんが
Parts No.のL30-0375-05などの部品が
何か調べ方を知っていらしゃいませんか?

お礼日時:2014/05/16 17:17

1980年代をビンテージ?


ttp://www2.ocn.ne.jp/~radio/coil.html
ラジオハウス
コンポステレオ全盛時代はコイル部分はセラミックフィルターなどが多く使用されていたかと
ttp://hp.vector.co.jp/authors/VA018843/IC70/IC-70.html
ICが使われた最初の頃の東芝ラジオ 1970年近辺
ttp://www.maroon.dti.ne.jp/satodenki/l.html
サトー電気
ttp://homepage1.nifty.com/x6/elecmake/parts/elecpart2.htm
トランジスタが主流であった時代のラジオではIFTは必須であったが最近のラジオはIC+セラミックフィルタで構成され、あまりIFTは使用されなくなた。
ttp://www.picfun.com/partcoil.html
中間周波トランス
右側底面のようにコンデンサーが入っていますが表面塗装がされていないので空気・環境劣化で銀面に錆など数値が変わります。
コイルの半田付け部分の腐食による断線などもあります。
AM455KHzFM10.7MHz

ttp://www.ne.jp/asahi/monkiti/momo/densi1/densi1-5.htm
東芝のIC TA7792Pを使用 ICはスーパーヘテロダイン(2段スーパー)

ttp://blogs.yahoo.co.jp/gaoxing20000/31338651.html?from=relatedCat
三洋のラジオチューニングシステムIC、LA1266

この回答への補足

ビンテージものとは、言わないかもしれませんね。
がアナログチューナーの最高傑作の1つです。

SN比モノフォニック98dB ステレオで88dB
重量12.4kg

補足日時:2014/05/14 00:01
    • good
    • 1

http://www.eonet.ne.jp/~audio/etc-2.htm

http://www.auduo-1.com/repair.html

この辺にご相談をしてみたら如何でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

テクニカルオーディオさんは
知りませんでした
有難うございます。

お礼日時:2014/05/13 22:08

ビンテージ物 真空管タイプでオリジナルに近い部品に交換だと古いラジオのストックや秋葉原のデッドストック部品が無ければ改造(新型部品)と言うかたちになるのでは。



中間周波トランスやコンデンサー ソリッド抵抗 などの不良もあるかも
真空管の再生?海外型番の使用など

製造後、10年過ぎればサービスマンも部品を処分するでしょうから何年前か。

この回答への補足

ビンテージものと言っても真空管のタイプではありません、(ですが製造80年代のものです)

IFTコイルなどのコイルの不良のようですが、色々と調べると
代用部品は、仕様がわかれば探せばいくらでもありそうなのなのですが
破損個所と仕様を教えてくれないので弱っています。

故障個所を教えてくれないんですよ

補足日時:2014/05/13 08:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

修理のためにオシロや周波数発生器などの測定器を買うわけにもいかず
{頭が理解できるかも不明ですが}
(有名なチューナーなので
結構、資料も手に入りましたが、流石にLまでは
詳細が判りません。)

色々と気になったので天板を外してみると
配線も裏側からもされているような配線なのにビックリ

ですが それでも半田づけの確認や状態を最低でも見るものと思いますか
基板の裏の埃もはらってなかったところを見ると
半田づけの状態すら確認もしてないのは明白
で呆れています。


故障個所を教えてくれれば、対応法があるかないかの判別もつくのですが
明示してくれないので判別すらつかないのです

(ナカミチやスタックスのように30年を超えて修理してくれるメーカーも
あるのに残念です。)


10年過ぎると税金がかかってきますから
処分をせざるをえない
そこから世の中オカシイのでしょうね

測定器をどうかして自分で直したほうが早いかもしれませんね。
有難うございました。

お礼日時:2014/05/13 23:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFM/AM 修理と調整を自分で出来ますか?

家に古いチューナーがあり、ネットで調べていたら"Vintage FM Synthesizer Tuners"さんとかで見ていて修理調整に興味が湧きました。

まったくの素人ですが、自分で修理調整出来るようになれればと思い質問しました。

FM/AM 標準信号発生器 など必要な物も未だ把握していませんが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

このご質問にはどう回答していいか2日ほど考えました。

まずチューナーの修理はアンプに比べてより専門的な知識が
要求されます。スーパーへテロダインの原理はもちろんのこと
シンセサイザー方式ならPLL(フェーズロックループと
言います)の理屈も知っていなければなりません。でないと
プリント基板上のこの部分はどのような働きをしているか、が
分からないからですね。この辺りのことを詳細に書いていれば
一冊の本ができてしまうし、あいにく私もそこまでは深く
理解しておりません(^^;

また原理を理解している人間でも実際のチューナー調整には
測定器が必要です。フタを開けると実に様々な調整箇所が
ありますよ。テスター一台あれば事が足る、などというもの
ではありません。ですのでそのチューナーが大切な物で
あるのなら、素直に修理に出した方が賢明です。

ただしメーカーからも修理を断られた、あとは粗大ゴミで
捨てるしかない! となれば話は別です。徹底的にいじって
みてもよろしいでしょう。「こうゆう造りになってるんだ」
ということを知っただけでも、単に捨てるより得る物が
あったはずだし、フタを開けたらたまたまコネクターの抜け
掛かった部品を発見して、差し直したら治ってしまった、
などというラッキーが、もしかしたらあるかもしれません。

とにかく自分でいじる場合はダメ元という気持ちが大切
ですね。でないと本当にダメだったとき立ち直れなく
なりますので。

このご質問にはどう回答していいか2日ほど考えました。

まずチューナーの修理はアンプに比べてより専門的な知識が
要求されます。スーパーへテロダインの原理はもちろんのこと
シンセサイザー方式ならPLL(フェーズロックループと
言います)の理屈も知っていなければなりません。でないと
プリント基板上のこの部分はどのような働きをしているか、が
分からないからですね。この辺りのことを詳細に書いていれば
一冊の本ができてしまうし、あいにく私もそこまでは深く
理解しておりません(^^;

また原理を理解...続きを読む

Q現在のFM放送環境で高級チューナー意味有りますか?

現在KENWOOD L-02Tの購入を検討していますが、
聞くところによると現在のFM放送のクオリティーが低く高級チューナーを使用しても
意味が無いと言う事を聞きました。
本当にそうなのでしょうかどなたかお教え願います。

Aベストアンサー

nimaibaと申します。
KENWOOD L-02Tって凄く懐かしいです。
かつて私がオーディオにハマッていた時期の最高級チューナーですもん。

現在のFM放送のクオリティの低下ですが、これは低下というよりもわざと音をいじっているのです。
FM放送が普及した現在、リスナーのほとんどがカーオーディオやポータブルオーディオ(またはそれに毛の生えた程度のコンパクトコンポ)で聴いています。
ですから送り出す方も、そのテの機材で聴いた時に「良い音」と感じるように音質を調整しています。(私は特にJWaveあたりが顕著に思います→ドンシャリ。)
つまりFM放送はL-02Tが発売された当時と違い、今はピュアオーディオとして扱われていないのです。

ちなみに私もPIONEER F-120という20年ほど前のチューナー(低価格の製品ですがデジタル・ダイレクト・デコーダーという回路を搭載し、当時の10万円以上の機種をしのぐ評価を得ていました)を使い、アンテナではなくCATVでFM放送を聴いています。
でも、NHKのクラシック演奏会場収録番組以外は音の良さには期待していません。

nimaibaと申します。
KENWOOD L-02Tって凄く懐かしいです。
かつて私がオーディオにハマッていた時期の最高級チューナーですもん。

現在のFM放送のクオリティの低下ですが、これは低下というよりもわざと音をいじっているのです。
FM放送が普及した現在、リスナーのほとんどがカーオーディオやポータブルオーディオ(またはそれに毛の生えた程度のコンパクトコンポ)で聴いています。
ですから送り出す方も、そのテの機材で聴いた時に「良い音」と感じるように音質を調整しています。(私は特にJWave...続きを読む

QFM放送を室内でキレイに聞くにはそうしたらよいでしょうか?

どの家もそうやと思うんですがFMの入りが悪いです。電波障害地域では無いので入るはずなんですが・・・。
持ってるコンポにはAM用のアンテナとFM用のアンテナが付いてました。FM用はアンテナケーブルのみ。現在コンポを窓際に置き、アンテナケーブルを外に出してますが局によって聞こえが悪いです。
昔の話ですが、アンテナとしてコンセントの接地側コンセントから電波を貰っていたと聞いたことがあります。実際にやっていたという声も聞きました。それでいけるんやったらコンポってアンテナレスが可能やと思うんですが、どうなんでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

コンポのマニュアルにFM簡易アンテナって書いていませんでしたか?

今お使いのFMアンテナは、正式なアンテナを取り付けるまでのつなぎとして使用するものです。
FM放送を受信するには、それなりのアンテナが必要です。

文章から関西圏の方とお見受けしますが、大阪湾沿岸部以外は、受信状態が不安定な地域が多いですよ。
特に奈良県南部や和歌山県では、かなり受信状態が悪いですから、専用アンテナが必要です。

とりあえずテレビに接続しているアンテナ線をつないでください。
受信状態が改善されることがあります。
またCATVに加入されている場合、FM放送が再送信されていますので、もっとも安定した受信状態になります。
但し周波数変換しているかもしれませんから注意が必要です。

QTRIOのチューナーの感度調整方法を教えて下さい

トリオのチューナー「6005/8005」を入手したのですが、共に感度がいまいちです。
6005は、MAXで左の感度のメーターがの針が左端から30%くらい右に振れ、感度の良い局だと何とか聴ける範囲です。
8005はMONOでは良いのですが、STEREOで右のメーターの針をセンターに合わせると、感度メーターが下がり上手く聴けません。
チューニンクつまみで、感度最高にすると、右のメーターがセンターから大分外れます。
ヴォリューム等の調整で治るようでしたら自分で調整したいと思いますので、ご教授を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

オールトランジスタのFMステレオチューナーの自作経験から、経年変化による同調コイルのずれです、電波の弱い局を受信して、四角柱型シールドケースの中間周波数トランスコイルを左右に回して感度メーターの触れが大きくなるように回します、感度メーターの振れは、感度調整半固定抵抗器が基板についていますので、それで調整してください、センターメーターがセンターからずれるのは、FMマルチプレックスステレオ信号分離基板のコイルがずれて左右のレベルが均等にならないからです、左右の音がきれいに分離するようにコイルを左右に回します、いずれも、左右、半回転くらいにして、基の位置にはペンで印をつけておくことです、これで直らない時は、マルチプレックスの集積回路の不良、38khzフィルターの不良、です、メーカーサービスを受けてください、FMチューナーは屋外3素子以上の八木アンテナが必要です、付属の簡易なT型フィーダーアンテナは使えません雑音だらけになります、指向性アンテナはマルチパス歪みが軽減されます、、いずれも自己責任でしてください

QFMチューナーの故障ですか?

よろしくお願いいたします。私トリオのKT-700を使用しております。先日中古で購入(ジャンク)したのですが、受信はしているのですが、ステレオ受信した際のステレオランプが点灯しておりません。monoとステレオの切り替えをしても、どうもステレオ受信していないみたいです。やはり故障しているのでしょうか。また、もし故障しているのならば簡単になおせるものでしょうか?素人な質問で申し訳ありませんが、ご教授ください。

Aベストアンサー

小生は昨年中古でSONYの古いチューナーをオークションで購入、受信はOKでしたがステレオランプが点かず、よく聴くとモノラルでした
天板を外し内部を清掃したり、ランプを触ったりしましたが、素人の手に負える物では無いと、以前アンプの修理を依頼した方に相談して、見てもらったのですが、やはりコンデンサーの劣化が原因でした。
修理後、ステレオ受信はOKでしたが修理費用と本体購入費を合わせると最新のデジタル式チューナーが買える程です。
質問者の方が、コンデンサーの劣化見極めや、交換作業が可能なら御自分で修理OKかと思います。コンデンサー自体は安い物です
小生の機器の修理の様子を参考にどうぞ

参考URL:http://www.geocities.jp/tsoka/ST-5150D.htm

QFMチューナーのステレオ受信で雑音

ケーブルテレビのFM配信をステレオチューナーに接続してNHKの音楽番組を楽しんでいます。
古いパイオニア製のダイアル式アナログチューナーです。
ステレオ受信を示すランプが点灯する位置で受信するとかすかに雑音が生じます。
ダイアルを前後してチューニングメータがセンターを右に少し越えたあたりに設定すると,
雑音はなくなるのですがステレオ受信のランプは消えます。
これは,ステレオ受信ができていないということでしょうか?
ステレオ受信にこだわるなら少々の雑音はガマンするしかないのでしょうか?

お詳しい方,教えていただけませんか?

Aベストアンサー

チューナー側の調整ずれのようです。ステレオ受信している時にレベルメーターの方の振れはどうでしょうか。4とか5とかまで振れていないのではないでしょうか。現状でなんとかステレオ受信できているようなので、大体はバリコンについたトリマコンデンサの微調整で直ると思います。具体的な調整方法はWebで検索してみてください。パイオニアの古い機種だとするとバリコンはシールドケースに収められています。機種名を書いていただけるとより具体的なアドバイスができると思います。

Q80~90年代のアンプ名機は?

こんにちは。自分は今のオーディオのデザインがあまり好きではなくバブル期の黒を基調としたデザインの中古アンプを購入しようと検討しています。そこで80年から90年代初頭にかけてが国内オーディオメーカ最盛期だと思いますがその時代の各メーカのいわゆる名機と呼ばれているアンプを教えて下さい。できればその理由についても教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもなく徹底的に回路や部品に凝った機で、クラシックからポップスまで「こんな音出すんだ!」と1聴で判る怪物機。後にこれを凌駕すると宣伝された2000台限定のAU-α907Limitedを新品で入手しましたが、X111には敵わないと思っています。
(2) NEC A-10(1983年10万円)この後TypeIVまで出ましたが、総合的にこのオリジナル機がベスト。なんと言ってもフロントフェースの美しさは1番。
(3) LUXMAN L-550XB(1984年27万円)メンテナンスや修理は比較的可能。
トランジスタで如何に球風の音を出すかにこだわった機種で、Xはかなり出回っているが、フロントフェースが黒のXBは超レア機種で、今まで1回しか見た事がない。LUXMANはこの550Xと最近のL-550Aしか持っていない。
【セパレート】 (1) 東芝Aurex SY-90Λ(失念しました)気が狂ったとしか思えない兎に角メーカーのメンツだけで販売した機種で、販売当時私も3台購入して1台は予備用もう1台は新品をばらして中の部品だけを取り出し、米国で売ったら販売価格の1.5倍で売れた。
そんな超高級部品特に(Λ=ラムダ)コンデンサは別格で、「他の柔なアンプに付け替えたら高級機の音がした」と云うもの。現在は修理に予備機の部品を取り尽くして部品探しをしても誰も譲ってもらえないので、今度壊れたら飾りとなりそう。
プリのSYにパワーのSC-90Λの組み合わせは、絶品ですが癖があるので賛否両論があるようです。
両機種とも完動品入手でもオリジナル部品での完全修理は諦めた方がいい。
(2) YAMAHA C2X(1986か7年20万円前後) シンプルで、これだけ小さい駆体に高性能MCイコライザーまで組み込んだ、私なりのヤマハの傑作プリアンプと思っています。
パワーの B2X(25~30万円) 背の低いプリに大きなパワーの組み合わせは、フルオーケストラを15インチのスピーカーで聴くと圧倒されます。現在も偶に灯を入れますが、その度に感激しています。

以上は全て独断と好き嫌い、国産に限りましたが海外製を含めるととんでも無い字数になるので・・・私自身は マランツ+タンノイ & McI+JBL(Lシリーズ)派です。
出来るだけご自身の耳で確かめてからにして下さい。
当時の機器は今の物に較べると、メーカーのこだわりと音質に結構癖があります。

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもな...続きを読む

QFMチューナー(アナログ)のチューニングずれを直したい

VICTOR T-2020というアナログFMチューナーを入手しました。調製品だったのですが、チューニングメーターが実際のチューニングから左へわずかにずれていることに気がつきました。恐らくは測定機器を用いなくても比較的単純に手動で調整できると思うのですが、アナログチューナーの場合、一般的にどのような部位を操作すればよいのでしょうか?簡単に説明できるならば、教えてください。ある程度のことを教えていただければ自分で慎重に試行します。或いは、参考にできるサイトを紹介してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バリコンの横にシールドで仕切られた回路があるかと思います。これが受信周波数を決めている局部発振回路です。ここのコイルとトリマコンデンサが経年でずれてくるのでダイヤルとのずれが起こります。簡単には周波数の低い局の周波数にダイヤルを併せて、受信できるようにコイルのコアをわずかに回します。次に周波数の高い局を受信してトリマをわずかに回して受信できるように調整します。上記を何回かやればだいたいOKです。コイルのコアは非常に割れ易いので専用のプラスチップもしくはセラミックでできたドライバを使ってください。
※調整ずれが原因ですので糸をずらす等はやってはいけません。

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Qアンテナ線の75Ωと300Ωの違い

アンテナ線の75Ωと300Ωの違いは、何なんでしょうか?
何が75Ωと300Ωなのでしょうか?アマチュア無線では、
50Ωいうのも聞きます。
周波数や配線の距離にも関係するのでしょうか?
大変初歩的な質問ですが、お教え下さい。

Aベストアンサー

補足ですが。

同軸ケーブル50Ω75Ω(3C.3D.5C.5D....)と平衡フィーダー(200Ω300Ω)は、m当たりの減衰量が違います。距離が長いと減衰が多くなります。
正確な数字は忘れましたが、減衰量の少ないのが200.300Ωの方です。
電界強度を優先するときは平衡フィーダーを用い、外部雑音等を優先するときは同軸ケーブルを用います。同軸は種類が沢山ありますが簡単に言うと最初の数字が多い方が減衰が少ないと思って下さい。

今は殆どの場合同軸を使用しますが、CTVのアンテナの大半は300Ωベースで設計され、内部にマッチングトランスを内蔵して、使用用途に合わせ変更が出来ます。


UHFアンテナの大半は200Ωで設計され200フィーダーと同軸が接続できます。
その名残が少し古いCTV、VTRに残って背面に300Ωの端子があります。
ケーブルが同軸で接続端子が300の場合はマッチャーを用いインピーダンス変換をします。

今は、アンテナからの信号は混合され、CTV、VTR内部にセパレーターが内蔵され殆どフィーダーは使用されていません。

参考
市販されているFMのアンテナで300Ωのフィーダーを使用している物があります。T字形したアンテナのエレメントとなる-の両端は短絡され折り返しダイポールアンテナで300にマッチングしています。
アンテナ関係はアマチュア無線の本を読まれると良いと思います。
テレビ関係であれば、家庭電子機器を参考にして下さい。

補足ですが。

同軸ケーブル50Ω75Ω(3C.3D.5C.5D....)と平衡フィーダー(200Ω300Ω)は、m当たりの減衰量が違います。距離が長いと減衰が多くなります。
正確な数字は忘れましたが、減衰量の少ないのが200.300Ωの方です。
電界強度を優先するときは平衡フィーダーを用い、外部雑音等を優先するときは同軸ケーブルを用います。同軸は種類が沢山ありますが簡単に言うと最初の数字が多い方が減衰が少ないと思って下さい。

今は殆どの場合同軸を使用しますが、CTVのアンテナの大半は30...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング