初めての店舗開業を成功させよう>>

簡体字では機は机と書くそうです。
それでは、中国語には元々、デスクの意味の 机 という字は無かったのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

■「中国語には元々、デスクの意味の 机 という字は無かったのでしょうか。


   ・・・ ありました。
------以下に補足します-------------------------------------
1.白川静「字統」140頁
机〔几〕の項 参照・・・以下に要点
「説文解字」一四上 両端に足のある台。「踞几なり」坐几をいう。
「詩経」にこれにあるいは几を授くとあり。
机を「説文」六上に 楡に似た木の名とするが古くから几の意に用いられている。
荘子に机は几の繁文でひじかけ とあり。

*ネット字書数点に当たると

3.台湾の教育部(文部省に相当)編纂辞書 に以下のようにあります。 
http://dict.revised.moe.edu.tw/cgi-bin/newDict/d …
 机  部首 木
一種似榆樹的樹木。焚燒後可做稻田的肥料。廣韻˙平聲˙脂韻:「机,木名,似榆。」山海經˙北山經:「北山經之首,曰單狐之山,多机木,其上多華草。」郭璞˙注:「机木似榆,可燒以糞稻田,出蜀中。
すなわち:楡の木の仲間.焼いて肥料として可.古典の「廣韻」「山海經˙北山經」「郭璞˙注」にあり。
4.同上 台湾の教育部(文部省に相当)編纂辞書 
http://dict.revised.moe.edu.tw/cgi-bin/newDict/d …
 几  部首 几 部首外筆畫 0 總筆畫 2
小桌子。如:「茶几」、「几案」、「憑几」、「窗明几淨」。
→小さな卓。茶卓 書見や書き物用のつくえ 脇息 明窓浄机。
----------------------------------------------
★上記から雑駁に言えば
      机 なる文字は中国古典以来存在する。
      几 と同意。
  といえます。
★手元の資料とネットで当たった範囲では
  机 が国字であるとするものはありません。
★現代中国語では
  几は幾の簡体字 机は機の簡体字 でそれぞれの意味を持つ。
  つくえ の意が生きている用法は 上記4にある「茶几」等の例であり
      これらは 幾が簡略化された几でなく 本来の古典的几。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
机 は元々中国にあった字であるが、簡体字を作るとき、機 の簡体字として 机 を採用した。ということですね。
机 という字を見たとき、機 の簡体字なのか、本来の 机 なのかが分からないことになりますが、日本でも新字体を作るとき同じようなことをされてますから不思議なことではないですね。

お礼日時:2014/05/18 11:48

No.4です ご丁寧なお礼を恐縮です。



簡体字を作った当時 基準をいくつか設定しましたが
一部には酷い(思い付きのごときものや便宜的)のもあります。
中には 發も髮も 発音が同じことから→ 发 にしたなどもあり。
言語の発展変化の一端とも言えますが 簡体字化は政策的人工的なもので
極端な変化が含まれていると言えます。
その証に 何回かの見直しがされています。

簡体字で同じ文字になったとしても
・主として動詞や副詞として働く文字と
 名詞として働く文字 の同居ならば区別がつき易く混同は避けやすい。
・古義の類は文章の中では区別がつく。
などにより 実用上の混乱は僅少と見て良いでしょう。
古義の問題を持ち出すと繁簡を超えて さらに問題が広がります。

ついでに:
簡体字では かなりの文字で漢字本来の持つ象形の要素が破壊されているために 
漢語文化の継承に不都合であり好ましくない 繁体字に戻すべしとの意見があり
ます。
・2009年 季羨林の「繁体字を回復する」という提案 
・ 同年 全国人民代表大会他で「小学校での繁体字教育」の提案
・王力群が「繁体字に戻ることは時代に合わない」として反論
最近はコンピュータにより繁体字も簡体字も行き来は容易なので
中国での繁体字公認案は 台湾併呑策に有効との見方をする人もいるような。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説明ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2014/05/18 18:25

ちょっと横道にそれますが...



>日本で使っている 机 という漢字は日本で作られた字、国字ということですね。

いいえ、「机」は国字ではありません。
漢和辞典をお持ちでしたら引いてみてください。

「机」は古代中国語では木の名前だそうです。
http://www.zdic.net/z/1b/xs/673A.htm
http://www.zdic.net/z/1b/kx/673A.htm

現代中国語では「机」を使わなくなったので発音が同じ「機」の簡体字に当てたのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど、机 という漢字は元々中国にあったが、あまり使われてなかったので、簡体字を作るとき、機 の字の簡体字として 机 を使ったということですね。よくわかりました。

お礼日時:2014/05/18 10:36

中国語の「桌子 zhuo zi 书桌 shu zhuo 办公桌 ban gong zhuo」は日本語の「机」の意味です。



実は中国語にはデスクの意味の[ 几 ji ] という字がありますよ~その「机」じゃなくて、この「几」です。

例えば「茶几 cha ji 」は(茶器をのせる)小型のテーブルです。

だから、ahkrkrさんが言うとおり、中国語には元々、デスクの意味の 机 という字は無いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

> 中国語には元々、デスクの意味の 机 という字は無いです。

ということは日本で使っている 机 という漢字は日本で作られた字、国字ということですね。
それが偶然、中国で作られた簡体字と同じ字体になったということですね。

お礼日時:2014/05/17 20:19

この机も使えるが、几をよく使います。


例えば、「茶几」。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ日本人に対して中国語は特に難しいのか

日本語と中国語どちら難しいのか
難しいの所がどこ?
なぜ日本人に対して中国語は特に難しいのか

Aベストアンサー

外国語大学で中国語を専攻し、その後中国に計7年駐在して、仕事で中国語を使っていたことがある者です。

もう30年ほど前の話ですが、外国語大学に入った新入生が苦しめられるのは、アラビア語科の右から左へ書くアラビア文字と、中国語科の中国語の発音(特に四声)が双璧であると、私が大学に入った当時は言われてました。

日本人が中国語を学ぶときに苦しむのは発音に尽きると思います。
発音さえみっちりトレーニングしておけば、文法は意外と簡単だと思います。

日本語みたいな活用もないし、欧語のような語尾変化もありません。
構文などを理解して覚えるのは、英語の勉強でやってきたことだし、修飾語のかかり方(~的など)などはむしろ日本語に近い感じで、自然な感覚で身につきます。

それに引き換え、発音には、清音・濁音の区別ではなく有気音・無気音の区別であること、巻舌音、四声など、日本人がつまづきやすいポイントがたくさんあります。

特に四声が問題になります。日本では大阪や京都といった関西辺りですと、言葉に高低アクセントがあるので、まだ四声に対する理解が可能ですが、東京方面の人などはまず四声の高低アクセントというものが感覚的に理解できないと思います。日本語でも東京人で関西語をちゃんとしゃべることができる人はまれです。

中国語を勉強し始めた日本人が、覚えたての中国語のフレーズをつかって中国人に話しかけても、発音が悪いため全然通じないことが多くて、それでショックを受けて挫折してしまうようです。私の周囲で、「仕事で中国との接点ができたから中国語を勉強する」といって学習し始めたのに挫折した人間は、たいていそうでした。

日本人にとって中国語は特に難しいものではなく、発音さえきっちり勉強すれば、むしろやさしい言語といえるのではないでしょうか。

一方、中国人からすれば、日本語は漢字の読みがひとつでないこと、漢字・カタカナ・ひらがなと文字の種類が多いこと、発音は簡単なようでいて実はローマ字表記に表現されてない発音をしないときれいな日本語にならないこと、「てにをは」や活用など文法が複雑であることなどがネックになるのではないでしょうか。

日本語も英語もぺらぺらの中国人が言っていた話ですが、中国人から見ると言語としての英語と日本語は全然別の方向にある言語で、どちらかの言葉をある程度までやっていて、もうひとつの言語を始めるのはかなりしんどいのだそうです。まず英語を勉強する人が多いでしょうから、日本語は中国人にとってはしんどい言語ということになるかも知れませんね。

外国語大学で中国語を専攻し、その後中国に計7年駐在して、仕事で中国語を使っていたことがある者です。

もう30年ほど前の話ですが、外国語大学に入った新入生が苦しめられるのは、アラビア語科の右から左へ書くアラビア文字と、中国語科の中国語の発音(特に四声)が双璧であると、私が大学に入った当時は言われてました。

日本人が中国語を学ぶときに苦しむのは発音に尽きると思います。
発音さえみっちりトレーニングしておけば、文法は意外と簡単だと思います。

日本語みたいな活用もないし、欧語の...続きを読む

Q「お疲れさま!」を中国語で何と言いますか?

今、職場に中国からの研修生が来ていますが、退社時の皆の「お疲れさまでした。」という挨拶に興味があるようです。
彼とは英語でコミュニケーションを図ってますが、英語にはそのような言葉はありません。
彼は「日本と中国は似ているから、同じような言葉があるはず。」と知りたがっています。
「お疲れさまでした。」の解説の仕方、また中国語に置き換えるとどういう表現をするか教えてください。

Aベストアンサー

ほぼ直訳ですが、

辛苦了!  (シンクーラ?)
でいいかもしれません.

私は上海に仕事で何年間か往ったり来たりしていましたが、十分通じました.
意味は「疲れたね・・・。」とか「ご苦労様・・・。」に近いかな.

Q中国語の湯

日本語と同じお湯の意味があるのでしょうか?
辞書がなく調べられないのでご存知のかたお願いします

Aベストアンサー

こんにちわ。
>日本語と同じお湯の意味があるのでしょうか?

*有ります。しかし現代中国では、湯の字を日本語の湯と同じ意味で使用する場面は限られます。文語文・古典・文献の中や成語・成句の中だけで使用されています。教育を受けた中国人なら"Hot Water"の意味もあることを理解しています。

湯:tang1:タン の中国での意味は;
1:湯。熱水。Hot Water.
2:温泉。
3:物を煮た煮出し汁。
4:おつゆ。吸い物。スープ。
5:汁液の多い調理された食品。
6:漢方の煎じ薬。

中国人社会で一般的・日常的には、"湯"だけの文字を見れば普通は「スープ」とか「スープ類」を頭に思い浮かべます。そして調理や料理関係に数多く使用されている文字ですね。中国でも中学生以下だと、湯の字にHot Water の意味も有ることを認識するのはむつかしいかもしれません(^^♪。

ちなみに日本語の湯にあたる中国での一般語は"開水"(沸騰済みの水 の意)か"熱水"(熱い水 の意)どちらかです。これは幼児でも理解して話しています。

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報