ドイツ語の初学者で自習者です。

1.ドイツ語名詞の格で4格をAKKUSATIVというとありますがこの意味を教えてください。

もちろん日本語では対格と訳されており主格についで重要性の高いものということは理解しています。

質問は何故AKKUSATIVという言葉が使われているのか?ということです。例えばAKKという接頭語に何か意味があるのかどうか?

何でも結構ですので教えてください。NOMINATIV,GENITIV、DATIVについても語源的な意味を教えていただけたらうれしいです。


2.またある文法書には対格AKUUSATIVは動作を直接正面から受け止めるという格であり属格(2格)与格(3格)は間接的に受け止めると言う格であると書いてありました。

対格の言い方は理解できますが属格、与格にたいして「間接的に」と表現してあるその表現の意味が分りません。何が間接的なのでしょうか?

合わせてご教示いただけるとうれしいです。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1. 質問は何故AKKUSATIVという言葉が使われているのか?ということです。

例えばAKKという接頭語に何か意味があるのかどうか?

    ラテン語の accusare 「責める、なじる」の過去分詞 accusatus から出た casus accusativus 「責任追及格」、みたいなものが語源ですが、これは「原因」を意味する aitisia をラテン語に誤訳した結果という説もあります。
    あとはフランス経由で、動作の終着点を表す、アングロフランス語の accusatif、古フランス語の acusatif あるいはラテン直輸入で入ったものでしょう。

nominativ
   は、ラテン語の nominare 「名指す」の過去分詞 nominatus から出た nominativus 「名前に関する」から来ています。.

genitiv
    は、ギリシャ語の  genike (ptosis) 「一般(格)」を誤解したラテン語の文法家が gignere 「生殖する」の過去分詞 genitus と間違えて「生まれたもと、源泉、所有などを表す(格)」として (casus) genitivus としたものです。

dativ
    は、印欧語の語根 *do- 「与える」からギリシャ語の dotike (ptosis) 「与える(格)」、を経て、ラテン語の dativus 「与える」から来たものです。

2。  対格の言い方は理解できますが属格、与格にたいして「間接的に」と表現してあるその表現の意味が分りません。何が間接的なのでしょうか?

    太郎は花子に本をやった。太郎が主格、花子は本を与えられたので間接的目的語(=与格)、本は直接目的語(=対格)

    みたいなことじゃないですか。

    これは余計な事ですが、「檀家」や「旦那」の初めの方は、下記にもあるようにサンスクリット語の、danapati「与える人」で与格の元になっている印欧語と同じ語源から出ています。
    http://kotobank.jp/word/%E6%AA%80%E5%AE%B6
    • good
    • 0
この回答へのお礼

SPS700様
詳しくかつ速いご回答を深謝します。

1.責任追及格というご説明はすんなりと心に入りました。

幾つかのお説をご紹介いただてますがいずれも(1)責任を(2)ある方向に投げつける・・というイメージでくくれると思います。

genitivのご説明には驚きました。ということは昔ドイツ語には8つの格があったけどそれは今の4つの格におさまっている。ときいてます。この時に他の格の役割を引き受けたのは主に属格と与格であった。ということらしいです。属格がもともとは一般格として性格づけられていたとしたらこの説明に納得感が加わります。


旦那のdaが与格のDATIVと同じというのには驚嘆しました。


2.間接的という意味も理解いたしました。

ということで私の疑問は氷解しすっきりしました。ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/27 09:19

1格、2格なんておぼえるよりも 原語で覚えようとするのは偉いね。


NOMINATIV は 名前の格。
GENITIV は 生産の格
DATIV は 与える格
AKKUSATIV は なんだろ、影響を及ぼす格かな。

ドイツ語の受身は(英語、イタリア語も同じ)AKKUSATIV
を主語にするものです。

日本語の受身文は「~を」ひっぱっていくものもある。
私は財布をとられた。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Erdbeerkegels様

わかりやすいご回答をありがとうございました。

>ドイツ語の受身は(英語、イタリア語も同じ)AKKUSATIV
を主語にするものです。

なるほどそういうことですね。主格と対格は同等なのですね。私はこのご説明を見てアリストテレスの論理学を思い出しました。アリストテレスは命題S→Vの否定・逆命題 つまりnotV→notSを対偶命題と定義しS→Vが真なら対偶命題も必ず真としました。(当然の帰結ですが)

これと受け身の構造って似ていますよね。(受け身の場合には主格が入れ替わるだけで主格、対格の否定が来るわけではないので全く違うと言えば違うのですが・・・)


ところで今はやりのアクサダイレクトという会社がありますがこの意味は「ダイレクトにアクサ(影響を及ぼします。)とでも解釈できるのですか?だとするとちょっぴし怖い感じもしますね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/05/27 09:36

1.だけですみません。

ドイツ語、英語、その語源を英語化したもの、の順に4つの格について記します。

1格:主格 Nominativ = nominative = "case for naming"
2格:属格 Genitiv = genitive = "possessive case"
3格:与格 Dativ = dative case = "case for giving"
4格:対格 Akkusativ = accusative (case) = either "(inflection) for something caused" or "for an accusation".
    • good
    • 0
この回答へのお礼

trytobe様

早速のご回答をありがとうございました。やはりAkkusativ はaccuseと関連した言葉だったんですね。
対格が主格についで重要視されている理由が理解できました。

お礼日時:2014/05/27 08:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツ語の1格、3格、4格の違い

こんにちは。ドイツ語を習っていて、もうすぐ試験があるのですが、最近授業がややこしくなってきて分からなくなってきてしまいました。
どなたたか、どうか助けてください。

いきなりですが、たとえば、

1格 Der Mann liebt die Frau
4格 Die Frau liebt den Mann
1格 Die Frau liebt der Mann
4格 Den Mann liebt die Frau

これらの違いが良くわかりません。これはすべてその男性はその女性を愛しているという意味なのでしょうか???1格と4格とではこの文ではDie Frau と den Mann または Die Frau と Der Mann がひっくり返っただけなのでしょうか? 文法的にも、こんがらかってしまいます・・・。

それから、3格と4格の違いもあいまいです。
日本語では、3格は’に’4格は’を’という意味だと聞きましたが、
たとえば、

3格 Die Tochter dankt dem Vater 娘は父に感謝する
4格 Die Mutter liebt den Vater 母は父を愛している

・・・これなら理解できますが、

3格 Die Tochter hilft dem Vater 娘は父を手伝う
4格 Die Mutter fragt den Vater 母は父に尋ねる

・・・これでは、’を’と’に’の意味があべこべになっていませんか?こういうところが難しくてよくわかりません・・・。

どなたか、ドイツ語にお詳しい方、教えてください。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。ドイツ語を習っていて、もうすぐ試験があるのですが、最近授業がややこしくなってきて分からなくなってきてしまいました。
どなたたか、どうか助けてください。

いきなりですが、たとえば、

1格 Der Mann liebt die Frau
4格 Die Frau liebt den Mann
1格 Die Frau liebt der Mann
4格 Den Mann liebt die Frau

これらの違いが良くわかりません。これはすべてその男性はその女性を愛しているという意味なのでしょうか???1格と4格とではこの文ではDie Frau と den Mann または Die Fra...続きを読む

Aベストアンサー

> 1格 Der Mann liebt die Frau
> 4格 Die Frau liebt den Mann
> 1格 Die Frau liebt der Mann
> 4格 Den Mann liebt die Frau

この文の1番目と3番目、2番目と4番目は語順が違うだけで、意味は同じです。

・その男がその女を愛する
・その女がその男を愛する
・その女をその男が愛する
・その男をその女が愛する

それぞれ直訳するとこんな感じですね。
女性名詞の定冠詞は1格も4格もdieなので、どちらの格なのかは
文脈で判断しなければなりません。
上記の場合は、男が1格(der)なら女は4格、
男が4格(den)なら女が1格ということになりますね。

ドイツ語の語順は、基本的には定動詞が2番目の位置に来るという
決まりになっており(副文の場合は末尾ですが)、
文頭に主語(1格の名詞または代名詞)を置かなければいけないという
決まりなどは別にありません。

Den Mann liebt die Frauという文の場合、Den Mannが1番目の位置、
liebt(定動詞)がちゃんと2番目に来ていますね。
主語(die Frau)は文頭に置いていませんが、それで構わないのです。


さて、3格と4格の違いについてですが……。
3格が「に」、4格が「を」という覚え方はまあまあ有効ですが、
せいぜい「日本語に訳する時にそうなることが多い」という程度のものです。
実際には、動詞の種類によって目的語にどの格を用いるのかが
決まっており、これを「動詞の格支配」といいます。

hilft(helfen)は3格支配なので、目的語を3格に。
fragt(fragen)は4格支配なので、目的語は4格になります。

面倒ですが、動詞を覚える時、どの格の目的語になるのかも
一緒に覚えるようにしましょう。
辞書で動詞を引くと目的語の格も書いてあるので、それをしっかり
チェックしておくことです。
またドイツ語を覚える時、単語単位で覚えるのではなく、文をまるごと
覚えるようにしたほうがいいでしょう。
そうすれば「この動詞にはこの格」ということが自然と身に付いていきます。

2格だの前置詞だの副文だのが入ってくるともう少し複雑になりますが、
とりあえず、以上の基本的なことは覚えておいてください。
試験、がんばってください。

> 1格 Der Mann liebt die Frau
> 4格 Die Frau liebt den Mann
> 1格 Die Frau liebt der Mann
> 4格 Den Mann liebt die Frau

この文の1番目と3番目、2番目と4番目は語順が違うだけで、意味は同じです。

・その男がその女を愛する
・その女がその男を愛する
・その女をその男が愛する
・その男をその女が愛する

それぞれ直訳するとこんな感じですね。
女性名詞の定冠詞は1格も4格もdieなので、どちらの格なのかは
文脈で判断しなければなりません。
上記の場合は、男が1格(der)なら...続きを読む

Q所有格句でも与格でも同じ意味を出せる言語

ある表現が所有格でも与格でもほぼ同じ意味で表せて、与格の表現の場合ではそこに含まれる前置詞が後置されるケースを探しています。それが可能な言語と、その例を挙げていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

>これは pour Pierre の意味でしょうか?

いえ,"I cut Peter's hair" という意味です。


>Prossessor Raising の意味を教えてくださいませんか。

Possessor です。所有者上昇構文とでも言いますか。
たとえばヘブライ語で,

Gil higdil et ha-tmuna Se1 Rina.
Gil enlarged Acc the-picture of Rina
"Gil enlarged Rina's picture"
(Rina がもっている写真,または Rina が撮った写真,または Rina が写っている写真)

Gil higdil le-Rina et ha-tmuna.
Gil enlarged to-Rina Acc the-picture
"Gil enlarged Rina's picture"
(Rina がもっている写真)

というような交替を表す構文です。

残念ながらヘブライ語は「主語-動詞-与格-対格」を原則とする言語なので,目的語の所有者が与格になると,目的語の前に来てしまいますので,ご希望の言語ではありません。

ただし,非対格動詞なら,

ha-sefer avad le-Gil.
the-book got-lost to-Gil
"Gil's book got lost"

という語順が可能のようです。

なおヘブライ語に関しては
Landau, Idan. 1999. Possessor raising and the structure of VP. Lingua 107,1-37.
を参考にしました。

>これは pour Pierre の意味でしょうか?

いえ,"I cut Peter's hair" という意味です。


>Prossessor Raising の意味を教えてくださいませんか。

Possessor です。所有者上昇構文とでも言いますか。
たとえばヘブライ語で,

Gil higdil et ha-tmuna Se1 Rina.
Gil enlarged Acc the-picture of Rina
"Gil enlarged Rina's picture"
(Rina がもっている写真,または Rina が撮った写真,または Rina が写っている写真)

Gil higdil le-Rina et ha-tmuna.
Gil enlarged to-Rina Acc the-pi...続きを読む

Qドイツ語の1格、2格、3角、4画

ドイツ語の文法で、主格、属格、与格、対格といふ用語をあまり使はないのはなぜですか。

Aベストアンサー

Q&Aをやるようになってから、ドイツ語の質問でしばしば主格、属格、という書き方で質問をする人がいます。古い文法書を使っているのか、私が思っているよりも、主格、属格という書き方の文法書があるのか、その辺はわかりませんが、少なくとも、私がドイツ語を始めてから使ってきた文法書は、みな数字で表しているものばかりでした。これを書き始めてからちょっと気になってネットをのぞいてみましたが、やはり日本では、数字で書き表す方法がかなり前から主流のようです。ドイツの文法書でも、多くはありませんが、1. Fall、2. Fallという書き方をしているものはあります。私の手元にある文法書の中で主格、属格という書き方になっているものは、ドイツで書かれた文法書の日本語訳です。ただし、この文法書はもともとドイツ人のためにかかれたものですから、格についても日本の文法書よりも詳しく、語源や本来の意味まで書かれているので、主格、属格と訳さないと意味がない内容です。私やplapotiさんが参加していないQ&Aのあるスレッドには、「これらの格をそれぞれ1格・2格・3格・4格と呼ぶが、欧米では使われず、また順番も主格・対格・与格・属格と、全く異なる」と書いている人がいましたが、私が今見ているドイツの文法書では、「主格は、伝統的な格の順序では第1格と呼ばれる」とありますし、属格も、「伝統的な格の順序では第2格と呼ばれる」とあるので、この人の認識は誤りだと思います。
このドイツの文法書の「格」の章を見てみると、インド・ヨーロッパ語には本来8つの格があったという説明から始まって、それぞれの格の由来と機能が書かれています。それぞれの格の多様な機能を見ていくと、主格と対格はまだわかるのですが、属格は「所属」だけの機能で使われるわけではありませんし、「与格」も、与える対象、間接目的語だけを指示するわけではありません。ラテン語の奪格、具格、位格の機能は、ドイツ語では与格が果たしています。属格や与格の機能の中には、「属」や「与」という文字から連想されるものからは大分遠いものがあるので、かえって混乱のもとになるような気がします。日本のドイツ語教育者は、日本人が学習しやすいようにこういう方法を考えたのでしょう。
主格は「命令格」の役も果たします。属格には、はっきり「所有」を表す機能のほかに、「目的語的属格」、「主語的属格」、「部分の属格」、「性質の属格」、「説明の属格」そのほか、いろいろな機能があります。たとえば、die Höhle des Löwenと言えば、「ライオンの洞窟」なので、des Löwenという属格は「所有」を表します。しかし、die Besichtigung des Museumsと言うと、「博物館が所有する見学」ではなくて「博物館を見学すること」なので、des Museumsという属格は「目的語的属格」になります(こういう場合、ラテン語では何格を使ってどう表現するのでしょうか?)。また、das Geschrei der Kinderといった場合は、「子供が発した叫び声」という意味なので、「主語的属格」です。
与格にも、「利害の与格」、「所有の与格」、「関心の与格」など、いろいろな機能があります。対格も、目的語を示すだけでなく、jeden Montagと言えば、「毎週月曜日に」という副詞になります。

遅くなるとまた回答しそこなうので、ここまでにします。今後のことですが、今しばらくはアナログではなくデジタルでお付き合いください。3月以降のことも含めてお話ししておきましょう。何回かに分けてコラムにヒントを出しておきますので、保存してください。

Q&Aをやるようになってから、ドイツ語の質問でしばしば主格、属格、という書き方で質問をする人がいます。古い文法書を使っているのか、私が思っているよりも、主格、属格という書き方の文法書があるのか、その辺はわかりませんが、少なくとも、私がドイツ語を始めてから使ってきた文法書は、みな数字で表しているものばかりでした。これを書き始めてからちょっと気になってネットをのぞいてみましたが、やはり日本では、数字で書き表す方法がかなり前から主流のようです。ドイツの文法書でも、多くはありませんが...続きを読む

Qロシア語 主格または生格?

ロシアの都市名のアルハーンギェリスク市の
 「Архангельск」は生格
にしなくてもいいのですか? 
[город  Архангельск] 
ロシア語の初学者です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「アルハンゲリスク市」という意味であれば同格となります。つまり主格・対格ならそのまま、生格「アルハンゲリスク市の」なら города Архангельска、与格なら городу Архангельску という具合です。

город Архангельска のように一方だけを生格になると「アルハンゲリスクの(=アルハンゲリスクが所有する・アルハンゲリスクの一部である)город」ということになり、アルハンゲリスク=市(の名前)ではなくなります(無理に考えればアルハンゲリスクの市の内城ということか?)。生格の「の」は所有、部分、所属を表します。

英語の the Isle of Wight「ワイト島」に見られる同格の of にあたるような使い方はしません。

Qドイツ語 名詞の格

テキストに次の文があります。
Sie hat sich vor dem Tode gefuerchtet.
辞書にはder Tod をひくと単数2格 -[e]s、まれに複数1格-eとなっています。
文中のTodは3格だとおもうのですがなぜTodeとeがついているのでしょうか。
どなたか教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

完全なルールは思い出せないのですが・・・。

単数の男性名詞、第3格にも任意で-eが付きます。

文法的な意味はないため、個別の単語の所に変化形として載ってはいないのですが、demの後は---eに変わることもある、と覚えればいいと思います。

複数形の第3格もden ---e(n)として任意で-nが付く仕組みだったはずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報