寝たいとき、休みたいときなど脳の中で何かを考えたり、寝ようと意識したりしてしまい、まったく普段から神経がやすむことができません。医者に安定剤等処方してもらってもさらにそれの上をいくくらい何かしら薬を飲んでるから安定するはず・・とか余計なことをどんどん考えてしまい、結局神経がまったくやすまりません。それで自分の感情を無心にできるような方法、または対処方などはないでしょうか?
今までに自律訓練法等やれることはやりましたが、結局他のことを考えてしまいだめです・・
本当に困っています。脳を休める方法があれば教えてください。音楽やいろんなことはやってきましたがとにかく無心になる方法がしりたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

経験者です。

そこまでいくと、本当にツライですよね。
参考になるかわかりませんが、私の経験をお話します。

24時間と言っていいほど、気持ちの休まる時がありませんでした。
精神科もカウンセリングでも、「どうすれば何も考えずにいられますか?」と聞いてまわって、それでも答えは得られません。

結果からいうと、私の場合は、パンクしてしまったのです。
ある日、妹に『何もかも』をぶちまけたのです。
不満とか不安とかじゃなくて、とにかく思ってる事、ありのままを、何時間もひたすら話したのです。
涙が流れてもお構いなしで、支離滅裂も、ワガママも、ヒステリーも、とにかく「わ~~~っ」って出せました。
妹はずっと聞いてくれました。

その後、ウソのように気持ちが安定し、グルグル回る思考に呑まれる事も少なくなりました。
それが何故か、今ではよくわかります(苦笑)

radioradioさん、今が1番苦しい時だと思います。
私には何もしてあげられませんが、同じ経験者として、少しでも力になりたいと思いました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

いろいろ参考になりました。同じような経験の方がいらして自分としても少しがんばれるような気がしました。お書きいただきありがとうございました。

お礼日時:2004/05/24 17:35

これは、難しいですね。


病院で薬も貰って、自律訓練法もやっているとのことなんですね。

では、全身余すところなく力を入れて、力んでみてください。
手もギューッと握って、首も、足の先も、みんなに力を入れます。
そして「もうこれ以上力が入らない」となったら、さらに力を入れてから、一気に力を抜きます。
つまり緊張と緩和の繰り返しです。
「弛緩法」とでも言うんでしょうか・・・?
これを10~20回と繰り返してみてください。
これは、意識的に交感神経と副交感神経のスイッチをON、OFFしますから、絶大な効果が期待出来ます。

あとお風呂も熱いお湯は良くないです。
ぬるめのお湯に長時間浸かるような半身浴がお薦めです。

あと普段からの「爪もみ療法」もお薦めです。
http://www.d9.dion.ne.jp/~shohei-c/s-4.html

あと女性ですと鉄分、亜鉛の不足もあるので要注意です。
http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/arutetu/tetu_ …
http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/aruaen/aen_1. …


あと腹式呼吸をお薦めします。
弛緩法の前後にセットでやると良いと思います。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=838332
こちらの#3を参考にしてください。(クエン酸もお試しください)
    • good
    • 2

こんにちは。



日常生活の中で、自分と向き合う時間は持てますか?

私は無心になるということよりも、精神を統一するという方向へもっていくことをおすすめしたいです。

マイナス感情があるとしたら、それはそれでどっぷり浸ります。人間のメカニズムとしてエネルギーが無くなれば、静かにじっとして十分補給し、そして自分にエネルギーをため込んでいくという行程ですね。

このどっぷりと浸っている時に、さまざまな自分の持つ想いが出てきますから、それを自分は今、こういう想いでいるんだなぁと、それを別個の感情として捉えるわけです、つまりそれを素直に認めてしまうんですね。

(マイナス感情が)出てきたら出てきたで、仕方がないなぁという感じで受け入れます。

ずっと目を閉じて、静かにし、呼吸も整えます。自然にゆったりと自分の中に入っていく感覚で、そのままじっとその状態でいます。
穏やかな海とか、雄大な富士山をイメージとしてすべり込ませてもいいかもしれません。

脳は睡眠中は休んでいるようでも、潜在意識はしっかりと働いているらしいので、音楽でも、本でも寝る前には出来るだけ「質」の良いものを取り入れられた方がいいですね。

しばらくしてゆったりと落ち着いてきたなぁと思ったら、明るい光明的なポジティブな想いを入れていくようにします。

言葉でも、穏やか、元気、明るい、さわやか、爽快、安心、輝き、温和・・などたくさんありますよね。

私自身も実際、独自の自由な発想でまだまだ失敗も時折してしまいますが、、何万回と思考を繰り返す日々の中で、ほんの僅かなこうした努力を地道にしていかれることで、ちょっとでも改善されるのではないかなと思います。

病は気から、、と昔から言われていますように、医学の力も上手に借りて、あまりとらわれずにラクにのんびりとなさってみてください。
    • good
    • 1

人はなかなか無心になどなれないんだと思います。


本当に無心になってしまったら、それは「痴呆」…

とりあえず脳を休める=眠るには、安定剤ではなく睡眠剤を処方してもらってはいかがでしょうか。
睡眠剤を飲んでちょっと照明を落として、横になって本でも読む(難解な本がいいです。ただでさえ眠くなりますから)と、結構な確率ですぐ眠れました。

起きているときは色々考えてしまうものです。
だからしっかり睡眠を取って、脳を休ませるんです。

それでも、起きているときに神経を使いすぎて疲れてしまうなら、医師にそのことを伝えて薬を変えてもらうのがいいと思います。
安定剤といっても何種類もありますからね。
    • good
    • 3

経験や知識があるわけではないので、ちょっとした参考程度に読んでください。



無心になる、これは相当難しいことではないかと思います。出来そうで出来ないこと。
いろんなことを考えて気が休まらないのは、ネガティブなことや答えの出ないことをぐるぐる考えるから。

なら、いっそのことどんどん考えてはどうだろうか?
気持ちのいいことを。
趣味や好きなことについて思いをめぐらす。楽しいことを想像する。楽しかったこと、気持ちよかったことを思い出す。
ネガティブな思考は、これはがんばって遠ざける。

たぶん、脳が休むことはないと思う。気持ちが休まるかどうかなんだろうな。
気持ちがいい、気分がいい、は大切じゃないかと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神経内科と脳神経内科の違い

以前、神経内科に通っておりましたが、同じような診療科目に脳神経内科があります。この両者はどのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

ご参考にはならないかも知れませんが・・。

人間の体内には、脳から続く「脊髄」が仙椎部位まで降りています。
その、「脊髄」に関する、「神経学的」な病気を診断するのが「神経内科」です。

また、人間の「脳」の中には、「12本」の大切な「脳神経」が存在します。

 I:嗅神経  II:視神経  III:動眼神経  IV:滑車神経  V:三叉神経
 
 VI:外耳神経 VII:顔面神経 VIII:内耳神経  IX:舌咽神経  X:迷走神経

 XI:副神経  XII:舌下神経

これらの、脳神経の病気を主に、診断するのが「脳神経内科」となります。
ですが、境界線が曖昧でも有るので。
「神経内科」でも、脳のMRI検査の診断を受ける事も出来ます。

Q自律神経失調症の処方について

 自律神経失調症で内科にかかっています。A病院では1日セルシン5m×3 マイスリー10mで、一月分処方されており、さらにB病院の内科では同じ病名で1日レキソタン5m×3が処方されています。
おかげで身体の不調はなくなったのですが、症状に対する処方薬の多寡は別として同一の病名で2つの病院に通い、処方薬を受け取る事は保険制度(レセプト)上、何か問題があるのでしょうか?
 個人的には薬が重複していので問題ないように思われますが幾分素人ですので詳しい方がいらっしゃればぜひ回答をお願いします。 
なお、AB共に心療内科ではなく普通の内科です。(できれば心療内科にはかかりたくないためです。)

Aベストアンサー

重複受診は医療費の無駄、健康保険料の無駄遣いです。

どちらか一方の病院にまとめてかかってください。

ただでさえ破綻しかかっている社会保障がそういうことの積み重ねで取り返しの付かない
自体に陥ります。

Q不安神経症、心臓神経症、自律神経失調症の違い

不安神経症、心臓神経症、自律神経失調症の違いはなんでしょうか?

動悸が激しくなるので循環器で診察してもらったんですが、不整脈があり心房頻拍症と言われました。
でも、心電図をしても過度な異常は見当たらず自覚症状のあるときでも心電図がほぼ正常であることを確認しました。

自分では以下のような症状があります。
・動悸がする
・呼吸困難や胸痛
・症状が長時間続いて何回もくり返し起こる
・ります。
・動悸は安静にしているときにも起こり、特に夜に起こり不安になり寝られないことがある
・心臓部の痛みをうったえ、胸の拍動がドキンドキンと手に触れるあたりのわりあいはっきりした痛みで、チクチク、ピリピリする
・毎晩早朝や起床時に動悸が激しく「ドンクドクン」というのがはっきり分かり、血液の送る量が多いのでは?と思うくらいになる
・とにかく寝れない

循環器内科では、不安神経症や心臓神経症や自律神経失調症と診断され、メンタルクリニックではうつ病と診断されました。


循環器内科では不整脈や動悸を抑える薬を出してもらってますが、「心電図でも特に異常がないためメンタルクリニックで出されてる薬でやっていくしかない」とか、「僕らでも動悸や不整脈はあるから」慣れるしかないと言われました。

しかし、仕事の休憩時でも息苦しくなり胸が締め付けられ立てなくなったこともあります。

いつも担当してくれる循環器の先生は親身になって話を聞いてくれてどうして直していくかを決めてくれます。


少し自分でも調べたんですが、不安神経症、心臓神経症、自律神経失調症の違いやどこの科で薬をもらいこの病気と向き合っていけばいいのか分かりません。

不安神経症、心臓神経症、自律神経失調症、うつ病など全て調べても当てはまりました。

自分としては、心臓のことなので循環器内科でしっかり診察してもらい治療してもらいたいと思ってます。
メンタルクリニックでも薬が出されて循環器以外でも薬が出てるので、過度に薬薬薬となっても体によくないので、出来れば医療に詳しい方で今後どのようにして向き合っていけばいいのか教えてください。

不安神経症、心臓神経症、自律神経失調症の違いはなんでしょうか?

動悸が激しくなるので循環器で診察してもらったんですが、不整脈があり心房頻拍症と言われました。
でも、心電図をしても過度な異常は見当たらず自覚症状のあるときでも心電図がほぼ正常であることを確認しました。

自分では以下のような症状があります。
・動悸がする
・呼吸困難や胸痛
・症状が長時間続いて何回もくり返し起こる
・ります。
・動悸は安静にしているときにも起こり、特に夜に起こり不安になり寝られないことがある
・心臓部の...続きを読む

Aベストアンサー

心臓神経症であれば、心臓に関する病気のような症状が出ますが、心臓には何も問題がないということですね。

心臓に何も問題がないわけですから、治療は循環器内科ではなく精神科となります。

主治医の先生や病院が変わると病名が変わることは良くある話ですから、あまり深く考えなくてもいいと思います。。

不安神経症、心臓神経症、自律神経失調症、うつ病などはストレスが原因とされています。

ストレス解消の手助けとなると、やっぱり精神科、又は心療内科って事になります。



治療については循環器内科の先生、メンタルクリニックの先生と良く話し合ってっください。

薬についても先生に聞いた方が良いですが、「過度に薬薬薬となっても体によくないので…」っていう考えは良くないと思いますよ。

確かに薬といえども人体にとっては毒と言うことになりますが、病気を治す一つの手段であることも確かです。

逆に薬だけでは治らない病気だと思った方がいいです。



そんな意味から、主治医の先生とよく話し合ってください。

Q寝る前の音楽と副交感神経

自律神経の乱れを改善するため早く寝るようになりましたが、
すぐに眠れる訳でなく、しばらく音楽を聴いています。
正しい時間に副交感神経を優位にしたいんですが、
音楽を聴いていたら交感神経が優位になってしまってますか?

J-popや洋楽が多いです。
リラックス系は副交感神経にいいと聞いた事がありますが
それなりに感情が沸いて
やはり神経が活発化するような気がしてしまいます。

ご存じの方お願いします。

Aベストアンサー

聴かれるJ-POPによって変わります。
元々、母親の心音を聞いて育っている(お腹の中に居る時ね)関係上、鼓動に近いビートの曲を聴いている(身体に響いていると言った方が判りやすいかも)と、落ち着いて寝付く事があります。
逆に早くなると、心配している通り活性化してしまい何時までも寝付けない状態が続きます。
歌手を比較対象として、例えであげますと「浜崎あゆみ」と「相川七瀬」。
もし、両方のCDを持っていましたら、寝る前に聞き比べてみてください。
洋楽ですと、8ビートのハードロックの重低音が効いている曲を聴いてみて下さい。
年齢にもよりますが、オーディオタイマーで朝起きる時に「浜崎あゆみ」の曲をかけるとどうでしょう?

要するに、ビートと音域の違いにより活性化する時もありますので、寝る前の静かな部屋の状態で色々試すと良いですよ。
ちなみに、私の場合は「浜崎あゆみ」では寝付けませんが起きる時には使用でき、アイアンメイデンは寝付けます。

ご参考にどうぞ

Q脳の疲労(自律神経失調症)

脳の精神的な疲労で悩んでいます。疲れると頭が重くなりモヤモヤして倒れそうになります。
今までの経緯を簡単に説明します。
・平成16年仕事のストレスで異変、様々な検査を行ったが異常無し、精神科へ、自律神経失調症と診断される
・その後、デパス、アナフラニールの処方で症状を抑えながら自然に治るのを待つ治療を続ける
・平成20年症状が悪化、脳の精神的な疲れが酷くなる、フルタイムの仕事断念、短時間のパート等に切り替える。
・現在、病院を変え薬も変える、デパス、アナフラニール→メイラックス、トフラニールへ、デパス依存症克服成功。

しかし、脳の疲れが以前回復の兆し無し。運動をしているものの身体は鍛えられるが脳は鍛えられない。
交感神経の方が優先している模様、平常時薬を飲んでいれば苦痛無し、しかし仕事をすると薬の効果無し、頭がモヤモヤ重い感じ、うつ状態、倒れそうになる。
短時間のパートをしても数週間、1ヶ月で辞める。
脳の疲労は眠っても次の日まで継続、それが何日も続くと更に上乗せ、もう限界に達し仕事が続かない。

・医師に関して:デパスをメイラックスに変え飲む量が減りデパス依存症から解放されたのは評価します、しかし次の手が無いらしい。5分間の簡単な質問(調子はどう?口乾く?食欲は?)3週間後また来て下さい、の繰り返し。薬も増えず変えず…

現在無職です。先週、面接をパスしてバイトの研修をしましたが3日でギブアップ、脳の疲労が原因、身体は特に問題なし。

今までの経緯は以上で終わりです。

本題に入ります、「脳の疲れ、精神的な疲れ」はどうしたら良くなるのか?医師に相談しても「運動しろ」としか言わない。
運動はしてます。しかし運動も疲れます。疲れるといつもの症状が出る、仕事も運動も疲れは一緒。

交感神経を抑えるか、副交感神経を活発にするか、薬で対処出来るか?どうしたらいいのか解りません。専門の方教えてください。

脳の精神的な疲労で悩んでいます。疲れると頭が重くなりモヤモヤして倒れそうになります。
今までの経緯を簡単に説明します。
・平成16年仕事のストレスで異変、様々な検査を行ったが異常無し、精神科へ、自律神経失調症と診断される
・その後、デパス、アナフラニールの処方で症状を抑えながら自然に治るのを待つ治療を続ける
・平成20年症状が悪化、脳の精神的な疲れが酷くなる、フルタイムの仕事断念、短時間のパート等に切り替える。
・現在、病院を変え薬も変える、デパス、アナフラニール→メイラックス...続きを読む

Aベストアンサー

超聴き(=速聴き・速聴)をお勧めします。
私は初めて2倍速で朗読番組を聴いたとき、雑念が消えて
脳髄がクリアになり、それで疲労感が抜けて吃驚しました。

アメリカの研究ではIQやEQが向上したりするなど超聴きで
19種の能力が開発されると資料に記載されています。
質問者さまは、とりあえず、雨垂れの音、波の音、
野鳥の鳴き声、赤ちゃんの声などを聴いて、心を鎮めてから
1.5~1.7倍速くらいから聴き始めてみてください。
質問者さまの症状が徐々に消滅し、救いを感じるでしょう。
初めは毎朝10分~15分間ていど聴いてみましょう。

質問者さまは
フリーソフトの再生速度変更機能付きソフトウェア
「聞々ハヤえもん2」などでお試しください。

3倍速以上では図書館の朗読CDなどを活用して、
朗読と同じ小説の字面を目で追いながら聴き進めてください。

なお、生活のリズムや食生活も変えませんか。
アシュタンガヨガやラージャヨガもつづけていれば
効果があります。ヨガの呼吸法だけでも効果があります。

とても超聴きなど行える状態ではない
といった場合は、光トポグラフィーやMRI診断のできる
精神科の病院で診察をうけられることをお勧めします。
投薬のミスマッチにより難治性になってしまうケースが
多々ありますので要注意です。

光トポグラフィーは現在、東大病院を含めて
全国の8病院に設備されております。

超聴きをつづけていますと
気持ちよく聴けるスピードがみつかります。
私はICレコーダーでAFN(=旧FEN)のニュースや
仏語などの外国の放送を聴いているのですが
いまは5倍速が聴いていてベストというか
気分がいいスピードです。

進めてみてください。

超聴き(=速聴き・速聴)をお勧めします。
私は初めて2倍速で朗読番組を聴いたとき、雑念が消えて
脳髄がクリアになり、それで疲労感が抜けて吃驚しました。

アメリカの研究ではIQやEQが向上したりするなど超聴きで
19種の能力が開発されると資料に記載されています。
質問者さまは、とりあえず、雨垂れの音、波の音、
野鳥の鳴き声、赤ちゃんの声などを聴いて、心を鎮めてから
1.5~1.7倍速くらいから聴き始めてみてください。
質問者さまの症状が徐々に消滅し、救いを感じるでしょう。
初めは毎朝10...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報