AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

フランス語の単語の中で
最も発音が難しいと感じるものを教えてください

ちなみに、私は

rue (通り)
frère(兄弟) 
fracture(骨折)
rencontre(出会う)

あたりが難しく感じます

r よりも eu のほうが難しいとも思います

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私にとって発音しにくい単語はréfrigérateurですね。

特に前半は苦労します。もっとも最近はfrigoなど発音しやすい言葉に置き換えて使っていますのであまり苦労しませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、
たしかに
R F EU すべて苦手です

質問の意図に一番近く
一番納得できた答えだったので
ベストアンサーにさせていただきます。

お礼日時:2014/06/09 23:13

発音しにくいのは rue, rencontreの順かもしれません。

rは英語のrの発音の
しかたとはかなり違います。 日本人は意識してrを強く発音しがちですが、
子音の中でもかなり弱く発音する部類のものです。 たとえばmereとかmerですとrの発音が聞こえないくらいでも問題はないです。 カタカナ表記だとメールと
なりますが、rが最後に付くとその前の母音は少し伸びるのでメーと長く発音して最後に無声にて息を吐いて終わるくらいでもrを発音しているように聞こえます。
ちなみにfrereとfractureは子音のfがrの前にあるので下の位置からしてrの発音
がしやすいです。
euの発音、たとえばpeuとかについてですが、これはきちんとした母音ですので
発音の仕方が固まればそれほど苦ではないはずです。 日本語や英語にない母音で
耳慣れないので音が定まらず、聞き取りずらく、発音しにくいだけです。 日本人の教師の発音を聞いても音声学をきちんと学んでいて発音ができない人から習っていても克服するのは難しいでしょう。 いまはyoutubeやビデオなどもありますから口元(口の開き方)などを見て音を聞いて、自分の発音も録音しながら聴き比べてみれば少しずつ上達すると思います。 フランス人は当たり前にその母音を発音してますので、日本語の発音との違いを説明できないはずです。 音声学または発音用の簡単な教本で口の中の舌の位置を確認しながら、ビデオをみて発音練習をした方が良いでしょうね。
最初は発音しずらかったり、苦労しますが、慣れてくればまったく問題なく、
母音だけを聞いてもその音が聞き取れるようになるはずです。 フランス語の
母音は日本語の3倍くらいありますから、最初は苦労しますよね。
    • good
    • 0

croutons クルトン です。


スープとかに入れるクルトン。
これが本当に通じなくて困りました。
天カスを説明するために「クルトンみたいなものだ。」といつも説明していたのですが、発音のせいで本当に通じません。
    • good
    • 0

No. 3 です。

追加します。

どこの国にも早口言葉という遊びがあります。遊びだけではなく、アナウンサーの訓練にも利用されます。

英語では、tonguetwister、ドイツ語では Zungenbrecher と呼ばれます。勿論フランス語にもあり、virlangue と云われています。一例は、

Ces six chauds chocolats-ci sont-ils aussi chauds quand ces six chocolats-là font leurs shows ?

グーグルで検索すれば山のように出てきます。
    • good
    • 0

ご質問の趣旨にあっているかどうか分かりませんが。

フランス語の《R》は発音が難しい。日本人がフランスに行くと苦労します。

次の文を発音して下さい。《R》と《L》が沢山連続して出てくる文章です。
日本人でなくても難しいから、こんな文例が知られているのでしょう。

Le rat rouge de la rue de l'oratoire auras rarement des roulettes
ル ら るージュ ドゥ ラ りゅ ドゥ ロらトアーる オーら らーるマン デ るーレッt

ラリルレロは la li lu le lo 日本流で発音してよいかな。
らりるれろは ra ri ru re ro 《フランス流の》を表しています。

la rue de l'Oratoire は フランスの町 Nancy にある通りの名前.
oratoire は小礼拝堂という意味で 小礼拝堂がこの通りにあるのでしょう。

文の意味は,
オラトアール通りの赤いネズミは滅多に roulette を持たないであろう.

roulette は 家具の下のキャスターとか賭博のルーレットなどで
ローラースケートは patinage à roulettes
アイススケートは patinage à glace
    • good
    • 0

    grenouille 蛙



    聞き慣れない音を真似するのが好きでしたので、難しい、と言うよりは、面白い、という感じで、雨が降って、蛙を見ると grenouille と言っていました。 g から奥の r に移る感じが新しかったのでしょう。
    • good
    • 0

ほんの少~しだけフランス語の初歩の初歩を齧ったことがある人間としては、heure(時間)とか、gare(駅)とかいう、基本的な単語ですら難しいと思いました。

特に、heure.

この回答への補足

deux heure と douze heure の違いも難しいですよね

補足日時:2014/06/02 23:57
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qe-mailアドレスをフランス語でなんと言う?

e-mail アドレスのことをフランス語でなんといいますか?
読み方もカタカナで教えて下さい。
あと、アドレスを伝えるとき@のことをなんと呼びますか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

順番にお答え致します。

●e-mail アドレス→ L'adresse courriel (ラドレス・クリエル)
  又は → L'adresse de courrier electronique
              (ラドレス・ドゥ・クリエ・エレクトロニック)
   又は       →L'adresse email(ラドレス・イーメイル)

電子メールを以前はcourrier electronique と言っていましたが
その言葉が簡略化されて現在はcourrielと表記しまので
一番上の言い方が多くなっています。
一番下の言い方もありますが、これは英語交じりのフランス語です。

●@→L'arrobe(ラローブ)(L'arobase(ラロバーズ)(どちらも女性名詞)

この表記法は、多々ありましたので、2002年12月8日の官報
(Journal officiel du 08 decembre 2002、添付サイト)で
上記のように統一決定されました。(新語委員会の決定です)
http://www.culture.gouv.fr/culture/dglf/cogeter/08-12-02-internet.htm

無論、そのように決まっていても人々はこのマークの形状から
親しみを込めて
escargot(エスカルゴ、カタツムリのこと)とか
a roule(ア・ルレ)、 a arrondi(ア・アロンディ)
(意味は二つとも丸くなったaとのこと)で呼んだりも
しています。

最後にご参考で
英語のhyphen:"-" は trait d'union(トレ・ディユニオン)
英語のunderscore:"_" は tiret de soulignement(ティレ・ドゥ・スリニュマン)となります。

順番にお答え致します。

●e-mail アドレス→ L'adresse courriel (ラドレス・クリエル)
  又は → L'adresse de courrier electronique
              (ラドレス・ドゥ・クリエ・エレクトロニック)
   又は       →L'adresse email(ラドレス・イーメイル)

電子メールを以前はcourrier electronique と言っていましたが
その言葉が簡略化されて現在はcourrielと表記しまので
一番上の言い方が多くなっています。
一番下の言い方もありますが、これは...続きを読む

Qフランス語のmon amie

タイトル通り、これは男性から女性に言われた際「私の女性友達」でよいのですよね?

全くの初心者です。
回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

英語圏の人が使った、ということですが、英語の会話のなかでmon amieがでてきたのでしょうか、お二人の共通語がフランス語なのでしょうか?
英語にはフランス語からの借用が多いようですが、意味が歪曲されて使われることもあるかもしれません。日本で使われる「トラヴァーユ」はフランス語では転職ではなく「仕事」一般ですし、「アルバイト」はドイツ語で「働く」ですから。
英和でamieをひいてみると、「女友達」と「恋人」の両方がありましたが、英語圏で通常どのような感覚で使われているのかまでは私にはわかりかねます。

フランス語だけ説明しますと、mon amie は曖昧な言葉で、意味は使う人の感覚によって変わったりします。

「恋人」という意味ももちろんありますが、それ以外にも、「親友」「お友達」の意味でも往々にして使われます。

呼びかけとしてこの英語圏の男性が使うのであれば、「恋人よ」であれば「Mon amour」「Mon tresor」「Ma cherie」なりなんなりほかの言い方があります。(Ma cherieは人によっては単なる友達に使う人もいますが。)

「若いとき随分長くヨーロッパにも住んでいたみたい」ということですので、年配の方でしょうか。呼びかけでつかうMon amie(「お友達」)は、若い人がふざけて使うこともあるとおもいますが、かなり古い話し方です。

また、「Tu es mon amie!」「お友達でしょ!(「~するのは当然よ」等の意味合い)」という風に使ったりもしますし、人に紹介するとき「Mon amie japonaise」といわれると、amieに恋人という意味はないと心得てください。

相手があなたと一緒にいる異性が恋人か単なる友達かを知ろうと探りを入れて「Ton amie?」と効いてくるようであれば「C'est une amie.」と付け加えてはっきりさせればいいのです。

お友達のことを話したこともない相手に
Je suis alle au restaurant avec mon amie hier soir.
といえば、相手は「恋人と行ったんだな」と解釈するわけで、
Je suis alle au restaurant avec une amie hier soir.
だと女友達と、ということですが、例えばあるソワレにお友達(単なるクラスメートでも同僚でも)を連れて行きます。知り合いのPierreもきていて3人で話をしました。2日後、あなたはPierreと話すことになりました。Pierreが「Comment va ton amieと聞いてきたからといって、Pierreはそのひとのことを恋人だと勘違いしているわけではないのです。?」「(この前の)君の友達はどうしてる?」ときいてるだけで、ton amieは「例のお友達」程度の意味に使われます。
その人の名前を覚えてないときなど、実は便利な表現なのです。



とりあえず、mimosa55さんはこの男性とお付き合いをしていらっしゃらない様ですので、「恋人」の解釈は行きすぎかと思います。mimosa55さんの最初の「お友達」の解釈でいいのではないでしょうか。

英語圏の人が使った、ということですが、英語の会話のなかでmon amieがでてきたのでしょうか、お二人の共通語がフランス語なのでしょうか?
英語にはフランス語からの借用が多いようですが、意味が歪曲されて使われることもあるかもしれません。日本で使われる「トラヴァーユ」はフランス語では転職ではなく「仕事」一般ですし、「アルバイト」はドイツ語で「働く」ですから。
英和でamieをひいてみると、「女友達」と「恋人」の両方がありましたが、英語圏で通常どのような感覚で使われているのかまでは私にはわ...続きを読む

Qフランス語の挨拶を教えてください。

明日、仕事で一言だけフランス語で挨拶をしなくてはいけません。
「Nice to meet you」がフランス語では「Nice vous rencontrer」
というところまではわかったのですが、読み方がわからず困っています。

片仮名表記は難しいせいか、調べてもでてきません。
なんとなくでよいのでお教え願いませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問文にある仏文は、翻訳機がはじき出した仏文ではありませんか?

英語のNice「嬉しい」という形容詞が、仏語ではNice「ニース」という固有名詞として扱われているようです。このままの意味では「ニースはあなたに会います」という、ちんぷんかんな意味になってしまい、また活用も正しくありません。

ご質問の英文から拝察すると、最初の挨拶のようですから、フランス語では通常以下のような挨拶表現を使います。

Enchante.(アンシャンテ)
「はじめまして」(一般の挨拶)

Tres heureux.(トレ・ズRー:話し手が男性の場合)
Tres heureuse.(トレ・ズRーズ:話し手が女性の場合)
「お会いできて光栄です」(ビジネス用挨拶)
*Rの発音は、のどの奥を震わせて発音する特殊な発音で、日本人には難しいので、一度本当の発音を聞かれた方がいいと思います。

Tres content.(トレ・コントン:話し手が男性の場合)
Tres contente.(トレ・コントンt:話し手が女性の場合)
「お会いできて光栄です」(ビジネス用挨拶)

なお、上記を丁寧に言い換えたものが以下のような文になります。

Je suis enchante de faire votre connaissance.
(ジュ・スイ・アンシャンテ・d・フェ-r・ヴォートr・コネッサンス)
「お会いできて嬉しいです」

Je suis heureux de faire votre connaissance.
(ジュ・スイ・ズrー・d・フェ-r・ヴォートr・コネッサンス)
「お会いできて嬉しいです」

Je suis content de faire votre connaissance.
(ジュ・スイ・コントン・d・フェ-r・ヴォートr・コネッサンス)
「お会いできて嬉しいです」

ただ、通常の「はじめまして」はEnchanteを使い、ビジネス用には一般に手短なTres heureux「はじめまして」が、洗練されたマナーとして使われています。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問文にある仏文は、翻訳機がはじき出した仏文ではありませんか?

英語のNice「嬉しい」という形容詞が、仏語ではNice「ニース」という固有名詞として扱われているようです。このままの意味では「ニースはあなたに会います」という、ちんぷんかんな意味になってしまい、また活用も正しくありません。

ご質問の英文から拝察すると、最初の挨拶のようですから、フランス語では通常以下のような挨拶表現を使います。

Enchante.(アンシャンテ)
「はじめまして」(一般の挨拶)

Tr...続きを読む


人気Q&Aランキング