忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

C++でインターネットのurlをプログラム上に入力してそれをcドライブに保存するプログラムを教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

libcurl の C/C++ バインディングをどうぞ


http://curl.haxx.se/libcurl/c/

参考になるサンプル
http://d.hatena.ne.jp/irasya/20090726/1248610519
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QInternetReadFileを使ったファイルダウンロード

下のようなプログラムは、httpサーバから特定のファイルを
ダウンロードすることが目的です。
(※referer, file名は仮のものです。)

試しに動かしてみて、転送速度が比較的速い場合には、一応問題なく
ダウンロードすることができたのですが、転送速度が遅い場合には、
ファイルサイズがどんどん膨れ上がってしまいます。

問題は、InternetReadFileでブロックされることがないからだと
推測しましたが、情報が少なく困っています。
転送速度が遅い場合にも正常にダウンロードするにはどうしたら
よいでしょうか?


#include <windows.h>
#include <wininet.h>
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

bool GetHttpFile(){

  HINTERNET hInternet;
  HINTERNET hFile;
  char Buf[1000]; /* バッファ */
  DWORD ReadSize;
  BOOL bResult;
  wchar_t szHead[] = TEXT("Referer:http://aaa.com/\r\n\r\n"); // ヘッダにRefererを追加する
  FILE *fp;
  bool ret;

  /* 保存先ファイル作成/open */  
  fp = fopen("sample.zip", "wb");
  if (fp == NULL){  /* ファイル作成/openに失敗 */
    ret = false;
    
  }else{ /* ファイル作成/openに成功 */
    /* WININET初期化 */
    hInternet = InternetOpen(
      TEXT("Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)"),
      INTERNET_OPEN_TYPE_PRECONFIG,
      NULL,
      NULL,
      0);
  
    /* URLのオープン */
    hFile = InternetOpenUrl(
      hInternet,
      TEXT("http://aaa.com/bbb.zip"),
      szHead,
      0,
      INTERNET_FLAG_RELOAD,
      0);
  
    /* オープンしたURLからデータを(1000バイトずつ)読み込む */
    for(;;){
      ReadSize = 1000;
  
      bResult = InternetReadFile(
        hFile,
        Buf,
        1000,
        &ReadSize);
  
      /* 全て読み込んだらループを抜ける */
      if(bResult && (ReadSize == 0)) break;
      
      /* ファイルに書き込み */
      fwrite(Buf, sizeof(char), 1000, fp);
    }
  
    /* 後処理 */
    InternetCloseHandle(hFile);
    InternetCloseHandle(hInternet);
    fclose(fp);
    ret = true;
  }
  
  return ret;
}

int main(){
  if(GetHttpFile() == true){
    printf("成功\n");
  }else{
    printf("失敗\n");
  }
  
  return 0;

}

下のようなプログラムは、httpサーバから特定のファイルを
ダウンロードすることが目的です。
(※referer, file名は仮のものです。)

試しに動かしてみて、転送速度が比較的速い場合には、一応問題なく
ダウンロードすることができたのですが、転送速度が遅い場合には、
ファイルサイズがどんどん膨れ上がってしまいます。

問題は、InternetReadFileでブロックされることがないからだと
推測しましたが、情報が少なく困っています。
転送速度が遅い場合にも正常にダウンロードするにはどうしたら
よい...続きを読む

Aベストアンサー

あくまで予想なので間違ってるかも

ダウンロードの関数とか使ったことないし、処理もちらっとしか見てないけど、
1000バイトずつ)読み込むってので、1000バイト読めなかった場合の差分が増えているってことはない?
例えば500しか読めなかったら、残りの500が不定データとして格納されてその分最終的なDLサイズが増えているとか?

Qweb上のhtmlファイルから文字データを取得するには

c言語を勉強中の初心者です、
自分が今作りたいプログラムはweb上のhtmlにある文字データを取得し、
整理し、プログラム内で表示するような物ですが、どの本を読んでもweb上からデータを取得する方法が紹介されていません、(見つけられないだけかもしれませんが…)

例えば、yahooの株情報からデータを取得するソフトなんてのはよくありますよね?

こういった方法は何か凄く特殊なのでしょうか?
一般的にこういった事をプログラミング用語で何と呼ぶのかすらわからないので、検索で調べようがありません…

ただweb上のhtmlファイルから文字列を取得したいだけです、
コードの例などを紹介している書籍やwebページを教えてください
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Winsockを使えば出来ますよ。
簡単なものなら「猫でもわかるネットワークプログラミング」を読まれてはどうでしょう?
http://www.amazon.co.jp/dp/4797334797/

ただ、「猫でもわかるネットワークプログラミング」は簡単すぎるので本格的に組むには物足らない恐れもあります。
「C言語によるTCP/IPネットワークプログラミング」
http://www.amazon.co.jp/dp/4894715163/
こっちは、C言語中級者以上じゃないと難しすぎるかも知れませんが。

Qファイルやディレクトリの存在確認を行う方法

ファイルをオープンするのはfopenでOKですが、ファイルやディレクトリの存在確認を行う方法が知りたいです。

何か組み合わせて作るものなのでしょうか?
perlとか便利な演算子があるのですが、C/C++って器用ではないですね。
これは処理系?依存の内容ですか?

私の環境は VC6, VC2005 Windows2000です。

Aベストアンサー

int access(const char* path, int mode);
int stat(const char* path, struct stat* sb);

かな?
MSDN を引くと _access_s() を使えとか書いてあるけど。

QC++/CLIでの画像情報(RGB)の取得

Visual C++ 2005のC++/CLI対応で、.NET Frameworkのクラスライブラリを使用し、画像処理のプログラムを作成しています。
pictureBox1->Image = gcnew Bitmap( ファイル名 );
で、画像を表示するところまではできたのですが、表示したBitmapデータのRGBカラー情報を取得する方法がわからず、困っています。
ご存知の方、教えてください。
また、このような情報が載っている書籍やサイトがありましたら、合わせて教えてください。
よろしくお願いします。
必要な情報が抜けていましたら、お手数ですが、ご指摘お願いします。

Aベストアンサー

最初に訂正ですが、 ToArgv() メソッドのことは忘れてください。
RGB情報を取得したいとは、R,G,B それぞれの値を取得したいということですよね?
Color 構造体に、R,G,B というそのまんまの読取専用のプロパティがありました。

手順は
(1) Bitmap からColorオブジェクトを取得
(2) Color 構造体のR,G,B というプロパティにアクセス。
という感じです。

class Bitmap{
public:
Color GetPixel(X, Y);
};

struct Color{
int R, G, B;
int ToArgv(); // このメソッドは無視する
}; // C++ は構造体の中にもメソッドを書ける

というクラスと構造体があって、
Bitmap::GetPixel(X, Y) でColorオブジェクトが取得できます。
Bitmap bmp = new Bitmap() ; // 仮想コード
Color color = bmp.GetPixel(X, Y);

となります。
次に、取得したColor構造体のオブジェクトcolor を利用して、それぞれのRGB値を取得します。

unsigned red = color.R;
unsigned green = color.G;
unsigned blue = color.B;

以下、bmp.bmp というビットマップの全Pixel のRGBを result.txt というファイルに書き込むサンプルです。(CLR コンソールアプリ )

// メイン プロジェクト ファイルです。

#include "stdafx.h"

#using <System.Drawing.dll>
using namespace System;
using namespace System::IO;
using namespace System::Drawing;

int main(array<System::String ^> ^args){
StreamWriter^ sr = File::CreateText ("result.txt");
Bitmap^ bmp = gcnew Bitmap("bmp.bmp");

for (int i = 0; i < bmp->Width; i++){
for (int j = 0; j < bmp->Height; j++){
Color col = bmp->GetPixel(i,j);
unsigned int red = col.R;
unsigned int grn = col.G;
unsigned int ble = col.B;

sr->WriteLine("( {0}, {1} ) - R : {2}, G : {3}, B : {4}", i,j,red,grn,ble);
}
}

sr->Close();

return 0;
}

最初に訂正ですが、 ToArgv() メソッドのことは忘れてください。
RGB情報を取得したいとは、R,G,B それぞれの値を取得したいということですよね?
Color 構造体に、R,G,B というそのまんまの読取専用のプロパティがありました。

手順は
(1) Bitmap からColorオブジェクトを取得
(2) Color 構造体のR,G,B というプロパティにアクセス。
という感じです。

class Bitmap{
public:
Color GetPixel(X, Y);
};

struct Color{
int R, G, B;
int ToArgv(); // このメソッドは無視する
}; // C++ ...続きを読む

QLNK2019: 未解決の外部シンボルのエラーが出る

Microsoft Visual Studio 2008
Version 9.0.21022.8 RTM
Microsoft .NET Framework
Version 3.5 SP1
----------------------------------------------------------------
新しいプリジェクト→Win32 コンソール アプリケーション(ソリューションのディレクトリを作成 チェック外す)→Windows アプリケーション(空のプロジェクト チェック外す)
----------------------------------------------------------------
 プログラム

 mymain.cpp
#include "myhelper.h"
#include "mymain.h"

//自キャラのデータ
Point2D g_jikipos = {40, 400};//自キャラの座標

//画像ハンドル
int g_jikiimage[11];

//色々なファイルの読み込み
int LoadFiles(){
//画像ファイル読み込み
if(LoadDivGraph("media\\player01.bmp",
11,11,1,64,64,g_jikiimage) == -1) return -1;

return 1;
}


 mymain.h
//他から呼び出させるMyMainの関数
void MyMain();
int LoadFiles();


 myhelper.h(サンプルなので打ちミスはない)
#include "DxLib.h"
#include <limits.h>
#include <math.h>

//構造体宣言
//座標またはベクトルを記録する構造体
struct Vector{
float x,y;
};
typedef Vector Point2D;
//線を記録する構造体
struct Line2D{
Point2D startpos, endpos;
float katamuki;//傾きをラジアン値で記録
Vector speed;//移動している場合は速度をセット
};
//球体を記録する構造体
struct Ball2D{
Point2D position;
float hankei;//半径
};
//四角形を記録する構造体
struct Rect2D{
Point2D lefttop;
Point2D rightbottom;
float width;
float height;
};


//ライブラリ関数
Point2D PosInView(Point2D in);
int XInView(float inx);
int YInView(float iny);
void ScrollToLeft(float jikiposx);
void ScrollToRight(float jikiposx);
void ScrollToUp(float jikiposy);
void ScrollToDown(float jikiposy);
void DrawLineInView(float x1, float y1, float x2, float y2, int Color, int Thickness);
void DrawCircleInView(float x, float y, float r, int Color, int FillFlag);
void DrawAnimation(float x, float y, double ExtRate, double Angle,int TurnFlag,
int *imgarray, int allframe, float fps);
//ベクトル関数
Vector CreateVector(Vector in, float veclen);
Vector AddVector(Vector v1, Vector v2);
Vector SubVector(Vector v1, Vector v2);
Vector AddVectorInFrameTime(Vector pos, Vector speed);
Vector AddVectorInFrameTime2(Vector pos, Vector speed, Vector accel);
Vector Normalize(Vector in);
Vector RotateVector(Vector in, float radian);
float VectorLengthSquare(Vector in);
float DotProduct(Vector v1, Vector v2);
float CrossProduct(Vector v1, Vector v2);
void SetLine2DKatamuki(Line2D *in);
void DrawLine2D(Line2D in, int Color, int Thickness);
void DrawBall2D(Ball2D in, int Color, int Fill);
//当たり判定関数
bool HitTestLineAndBall(Line2D linein, Ball2D ballin);
bool IsPointAtLineFace(Line2D linein, Point2D ptin);
bool HitTestLineAndLine(Line2D line1, Line2D line2);
bool HitTestBallAndBall(Ball2D a, Ball2D b);
bool HitTestPointAndBox(Rect2D rect, Point2D pt);
//タイマー関数
void SetSimpleTimer(int idx, int time);
int GetPassedTime(int idx);


//グローバル変数
extern float g_frametime;
extern Rect2D g_framerect;//画面領域(当たり判定)
extern Point2D g_current_field_pos;//現在の左上座標
extern Rect2D g_stagesize;//ステージサイズ

//定数宣言
const float ZEROVALUE = 1e-10f;
const float PIE = 3.1415926f;
const int SCROLL_LIMIT = 200;
----------------------------------------------------------------
 エラー内容
1>myhelper.obj : error LNK2019: 未解決の外部シンボル "void __cdecl MyMain(void)" (?MyMain@@YAXXZ) が関数 _WinMain@16 で参照されました
1>C:\Documents and Settings\Owner\My Documents\Visual Studio 2008\Projects\my\Debug\my.exe : fatal error LNK1120: 外部参照 1 が未解決です
1>my - エラー 2、警告 0
ビルド: 0 正常終了、1 失敗、0 更新不要、0 スキップ
----------------------------------------------------------------
画像を貼り付けときます
(見えにくい場合→http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org154142.jpg.html)
初心者なのでわかりやすくお願いします

Microsoft Visual Studio 2008
Version 9.0.21022.8 RTM
Microsoft .NET Framework
Version 3.5 SP1
----------------------------------------------------------------
新しいプリジェクト→Win32 コンソール アプリケーション(ソリューションのディレクトリを作成 チェック外す)→Windows アプリケーション(空のプロジェクト チェック外す)
----------------------------------------------------------------
 プログラム

 mymain.cpp
#include "myhelper.h"
#include "mymain.h"

//自...続きを読む

Aベストアンサー

ファイル構成から推測するに
mymain.cpp というファイルに
void MyMain(void) {
// ここに処理を書く
}
という関数が必要なようです。

QCStringからchar*への型変換について教えてください。

以前の質問に

int型 → CString型/char型

がありましたが、

CString型をchar*型に変換する方法を
教えていただければありがたいです。

MSDNで「LPCTSTRキャスト」が説明されていましたが、
例が載ってないのでよくわかりませんでした。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

目的にもよりますが一時的にchar配列として使いたいならCString::GetBuffer()が利用できます。
char配列としての利用が終わったらCString::ReleaseBuffer()する必要がありますが。

直接CString内の文字列を扱う必要があるならCString::operator LPCTSTRで文字列ポインタが得られます。
ただし、CStringオブジェクトをいじると無効ポインタなる可能性があるので気をつけてください。

MSDNのMicrosoft Foundation Classリファレンス→CString→クラスメンバで確認してください。

QC++とVC++の違いについて

この質問をご覧頂きありがとうございます。

みなさんに2つ、お聞きしたいことがあり、質問させていただきます。
1.C++とVC++とでは、どのくらいの違い(どういう違い、特徴)があるのでしょうか?

2.また、これからC++/VC++でプログラミングを始めようとした場合、
C++からVC++へと段階を踏んで勉強した方がよいのでしょうか?

一応、私のプログラミングの履歴としては、
言語としてVisual Basicは多少勉強はしておりました。
また、オブジェクト指向の基礎程度(多相、継承、カプセル化)は理解しています。

抽象的な質問で大変恐縮なのですが、
みなさんの経験論や、ご参考にした本、HP等がありましたら、
ご教授いただければと思います。

Aベストアンサー

こんにちは、honiyonです。
 VC++ は、Microsoftの発売している C++開発環境です。 純正C++に加え、独自に機能(という言い方でいいのかな?)を追加しており、更に開発しやすいソフト(環境)を添付してあります。

 VC++に限らず、大体はそうです。 ProC++も、Borland C++も皆そうです。
 今までお使いになっていた VBも、BASICコンパイラ+開発環境です。 
 こちらの場合、BASICに機能を追加・・・というより仕様そのものを大幅いじってますね(笑)

 VC++をただ単純に C++として使用するなら良いですが、VC++とMFCを使用してウインドウアプリケーションを作りたいという事であれば、死に物狂いな勉強が必要が必要かもしれません。Windowアプリケーションの処理プロセスを理解していないと、とっても難解に感じると思います。
 VC++でなければいや!という理由がなく、Visual Basicからスムーズに移行でき、かつVisual Basicより奥の深い事をしたい、というならば C++ Builder をお勧めします。 こちらで腕を慣らし、徐々にWindowアプリケーションの処理プロセス(WinMainから始まるプログラムの組み方の事です)を学ぶと良いかな、と思います。 その上で VC++&MFCな環境に移行すると、敷居はぐっと低くなります。
 私は一度VC++&MFCに挫折しましたが、こちらの方法で何とか理解する事が出来ました(^^;

 参考になれば幸いです(..
 

こんにちは、honiyonです。
 VC++ は、Microsoftの発売している C++開発環境です。 純正C++に加え、独自に機能(という言い方でいいのかな?)を追加しており、更に開発しやすいソフト(環境)を添付してあります。

 VC++に限らず、大体はそうです。 ProC++も、Borland C++も皆そうです。
 今までお使いになっていた VBも、BASICコンパイラ+開発環境です。 
 こちらの場合、BASICに機能を追加・・・というより仕様そのものを大幅いじってますね(笑)

 VC++をただ単純に C++として使用するなら良いで...続きを読む

Q1 つ以上の複数回定義されているシンボルが見つかりました

こんにちは。

VC++を使ってプログラムを作っているのですが、コンパイルは通るのですが、リンク時に以下のエラーメッセージが出ます。どなたか解決方法を教えてください。
(仮にプロジェクト名をPROJECTとします。)

リンク中...
PROJECT.obj : error LNK2005: "struct AA pAA" (?pAA@@3UAA@@A) はすでに PROJECT.obj で定義されています
Debug/PROJECT.exe : fatal error LNK1169: 1 つ以上の複数回定義されているシンボルが見つかりました
link.exe の実行エラー

開発ツール:VC++6.0 MFCを使用しています。
OS:Windows XP SP2

上記現象の発生した契機は、ヘッダファイル内で定義している構造体に構造体変数を加えたことによります。
【発生前】
・ヘッダ内
struct AA
{

};

・ソース内
AA pAA;

【発生後】
・ヘッダ内
struct AA
{

}pAA;

・ソース
(ソース内での構造体変数の宣言を削除)

以上で、どなたか心当たりのある方はご教授をお願いいたします。

こんにちは。

VC++を使ってプログラムを作っているのですが、コンパイルは通るのですが、リンク時に以下のエラーメッセージが出ます。どなたか解決方法を教えてください。
(仮にプロジェクト名をPROJECTとします。)

リンク中...
PROJECT.obj : error LNK2005: "struct AA pAA" (?pAA@@3UAA@@A) はすでに PROJECT.obj で定義されています
Debug/PROJECT.exe : fatal error LNK1169: 1 つ以上の複数回定義されているシンボルが見つかりました
link.exe の実行エラー

開発ツール:VC++6.0 MFCを使用して...続きを読む

Aベストアンサー

struct AAを定義したヘッダファイルを複数個所からインクルードしていませんか?
ヘッダ内で構造体変数(pAA)を定義しているので、インクルードした回数だけ、同名の変数ができてしまいます。

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

QInternetReadFileで大きいファイルが読み取れない

InternetReadFileでウェブ上のファイルをローカルPCにコピーするプログラムが、ファイルサイズが大きくなると最後までコピーできません。具体的には1Mバイト以上のファイルの読み取りにおいて、150K~400Kバイトまでしか読み取ることができません。読み取られたバイト数(以下のプログラムでdwByteRead)が0になり、それ以降のデータを読み取れません。読み取られた総バイト数は読み取りバッファサイズ(以下のプログラムでREAD_BUF_SIZE)の整数倍ですが、その値は毎回異なります。(殆どの場合、150K~400Kバイト)dwByteReadが0なった後、10回再試行を行うルーチンを追加してみましたが、一旦0になるとそれ以降は復活することはなく効果無しでした。このプログラムは数10Kバイトまでの読み取りでは安定して動作しているので、プログラム自体の安定性は問題ないと思います。

InternetReadFileで1Mバイト以上のファイルを読み取ることに成功して方がいらっしゃいました、その方法をご教示ください。他の方法でも1Mバイト以上のファイルをhttpから取り込むことができる方法で結構です。

HINTERNET hSession = InternetOpen( "MyApp", INTERNET_OPEN_TYPE_DIRECT, NULL, NULL, 0 );
if( hSession ){
HINTERNET hService = InternetOpenUrl( hSession, url, NULL, 0, 0, 0 );
if( hService ){
...
if( (fp=fopen(fName.c_str(), "wb")) != NULL ){
fwrite( lpBuffer, dwBytesRead, 1, fp );
while(true){
Byte lpBuffer[READ_BUF_SIZE+1];
DWORD dwBytesRead = READ_BUF_SIZE;
InternetReadFile( hService, lpBuffer, READ_BUF_SIZE, &dwBytesRead );
if( dwBytesRead == 0 ) break;
fwrite( lpBuffer, dwBytesRead, 1, fp );
}
...

InternetReadFileでウェブ上のファイルをローカルPCにコピーするプログラムが、ファイルサイズが大きくなると最後までコピーできません。具体的には1Mバイト以上のファイルの読み取りにおいて、150K~400Kバイトまでしか読み取ることができません。読み取られたバイト数(以下のプログラムでdwByteRead)が0になり、それ以降のデータを読み取れません。読み取られた総バイト数は読み取りバッファサイズ(以下のプログラムでREAD_BUF_SIZE)の整数倍ですが、その値は毎回異なります。(殆どの場合、150K~400Kバイ...続きを読む

Aベストアンサー

★今回は簡単にアドバイス
・『InternetReadFile』関数の戻り値を調べてみましょう。
・『FALSE』が返ったらエラーです。
・『GetLastError』関数で調べてみて下さい。
・また、『Sleep』関数でウェイトを入れたらどうなる?
・あと、前回のサンプルで大きいサイトは正常にすべてを読み込めなかったかな?

最後に:
・InternetQueryDataAvailable( hUrl, &dwSize, 0, 0 ); で HTML ソースの
 ファイルサイズから全体のどの部分で『例外発生』や読み込み停止になるのかを
 解析してみましょう。→『Sleep』関数も使って。
・以上。おわり。


人気Q&Aランキング