【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

紙についたハンコの朱肉やレーザープリンタのトナーを落とす方法を教えてください。
落としたい理由は単なる興味です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

このページによれば、朱肉のシミは除光液かクレンジングオイルとのことで成分を調べてみたところ

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

アセトンであることが分かりました。

アセトンをしみこませたトイレットペーパーで拭いてみたのですが
確かに多少は取れるのですが、かなり何回もごしごしと拭かないと全て拭き取ることができません。

他にもっと良い薬剤あるいは方法があれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#5の追補です。



◆#1補足説明「なぜそこまで強固に紙と結合できる?」について
<朱肉の場合>
インクが水性だとスタンプ台がすぐ乾いてしまいますので、長く乾きにくい油の中に朱色の顔料を混入させたインクを使います。 そこで、紙の繊維の中にしみ込んだインクは、油分をすっかり取除いても、繊維のスキマに入り込んだ顔料の朱色微粒子は僅かに取り残ってしまいます。そのため、朱色が完璧には取除けない傾向になります。
なお、インク油分の除去はベンジン(又はガソリン)を使います。ベンジンは、油の種類がどうであれ殆どの油バインダーを溶かして洗い流します。そのあと、ベンジン自体は蒸発して消えてしまいます。それで、紙はさらさら状態に乾きます。
インクが染料の場合は、紙の繊維が染料で染まってしまうので朱色の除去は不可能です。衣類が色落ちしないのは、染めが染料のおかげです。

<トナーの場合>
熱で溶けたトナーは、表面張力があるので紙繊維の中までは浸透せず、紙面の表面にねばり付いた状態で固まります。
もし、このトナーをアセトンなどの溶剤で溶かすと、溶けたトナーの中の顔料の微粒子が紙の繊維の中まで入り込んでしまい、取除くことが不可能とは言えなくても実際には困難になってしまいます。
消すのはカラー印刷でもモノトン印刷でも同じで、印刷した表面を機械的に削り取る以外の方法がありません。

◆#6の[炭化水素] (油のことです) について
『化合している分子量によって』の意味は、[炭素]と[水素]の化合のことで、これによって油の性質が違ってくるわけです。
 C6 H6 (ベンジン)、 C6 H5 CH3 (トルエン)、 
 CH3 OH (メタノール)、 CH3 CO CH3 (アセトン)、などです。

◆質問文「除汚液」について
除汚液を使うのは注意が必要です。
除汚液にははとんどの場合アセトンが何割か混入しています。アセトンは多数の種類のプラスチック類を溶かしてしまう性質を持っていますので、紙は大丈夫としても、レーヨンとかポリエステル類などの繊維製品に付着すると、生地を溶かし傷めてしまいます。
生地がぬるぬるに溶けてしまうので、手を拭く布類にも注意が必要です。
洗い流すベンジン・アルコールなどの油類については、回答#3のURLに示した「DVD(裏側:読み取り面)に油性ペンで」中の溶かし油の記事を参考にして下さい。
   
    • good
    • 2

#5です。

 #1の補足説明で言っていた「有機溶媒に溶けるものとか溶けないものがあるのは理解できないのですが」の解明です。

水と油が混ざらないのと同様に、物質によって性質が違うので、溶けない現象が出ます。
また、同じ [炭化水素] (油のことです) でも、化合している分子量によっても溶ける性質が違います。
ラッカー系塗料はラッカーシンナーで溶けますがペンキ溶剤(テレビン油)では溶けません。
同様に、石油・ベンジン・ガソリンなどなど、どうにか溶ける油もあり全く溶けない油もあります。

別件ですが、染料インクの場合は、紙の繊維が染料で染まってしまうので、消す事は全く不可能と思って下さい。
  
    • good
    • 1

正しい知識のために関連情報をお知らせしておきます。



いま対象にしているのは、朱肉とトナーの消し方です。
朱肉は印鑑専用のスタンプ台で、朱色(赤黄色)のインクを、容器に詰めた植物繊維などの綿ふとん状の材質に染み込ませたものです。

インクは、植物油か液状樹脂類に朱色の顔料(まれには染料)を混合して作ります。染料の場合は主に化学合成材です。
つまり、インクはバインダーと呼ぶ液剤の中に、微粒子の顔料粒が混じっている状態です。

油性のバインダーは、アルコールで溶ける材質は少なく、ベンジンかテレピン油(ペンキうすめ液)で溶ける性質が大多数です。
アセトンは特殊な溶剤で、あらゆるプラスチック類を溶かしてしまう性質がありますので、要注意です。

ひところは、バインダーにPCB(ポリ塩化ビフェニール)が使われ、色落ちしないので重宝されましたが、毒性のため現在は不使用になっています。
また、朱色顔料として昔は水銀硫化物や硫化カドミウム類が使われましたが、これも水銀やカドミウム毒性のため現在は使用禁止されている筈です。

トナーは、熱に溶けやすい合成樹脂に、色彩の顔料を混入させて粉末にした素材です。
黒のほか各色のトナーがりますが、初期のトナーはエマルジョンと言って、印刷面と他の印刷面とが接していると接着してしまう性質がありました。無理にはがすと、両方の印刷面が相手側の印刷状態と混在して何が書いてあるのか判断できなくなります。
現在のトナーは、エマルジョン現象が改善されている筈ですが、古い文書は要注意です。
  
    • good
    • 0

たとえば、朱肉、あるいは黒の顔料、朱肉は水銀の酸化物?、黒はカーボン、いずれも酸やアルカリに侵されず、アセトンその他の溶剤にも溶けません。


落とすには、溶剤というより、コロイド状に分散させている媒質(ひまし油その他)を取り去り(例 アセトンで)、その上で繊維等の間に入りこんだ、微小の個体を機械的に取り除く必要があります。
化学繊維なら比較的容易かも知れませんが、通常は完全除去は無理です。
だから朱が使用され、黒の塗料が一番長持ちします。
    • good
    • 0

完全に消す方法はありません。


が、少しは目立たなくする方法はあります。
消しにくい原因・理由を交えて説明します。

◆朱肉の場合は、通常は油性インクを凸版型の印鑑で押し付けた印刷です。
 油性インンクは紙の繊維の中に入り込んでいます。油を溶かす [液剤] で、もみ洗うような気持でたたき洗いすれば、少しはインク色が薄くなる程度には改善する筈です。
 (1)ハンコ朱肉が付いた紙の下に、きれいな布(ハンカチ程度の布地)を敷く。
 (2)消したい朱肉の部分にアルコール(又はベンジン)を数滴たらす。
 (3)その上から、別の清潔な布地を当て、叩くように朱肉インクを絞り出す。
 この操作を何度も繰り返すと、かなり消せる筈です。

◆レーザープリンターの場合は、トナーと思っていてもレーザーなどによる焼付け方式のことがあり、焼付けの消去は不可能です。
 トナーの場合は、字形・図形の部分だけトナーが熱で溶けて紙に粘り着く状態です。
 溶けたトナーは、紙の繊維の中に少しだけ入り込んだ状態で仕上がっているのが、一般的な方式の印刷状態です。
 この印刷状態を消すには、機械的にコスリ取るほかありません。溶剤で溶かすと返って汚れが広がるだけです。
 (1)カッターナイフ(オルファなど)の刃ではない斜め部分で、静かに、紙表面をこすってスイープ(そっとサーフ)。
 (2)小さな毛ばたきかやわらか筆で、削り取ったカスを(こすりつけないように)払う。
 この操作を繰り返して、根気よくはじから消していきます。
   
(参考)
DVD(裏側:読み取り面)に油性ペンで
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7128788.html
  
革のソファーについた油性ペンの跡を消す
http://okwave.jp/qa/q5368058.html
  
    • good
    • 3

 紙は細い繊維で出来ています。

繊維の中にしみこんだ物があり、それが残っていると思います。拭いた程度では取れないと思いますよ。
 繊維もつるっとした物では無く、電子顕微鏡などでみれば隙間だらけだと思いますよ。

 薬剤につけ込んでという洗濯のつけ置きみたいな形になるのでは?


 美術品などの修復などのテクニックではあるでしょうね。
    • good
    • 0

そこまでの方法が無いので、プリンターでの印刷書類に署名捺印する手法が、契約書類などとして有効に用いられているのです。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

方法がないとして、なぜそこまで強固に紙と結合できるのですか?
極性のある物質が水に溶けやすいものと溶けにくいものがあるのは理解できるのですが
有機物によって有機溶媒に溶けるものとか溶けないものがあるのは理解できないのですが。
この理由を教えてください。

お礼日時:2014/07/02 16:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスタンプインキの消し方?

仕事の書類にスタンプにつけた判を押していて間違った時,どうしてもそれをほぼ完全に消したい時の方法で,何か裏技的ないい方法は無いでしょうか?
カッターや砂消しでゴシゴシすると,紙が薄くなってしまうし,消した痕が残ってしまいます。ボールペンや万年筆などには,それに適したインク消しが市販されていて,1液+2液でほぼ完全に消え,紙もきれいなままです。スタンプインキに押した判の間違いを上手く消す方法を御存知の方よろしくアドバイス願います。

Aベストアンサー

消す髪質によります。トレシングペーパー等インクがしみ込まない紙ですと台所の中性洗剤で綺麗に消せますが、コピー用紙、普通紙等は薄くなりますが。にじんでしまいます。秘術はないでは。お役にたてなくてすみません。

Q印鑑の跡(朱肉)の消し方

お願いします。

本に朱肉の跡があるのですが、それがあるため古本屋に売れません。

何とか消したいのですが、思い当たる方法がなく、困っております。

何か方法を教えてください。

Aベストアンサー

朱肉の色は消すことはできます。元々の印刷部分も一緒に消えてしまいます。
顔料系では洗剤をつけ超音波で押し出し、紙用コート剤(修正液)で白く染色
染料系では万年筆用2液タイプのインキ消しを使い、紙用コート剤で白く染色
ほとんどの紙は事実白い顔料でコーティングされているのです。

かなりな出費となります。

高く売るためにお金をかけるという本末転倒な事態になりませんか。

Qトナーの汚れが落ちない

コピーした文章の部分を下にしてデスクマットにはさんでいたら、トナーが事務机にくっついてしまいました。
洗剤(マジックリン)を雑巾に染ませてゴシゴシしたり、消しゴムでこすったりしましたが、全然落ちません。よい方法があったら教えてください。

Aベストアンサー

コピーのトナーはポリエステルなどのプラスチックです。
ですから、水や洗剤、漂白剤ではとれません。
デスクマットから出てくる油分(可塑剤)のために、コピー紙から
溶けてビニールにくっついてしまったのです。
とるのは、塗料用のはがし液が一番です。たとえばアサヒペンの
塗料はがし液は、100cc入りで、450円程度です。
この液は水性で、環境にもやさしく、お勧めです。

参考URL:http://www.murata-kimpaku.com/

Qハンコの跡を消したい

ハンコの跡を消したい

古いカタログにハンコ(朱肉)が押されています。 これを綺麗に消す方法を教えてください。 ちなみに除光液で試しましたがほとんど取れませんでした。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 朱肉はひまし油や樹木のやになどの油性分を練り上げて作られたもので、落ちないことを前提として作られていますので、どんな液体使っても完全に除去することは困難です。

 カタログの紙質にもよりますが、紙に染み込んでいる程度が少なければ、少しずつ紙の表面を削る事で徐々に目立たなくなります。ただ、完全に除去できるかは難しく、紙の表面も削られるため、薄い紙では穴が空いてしまいます。
 カタログなどは、表面にコーティングされた紙質なので、カッターナイフの背の部分や砂消しゴム、1000番以上の目の細かい紙やすりなどで少しずつ削り、その跡、消しゴムで軽くこすることで紙の表面を整えることができ、めだちにくくできます。

 ただ、これも完全な方法ではないのですが、こうして除去したことは何度かありますが、紙の表面が荒れ、擦られた跡が少し残ります。

Qプリンターインクのシミを取るには?

詰め替え用のインクなんですが、作業中飛び散って畳が汚れてしまいました。指もカラーインクで汚れてしまいました。せっけん、洗濯用漂白剤、マニキュア除光液、シンナー等試してみましたが、多少薄くはなる程度でほとんど落ちません。メーカーに問い合わせましたが、有効な答えを得ることが出来ません。何を使ったらいいでしょうか?シミで困った方、何を使って除去されましたか?

Aベストアンサー

プリンターのインクなら、
「かんたんマイペット」(薄緑色のボトル)がお勧めです。
このかんたんマイペットは、プリンターのインクを溶かしだすますので
指や肌についたものは、雑巾などにしみこませ、ゴシゴシこするようにすると
ほぼその場で9割がた落せます。

さて、問題は畳です。
フローリングの床とか事務所などによくある床タイル張りであれば
原液を拭きかけ、インクの色が液の泡に浮いてきたら雑巾で拭いてやると落ちます。
たまに完全に乾ききってしまったものや傷などの隙間に残る場合などは
インクを吹きかけて2~3分置いてゴシゴシこすってやると
(足で体重をかけてこすると効果的です)見えないほどになります。
さて、畳ですが表面に残っている分に関しては上記の方法で大丈夫ですが
繊維の隙間に入り込んだ、もしくは染み込んでしまったものに関しては
原液を吹きかけた後、原液を少ししみこませた雑巾などでたたいて
入り込んだ、もしくは染み込んでしまったインクを染み出せて、取り除くしかないと思います。
ただし、私も畳では本格にやったことがないのでどこまで効果が期待できるかは
申し上げられません。
また、材質によってはかんたんマイペット自体がきわをつけてしまう場合もありえますので、
試される際には目立たない小さい範囲でやってみて様子を見てください。

これでよければお試しください。

プリンターのインクなら、
「かんたんマイペット」(薄緑色のボトル)がお勧めです。
このかんたんマイペットは、プリンターのインクを溶かしだすますので
指や肌についたものは、雑巾などにしみこませ、ゴシゴシこするようにすると
ほぼその場で9割がた落せます。

さて、問題は畳です。
フローリングの床とか事務所などによくある床タイル張りであれば
原液を拭きかけ、インクの色が液の泡に浮いてきたら雑巾で拭いてやると落ちます。
たまに完全に乾ききってしまったものや傷などの隙間に残る場合など...続きを読む

Q本に押した印鑑を消したい。

私は本を買うと必ず印鑑で名前を入れます。

ビニールコーティングした表紙の部分ではなく、タイトルなどが書かれている最初の一ページに印鑑を押します。

これを消す方法はないのでしょうか?

教えて下さい。お願いいたします。

Aベストアンサー

 どういった理由で消したくなったのかが分かりませんが、もともと印鑑と朱肉というものは紙の上に押印した際には「簡単には消えない・消せない」ということが前提で考え出されたものですから、こればかりはちょっと難しいと思います。

 むしろ、いろいろの方法で消そうと試みて紙質を傷めるというほうが、わたしには耐えられない思いがします。

 お売りになるという場合はなるほど困りますが、たとえば誰かにさし上げるなら、その巻頭の部分に別の紙に読後感などを書いたものを挟んでおくとか、プラス思考で押印を活用されたらと思ってしまいます。

Qインクジェットプリンタで出力した文字を消したいです

カテ違いかも知れませんが、紙に印刷された文字を綺麗に消す方法はありませんか?
シンナーとか試してみましたが、消えませんでした。
砂消しも綺麗ではないです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

顔料系インクであれば絶望的です、染料系なら水で流れるので万年筆のインク消しとかでも効果があるかもしれません。(最近見たことがないので売っているかどうか不明です)
やったことがありませんので保証はできませんが、最終手段あたりで試してみてはいかがでしょう。

Qインク(顔料)がついてしましました・・・。

職場にある、スタンプ台ありますよね?はんこや日付印なんかお使いの方ならご存知だと思いますが。そのインク(顔料)が制服についてしまいした・・・。病院の為、薄いグリーン色の制服なんで、とても目立ちます。ハイターでもとれないし、アルコール、シンナーなど試してみましたが、少し薄くなった程度でなかなかとれません。クリーニング屋さんに相談しましたが、特別なシミとり業者に頼めばとれるのではないかとのこと・・・。でもかなり高いそうです。家庭でどうにかとれる方法、誰かご存知の方、教えてください!お願いします!

Aベストアンサー

洗剤や漂白剤が効かないんですよね?
それならば「墨おとし紙」を試されてはどうでしょう。
染料系のマジックインキやボールペン、筆ペンには効きませんが、なんと墨汁がキレ~イに落ちちゃうんですよ。書道用品売り場にあります。
「手良子(てらこ)墨おとし紙」(定価300円)

Q服に付いたトナー

さきほどポリエステルと綿が半々でポリウレタン少し入った白いジャケットにトナーをこぼしてしまいました。点々と黒いしみになっております。
裏地も無いですし、その部分だけ水(洗剤)洗いは出来そうですが、過去問で、洗剤ではトナー汚れは落ちないと書いてありました。
落とす方法はありますでしょうか
クリーニング店は有効でしょうか。

Aベストアンサー

トナーは粉なので、まず掃除機などで吸い取ってしまうことです。
それでかなり取れると思います。
あとはガムテープなどで取ります。

Q朱肉インクの落とし方

カーペットにシャチハタの詰め替え用のインクをこぼしてしまいました。家にあった家庭用品の汚れを落とすスプレーでふいてみたけど落ちませんでした・・。何か良い方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q132670068
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010625220

このサイトが参考になると思います。


人気Q&Aランキング