dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

空気入れで空気をいれて、タイヤが固くなったので
空気入れを外しました。

途端に、ぷしゅ~っと、空気が抜けて
半分以下に・・・・。

3回繰り返しましたがダメでした


これは、なぜ?

A 回答 (7件)

英式バルブの虫ゴム、バルブ部分の不良


新品に交換。
チューブの内圧以上の空気を送り込み抜けない仕組み
バルブ異物混入。
ポンプ内の錆び、異物

バルブ部の締め付けが緩い
昔のひとはバルブの口に唾液を着け漏れが無いか確認した。
    • good
    • 0

空気の注入口のバルブのムシゴムが逝っているのか、パンクししているのか、はたまた空気入れの故障か。

    • good
    • 1

この説明では、回答できないですよ。



自転車の種類もわからないしね。

説明がきちんとできないということは、回答があっても理解できないと思います。

自転車屋に相談するのが一番ですよ。
    • good
    • 0

虫ゴムが痛んでいる可能性は否定できませんが、


URLの袋ナットが緩んでいませんか?
http://www.cb-asahi.co.jp/images/user/html/size/ …

英式バルブだと、口金で挟んだ時に、虫ゴムが下がって本体内部と接触しますが、袋ナットが緩んでいると、虫ゴムが上がって、空気が抜けます。
    • good
    • 0

空気入れを外した瞬間に抜けるなら、十中八九虫ゴムが原因です。


虫ゴムを交換するか、バルブを虫ゴムがいらない奴と交換してください。
http://fitness.byoubu.com/mushi/mushi.html
http://www.geocities.jp/taka_laboratory/20060205 …
    • good
    • 0

考えられるのは、虫ゴムの劣化、もしくはタイヤチューブに穴が空いている。


タイヤチューブ、バルブの接合部に穴が空いている、のどれかでは?
虫ゴムをチェックし、治らなければ自転車屋さんでパンク修理、もしくはチューブ交換をしてください。
    • good
    • 0

虫ゴムが、正しく、付いて、いますか、確認を。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!