ネットが遅くてイライラしてない!?

子供用の自転車の新品を購入したばかりですが、何故か2・3日で前輪の空気が抜けてきます。
自転車屋さんに見てもらい、パンクではないことから、虫ゴムを交換してもらったのですが、やはり2・3日で前輪だけ空気が徐々に抜けてきます。
チューブ・虫ゴムに問題ないなら空気が抜けることはないと思うので、わからなくなりました。
誕生日のプレゼントで子供は気に入っているので、なんとか原因をつかめたいのですが、どこが悪いのか困っております。どこに問題があるかお分かりになる方いらっしゃいましたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

多分チューブ交換しないとなおらないと思います。



新車で最初から空気が漏れる原因多くはチューブの不良品です。
製造段階でチューブとバルブの付け根部分の接着が完全にできていなくて漏れる場合があります。(中国製の自転車に多い)
この場合の検査方法は水検査でバルブを曲げてみて空気が漏れないか調べないと見つけることができません。
前輪であれば自分で交換もできるでしょうが自転車屋でも最初からチューブ交換を頼んだ方が間違いなくなおります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答いただき、ありがとうございました。
確かに中国製で、チューブ交換することにしました。

お礼日時:2007/09/18 21:45

チューブとリムテープを新品に交換してしまうことをおすすめします。


前後で2000円しないのに対し、数日間悶々とするのは釣り合いません。
おそらく原因は特定出来ないと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございました。
確かにすっきりない気分で割に合いません。
チューブ交換することにしました。

お礼日時:2007/09/18 21:46

2~3日で抜けてくるような微細なパンク(穴)は時間をかけないと判断できません。


空気を入れたチューブを水に漬けて、付いている泡を拭いて除去して、数分経つと小さな泡が付着する事で判断できます。

駄目な自転車屋は、プクプクと泡が上がって来ないと「パンクしてません」と判断する可能性があります。

まずは、虫ゴム交換で様子見は順当だと思います。
次は、きっちりチューブを見てもらいましょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

虫ゴム交換してもらった自転車屋さんにチューブ交換をしてもらうことにしました。これで良くなるとよいのですが…。
回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2007/09/18 21:48

2・3日で空気が抜けるのならやはりパンクに似た原因でしょうね。



新車を買ったのなら、タイヤとチューブを新品に交換してもらい、
それで空気が漏れないのなら何らかの原因と考えられます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

パンクは確認できなかったのですが、まずはチューブ交換をしてもらうことにしました。
これですっきりするとよいのですが。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/18 21:49

買ったお店で見て貰うのが一番良いのではないですか?


チューブも虫ゴムも悪くなければ抜けるはずがない?
そんな事をここで聞かれてもどうすることも出来ません。
ヒョットして子供さんが空気の入り口を時々緩めるのではないですか?
    • good
    • 5
この回答へのお礼

通信販売で遠くから購入して後悔しています。近所の自転車屋さんにチューブ交換をしてもらうことにしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/18 21:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自転車のタイヤの空気の抜ける原因が分からない

ママチャリです

かなりボロいのですが家族で大切に乗ってきました

先日走行中にタイヤがペチャンコになってしまっていたのに気付き、自分でパンク修理セットを買い、パンク箇所を埋めました


しかし走って5分もするといつのまにかまた空気が抜けてペチャンコになっていたので今度は虫ゴムを交換しました

今度は20分くらい乗っても平気だったのですが次の日乗ろうとしたらもう抜けていました。ペチャンコです

いつのまにか抜けている。といった印象です。徐々に・・・といった感じはあまりしません

空気を入れた直後はパンパンで抜けていく雰囲気はないのですが、気付くペチャンコといった感じです

思い当たる節がありません

長年乗っていたし、いたるところから空気が抜けているのかな?とも思いますが、素人なのでそれすら原因の解明は出来ません

これの原因は一体何で、どうすれば直るのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

我が家のママチャリも数日間で空気圧が下がってしまう状況になったことがあります。

その経験から考えられる原因を挙げてみます
1、パンク修理が完全ではなく、修理箇所のパッチラバーから微妙に空気が漏れてる
(※チューブ単体を膨らませた程度で、水を張った洗面器に入れても空気漏れの気泡が出来ないが、チューブをタイヤの中に装着して空気圧を上げると微妙に漏れ出す)
2、バルブの虫ゴムやバルブそのものから微妙に漏れてる


対策
1、修理箇所から微妙に漏れてる場合はパッチラバーを貼り直すことになりますが、下手に剥がすとチューブそのものに致命的なダメージ(大きな穴を明けてしまう)を与えてしまう恐れがあるので慎重に剥がして、剥がした箇所をサンドペーパーで綺麗にしてから新たにパッチラバーを貼り直す

2、バルブを「虫ゴムレス」のタイプに交換する
(※百均のダイソーで2個入りが買える)


なお、チューブ単体をホームセンターの自転車売場で買っても安い物は400円、パンクし難いとされる厚手のチューブでも1,000円で買える(虫ゴムレスバルブ付き)ので、我が家のママチャリはパンクし難いとされるチューブに交換してしまいましたけど、工具がある程度揃ってるなら、前輪のチューブ交換で所要時間10分から15分、後輪のチューブ交換はスタンドや荷台を取り外したり、チェーンやブレーキワイヤーなどを外す手間が掛かり、チューブ交換作業に慣れてない私では1時間ぐらいの所要時間になってしまいましたが、その気になればチューブ交換は意外と簡単に出来ます。

こんにちは。

我が家のママチャリも数日間で空気圧が下がってしまう状況になったことがあります。

その経験から考えられる原因を挙げてみます
1、パンク修理が完全ではなく、修理箇所のパッチラバーから微妙に空気が漏れてる
(※チューブ単体を膨らませた程度で、水を張った洗面器に入れても空気漏れの気泡が出来ないが、チューブをタイヤの中に装着して空気圧を上げると微妙に漏れ出す)
2、バルブの虫ゴムやバルブそのものから微妙に漏れてる


対策
1、修理箇所から微妙に漏れてる場合はパッチ...続きを読む

Q自転車のタイヤの空気がすぐに抜けてしまいます。

自転車の空気がすぐにぬけてしまいます。
原因は何でしょうか?
自転車は去年の春に新品で買ったものです。
もうタイヤを新しくしないといけないでしょうか?

また、最近自転車のかごに、怪しい修理屋の宣伝カードが入っていたのですが、その修理屋が自転車に細工でもしたんじゃないかと思いました。
これは考えすぎなんでしょうが…
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

修理屋を疑う前に、空気が抜ける原因を考えてみると、
1.チューブがパンクしている。
2.バルブが緩んでいる。
3.バルブの虫ゴムに穴が開いている。
などが考えられます。

1のパンクには、(1)チューブが経年劣化して、空気圧に耐えられなくなり、漏れる。(2)釘や針金が刺さり、穴が空いて空気が漏れる、ことが考えれます。
(1)は、チューブ交換が必要です。私の場合は5年ぐらい経ったある日、空気を入れたら抜けて空気圧を保てないことが判ったので交換しました。(2)は、100円SHOPで売っているパンク修理キットなどで直します。また、穴が大きい場合はチューブ交換した方が早いでしょう。

2のバルブ緩みは、ネジをよく締めてみてもう一度空気を入れてしばらく様子を見ると判ります(5分~1時間で、空気を入れた直後のチューブの硬さと変わっているかどうかで判断)。

3のバルブ虫ゴムの穴あきも見つけにくいですが、1・2で異常がないのに空気圧が低下する場合に、一度バルブのコアを外して虫ゴムをチェックしてみる必要があります。ゴムがズレていたり、空気穴あたりに穴があいている場合は交換した方がよいでしょう。

参考URL:http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/tube.html

修理屋を疑う前に、空気が抜ける原因を考えてみると、
1.チューブがパンクしている。
2.バルブが緩んでいる。
3.バルブの虫ゴムに穴が開いている。
などが考えられます。

1のパンクには、(1)チューブが経年劣化して、空気圧に耐えられなくなり、漏れる。(2)釘や針金が刺さり、穴が空いて空気が漏れる、ことが考えれます。
(1)は、チューブ交換が必要です。私の場合は5年ぐらい経ったある日、空気を入れたら抜けて空気圧を保てないことが判ったので交換しました。(2)は、100円SHOPで売っているパン...続きを読む

Q仏式バルブ 空気を入れてもすぐ抜ける

ロードバイクに乗っています。

後ろのタイヤがパンクした為、新しくチューブを購入したのですが
空気を入れてもすぐ抜けてしまいます。
勢いよく空気を入れるとタイヤの中に空気が入っていっているのが分かるのですが
空気を入れるのをやめると同時にシューという音と共に空気が抜けていってしまいます。

手順としては、
1、バルブのキャップを取る。
2、口金(一番先のネジ)を緩める。
3、プシュッと一度押してバルブの固着をとる。
4、フレンチバルブアダプタを使用してポンプをさして空気をいれる。
といった手順で行っています。

パンクする前まで使用していたチューブはこの方法で
何の問題も無く空気が入っていました。

何故空気がする抜けていってしまうのでしょうか?
ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

単にそのチューブがパンクしているだけでは。

Qチューブに穴はあいていないのに、すぐ空気が抜けます

No.791446の質問が近いかもしれないんですが、
質問させてください。

自転車の空気が抜けたので、パンクしたかと思い、
友人に治してもらいました。水につけるところを、一緒に見ていたのですが、
チューブに穴はあいておらず、ただ、虫ゴムが切れていたので、
取替えて様子をみているところです。

前輪・後輪ともに、そのような状態だったのですが、虫ゴムを変えてからは、
前輪だけが、空気が抜けるようになりました。
再度、チューブを水につけて、パンクチェックをしたんですが、
チューブのゴム部分ではなくて、空気を入れる口から、すこーしずつ、空気が漏れていました。

これって、もう寿命ってことでしょうか?
自転車屋さんに修理に出して、安価で直るのなら、直したいのですが、
チューブに穴が開いているものの修理よりは、高くつくのかなぁ・・・。

Aベストアンサー

>チューブに穴はあいておらず、ただ、虫ゴムが切れていたので、
取替えて様子をみているところです。

水調べは終わったと言う事ですね?
(チューブに空気を入れ、洗面器に水を張り、水の中にチューブを入れ空気が漏れているか調べる作業)

>前輪・後輪ともに、そのような状態だったのですが、虫ゴムを変えてからは、
前輪だけが、空気が抜けるようになりました。

後輪はOKという事で。

>再度、チューブを水につけて、パンクチェックをしたんですが、
チューブのゴム部分ではなくて、空気を入れる口から、すこーしずつ、空気が漏れていました。

水調べをしてて、バルブのところから空気が漏れているのですね。

前輪のまずバルブセットを外し、バルブを差し込んでいた金具(チューブ側)の中を少し尖った物で、
掃除して下さい。
劣化した虫ゴムがくっついていて、邪魔している可能性があります。
(くれぐれもチューブを傷つけないように気をつけて作業して下さい。)
次に後輪に差し込んだバルブセットを前に、前輪に差し込んだバルブセットを後ろに
取り付けて下さい。
これで後輪の空気が漏れるようであれば、替えたはずの虫ゴムが痛んでいることになります。
まずは、ここまでの作業をして様子をみて下さい。
(漏れている場所からみても、パンクの可能性は今の所薄いです。)

>チューブに穴はあいておらず、ただ、虫ゴムが切れていたので、
取替えて様子をみているところです。

水調べは終わったと言う事ですね?
(チューブに空気を入れ、洗面器に水を張り、水の中にチューブを入れ空気が漏れているか調べる作業)

>前輪・後輪ともに、そのような状態だったのですが、虫ゴムを変えてからは、
前輪だけが、空気が抜けるようになりました。

後輪はOKという事で。

>再度、チューブを水につけて、パンクチェックをしたんですが、
チューブのゴム部分ではなくて、空気を入...続きを読む

Q自転車のバルブをスーパーバルブに変えたいのですがうまく行きません。

自転車のバルブをスーパーバルブに変えたいのですがうまく行きません。
時々虫ゴムを換えるのが煩わしいので、虫ゴムを使わないスーパーバルブがネットで見ると評判が良いようなのでダイソーで買いました。
空気を入れた後、いつものように漏れの確認のため唾をつけるとゆっくりプーッと膨らんで割れます。
明らかに漏れています。
たまたま不良品かと思って再度購入して試しましたが同じ結果です。
100均ではダメかと¥250円位のをホームセンターで買いましたがこれも同じ結果でした。
ネットで検索しても、換えて良かったという話しか見つからないのですが何か間違っているのでしようか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

バルブを買い換えても漏れるとのことですが、続けて不良品に当たる確立は低いと思います。

こちらのHPの下3分の1位の所に書かれていますが、
http://www.setuyaku-kenkyuusho.com/tire%20%5Bmusigomu%5D%20.html

千切(ちぎ)れた虫ゴムの一部が 中に残っていませんか?
バルブの肩の部分のリング状のゴムで気密を保っていますので、ここに古いゴムや異物があると漏れてしまいます。

あるいは交換後にネジを締めるのに、ペンチなどで強く締めすぎていませんか?
強すぎるとゴムが切れてしまうことがあります。
指で締められる位の強さで十分です。

Qタイヤチューブの空気漏れについて

 自転車タイヤの空気がいつの間にか抜けしてしまい、どこから抜けるのか探ったところ、バルブの根本、チューブのブチルゴムとの間に隙間が出来ていてそこから漏れていることが分かりました。この部分は金属とゴムなので何か接着剤のようなものでくっついているのでしょうが、それが何かの原因で剥がれてしまったと思われます。
 ショップの店員の人に聞くと「このようなチューブは修理不能だから新しいのを買え」とのこと。また、何故こんなことなるかと問うと「タイヤをはめた時にバルブの位置がリムのバルブホールに対して少しずれていたのではないか」とのこと。

 以上の件についてお聞きしたいことがあります。

1. このチューブは本当に修理不能なのでしょうか?
 所謂パンクで穴が空いたことの無いまっさらなチューブをそれで捨ててしまうのはちょと勿体ない気もします。何か接着剤、もちろん普通のゴムのり等ではだめでしょうが、専用のものがあれば修理可能のような気もするのですが。

2. 原因は本当にバルブホールの位置のずれでしょうか?
 実は、このような経験は今回だけでなく今までも数回経験しています。なのでバルブとバルブホールの位置はけっこう気を遣ってはめています。膨らませた時に少しでもバルブがリムに対して斜めになっていたら、タイヤをしごいてもう一度入れ直すこともしています。それでもこのようなことが起こってしまうのは他にも原因があるのではないでしょうか?

 このようなご経験があり、対処方法等御存知の方がいらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

 自転車タイヤの空気がいつの間にか抜けしてしまい、どこから抜けるのか探ったところ、バルブの根本、チューブのブチルゴムとの間に隙間が出来ていてそこから漏れていることが分かりました。この部分は金属とゴムなので何か接着剤のようなものでくっついているのでしょうが、それが何かの原因で剥がれてしまったと思われます。
 ショップの店員の人に聞くと「このようなチューブは修理不能だから新しいのを買え」とのこと。また、何故こんなことなるかと問うと「タイヤをはめた時にバルブの位置がリムのバルブ...続きを読む

Aベストアンサー

(この手の問題では何度も指摘することですが)そもそもバルブ穴周りでチューブが切れてしまうのは、リムのバルブ穴が板状に打ち抜かれているために突起ができ、そこにゴムが食い込むことで切断されてしまうわけです。

だから、この手のトラブルを減らすには「突起を鈍らせる」。つまり、チューブ側のリムのバルブ穴をヤスリや耐水ペーパー等を使って滑らかにすればトラブルはほぼ根絶します。
経験上エッジを0.5mmも削って丸くすれば大丈夫ですが、とりあえず、指で触って引っ掛かりを感じなければOKです(一度お試しください)。

Q自転車空気が抜ける(でもパンクじゃない)

自転車の空気を入れても一日たったら抜けてしまいます。
パンクだと思って調べてみたらパンクでもないし、虫ゴムを
取り替えても、無意味でした。
原因は、なんなんでしょうか?

Aベストアンサー

パンクの可能性は十分にあります。

1日経って抜けるようなパンクだと、チューブに空気を入れて水に浸けても、泡が上がってこないことはあります。
表面の泡を落として、よく観察すると1分くらいかかって、泡がゆっくりと大きくなる程度で、プクプクと泡が上がってこない。

時間をかけて、よーく見ると良いです。

Q半日ほどすると、タイヤの空気が抜けてしまう。

車庫に保管してある、たまにしか乗らない自転車を使おうかと思ったら、タイヤの空気が抜けていました。ぺちゃんこです。
自転車は買ってから、5年です。以前空気を入れたのは2ヶ月前です。
乗っていないので、釘などによるパンクではないと思います。
どうして、なぜ、どこが悪くて、どこから空気は抜けてしまったんでしょう。
実際昨日、自転車を使う用事があったので、空気の抜けたタイヤは、どこも修理せず、そのまま空気入れで空気を入れてみたら、タイヤに張りが出てきたので、500mくらいの往復をはしりました。
走行後のタイヤは空気も入っていて張りもあったので夜はそのまま車庫にしまいました。
ところが朝になってみると、昨日のように空気が抜けてしまっているんです。
ぺちゃんこです。
自転車にお詳しい方なら、幾つかのケースや要因の予想ができるのでは、と思いました。
空気が抜けるのは、どこの何という部品がどのように悪くて空気が抜けていると考えられますか?
原因の特定はどうすればできますか?
悪い部分のどの部品をどう直せば空気が抜けなくなり支障なく走れるようになりそうですか?
お金もないので、なるべく自分で直せるのでしたら自分で部品を買ってきて自分で直したいのです。
部品は幾らぐらいで売っていますか?
困ってしまってどうか教えてください。

車庫に保管してある、たまにしか乗らない自転車を使おうかと思ったら、タイヤの空気が抜けていました。ぺちゃんこです。
自転車は買ってから、5年です。以前空気を入れたのは2ヶ月前です。
乗っていないので、釘などによるパンクではないと思います。
どうして、なぜ、どこが悪くて、どこから空気は抜けてしまったんでしょう。
実際昨日、自転車を使う用事があったので、空気の抜けたタイヤは、どこも修理せず、そのまま空気入れで空気を入れてみたら、タイヤに張りが出てきたので、500mくらいの往復をはしり...続きを読む

Aベストアンサー

いわゆる「むし」と言う物が悪いのだと思います。
空気を入れる部分の穴に、空気を入れた後に唾を少し付けてフタをしてみてください。
しばらくして、唾でフタをしたところがふくらんでくれば「むし」が痛んでしまっています。
空気を入れる部分のネジを左回しにゆるめ、空気を入れる細い筒を引き出すと、さらに細くなった部分にゴムのチューブが被せてあるはずです。
そのゴムが古くなって亀裂が出来たか伸びが悪くなったかでしょう。
いわゆる「わいて」溶け掛っていることも有ります。
ホームセンターや自転車店で、空気入れの「むし」を購入してください。
百円以内で売っていると思います。
古い「むし」を取り除き、新しいゴムチューブ製の「むし」を空気入れ部品に差し込んで、元の通りに自転車のリムにはめ込みネジを締め込めば完成です。
改めて空気を入れ、初めにしたように唾で空気入れ穴にフタをして、しばらくしてもふくらんでこなければ完成です。

ただし、タイヤチューブに小さな穴があって漏れている場合も有ります。
リムのタイヤ隙間からチューブを外して空気を入れ、水につけてみればアワブクが出てくるので穴の部分が見つかります。
チューブ修理剤を購入して貼り付ければ治ります。
しかし、それには有る程度の知識がないと無理ですから、その場合はホームセンターや自転車店でなおしてもらいましょう。
千円程度でなおしてもらえると思います。

いわゆる「むし」と言う物が悪いのだと思います。
空気を入れる部分の穴に、空気を入れた後に唾を少し付けてフタをしてみてください。
しばらくして、唾でフタをしたところがふくらんでくれば「むし」が痛んでしまっています。
空気を入れる部分のネジを左回しにゆるめ、空気を入れる細い筒を引き出すと、さらに細くなった部分にゴムのチューブが被せてあるはずです。
そのゴムが古くなって亀裂が出来たか伸びが悪くなったかでしょう。
いわゆる「わいて」溶け掛っていることも有ります。
ホームセンターや...続きを読む

Q空気入れをしても空気が抜けてしまいます

お世話になります。
現在ママちゃりに乗っています。

子供を後ろにのせているせいか、後ろの空気が
抜けやすく、よくポンプで空気を入れています。
今までは、何の問題もなくできていたのですが、
今朝はなぜかいつもと様子が違い、空気を入れても、
入れても、空気を入れるところから空気が、
プシューという音とともに全部もれてしまいます。
バルブのねじ(?)は締めたままです。

一回、ねじを全部外して、締めなおしたりした
のですが、まったく変わらず効果なく、空気が
全部もれてしまいます。
結局、今朝はあきらめ徒歩で登園しました。
自転車に関しての知識がまったくなく、どうしたら
よいのかまったくわかりません。

どなたか対処法をご存知の方教えていただけますか?
できればお迎えには自転車で行きたいと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

空気の注入口のネジを外して、空気を入れる出っ張りを拭き抜いてください。
短いゴムのチューブみたいな物が付いていると思います。
そのゴムに亀裂が入っていたり、小さい穴より下にゴムがずれていたりすると空気が抜けてしまいます。
パンク以外では、その原因が多いと思います。
自転車屋に行けば、数百円で交換してもらえると思います。
また、自転車の部品が売っているスーパーやディスカウントストアで購入して、自分でも換えることができますよ。

Qバルブ根元パンクの修理法

古い話で恐縮ですが、2007年8月30日の『タイヤチューブの空気漏れについて』の質問の中で、pashuさんが、特殊接着剤を使用してバルブ根元のパンクを修理すると回答されているのを拝見しました。
自分なりに、バルブ根元パンクの修理法を検討中で、ある程度目途はついたのですが、回答に書かれている特殊接着剤とは、常温加硫接着剤のことでしょうか?又は加熱加硫接着剤を使用されているのでしょうか?
もしくは、全く別の接着剤でしょうか?お教えいただけると嬉しいです。

もし回答を頂けるなら、pashuさんから、頂ければ、幸いです。

私の、修理法は、常温加硫接着剤を使用して、バルブ根元のゴム同士を接着し、加硫接着剤が接着力を発揮するまでの時間稼ぎに穴開きパッチを併用するというものです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

冷やかしの様な回答になってしまうのですが。
自転車用のゴム糊には常温でも加熱でも同一商品で対応できるものがありますよ。
例えばこんなものです。
http://www.monotaro.com/g/00197710/

しかし、加熱加硫接着は難しいのではないかと思います。
現場での作業となりますと、何かしらの方法で断面に圧力を加えて、バーナーで炙る・・・といったようなやり方になるのでしょうか。

圧力を加えるにしても、バルブ根元の断面に対しての加圧は、そのベクトルの方向から見ても非常に難しいのではないでしょうか。

その時の状況、感覚、施工法などによって、随分と品質が左右されるような気がします。
加熱温度もどうやって測るか・・・非接触温度計辺りが現実的ですか。
そういった状況において、母材同士だけの接着ですと、アンカー効果がいつまで持続するか耐久性に疑問を感じます。

やはり常温・加熱のいずれの接着にしても、穴あきパッチなどのサポートは必要になるでしょうね(同様に加硫接着して)。

パッチをサポートとしてつかうなら、安定した作業が可能な常温加硫接着の方が良いとは思いますが、パッチ自体を加熱加硫接着するのなら、その圧力のかけ方も容易(シャコ万等を使うことも可能なので)になりますし、面積も確保されますから、アンカー効果も大きくなると思います。

ゴム糊は常温・加熱双方に対応していますから、断面は常温で、パッチは加熱で等々のハイブリッドな工法を試してみるのも良いのではないかと思いますね。

個人での修理なら、コストや作業時間、耐久性は自己責任の範疇で済みますが、それを業わいとするのであれば、修理に対しての責任が生じます。

書かれている趣旨は、完全な修理が行えるのであればユーザーにとってもメリットは多いと感じますが、コストの低減による利益の確保と、作業内容の施工責任の両立は中々難しい事なのでしょうね。

是非修理法を確立させて、ご自身の為、ユーザーの為に頑張ってください。

冷やかしの様な回答になってしまうのですが。
自転車用のゴム糊には常温でも加熱でも同一商品で対応できるものがありますよ。
例えばこんなものです。
http://www.monotaro.com/g/00197710/

しかし、加熱加硫接着は難しいのではないかと思います。
現場での作業となりますと、何かしらの方法で断面に圧力を加えて、バーナーで炙る・・・といったようなやり方になるのでしょうか。

圧力を加えるにしても、バルブ根元の断面に対しての加圧は、そのベクトルの方向から見ても非常に難しいのではないでしょうか。

そ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング