たとえばannualというと、annual incomeのように、年間の、あるいは年内の、という意味と、annual eventとかannual magazineのように、年毎の、年別の、という意味と、2通りの使い方があると思うのですが、annual planというと、どちらになるのでしょうか。つまり、たとえば2001年の間に、これこれをいつやる、というような形で使えるのか、それとも、2001年にはこれ、2002年にはこれ、というふうに年ごとの計画になるのか、ということです。同じ疑問は、monthly, weekly, dailyにもあるわけで、どうも売っている手帳などを見ると、前のほうの意味で、つまりその年や月の間に何をするか、という意味で使われているように思いますが、それで正しいのでしょうか。またその場合、年別の計画、年毎の計画という意味で使いたい場合はどんな表現になるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

逆に質問です。


1年生植物は、毎年生えてくる植物ですか。1年で枯れる植物ですか?


annual planは、「その年(1年)の計画」という意味です。
annual concertなどの場合、「恒例の」「定期の」という意味で訳出する
ことはありますが、英語のもともとの意味にはこれらの意味は強くありません。
「1年の」「年1回の」「毎年の」という意味から、なんとなく感じ取る印象で
しかありません。

ちなみにOxford Dictionaryにはこんな3つが書かれています。
1. coming or happening once every year; her annual visit(毎年の訪問)
2. of one year; her annual income(年収)
3. lasting only one year or season; annual plants(一年生植物)

名称は、目盛り(単位)よりも全体像が何を指しているかによるのが一般的
だと思います。

annual planは年間計画ですね。下に「2001年度版」などと書いてあって、
その1年を通した計画が書いてありそうです。
Jan, Feb, Mar,というノートのタイトルならMonthly plan(s)でしょう。
でもそれが1ヶ月計画の集合でなくて、年間を表現するためのものなら、
annual planと呼ぶことができます。

2000, 2001, 2002...というのは、日本語でも3ヵ年計画とか呼びませんか?
英語でも"a three-years plan"です。
短期計画、中期計画、長期計画というような呼び方になっていくと思います。

年別計画という日本語がぴんとこないのですが(ゴメンなさい!)、
年単位の計画という意味から、year-unit planとかplan by yearになると
思います。
annualやyearlyでは誤解が生じる感じがします。
    • good
    • 0

日本語の訳にこだわった誤解がありますね。


Annualはyearlyと同じ形容詞です(annualはラテン語系)つまり名詞はyearです。従ってどんな組み合わせをしても意味は変わりません。年間の、その年一年間の、一年の、毎年の(例年の)などを意味しannualが形容する名詞を日本語らしく翻訳をするだけです。企業や官庁用語では漢字を使って難しく、幼稚園、小学校用語であればひらがなで易しくということになります。
a production plan for the year of 2001 2001年度生産計画
an annual plan of the prodcution by model 機種別年間生産計画
an annual magazine  年に一回刊行の雑誌(a yearbook)

同じようにmonthly,weekly,dailyは夫々の名詞形が意味する範囲で日本語にふさわしい訳語を探すに過ぎません。週ごとの(週報)毎日の(日報)毎月の(月例大会)年間・月間・週間販売計画、月ごとの・週ごとの・毎日の収入・出費などいくらでも場面に応じた訳が出来ます。日本語をいかに変えようとも実態は月・週・日
であり変化しません。形容詞句として a year, a month, a week, a day
とかper year, per month,per week, per dayという表現もあります。
例。How many cars are produced a month? (自動車の生産は月何台ですか)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の省略について。

英語の省略について。
 英語の授業で、「be busy (in)Ving のinは省略されて分詞に見えるけど、動名詞なんだぞ。」といわれたのですが、このような英語の省略ってよく聞くんですけど、この場合なんで省略できるんですか?

Aベストアンサー

 「busy in ...ing」や「spend in ...ing」は、1900年代前半までは実際に使われていた用法です。

 Mrs Joe was prodigiously busy in getting the house ready for the festivals of the day. (Dickens)

 I have spent my life in finding that out. (Galsworthy)

 そもそも「in」という前置詞の後で用いられていたわけですから、その当時は当然「動名詞」と考えられていたはずです。その意味では、先生の言われていることは全くの的外れでもないでしょう。

 確かに「動名詞」と「現在分詞」は区別が難しいのですが、英英辞典で「gerund」を調べると「a noun in the form of the present participle of a verb」とされていますので、native speakerにもそれなりの違いは認識されているのだと思われます。

 ただし、現代においては「in」が用いられることはほとんどなくなっていますので「in」を用いた場合には非常に古臭い印象を与えます。例えば、日本語で「私は忙しゅうございました。」という表現は理解できないわけではありませんが、わざわざそのような言い方をする人はほとんどいないでしょう。それと似た感じではないでしょうか。

 なお、今では「go ...ing」で定着している表現も、もとをたどれば「go for ...ing」の「for」が取れた形だと言われています。

 ご参考になれば・・・。

 「busy in ...ing」や「spend in ...ing」は、1900年代前半までは実際に使われていた用法です。

 Mrs Joe was prodigiously busy in getting the house ready for the festivals of the day. (Dickens)

 I have spent my life in finding that out. (Galsworthy)

 そもそも「in」という前置詞の後で用いられていたわけですから、その当時は当然「動名詞」と考えられていたはずです。その意味では、先生の言われていることは全くの的外れでもないでしょう。

 確かに「動名詞」と「現在分詞」は区別が...続きを読む

QTwo hours of weekly exercise このweeklyは形容詞と副詞どちらですか

Two hours of weekly exercise
このweeklyは形容詞と副詞どちらですか?
of 名詞で形容詞になると習ったことがあるので
これは副詞になるのでしょうか?

Aベストアンサー

of importance = imporatant
of necessity = necessary
のようなパターンとこの場合は明らかに違います。

直後の名詞 exercise を修飾する weekly は形容詞で、
of は因果を示す前置詞に過ぎません。

Q英語の日記では、主語の“I”は省略されることが多いでしょうか

英語国人が英語で日記を書くときには、一人称の主語“I”は省略することが多いでしょうか。
例えば、“I joined a party today.”を、“Joined a party today.”と、“I”を省略して、日記には書くことが多いでしょうか。

Aベストアンサー

多いと思います。
友達同士のメイルなどでもよく省略されていますし、私も省略しています。

Qhave planned be動詞 A でどういう意味ですか?

have planned be動詞 A
でどういう意味ですか?

Aベストアンサー

通常have plannedの後に動詞(この場合は be 動詞)は来ない。よって、考えられるのは:
What I have planned is to go to Tokyo tomorrow.といった作りの文章。明日東京に行く予定が(現段階では)あります。

Q会話時の英語においての主語の省略

おはようございます。
英語における主語の省略についての質問です。
日本語では「私はそこにいった」という意味の事柄を述べるとき
話の前後関係で
私はの部分を省略することができますが
英語では無理なのでしょうか?
例えば
went there.といえば 命令文でもないし、
二人で話をしているとしたら聞き手が行ったということもないでしょうから、話し手がそこへいったということが明確だと思うのですが。
会話において、英語では主語は省略されないのですか?
またはかなり弱く発声されるのでしょうか?
お分かりになられる方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

25年以上殆ど英語の生活をしている者です。

命令形や詩、古典など特殊な場合を除き、英語の会話やメール、手紙で主語を省略することはあり得ないと思います。

これは英語が動詞の変化の少ない言語だからだと思います。例えば一人称、二人称、三人称と動詞がそれぞれ変化する言語なら主語を省略することがあります。

ロシアに行ったらロシア人は主語をバンバン省略してロシア語を喋っていますし。

普段英語を喋ったり書いたりするときは、ほぼ100%の確率で主語は省略しないと考えておいたら間違い無いと思います。

Qdaily exercises

daily exercises

は、英語として正しいでしょうか?

毎日(日課にしている)の学習プリント(問題)

という意味になりますでしょうか?

Aベストアンサー

>practiceとexerciseを比較した時、日本にあるいわゆる問題集は、どちらのイメージに近いですか?

 exercise は「能力を強化するために繰り返し行う活動」つまり「基礎練習」に近く、practice は「具体的な目標に向けて繰り返し行う組織的な練習」なので「実践訓練」に近いと思います。いずれも「行為」であって、直接「問題集のようなモノ」を指すわけではありません。
 ピアノの練習で言えば、「exercise」は指の動きの訓練や練習曲、「practice」は発表会で弾く曲の練習、という感じでしょうか。

 「日本にあるいわゆる問題集」はどちらともいえますが、どちらかと言えば「exercise」、「毎日の学習プリント」という意味では「drill」(より単純な繰り返し訓練)の方が近いこともあるでしょう。「practice」はちょっと違うかなという気がします。

 「日本にあるいわゆる問題集」は、少しまどろっこしいですが、「daily learning exercise materials」とか「daily home study materials」とでも言えば、理解してもらえるのではないでしょうか。

>practiceとexerciseを比較した時、日本にあるいわゆる問題集は、どちらのイメージに近いですか?

 exercise は「能力を強化するために繰り返し行う活動」つまり「基礎練習」に近く、practice は「具体的な目標に向けて繰り返し行う組織的な練習」なので「実践訓練」に近いと思います。いずれも「行為」であって、直接「問題集のようなモノ」を指すわけではありません。
 ピアノの練習で言えば、「exercise」は指の動きの訓練や練習曲、「practice」は発表会で弾く曲の練習、という感じでしょうか。

 「日本...続きを読む

Q以前塾で英語の受動態の単元を習った時、 byのあとの省略について、 by us, by you,

以前塾で英語の受動態の単元を習った時、

byのあとの省略について、

by us, by you, by people, by someone

は、省略可能で

by a lot of peopleとby many people

は、省略不可と教えてもらいました。

なぜ a lot of や many が付くと省略できないんですか?

Aベストアンサー

○by us, by you, by people, by someoneというのは「一般的」だから省略可能なのです。

 たとえば、日本語でも、「ベニスは水の都と呼ばれている。」、「ライオンは百獣の王と呼ばれている。」・・・これらは「誰が」ということではなく一般的に呼ばれているから明示する必要がないのです。

 これに対し、a lot of people,many peopleは「限定的」なのです。数の多少とは関係なく、限定された人々なのです。だから、受動態になった時、省略は一般にしないのです。

Qannual equivalent rate

annual equivalent rateは、ふつう日本語で何というでしょうか。略はAERです。
金利に関する用語です。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

annual equivalent rate
定義
Interest calculated under the assumption that interest is paid and compounded per year
説明
Investors should be aware that annual equivalent rate will typically be higher than the actual annual rate calculated without compounding.

簡単に言えば、「1年ごとに複利で算定する金利」ですから、単なる年利率と区別するため、年複利率とするのがよい思います。

参考URL:http://tinyurl.com/6suwt

Q英語を話すときに、省略することがおかしい場面はあるのでしょうか? 例えばwanna 、tryna 、

英語を話すときに、省略することがおかしい場面はあるのでしょうか?
例えばwanna 、tryna 、he's/she's 、I'm/you're 、there're などなど…。
会社との契約時には省略形は使わない方が良いだとか、目上の人には使わない省略の仕方などあるのでしょうか?

Aベストアンサー

wannaとかgonnaとかの省略形っていうか崩れた言葉って感じ。
それらはビジネスの場面では使わない方が良いと言われてるね。
とは言え、実際にはみんなちょいちょい使ってるけどね。
目上の人なんかには、want toとかじゃなくてwould like to とか使うけど、その時はI'd like toって省略するのは特に問題ないね。
それと、It'sとかI'mとかは、まさに省略形なんだけど、こういう省略形はどんな場面でも普通に使うよ。
逆にこういうのは省略しないと相手は違和感があると思う。

Q「2001年」の英語の発音

英語のリスニング練習をしているのですが、「2001年」の発音が‘two thousand one’にも聞こえるし‘two thousand and one’にも聞こえるのですが、どちらが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

アメリカ、カナダ、オーストラリアではtwo thousand oneです。なので、イギリスでもそうだと思います。