ゴルフのクラブの使い方を教えてください。


ドライバー、アイアン、パターは分かりますが、フェアウェイウッド、ユーティリティ、ウェッジ(PW, AW, SW)がいつ使うものなのかPW AW SWは何の略なのかも分かりません。名称と使いどきを教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

では、説明いたしましょう。



フェアウェイウッドとは
形としてはドライバーと似ておりフェアウェイから長い距離(180~230ヤード程)を
打ちたい場合に使います。
ドライバーと形は似ていますが重心が低い位置にあります。
なぜかといえばドライバーは主にティーアップして打ちますので球が地面から2~4cmほど
浮いたところにあるためフェース(ボールが当たる面)のほぼ真ん中に当てやすいです。
それに対してウェアウェイウッドは地面に置かれたもの打ちますので
どうしてもフェースの下部に当たりやすくなります。
したがって重心が下部にありスイートスポット(芯、当たると一番飛ぶところ)で当てやすくなります。
ボールをセンターで打つにはほんのすこしヘッドの底がボールより下に入る必要があります。
つまりボールの下の芝をヘッドの底でなでていかねばなりません。
なので低重心となっています。

なお、「フェアウェイ」ウッドというくらいですから
フェアウェイ(芝が短く刈られた花道)から打つのが理想とされ
ラフ(芝が伸びてボールが半分以上隠れてしまうようなところ、フェアウェイ以外のところ)
で使用するのは素人にはかなり難しいです。

ゴルフの格言に
ラフと女にゃ金使え!
つまり、ラフではアイアンを使いなさいという教えがあるくらいです。

フェアウェイウッドにも種類があり、またそれぞれ愛称(呼称)で呼ばれます。
1番ウッド=ドライバー、(フェアウェイウッドではありませんが一応書いておきます)
2番ウッド=ブラッシー(現在ではほとんど使う人はいません。よほどドライバーが不得意な人は使うこともあります)
3番ウッド=スプーン
4番ウッド=バッフィ
5番ウッド=クリーク

6番を使う人はほとんどいませんし、だいたい、そのクラブを私は見たことがありません。
7番ウッドは使う人も多くフェアウェイからなら非常に打ちやすいため
長いアイアンの代わりにこれを使う人も多いです。
8番もほとんどありません。やはり見たことがありません。
9番ウッド、まれに使っている人もいます。やはり易しいクラブなのですが
だったらアイアンでいいよ、という程度のものですからアイアンの代わりに入れる人は
少ないです。
このくらいのクラブになると直接グリーンを狙いますが
ウッドはグリーン上で止まり難いため、同じ距離をアイアンで打つようです。
ゴルフクラブと腕前の関係として
一般的に素人には長いアイアン(3番4番5番アイアン)より
5番7番ウッドのほうが打ちやすく
距離も180~200ヤード先を狙いますがアイアンでもウッドでも
どちらもピンポイントに落とせるようなクラブではないので
ならばしっかり距離を稼げるもの、ということになりウッドを使用する人が
多いようです。

ウッドのほうが簡単だからといって全部ウッドもでいいのですが
ゴルフのボールはどこに行ってしまうかわかりません。
ラフに入った場合や傾斜地などでは打ちにくくなりますので
バランスよくアイアンとウッドを使い分けます。

ユーティリティーはここ10年くらいで登場してきたクラブなので
愛称などなく、使い方はフェアウェイウッドと同じような使い方をしますが
ウッドほどヘッドの後ろ側が大きくないため
アイアンに近づけたウッドといえます。
よって、アイアンの打ち方ができてなおかつ距離を稼ぎたいというときには
有効です。
またウッドに比べシャフトが短いためミスショットも少ないようです。

素人(腕前で1ラウンド90回から110回程度打っちゃう人)の
打ちたい距離と使用クラブです。
ドライバー=200~260
スプーン=190~230
バフィー=180~220
クリーク=180~210
7番ウッド=170~200
9番ウッド=150~180(6番アイアンくらい)

3番アイアン(190~200)
4番アイアン(180~195)
5番アイアン(165~185)
6番アイアン(150~165)
7番アイアン(140~155)
8番アイアン(125~140)
9番アイアン(110~125)

PW (~100)
AW (~80)
SW (~60)

となります。

では続きを
PWとはピッチングウェッジの略で通常ピッチングと呼ばれます。
「キャディーさん!ピッチングちょうだい!」などと言います。
いってみれば10番アイアンです。(本当は10番アイアンとピッチングは違うものなのですが
まぁ、素人には同じといっていいでしょう)
だいたい100ヤードを狙うクラブで高くボールが上がり上級者になるとボールにバックスピン
をかけグリーン上にぴたりと止めることができるクラブです。

AWはアプローチウェッジの略です。
最近ではAWという刻印はなく、ロフト(フェースの角度、上を向いている角度)が刻印されて
います。
だいたい52度から60度くらいまであり、
ゴルファーは好きな度数のものを使っています。
フィルミケルソンなど今回の全英オープンでは64度、まるっきり上を向いているようなクラブを使います。

SWはサンドウェッジ、おもにバンカー内で使います。
他のクラブと若干違うのはバンスといって後ろ側のおもりの部分がフェース面より下に出ていて
砂にもぐらないように「抜けがいい」設計となってます。
ジーン・サラゼンというプロゴルファーが飛行機の翼をヒントに
発案したクラブです。

現在ではAWとSWの間に線引きがないことが多く、ロフトが刻印されている場合が多いようです。
バンスやロフトの作りによってサンドで使ったりアプローチで使ったりしています。

もちろんSWもアプローチで使ってる人はたくさんいます。

私は、ロフト角54度でバンス角(フェースから下に何度でているか)8度のものと
ロフト58度でバンス14度のものと2本ウェッジといわれるものをもっており
どちらもアプローチやバンカーで使います。
その時の芝の状態、距離、バンカー内であれば砂の重い軽い、あご(バンカーの土手)の高さ、
ボールとグリーンの端、グリーンの端からピンまでの3点間の距離とその割合、グリーンの傾斜、など条件により使い分けております。

そこにはAWとSWの区別はありません。
両方ともAWでありSWでもあります。

で、一般的に素人(上から目線で言っているわけではなくプロとは違う、ということで)は
ドライバー
スプーン
バッフィー
7番ウッド、もしくはユーティリティー
5番~9番アイアン
PW
54もしくは52 (AW)
56もしくは58 (SW)
パター

これで13本。
ルールでゴルフクラブは14本しかコースに持っていけないので
あと一本何か入れられます。

普通はユーティリティをもう一本入れているようです。

非力な方なら5番アイアンを抜いて代わりに9番ウッドやユーティリティーの番手の高いもの(ロフトがあるもの)を入れる方もいます。

上記のほかジガーというクラブもあります。
このジガーというのはグリーン周りのアプローチのときに
パターのように構えてパターのように打つクラブなのですが
パターよりロフト(フェース面の角度)が上を向いているため
球がポーンと上に上がります。
実に便利なクラブなのですがなぜか一般的には使いません。
かっこ悪いのでしょうかね。時々年配の方が使っているのを見ます。
やはり皆さんアプローチはAWやSWでプロがやるように打ちたいらしいです。

以上クラブ解説でした。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/07/18 22:30

PW→ピッチングウエッジ


AW→アプローチウエッジ
SW→サンドウエッジ
使い時は、人それぞれですので、決める事はできません。
しいていえば、残りの距離でしょうね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1w,3w,5~9I,pw,aw,sw、パターの次

初心者ですが、テーラーメイドのバーナースーパーファースト2.0(すべて輸入物)で1w,3w,5~9I,pw,aw,swを現在購入済みです。
あとは、4uを購入しようと思っていたのですが、5wのほうがよいとか、5wと4u両方とか言われます(両方買えればよいですが、予算というものがありますので。。。)。
もし、どちらか一本とすれば、どちらがよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

4uか5wかっていうのは、その人の好みですね。ユーティリティ的な形が好きな人だったり、イヤイヤ3wの流れから言えば同じ系統のウッドを入れておいた方が良いとか、まあ飛距離や正確性以外にも色々と形やら色やらアレやコレや言われたりするのがゴルフクラブの世界ですね。•••という感じに勧める人の経験や知識や腕によって正解が異なりますので、自分に一番ピンと来た物を選んでおいた方が、後々公開しない買い物になると思います。

個人的には4uですね。私のセッティングですと3Wが約200Y、5Wが約165Yって感じです。実使用上だと、フェアウエーだいたい175~180Yの距離を打つ事が良くあるので、そうすると3Wと5Iの間をうまく埋めらそうなのは4u(21度)、、、っていうコンセプトですね。5Wだとロフト18度(R11の場合)ですし、フェアウエーから多く使いたいですからやっぱりユーティリティかなあと思ってしまいます。

ってな感じで、クラブ選びはこうやって色々悩んでいる時が一番楽しい問い話はありますね(笑)

QAW-SW or AW-SW-LW

PW(45/??) ※番手(ロフト角/バンス角)
以降のクラブセッティングで、迷っています。

アイアンからの流れで、ツアステファン(父の影響)ということもあり、
TourStage X-WEAGE 03(開けるタイプ)を使用予定です。
以下のラインナップです。
AW(52/ 8)
SW(56/12) 
SW(58/ 8) SW(58/14)
LW(60/ 8) 

現在のセッティングは、AW(52/ 8) - SW(58/ 8)です。
問題はSW(58/ 8)で、以下の症状があります。
・砂が柔らかい場合、爆発が少ない
・ラフからだるま落としになる

今まで、SW(56/12)とSW(58/10)を使ってきた経緯で、
バンス8度は、どうもバンス不足が自分の中で解消できず、
AW(52/ 8) - SW(58/14) - LW(60/08)
を考えつきました。

SW(58/14)とLW(60/08)を使い分けることで、
バンカーの硬さ、ラフの深さ、フェアウェイの芝の長さ
に対応できるのかなと思い、今までの『障害物避けの花道狙い』
から、大胆な攻めも出来るのかなと、このセッティングを考えただけで
精神が安定してきました。安心剤という感じです。

デメリットは、シングルになれないのかなと思うところです。
藍ちゃんも同じクラブで、AW(52/ 8) - SW(58/ 8)なので、
やはり、「クラブを使いわけるのではなく、
打ち分けれないといけないのかな、3本ウェッジでは
技術が伸びないのかな」という葛藤が出てきました。

SW(58/14)とLW(60/08)があれば楽で、
SW(58/14)とSW(58/08)のほうが更に楽かなと思うと、

AW(52/08) - SW(56/12) - LW(60/08)は、
「飛距離も打ち分けれるのかな、それともバンス12度は
 精神安定剤にならないような気がする」等もやもやしています。

現在の候補は、以下です。
第1候補 : AW(52/08) - SW(58/14) - LW(60/08)
第2候補 : AW(52/08) - SW(56/12) - LW(60/08)
第3候補 : AW(52/08) - SW(58/08)

第1~3候補の、整理(選択肢の絞り方)のアドバイスお願いします。
ご参考までに、H/S:46m/s、払い打ち、シャフト:DGS200です。

よろしくお願い致します。

PW(45/??) ※番手(ロフト角/バンス角)
以降のクラブセッティングで、迷っています。

アイアンからの流れで、ツアステファン(父の影響)ということもあり、
TourStage X-WEAGE 03(開けるタイプ)を使用予定です。
以下のラインナップです。
AW(52/ 8)
SW(56/12) 
SW(58/ 8) SW(58/14)
LW(60/ 8) 

現在のセッティングは、AW(52/ 8) - SW(58/ 8)です。
問題はSW(58/ 8)で、以下の症状があります。
・砂が柔らかい場合、爆発が少ない
・ラフからだるま落としになる

今まで、SW(56/12)とSW(58/10)...続きを読む

Aベストアンサー

PWが45度ということが一番、気になります。
おそらくPWで125Y~130YでAW100Yくらいの距離ですよね?
この間の距離はどうされていますか?

ですから、
PW45の下はPW48を入れて、AW(52/08) - SW(56/12)がいいと思います。
56度のSWでフェイスを開いたら60としても対応できますから・・・

そして、56度のSWで色んな打ち方をマスターされることをお薦めします。

Qウエッジの角度について PW AW SW

ウエッジ(アプローチ用)の単品購入を考えています。

アイアンフルセットの中にPW、AW、SWは入っていたのですが、どうもアプローチが上達しないので道具のせいにしています。
使用しているアイアンは、テーラーメードのバーナーだったと思います。
そこでお聞きしたいのですが、通常フルセットに入っているウエッジ角度ってどのくらいあるんでしょうか?
また、単品で購入する場合は何度くらいの物を購入すれば良いでしょうか?
ちなみに当方がフルショットしての飛距離は、
PW-110Y
AW-100Y
SW- 85Y
ぐらいです。

残り40Y~60Yのアプローチが苦戦中です。

Aベストアンサー

フルセットに入っているウェッジはそのアイアンの性質で変わってくると思います。
アベレージモデルならストロングロフトのモデルが多くPW45度、AW51度、SW56度くらいが一般的ではないかと思います。

プロモデルならスタンダードロフトのモデルが多くPW48度、AW53度、SW58度と全体的に寝ている傾向があります。

ウェッジの買い換えはアイアンセットの流れを無視すると9番アイアンとのつながりが悪くなるのでロフト自体はあまり変えない方が良いと思います。

もし変えるならロフトが同じでソールの形状に着目すると良いと思います。
人によって好みがあるのですがソール幅が狭いモデルやバウンス(ソールの出っ張り)があまりないモデルなどもありますから友達のクラブなど借りていろいろ試してみる事をおすすめします。

僕が思うにショートアプローチが苦手な方は無意味にボール上げたがる方が多い様に感じます。短い距離のアプローチはミスしてもグリーンにだけは絶対乗せたいので僕はできるだけ地面からボールを離さないアプローチを多用します。

QSW・AW・PWなどウエッジの考え方

52°のウエッジを使ってるとか
56°のウエッジを使ってるとか
言いますがこれらのウエッジは

SW・AW・PWのカテゴリーに入るのですか?

サンドウエッジと ウエッジはバンスが多いか少ないかだけなのでしょうか?

お手数ですがお教え下さい。

Aベストアンサー

アイアンのストロングロフト化によって、PWやAWといわれるウェッジのロフトが変わってきています。
一方で、従来どおりに近いロフトのアイアンもあるので、一口にPWやAWと言ってもロフトが違います。

例えば、PWが44度くらいのストロングロフトだとAWが49度前後になってSWが56~58度だとAWとSWのロフト感覚が7~9度となるので、この間にもウェッジ(53度を前後)を加えるという選択肢が出てきます。
この場合などは、AWとSWの間のウェッジの名称が難しいので、ロフトで呼んだ方が簡単でしょう。

一方で従来に近いPW47度前後だとAWが52度前後になるので、SWとの間に特に加える必要はないかと思います。
が、人によってはバンカー用のSWとアプローチ用のSWとかフルショット用のSWとアプローチとバンカー用などと使い分けている人もいます。
その場合などもロフトで呼んだ方がわかりやすい場合もあるので、そのようにしているのではと思います。

>サンドウエッジと ウエッジはバンスが多いか少ないかだけなのでしょうか?
私見で言えば、使う人の思い込みの範疇だと思います。
バンスの大きめのAWもあるしバンスの小さめのSWもあります。
個人的には30yd超のエクスプロージョンなどはAWやPWで行うことも少なくないですし、AWよりもSWの方がアプローチでも多用するので、バンカーショット=SWではなありませんし、アプローチ=AWでもありません。
あとは一般的には、PW、AW(PS)、SW、LWの順にロフトを大きくしていくので、持っているウェッジの中でロフト順にそのように呼ぶということもあるかもしれません。

アイアンのストロングロフト化によって、PWやAWといわれるウェッジのロフトが変わってきています。
一方で、従来どおりに近いロフトのアイアンもあるので、一口にPWやAWと言ってもロフトが違います。

例えば、PWが44度くらいのストロングロフトだとAWが49度前後になってSWが56~58度だとAWとSWのロフト感覚が7~9度となるので、この間にもウェッジ(53度を前後)を加えるという選択肢が出てきます。
この場合などは、AWとSWの間のウェッジの名称が難しいので、ロフトで呼んだ...続きを読む

Qフェアウェイウッドが打てない

フェアウェイウッドが打てない
ゴルフ1年目の初心者です。
アイアン、ドライバーはそこそこ安定して飛ぶ
のですが、3Wはどうしても苦手意識が抜けません。
ダフリ、トップが多く安定したスイングになりません。
手打ちでもアイアン、ドライバーはなんとかなるが
特に3Wは体の回転で飛ばさないとダメといいますが
この理論はどのような根拠でしょうか。
ティーアップすれば心理的に安心するのかそこそこ飛びます。(200Yくらい)
でも芝生の上だとムチャクチャです。
5I:150Y Ave 110

3W

Aベストアンサー

少し回答ズレかも知れませんがご容赦下さい。
まず最初に暦1年位の方でフェアウェイからキッチリと3Wが打てる方はそうそういないと思いますよ。
NO1の方の意見でもありましたが一般アマチュアの「苦手なクラブ」の上位にランクするクラブでもありますから・・・
私は30年以上やってますが今でも苦手、と言うより不得意なクラブでもあります(笑い)
そんな訳でつい最近までは3Wは入れておりませんでした、ただ貴殿と同じくティーショットで使う事もありますし普段の素振りでも使えますからまぁ「入れている」程度のクラブですね。

どうでしょう?理論的な根拠を追求するよりもっと楽に考えたらどうでしょう?
最近は技術の進歩でUTやハイブリットアイアン(こんな名前ですよね?)などアイアン感覚で打てるクラブがたくさんあると思います、3Wにこだわらずそう言うクラブで楽に打ったらいかがですか?

ただ「どうしてもキチンと打ちたい」なら一度膝の高さを変えない、を意識して打って見て下さい、私は結構上手く打てるようになりましたけどね。

ちょっと余談ですが実際にコースで3Wを使う場合を想像して見て下さい、恐らく短いミドルは別として殆どがロングの2打目で使う事を考えていませんか?だとしても使うのはたった4回ですよ?
仮に500Yのロングを1Wで230Y飛ばし残り270Y、さてどうしますか?
自信の無い(失礼)3Wで200Yで飛ばし出来るだけ前へですか?それなら150Y飛ぶ5Iと怪我の少ないショートアイアンで120Yの方が無難じゃないですかね?

ゴルフは決められたルール(クラブ含む)の中でいかに自分の技術を駆使し少ないスコアで回るスポーツです、自分の得意な技術を磨いてスコアメイクされた方が楽しいし面白いと思いますが・・・

ゴルフに限らず「趣味」の世界のモノは「楽しく」「面白く」と考えなければ上達しないモンです、
3Wを使うのはそうなってからでも遅くないと思いますよ。

生意気な意見を申しましたが何卒ご容赦の程。

少し回答ズレかも知れませんがご容赦下さい。
まず最初に暦1年位の方でフェアウェイからキッチリと3Wが打てる方はそうそういないと思いますよ。
NO1の方の意見でもありましたが一般アマチュアの「苦手なクラブ」の上位にランクするクラブでもありますから・・・
私は30年以上やってますが今でも苦手、と言うより不得意なクラブでもあります(笑い)
そんな訳でつい最近までは3Wは入れておりませんでした、ただ貴殿と同じくティーショットで使う事もありますし普段の素振りでも使えますからまぁ「入れて...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報