人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

金魚を2匹飼っている水槽に、白い直径1~2mmぐらいの粒のようなものがあちこちに発生しています。
変な病原菌だとマズいと思い、急いで金魚をバケツに隔離して、今は水合わせをしているところです。
白い粒つぶは、水草の葉やなどあらゆるところに付いていて、よく見ると底砂にもあるようで、水槽全体に発生しているようです。

ネットで調べてみたのですが、いまひとつ情報が得られません。水槽全体のあちこちにくっついているので金魚の卵ではないようです。
金魚自体は外観上の症状は見られないものの、少し元気がないように思えますし、何かの病気および病原菌が混入したのでしょうか?

どなたか詳しいことをご存知の方がいらっしゃいましたら、情報提供をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

金魚等を曽祖父の代から飼育している飼育歴45年のベテランです。



 金魚の種類と大きさはどれ位ですか?金魚の大きさが6cm以上ですとメスだけでも発情し、卵を産み落とします。この場合は無精卵ですから孵化はしませんが、腐敗はしますので撤去をしないと駄目です。次に金魚は孵化をさせている方は水草(アルジー)の他に床材としてシュロ、ヒゲノカズラ等を敷いており、これに付着し損なった卵を確保をしています。メスは卵を産み落とすと最低でも5日程度は元気はありませんし、ヘタレています。

 オスがいる場合は有精卵ですから孵化をしますので、親を隔離しないと駄目です。オスは尾、鰭、鰓等に面皰の様な物が出ますので知らない方は白点病等と勘違いをし、薬剤の処方されますが、これは金魚にとっては金魚迷惑(笑)ですから相談されますし、この様な例は何例もあります。

 私の場合は幼稚園に行く前に祖父から指導を受けており、父からは詳しく教育されましたので高校生の頃には疾病の対策はできていましたし、対応はでいていましたので業者さんに「跡を継がないか」と言われた事があります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。体長は尾鰭をのぞいて7~8cmの出目金です。
2匹はおそらくオスとメスだと思われます。
オスが少し前に尾腐れっぽい症状があったので3日ほど前から隔離して薬浴していて、残るメスが今日少し元気がないのでよく見てみたら・・・、という具合なのです。
ご指摘の状況とかなり近いので、卵の可能性が高いですね。

お礼日時:2014/07/20 19:13

石巻貝を入れていませんか?


もし入れているなら石巻貝の卵です。

勘違いな回答ならゴメン。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

遅くなりました。石巻貝は入れていません。どうやら金魚の産卵だったようです。

お礼日時:2014/08/04 11:37

ほぼ完全な球の形なら、卵の可能性高いですね。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。ほぼ完全な球形です。卵なのでしようか。

お礼日時:2014/07/20 19:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水槽の中にくっついている白いもの。

60センチの水槽の中に白い卵の様な物がくっついています。その卵は、魚のような殻のない卵ではなく定規などで取るとプチプチいいます。多分殻があるのだと思います。その上それを取ると跡が残るのでどうにかしたいです。これって何でしょうかわかりましたら返事ください。
水槽の中の生き物 金魚6匹 フナ2匹 石巻貝5匹 ガモンバ ウィローモス 
付き方 5個くらいずつ 2、3日おき 

Aベストアンサー

ある程度固まって付いていると思います石巻貝の卵ですね。
三角定規などで削り取るのが良いと思います。

石巻貝は汽水域(河口付近などの海水と真水が入り交じった流域)でしか繁殖できません。従って一般家庭の水槽では100%不可能といっても過言ではありません。
ただし、産卵はたびたびしますので私の場合はその都度削り取っています。この他、かのこ貝、フネアマ貝、ヤマトヌマエビなども同じで産卵をを汽水域状態でしなければ孵化しませんが真水から汽水状態にして、ある程度育ってから徐々に真水状態に持って行かなければなりませんのでご家庭用サイズの水槽での繁殖はは非常に困難だと思います。

Q金魚の水槽に白いつぶつぶ

金魚を5匹飼っています。
水を換えて3日目に水槽の内側に白いつぶつぶ状のものがくっついているのを発見しました。水の中に浮いているのもあります。粒の大きさは1ミリないくらいの小さいもので固いです。
病気の金魚は1匹もいません。
何かわかる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは金魚の卵じゃないでしょうか?
雄が雌を追いかけて泳ぎ回っていませんでしたか?

卵は狭い場所では親が食べてしまいます。
何かネット、ガーゼのような布切れを入れておいて、
そこの産み付けますから、別の鉢に移しておくとすぐ孵化します。

Qめだかの水槽の中の水草に??

1ヶ月前位からめだかを飼っています。
丸いビンに入れて飼っています。飼った時に説明書とえさも貰いました。その通りに飼っています。そしてビンには2匹入っています。
水草が入っているのですが、最近その水草に白い何だかわからないものがくっついています。綿菓子っぽい感じというか…丸い白いものもあります。形は不規則です。
はじめは餌の残りがふやけたものかと思ったのですが、そんなに沢山餌はあげてはいませんし、謎です。
卵??と思ったのですが判断できません。万が一卵だったら取り出してはいけないし…。
因みに水草は2つ入れてあり、謎のものがくっついているのは1つだけです。水草が腐っているのでしょうか?だったら早く取り出すべきですよね!私自身は卵ではなく、こっちではないかと思うのですが…;
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

丸い白い物はメダカの卵で、
モヤモヤした物は水生菌(水カビ)でしょう。
卵が白く見えるのは、死んでしまったか無精卵です。
そこに水生菌(水カビ)が、ついたのだと思いますよ。
そのままでは、水質が悪化するので、
水生菌がついている部分を、
ハサミで水草ごと切り取りましょう。
水も換えたほうが良いでしょう。

2週間もすれば、次の卵を産みますよ。
メダカはクモの糸を太くしたような粘液質の糸で、
水草などに卵を絡みつけます。
そのままでも孵りますが、メダカは共食いをする魚です。
ー親は自分の子供でも、食べちゃいますー
水草ごと、ペットボトルにでも移してやりましょう。
ー生きている卵は、弾力性があり、
指でつまんだくらいではつぶれません。ー

1週間くらいで孵化します。
始末に困るくらいドンドン増えますよ。
ただ、2匹ということは、どちらもメスの
可能性がありますね。
メダカの産卵については、過去ログがいくつもあります。
検索してみてください。

メダカ飼育HP
http://homepage2.nifty.com/night-forest/file2-6.htm
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/8767/child01.html

参考URL:http://tansui-web.hp.infoseek.co.jp/sub21.html

丸い白い物はメダカの卵で、
モヤモヤした物は水生菌(水カビ)でしょう。
卵が白く見えるのは、死んでしまったか無精卵です。
そこに水生菌(水カビ)が、ついたのだと思いますよ。
そのままでは、水質が悪化するので、
水生菌がついている部分を、
ハサミで水草ごと切り取りましょう。
水も換えたほうが良いでしょう。

2週間もすれば、次の卵を産みますよ。
メダカはクモの糸を太くしたような粘液質の糸で、
水草などに卵を絡みつけます。
そのままでも孵りますが、メダカは共食いをする魚です。
...続きを読む

Q水槽のガラス面の汚れ?について

水槽のガラス面の汚れ?について

お世話になっています。
60cm規格の水槽なのですが、ガラス面に非常に細かい白いカビのような物が付着し困っています。
指で触るとすぐに落ちるのですが、次の日になるとまたうっすらと復活しています。

一度水槽内で病気が発生したため 砂利と水、上部式フィルターのフィルタースポンジを全て換え水槽をリセットしました。
しかし白濁りが発生したため、汚れを取り除く薬を入れました。
次の日には水が綺麗になっていたのですが、数日立つと例のカビのような物がガラス一面に発生しだしました。

さらに一週間半後(一昨日)、水槽を洗い水を全部換え、フィルタースポンジを一枚(いつも二枚入れてます)換えたのですが、今日になりまたあのカビのような物が発生しました。

これはどうすれば消えますか?
やはりスポンジを皆換えればよかったのでしょうか(;)
前みたいにバクテリアが消え白濁り発生すると嫌なので一枚換えなかったのですが・・・

Aベストアンサー

> 指で触るとすぐに落ちるのですが、次の日になるとまたうっすらと復活しています。
・水カビでしょうか。
(あまり良い写真が無いのですが。)
http://xto.be/breeding/saprolegniasis.html
http://aquante.blog54.fc2.com/blog-entry-59.html

・ミズカビについて
ミズカビは、水中の有機物に菌糸を伸ばし、それを餌とし分解吸収して成長する管状生物です。
ミズカビ本体の菌糸体は非常に太い菌糸で、肉眼でも見分けがつく太さがあり、その姿が陸上のカビに似ていることからミズカビと一般に呼んでいます。

・どのような水槽に発生しやすいのか。
飼育水・飼育環境の有機物いっぱいで富栄養化している水槽。

・富栄養化の原因。
1・餌の与えすぎ。
2・過密飼育(水槽の大きさに比べ、生体が多すぎ/大きすぎ)。
3・濾過能力の低い水槽。
4・底床材や濾過器の汚れた水槽。

> これはどうすれば消えますか?
・飼育水の清水化です。
飼育水中に有機物が多いと水カビも良く育ちます。

兎に角、水替え、定期的な換水度合いを増やす。
餌の量を減らす、または、餌の種類を変更する。
底床材や濾過器の清掃。
濾過能力が低いようならば、外部濾過器などの追加。

以上の対策を、出来ることから根気強く行うことで、1ヶ月ほどでミズカビの発生しにくい水槽になるハズ。
ただし、原因が過密飼育にある場合は、効果が出ないこともあります。
なお、ソイルを使用した水槽は、立ち上げ後3ヶ月以内は、ソイルから肥料成分が溶け出すため、水カビが発生することがあります。
この場合は、マメに水替えを行っていれば、自然に水カビは消えます。

> 指で触るとすぐに落ちるのですが、次の日になるとまたうっすらと復活しています。
・水カビでしょうか。
(あまり良い写真が無いのですが。)
http://xto.be/breeding/saprolegniasis.html
http://aquante.blog54.fc2.com/blog-entry-59.html

・ミズカビについて
ミズカビは、水中の有機物に菌糸を伸ばし、それを餌とし分解吸収して成長する管状生物です。
ミズカビ本体の菌糸体は非常に太い菌糸で、肉眼でも見分けがつく太さがあり、その姿が陸上のカビに似ていることからミズカビと一般に呼んでいます。

・...続きを読む

Qベアタンク水槽の白い粉について質問です。画像あり

ベアタンク水槽内で、粉砂糖のような白い細かな粒が沈殿しております。
これは一体何なのでしょうか?
また、魚に害を及ぼす場合の対処方法を教えてください。

【環境】
90*45*45水槽
上部フィルター(ウールマットとコトブキ パワーゼオ*2 パワーリング*2)
フィッシュレット*1

テトラ6in1試験紙で測った現在の水質は、
硝酸塩25以下、亜硝酸1程度、GH8°dH、炭酸塩硬度6°dH、pH6.8となっております。
(pHに関してはデジタルのpH計で7.7を示しました。試験紙の値は低すぎると思います。)


3週間程前に立ち上げた新規の水槽です。
パイロットフィッシュに小赤20匹投入。
亜硝酸が多く検出され始めた頃、小赤が白点病になったので別水槽へ隔離。(4日前の事です。)
白点病対策に水温を30度まであげました。
小赤を全て移し、水槽から生体がいなくなった次の日に白い粉の沈殿を確認。
また次の日に飼育水の3分の一を水換えして白い粉を取り除きました。
水換えから1日経った今日、また粉が沈殿しております。画像は今日のものです。

この様な事は初めてで自分では全く検討がつかないのでお知恵拝借させて下さい。
説明不足な部分があれば追記します。
回答の程、よろしくお願い致します。

ベアタンク水槽内で、粉砂糖のような白い細かな粒が沈殿しております。
これは一体何なのでしょうか?
また、魚に害を及ぼす場合の対処方法を教えてください。

【環境】
90*45*45水槽
上部フィルター(ウールマットとコトブキ パワーゼオ*2 パワーリング*2)
フィッシュレット*1

テトラ6in1試験紙で測った現在の水質は、
硝酸塩25以下、亜硝酸1程度、GH8°dH、炭酸塩硬度6°dH、pH6.8となっております。
(pHに関してはデジタルのpH計で7.7を示しました。試験紙の値は低すぎると思います。)


3週...続きを読む

Aベストアンサー

> ベアタンク水槽内で、粉砂糖のような白い細かな粒が沈殿しております。
> これは一体何なのでしょうか?
・写真を見る限り、有機体(水カビのような生物)には見えません。
従って、写真の白色沈殿は「カルシウム」だと思います。

新規に立ち上げた水槽です。
まだ、生物濾過は完全に機能していないと思います。
このような環境で、パイロットフィッシュを水槽内で飼育すれば、餌を与えなくても、魚のエラからアンモニアが排出されます。
もちろん、飼育のために、水槽内に投入する有機物(=餌)は、排泄物や残り餌となり、やがてアンモニアを発生させます。
発生したアンモニアの大多数は、水に溶けてアンモニウム(アンモニアイオン)になりゼオライトに吸着されます。

ゼオライトが、なぜ、アンモニアイオンを吸着するのか?
その回答は、ゼオライトは、実は「イオン交換体」だからです。

ゼオライトの小さな穴は、空でなく、正イオンの(ナトリウム、カリウム、カルシウム)で満たされています。
そして、水中のアンモニアイオンなどがナトリウム、カリウム、カルシウムと反応し吸着すると、別の合成物、通常(ナトリウム、カリウム、カルシウム)を飼育水中に放出することになります。
この反応(もう一つのイオンのための一つのイオンの置き換え)を、一般的にイオン交換反応と呼びます。

飼育水中のアンモニアイオンを吸着し、代わり放出されるナトリウム、カリウム、カルシウムの内、ナトリウムとカリウムは大変水に溶けやすい物質です。
カルシウムもpHが低ければ水に溶けますが、pHが中性域と高いため水に溶けることが出来ずに結晶化したものだと思います。
そして、ベアタンクだから目立った。

新規の立ち上げ水槽にゼオライトを使用した場合のカルシウムの発生は、めずらしくない事象ですから、あまり気にする必要はありません。
生物濾過が完成すれば(余程、水道水中にカルシウムが多すぎない限り)自然に消えて行きます。

希に、水道水中に含まれるカルシウム量が多い場合は、なかなか消えないかも知れません。
この場合は、飼育水のpHを5.5程度に下げればカルシウムは水に溶けて消えます。
http://hr-inoue.net/zscience/topics/zeolite/zeolite.html

> ベアタンク水槽内で、粉砂糖のような白い細かな粒が沈殿しております。
> これは一体何なのでしょうか?
・写真を見る限り、有機体(水カビのような生物)には見えません。
従って、写真の白色沈殿は「カルシウム」だと思います。

新規に立ち上げた水槽です。
まだ、生物濾過は完全に機能していないと思います。
このような環境で、パイロットフィッシュを水槽内で飼育すれば、餌を与えなくても、魚のエラからアンモニアが排出されます。
もちろん、飼育のために、水槽内に投入する有機物(=餌)は、排泄物や...続きを読む

Q水槽内に雪のような白い点々が積もってしまいました。

いつもお世話になります。今回もどうか宜しくお願いします。

外掛けフィルターを改造し追加投入していた「バクテリア繁殖用濾剤(粒状)」に、一部変色が見られました。
茶色→白灰色で、石灰化したような感じです。
そしてこれら変色していた濾剤に付いていた「何か」がそのまま水流に乗り、水槽内にバラ撒かれてしまいました。
あらゆる所に雪のような白い点々が積もってしまいました・・・。

水槽にバラ撒かれてしまった「何か」は墨汁の匂いもせず色も白いことから、
バクテリアとは思えないのですが・・・カビか何かなのでしょうか?
そもそも濾剤変色の理由も判らず、とにかくこの現状に困っています。

水槽環境は以下の通りです。
・40cm水槽 大磯砂利(新規)
・外掛け式フィルター(新規改造+本水槽からバクテリアを少々移植+初期のみ活性炭バック使用中)
・朝~午後は日光(すりガラスの出窓に設置。直射ではなく髭藻は出ない程度の光量) 夕方は24Wライト×1灯
・エノキドルス・グリセバキィ ミリオフィラム(グリーン) ウィステリア ヘテランテラ ロタラ・ロトンディフォリア アマニアグラキリス
・水草は全て水中栽培ものを購入。現在は昼間のみCO2添加。
・流木 (ウィローモス固定中) 素焼きのつぼ

・1週間空回しの後、水草・パイロットフィッシュ(ネオンテトラ2匹)投入、現在10日目。
・ラムズホーン若貝2匹を5日前に投入。
・PH値6.5~7.0(6.0~6.5を目標)
・亜硝酸値MAX後、1日置きに1/3ずつ換水開始。
・これまでに使用した薬剤は、魚の皮膜保護剤 コケ抑止剤 PH/KH降下剤及び安定剤 水草用肥料(固形+チッ素・リン抜き液体)

とりあえず応急処置として(正しかったか判らないのですが)、
変色濾剤を取り除きフィルター内を軽く掃除し、
飼育水は約1/3を換水しました(バラ撒かれた量が大量でとても追いつきませんが)。

この状態が何に拠るものなのか、ばら撒かれた物の正体や処置法などお判りになられる方いらっしゃいましたら、
どうか宜しくお願い致します。

いつもお世話になります。今回もどうか宜しくお願いします。

外掛けフィルターを改造し追加投入していた「バクテリア繁殖用濾剤(粒状)」に、一部変色が見られました。
茶色→白灰色で、石灰化したような感じです。
そしてこれら変色していた濾剤に付いていた「何か」がそのまま水流に乗り、水槽内にバラ撒かれてしまいました。
あらゆる所に雪のような白い点々が積もってしまいました・・・。

水槽にバラ撒かれてしまった「何か」は墨汁の匂いもせず色も白いことから、
バクテリアとは思えないのですが...続きを読む

Aベストアンサー

No.4,5です。

リセットされますか。
面倒なことですが、ご英断だと思います。
pHを酸性に持って行くのに、無処理の大磯砂だと難しいですからね。
回り道のようで、近道になります。

手順だけ書いておきます。

・大磯砂を酸処理する。
・固形肥料を少量だけ、底床の深いところに入れる。
・pH降下剤でpHを中性より酸性側に少し落とす。※1(アンモニアの毒性減)
・成長の早い水草を植えて、1週間ほど空回しする。(水草がアンモニアを吸収する葉や根を展開)

・魚を少数投入する。
・この時、粘膜保護剤は使用。※2
・3日程度餌をやらない。
・その後、餌の量を絞りながら、水槽の立ち上がりを待つ。
・亜硝酸が危険値まで検出された場合は水替え。

※1と※2は、必須ではありませんが、利用する価値は認められます。
ただ、pH降下剤は立ち上げ時期に使う程度で、常用するものではありません。
前の回答でAとBの水質例を出しましたが、水草育成に関しては、Bのような含有物の少ない清浄な水が適しています。
純水に近い薄い水(pHが変化しやすい)に僅かな腐植酸と二酸化炭素などが溶け込んでいるのが、大体の水草の生息地の水質です。
で、水草は浸透圧を利用して栄養分を体に取り込んでいます。
ゆえに、薬でpHだけ整えたとしても、pHは適しても、水が濃くなってしまうため、上手く育たない水草が多いわけです。
(頻繁な水替えは魚に負担を掛ける点で、水草と魚は相反する要素があります。)

あと、水中葉に拘る必要は、特にないかと思います。
水上葉:
育成しやすく安価。輸送で痛み難い。
水中葉:
低光量の環境に馴化している。自家繁殖ものなら農薬が付着していない。

水中葉でも、水質が変るのであれば、今の草体を破棄して新たな葉を展開します。
なので、水中葉か否かよりも、草体にエネルギーを沢山蓄えているかどうかの方が重要です。
茎が太く節が詰まっている水草で、水上葉から僅かに新芽を出し始めた状態が狙い目となります。

No.4,5です。

リセットされますか。
面倒なことですが、ご英断だと思います。
pHを酸性に持って行くのに、無処理の大磯砂だと難しいですからね。
回り道のようで、近道になります。

手順だけ書いておきます。

・大磯砂を酸処理する。
・固形肥料を少量だけ、底床の深いところに入れる。
・pH降下剤でpHを中性より酸性側に少し落とす。※1(アンモニアの毒性減)
・成長の早い水草を植えて、1週間ほど空回しする。(水草がアンモニアを吸収する葉や根を展開)

・魚を少数投入する。
・この時、...続きを読む

Qバクテリアの液はデメリットはありますか?

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
たしかに成分がよくわからない薬(のようなもの)を使うより、自然界のシステムで環境を整えるほうが、気持ち的に信用はおける気はしますが・・・・・。
こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
よろしければ教えてください。

ちなみに自分は半年前、水槽を買ってきて、水道水にカルキ抜きとバクテリア液を入れて、すぐに金魚を入れて飼いはじめましたが、とくに水の濁りも臭いも発生せず、別段なんの問題も無く金魚たちは元気にしています。(もちろん今はもう液は入れてません)

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば...続きを読む

Aベストアンサー

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・これが答えです。

> よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。

現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。
空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。
3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。

全換水の目的は、始めて張った水には、以下の物質が溶け込むため。
・水槽目地表面のシリコン保護剤。
・プラスチック、ゴムの保護剤。
・底砂から溶け出す様々なミネラル。
これらは有毒物ではありませんが、保護剤には環境ホルモン物質が使用されていることがあり、魚の繁殖能力に影響を与える可能性があります。

> ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
・ハッキリ言って、使っても、使わなくても、ほとんど濾過バクテリアの繁殖定着する日数に違いが無いためデス。
第一、市販のバクテリア剤の大半が、アンモニア硝化菌のみで、亜硝酸硝化菌は含まれていません。
・ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)は、休眠加工が可能でパウダー状態で長期間常温保存が可能です。
・ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は、休眠加工は出来ません。
ニトロバクター属の細菌は、生菌をボトリングする必要があるため冷蔵保存が必要です。
ペットショップで、常温の棚に置かれている濾過バクテリアは、アンモニア硝化菌のみになります。
アンモニア硝化菌と亜硝酸硝化菌の両方をパッケージした製品は、冷蔵保存され使用期限も短く、価格も非常に高価です。

私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。

=日数=
バクテリア剤無し・・・・平均21日。
バクテリア剤有り・・・・平均18日。

=別効果=
立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。

> こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
・デメリットはありません。
市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。
生体飼育後、5日目あたりからアンモニアが発生してきます。
この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、
使用した菌は、ほとんど定着するわけではありませんが、アンモニア濃度を低位に抑えることが可能で、生体にとって安全な飼育環境を提供出来ます。
だから、30cm12L水槽にイキナリ、ネオンテトラを10匹とか飼育する、初めてのアクアリストの方などには、それなりの効果があると思います。
ただ、市販のバクテリア剤は、継続して長期間使用し続ける必要は無い製品だと思います。

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・こ...続きを読む

Q白点病を発症した魚がいた水槽は放置で治療可能?

白点病についてサイトをいろいろと見ましたが、不明な点があったのでこちらをお借りして質問致します。


現在90cm水槽で以下の魚を飼育しています。
*****************************
・セルフィンプレコ×2
・ブロンズプレコ×1
・ラミノーズテトラ×4
・レッドファントムテトラ×4
・ネオンテトラ×8
・アカヒレ×18
・ヤマトヌマエビ×10
・ダイヤモンドピラニア×1
*****************************

加えて、以下の水草を育てています。
*****************************
・アマゾンフログピット
・アマゾンチドメグサ
・ウィローモス
*****************************


この環境下で、1週間程度前から白点病に感染しているようで、体表に白い小さな点々が出来てきました。

私は最近水槽で魚を飼育しはじめ、白点病の経験も全くありません。
サイトを参考に治療をしようと調べていたのですが、1点不明な点がありました。

現在水槽は90cm水槽しかないので、薬浴用に新しく水槽を購入してきて、水槽にいるピラニア以外(ピラニアは平気そうなので…)の全ての魚をそちらへ移し、薬浴を実行しようと考えています。

治療中、90cm水槽では水温を高い状態で保ち、そのままの状態で2週間程度放置することで、白点病の病虫を死滅させることが出来るのではないかと思ったのですが、可能でしょうか…?
水槽自体も底砂の交換や薬浴をしなければ、魚を戻した際に再発してしまうでしょうか…?


回答者様の治療方法や、治療以外にも、現在の環境で気をつけることなどありましたら、出来るだけ詳細に回答頂けると幸いです。

白点病についてサイトをいろいろと見ましたが、不明な点があったのでこちらをお借りして質問致します。


現在90cm水槽で以下の魚を飼育しています。
*****************************
・セルフィンプレコ×2
・ブロンズプレコ×1
・ラミノーズテトラ×4
・レッドファントムテトラ×4
・ネオンテトラ×8
・アカヒレ×18
・ヤマトヌマエビ×10
・ダイヤモンドピラニア×1
*****************************

加えて、以下の水草を育てています。
***...続きを読む

Aベストアンサー

まず原則を先に書かせて頂きます。

白点病が発生した時は、発生した魚だけを別水槽に隔離しても意味が
ありません。水槽には白点病の菌が浮遊しているので、発病した魚を
別水槽に移して隔離しても、発病していない魚も数日後には発病する
可能性は高くなります。
発生したら使用中の水槽で治療を行う事です。発病した魚も発病して
いない魚も一緒に治療してやります。
発病していない魚まで治療する事は無いと思うでしょうが、先程も書い
たように水槽の水には白点病の菌が浮遊しています。肉眼では見え
ませんが、発病している可能性はありますので、発病していない魚も
予防策として治療してやります。
発病した魚だけ隔離して、残された魚には何もせず放置をすれば、間
違いなく数日後には白点病に感染するでしょう。

白点病の菌を死滅させるためには水温を一定温度まで上昇させる事
が必要ですが、だからと言って2時間では死滅する事はありません。

白点病に感染したら、サーモ付ヒーターで水温を最終的には28℃~
30℃に上昇させます。白点病の治療薬を投与して1週間絶食をさせて
様子を見ます。1週間で白点病の症状が消えれば、水を1/3抜いて
新しい水を入れ、再び1週間放置します。その間に水温は28~30℃に
保った状態にします。これを3回繰り返した後に全ての水を入れ替えて
掃除をします。
もし1週間で白点病が完治していなければ、水を1/3だけ抜いてから
新しい水を入れ、薬剤を規定量だけ再投与します。
薬剤にもよりますが、グリーンFリキッドやグリーンFゴールドの持続期間
は1週間です。1週間以上も薬剤効果が持続する事はありませんから、
感知していなければ再び投与する事になります。

薬剤を投与する前は、水草、色が付いては困るアクセサリー、活性炭が
使用されているフィルターは投与前に水槽から出します。
薬剤の成分により水草は枯れますし、薬剤の色が浸み込んで洗っても
落ちなくなります。また活性炭により成分の効果が消えますので、必ず
活性炭が入っているフィルターは事前に取り外して下さい。
活性炭が使用されていないフィルターは外さない事です。またエアーは
通常通りに送り続けて下さい。
ヒーターの設定は1日に2℃づつ水温が上昇するようにします。一気に
上昇させるのは魚に負担を与えます。最終的に28~30℃になるよう
にしましょう。

まず原則を先に書かせて頂きます。

白点病が発生した時は、発生した魚だけを別水槽に隔離しても意味が
ありません。水槽には白点病の菌が浮遊しているので、発病した魚を
別水槽に移して隔離しても、発病していない魚も数日後には発病する
可能性は高くなります。
発生したら使用中の水槽で治療を行う事です。発病した魚も発病して
いない魚も一緒に治療してやります。
発病していない魚まで治療する事は無いと思うでしょうが、先程も書い
たように水槽の水には白点病の菌が浮遊しています。肉眼では見え
ません...続きを読む

Q水槽内を小さな気泡のようなものが沢山舞っています。

水槽内を小さな気泡のようなものが沢山舞っています。
水槽の中をよく見てみたら、針の先くらいの気泡のようなもの(ホコリのようにも見える)が沢山舞っていました。
上部フィルターを使用していますが上部フィルターからの気泡ではないようです。
これは何なのでしょうか。
魚に影響はありますでしょうか。
大変気になります。

Aベストアンサー

No.2です。
・腐敗臭(ドブ川のような感じ?)がしなければ、心配いりません。
ご安心を。。。
そのままでも、数日で元に戻るハズですし、早く透明にするのならば、水替えを行いましょう。

いつも、水槽の臭いを嗅ぐ人はいないと思いますが、長く魚を飼育していると、水槽の水が臭うこともあります。

・無臭か、墨汁の臭い(決して不快臭ではありません。)がする水槽は正常な水槽です。

・アンモニア態窒素や硫化水素、メタンなどが発生すると、腐敗臭がしてきます。
で、変な臭いと白濁が一緒に起こったら、急いで、濾過器や底砂の清掃を行う必要があります。

Q薬浴中の水換えと餌やり

現在、白点病と尾ぐされ病の治療中です。
マラカイトグリーンと塩浴、症状が若干重いほうの水槽には(元気な金魚とわけてあります)ヒーターを取り付けました。フィルターはまわしておらず、エアポンプのみです。

2日経ち昨日は朝は大丈夫だったのですが、夕方から悪化し始める金魚が出てきて、最終的に赤班病などを併発して☆になってしまいました。今日は今のところ大丈夫です。心なしか、白点が消えてきたようにも思います。

お聞きしたいことはまず餌についてなのですが、今年の4月に生まれた当歳魚ということもあり、健康な時は朝晩二回、もしくはかなり小分けして3回あげていました。
本来ならば薬浴中は餌は控える聞いたのですが体力的に心配な面もあります。
今のこの薬浴中の状態で、餌は一日にどのくらいあげても大丈夫でしょうか。
また、水換えについてなのですが、餌を与えるとなると当然フィルターも周っていませんし、すぐに汚れますよね?
一応今は低面のフンなどを一日に何回かはスポイトで取っている状況なのですが、水換えはどのくらいの頻度ですればよいでしょうか。
色々なサイトなどをみると、毎日かえる・薬の効き目が切れたら・1週間に1回など色々な意見がありました。
変えないのも心配ですが、変えすぎてかえって体調を崩してしまっても心配です。
餌やりと水換えの頻度、この2つについてアドバイスいただけないでしょうか。

現在、白点病と尾ぐされ病の治療中です。
マラカイトグリーンと塩浴、症状が若干重いほうの水槽には(元気な金魚とわけてあります)ヒーターを取り付けました。フィルターはまわしておらず、エアポンプのみです。

2日経ち昨日は朝は大丈夫だったのですが、夕方から悪化し始める金魚が出てきて、最終的に赤班病などを併発して☆になってしまいました。今日は今のところ大丈夫です。心なしか、白点が消えてきたようにも思います。

お聞きしたいことはまず餌についてなのですが、今年の4月に生まれた当歳魚と...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
>白点病と尾ぐされ病の治療中です。
まず病気の発生原因を取り除かないと、治療しても再発の恐れがありますので最優先です。
おそらくシステムの問題で生物濾過の非力・脆弱が原因と思われます。決して水温が下がったとか、病気の魚を持ち込んだなどと安易に考えないでください、生物濾過が機能して飼育環境が十分に整っていれば多少の白点病や尾ぐされ病など薬品を使用しなくとも治癒することを何度も経験しています。

>エアポンプのみです。
マラカイトグリーンは本水槽に直接入れて大丈夫です。濾過バクテリアに大して影響も出ませんので、普通の白点病であれば3~4日で治癒するはずです。

>最終的に赤班病などを併発して
赤班病は亜硝酸中毒でしょうからよほど水質が悪いと考えられます。
特に治療するときに使用する水に、水道水のカルキ抜きしただけの水を使用するとこのようなことになることは多いですね。

>浴中は餌は控える聞いたのですが体力的に心配な面もあります。
金魚は1週間くらい餌を食べなくとも、そのことで体力が落ち死ぬことは絶対にありません。もし死ぬようなら別の原因と考えてください。

餌を食べる→糞をする→その糞が猛毒アンモニアを誘発→金魚を苦しめ病気の発生。

>餌は一日にどのくらいあげても大丈夫でしょうか。
止めた方が賢明で可哀想と思うなら、水質管理を考えてください。

>今は低面のフンなどを一日に何回かはスポイトで取っている状況なのですが、
大変良いことです。
減った分だけ足し水すればよいのですが、この足し水が問題で先に書いたように水道水(もちろんカルキ抜きした水)は決してよい水では無くいきなりこの水で飼育すると元気な金魚でも病気になることがあります。
濾過バクテリアが良く繁殖した濾過槽を通した水が最適でこの水には濾過バクテリアが含まれていますので水質悪化を防げます。

>毎日かえる・薬の効き目が切れたら・1週間に1回など色々な意見がありました。
濾過器の内容や飼育水によって一概にこれが一番は無く、難しい判断をしなければなりません。

>餌やりと水換えの頻度、
餌やりについては先に書いたようにやらないことです。
水換えをについては今の状態でしたら水に匂いが出るまで3日を限度に換えない方が良いかと思いますが、換える水はバクテリアが繁殖した水が条件です。もし手に入らなければ本水槽の水を使用してください。
参考まで。

こんにちは。
>白点病と尾ぐされ病の治療中です。
まず病気の発生原因を取り除かないと、治療しても再発の恐れがありますので最優先です。
おそらくシステムの問題で生物濾過の非力・脆弱が原因と思われます。決して水温が下がったとか、病気の魚を持ち込んだなどと安易に考えないでください、生物濾過が機能して飼育環境が十分に整っていれば多少の白点病や尾ぐされ病など薬品を使用しなくとも治癒することを何度も経験しています。

>エアポンプのみです。
マラカイトグリーンは本水槽に直接入れて大丈...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較