痔になりやすい生活習慣とは?

今朝もテレビのワイドショーで特集されてましたが、相模湾のマグロ釣りがアツいですね。
今のヒットルアーはなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ここ数年の実績だと、シンキングのほっとけならボラドールかハルシコ。


誘い出しのダビングペンシルならガンマやそれを模倣したペンシル、オシアペンとか。
小さいトビウオがベイトの場合も多いので、GIGみたいな小さいジグミノーも実績がありますね。
色々試してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
おすすめの内いくつかは所有しているので、まずはそれで頑張ってみます。

お礼日時:2014/07/31 13:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【オフショアキャスティング】ナブラはどこを狙うか?

沖釣り歴6年くらいですが、昨年から乗合船にてジギングを散発的にやるようになりました。
主に東京湾でサワラやイナダ、ワラサ狙いで10回ほど経験しており釣果もボチボチといった感じです。

船宿よりキャスティングタックルも用意するように言われて毎回必ず持参するのですが、ジギングの時に限ってなぜか一度も鳥山に遭遇したことがありません。
とはいえ、いつか遭遇するであろうその時に慌てたくないので知識だけでも蓄えておきたいと思っているのですが、基本的な疑問があります。

鳥山のどこを狙うのか?
ネット情報で「鳥山の進行方向数メートル先を狙うといい」というのがありましたが、乗合船で同じ場所を狙うのは難しいように思いますし、かといって鳥山のド真ん中を狙うとナブラが沈んでしまうとも聞きました。また、鳥山のド真ん中では鳥に当ててしまう危険もあるように思います。
どこを狙うべきでしょうか??

Aベストアンサー

東京湾、相模湾でキャスティング全般やってます。

状況次第ではありますがざっくり言うと、ナブラというか追っているターゲットの移動スピードが速い場合は進行方向の先に投げてナブラの前を横切らせ、遅いナブラ(下から突き上げるように食っている)は奥に投げてナブラの中を通します。
相模湾マグロなんかはパターンの違いが顕著です。極端な話、後者ならナブラにドボンで放置とか。

鳥山を恐れていたらナブラ撃ちはできませんよ。
鳥よけの小技としては、トップで追われたら止めれば追わなくなるのと、ピンクバックは比較的無視されやすい傾向です。
また、青物ナブラ撃ちはキャストをミスれば即終わりのワンチャンスの場合も少なくないです。
普段からキャスト精度を高める努力はした方がいいですね。
特に乗合船はアンダーハンドの出番が多いので要練習ですね。
私もいまだに苦手ですが。

Qキハダのルアーでの釣り方教えて下さい

先日、相模湾にキハダ、カツオをルアーで狙いに行きましたが、鳥付きのキハダのボイルが有りましたがルアーに掛かりませんでした。
船が寄ると沈みますが、居た辺りにルアーを投げもアタックは、一回も
有りません。ルアーも何をどうやって使って良いか分からなく成りました、今回使用したルアーは、ポッパーとペンシル共にフローティングと
シンキング、シンキングミノー、ジグです。
ルアーの使い方、オススメのルアー、狙い方等教えて下さい
因みに、船長曰く、サイズは5~10k位らしいです、カツオは、居ませんでした 宜しくお願いします

Aベストアンサー

キハダの5~10Kgクラスやカツオだと、よほど活性が高くないとポッパーやペンシルには出てきません。
基本はキャスティングジグのロングディスタンスでしょう。

それで先ずはジグを追わせて、食わせます。
そうやって何本か(早ければ1本)釣上げているうちに相手の活性が上がってきてジグを咥えた仲間をチェイスしてきます。

そのチェイスしている奴はかなりテンション・アゲアゲ状態なので、それを目掛けてポッパーやペンシルを投げ込みます。
そこで初めてペンシルやポッパーゲームが成立する事が多いと思います。
初めからナブラを追っているような群れは足が速いので、最初からポッパーやペンシルで狙うと船のプレシャーがかかって沈んでしまいます。

私がキハダゲームをやるときはだいたい4~5人でボートをチャーターします。
先ずは活性を上げるJIGゲームを全員で行い、活性が上がったところでJIG担当とキャスティング担当をローテーションして不公平が無いように遊んでいます。
これで船中100本以上も珍しくないですよ。

Qキャスティング用GTロッドとTUNAロッド

以前GTロッドの件で質問させて頂いた者なのですが、GTよりはマグロの方が釣行に行ける可能性が高いのでTUNAロッドを買ってGT(行けるかまだ分かりませんが)と兼用にしようと思うのですが、何か大きな問題等有りますでしょうか?
そもそもGTロッドとTUNAロッドの違いな何なのでしょうか?キャスティングウェイト等、スペック的には似通ってる所も有るので十分兼用できるのでは無いかと思うのですが?
恐れ入りますがアドバイス頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

cherrytroutです。

ロッドの小話を・・・
値段が高いロッドはいくらでもあります。特にGT。
見栄を気にしなければ安いロッドでも十分魚とは遊べます。サザンクロスとかカマジャなど一昔前のロッドの中古ですが・・・たまに新品が激安で売っています。
http://www.wbs.ne.jp/bt/kenturi/zaiko/25offrod.htm

GTの場合ロッドはある程度キャスト出来る物であれば良いので、それよりルアー本体にお金を掛けた方が良いと思います。
時期によってルアーチョイスで釣果が全然変りますので・・・・

Q青物のドラッグの調整と合わせ方

ソルトルアー初心者です。
今日、コアマンパワーブレードを使って3回魚がヒットしました。
3回ともツバスかハマチです。

しかし2匹はフックアウトしていまいました。ちゃんとかかっていなかったようです。

ドラッグの強さと、合わせについて分からないので教えてください。

・ドラッグはどれくらいに調整するのかですが、ドラッグは弱めか強めのどちらが、ばれにくいのでしょうか?
・それと普通にロッドでアクションしてドラッグが少し効くようではゆる過ぎでしょうか?
・魚がかかってからやり取りしている際、ドラッグが効いているときにリールを巻くのは問題がありますか?
・合わせ方についてですが、当たりが合ってからすぐにあわせていいのでしょうか?
・合わせはしっかりと力強くやるべきでしょうか?

Aベストアンサー

通常のドラグ調整は
使うライン破断強度の1/3~1/2を目安にセットします。
意味はわかりますよね。
ナイロンの場合
一回でも結束するとその部分の強度はラインの破断強度の
半分以下になります。
ルアーからリールまでの間の一番弱い部分の強度より弱い状態で
ドラグが滑ればラインは破断しないということです。
10Lb=4536gなので破断強度は4.536Kg未満ということになりますので
ドラグセットは1.5kgから最大でも2kg程度にセットします。
ランニングライン、リーダー、それぞれのノットの結束強度を考えて
ドラグはセットしてください。
合わせは2,3回鋭く、素早く、強く入れます。
大物がヒットした場合
ロッドを起こして寄せて、ゆっくりテンションを緩めずロッドを倒しながら巻き取りを繰り返します。

ポンドをキロに概算するには
一割引いて2で割れば概算のキロ数になります。
10ポンドの場合、(10-1)/2=4.5Kg

Q何故、シイラのルアー釣りは合わせ禁止なのですか?

初めてルアーでシイラを狙ったのですが、『合わせを入れてはダメ、向こう合わせで良いから』
と言われたのですが、それは何故なのでしょうか?
理由を御存じの方、教えて下さい。
合わせを入れた方が、針が刺さってハズレ難くて良い気がしますし、他の魚を狙う時は、
軽くでも合わせを入れますが、何故シイラだけ合わせが不要なのかが分かりません。

Aベストアンサー

以前同じような質問がありました。
参考までにどうぞ

http://okwave.jp/qa/q6950292.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報