アコースティックギタリストにとって「上手い」とは、
どのようなことをいうのでしょうか?
個人的な意見でいいので、みなさんの意見をください。

A 回答 (3件)

僕はエレキとアコギ、両方弾きますが、ビブラート一つとっても、奏法もちがいますね。

エレキのほうが誤魔化しが効くっていうか、アコギは、ダイナミクス(音量)音色の違いを全部弾き方で・・・ピッキングの強さとか、弦をはじく位置で違いを出さなきゃいけない。フレージングのうまさも一つの基準なんですが、アコギの開放弦とハイ・ポジションの音色の違いなんか、はっきり弾き分けてる人をみると、ウマイ、と思いますね。
アコギでうまいと思うのはアールクルーですね。
    • good
    • 0

nagachinさんの意見に賛同します。


自分の場合は,アコギはバンドだと思います。
簡単にすると,曲のもっているリズムをギター一本で出すことです。
だって,ギターしかいないのですから…。
バンドでの役割とアコースティックでの役割は
分けて考えています。
    • good
    • 0

私的な意見ですが、ギタリストは一人のオーケストラだと思っています。


故に、1本のギターでフルオーケストラに匹敵するような
演奏ができるのが、真のギタリストではないかと思う今日この頃です。
アコースティックギターといってもジャンルによって
色々な演奏方法があるとは思いますが、yakkunさんは
どんな風にお考えでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報