最新閲覧日:

BTB液を緑色にした後、そのままにしておいたら青色になりました。何が原因なのでしょうか?空気中の二酸化炭素が溶け込んで黄色になるかな?と思っていたのですが・・・。解答よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

QNo.87406 水道水のpH(BTB液)で回答したmissionです。


そちらの回答も参考にしていただきたいのですが、水には(特に水道水など自然の水)には、炭酸などの酸をある程度中和緩衝できる能力(アルカリ度といいます)があります。
ご指摘のとおり、理論的には空気中の二酸化炭素が溶解して、BTB溶液は黄色にシフトするのですが、さきほどのアルカリ度のため水道水を加えた場合、二酸化炭素の酸としての機能は緩衝されてしまいますので、基本的には緑色になると考えられます。

しかし、水道水は、蒸留水などのピュアな水と違って、色々な物質が、溶け込んでいます。
ですので、使用された水道水の水質を見なければ確実な回答はできませんが、推測としては、元々使用された水道水が弱アルカリ性であったため、一時的に緑色になったが、元々の水質(pH)のために酸アルカリ平衡が緩慢に進行したため青色になった。
もしくは、塩素消毒の副生成物であるトリハロメタンや、または、他の水質成分が加水分解した結果、アルカリ性にシフトした。

等、いろいろ考えられますが、ともかくその水道水の水質を見ない限り結論は出せません。

など、小難しい理論を述べましたが、水道水の原料は、あくまで自然水ですので、理論的にはいきません。そのへんも理解していただきたく回答しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/10 20:12

BTB、懐かしいです。

中学のとき以来見てない気がしますが・・・
rei00さんもおっしゃっているとおり、実際の操作が分からないので断言はしにくいんですけど、BTBが緑色を示すpHの範囲ってかなり狭かった気がします。つまり、中和していて緑色になったと思っても、水溶液中の分子が完全に反応しきれていなかった場合、時間の経過とともに残っていたアルカリ性を示す分子が電離して青くなったのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/10 20:13

実際の操作が良くわからないのですが,bnyim さんは先の質問『QNo.87406 水道水のpH(BTB液)』で「水道水にBTB液を入れてみたところ青色になりました」とありますが,この液を緑色にされたのでしょうか。



その場合,どうやって緑色にされましたか。

「そのままにしておいたら」と言うのはどれぐらいの時間ですか。数分?数時間?数日間?・・・・

これらによって考えられる原因が変わってきます。例えば,置いてある間に「緑色にする」のに使った化合物が揮発して無くなったので,元の青色に戻ったとか。

補足下さい。

この回答への補足

市販のBTB液に水道水を入れて緑色にしました。その後、数日(2、3日)そのままにしておいたら、青色になっていました。tomoさんが水道水の塩素がぬけたのでは?とおっしゃっていますが、塩素が抜けるとなぜ青になるのでしょうか?
化学の基礎がなくてすみません。よろしくお願いします。

補足日時:2001/06/09 19:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/10 20:13

もし、ブロモチモールブルーの粉末を、精製水でつくったエタノール水溶液でなく、水道水でつくったエタノール水溶液で溶かして、緑色に調整した場合、後から水道水の塩素が抜けてしまったということは考えられると思いますが…。


あと、それと同じ理由で、もともと市販のBTB溶液を水道水で薄めちゃって同じく緑に調整した場合とか。
今のところ、ぱっと思いつくのはそれくらいでした。

この回答への補足

ありがとうございます。たしかに水道水で薄めて緑色にしていました。ところで水道水の塩素でどうして緑になるのでしょうか?塩素や次亜塩素酸(?)は水素イオンも水酸化物イオンも関係ないような気がするのですが。補足というより、質問になっていますね。これは、別に質問したほうがいいのかもしれません。

補足日時:2001/06/09 08:37
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/10 20:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ