【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

江戸時代にキリスト教信者の数が急激に増加しましたよね。
この時代は、士農工商の身分制度により、身分に差をつけられ、慶安の御触書などで農民が厳 しく支配されていました。
彼らが、人は全て平等であるというキリスト教の教えに救われ、信者になったからだと考えられます。

質問なのですが、このとき増加した信者のうち、農民や町人などの身分別内訳はどうなっていたのでしょうか?
苦しんできた農民が多かったのでは、と予想したのですが、グラフや表など、何か数字で身分別内訳を表しているものをご存じでしたら教えていただきたいです。また、だいたいこのくらいの割合という風に教えてくださってもありがたいです。

急な質問で申し訳ありませんが、ぜひお力を貸してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

江戸時代初期にキリシタンが増加したことは歴史書にも明確に書かれています。

(日本の歴史・中央公論版)
関が原合戦の慶長5年で30万人、大阪の陣の慶長15年で70万人です。質問者の言うように急激に増えています。秀吉はバテレン禁止令を出しましたが、家康は西洋との交易利益に着目して表立っては禁止していないのです。島原の乱(1637)になってからキリシタンを迫害し鎖国に至ったのです。
バテレン禁止と鎖国に至った原因の経済的一面としてオランダの台頭があります。オランダは東アジアでスペインとポルトガルとの競争に勝ったのです。幕府も鎖国することでオランダ貿易と明貿易を独占しようとしたのです。それまでは各大名が独自に西洋と貿易していたのです。伊達政宗のローマ使節団が有名です。
九州の大名がキリシタン大名になったころは領民はこぞってキリシタンになりました。しかし、支配階級の改宗により武士や商人は改宗しましたが、農民の改宗は上手く行かなかったのです。島原の乱では島原地区の農民の半数が死んでいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答いただき、ありがとうございます

参考にさせていただきます
ご丁寧にご説明していただき、本当にありがとうございました

お礼日時:2014/09/28 14:31

歴史の研究も年々進んで、定説が変化してきています。

そのうちの一説として回答します。

江戸時代にキリスト教が禁止になったのは、平等を唱える教義が封建制・幕藩体制に合わないからだとする説が一般的ですが、別の解釈があります。

現在のイスラム教との宗教戦争を見れば、ある程度の予想がつくと思いますが、一神教であるキリスト教は(ユダヤ教・イスラム教も)、他の宗教と共存できない宗教です。自分の信じる神だけが唯一絶対なのです。日本には山の神、川の神、海の神、井戸の神、大木の神…、八百万(やおよろず)の神が存在すると信じる伝統があります。神社ごとに様々な御神体が祀られています。そこにキリスト教の神がやってくる余地はあったはずなのですが…。現に仏教伝来の折は、古来の神道との融合がなされ、宗教戦争は起こりませんでした。

キリスト教側は、日本古来の宗教を破壊して、その上でキリスト教を広めるつもりで布教していたのです。各地でお寺を破壊するような蛮行にでたので、民衆はついていけなかったのです。貿易によって一儲けしようと思った、一部の大名がキリシタン大名として歴史に名を残していますが、それ以上に広がることはありませんでした。慈善事業に感銘して信じた訳ではありません。結局ザビエル以下の宣教師も次々と日本から撤退していったのです。地球儀やら鉄砲やらの文明の利器には関心を示し、自国で作り始めましたが、ついにキリスト教の教義を信じることはできなかっのです。

質問の前提として、士農工商の身分制度が書かれていますが、これも20年位前からも従来の説が否定されるようになりました。武士が頂点に立つところまでは正しいのですが、農工商は横一列だったとの味方がされています。もしこれが正しければ、公家、武士は別格としても、農工商の間は平等であり、キリスト教の平等精神を恐れることはなかったといえるのです。被差別民についても、欧米では奴隷は家畜と同様の扱いをしていて、キリスト教でもそれを容認していたのですが、日本ではそこまでの差別はしていません。この点でも日本は、もちろん完全ではありませんが、他国に比べたら平等が進んでいたのは確かなようです。

ちなみに「容認」は聖書にある教えではなく、聖書の解釈の埒外だと考えていたのです。つまり「白人同士は平等であるが、有色人種は白人よりも低位である」との考えで布教していたのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答いただき、ありがとうございます

参考にさせていただきます
ご丁寧にご説明していただき、本当にありがとうございました

お礼日時:2014/09/28 14:29

>急な質問で申し訳ありませんが、ぜひお力を貸してください。


真に失礼ですが、助力を必要とされておられる理由はどのようなことでしょうか。
もし、学校関係のレポートなどですと、多少説明が必要となります。

>江戸時代にキリスト教信者の数が急激に増加しましたよね
寡聞にしてこのようなことがあった史実は知りません。
キリスト教の信者が増えたには江戸時代の前の信長が存命であった時代です。
安土桃山時代、織豊時代などと呼ばれるおよそ1560年~1600年頃の時代です。
一般に江戸時代と呼ばれるのは1600年以降です。
1587年に豊臣秀吉がバテレン追放令を出した以降は信徒の数は増えていません。

>彼らが、人は全て平等であるというキリスト教の教えに救われ、信者になったからだと考えられます。
キリスト教の教義に感化されて入信した人よりも南蛮貿易の利権獲得を目的とした人々が数多くいました。
特にキリシタン大名と呼ばれる人の多くが南蛮貿易目当てでした。
一般の人々は当初は仏教の一宗派程度の受け取り方でした。
天主教と呼ばれゼウスも大日と訳されました。
詳しくは下記のサイトをご覧下さい

日本キリスト教史 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/日本キリスト教史

信者数や内訳をお知りになられたいようですが、非常に難しいかと思います。
江戸時代は戸籍制度が厳格に運用されていた時代です。
目的はキリスト教徒の摘発でした。
戸籍の管理はお寺がやっていました。
寺請状(てらうけじょう)、宗旨手形(しゅうしてがた)などと呼ばれるいわばお寺の保証書が無いと、住むことも職に就くこともできませんでした。
現在は本人であることを証明するために、免許証やパスポート、健康保険証、学生証などの提示を求められますが、これと同じ役割を果たしていました。
これを取得するためには宗門人別改帳と呼ばれるいわば戸籍登録をする必要がありました。
結果としまして、正式なキリスト教徒というものは存在しなくなってしまいました。
当然資料がありません。
それでもキリスト教を信じる人々は隠れキリシタンと呼ばれる形態を取りました。
いわば秘密結社でしたので、正確な資料は残されていません。
明治以降になって各教会が名乗り出てきた人を登録してあれば分かりますが、全ての教会が記録していた訳ではありませんでした。
更に、隠れキリシタンのままで、教会へ名乗りでることを拒否した人々もいました。
詳しくは下記のサイトをご覧下さい。

隠れキリシタン - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/隠れキリシタン

信仰の内容も、大量祈願、豊作祈願、病気平癒祈願、安産祈願、航海安全祈願、幼児の成長祈願、船・家・墓石・仏壇等の魂入れ、田・畑・山・沼等の悪霊払い等を含むもので現在のキリスト教とは程遠いものでした。

隠れキリシタンに日本人の宗教意識を見る - 出雲大社紫野教会
www.izumo-murasakino.jp/yomimono-025.html

以上がザットした状況ですので、再度補足で質問の趣旨を御説明願います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただき、ありがとうございます

いろいろと誤解したまま理解していたことが多かったようです
学校のレポート目的と関係ではありません
ご丁寧にご説明していただき、本当にありがとうございました

お礼日時:2014/09/28 14:28

> 江戸時代にキリスト教信者の数が急激に増加しましたよね。



戦国末期から江戸初期に激減し、以後江戸時代を通じてキリスト教徒はほとんどいませんが。

キリスト教徒が増えるのは明治期に入ってからですが、明治末期でも信者数がカソリック・プロテスタント合わせて10万人位(0.2%位)ですね。この時期の信者は高学歴層が中心ですから、質問者氏の考えているののとはかなり隔たりがあるようです。

因みに現在では大体100万人位(1%位)ですから、現在の方が広まっているといえるでしょう。


また、士農工商の身分制度自体も既に回答があるようにそれほど厳格ではありません。
例えば坂本竜馬も3代遡れば武士ではありませんし、勝海舟などもそうです。新撰組・近藤勇などは農民ですし、江戸中期でも近松門左衛門は武士から町人になっています。
厳格なのは上級武士とそれ以外位ですが、例えば増山氏(三代家光時代に農民→藩主)のように、例外もいない訳ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただき、ありがとうございます

戦国末期から江戸初期に激減したとは知りませんでした
ご丁寧にご説明していただき、本当にありがとうございました

お礼日時:2014/09/28 14:26

質問に対する答えにはなっていないので申し訳ない


のですが、どうしても指摘しておきたい箇所が
ありましたので・・・。




"この時代は、士農工商の身分制度により"

誤解している人が多くてイヤになるのですが、
士農工商という身分制度は存在しませんでした。
これは中国の思想であって、制度ではありません。
この誤りが判明したのは1990年代からで
2000年代からの教科書では削除されています。


”慶安の御触書などで農民が厳 しく支配されていました”
    ↑
慶安の御触書については、実施されたのか疑問視
されています。
また、農民はそれほど厳しく支配されていた訳では
ないことが判明しています。
農民が厳しく、てのは、実証研究が進む前の都市伝説
の類いです。
マルクス史観にねじ曲げられていたのですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただき、ありがとうございます

そうなんですね、わたしの知識不足でした
士農工商の身分制度がなかったとは驚きです
ご丁寧にご説明していただき、本当にありがとうございました

お礼日時:2014/09/28 14:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代はなぜキリスト教はNGだったの?

日本は仏教が中心ですが、キリスト教信者もいます。キリスト教に篤い学校・老人施設・病院などもあります。
しかし、江戸時代はキリスト教は禁止されていました。キリスト教を信仰すると罰を受け、踏み絵などキリスト教信者を見つけては処罰という制度もありました。天草四郎を中心とした島原の乱も起きるなどしながらもキリスト教は禁止されましたが、隠れキリシタンも多数存在していました。
で、いったいなぜ江戸時代はキリスト教が禁止されていたのでしょうか???

Aベストアンサー

江戸幕府のキリシタン禁制は慶長17年(1612)、幕府直轄領での禁制、翌18年に、全国さらに外国まで広げたものですが、キリスト教禁令にはさまざまな要素があります。
 キリスト教布教当初から信仰が拡大するにつれ、キリシタン大名領では神社仏閣の破棄が行われました。そのことから民衆側からもキリスト教を邪教視する風潮がありました。同時に寺社の破棄は、日本の伝統的倫理観の破壊と恐れられたのでしょう。

 次に創造主の元の平等、つまり創造主の絶対性ですが、それが日本の封建領主の倫理観とは相容れなかった。欧州では支配者と創造主は同一であるという「神権政治」、そこから発展した、王の地位は創造主より授けられたものという「王権神授」という伝統的倫理観が土壌にあります。そのような倫理観がない世界(日本)に創造主の絶対性を重んじる思想は、主君・領主への忠誠より、創造主への忠誠を優先させます。このことが天下統一のさわりになると、豊臣秀吉は天正15年(1587)に禁教令を発します。

 さらには外交政策の面。徳川家康は和平外交を進めるため、当初は信仰を黙認していましたが、慶長5年、オランダ船リーフデ号漂着により、プロテスタントであるオランダ・イギリスと交渉開始。日本市場の拡大を図るため、ポルトガル・スペインの締め出しを計画。そこでカトリックへの不利な情報と中傷を行いました。つまりカトリック国の侵略的意図。信徒を利用した反乱計画などをは、当時の幕府としては「天下統一のさわりになると」いう危惧をより拡大させました。禁制により教会の破壊・宣教師の国外追放。信徒の東北・蝦夷地への放逐などが行われました。
 徳川家光はさらに厳しく禁制を行いますが、寛永14年(1637)の島原の乱による衝撃から、鎖国政策の徹底とキリシタン弾圧はより強固となります。
 カトリックの海外布教は、プロテスタントに対する対抗措置という面がありました。その点、海外布教を重視していないプロテスタント国とは幕府は貿易を行えたのでしょう。

参考
『国史大事典』(吉川弘文館)

 ただし、禁制も太平の世が長く続くことで形骸化していき、当初はキリシタン監視の意味でもうけられた寺請制度も、寺院側からすれば「檀家としての勤めを果たしていれば、裏でキリスト教を信仰していても黙認する」という事実もありました。領主も「良き領民としての勤め」を果たす限りは信仰も黙認状態でもありました。キリシタンであると暴露しても、領主の監督不行届と罰せられる危険性があったからです。
 現在でも「カクレキリシタン」の家では、寺院の檀家であり、神社の氏子であり、家には仏壇・神棚が祀られて、同時にカクレキリシタンである。その信仰体系は仏教・神道・民間信仰とキリスト教が混在した、いわゆるカトリック・プロテスタントとは異なる信仰形態ですが、キリスト教公認以後も、カトリック・プロテスタントに改宗せず、先祖が守ってきた信仰として「カクレキリシタン」として守り続ける家があります。

資料
『オラショ―魂の通奏低音 カクレキリシタン』(宮崎賢太郎・長崎新聞社)
http://www.nagasaki-np.co.jp/jigyoubu/book/kakure_book.html

『カクレキリシタンの信仰世界』(宮崎賢太郎・東京大学出版会)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4130104020/250-7207972-6663457

江戸幕府のキリシタン禁制は慶長17年(1612)、幕府直轄領での禁制、翌18年に、全国さらに外国まで広げたものですが、キリスト教禁令にはさまざまな要素があります。
 キリスト教布教当初から信仰が拡大するにつれ、キリシタン大名領では神社仏閣の破棄が行われました。そのことから民衆側からもキリスト教を邪教視する風潮がありました。同時に寺社の破棄は、日本の伝統的倫理観の破壊と恐れられたのでしょう。

 次に創造主の元の平等、つまり創造主の絶対性ですが、それが日本の封建領主の倫理観...続きを読む

Q江戸初期、急激にキリスト教が普及したのはなぜ

江戸時代までのキリスト教のことを勉強していて疑問に思いました。

質問1 島原の乱の直前の頃、西日本、もしくは九州のクリスチャンの割合は何%くらいでしたか?

質問2 戦国~江戸初期に、九州とかで急激にキリスト教が普及したのはなぜですか?
     大名は南蛮交易が目的の場合も多かったと思うけど、
     一般庶民にとっては利益はあまりないように思います。

質問3 今の日本のクリスチャンは、1~6%くらいだそうです。
     江戸時代初期にはあんなに普及したのに、
     禁教令が解かれた明治以降では、浸透しなかったのはなぜですか?

質問4 韓国は25%らしいです。
    中国や台湾は2%くらい。
    東アジアの中で韓国だけ異常にキリスト教が流行っているのはなんでですか?

全部に答えなくてもいいので、教えてください。

Aベストアンサー

http://hukusis.cool.ne.jp/iin/hama/kiriistan5.html

江戸初期の最大値で 40万人程度
人口が 1000万人から1500万人と推定されていますので、 4% ~ 3% 程度

Q1 島原とかの一部で 数割 というのをどこかで読んだ記憶がある。

Q2 一向宗を信じることの利益も キリスト教を信じることの利益も 同値
キリスト教を、印度伝来の仏教の一種と捉えていた人もいた。
寺内町などで商人層などが一向宗を信じたのは、経済的利便性
京都の法華宗も京都の町衆の団結のために信心とも言われています。

キリスト教だけ取り上げて、云々という方がおかしいと思う
どの宗教にも、経済的利便性や、精神的安逸を求めるものだと思う

Q3 現在のキリスト教の普及度と江戸時代初期は同程度
日本は戦国末期から江戸初期に、脱宗教というか、宗教と世俗の分離が行われました。
宗教と世俗の分離以前では、たとえば、加賀の国ではみなさん一向宗やら、京都の町衆は法華宗というように、世俗的な集団と宗教的な集団は ほぼ同値。エリアごとの普及は 0 OR 100 という感じになります。
明治期に再度日本に到来したときには。キリスト教も宗教と世俗の分離がなされ、宗教は個人問題になりました。

なので、急速な宗教転換(集団転換)というのは起こりづらくなった。

Q4 20世紀に入って、いろんな宗教がよーいドンした結果、韓国ではキリスト教が成功した。
戦国末期に日本は、世俗と宗教の分離のための、血みどろの戦いがありましたが、朝鮮ではそういった動きがなかったので、個人問題とのしての宗教への信心は、朝鮮王朝の崩壊後に始まります。
儒教という、宗教のような単なる祖先崇拝のようなものがメインだったので、個人問題としての宗教に関しては朝鮮はサラ地だった。
中国は、民間信仰では道教があり、浸透しづらい面がある。

http://hukusis.cool.ne.jp/iin/hama/kiriistan5.html

江戸初期の最大値で 40万人程度
人口が 1000万人から1500万人と推定されていますので、 4% ~ 3% 程度

Q1 島原とかの一部で 数割 というのをどこかで読んだ記憶がある。

Q2 一向宗を信じることの利益も キリスト教を信じることの利益も 同値
キリスト教を、印度伝来の仏教の一種と捉えていた人もいた。
寺内町などで商人層などが一向宗を信じたのは、経済的利便性
京都の法華宗も京都の町衆の団結のために信心とも言われています。

キリス...続きを読む

Qどうして日本はキリスト教を弾圧してきたのか?

日本でのキリスト教は
織田信長は保護
江戸幕府(家光以後)は禁止⇒踏み絵等で弾圧
明治初期は禁止(五傍の掲示)で欧米の反発で削除
ですよね
どうして弾圧されるのですか?
仏教には身分があってキリスト教は身分が無く平等だから駄目だと聞きましたけど仏教も平等ですよね?
キリスト教派は大名などにも大勢いたのでは?

Aベストアンサー

キリスト教が植民地支配の先兵であることが分かったから
例:南米、フィリピン

Qオランダが鎖国中にも貿易ができた理由

鎖国中には清とオランダが出島に限って貿易を許されましたが(他に朝鮮通信使や琉球慶賀使などはありましたが…)オランダ船来航が禁止されなかったのはキリスト教布教に熱心ではなかったということを聞いたことがありますがこの理解で正しいでしょうか?

Aベストアンサー

キリスト教布教に熱心でなかった、なんてレベルじゃないです(^^;)。

キリスト教布教絶対絶対やりまっせん!!! 商売一筋!!!
だから我々オランダの船とだけ仲良くしてねっ♪♪♪

とゆー強烈アピールをしまくった結果です。
何しろ島原の乱の時、幕府に協力して、篭城中の日本人キリスト教徒たちに砲撃までしてますから。
(他の欧州キリスト教諸国からは「そこまでして金儲けしたいんか!?」と大顰蹙だったそうです)

当時のオランダにとって、対日本交易は結構な利益でした。
独占出来ればこんなにオイシイ話はないので、表から裏からアレコレと頑張っていたようです。
(以前NHKで見た歴史番組によれば、そもそも、ポルトガルとスペインは布教目的で来日するから追い出したほうがいい、と進言したのもオランダだった、という話です)

幕府としては、キリスト教に関係の無い国となら貿易しても構わなかったのですが、それぞれいろんな事情があって、「皆そろって長崎で交易」というわけではありませんでした。
逆に言えば、長崎を通して交易していなかったからと言って、日本と交流が全く無かったわけではない、ということです。
以下、知っている限りで並べておきます。

●朝鮮王国●琉球王国●アイヌ諸族●
>>>>>それぞれ対馬藩、薩摩藩、松前藩が専門に担当。
これらの藩は、江戸時代以前からの交易相手であり、財政も交易の上りで成り立っていました。
他藩に横入りされると死活問題なので、江戸幕府成立前後は硬軟様々な手段を講じ、「対XX交易のエキスパート」という地位を獲得しました。

これら3つについては、幕府直轄の長崎を通していなかった、というだけで、日本全体で見た場合は“交易があった”と言えます。
(通信使や慶賀使は国家同士の公式の使節のやりとり。
 商売はまた別に、各藩の港でやってます)

●明→清帝国●
正式の国交は無し。民間の貿易商のみ往来。

●東南アジア諸国●
実は江戸前期には数回来た記録が残っています。
しかし、遠い上に、対日交易を独占したいオランダが妨害工作することもあって、いつの間にか来なくなってしまいました。

東南アジア諸国の物産はオランダや清の民間商人が持ってきてくれるので、日本人は別に困ることもなく放っておいたと思われます。

キリスト教布教に熱心でなかった、なんてレベルじゃないです(^^;)。

キリスト教布教絶対絶対やりまっせん!!! 商売一筋!!!
だから我々オランダの船とだけ仲良くしてねっ♪♪♪

とゆー強烈アピールをしまくった結果です。
何しろ島原の乱の時、幕府に協力して、篭城中の日本人キリスト教徒たちに砲撃までしてますから。
(他の欧州キリスト教諸国からは「そこまでして金儲けしたいんか!?」と大顰蹙だったそうです)

当時のオランダにとって、対日本交易は結構な利益でした。
独占出来ればこん...続きを読む

Qキリスト教が布教活動が盛んだったわけは?

キリスト教が布教活動を海外まで広めていたのは、なぜですか?
なんで、そんな過ちを犯してしまったのでしょうか?

Aベストアンサー

海外というのはヨーロッパ以外という意味でしょうか? 一応そういうつもりでお答えします。

過ちだったかどうかはさておき・・・
ヨーロッパの外への布教に熱心だったのはキリスト教の中でもカトリックだけです。
プロテスタントは布教活動自体には消極的な宗派が多いです。

というのも、16世紀~17世紀にかけて、ヨーロッパでは宗教戦争が巻き起こっていました。
この間、たくさん戦争がありました。結果としてカトリックからプロテスタントが分離します。
これで困るのはローマ教皇庁です。
戦争とプロテスタントの独立でカトリックの信者は激減して、教会の収入も激減、そしてカトリックの体制も空中分解してしまいそうなかなり危うい状態にありました。

そこで信者を増やすために、積極的にヨーロッパの外へ出て行きました。
時は折りしも大航海時代が終わりを迎えて、世界中に交易路が確保される時代です。
宣教師たちはどんどん世界中に散らばっていきました。
日本にはザビエルが来ましたね。

また、非キリスト教徒の土地を占領するということは、同時にそこの住民を教化してしまうか、無理なら殺してしまうか、ということとセットになっていたようです。
統治する上ではそれが合理的だったのでしょう。
海の向こうの土地を占領したスペインやポルトガル、ドイツの東の異民族の土地を占領したドイツ騎士団もこういったことをやっていたようです。


最後に蛇足ですが参考までに。

ヨーロッパにキリスト教が広がったのはローマ帝国の時代です。
もともとキリスト教はローマ帝国の宗教にそぐわなかったので最初のうちは弾圧されました。
ですが信者が増えていって、最終的にはローマ帝国の国教になってヨーロッパ中で信仰されるようになります。
どうやら、弱者救済というのが女子供、老人に人気があったようです。
こういう経緯を考えると、一神教というのは多神教にはないしたたかさがあるかもしれないと、私は思います。

海外というのはヨーロッパ以外という意味でしょうか? 一応そういうつもりでお答えします。

過ちだったかどうかはさておき・・・
ヨーロッパの外への布教に熱心だったのはキリスト教の中でもカトリックだけです。
プロテスタントは布教活動自体には消極的な宗派が多いです。

というのも、16世紀~17世紀にかけて、ヨーロッパでは宗教戦争が巻き起こっていました。
この間、たくさん戦争がありました。結果としてカトリックからプロテスタントが分離します。
これで困るのはローマ教皇庁です。
戦争とプロテスタ...続きを読む

Q日本のキリスト教徒の正確な数を知りたい。

日本のキリスト教徒の正確な人数を知りたいのですが。

国民の1パーセント、200万人、100万人など、いろいろな説があるようです。

私は、これまでの人生でキリスト教徒の人に仕事や私生活で接したのは2人の弁護士だけです。実感では、とても1パーセントもキリスト教徒がいるようには思えません。現代版隠れキリシタンでもいるのでしょうか。
正確な人数を知っている方がいらしたら教えてください。ネットで調べましたが、よくわかりません。また、こと宗教に関しては政府の統計や宗教団体の資料もいい加減なようです。

例えば、神道と仏教を合わせると2億人になるのだそうです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今回つけたカトリック中央協議会の資料12ページに出てくる「教会学校」とはいわゆる普通の学校ではなく、教会の設けている子供たちのための公教要理の(キリスト教について教える)クラスのことであり、その教会に所属する信者の子が主体です。又13ページに出てくる「学生」は神学校の学生で聖職者をめざす学生ですから当然みんな信者です。

でも一般のミッション系の学校の生徒・学生の中の信徒の比率はさほど高くありません。確かに信者の子弟が入る可能性は高いですが、非信者で、そのネームバリューや教育方針に引かれて入学する人たちも沢山います。そして皆が皆洗礼を受けるかというとそうではありません。最近ではどのミッションスクールもただの進学校になってしまい、親や本人が信者であっても、あまり受験に有利に扱わず、斟酌しないという信者の皆さんの陰口が聞こえてきそうです。

キリスト教の中でも特にカトリックは、外部の人をあまり教会のなかに引き入れるために積極的に働きかけようとしません。「来るものは拒まず、去る者は追わず」という態度を貫いているように見受けられます。ですから、ミッションスクールの学生に対しても、信者になることを強要しません。自然にその気になるのをひたすら待つのです。時にはこういったやり方が冷たい、という風に目に映ったこともありました。あまり外に声をかけずに仲間内だけで仲良くしようとしている、排他的だと感じたこともありました。

ですから、結果的に、執拗に熱心に布教をする多くの新興宗教のように信者数も伸びません。日本はクリスマスや欧米社会のキリスト教の影響をさんざん受けながらも尚且つ信者数が伸びないので、キリスト教にとっては誠に割の合わない風土なのかもしれません。それでも、少なくても日本では、こういった押しつけがましくないやり方を変えようとする気配は今の所感じられません。

こういった鷹揚な、さりげない態度こそがカトリックの強みであり、又弱みであり、又広く知識人に支持される態度だと思います。(プロテスタントは又少し違うと思いますが)

私は、このようなカトリックのある意味での「いい加減さ」が大好きで、更に図に乗り、他宗教(仏教・神道・・・)に対しても寛容で親近感を持つ者です。質問者様は、こういった態度を「日本のキリスト教徒に疑惑を持っています。」とおっしゃりたいのでしょうか?
しかし、私は世界中の人が束になって、このような多神教的ともとれる宗教感に対して批判してきても、断固としてゆるぎません。

この問題について語ると長くなりますし、大変大きな問題なので、出来れば、この場は適当な所で締切り、新たなスレッドで質問して頂ければと思います。

今回つけたカトリック中央協議会の資料12ページに出てくる「教会学校」とはいわゆる普通の学校ではなく、教会の設けている子供たちのための公教要理の(キリスト教について教える)クラスのことであり、その教会に所属する信者の子が主体です。又13ページに出てくる「学生」は神学校の学生で聖職者をめざす学生ですから当然みんな信者です。

でも一般のミッション系の学校の生徒・学生の中の信徒の比率はさほど高くありません。確かに信者の子弟が入る可能性は高いですが、非信者で、そのネームバリューや教...続きを読む

Qキリスト教を簡単に理解したい

親が仏教徒ですが私は無宗教といっていいほど宗教に関心がありませんでした。留学をしてたまたまそこの学校が7th day adventist という宗教の決まりがとても厳しい学校に入り、その人たちが受けているキリスト教の影響の大きさに驚き理解したいと思うようになりました。

7thday adventistをまず理解するというより、まずクリスチャンの人がどのようにして神の存在を教えられてきたのかが興味深くて私もそのように学んでみたいんです。日本では「神」というのは大体漠然といるようないないような曖昧に若い人はとらえているだけですけど、欧米ではほぼ皆さん「神」の存在を理解して信じている・・この違いはなんであるのかとても疑問なんです。解りにくくてすみません。

もしキリスト教を簡単に理解できる本など知っている方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

三浦綾子さん 聖書入門すごく簡単でわかりやすい
後は
ラジオ番組 世の光なんかもお勧めです
http://www.pba-net.com/
その中の榊原 寛牧師の話がお勧めですね

Q暴力団ってそもそも何を目的にしてるのですか?

暴力団と聞くと風俗や闇金などとイメージしますが、そもそも暴力団の活動の目的はなんですか?

すごい偏見なんですが、個人的には暴力団(特に幹部)に対しては、そこまで悪い印象がありません。
なんか、見た目も普通(黒ネクタイの黒スーツ以外は)、すれ違っても
別に何もないですし、現役の暴力団所属の人と知り合い通して一緒に
飲む事がありましたが、意外と普通の人でした。
風俗店を紹介されて「俺の名前を言えば安くなる」と言われた店では
本当に安くしてもらい、順番まで特別にしてもらいました。

地元の暴力団事務所は朝は掃除してて地元の人にも挨拶してる礼儀正しいイメージありましたし、阪神大震災では山口組が被災者に対して真っ先に炊き出しをしたなんて話を聞きます。

暴力団が悪いというか、暴力団の幹部の目の届かない所で活動してる
下の人や、裏業者などが闇金などをしてるのでは無いのですか?

それとも全部ひっくるめて暴力団グループになるのですか?

暴力団が一般人に事件を起こしたとかあんまり聞きません。

Aベストアンサー

暴力団とヤクザを一緒にしていませんか?

ヤクザは違法組織の一般名称で、
そのうちで暴力を振るう人たちを
暴力団と呼んでいるだけです。

ときに違法なことをやるという以外は、
会社組織と同じで、幹部の人たちは
大学や大学院を出ています。

山口組みたいな大企業的な組織もあれば、
中小企業みたいな地元ヤクザもいるわけです。

普通の商取引をやっている人たちもいれば、
的屋といって屋台をひらいて道端で
商売している人たちもいます。

表看板は土木建築業者で、普段は道路工事などを
請け負っているヤクザもいるんです。

的屋がヤクザだというと驚く人がけっこういますが、
夜店の屋台で焼きそばとか買った人はみんな
知っているはずです。的屋は領収書もレシートも
切りません。つまりもともと税金おさめるつもりが
ないわけで、脱税という立派な違法行為をしている
わけです。

>一緒に
飲む事がありましたが、意外と普通の人でした。

 よーく見ると小指が無かったりします(笑)
あと年配のヤクザの方の中には、もと警察官などという人など
俗に言う堅気の職業だった人もいますので、話し方も知らない
チンピラばかりじゃありませんから、普通という印象もあって
当然です。

>裏業者などが闇金などをしてるのでは無いのですか?

 サラリーマン金融の中で、法定利息を大幅に超えてお金を
貸す人たちを闇金融と言って、昔は確かにヤクザがやってることが
あったのですが、最近は法律の関係から、ヤクザがそういった
仕事に手を出せなくなってきています。
 しかし、実際にはテレビで宣伝をしているような、大手
金融業者がヤクザの上前をはねる形で、法定利息を無視した
貸し出しをしています。お金の貸し借りは基本的には、民法に
規定する個人間の契約なので、貸し方借り方双方が同意すれば
利息をいくらにしてもいいわけなんですが、それを業務として
やっている場合は、法律ぎりぎりなんです。

 サラ金を返さないと、ヤクザが取り立てに来ると思って
いる人がいますが、それは昔の話で、今は金融会社の普通の
サラリーマンが脅しをかけてきます。今のサラ金は、税金も
払っていて、表向き堅気の会社ですから、警察もヤクザも
手を出せません。

 ヤクザというと、チンピラの暴力、違法行為というイメージがあると
思いますが、一般企業でもそんなことやってるところはやって
います。

 ヤクザが確実に普通と違うのは、
1)違法行為は普通で、見つかっても組織内でそれをとがめられる
  ことはない。
2)重大な失敗をすれば、指を詰める。
3)刑務所に入るのは名誉。組長の身代わりで刑務所に入ると
  その期間によって、出所してから特別ボーナスがでる。
4)拳銃や日本刀は普通持っている場合がある。

くらいでしょうか。後は普通と同じで、表通りでおしゃれな
レストランを経営しているヤクザもいます。
おしゃれなレストランがどこが違法かというと、
ヤクザ経営なら確実に税金を払わないということです。

暴力団とヤクザを一緒にしていませんか?

ヤクザは違法組織の一般名称で、
そのうちで暴力を振るう人たちを
暴力団と呼んでいるだけです。

ときに違法なことをやるという以外は、
会社組織と同じで、幹部の人たちは
大学や大学院を出ています。

山口組みたいな大企業的な組織もあれば、
中小企業みたいな地元ヤクザもいるわけです。

普通の商取引をやっている人たちもいれば、
的屋といって屋台をひらいて道端で
商売している人たちもいます。

表看板は土木建築業者で、普段は道路工事など...続きを読む

Qこれって・・・? 織田信長の楽市楽座

こんにちは。

先日模試を受けました。その際、社会で「楽市楽座(織田信長の政策)を行った目的」を問われ、「城下町を繁栄させるため」
と解答したところ、誤答になってしまいました。正答は、「商工業を活発にするため」です。
楽市楽座の目的を教えてください。また、自分の解答のどこがだめだったのかも指摘していただけると嬉しいです。
ウェブで調べてみても、いまいちはっきりしなかったので、質問させていただきました。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

楽市楽座とは、今で言う「独占禁止法」だと思っています。
ちょっとオーバーかもしれませんが。

例えば日本に、シャープペンシルを扱う会社が主には1社しかないとします。
なのに、その唯一の会社がシャープペンシルを1本10000円にしたら困ります。
それを禁止し、市場のなかで自由に競争できるように定めたものです。

先生は「城下町」を「商工業」というものに変えて欲しかったのではないでしょうか。「城下町」では範囲が広すぎるからです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%BD%E5%B8%82%E3%83%BB%E6%A5%BD%E5%BA%A7

Q信長・秀吉・家康のホトトギス

上記三人の人柄をホトトギスを用いて表現した文句は有名ですが↓

信長「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」
秀吉「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」
家康「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」

これらは彼らの人柄をわかりやすく例えるために後世に詠まれた、とこのサイト内の他の質問から知りましたが、これらを考えた「誰か」というのは特定の人物として存在するのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

作者不明だそうです。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~gokuh/ghp/think/zakki_08.htm


人気Q&Aランキング