色彩検定2級の魅力はプロへのスキルアップ >>

傲慢な人は全てにおいて傲慢だとは限らないのですか?
例、勉強においては傲慢だが、運動においては傲慢ではないのように

A 回答 (3件)

傲慢というのは、あくまで自分を過大評価している、もしくは相手を過小評価していることが前提です。



なので、傲慢かどうかは性格に寄るところが大きいです。
大小の差はアレ、傲慢な人はすべてのことにおいて、自分を過大評価し相手を過小評価する傾向があると思います。
なので、傲慢な人はすべてにおいて傲慢なケースがほとんどだとは思います。
ただ、特定のものにおいてのみ、傲慢になる人ももちろんいるとは思います。

ちなみに、正当な評価で、自分は相手より優れている、相手は自分より劣っていると判断することは傲慢ではありません。
勉強においては自分は優れているが、運動においては劣っていると冷静に判断できているのであれば、それは正当な評価であって傲慢でないケースの可能性があるように思います。
事実であれば、それは傲慢とは言えないです。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に回答ありがとうございました。
傲慢な人は根っからの傲慢なことが多いのですね。

お礼日時:2014/10/21 21:28

傲慢というのは自分に都合の悪いことはないことにして自分の都合のよいことだけを問題にするということでは。

したがってこの前提が崩れることを常に恐れているので、堂々としていないというのが特徴です。要するにご都合主義を周囲の人にも押しつけるので傲慢な人は常に傲慢ではないでしょか。ただ傲慢さをすべての場面で発揮できる人は結構少ないということでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
傲慢な人はすべてにおいて傲慢なのですね。

お礼日時:2014/10/21 21:24

 私の知る限りでは『傲慢』な人間って全てにおいて『傲慢』ですね。



 私の属するOB会の会員で何事にも「自分が一番偉い」と思っているバカがいます。

 先日ある講演会+食事会で偶々一緒になったのですが、その時の講演者にヤジを飛ばした。その講演者は元の宮内庁長官! 一瞬会場(たって狭い会議室でしたが)は凍りついた。

 確かにOB会では“長老”の部類ですから軽蔑するだけで誰も何も言いませんが、全く別の講演会でそれをやっちゃ“鼻つまみ”です。

 一緒に出席していた知人も「あのバカは君の先輩じゃないか?」って。「うん、バカはどこにでもいるもんだ。」としか言えませんでしたね。

 『傲慢』な奴って黙っていてもこういう生涯消えない恥をかくもんなんです。私が報告したわけでもありませんが、今じゃOB会でもゴキブリ並に嫌われています。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
全てにおいて傲慢だと嫌ですね。

お礼日時:2014/10/21 21:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング