アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

まず、DH制有りと無しどちらが本来のルールでどちらが特別ルールなのでしょうか?

プロ野球はリーグでDH制の有る、無しが分かれています。
アマチュアも社会人野球、大学野球はDH制を採用しているのに対して高校野球ではDH制を採用していません。

国際試合になるとほとんどの場合がDH制を採用してるようでDH制有りが正式な野球のルールでDH制無しが特別ルールのようにも見えますが。

試合形態がルールできちんと統一されていないスポーツって野球ぐらいでないでしょうか?と思ってしまいます。
なぜルール上でDH制を統一できないのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

再度、回答しますね。



私の知る限り、バスケットボールもアメリカと日本では基準が違いますし、

ルールも違いますよ。

一度調べてみては如何でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/06 20:22

野球は別にDHは強制ではありませんね


その証拠にDHを破棄して投手を打席に立たせる事も可能です
ただ それだと不利になるからDHを使ってるだけ
社会人もプロもそうです

それに
野球とベースボールは違います
DHの有無という違いがあっても良いはず
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たとえばバレーボールでリベロっていうのがあるけど国際ルールで決められたらすべてがそのルールで統一して試合を行っているように見えます。
なぜ、野球はそうはいかないのか?が気になるんです。

お礼日時:2014/11/03 19:31

簡単です。

DH制度は統一のルールではないからです。極端に言えば、3ストライクで打者アウト、3アウトで攻守交代が野球の統一ルールで、DHは統一ルールではないのです。だからDHを採用しようがしまいが各国、各リーグで自由なのです。

ちなみにアメリカはアメリカンリーグのみで採用、日本では大学では東京六大学などは不採用、秋の明治神宮大会もDHは採用していません。高校野球は教育の場という前提で、打てるだけで守れない選手を育てるのは好ましくないという理由で、セリーグはあくまで野球は元々9人でやるものという考えから採用する必要なしと貫いています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

私は、なぜルールが統一できないのか?が気になるんです。

お礼日時:2014/11/03 19:36

本来のルールはDH制無しです。



1970年代に観客減に悩むメジャーのア・リーグで
検討され導入されるまでは
投手も打席に立つことが普通のことでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/03 19:37

DHというのは、興行的な意味での観客動員を増やす手段。

投げる専門の人、打つ専門の人が居ることで、少しでも全体レベルを上げて、観客に緊張感とか、興奮を味わってもらいたいということ。だから、不人気なパリーグで採用されたという事実認識が必要。しかし、本来の競技スポーツ的な意味合いからは、専門職の存在は不自然。

本来の野球選手は、投げて、打って、走って、そして、守れる人でなければならない。

しかも、たいていの打者は、リズムを掴むためにも、DHでの出場を嫌う。普通の選手は守りたいと思っている。DH選手は、なんだか、守備が下手くそなハンパな選手という烙印を押されたようで、好い気持ちで試合に入り込めません。

DH制の無いセリーグに入りたいと思っている選手も多く、よって、今後も、優秀な新人選手を引き込むためにも、セリーグはDH制を導入しないでしょうね。

良い選手を集める為にもDH制を取り入れないセリーグと、とりあえず、目先の観客動員を勝ち取りたいパリーグとの対立ということ。

基本的に、殆どの野球選手は、DH制には反対なのです。打つだけの選手、投げるだけの選手になんかなりたくないんです。

みな、打って、投げるのが楽しいということだけで、幼少期より野球をやってきた人たちですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

DH制に反対はしません。
ただ、統一されないのが気になるんです。

お礼日時:2014/11/03 19:40

まず誤解のないように書いておきたいのは、



「DH制は選択権であり、ルールではない。」

要するにDHは「しなければいけない」ものではなく、あくまでも「してもいいですよ」程度の意味しかないということ。それを導入しているのがパ・リーグ、していないのがセ・リーグ。アメリカMLBなら前者がアメリカン・リーグ、後者がナショナル・リーグとなります。

元々DHの誕生は、多様な変化球の勃興によって一時的にですが投高打低の状況になった時に、本来の楽しみの1つである豪快な打撃を試合で復活させるために編み出されたものです。ただ実際当時はDH=投手の代わりに打つわけではなく、9人の打者のうち打撃に難がある1人の代わりに打たせていただけのもので、実際DH導入前のMLBには豪打の投手(現代で言うなら日ハム大谷翔平投手)は多く存在していました。代表格がかのベーブ・ルースなのですが。

一方、日本でも打者救済のために採用されました。それも「代打で打ちまくる控え選手・代打の切り札」のため。それがたまたまパ・リーグの打者(阪急・高井保弘)だっただけで、これももし仮にその代打の切り札がセ・リーグに先に存在していれば(極論、阪神の代打の神様こと八木裕や桧山進次郎が当時いれば)、今頃はセ・リーグにDHが導入されていたはずです。

ルールとしては、実はDHについてはセ・パ両者とも同じ規約を使っている以上、同じルールで行われています。前述の通り、運用する方を選んだパ・リーグ、選ばなかったセ・リーグ。別のリーグとして存在するからこそ、差別化の意味も込めて必要な仕組みです。極端な話、来年からセ・リーグもDH使います、となった場合もルール変更は一切必要ありません。たまたまこれまでのシーズンで、セ・リーグを構成する6球団がすべて「DH不使用」と取り決めてシーズンを戦ってきただけ。

ただ、両者DHになると、2リーグにする意味はありませんよね?まして日本シリーズの存在意義がなくなる。現在のCS自体存在意義が問われている時に、ある意味シーズン終盤に一番儲かるイベントである日本シリーズまで潰しかねない「両リーグDH」を導入する意味があるでしょうか。ただ漫然と140試合前後を戦い、順位が決まりました~終了。味気ないプロリーグになってしまいます。まして、シーズン成績上位で日本一プレーオフを開催するにしても、1リーグの場合4位とか6位まで参加してしまうと、そこで勝ち抜いて日本一になって、本当にリーグ制覇といえるでしょうか。ルール上は仕方ないとしても、今ひとつ重みのない王者になる。

DHから違う話に飛びましたが、DH制はあくまでも2リーグの差別化のために存在する一種の「要素」のようなものです。実際パ・リーグでもDHを使わないで公式戦を戦ったケースもありますし(過去には西武が優勝決定後にDHなしで公式戦を戦いましたし、上記大谷翔平投手登板時にパ・リーグのチーム相手で(あくまで途中からですが)DHなしで進めた例もあります)、DHがそのまま野球のルール統一感のなさにはつながらないのでは?と思います。

※ただ現実的に投手の打力というのがしつこいですが大谷投手が今年達成した「2ケタ本塁打&2ケタ勝利」(史上2人目)のように、プロの打者と比べると相対的に見劣りするのは仕方ないわけで。最初から打者は8人+1と割り切っているセ・リーグ、あくまで打線は9人で構成するパ・リーグ。差異差別があるのは、悪い話ではないと思います。

長文失礼しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私はDH制有りと無しどちらが好みかと言えば無しの方です。
だからと言ってDH制反対っていう訳ではありません。

バレーボールのリベロのように国際試合の決められたルールで中学生、高校生、社会人すべてがそのルールで試合ができないものかなぁと思うんです。

たとえばバレーボールの国際試合でルールがラリーポイント制の25点と決められても高校生の試合だけは以前のサーブ権式の15点制ってことはないですよね。

お礼日時:2014/11/05 18:55

>なぜルール上でDH制を統一しないのですか



逆に何故統一しないといけないのでしょうか。

統一する必要が無いからしないのですよ。

野球のルールは世界統一ですが、各国の野球機構が自分たちの

野球リーグのルールを決めています。

日本にはもともとDH制はありませんでしたが、セリーグと分けていくために

パリーグがDH制を導入しました。

あくまでも打って守るは同じですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>野球のルールは世界統一ですが、各国の野球機構が自分たちの野球リーグのルールを決めています。

国際基準っていうのがあってそのルールの中でするのが普通だと思います。
他のスポーツだと国際基準が変わると高校・中学までそのまま変わっていくように見えます。
なぜ、野球だけが例外的なルールが存在するのかなぁと思うんです。

お礼日時:2014/11/03 19:48

 


アメリカもナショナル・リーグはDHを採用してませんよ
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/03 19:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q21世紀になってもセ・リーグでDH制を採用しないのは何故?

MLBア・リーグでDH制が始まったのは元々は選手不足を防ぐ為だったそうですが、現在は寧ろDH制は大学や社会人以上の「大人の野球」の世界では主流といっても良い気がします。ですから、そろそろセ・リーグでもDH制を採用し、日本プロ野球界は完全DH制にしても良いと思うのですが、何処からもそのような声は挙がりません。これは何故でしょうか?台湾や韓国でさえ完全DH制です。ですから、私はMLBのナ・リーグにも同様の感想を持っています。
また、打席に立つセ・リーグの投手にとっても、打席に入ること自体が高校生以来だったり、死球の可能性もあったり、打っても年俸の査定対象にはならなかったりと、打撃の好きな投手以外にはメリットが無い気がします。また、投手を打席に迎えた投手にとっても、投手に安打を許したら罰金を取られるのでは益々良いことがありません。
私は、交流戦が行われるようになった今こそNPBの完全DH制化を叫ぶべきだと思いますが、如何でしょうか?どなたか御回答を宜しく御願いします。

Aベストアンサー

パリーグファンです。
ご意見に同感です。
DH制に反対する意見として考えられるのは、

1.投手の打順が有った方が、ゲーム要素が複雑になって面白い。
 これは確かにそうで、代打の起用、リリーフ投手の用意、投手の前の打者への攻め方などDH制より戦術要素が増えて、ゲーム的には高度になると思います。ただし、以下にも述べますように、スポーツ的レベルは逆に下がると思います。

2.野球は9人でやる歴史が有るから
 これはあまり意味がない(笑)プロ野球は長い歴史の中で、既に昔とは随分違ってきています。リリーフや代打、守備要員などのスペシャリストを駆使する現代野球で「9人でやる」とは言えないでしょう。

3.攻撃重視の野球で大味になる
 打撃戦が期待されるのは、パリーグが導入した動機だったのですが、実際にはそうなっていません。投手交代を攻撃の都合で行わなくて良いので、好投手同士の息詰まる投手戦は、むしろDH制の方に多い気がします。昨年のプレイフでのカズミvs八木の試合など典型でしょうね。あの試合、終盤のチャンスにどちらかが代打でも使ったら、あんな歴史に残る投手戦は実現しなかったでしょう。実際に、2006,2005年度の個人成績をセパで比較すれば分かりますが、2006年度は投打共にほぼ同じ、2005年度などはパの方が投手優位です。
また、投手が打順に入ると、投手の打順では高度なプレーは使えない上に、さらにその前の打者までプレー選択が限定されてしまいます。例えば、1死走者1塁で、次が交代出来ない投手の打順では、バントや進塁打は有効でなく、ヒットエンドランすら難しくなり、ただ打者が出てくれるのを祈るのみになるでしょう。
私には、むしろDH制の方が、プレー自体は細かく高度なものになっていると思えます。

4.投手だって良い打者だ
 たいていの投手が、アマ時代に強打者だったのだから、と言う意見があります。しかし、セリーグでも実際には投手の打撃練習なんてのは、気分転換程度です。アマ時代の強打者達が、連日の必死な練習と打つための工夫を繰り返して、それでもなかなか結果が出ないのがプロの世界です。投手がやる程度の打撃練習で、「立派な9人目の打者です」と言われたらプロの野手は泣きますよ(笑)しかも、リードしているチームの投手なんぞは、終盤の打順ではホームから離れて打つ気もなく立っているだけ。それなら、審判にアウトを自己申告してさっさと帰れよと言いたくなる(苦笑)
実際に、打撃成績を見れば分かりますが、打率が2割を越える投手はほとんど居ません。本塁打に至っては、私の調べでは2006年度のセリーグ全体の投手で、ヤクルトのガトームソンと高井が1本ずつ打っているだけ。
こんなレベルの選手を「プロの打者」として客に見せるルールが私には不可解です。投手の打順のために、使いたくても使えない、見たくても見れない、犠牲になる野手の存在が残念です。
例えば今年のパリーグなら、各チームの代表的な指名打者は、リーファー、ブキャナン、ベニー、ローズ、山崎、セギノールですが、彼らの替わりに投手の打撃を見てみたいと思いますか?
私は、素人打者を入れることでゲームとしての不安定要素を取り込む面白さより、プロとしてのトップレベルのプレーを見せてくれる打者の打撃の方を、見たいと思います。

私もプロスポーツの流れとして、スペシャリストが高度なプレーを見せるのが世界的傾向だと思いますので、セリーグにも交流戦の導入で徐々にDH制が認知されていくのではないかと思っています

パリーグファンです。
ご意見に同感です。
DH制に反対する意見として考えられるのは、

1.投手の打順が有った方が、ゲーム要素が複雑になって面白い。
 これは確かにそうで、代打の起用、リリーフ投手の用意、投手の前の打者への攻め方などDH制より戦術要素が増えて、ゲーム的には高度になると思います。ただし、以下にも述べますように、スポーツ的レベルは逆に下がると思います。

2.野球は9人でやる歴史が有るから
 これはあまり意味がない(笑)プロ野球は長い歴史の中で、既に昔とは随分違っ...続きを読む

Q高校野球にDH制度が無い理由

日本のパリーグやメジャーのアリーグで導入されている指名打者制度ですが、高校野球においては春大会も夏大会も導入されていません。
DH制を高校野球にも導入すれば、投手の負担が減り、出場できる人数も1人増えますので、導入してもよいと思うのですが、なぜ導入しないのでしょうか?

Aベストアンサー

理由的にはほぼセ・リーグが使わないのと一緒かと思います。下記URLをご覧ください。
http://www.npb.or.jp/cl/communication/qanda/1.html#4
とは言え微妙だな・・・と思うところはありますが^^;

上記をご覧になった前提で他に考えられることとして、高校野球では投手も主軸を打つ場合が多いからでしょうか。
投手は身体能力の高い選手がなりやすいポジションで、打撃も良い場合が多いです。大阪桐蔭の中田なんか良い例です。
そんな選手が居るのにDHにしてしまうと打席に立てなくなりますからね。
その打撃能力も相まって、ピッチャーが降板し外野にいったりします。そうするとDHのところに投手が入るわけですから
結局試合後半になるとどっちもDHが無くなる・・・と言うことになりDHも意味が無いと思います。
また、高野連は「打って守ってが野球の醍醐味」みたいな考えがあるでしょうから(あくまで推測ですが・・・)DHには反対だと思います。
投手の負担に関しても、打撃力のある選手がDHに居ると、気を抜けずピッチングで更に負担がかかりそうです。
やはり投手が完投しようと思えばペース配分は必要なわけですから。

DHの利点は・・・打席での怪我を防げることでしょうか。
でもそこも相手投手との戦術、かけひきですからね・・・

私自身高校野球してたとき、投手でしたが打撃も好きで、DHが無くて良かったと思います。打席での負担はあまり感じませんし。
そうやって思ってる投手はたくさん居ると思います。やっぱり打撃は誰でも好きですからね。
無しでしてきた伝統もありますし、このままで良いと思います。

参考URL:http://www.npb.or.jp/cl/communication/qanda/1.html#4

理由的にはほぼセ・リーグが使わないのと一緒かと思います。下記URLをご覧ください。
http://www.npb.or.jp/cl/communication/qanda/1.html#4
とは言え微妙だな・・・と思うところはありますが^^;

上記をご覧になった前提で他に考えられることとして、高校野球では投手も主軸を打つ場合が多いからでしょうか。
投手は身体能力の高い選手がなりやすいポジションで、打撃も良い場合が多いです。大阪桐蔭の中田なんか良い例です。
そんな選手が居るのにDHにしてしまうと打席に立てなくなりますからね...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報