現在、店舗運営をしています。

それに際して質問です。

たとえば「渋谷 カフェ」の検索で一位になりたいとします。
しかしながら現在、一位は「渋谷カフェ」という、そのものズバリな店名です。

さらに悪いことに「渋谷 カフェ」⇒「渋谷カフェ」の検索

と勝手に判断されるようで、グーグルなどでは、その渋谷カフェの詳細情報まで、
地図情報として添えられる始末です。

これがたとえば「渋谷 レストラン」であれば、その地図に、渋谷のレストラン情報一覧が出るところなのですが(「渋谷レストラン」という店名が存在しない場合)…。
固有名詞がある場合、そちらの店舗情報だけしか、地図に表示されないようです。

この状況を打破する方法はありますでしょうか?

すなわち「検索名を店名ズバリにする」というアレな方法に対抗する方法はあるものでしょうか?

当方のSEOで気をつけるべきこと、またグーグルなどに、この状況の修正について報告する方法など、お教え頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

現状、そのものに勝つのは難しそうですね・・・



出来ることと言えば、ホームページのタイトルに「○○カフェ~渋谷のカフェテラス~」とか何とか、キーワードを押し込むことぐらいでしょうか?
ただ、語呂とか見た目とか、イメージが損なわれては元も子もありませんし。
検索的にも逆効果になりかねませんし。

ただ、Googleはこの辺りは認識しているんではないでしょうか?
そういったスパムっぽいサイトは以前から存在していますから。

検索のアルゴリズムで、例えそのもののキーワードがホームページタイトルになっていたとしても、他の信頼あるそのもののタイトルではないホームページがトップでヒットしたりできる環境がある程度整っているのでは?
そのものがトップに出ない検索結果の場合もありますよ。

ただ、ホームページの信頼度が同程度だとしたら、キーワードそのものの方には勝てなさそうですが・・・



ここからは気休めですが、でも重要ですが、検索する側からしたら「渋谷+カフェ」で渋谷周辺のカフェを検索しようとして、ズバリの「渋谷カフェ」のリンクユニットとか出てきたら、かなりウザイと思うでしょう。

逆に「渋谷カフェ」には良いイメージを持たない可能性も相当数あるかと思いますよ。

耳汚しかも知れませんが、検索順位一位とか、訪問者数等といういわゆるSEOが目的になってしまって、肝心の接客関連(そういうスパムちっくなホームページを見て客がどう思うか等)をおろそかにしてしまっては、本末転倒になりかねませんし、あまり気になさらず、普通にお客さん目線でのホームページの充実を図っていけばいいのでは?

現状は、やはりどうしても情報量が多いサイトは検索に有利に働いているようですよ。
これでもかと工夫を盛り込んで、「訪問した人の心は確実に掴む」辺りを目的にした方がいろいろ良い方向に働くかと思いますよ。


また、特定のキーワードで検索一位のサイトが必ずしも訪問者数で勝ると言うこともないですよ。
特定のキーワードで検索一位でなくとも、組み合わせ検索など、総合的に見れば、信頼度が高く、情報量が多いサイトの方が訪問者数は遙かに勝るでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いや…。
感動しました。
本当に素晴らしい答えだと思います。
頭の中のキリが一つ晴れたような気がします。
SEOとして情報充実はもちろんですが、並行してそのようなサイトにすることも大切ですね。
心からありがとうございます。本当に感謝しております。

お礼日時:2014/11/17 22:17

この質問少々おかしいとご自分でおもいませんでしたか。



登録商標がある場合はそれを踏まないようにするのが普通商売の方向性ではないですか。

たとえばあなたの名前が豊田さんだったとして、「トヨタ」という社名をつけたり看板を掲げたりしたいですか。

戸籍名がトヨタだ、と主張してGoogleに向かってあの数兆売上の自動車会社が検索上位にあることに抗議しますか。

どっちが偉い、ではなく、すでにある商標は使わないようにしませんか。
自分のほうはフルネームにして豊田洋介商会というように名づけませんか。

渋谷カフェ、という店名がすでにあるのだったら、渋谷+カフェという文字列にこだわるのがおかしくないですか。

そもそも商売としてうまく成り立ちますか。

街を歩いている人が、ガイドブックなんかみながらあなたの店に行きたいと思ったとします。
場所がわからないのでタバコ屋とかで質問します。
そうしたらそのタバコ屋のおばちゃんは、「渋谷カフェ」を教えるのではないでしょうか。
渋谷にある、渋谷カフェではないカフェ、とこだわりだしたら、嫌な顔をされるのではないでしょうか。
渋谷のカフェといったら渋谷カフェだわねぇと言うんじゃないでしょうか。
その理屈はきわめて自然です。

類義語辞典を調べると、
コーヒーショップ ・ パーラー ・ 茶店 ・ 茶寮 ・ 喫茶店 ・ 食堂 ・ 茶房 ・ キャフェ ・ カフェテリア
というような、カフェの同義語があります。珈琲店というのもありえます。

こういうものを、他とぶち当たらないようにネーミングに使うのが普通の商売の感覚ではないでしょうか。

検索エンジンとネゴシエーションを取るというのは徒労に終わります。

あなたが検索したことで、「渋谷カフェ」と言う名のところが存在していてそれがかなりメジャーな関心を独占していることがわかったのです。
こういうことを商売ではライバルチェックといい、自分の路線がまともに発展するようにハンドルを切るのがふつうではないでしょうか。

この回答への補足

ありがとうございます。
ただ、すみません。イマイチ質問とズレてる気がするのですが…。

渋谷でカフェにいきたい人が「渋谷 カフェ」で検索するのは当然の流れですよね。
別に「渋谷カフェ」という店に行きたいわけではなく。「場所+サービス名」で。

ウチは「渋谷カフェ」という検索でそこに勝ちたいわけではないんです。
「場所+サービス名」で検索して上に行きたいのです。
すなわちSEO対策において「場所+サービス名」をそのまま固有名詞としてつけているという方法に勝てるのか、という質問なんです。
カフェは一例なので、類語が少ない業態で想像していただいて構いません。

何にせよ、質問の意図を汲んでいただけたら幸いでした。本当にありがとうございました。

補足日時:2014/11/16 16:27
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング