【お知らせ】カテゴリの見直しについて

黄銅(真鍮)メッキを作るのに、銅板に亜鉛をメッキした後にバーナーなどで加熱することで銅内に亜鉛が入りこみ表面を黄銅にするという手法があると思います。

この際、表面が金色になりだした頃が最も表面の合金の亜鉛濃度が高く、さらに加熱することで亜鉛が銅内部に入り込み表面の濃度が下がることで赤みかかった表面(丹銅)になっていくという解釈で良いのでしょうか?

実際にバーナーであぶると金色→赤色になっていきます。表面が金色になった時点で合金になり、亜鉛の融点は高くなると思いますので亜鉛は気化してはいないだろうという考えから上記の考えになりました。

亜鉛は時間をかければ低温で銅内に入り込むという性質があると聞いたことがあります。つまり、銅に黄銅メッキした状態は「不安定な状態」だという事でしょうか?それとも黄銅になった時点で亜鉛は安定して、ある程度の温度をかけないと亜鉛は内部にしみ込まなくなるのでしょうか?

ご教授いただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 ORUKA1951様に追加すると、亜鉛の浸潤は比較的低温でも起こります。


「工業的に」とか、様々な条件があると思いますが、科学工作教室レベルでは
ホットプレートの160~180℃で十分です。約90℃でも数時間で金色になります。

>実際にバーナーであぶると
 気化の他に,酸化による脱亜鉛もありそうです。

>「不安定な状態」
 これも、条件次第。科学工作教室レベルで、工作後1週間も持てばいいのか、
長期に持たせたいかです。 メッキ後 十分に水洗いされ、低温で、特に乾燥
状態にあれば、結構持ちます。 つまり、亜鉛の浸潤より、亜鉛の酸化・溶脱
の効果が大きいようです。

 液としては、科学工作教室の場合は、炭酸カリウム(水酸化カリウム)をお勧め
します。市販の銅板がそのまま使えます。理由として、指紋程度の手脂は鹸化し
て除かれる。軽い変色程度の酸化皮膜は還元され除かれる。  からです
 
「黄銅(真鍮)メッキを作る際の亜鉛について」の回答画像2

この回答への補足

情報ありがとうございます。実は七宝用に丹銅のメッキ(黄銅より亜鉛純度が低いもの)が必要なのです。七宝ガラスは純銅よりも丹銅が発色にベストなのです。厚さ5mm以上の丹銅板は入手が難しい為、入手性の良い純銅にメッキ出来たらいいなと思いました。しかし七宝の製造には800度まで温度をあげる必要があります。温度が上がるまでに亜鉛が拡散して表面の亜鉛の割合が極少になりそうですね…。また出来ても濃度管理は難しい気がします。何かいい案があれば良いのですが…。

補足日時:2014/12/05 14:12
    • good
    • 3

 亜鉛の浸潤はそれほど望めません



 その用途でしたら、丸棒をスライスするしかないかもしれません
業者は限られますので、非鉄金属取り扱いのお店に問い合わせられると
ワイヤ放電加工についても教えてもらえるでしょう
http://www.bk83.com/bankin/bankinf05.html

 理科教育に拘る先生方は、自主教材として、直径160mm位の各種金属板を
生徒に提示していらっしゃいました。

 安価にすましたいときは、金属回収業さんから端材をもらう手もあります
検索したら、 この業者さんはお持ちのようです。多分入手ルートも
http://blog.livedoor.jp/ohata_riku/archives/2744 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

情報ありがとうございました。必要サイズを算出しましたら聞いてみようと思います。

お礼日時:2014/12/08 09:49

 膨大な時間スケールで見ると亜鉛は常温でも銅の構造内に拡散する可能性がありますが通常は無視できます。


 亜鉛はきれいにメッキする必要があります。電解液や電流は工夫してください。

 加熱しすぎると、亜鉛はどんどん内部に拡散していって銅色に戻ります。

 なお冷却にはアルコールを使うと良いでしょう。(アルコールには還元力がありますから)
 ただし引火には十分気をつけてください。熱した銅を入れると激しく沸騰してアルコール蒸気が出ます。引火点より高いですから近くに火気があると引火します。
「黄銅(真鍮)メッキを作る際の亜鉛について」の回答画像1

この回答への補足

情報ありがとうございます。実は七宝用に丹銅のメッキ(黄銅より亜鉛純度が低いもの)が必要なのです。七宝ガラスは純銅よりも丹銅が発色にベストなのです。厚さ5mm以上の丹銅板は入手が難しい為、入手性の良い純銅にメッキ出来たらいいなと思いました。しかし七宝の製造には800度まで温度をあげる必要があります。温度が上がるまでに亜鉛が拡散して表面の亜鉛の割合が極少になりそうですね…。また出来ても濃度管理は難しい気がします。何かいい案があれば良いのですが…。

補足日時:2014/12/05 14:12
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真鍮製品の上手な磨き方

 仕事の話になるので日曜大工のカテゴリとそれますが、こちらで訪ねた方が確実だと思い質問致しております。

 会社に真鍮製品の在庫が豊富にあるのですが、保管が悪かったらしく製品の色が芳しくないものがたくさんあります。
 何れも新品なのですが、こんな色では売ることが出来ないと社員一同頭を悩ませており、その製品をなんとか販売できるまでにしろ!という大役を押しつけられてしまいました(涙)
 製品としては目に付くところで使用されるわけではないので新品同様までに綺麗にしなくてはいけないというわけではないのですが、ピカールで磨いて上司に見せたところNGと言われてしまいました。
 ピカールで磨いた以上に真鍮に光沢を持たせるには、どうやったらいいでしょうか?
 私的な考え方として、
・自動車用のコンパウンド剤を使用する
・スチームを使用する
 を考えています。
 ちなみに、ピカールは真鍮用のブラシとウエス(古タオル)を使って磨きました。

Aベストアンサー

#8です
以前写真現像(正確には現像停止)に使用した酢酸があることに気付き、試験してみました。

10%溶液を作り、汚れた真鍮を二時間漬けて置く。

引き出してティッシュペーパーで拭くと、ピカピカになっていました。留意点は

1.漬けておくだけで、擦ったり磨いたりの手間はいらない

2.10%も2時間も共に根拠はない。最適な値は他にあると予想される

3.真鍮に酸化膜以外の汚れが附着していると「酸洗い」を妨害するので、予めそのようなものは剥がしておく

4.酢酸の入手先は、私の場合ヨドバシカメラの写真用品売り場。その他薬局でも入手可能かもしれない(未検証)。いずれにせよレモン酢よりは大幅に安価

>#膨大な真鍮製品を大量のタバスコで拭きながら
>#噎せ返っている光景を想像して、ちょっと笑えました
>笑うなんて、非道い。(涙)
でも、ブラックユーモア的な情景がナントモ(^^;
 

Q真鍮をアンティーク調に変色させる方法

タイトルの通りなのですが、金ピカな真鍮を簡単に変色させる方法が知りたいです。

アンティーク調と言いましても真っ黒にしたいわけではなく、金色から少し暗いブロンズ色と言うか、茶色くしたいと言うか、表現が難しいのですが新品の金ピカから少しだけ色を落ち着かせたいのです。

酸化させるといいと書かれてるサイトもありましたが、実際手っ取り早く家庭にあるような物で変色が出来るのなら是非教えて頂きたいです。

例えば、お酢でも○時間か置いてたら変色するよ!みたいな答えを頂けると大変助かります!
100均で買い揃えれる物でも構いません!

是非、ご教授宜しくお願いします^^

Aベストアンサー

食塩水に漬ける。
オキシドール(過酸化水素水)につける。こちらは緑青ができるので、少しずつ様子をみて。

何時間かは、濃度や真鍮自体によりますので何ともお答えできません。

Q黄銅を作る際になぜ亜鉛メッキされるのか

黄銅をつくる際に「NaOH水溶液に亜鉛粉末を加えて加熱し銅片を入れると表面に亜鉛がメッキされる」そうですが、なぜ亜鉛がメッキされるのですか。インターネットで調べてみると
[Zn(OH)4]2- + 2e- → Zn + 4OH-
上記の反応が起こるとかかれています。
「テトラヒドロキソ亜鉛(II)酸イオンが、銅板へ移動してきた電子の一部と反応し、還元され金属亜鉛に戻り銅板が亜鉛めっきされる。」ということらしいです。
亜鉛が溶けて[Zn(OH)4]2- になることや、亜鉛が溶けて銅片上2e-が発生するのもわかりますが、なぜ[Zn(OH)4]2- が還元されるのかわかりません。
基本的な質問で済みませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 亜鉛末ではなく,亜鉛板(電極)としてお考えください。
電解液中で銅と亜鉛が接すると,局部電池が生じ,亜鉛は
亜鉛酸イオン[Zn(OH)4]2-として溶け出します。
このとき生じる 2e-が銅板に移動し,銅板表面で
亜鉛酸イオンを還元し,

< [Zn(OH)4]2- + 2e- → Zn + 4OH-
を起こすのです。これは,銅板が覆い尽くされるまで
起こります。 いかがでしょうか。

 なお,蛇足ながら,この実験はさらに深い奥があります。
 ご理解の通り,黄銅(真鍮)は銅と亜鉛の合金です。
 銅板表面を黄銅化するためには亜鉛を加えなければ
なりません。

 安易な方法は,嫌気環境下で溶融銅(融点1084.4 ℃)の中に,
亜鉛(融点419.5°C)を入れればよいわけで,実は大変設備と
コストがかかります。

 ところが,亜鉛錯体(テトラヒドロキソ亜鉛(II)酸イオン)
から生じた亜鉛はナノ粒子のため,比較的低温(炎では瞬時。
沸騰水内では30分くらい,手のひらの熱でも可能)で,
銅内に亜鉛が入りこみ,合金となります。よって,実験的には,
メッキして暖める方法が早く,確実です。
 また実際になされる際は,ナトリウムよりカリウムの方が
綺麗にできます。また,炭酸カリウムを用い,メッキしたい側に
電圧をかければれば,比較的安全・綺麗・堅牢・短時間にでき
ます

 亜鉛末ではなく,亜鉛板(電極)としてお考えください。
電解液中で銅と亜鉛が接すると,局部電池が生じ,亜鉛は
亜鉛酸イオン[Zn(OH)4]2-として溶け出します。
このとき生じる 2e-が銅板に移動し,銅板表面で
亜鉛酸イオンを還元し,

< [Zn(OH)4]2- + 2e- → Zn + 4OH-
を起こすのです。これは,銅板が覆い尽くされるまで
起こります。 いかがでしょうか。

 なお,蛇足ながら,この実験はさらに深い奥があります。
 ご理解の通り,黄銅(真鍮)は銅と亜鉛の合金で...続きを読む

Q真鍮についた緑青の落とし方

真鍮に付いた緑青の落とし方を教えてください

Aベストアンサー

さんこうに
http://blogs.yahoo.co.jp/bmjfs458/24088089.html

Qロウ付けの強度は溶接に比べてどれくらいでしょうか?

ホームセンターに売っるような1300度くらいのトーチバーナーで
ロウ付けした時の強度は
同じ物をアーク溶接したものに比べてどの程度の
強度を得られますか?
 例えばステンレスのLアングルで組んである台の
腐食している脚の部分をグラインダーで切って
新しいLアングルを継ぎ足すような場合などですが。

Aベストアンサー

アーク溶接には劣ります。
どの程度の強度かは、使うロウ棒のパッケージに書いてあると思いますので、それを見てください。

しかし、ロウ付けは溶接のような線接合ではなく、
面接合にする場合が多いと思います。
その場合、接着強度の弱さを面積で補えますから、
やり方によっては溶接の同程度の強度が出せます。

Q合金(黄銅)を生成する反応について

 化学の宿題で下記のような問題が出されました。調べてはみたものの、よくわからなかったので助けて頂きたいです。

1、銅が亜鉛メッキされる反応を化学反応式で書きなさい。
2、合金になるためには、混合した金属が融解し液体になる必要がある。銅版はガスバーナーで加熱しても融解しない。しかし、亜鉛メッキされた銅版をガスバーナーで加熱すると、黄銅を生じるのは何故か。

 この問題を考えるのに参考になる文献やHPなどがございましたら、あわせて教えて頂けると嬉しいです。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

このあたりがわかりやすいかと思います。
参考にして下さい。

参考URL:http://www.eonet.ne.jp/~nakacchi/Brass.htm

Q金色を塗りたいのですが

タイトル通りなのですが、綺麗な金色を塗りたいのです。
18金や14金の塗料などあるものでしょうか?
もしなければプラカラーやタッチアップ塗料、それでもなければマニキュア等でも構いませんので綺麗な色の金色に塗れるものがあれば教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今日は初めまして おっしゃられておられます金色塗装でお安くて素人でも綺麗で豪華なメッキのように仕上がるスプレーが御座います。
メーカー:アサヒペン
タイトル:置物や装飾品が豪華なメッキ調に仕上がる
       メッキ調スプレー
用途:屋内装飾品の木部・鉄部・ガラス・プラスティック(硬質塩かビニール・アクリル)
容量:300ml
1.0~1.5平方メートル
乾燥時期 夏季 20~30分 冬季 40~60分
ホームセンター等で5~600円です

http://www.asahipen.jp
お客様相談室 03-38469545
       06-6934-0300

ビックリするほど綺麗な黄金色(光沢有り)に仕上がり黙っていれば本当の金無垢のように見えます
一度お試しくださいませ    失礼致します

参考URL:http://www.asahipen.jp

Q金メッキの剥がれたアクセの復活

セカンドブランドのネックレスがお気入りで、どうしても諦められません。
お店では、メッキ施工のやり直しは受付けないとのことで断られました。

ユザワヤの様な所に、スプレーみたいなのを見かけた頃がありますが、
あれは色塗りですよね?(その割には高かった記憶もありますが…)

もし金メッキが家庭で可能なら方法を、そして予算はどのくらい安く
済ませることが出来るか、教えて下さい。
ちょうど今日明日に買い物に行きます。

Aベストアンサー

私はアクセサリーの仕事をしているので、もしbewitchedさんが私の身近な方でしたらいつもお願いしている鍍金屋さんに一緒に頼んであげられるのですが
OKWebのルール上、そうもいかないですよね・・・。それで、思い出したのですが私の取引している鍍金屋さんでもときどき飛び込みで鍍金を頼んでいる人がいると言うことです。タウンページなどで近所に鍍金屋さんがないか調べてみるのはどうでしょう?私もbewitchedさんのように気に入っているものにはとっても愛着をもつほうなので気持ちが分かりなんとかしてあげたいのですが・・・。鍍金屋さんに頼むと、費用は1000円前後じゃないかと思います。(大きさや本当のK18メッキとかメッキの厚さで値段が変わります。)鍍金屋さんに頼めればもともとのハゲかかっていたメッキを剥いてから付け直してくれるので自分でやるより仕上がりもきれいだと思います。

Q真鍮と砲金の見分け方

TOYOのバルブを使う作業がありまして、ある人はこれは真鍮だといい別の人は砲金だと言い張ってます。見分け方としてマイナスドライバーなどで削ったらわかるぜと言う人もいるのですが、色はどっちがどっちだか忘れたと言ってます。ピンク系?はどっちですか?

Aベストアンサー

昔、真鍮(黄銅)や砲金を旋盤加工したことがあります。
真鍮は黄色系で、ピンク系は砲金と記憶しています。

成分ですが、真鍮は俗称で正式には黄銅、Brassですが、実用されているのは、銅70%、亜鉛30%の7-3黄銅と60/40の6-4黄銅があります。
バルブはこちらと思います。

砲金は、Gun metalで亜鉛が1~9%、すずを約10%含んだ銅合金です。
流体軸受けなどに使用しました。

昔大砲を青銅で作ったこともあり、砲金を青銅と混同しているむきもありますが、青銅はBronzeで銅-すず合金のことです。

Q真鍮と銅の違い

専門的な知識はありませんので、簡単に判りやすくご教授お願いします。

真鍮と銅は、見た感じよく似ています。

特徴の違いや用途の違いを教えて下さい。
また見分け方もお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

真鍮(黄銅)は銅と亜鉛の合金です。
銅と真鍮はかなり色が違うので、見た感じもけっこう違うと
思うのですが・・・

色のイメージとして、真鍮はかなり金色に近い黄色。
(金管楽器の色)

銅はかなり赤みがかった色。(新品に近い10円玉の色)

真鍮は銅よりも硬度が高いので、銅では柔らかすぎて駄目、という
ような用途に使われると思います。


人気Q&Aランキング