『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

8分の6拍子で、一小節全部休む時の休符は
何を使えばいいのでしょう?
普通に帽子がひっくり返ったようなやつで良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>普通に帽子がひっくり返ったようなやつで良いのでしょうか?



帽子のひっくりかえったやつは、「全休符」と言いまして、「全」なので、何拍子の曲でも使える便利な休符で、これでOKですが、譜面によって8分の6拍子の場合は、帽子に点の付いた「付点二分休符」が使われている場合、さらには、正確を期して、カモメに付点の付いた「付点四分音符」を二個書かれている場合があります。楽典的には「付点四分音符」二個が一番良いのですが、お休みが長いときには、譜面を書くときにもっとも素早く書ける「全休符」を使う人が多いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2014/12/23 07:17

全休符は、本来は4拍子のときの長さですが、一小節相当の休止にも使用します。



休みのことでしたら、怠け者の私にお尋ねくださいませ。「帽子がひっくり返ったようなやつ」を見ると、安心します。

詳しくは、「静」の表現方法である、などとおつしやる勤勉なかたがたが、意見を述べてくださると思ひます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2014/12/23 07:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング