お世話になります。
お手すきの時に回答いただければ幸いです。

引換給付判決の既判力は、引換給付部分には及ばず、訴訟物にしか及ばないと思うのですが、
仮に前訴で引換給付判決が言い渡されて確定した場合に、無条件の勝訴判決を望む原告が
後訴提起した時に、前訴基準時後に新たな事由の変動が無い場合、
裁判所は、(民事訴訟という学問の理論からは)どのような判決を下すべきなのでしょうか?

例えば前訴の訴訟物が建物明渡請求権で、立退料支払(引換給付)を条件に認容された場合で、
後訴において再度、同一原告が同一被告に建物明渡請求権を提起した場合の、
後訴の裁判所の判決内容について、どうすべきかご教示ください。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 話はちょっとややこしいですが、引換給付判決を受けることによって確定される権利は、例えば売買代金債権では、当該債権が同時履行抗弁の付着した債権であること、建物の明渡請求権であれば、それが立退料の提供を受けることによって発生する条件付き権利(正確に言えば、立退料を提供することによって初めて有効になる解除の意思表示をすることによって生じる建物明渡請求権)であることです。

既判力の内容は、このようなものとして生じるわけです。

 ですから、質問の場合において、後訴において建物明渡請求権の発生原因として前訴と日時態様において同じ解除の意思表示を主張するのであれば、後訴(仮にそれに訴えの利益があるとされた場合)においても、証拠調べの必要のある場合であっても、前訴の判決書のみを取り調べて、当然引換給付判決がなされます。これが、前訴の判決による既判力の意味するところです。

 しかし、前訴の既判力の基準時以後において新たに発生した解除原因によって生じた建物明渡請求権を主張して後訴を提起した場合には、訴訟物が異なりますので、改めて審理がされることになります。

 既判力を論じる場合に、しばしば抽象的な権利の名前をもって論じることがありますが、それは正確ではありません。既判力の生じる権利とは、具体的な事実関係に基づいて発生する個別具体の権利関係だということになります。

 既判力と、特に旧訴訟物理論においては、それと表裏一体をなす訴訟物とは、個別具体の訴訟において、一体その訴訟の訴訟物は何なのか、既判力の範囲はどこまでなのか、を見極めることは、通常はそれほど意識されませんが、実は、そんなに容易ではない場合があるのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
非常に分かり易かったです。

お礼日時:2015/01/10 21:29

なぜ既判力は引換給付の部分には及ばないと思うのですか?理論上、いくつかの考え方がありますが、引換給付判決の引換給付の部分には「当然に」既判力が及ばないなどという話は聞いたことがありませんが。



時間がないので以下は、理論的な回答ではなくて単純に判例に従った回答です。

判例に従えば、既判力に準ずる効力があると解するべきです。
恐らく質問に対するほぼ直球の回答となるのは、最判昭和49年4月26日でしょう。これは最高裁の判例検索で見つかります。事件番号昭和46(オ)411です。
この事例では、引換給付ではなくて限定承認による相続財産の限度内での弁済義務という内容ではありますが、留保付き判決の主文に掲げられた留保部分にも「既判力に準ずる効力がある」としています。
そして、
「右のように相続財産の限度で支払を命じた、いわゆる留保付判決が確定した後において、債権者が、右訴訟の第二審口頭弁論終結時以前に存在した限定承認と相容れない事実(たとえば民法九二一条の法定単純承認の事実)を主張して、右債権につき無留保の判決を得るため新たに訴を提起することは許されないものと解すべきである」
と述べています。
つまり、留保付き判決に対して、基準時以「前」の事実を理由として無留保判決を求める後訴は認められないと明言しています。

よって、これに反する後訴は訴えの利益を欠くものとして訴え却下になるはずです。もちろん例外的に前訴と同じ内容の判決が出るということはあり得ますが。


以下は私見。
元々既判力がなぜ認められるかということとそれが明文の規定で主文にしか認められないこととを併せて考えると、判決において引換給付部分を「わざわざ」主文に書くのは既判力または既判力に準ずる効力を及ぼすためだと思います。
つまり、給付判決に付した条件等に対して既判力(あるいは既判力に準ずる効力を及ぼすべきであるならば主文に書いてしまえば良いし書かなければならないと裁判所は考えているのだろうということです。
これは極めて合理的かつ直截的で巧い方法だと思います。

なお、参考として最判平成5年11月11日(平成2(オ)170)では、「不執行の合意」という訴訟物でない法律関係についても「訴訟物に準ずるものとして審判の対象になるというべきで」「主文に書くべき」だとしています。
この理由は一応、「執行段階における当事者間の紛争を未然に防止するため」となっており、既判力の問題とは一見して関係はありません。
しかし、この背景にある裁判所の考え方は、既判力(あるいは既判力に準ずる効力)を及ぼす必要がある、ひいては紛争解決の実効性を高めるために必要有益な内容は主文に書き、そうでないものは手続き保障及び訴訟経済上の要請から主文に書かないという発想ではないかと推測します。

以上
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳細丁寧に解説してくださいまして、
ありがとうございました。非常に勉強になりました。

特に参考としてシェアして頂きました判例について、私の理解促進に役立ちまして、非常に助かりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2015/01/10 21:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q引換給付判決について

引換給付判決とは、「給付の訴えに対して、被告から同時履行の抗弁権や、留置権の主張が出された場合に、原告の請求権を認めるものの、同時に、被告に対して給付をするよう、原告に命じる判決のことを言います。原告にも一定の義務が課されており、原告の一部敗訴判決となります。」とのことであるようですが、何を意味しているのか分かりません。
また、どうして、わざわざ、このようなことが決められているのでしょうか。
ご教示よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

勝訴する様に思います。

  質問者さんの例は、書き方が曖昧なので、実ははっきりと正誤をつけるのは難しいです。

 ただし、質問の論点が「引換給付判決」から「同時履行の抗弁権」に移っています。

 「同時履行の抗弁権」の理解が問題になっています。

 「同時履行の抗弁権」は試験でも頻出の論点です。

 したがって、新たに質問を立ててください。質問者さんなりに整理した上で質問して下さい。

  勝訴できるかについては、質問者さんの解答だけで正誤をつけるのであれば、「敗訴になる」と思います。

Q名誉毀損の訴訟を提起しようと思っておりますが、地裁か簡裁どちたに訴訟を提起したらよいのでしょうか?

 前にご質問をいたした者です。
 
 名誉毀損の訴訟を提起したいと思っておるのですが、名誉毀損の賠償額は、日本では低い算定しかされませんし、印紙代もありますので、数万円程度の賠償額で本人訴訟を考えております。費用倒れでも気持ちの整理の為に行う予定です。
 
 そこで、額から言えば簡裁でしょうが、名誉毀損という訴訟の性質上、地裁が扱っていただけるところではないかと勝手に私は思っているのですが、いかがでしょうか?

 家賃滞納の為、家屋明渡し訴訟を、よく本人訴訟で行っておりますが、これは訴額に関わらず地裁が、訴訟を提起する場所です。このようなことから私は、訴訟額の大小に関わらず名誉毀損は、地方裁判所に訴訟を提起するものだと思うのですが、私の考えは間違っておりますでしょうか?どうかご教示をお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 訴額が140万円を超える事件は地方裁判所が(裁判所法第24条第1項1号)、140万円以下の事件は簡易裁判所が管轄権を有します(裁判所法第33条第1項1号)。これを事物管轄といいます。名誉毀損を理由とする損害賠償請求事件も訴額で事物管轄が決まります。
 140万円以下の事件を地方裁判所に訴えた場合、管轄違いで簡易裁判所に移送することもありますが(民事訴訟法第16条第1項)、地方裁判所が相当と認めれば、自ら裁判をすることもできます。(民事訴訟法第16条第2項)これを自庁処理といいますが、名誉毀損の損害賠償請求権事件は、簡易裁判所の専属管轄事件ではありませんので、自庁処理も可能です。
 なお、訴額が140万円以下でも家屋明渡訴訟のような不動産に関する事件は、地方裁判所と簡易裁判所が競合的に管轄権を有しています。(裁判所法第24条第1項1号参照)

Q建物明渡請求訴訟の訴額算定について

建物一部の明渡請求をしようと思います。
訴額の算定は評価額のm2単価を出して、明渡し部分の面積を掛けて求めるとのことですが、明渡し部分の面積がわかりません。

建物図面を見てもわからない場合、どのように算出すればよいのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

 明渡しを求める部分の床面積がわからなければ,訴額の算定どころか,物件目録も作成できないじゃないですか。
 建物図面を見てもわからないって,どんな図面なんですか。
 
 実際のところ,厳密な床面積を記載しなくても通ります。さすがに100平方メートルもある物件を「50平方メートル」なんて書けば,強制執行の催告の際,執行官に「この物件じゃないですね。」と言われてしまい,「執行不能!」とされてしますが。
 執行官が目視して,物件目録記載の物件とおおよそ合致していると認められれば良いわけです。

 近頃の裁判所はとても親切です。(経験上,高等裁判所は冷たい!)
 裁判所の訴状受付に当たる訟廷事務室に図面を持ち込んで,相談すれば丁寧に教えてくれます。

Q法定訴訟担当が訴訟追行しているときに、当事者も訴訟を提起できますか?

民事訴訟法に関する質問です。
法定訴訟担当(債権者代位権者など)がすでに訴訟を追行しているときに、当事者(本人)が別に訴訟を提起したり、あるいは訴訟に参加するようなことは可能でしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

端的に二重起訴の禁止にふれないかという点が問題となると思いました。
 しかし、債権者代位訴訟に債務者が七一条〔現四七条〕の参加をして第三債務者に対し代位訴訟と同じ訴訟物の訴えを提起することは、重複起訴の禁止に触れない。(最判昭48・4・24民集27-3-596)
三省堂 『模範六法2001平成13年版』

 とされています。

 確認してください。

Q損害賠償請求(慰謝料)をしますが、訴訟提起の仕方が判決に影響することがありますか?

W不倫の末、不倫女は離婚、不倫男は別居して(不倫男は現在も婚姻中)、
男の別居後、すぐに同居を始め、2年が経ったその二人に対して損害賠償請求(慰謝料)訴訟を考えています。
私は不倫男の妻です。

やるなら少しでも多く慰謝料が取れるような訴訟を起こしたいのですが、
このような場合、訴訟は女と男と別々にして訴訟提起した方がいいでしょうか?
それとも、別居後すぐに同居している事実証拠や二人の計画性もあるので、共同不法行為者として、
一件で二人を被告として連名にして提起する事もできるのですが、提起の仕方で判決に違いは出るものでしょうか?
どちらがどうと言うよりも、二人合わせて慰謝料総額の多く取れる提起をしたいと考えています。

提起の仕方によって、判決の重さに差が出ることは考えられますか?
考え方としてどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

 はじめにエクスキューズしますと、私は司法関連の資格をとるべく勉強中の身ですので、あくまでそういった者からの意見として受け止めてください。
 訴状をご自分でお書きになっているということは、本人訴訟をされるということでしょうか?
 訴状の記載内容としてお書きになった文章は、「請求の原因」の最後の部分ですね。わたしはこれでよいと思いますが、訴状のほかの記載部分の兼ね合いもありますし、といって訴状の全文のチェックは資格のない私が行うべきでないと思います。万全を期して、今後の裁判の中でアドバイスを受けていくことも含めて、弁護士等に文案のチェックをお願いしてみたほうが良いと思います。

 ところで、たとえ婚姻中の不貞行為でも、別居などをしていて実質的に夫婦関係が破綻した後の不貞行為の場合は、不倫相手に対する慰謝料請求が認められない場合があります。別居の経緯(porin123様が別居を承諾したのか、ご主人が勝手に出て行ったのか)、不倫相手の方が別居の前から妻帯者と知っていて不貞行為に及んだという点の証明が今回重要だと思いますが、その点の証拠については準備できてますか?

 そして、繰り返しになりますが、離婚をしないで不貞行為の慰謝料を請求する場合、離婚する(した)場合に比べますと、判決で認められる額には相当の違いが出ます。先日離婚した身内の者は、当初離婚しないまま不倫相手のみに慰謝料を請求したんですが、300万円の請求に対し100万円の判決でした。離婚しない理由は必ず相手方から突っ込まれると思います。先々離婚を視野に入れているなら、今中途半端に慰謝料請求だけするよりは、離婚と不倫相手への慰謝料請求を同時にする方が良さそうにも思います。

 また、「お金」のことは別として、porin123様がご主人に本心から戻ってきてほしいと思っていらっしゃるなら、特にご主人への慰謝料請求は全くの逆効果になりますので、その点は慎重にご検討ください。

 さらに、別居期間がある程度の長さ(事情によって異なりますが、例えば5年くらい)になると、有責配偶者であるご主人からの離婚の請求が認められる場合もあります。
 
 不貞行為の慰謝料請求を本人訴訟で進めるのはかなり大変だと思います。本人訴訟の進め方に関する書籍や家事関連の判例集などが販売されてますので、訴訟提起の前にじっくりお読みになることを強くお勧めします。また、余裕があれば実際に他の裁判を傍聴してみてください。

 はじめにエクスキューズしますと、私は司法関連の資格をとるべく勉強中の身ですので、あくまでそういった者からの意見として受け止めてください。
 訴状をご自分でお書きになっているということは、本人訴訟をされるということでしょうか?
 訴状の記載内容としてお書きになった文章は、「請求の原因」の最後の部分ですね。わたしはこれでよいと思いますが、訴状のほかの記載部分の兼ね合いもありますし、といって訴状の全文のチェックは資格のない私が行うべきでないと思います。万全を期して、今後の裁判...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報