出産前後の痔にはご注意!

現在41歳、男性です。
スキーを始めたいと思っておりますが、友人から
カービングスキーがいいんじゃないの?とか
ファンスキーがいいんじゃないの?とか色々言われて
どれを選ぶか迷っております。
もうある程度の年齢なので、あまり時間がかからず
上達ができ、楽しく滑れる程度の種類でいいかな~と
思っております。
どなたか、どのような種類を選定すればよいか
アドバイスをお願いします。
ちなみに身長は178cm 体重は66kg、運動神経は
並だと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

41歳から、スキーを始めたいなんて、



すばらしい!

スキーって生涯スポーツってことで、
私の知ってる人は80歳で、スキーをやってる人もいらっしゃいます。

生涯できるスポーツっていうより、
生涯かかっても、満足できないスポーツって言ったほうが当てはまるかと思います。

確かにファンスキーは、すぐ上達?っていうと語弊が生じるかも知れませんが、
長いスキー板より扱いやすく、楽しく滑れる?と思います。

しかし、その分、飽きるのも早い。。。なら、レンタルでも十分かと思います。

ハの字(ボーゲン)は、ぱっと見カッコ悪いし、筋肉痛になるので嫌ですが、
基本中の基本です。
すごく上手な方は、すごくハの字が綺麗です。

本格的にはじめたいのなら、一生涯のスポーツとして取り組むなら、
ファンスキーより、長い板のスキーをお勧めします。

スキーは、大会とかに出ない限り、完全な自己満足の世界です。
自然相手のスポーツなので、攻略法もさまざま。
一度はまれば、抜け出せないくらいの魅力たっぷりですよ^^

どうしても、上手い下手は、見た目で判断しがちで、滑るときの手の位置とか、
体の向きとか、意識しがちですが、要は板をしっかり踏んでたわませて、切れ味のするどい
ターンができるかどうかだと思うので、それができれば、人間骨格がだいたい同じなので、
理想の形ってのが、できてくるかと思うのですが~。。

なかなかできません><。でも、昨シーズンより上達したーって実感は大いにあります。
すると、やめられません。

スクールに入ったり、上手い人に教えてもらったりするのは億劫かも知れませんが、
上達しようと努力する方向が違えば、変な癖がついたりして逆にへたくそになったりします。

知り合いに級持ちの人とか、そういう人に見てもらいながら滑るのが一番かも知れませんね。
でも~級持ち程度の人なら、自分の上達に夢中で人に教える暇ないかもですけどね^^;

スクールに入るのが手っ取り早いと思います。
結構、高年齢の方でも上達を目指してスクールに入ってくる人も大勢いますよ。
50代、60代の方でもざらにいらっしゃいます。

道具買うのですか?買うなら買いましょう。
でも、板より、まずブーツです。
メーカーによって、母子球(親指の根元)から土踏まずまでのラインが狭かったり、
ゆったりしたりしてるので、自分にあったブーツを履いて試してみるべきです。
長時間履くと痛くなるブーツだったら、存分にスキーを楽しめません。
板はレンタルでもかまいませんが、ブーツは購入することをお勧めします。
板は、毎年仕様が変わりますので、今年はどこどこのメーカーが良いとか、
あのメーカーは、昨年の板のほうが良かった。とかいろいろ。
フリースタイル系の幅広の板があったり、アルペン用の重い板があったり、
多種多様です。その中からこれだ!って見つけるのは至難の業です。
板買ったはいいけど、満足できず、ぽいってこともありえます。
でも、ブーツは自分に合うのが一番良いブーツです。
固さとかあるけど、一足目は柔らかいのをお勧めします。

レンタルでリアエントリー(バックルが後ろ)タイプのスキーブーツなんか
履かされた日には、泣きを見ますよ。

板は~そうですね。ある程度慣れて、いろんな板の違いがわかるようになってから、
購入しても遅くないかもと思います。とりあえず二の字(パラレル)で
滑れるようになってからでもよろしいのでは?と、素人意見でした^^;

スキー場は、天気の日だとリフトに乗って頂上に行くと、なんとも言えない開放感が
あります。それは何回おなじところに行っても飽きることないです。

本格的にスキーの世界にのめりこみましょう^^Lets'challenge!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とてもわかりやすい説明、どうもありがとうございました!
私は3人子供がいるのですが、3番目の子が5歳になって、少しずつ手が離れてきたので
思い切ってスキーを始めることにしました。
(もっと若い時は仕事に忙殺されてスキーを始めることができませんでした・・・)
教えていただいたことを全て参考にさせていただいて始めたいと思います。
本当にありがとうございました!

お礼日時:2015/01/29 14:33

ショップに行ってみればわかりますが、カービングスキーしか売ってないです。

(ロッカースキーもカービングの一種です。)
最近ファンスキーも店頭に見当たりません。

操作性を考えればファンスキーの方が早く楽しめるでしょう。
しかし、早い分飽きがくるのも早い気がします。
スピードを楽しいと考えるのであれば長い板、グルグル向きを変えることを求めるならファンスキーでしょう。

2回目につながるかわからないワケですから、通常レンタルします。
板の長さ等はレンタルスタッフが対応してくれます。
初級者向けの板は柔らかく、操作しやすく作られています。

マテリアル(道具)の選択と同等に重要なのが斜面の選択なんです。
緩斜面でかつ、ボーダーの少ないゲレンデを探しだすこともお忘れなく。別途質問することをおすすめします。
コケる回数の低減 = 緩斜面
他人との衝突回避 = ボーダーの少ない斜面
どちらも安全確保のため重要です。
ケガをしたら楽しいワケがないためです。

私はイントラをやっておりますが、スクールに入るより重要なのは斜面の選択だと考えます。
さらに重要なのは天候です。
くそ寒い吹雪の中で楽しいと感じるひとは少ないと思います。
晴れの日を狙ってでかけます。

ちなみにスキーは生涯スポーツなので年齢は無関係です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

斜面の選択は全く考えていませんでした。それも踏まえてまずはレンタルで試してみて、それから購入しようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/01/29 14:33

カービングスキーが良いかと思います。


長さは身長マイナス10センチくらいの長さ。
ヨーロッパのスキー規格で、S、A、Lに分けられていますので、Aカテゴリーが良いかと思います。(Sはスポーツ、Aはオールラウンド、Lはレジャーかと思います)

今のカービングスキーは、一時期と違って、雪を削り取るほどの捻れ剛性が有りませんので、美味くずらすことが出来るかと思います。

これから購入して、今シーズンで整備された中斜面を楽しく滑れるように、がんばってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

色々教えていただきましてありがとうございました。
楽しく滑れるように頑張ります☆

お礼日時:2015/01/29 14:32

私としては、カービングスキーをお勧めします。


私の見解でコメントしますので、他の方のコメントも参考されますよう。

当方、SAJ1級でスノーボード、ファンスキーもします。
ファンスキーは、一見短くて操作しやすそうに見えますがその実、とても不安定で両足でしっかり加重をしないと上手にターンができません。また短いので直性安定性に欠けます。
荒れているゲレンデでは、トップが雪面に刺さりやすく危険でもあります。
昔のように、ズラすターンをしようとするとエッジ長が短いためにどんどんずれて流れていきます。
※自分は、子どもにスキーを教える時など、ストックを持たず簡単に移動できる事からファンスキーを使っていました。
最近は、190cmと160cmの2種類のスキーを主に使ってます。

41歳という年齢から始めるということで、特殊なスキーよりカービングスキーが良いと思いますよ。

先の回答者様をコメントしておりますが、最近ではカービングに加えロッカーというシステムが加わったスキーもあります。
※ロッカーとは、ロッキングチェアのように前後が反っているということからきています。
大げさに反っているではなく、従来のスキーと比較して前後が軽く反っている形状です。
詳しくは、検索すると出てきます=ロッカースキーの意味

フラット(何も加重をしない状態・直滑降で下っている時など)の状態では、前後が反っているため通常のスキーより接地面が少ないので抵抗が少なくターンをしやすくなっており、ターンにはいるとカービングのためスキーをずらさなくともエッジが効いてスムーズにターンが出来るというものです。

スキーの長さの合わせ方も、昔とは全く異なります。
ブーツも昔の物でも流用が出来ますが、カービングスキーに対応したブーツの方が良いと思います。

まずは、ショップやスポーツ量販店でアドバイスを受けてから購入されることをお勧めします。
また、スクールに入るのが安全にかつ早く上達出来ると思います。


参考になれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

各スキーの特徴を非常にわかりやすく説明していただきましてありがとうございました。
正直、各スキーの特徴がイマイチわからなかったのでとても助かりました!
どうもありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2015/01/29 14:32

時代は既にカービングからロッカースキーの時代に移り変わりました



カービングスキー・ロッカースキーは
 一般的なスキー長であるが、板の幅であるとかキャンバー(反り具合)を工夫することで、より扱いやすい性質を持たせたモノ
 同じカービングやロッカーと言っても、ブランドや対象レベルによって複数の種類がある

ファンスキーは
 極端にスキー長が短いスキーのこと、数十センチ~1メータ程度が目安
 ストックを使用しない場合が多い
 短くて軽いので扱いやすいがアイスバーン状態や深雪の場合には逆に扱いにくくなる
 国内の整地されたゲレンデであればほぼ問題無いだろう

スキーの経験が無い人なのであれば、初心者向けのロッカースキーで良いと思いますけど?

実際には、ショップで店員さんと相談して決めて欲しい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすい説明、ありがとうございました(*^▽^*)

お礼日時:2015/01/25 12:08

ファンスキーは言い換えればショートスキー、短い板の事です。



短い分抵抗や雪面の引っ掛かりが少ないので、
低速でくるくる回ったりでんぐり返ししたりとか出来ますけど、
逆にスピードが出ると制御しにくくなります。

そのため普通にすべるなら長尺のカービングの方がいいです。
というかショップで「スキー板買いたい」とだけ言えばそちらを勧めてくるでしょうw

カービングスキー板とは尺の中心部分が細くなった板の事です。
体型で言えば「ぼん、きゅ、ぼん」って感じでw
昔は「アルペン板」といってカービングスキーより長尺で「寸胴体型」でした。

なお、すべる事において使う技術は一緒なのでカービングではじめて
「滑るというより雪山で遊ぼう」となってきたらファンスキーに変えても問題ないかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ファンスキーは割と簡単かな、と甘く考えていたのですが、
スピードが出ると制御しずらくなるなど、初めて知りました。
色々教えていただきましてありがとうございました☆

お礼日時:2015/01/22 12:52

SKI用品店で店員さんにアドバイスをもらうのが良いです。



予算との兼ね合いもありますし、初心者スキーヤーを数多く見てますし、ビンデイングとの相性や板の特性の知識も豊富ですので。
ブーツも込みでアドバイスを受けると良いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かにそうですね。おっしゃる通り店員さんのアドバイスを
聞いてみようと思います。
ありがとうございました☆

お礼日時:2015/01/22 12:50

悪いこと言わないからスクールに入ることをお勧めします。


初心者で悪い癖(自己流)がつくと、もうその年だと治らないからね。
恥ずかしいだろうから、個人レッスンがお勧め。ちょっと高いけどね。
スキーの種類うんたらは、中級くらいになってからの話。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々教えていただきましてありがとうございました。

お礼日時:2015/01/22 12:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカービングと普通スキーの違いとは?

カービングスキーと、普通スキーは何が違うのでしょうか?それによって、滑りももどのように変わってくるのでしょうか?

また、カービングターンとは何でしょうか?

わからないことだらけですが、ご教示お願いします。

Aベストアンサー

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターンを一般スキーヤーにも可能にしたマテリアル(スキー板など)です。ちなみに、カービングターンとは、「横ズレの極力少ないターン」のことで、スキー板はエッジングを弱くした状態でターンしようとすると、ずれやすくなり、逆にエッジングを強くすればするほど(脚の傾きを大きくすればするほど)、スキー板はずれにくくなり、サイドカーブに近いターン弧となります。ですから、カービングターンをしてくるスキーヤーは倒れてしまうんじゃないかと思うくらい、身体(体軸)を傾けて滑ってきます(決して、内倒とは異なります)。 カービング自体が、マテリアルも技術理論も年々進化しており、現在では、ターンの分類として、「トップコントロール」、「テールコントロール」それらを組み合わせた「トップアンドテールコントロール」、「テールアンドトップコントロール」となり、横ズレを伴う「スキッディングターン」とは大別されています。 また、全日本スキー連盟(SAJ)の市野企画委員長は、カービングターンを「私は、カービングターンとは、内向、内傾、内スキー始動ということを言っています。」とおっしゃっています(参考URL参照)。 最近は、マテリアル(カービングスキー板)自体が進化しており、初心者でもレールターンを行うことによって、掘って滑るcarvingターンは簡単なものとなってきました。ただし、それを真の意味でカービングターンに仕上げるには、SAJの市野企画委員長がおっしゃるとおり落下運動を回転運動に変えてやる、スキーヤーの運動(内向、内傾、内スキー始動)が不可欠となってきます。それがスキー技術そのもので、そこがスキーのおもしろみでもあります。 具体的には、ターンの局面のうち、切り換え期においてスキーヤーは上体の内向を行い、次のターン始動期では内スキー始動(これにより、カービング板の幅広のトップが雪面をいち早く捉えてくれます)を行い、舵とり期に内傾を強め、先に述べた板のエッジを立てエッジングを強め横ズレしないカービングターンを雪面に描きます。そして、次の切り換え期に移るという運動を繰り返してターンしていきます。これは、大回り(ロングターン)でも小回り(ショートターン)でも基本的な部分は変わりません。

参考URL:http://www.saj-edu.ne.jp/edu2003/saj-demo/saj-demo-riron.html

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターン...続きを読む

Qスキー用品の初級用と中級・上級用は何が違うのですか?

昨日久々にスキーに行ってきました。(15年ぶり)
楽しかったので、スキー板、ビンディング、ブーツ、ストック等を買おうと考えています。(昨日はレンタルしました)

いまネットでスキー用品を検索しているのですが、初級用と中級・上級用では値段が全然違う気がします。

私は雪国育ちでもうかなり滑れるのですが、安く済ますに越したことはないなあと考えています。

この値段の違いは具体的にどの部分がどう違うのか、スキー用品の価格差の根拠について知りたいと思います。

お詳しい方、ぜひご教授のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

30年スキーをやっている一般エキスパートスキーヤーです。(^-^;
15年振りということはもう一昔前以上ですね。
当時のスキーの性能とは歴然の差があると思います。
それに伴いスキー技術もだいぶ変化しています。
カービングのスキーは以前よりターンの導入がしやすくなっていますし、
昔は美とされていた両足をピッタリ着けてすべることが
今はおかしくさえあります(小回り以外で)。

板、ビンディング、ブーツ、ストックどれに重点を置くかということですが、
じっくり選ばなければならないのはブーツだと思います。
人それぞれ足の形はまったく違うので、合わない靴を履いた時、痛みが出たら
スキーどころではなくなります。
しかし、お金をかければいいというものでもなく、
上級者用の値段の高いモデルはほとんどがシェルが固く、
また、インナーもタイトに出来ています。
これはレーサーやエキスパートの優れた筋力を最大限に板に伝えるために
出来ていますので、初中級者がこれを履いたらまず膝がうまく曲げられず、
難儀すると思います。また、長い時間スキーを楽しみたいのであれば
快適性を重視したモデルもありますのでショップでよく相談されるのが一番かと思います。
特殊な足の形をしている場合や、ピッタリとしたフィット感を得たい場合は
フォーミングといって自分の足の形のインナーを作る場合もあります。
これが一番高価になると思います。

板も同様で、上級者用は一般的に硬くねじれにも強くなっています。
上級者やレーサーはほとんど氷のようなハードなバーンでも板をずらさずに
切って滑る必要があるためそのようになっていると思います。
逆に初級者用の板などではそのようにすべるのは困難な時があります。

ビンディングは高いものは中のバネが強く出来ていて、開放値も高くなっています。
同じメーカーの初級者用の開放値10と、上級者用の開放値10に設定した場合
何年か使っていると初級者用は早くだめになります。

ストックのみ初級上級に関係なく高価なものはカーボンなどのよい素材を使ったものが多く
握りやすく、振りやすいということが多いです。
特別すべりには関係ないもののようですが、
お金をかけて損をしないのならストックということでしょうか。

一般的に高価=硬い=重いが成り立つと思いますので、体重にもよりますが、
自分の技量に合わせた用具を選ぶのが、一番上達への近道また、快適だと思います。

30年スキーをやっている一般エキスパートスキーヤーです。(^-^;
15年振りということはもう一昔前以上ですね。
当時のスキーの性能とは歴然の差があると思います。
それに伴いスキー技術もだいぶ変化しています。
カービングのスキーは以前よりターンの導入がしやすくなっていますし、
昔は美とされていた両足をピッタリ着けてすべることが
今はおかしくさえあります(小回り以外で)。

板、ビンディング、ブーツ、ストックどれに重点を置くかということですが、
じっくり選ばなければならないのはブーツだ...続きを読む

Qショートスキーへの転向について

今までカービングスキーや普通のスキー板でスキーを楽しんでいましたが、今年からショートスキーに挑戦しようと思っています。

そこで質問なのですが、
1.板を選ぶポイントは何でしょう?
  私は身長が155センチしかないので、90センチ位の板で  も大丈夫でしょうか?
  板はスポーツオーソリティーの1万円前後のモノを考え  ています。(値段は関係あるのでしょうか?)
2.ブーツはどんなのでもいいのですか?
  例えばボード用でも…。
3.ロングスキー板からショートに転向するにあたって何  か気をつけないことはありますか?
  転んだら板が取れないと聞いているので怪我しないか  心配です。ちなみに私は何とか板を揃えて滑れる程度  なので中級位の腕前です。

以上、色々ありますがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.板選びのポイントは
 まずショートスキーは一般成人を対象に開発されていますので、子供が子供用のスキーの代わりに使用することができません。
 そのため、最低身長が規定されているものがありますのでその点は確認しましょう。

 また、私自身いろいろなタイプを滑ったことがあるので、参考までに覚えているものを紹介します。

 ガウアー(特殊な船底型をしたもの)
 ビックフット(足の形をデザインしたもの)
 サロモンのスノーブレード(カービングスキーを短くしたような形状もの)(ハードブーツ用、ソフトブーツ用の両方)
 LINEのスキーボード(スノーボードをショートスキーサイズにしたような形状の幅の広いもの)
 たしかATOMICだっと思いますが普通のビンディングをつける短いカービングスキータイプのショートスキー

 ちなみに、普通のスキーをしていた時の腕前は初中級です。

 これら形状により、かなり滑り方は変わってきますので、目的に応じて形状は選ぶとよいでしょう。

 各タイプの特徴は、

ガウアーは膝を痛めたオリンピック選手が膝の負担を少なくするために開発したもので、非常に簡単に滑れますが、スキーのエッジングの楽しみは少なくなります(今は廃れて見かけませんが)。

ビックフットはオーストラリアかどこかの国のスキー選手が重心位置をとるための練習用に開発したもので、バランスがわざととりにくいものが出発点だったらしいです。実際他の製品よりも短いのでバランスはとりにくいです。

LINEは幅が広いので、カービングが簡単にできますが、幅が広いため最初の感じは普通のスキーよりもかなり違いました(最近のモデルは幅が狭くなってきていますね)。

他の2種は普通のスキーとあまり感じが変わらず滑れました。

板は長い方が安定していますし、サイドカーブがついていたり幅が広い方がカービングがしやすかったです。
ショートスキー用のビンディングは足が固定されますので、長めのものの場合こけたときに足をひねる可能性が高くなりますので注意してください(てこの原理で弱い力で足がねじられますので)。
また普通のスキーと比べるとつけるのに時間がかかるこことは考慮しておいた方がよいです。

2.ブーツ
私は普通のスキーブーツで滑っていますが、新たに購入するのなら、足首の屈伸がしやすいちょっと柔らかめのブーツがよいと思います。
質問にあるボード用というのはハードブーツのことですよね。これを持っているのならそれでも構わないと思いますが、新規に購入するのなら、ショートスキー専用の方がよいと思います。
一時期ソフトブーツをつけられるものがサロモンから出ていましたが、あれは足の拘束が弱くエッジングがしにくいのでお勧めしません。

3.転向について
後傾するとすぐこけますので、なれるまではストックを持っていた方がよいと思います。どちらかというと膝や足首の屈伸をよく使い普通のスキーよりも気持ち前に荷重するとよいと思います。

またビンディングがつけにくいので、グローブは操作がしやすく、防水性が高いものがよいと思います。
ボード用の方が向いていると思います。

膝が心配ならば、ちょっと高くなりますが、通常のビンディングがつけられるタイプもありますので、それにするとよいと思います。
私の感想では、1m以上のものはちょっと心配です。

1.板選びのポイントは
 まずショートスキーは一般成人を対象に開発されていますので、子供が子供用のスキーの代わりに使用することができません。
 そのため、最低身長が規定されているものがありますのでその点は確認しましょう。

 また、私自身いろいろなタイプを滑ったことがあるので、参考までに覚えているものを紹介します。

 ガウアー(特殊な船底型をしたもの)
 ビックフット(足の形をデザインしたもの)
 サロモンのスノーブレード(カービングスキーを短くしたような形状もの)(ハ...続きを読む

Q銀行口座番号は何桁でしょうか??

銀行口座番号の振込み先が4桁のところに振込む必要があるのですが、
普通銀行口座番号って7桁ですよね。合ってるのでしょうか??

銀行口座番号って口座の種類(たとえば外貨口座や当座預金など)
によって変わるのでしょうか?

ご存知の方ご教示ください。

Aベストアンサー

こんにちは。

現状、銀行などの金融機関の口座番号は新規で作った場合7桁となります。ちょっと前に作った口座ですと2桁~6桁なんていう場合もあります。その場合は、口座番号の前に「0」をつけてあげてください。

また口座番号は預金種別によって判断できるようになっています。多くの金融機関で当座預金は8から始まる7桁、などというようになっています。

参考まで。

Qサングラスとゴーグルどちらが良いですか?

昨年のスキーで スキー用のサングラスをバキッと踏んでしまいました
結構なお値段を出して購入したサングラスだったのに
あっけなく真ん中から割れてしまったのがショックだったので
外れにくく、壊れにくそうなゴーグルにしようかと思っています

サングラス=スキー  ゴーグル=スノボ と勝手なイメージがあるのと
子連れののんびりスキー(子どもにあわせてゆっくりボーゲンです)なのにゴーグルは大げさかしら・・・と心配になりまして・。

スキーヤーの皆さんはどちらをしていますか?
よいアドバイスお待ちしていますm(__)m

Aベストアンサー

こんにちは。
たぶん、土休日に行くとお手軽ファミリースキーヤーが多いので、スキー=サングラスというイメージになるんじゃないかと思います。それと「私をスキーに連れてって」世代のイメージかな?

ガッツリ滑る本格派が多い平日だと、スキーヤーのゴーグル比率がグンと上がっているような気がします。

一方、スノーボードは怪我率や初心者の死亡率がスキーより高いことから、最初からゴーグルと最低でも厚手のニット帽というのが定着しているんだと思います。

我が家は親子とも、一般ゲレンデを滑る限りはゴーグルとヘルメット完備です。(キッズゲレンデでそり滑りはともかく…)
何年か前、某有名スキー場で転んだボーダーのエッジがちょうど子供の頭に当たり、脳挫傷になったといういたましい事故がありました。
それこそ子供を股に挟んで初級コースを滑っていて、上級コースとの交差点で事故が起こったそうです。
相手がスキーであっても、外れた板が宙を舞って飛んでくることだってありえます。

そんな話を聞いてからは、2歳の子供にスキーを始めさせた時点からヘルメットですし、親も「手本」としてヘルメットを被るようにしています。

私も初心者の頃は大袈裟と思ってました。
しかし、2級を取る頃には安全性、快適性を考えたらゴーグルしか考えられなくなりました。今ではレンズカラーで3種類のゴーグルを持っていき、天候によってセレクトしています。(晴天用=偏光グレー、悪天候用=イエロー、どっちつかず=偏光ピンク)

ゴーグルも偏光でダブルレンズだと、1万円以上はします。
しかし、オークションやアウトレットで型落ちを探して5千円くらいで買ってます。
機会があればお店で試着して、どの型が自分の顔に合うかチェックしています。

こんにちは。
たぶん、土休日に行くとお手軽ファミリースキーヤーが多いので、スキー=サングラスというイメージになるんじゃないかと思います。それと「私をスキーに連れてって」世代のイメージかな?

ガッツリ滑る本格派が多い平日だと、スキーヤーのゴーグル比率がグンと上がっているような気がします。

一方、スノーボードは怪我率や初心者の死亡率がスキーより高いことから、最初からゴーグルと最低でも厚手のニット帽というのが定着しているんだと思います。

我が家は親子とも、一般ゲレンデを滑...続きを読む

Qファンスキーの板の長さの選び方

今までカービングスキーはやっていたのですが、
ファンスキーはやったことがありません。

そこで、ファンスキーの板の長さの選び方なんですが、
ボードみたいに身長とかに合わせたほうがいいのでしょうか?

それとも、カービングスキーのように、
・スピードを出したい
・ターンをしやすくしたい
等の目的の違いで長さを選んだ方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

目的と好みです。
一応、ファンスキーとは130cm以下とのことなので…

1mを切った「スキーボード」の世界では、昔あった60cm、70cm台モデルが淘汰され、90~99cmくらいしか残っていないに近い状況です。
あえて不安定さを楽しむならこのサイズが良いでしょう。
不安定ななりにもある程度の長さを求めてしまうので、この長さのモデルに落ち着いたんじゃないかと思います。
ただし、簡易ビンディングはコケても開放しないところに要注意です。最近はスキーボードでも開放するビンディング付きのが売られてます。

あと、我が家は家族の板を集めると120cmツインチップ、124cmツインチップ(実寸130cmくらいある)、130cmストレートテール、140cmツインチップと「MIDスキー」サイズが揃ってます。
大雑把に言えば短いほど不安定、長いほど普通のスキーに近いです。
ただし、板の重さや性格でも変わってきます。

私は普段は普通サイズのカービングスキー、幼児の子供と滑る時や、小規模なスキー場で普通のスキーだと飽きる時の気分転換、そして技術の確認に124cmツインチップを使ってます。(以前は130cmでしたが、古くなって交代)

私的にはサブとはいえ、スキーボードや120cmよりも、ある程度長さがあった方がいろんなところを滑るのが楽だからです。

嫁は普段乗りが140cmツインチップ、子供と滑る時は120cmツインチップに乗ってます。

120cmのアトミックの前世代モデルと、124cmのK2のMinenemyを比べると表示サイズよりも安定性の差があり、Minenemyは実寸130cmに近いフィーリングで中速大回りも結構できます。

こんにちは。

目的と好みです。
一応、ファンスキーとは130cm以下とのことなので…

1mを切った「スキーボード」の世界では、昔あった60cm、70cm台モデルが淘汰され、90~99cmくらいしか残っていないに近い状況です。
あえて不安定さを楽しむならこのサイズが良いでしょう。
不安定ななりにもある程度の長さを求めてしまうので、この長さのモデルに落ち着いたんじゃないかと思います。
ただし、簡易ビンディングはコケても開放しないところに要注意です。最近はスキーボードでも開放するビンディング付き...続きを読む

Qツインチップの初級者用板でのカービングターン

ツインチップの初級者用板でのカービングターン

以前アトミックのハイヌーンについて質問したものです。
今日到着し週末が楽しみなのですが
同時に注文した妻用のサロモン arc en ciel 08-09年モデルについてなのですが
初級ー中級用 ということで買いました。
見た目が気に入ったからコレでということで買いまして
特に細く見ること無く購入してまして梱包といて両者並べて気がついたのですが…
ツインチップ形状です。

拙い知識でツインチップはフリースタイル向けという印象でして
一般的な基礎スキーのスキル向上おいて気をつける点などありますか?
レールターンやカービングターンをこれから覚えるには不適当でしょうか?
10年以上前の身長より長い寸胴スキーからの乗り換えで
今のところパラレルで緩斜面なら落ち着いて降りてこられるレベルです。

今使っているCROSSMAX120も見てみたらツインチップで
載っていた印象は夫婦揃って回し易いなー ぐらいに感じることしかできないレベルでして
それもズラして回る事しかできないレベルです。
これからカービングターン等に挑戦予定です。

またハイヌーンがセミファットにしては細めなのか分かりませんが
両者太さが大差ないのですが
これもやはり大回り用と考えるのが良いのでしょうか? 身長-10にあわせ151を購入しました。

参考URL
http://item.rakuten.co.jp/sports-stadium/arcenciel/

ツインチップの初級者用板でのカービングターン

以前アトミックのハイヌーンについて質問したものです。
今日到着し週末が楽しみなのですが
同時に注文した妻用のサロモン arc en ciel 08-09年モデルについてなのですが
初級ー中級用 ということで買いました。
見た目が気に入ったからコレでということで買いまして
特に細く見ること無く購入してまして梱包といて両者並べて気がついたのですが…
ツインチップ形状です。

拙い知識でツインチップはフリースタイル向けという印象でして
一般的な基礎スキーのスキ...続きを読む

Aベストアンサー

一家揃ってツインチップ&セミツインチップ乗ってますが、普通に滑る分には普通のスキーです。

普通に滑る分には特にデメリットは見当たりません。
カービングしやすいかどうかは板の個性によります。
2002年頃は、一般の初級モデルも若干セミツインチップ気味の板が多かったです。
私の初年度メトロンB5もテールが少し反ってます。それでも肘擦り可能なカービングマシーンですよ。

私にとっては、子供と滑るのに後ろ向いて滑りやすいのが一番のメリットです。(変なところでひっかかりにくい)
リフト待ちの時、テールを踏まれにくいかも。

デメリットは、レストハウスの前のスキー立て、テールを差し込むタイプの物に入りません。
雪に刺すとテールが広がります。
ゴンドラのスキーラックに入らない時もありました。板持ってゴンドラに乗りこみます。

ホットワックスして冷ますために立てかけておくと、倒れやすいのが一番の欠点です。

アーカンシェルに関しては、軽量な初級モデル、有効エッジ長が短めということで小回りが得意かと思います。
スリーサイズが同じでも、短くなればサイドカーブがきつくなっていきます。

昔、カービングスキーの黎明期はサイドカーブがきついエクストリームカービング+ツインチップでフリースタイル入門も狙った板とか、試行錯誤期ならではの面白い板がたくさんありました。
最近は遊び心のある手頃な板が少なくなり、ちょっと寂しいです。
アーカンシェルのユニセックス版があっても面白いんですけどね。

一家揃ってツインチップ&セミツインチップ乗ってますが、普通に滑る分には普通のスキーです。

普通に滑る分には特にデメリットは見当たりません。
カービングしやすいかどうかは板の個性によります。
2002年頃は、一般の初級モデルも若干セミツインチップ気味の板が多かったです。
私の初年度メトロンB5もテールが少し反ってます。それでも肘擦り可能なカービングマシーンですよ。

私にとっては、子供と滑るのに後ろ向いて滑りやすいのが一番のメリットです。(変なところでひっかかりにくい)
リフト...続きを読む

Qスキー板の耐用年数は?

スキー板の耐用年数は?
 20年前より使用しているスキーのビンディングが壊れました。普通であれば交換を考えるのですが使用回数があまり多くは無かったと言え相当の期間が経過しており通常の使用は危険と言う意見も聞かれます。
スキー靴も一昨年破損した為、廃棄いたしました。35年使用。
スキー本体もこの機会に処分を考えるべきか迷っています。 板は、ロシニョール・カーボンK 2.0m。ビンディングは、サロモン727で当時はそれなりのセットでした。
 皆様の御意見を参考にさせて頂きたいと思いますので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私はスキー、ブーツ共約15年使っています。スキーはロシのスーパービラージュ、192cmを履いています。ワックスすれば滑りに支障はありません。ベースがGS系の板のせいかヘタリは分かりません。最近カービングスキーで滑ってみたくなり買換えを考えています。その前の板も約10年履きましたがビンディングの側面が欠けたのを機会に買換えました。ビンディングは怪我を防ぐ大事なパーツなので軽視しない方が良いと思います。
ブーツはサロモン、ヤマハ(今は撤退)と履き続け、共にいずれも10年以上使いましたが、ブーツは古くなると割れることがありますので無用の怪我を避けるため5年以上の長期使用は避けるのが賢明と思います。因みに、ヤマハ製はビスが取れて紛失したので先日買い換えました。
レースでもしない限り、板は半永久的、ブーツは割れる危険性があるので5~10年で履き替えるの良いと思います。

Qフリーライド板の長さについて

今冬からフリースタイルスキーが前々からしてみたかったので、
先日フリーライドの板を購入しました。
スノーボードでグラトリをしていますのでつい短めのサイズを
選んでしまいました。
身長170~171cmなのですが、151cmの板では
ダメでしょうか?
グラトリメインで行くつもりです。
勿論キッカーやパイプでは短いと思うのですが…

これから買い替えするとなるとちょっと大変かな?と
ブーツも購入しなければいけないので…
くだらない質問ですいません。

フリーライドスキー経験者さま
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フリースタイルをやっている方はほとんど身長よりも短い板を使っている様ですよ。

ちなみに私は身長168cmで、スキーボード(90cm)とミッドスキー(130cm)を使用しています。
基本的にスキーボードがメインですね。
パーク、グラトリ、パウダー(仲間には「無謀」といわれます)、コブ、何でもやります。

Qスキー板について、身長170cmの場合、145~150cmの板は短すぎ

スキー板について、身長170cmの場合、145~150cmの板は短すぎるのでしょうか。自称中~上級者で小回りやコブ斜面で上達したい為、短い方がよいと思いますが、一方で安定性などが心配です。

Aベストアンサー

コブ斜面やカービングショートターンの初期の練習段階においては確かに短い板を使うメリットはあります
ただし、短い板のままで練習を続けると変な癖(ターンではなくブーツを軸としたスピンに近い操作)が付いてしまって上達に時間がかかる場合があります

男性上級~エキスパートだと
小回りは160~165cmが主流です、10年近く前に150~155cmなんて時代もありましたが身体的な負担が大きいので廃れていきました

コブの場合は160~170cm程度が主流でしょうか、滑るラインによって板の長さの選択が変わってきます、回し込むなら短めを選び、縦に滑るなら長めを選びます



私も同じような体格ですが
ここ2~3年は手持ちの最も短い板は175cmでした、これでコブも整地のショートターンも問題なくこなしていましたし、コブなどは短い板より楽でした(例外的に凍ったコブだと165cmくらいの短い板の方が楽ですが)

去年165cmの板を入手したので使ってみましたが結局シーズン中1日しか使わず、7割が175cmの板で残りは190オーバーの板で滑っていました(どれもここ6年以内に製造された板ばかりです、念のため)

コブ斜面やカービングショートターンの初期の練習段階においては確かに短い板を使うメリットはあります
ただし、短い板のままで練習を続けると変な癖(ターンではなくブーツを軸としたスピンに近い操作)が付いてしまって上達に時間がかかる場合があります

男性上級~エキスパートだと
小回りは160~165cmが主流です、10年近く前に150~155cmなんて時代もありましたが身体的な負担が大きいので廃れていきました

コブの場合は160~170cm程度が主流でしょうか、滑るラインによって板の長さの選択が変わってきます...続きを読む


人気Q&Aランキング