人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

長文ですいません。
どうか知識不足の私に教えて下さい。

もうすぐ実家の両親の所有土地に、私達夫婦の家を建てる計画中です。住宅展示場を何軒か周り、某ハウスメーカーにお願いして、敷地調査をお願いしました。(調査は無料でした)
敷地調査結果を担当の営業さんが報告しに来てくれました。そしたら、地盤改良が必要との事でした。

『地盤補強工法は、柱状地盤補強工法(深層混合処理工法)の採用が適するものと考えます』

とあり、営業さんに、補強する為の費用も必要となりますので、それを含めた設計プランを考えていきましょう。と言われました。
両親の土地なので、その事を報告すると、『その調査は本当に信用できるのか?少しでも値段を上げる為に補強が必要と言っているだけではないか?何年か前に建物が建っていたのに、地盤が緩いなんて信じられない』と疑ってしまっています。
今度また、営業さんとの話し合いで補強工事の見積もりを出してもらうつもりなので、今はまだいくらかかるかは、わかりません。私は信用しているので、そのハウスメーカーにお願いして家を建てる話を早く進めたいのですが、少しだけ、両親の言う事もわかるような気がして、不安になりました。

そこで教えて頂きたいのは、
⑴敷地調査(地盤)はどこでしても同じような結果になるのでしょうか?

⑵ハウスメーカーの人が利益の為に、大袈裟に言って調査内容を改ざんしたりする事はあるのでしょうか?

⑶大体、延床面積が35~40坪の家を建てる予定ですがどのくらいの費用になるのでしょうか?

どうか、わかる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

質問者からの補足コメント

  • ⑶の費用とは、地盤改良の値段の事です。

      補足日時:2015/02/26 08:51

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

たまたま、拝見いたしました。



1)敷地調査(地盤)はどこでしても同じような結果になるのでしょうか?

 大体、どのHMでも、似たような結果になると思います。

 恐らく地盤調査の方法は、「サウンディング」だと思います。
 本当のボーリング調査とは違い、簡易的な地盤調査方法ですが、大きく
 間違える事は、少ない、と思います。

 余談ですが、本来地質自体は、その土地固有の物であり、経年で変化
 しないものなので、地盤調査内容は、将来的にも使える大切な資料です。
 このため、有料で行い、成果品として調査内容を施主に渡すのが筋ですが、
 HMは、仕事欲しさに、サービスにして、今回のような誤解を招いています。
 報告書は、請求して、必ず入手してください。

2)ハウスメーカーの人が利益の為に、大袈裟に言って調査内容を改ざんしたりする
 事はあるのでしょうか?

 HMが大手のHMであれば、考えられません。上記のように、地質調査内容を
 施主に提出させれば、後日、第3者に内容を確認されます。
 その危険を犯してまで、不要な杭を工事に盛り込むことは、考えられません。
 取り分け、HMが大手であれば、それより評判が大事でしょう。

3)大体、延床面積が35~40坪の家を建てる予定ですがどのくらいの費用に
 なるのでしょうか?

 わかりません。
 (個人的に、坪いくら、の世界は、無責任で、無意味だと思っていますので。)

4)その他
 さて、ご両親の疑問も、最もだと思います。私も同様の経験が有り、お叱りを
 受けたことがあります。

 曰く「お前の設計には杭があるが、隣の敷地の同規模の建物には、杭が無かった。
 おかしくないか?」と言うお叱りでした。

 ここで冷静に考えると、以前の建物も、お叱りを受けている建物も、
 「過去の物件」であり、沈下等の将来の危険性が無い事を保証するものでは
 無い、という事です。

 HMが地盤調査をして、将来の危険(この場合た沈下の影響)に対処するため
 地盤改良(今回は柱状改良?)を選択した、という事は、HMが地盤沈下に
 対して保証した、という事と同意です。

 仮にご両親が「この土地は沈下をしないので、地盤改良は必要ないし、
 沈下が発生しても、責任は一切問わない」と正式に文章で申し入れれば
 HMも受け入れる可能性があるかも知れませんが、過去がこうだった、が
 将来を保証するものでは無い、ので、HMも自分たちの基準で改良杭を
 選定したのだと思います。

 別にHMの肩を持つわけでは有りませんが、この件でHMを責めても
 困惑するだけでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございました。
そうですよね。
調査報告書は丁寧に纏めて頂き、頂戴しているので、これがもし第三者に見られてまずくなるような事はハウスメーカーもしないと思います。
両親との話し合いの際も、『この報告書をもらって文句や疑問を投げかけたところで、じゃぁ違いました、なんて覆るわけでも無いし、たてついたところで、他で建設をお願いするしかなくなる!』と、私が怒ってしまいました。ただ、後になって、少しだけその気持ちもわからなくもない、と不安になりました。

また地盤改良の費用を後日聞いてから、前向きに話を進めていこうと思えました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2015/02/26 08:34

高額の一生に一度の買い物です。


3社ぐらいの比較はやればよいと思います。
言い方がわるいかもしれませんが、
誰でも上からスタートします。
自分ならいくら?これを決めればいいし、
それを決めるため協力をといって
乗らない業者も以前の問題
3割引きも、一番上も切ります。
そんな選別をやってると、見えてきます。
ご両親は正論です。大いに不安になるべきです。
マジ、2割ぐらい節約できます。
ご両親が判断するように、均等にしずむならなんら問題はないわけで、
そりゃ、どこか沈みます。絶対を選択すると高くつきます。
地盤が緩いなんて信じられない→普通思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
節約出来るんですね。あとは根気よく他のところとも比較するべきですね。
高額な買い物ですもんね。手間ひま惜しまず、頑張って見極めていきたいと思えました。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/02/26 08:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q見積もり後、断る方法

ハウスメーカー2社と工務店2社に、間取り作成後見積もりを出してもらっているところです。

正直なところ、ハウスメーカーでは建てる気はなく
最初から断っていたのですが
図面だけでもかかせてくださいというので
間取りの参考に、いいか、と頼んでいました。

2社の工務店のどちらかにしますが、
各社5,6回以上打ち合わせしているので
悪いな、、というのがあるのですが
断るときは、みなさんどのように言いましたか?

「金額が合わない」といえば、安くしますので、、、の
堂々巡りでしょうし。
「他社に気に入ったところがありますのでそこで建てます。」
とずばっと言えればいいのでしょうが、、
毎回長時間にわたり、何度も何度も間取り作成・打ち合わせをしてくれたので。。言いづらいのですが。

Aベストアンサー

私の場合、単純見積もりは6社くらい取って比較し、その中の3社でプランを煮詰め合見積もりしました。3社とも合い見積もりで進めているのを承知していましたので、最終的にはほぼ同じ仕様・グレードでのお値段で決めました。あとは、担当の営業さんがアフターまで信用できる人かどうかですね。たくさんお会いしないと、信用できる人かわからないですよね。
ですから、その中で1社に決め、他をお断りするのは仕方の無いことだと思いますよ。
最初に、その旨伝えてあれば問題ないかと。
たしかに、プランや見積もりには時間がかかってます。
しかし、営業のうちですから、断られるのも想定のうちです。
私は建築会社の設計にいた時期がありましたが、プラン見積もりは無料、ほとんどただ働きの様なものに見えますが、その対応が次の契約に結びつくものです。
ご丁寧にお断りすればよいと思います。

Qこれからの住宅は木造か鉄骨どっちが良いか

今年の春に90坪の土地を購入して5年後を目途に新築を計画しています。まだHMにしようか、地元の工務店にしようか決まっていませんが、まずは建物の工法から決めていきたいと思っています。今は建築技術も向上しているとは思いますが、これからの住宅は木造住宅が良いのか、鉄骨住宅あるいはコンクリート住宅が良いのかどれが良いと思いますか?

Aベストアンサー

何を重視されているかに依りますが、耐震性だけを考えても、地盤との兼ね合いで最適な構造は変わります。
緩い地盤に、重い建物を置くのは耐震上良くありません。
もとが軟弱地盤の場合は、柱状改良などの地盤改良をした場合でも、棒の上に重いモノが乗った状態で、
不同沈下には有効ですが、地震などの災害時の横揺れには危険です。
どの程度の地盤に建てるかによって、最適な構造も変わってきます。
一般に、RC だと改良前の地耐力が粘土質で5トン、砂質で8トン以上は欲しいでしょう。
軽量鉄骨だと粘土質で3トン、砂質で5トン以上、それ以下の地盤に建てるときは地盤改良をしても木造の方が無難です。

また RC は結露の問題があります。コンクリートは建てて数年は湿気を吐き出します。
それに、湿気を外部に全く逃がしません。計画換気をしっかり考えないと健康上も良くありません。
RC 構造では、壁内結露のことを考えると外断熱が良いと思います。
内断熱にすると、断熱材とコンクリートの間に結露でカビが生える原因になります。
ただ外断熱の場合は断熱材を厚くしずらいので冷寒地には向かないと思います。
とは言え、硬質ウレタンの50mm程度を施工すれば、IV地域以南では全く問題ないでしょう。

また RC と言えども寿命があります。
コンクリートの水セメント比と、鉄筋のかぶり厚で40-100年程度で駄目になります。
大抵は 21-24N/m2 で、かぶり厚4cm程度なので 50-60年程度でしょうか。
耐用年数的には、木造でもキチンと作れば(作ってないところも多いですが)、
この程度か、それ以上の耐用年数になりますので、極端に長いわけでもないです。
しかも、RC の場合は、耐用年数が過ぎた後は資材を再利用できないので、
長いスパンでは廃棄のことも考えないといけないでしょう。

軽量鉄骨は、木造と比べると、上物が重いだけではなく荷重が柱に集中する構造です。
また、多くの軽量鉄骨の構造(一部違いますが)では、
地震の際の命綱として、フレームにブレースを入れています。
地震が起きたらブレースが確実に歪むので、歪みを治さずに放っておくと、
気がつかずに地震に弱い構造になっている可能性もあります。
制震のダンパーを入れているところもありますが、機械構造の劣化や寿命を考えると、
家の根幹を機械構造に任せるのは個人的に好きではありません。
建てた瞬間ではなく、長期の安全性を考えると、単純で頑丈なモノが一番安心できます。
それを考えると、僕は鉄骨ならラーメン構造が好きです。

鉄骨の場合も充填断熱にすると、
断熱材を厚くしても鉄骨が熱橋になって断熱効率を落とします。
外断熱にした場合も、あまり厚い断熱材を使えないので、
どちらの場合も高断熱には向かないと思います。
とは言え、これも多少の光熱費を犠牲にして、全館床暖房などにすれば快適に過ごせると思います。
また、鉄骨は火災の時には、一気に溶けて崩れるので、火災に対しては木造よりも弱いです。
しかし、どんな構造でも火災の時は窓から火が入るから、構造の強弱はさほど重要でないかな。

次に木造ですが、3階建以上だと RC か軽量鉄骨の方が良いと思いますが、
2階建までならキチンと考えて設計すれば、そこそこ耐震性は高く作れます。
木造は比較的軽く、鉄骨と比べると柱の一部でなく、土台全体に荷重が分散するので、
ベタ基礎にし易く、比較的弱い地盤でも対応可能というのも利点です。

木造は大きく分けると、在来軸組と2×4があります。
どちらの場合も、断熱性能や、家の寿命などは、施工の丁寧さや、部材の使い方でピンキリです。
例えば、建材は湿気に強い弱い、シロアリに強い弱いなどの特徴があり、
適切でない部材を使っているメーカーは意外と多いです。
また、施工の精度で性能も変わります。

昔は在来軸組と2×4の一番の違いは、耐震性と言われていましたが、
最近では在来でも構造面材を使うところが増えてきて、
耐震性という意味では構造よりも、間取りや設計に依存するようになってきました。
最近の構造での在来軸組と2×4の一番の違いは、
2×4の方が職人の技術によって出来上がりが左右されづらいことだと思います。
(これはプレハブにも言えることですね。)
一方、在来は職人の腕に左右されやすい反面、
間取りや将来のリフォームなどの自由度が高いです。

このように、どのような工法でも、一長一短はあります。
建てる地域、土地の状態、何階建かによっても、良い構造は変わってきます。
どんな場合でも、この構造が良いと言えるような構造は無いと思います。
また、同じ工法に分類される構造でも、建材、施工方法で全く性能は変わります。
更に、家は車などの工業製品と違って、一件たりとも同じ建て方ではありません。
いろいろな条件を考えて、最適と思える工法、工務店、メーカーなどを探して、
納得いく家を建てて下さい。

何を重視されているかに依りますが、耐震性だけを考えても、地盤との兼ね合いで最適な構造は変わります。
緩い地盤に、重い建物を置くのは耐震上良くありません。
もとが軟弱地盤の場合は、柱状改良などの地盤改良をした場合でも、棒の上に重いモノが乗った状態で、
不同沈下には有効ですが、地震などの災害時の横揺れには危険です。
どの程度の地盤に建てるかによって、最適な構造も変わってきます。
一般に、RC だと改良前の地耐力が粘土質で5トン、砂質で8トン以上は欲しいでしょう。
軽量鉄骨だと粘土...続きを読む

Q新築の登記費用、相場でしょうか?

新築住宅を購入しました。
こちらでも色々拝見し、登記費用の見積もり額が高い気がするので
相場なのか教えていただきたいです。

土地:18坪
購入価格:土地と建物で3000万円
借入価格:2900万円

登記費用:254,000円(抵当権設定費用以外)
表示登記代:120,000円
上記は不動産会社が用意した司法書士が行い、抵当権登記は銀行からの司法書士が行います。
抵当権登記代:122,980円

合計で50万円近くになるのですが、相場でしょうか?
教えていただきたいです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.2ですが。
ちょっとうっかりしてましたが、新築で表示登記すると言う事は建物の保存登記の費用も含まれているのかもしれません。それで少し高いのかも?あるいは報酬に保存登記の項目もあれば10万以上しても仕方ないのかもしれません。

Qミサワホームで注文住宅を建てられた方

戸建の新築を検討しています。
現在、ミサワホームの建築条件付宅地を紹介されていますが、価格が妥当かどうか判断がつかず困っています。
建物本体価格2千2百70万(延べ床34.31坪)←110万値引き後。
坪単価66万の計算になりますが、M-woodもつかないし、エアコンも含まれていません(もちろん床暖房も)。
この他に付帯工事費が210万かかります。
新築を検討し始めたばかりで、突然舞い込んできたお話なので、他メーカーとの比較をする時間もありません。
また、相場もわかりません。
しかし、場所がとても気にっているので、前向きに検討したいと考えています。
ミサワで新築を建てられた方がいらっしゃいましたら、金額・仕様等教えてください。
また、値引き交渉はどのようにすればいいのでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 私は1986年にミサワの家を購入した者です、古い話で参考になるかどうか分かりませんが、当時の値段で土地が1800万円、上物が1800万円、床面積32坪です
 17年程住みましたが快適の一言です、住み心地の良否は場所にも大きく左右されるので希望した場所を優先することです
 1995年1月17日の阪神大震災を経験しましたが基礎、外壁、屋根の総てが大丈夫でした、さすが耐震設計がしっかりしたミサワだなと我ながら感心したほどです、次に立て替える機会があれば間違いなくミサワにします
 家を構成している各部分は、ドアーのハンドル1つにしても使いやすさの優れた物は値段が高く、そうでない物は安く設定されています
 坪単価66万円が高い、安いの問題ではありません、或るレベルを想定しての各部分の積み重ねが最終的に2270万円に表示されています
 1ランクレベルを下げた設定にすれば建築単価を下げることも出来ます、しかし建築費2270万円を提示しているのは、ミサワとしての面子もあるのでしょう、建てた家は長期にわたる展示品ですから、お客の希望する極端な安い値段に従うことも出来ない相談だと思います
 竣工した時にエアコンでもおねだりしては如何ですか

 
 

 私は1986年にミサワの家を購入した者です、古い話で参考になるかどうか分かりませんが、当時の値段で土地が1800万円、上物が1800万円、床面積32坪です
 17年程住みましたが快適の一言です、住み心地の良否は場所にも大きく左右されるので希望した場所を優先することです
 1995年1月17日の阪神大震災を経験しましたが基礎、外壁、屋根の総てが大丈夫でした、さすが耐震設計がしっかりしたミサワだなと我ながら感心したほどです、次に立て替える機会があれば間違いなくミサワにします
 家を構成している各部...続きを読む

Q固定資産税いくら??

友人が新築の家を建てたのですが、固定資産税を年間で7万程度といわれたらしいのですが(営業マンに)親からはけっこうするよとかいわれて、不安に思ってるみたいです。いったいどのくらいかおしえてください。ちなみに土地は60坪、約1000万 建物 約2000万したそうです。その他詳しいことはわかりませんが・・。大体で結構ですので、おしえてください。

Aベストアンサー

1.住宅用地は200平方メートル以下の部分を「小規模住宅用地」といい課税標準額が6分の1に軽減されます。60坪は約198平方メートル、固定資産評価は公示価格の7割を目途としていますので
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin27.html

1000万×0.7×1/6×1.4%=16,333円

2.新築の建物は120平方メートルまでの部分に対して一般の住宅は当初の3年間は固定資産税が2分の1になります。建物は固定資産評価基準に基づき、再建築価格を基準に評価します。仮に固定資産税評価を時価の6割程度とした場合、
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin28.html

2000万×0.6×1/2×1.4%=84,000

以上から土地・建物合計で10万程度になると思います。(以上に加えて市街地の場合には都市計画税が0.3%課税されます。)

Qハウスメーカーは契約前にどのくらいの詳しい見積もりをだしてくれますか?

HMに紹介してもらった土地を仮予約していて(前金なし)、あと3週間後には手付け金を払い決定するか、やめて手放すか決めないといけません。予算を伝え、概算の資金計画の一覧をもらいました。内容は、建物本体工事、屋外給排水設備、浄化槽設備工事、カーテン工事、地盤補強工事、照明設備、土地代、消費税、建物登録費用、土地所有権移転費用、団地負担金、水道市納金、ローン借り入れ費用、印紙代、火災保険地震保険の概算です。(外構が入ってません)その後に、ヒアリングしながら間取りを組んでいます。他を節約してでも家にはこだわりたいので多めの予算を組んでいますが、希望を入れていくほどに、多めに見積もった概算さえもどんどんオーバーしそうな感じで不安になっています。「年収から考えて返済できます」と言い、高い家を建てさせようと思っているのかとも思えてきました。かといって予算内で収めたら希望の間取りをかなりあきらめる羽目になって気に入らない家になるのか?そこを知ってから契約したいし、希望が叶わないならそのHMに紹介してもらった土地ごとあきらめて坪単価のもう少し安い他のHMに乗り換え、土地も1から探したいと思っています。今のHMで私たちの予算内でどれくらいまでの希望の間取り、外観が実現するのか、それは契約前には詳しく出してもらえないのでしょうか?他と比較したいと正直に話したらあるていど契約が進まないと詳しい見積もりは出しづらいという感じで言われました。そのHMは大手で割高なので、金額的には他に勝てないからかもしれません。私たちにしてみれば契約した後に詳しい見積もりが判明したのでは遅いのですが・・・契約前にはどれくらい詳しい見積もりを出してもらえるものでしょうか?

HMに紹介してもらった土地を仮予約していて(前金なし)、あと3週間後には手付け金を払い決定するか、やめて手放すか決めないといけません。予算を伝え、概算の資金計画の一覧をもらいました。内容は、建物本体工事、屋外給排水設備、浄化槽設備工事、カーテン工事、地盤補強工事、照明設備、土地代、消費税、建物登録費用、土地所有権移転費用、団地負担金、水道市納金、ローン借り入れ費用、印紙代、火災保険地震保険の概算です。(外構が入ってません)その後に、ヒアリングしながら間取りを組んでいます。...続きを読む

Aベストアンサー

 先程、質問番号:4581090に回答した者です。
 基本的にHMの見積はローン審査を受けるための概算金額です。契約後、設計打ち合わせを進めてながら“ここをこうしたい”→“それはオプションです”で金額がどんどん上積みされます。で、予算オーバーなんですけどになってもHMとしては“ではオプションを減らしてください”で終わりです。この時点で頭金を減額し金額変更による再審査なんて受けていられないですから予備のお金に手をつけることになります。質問者様は家にこだわりたいという考えなら目安として最低でもHMの基本プラン金額の3~4割り増しで考えておいた方が良いでしょう。
 費用内訳で気になったのが照明器具(設備って器具のこと?)やカーテンです。カーテンなんて趣味があるわけでこのカタログの中から選んでください何て言われて気に入らなかったらかなり高い追加費用を請求されそう。例えば自分の場合、基本プランで入っていた10万円の下駄箱を5万円の物に変えたら2万位追加費用を請求されました。それくらいHMは基本プランの物品を安く仕入れているってことです。
 外構費用が入っていないとのことですが他にエアコン・家具・アンテナ・引っ越し代・不動産取得税(だっけ?)などで2~3百万円は余分にみておかないと資金ショート起こしますよ。家は立派でも中味が伴っていないと友だちを呼べません。
 この質問を見たときにやはり今回は見送られた方が良いかと思いました。
 ちなみに“団地負担金”を知らなかったのですがhttp://oshiete.homes.jp/qa4015819.html
を読むと結構、負担になりませんか? 

 先程、質問番号:4581090に回答した者です。
 基本的にHMの見積はローン審査を受けるための概算金額です。契約後、設計打ち合わせを進めてながら“ここをこうしたい”→“それはオプションです”で金額がどんどん上積みされます。で、予算オーバーなんですけどになってもHMとしては“ではオプションを減らしてください”で終わりです。この時点で頭金を減額し金額変更による再審査なんて受けていられないですから予備のお金に手をつけることになります。質問者様は家にこだわりたいという考えなら目安として最低...続きを読む


人気Q&Aランキング